僕は福島県の私立高校の2年で科学部に所属していて今年校内を流れる川(通称どぶ川)を浄化をしようと考えているのですが、いい浄化方法があまりなく困っています。もし、何かいい浄化方法があれば教えていただけませんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

テレビでやってました。


大きく分けて、木炭や炭素繊維など、微生物の住処となるものを設置する方法と、
植物を使って浄化する方法があるようです。
http://www.tv-asahi.co.jp/earth/midokoro/2006/20 …

がんばってね。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。早速顧問の先生に相談をしてできたら実行して期待と思います。

お礼日時:2006/04/11 18:18

高低差


水量
河川幅と深さ.平均水量(川底から水面までの高さ)。年間変動
設置可能施設面積
使用可能資金
    • good
    • 0

川の規模・流量がわからないけど。


まずシュンセツしてゴミを取り除く。
汚水の流入を減らす、阻止する。
よどみが出ないように流れるようにする。

自然に浄化する方法は
大きな自然石を引き詰める(石の間に微生物が付着する)
牡蠣の貝殻を敷き詰める
備長炭を敷き詰める

岸にヨシ・マコモを植える
水にホテイアオイ・アサザなどを浮かせる。
大量の窒素(汚れ)を吸収してくれます。
http://www.kasumigaura.go.jp/hyakkajiten/6/6_06. …

水の中にポンプなどで大量の空気を送り込む。
水流があれば水車を回して水をくみ上げ高い位置から水を落とす。
(滝のようにして水に空気を巻き込む)
有用微生物は酸素が必要で、多くの有害微生物は酸素が嫌い。


大阪の最近の話題では、大阪を流れるどぶ川に淡水の真珠貝を養殖
してました。
真珠貝が大量の泥を取り込んで浄化してくれるから。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。うちの学校は大学と同じキャンパス内にあるので顧問の先生を通して大学の方に協力してもらおうと思います。

お礼日時:2006/04/11 18:24

校内を川が流れているんですか。

綺麗な川であれば、とてもすばらしい環境ですね。

さて、ご質問の件ですが、直接の回答でなくて申し訳ないのですが、市や県等行政の担当窓口に相談されみては如何ですか?例えば福島県のHPにもこんなところがありましたよ。http://www.pref.fukushima.jp/kankyou/

若い貴方が真剣に何とかしたいと言う気持ちを伝えれば、喜んで相談に乗ってくださるなり、適切な相談先を教えてくださったりすると思うのですが(絶対教えてくれると保証はできませんが…)。

そういったことから調べることも大切なクラブ活動だと思うのです(もし既に実行されたうえでの質問だったらすみません)。

有意義な高校生活を過ごされているようで羨ましいです。頑張って下さいね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。1級河川とかではないのですが県に相談をしてみたいと思います。

お礼日時:2006/04/11 18:20

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q近所の小川(どぶ川?)の水質汚染

我が家のすぐ近くに小川(どぶ川?大きい側溝?)があります。そこの水が汚く,ヘドロのようなものもたまっており,臭いです。蚊も大発生です。近所の子どももそこで遊ぶようなことは絶対にありません。

どうにかしたいのですが,何か私にできる良い対策法はありませんでしょうか。少しでも小川をきれいにしたいのです。

・ 市役所にはお願いをしてもなかなか何もしてくれません。
・ 市は下水道が完備でなく,簡易汚水処理の施設が我が家にはあります。その他の家はよくわかりません。
・ 臭い小川はコンクリートで側面が固められています。
・ 水面には油(?)が浮いており,ジャンボタニシとぼうふらがたっくさんいます。

めだかが泳ぐ,とまでは言いませんが,臭くないふつうの川にしたいのです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

お住まいの地域で、環境を取り扱っている大学はありませんか?
地域に根付いた研究活動をやっていれば、相談にのってくれると思います。

私の大学では、近くの川で研究として川の浄化をしている研究室があります。
研究目的・費用の問題などがあるのでそういったことは無理かもしれませんが、相談するだけでだいぶ違うと思います。

