イラストレーター8.01Jで、ファイルを開くと

プレビューを終了できません。
プリントファイルの保存中に問題が発生しました ID=-1

というメッセージが出て、アートワークの表示になってしまいます。
小さなファイルや、大きなファイルでもとても小さく表示しているもの
については、プレビューで見ることができるので、
メモリの問題だと思い、イラストレーターに対するメモリを増やしたりも
してみましたが、解決しません。

仕事用のデータなので、重たいものは1Mbを超えてはいるのですが、
今までは問題なく作業できていました。
少し前にフォント関連だろうと思われるトラブルでシステムを入れ替えた
こともあったのですが、その後も順調に動いていました。
ただ、システム入れ替え後に、文字を変換する時に出る候補のウィンドウが
なぜか狭く見にくくなっていたので、
ことえりなどいろいろ調べているときに、
ATMが英語版に変わっていたのが見つかって、日本語版にしたのですが、
それ以来この調子です。英語版に戻してもみましたが、
症状の方は戻りませんでした。

アドビのページやOSの本等も読んだのですが、
適当な対処法が見当たらなかったように思います。
(見落としているだけかもしれませんが)
どなたか対処法や原因等、思い当たられましたら教えてください。

OS : Mac OS J1-9.0.4
内蔵メモリ : 320MB
イラストレーターのメモリ : 80000k

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

これはメーカーも非公開の極秘情報ですが、


アプリの割り当てメモリを上げてはいけません。

全メモリからイラストレータのメモリ分を引いた分の残りのメモリで
描画を行うので、割り当てをグンと下げてみましょう。

読み込むデータ容量にもよりますが、
50000KBくらいでどうでしょうか?
    • good
    • 0

プレビューの機能はプリンタドライバの機能として持っても居ます。


お使いのプリンタのドライバを最新の物を入れ直してみたり、してみてはどうでしょう。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報