自治会・市民団体・学生 など、水質浄化の活動をしている人達はどこかに必ずいるはずです。
知人や、町内会の方々に声をかけ署名を集めてみたり、また集まった人々で話し合いなどを開いてみたらどうでしょうか?
関心のある人がいなければ難しいかもしれませんが・・・^_^;

参照先の水耕栽培ならネットで作り方などあるかもしれません。
一人でやるのはちょっと大変そうですね。

参考URL:http://www.hokkaido-np.co.jp/Php/kiji.php3?&d=20050928&j=0048&k=200509281777

Q福島第1原発事故における除染に3兆円掛けているのに福島県産の農作物の放射能汚染は風評被害??? 福

福島第1原発事故における除染に3兆円掛けているのに福島県産の農作物の放射能汚染は風評被害???

福島県民は農作物の放射能汚染は風評被害と言っているのに何を除染してるの?

放射能汚染されてないって言ってるのに3兆円も国民の税金を使って何を除染してるのか教えてくれませんか?

放射能汚染されていない。風評被害と言って、放射能汚染って言ったら怒ってくるのでNHKも汚染除去に3兆円と言っているが何を除染してるのか書けないという漫才。

福島県民が放射能汚染されてないって言ってるんだから3兆円も血税をぶち込む意味はないので何を除染してるのかわからない除染なら除染する必要もないのでは?

農作物は放射能汚染されてないけど、福島県は放射能汚染されてるから除染しろって?

野菜だけ見えないシールドでも張られているんだろうか。

無意味な税金を使うなと福島県民に言いたい。

自分たちが矛盾している行動を取ってるって分かっているのだろうか。

Aベストアンサー

地域によって、放射能汚染度の違いがあることはご存知、でしょう?
第1原発事故の「地元」、極端に高濃度汚染の地域 etc. いくらでも
情報があるでしょう。
一方、地域によっては汚染度の低い地域もあって、農作物を作って
いること。

japanway様は、その様なことは一切考慮せず、「福島県民」を一塊に
して、無意味な税金を使うなとおっしゃる・・。
もしも、japanway様自身の地元で、原発事故が起きたら・・等も考慮
しないのでしょうか?

Q水質浄化装置

失笑をかうような質問かもしれません。
海洋汚染が深刻化していますが、海岸等、適切な場所に水質浄化装置を設置すれば、焼け石に水かもしれませんが、少しは海水の浄化につながる・・・という可能性はあるのでしょうか?
大型ドラッグストアや化粧品店に行く度に、ズラーッと並んだシャンプーやボディソープ等を見るにつけ、メーカー側が水質浄化の企業努力をしてほしいなぁ・・・と思っているのですが。

Aベストアンサー

あなたの考えに賛成します。私は廃水処理については多少の知識があるので、そのあたりからお話しします。
諫早湾の問題はおおいに啓示的な、興味をそそる問題です。なだらかな干潟がなぜ優秀な浄化装置なのか?。それは干潟表面での微生物や原生動物の活動と、そこからの食物連鎖が理想的に組み合わされているからなのです。
この原理を応用した廃水処理装置は、撒水散水法といって確立されているのですが、大規模処理に向かない事と敷地を広く必要とするので、日本では採用されていません。しかしその浄化力は優秀で、活性汚泥法など問題にならないのです。下水道は活性汚泥法とセットで考えられていて、その普及率が進めば進むほど、河川の水が減っていくジレンマを逃れることはできません。河川の水が減ると言うことは、河川の持っている撒水散水法に近い自浄能力を失わせてしまうからです。水は本来石ころだらけの川を流れるべきものであって、コンクリートの排水路や下水道のような暗渠の中を流れるべきものではありません。
この様なことから、今こそ逆転の発想が望まれるのです。
例えば、小規模な廃水処理設備からの排水を川の上流に戻して放流するのです。川には自然植生を配置して、育ったところで刈り取って、陸に戻すのです。植生ばかりではなく、昆虫や魚類もそれを餌にする鳥類の働きで、陸に戻ることでしょう。人間の作る処理装置なんてたかが知れています。どんなに頑張っても自然のメカニズムにはかなわないのだというのが、結論でしょう。その資金のために『環境汚染製造物責任法』みたいなものがあるといいですね。

あなたの考えに賛成します。私は廃水処理については多少の知識があるので、そのあたりからお話しします。
諫早湾の問題はおおいに啓示的な、興味をそそる問題です。なだらかな干潟がなぜ優秀な浄化装置なのか?。それは干潟表面での微生物や原生動物の活動と、そこからの食物連鎖が理想的に組み合わされているからなのです。
この原理を応用した廃水処理装置は、撒水散水法といって確立されているのですが、大規模処理に向かない事と敷地を広く必要とするので、日本では採用されていません。しかしその浄化力は...続きを読む

Q浜辺のヘドロは自然に浄化するのか

浜辺や磯の、砂や小石を掘っていくと、真っ黒く悪臭のする泥(ヘドロ)が出てくることがあります。

例えば、和歌山県田辺市や、旧日置川町の、一見綺麗な海でも、同じような状況に出会います。

質問は、

1)そもそも、ヘドロはどんな海にも発生しているのか

2)浄化は自然にできるのか

の2点です。


よろしくお願いします。

Aベストアンサー

どんな沿岸部でも大なり小なりヘドロが発生しているものですが、小なりのうちは表面を砂礫が覆って次世代の生物が生活する苗床となることにより自然浄化も問題なく行われて循環型の環境が維持されるものの、この平衡を上回る大なりの状態になると自然浄化できなくなります。

ヘドロはもともと微生物から動植物に至る生物が分解した有機物なので、底に沈んで適度な砂礫で覆われていれば海底植物の苗床となって海底動植物圏を構成するのですが、産業廃棄物の有害物質が混入すると海底動植物圏を破壊して溜まる一方になってしまいます。

更に急激な増加を生む原因は産業廃棄物による有害物質よりも海流変化や災害などによって表面の重石になっている砂礫が取り除かれて海面まで巻き上げられてしまうもので、こうなると辺り一帯が酸素不足となってその水域の生物が軒並み死滅しますので、生物による浄化ができなくなり、海流が落ち着いてヘドロが沈み、砂礫で覆われて生物が返ってくるまでは浄化を望めなくなります。

河口近くを掘り下げると「こんな時代、こんなところにヘドロなんてあったの?」と思うような黒く細かなヘドロが出てくるのもこうした理由によるものです。

従って、ヘドロは何処の沿岸部にも発生するものであり、浄化は自然に行われてきたものです。

近年はヘドロを Biomass 燃料にする研究が行われているようですが、上手く行けば人工的に浄化できることにもなります。

どんな沿岸部でも大なり小なりヘドロが発生しているものですが、小なりのうちは表面を砂礫が覆って次世代の生物が生活する苗床となることにより自然浄化も問題なく行われて循環型の環境が維持されるものの、この平衡を上回る大なりの状態になると自然浄化できなくなります。

ヘドロはもともと微生物から動植物に至る生物が分解した有機物なので、底に沈んで適度な砂礫で覆われていれば海底植物の苗床となって海底動植物圏を構成するのですが、産業廃棄物の有害物質が混入すると海底動植物圏を破壊して溜まる一方...続きを読む

Q自然浄化について

私は今、小論文の練習をしています。今度「汚染された水が自然浄化される仕組みについて具体的な事例をあげて説明しなさい」という題で書かないといけないのですが、何をどうかいていいのか分かりません。インターネットなどでもいろいろと探してみたのですが、これといったものが出てきませんでした。そこで、河川の自然浄化について知っている方がいれば是非教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

とりあえず、検索で絞り込むキーワードとなりそうなものをあげておきます。

水 汚染 汚濁 浄化 自然 生物 微生物 植物

あとは、汚染の種類を絞り込む必要があるかもしれませんね。汚染に関するキーワードも一部あげておきましょう。

界面活性剤 洗剤 油 VOC(揮発性有機化合物) 富栄養化 リン 窒素 内分泌撹乱物質(環境ホルモン)

分析に関わる用語として、

BOD(生物的酸素要求量) COD(科学的酸素要求量) TOC(全有機炭素量) DO(酸素要求量)

あとは、図書館や書店に行って、“公害防止管理者試験(水質)”に関するテキストを読めば、ヒントが載っているかもしれません。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報