フォアハンドストロークでボールとの距離がつかめません、
脇があかないんで窮屈な打ち方になるんです。
ボールと体を離す努力は、してるんですが・・
癖なんでしょうか?
なんとか、この悪い癖を直す方法ありませんか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

こんにちは、がんばってくださいね。


中、高と腐るほどソフトテニスをやり、それ以後コーチ業のようなものもやり、最近普通のテニスも習い始めていますが、距離等の基本はどちらも変わらないと思い、書き込ませていただきました。

さてさて、ボールとの間隔ですが、右手(ラケットを持つ手)との距離にもかかわらず、実は左手が大きな役割を果たします。ベースラインに対して平行な、左右の距離だけでなく、ネットの方向、つまり、前後の間隔も大切になります。

フォアで打つ時、左足を踏み込みますね。その左足の前あたりでインパクトするのがよいタイミングだと思います。そこにうまくボールを持っていけばいいのですが、このような練習はいかがですか。フォームもきちんとしますよ。

ボールを追う時に、左手も、体斜め前に伸ばして出す。つまりボールの方向にのばす。その伸ばしたままの左手で、ボールをつかむ。
 ◎その時の左手の位置は、踏みこんだ左足と同じ方向、または、それより 
  少し開きぎみ。
 ◎手の高さは、腰から肩までの間(つまりあなたの打点の高さ)。
 ◎手がしっかり伸びている。
それから#2さんのおっしゃる通り、腰はしっかり落とした方がいいです。

手の方向と高さが正しく、またしっかり伸びたままボールをキャッチできたら、体はボールに対してきちんとした位置まで行っています。
もし手が、すごく縮こまったり、ばんざいみたいに上がってしまったり、体の右側まで来ないとキャッチできなかったりしていると、体がボールに対して近すぎるということです。
つまり、左手も含めて素振りの正しいフォームと全く同じ形のままで、ボールをキャッチできればいいのです。

何だか分かりにくいので、図にします。
  真上から見た図です。

____\__________ネット     
     \
      \ 
       \      
        ●ボール   
   
            
           \←左手・・・この伸ばした左手でバウンドして来
            ◯←あなたの頭。    るボールをキャッチ!
                     
            
 図にしても分かりずらかったかも・・・すみません。

実際のストロークの前に、少しこのキャッチの練習をしてみると、感覚がつかめるかも知れません。要は、足を使って、体全体をボールといい関係になるところに持っていくことです。がんばってくださいね。

では。               
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧に図までつけて下さりありがとうございました
アドバイスは理解できたのですが実をいいますとこの練習はしてみたのです
で、実際ラケットで打ってみると相変わらずなのです
癖の方が勝ってしまうのでしょうか?親切に教えて下さったのに申し訳ないです
でもボールをつかんだ時に左手が伸びてたか、それはチェックしたことなかった
ので一度チェックしてみようと思います。
大変参考になりました。ありがとうございます。頑張ります。

お礼日時:2002/02/02 20:41

こんにちは。


いくつか思いつく練習をあげてみます。

1.ネット際で自分でワンバウンドさせて打つ練習
  これで自分で窮屈ではないと感じる距離を身につけられると思います。
  やりすぎだなと思う程度に離しても、案外うまく打てたりするものです。
  最初から、誰かに上げボールしてもらうと、結構難しいのではないでしょうか。

2.足を固定させない意識
  実際にラリーになると、自分の好きなところにくるボールなんてありませんから、自分で体を動かしてベストなポジションに入る必要ありますね。
  よく、足に根の生えたようにびくともせずに打つことがありませんか。
  フットワークを軽く構え、細かく位置を調整できるようなことを身につけることを意識してください。

3.早めに構えることも大事
  窮屈に感じるときは、打点が送れてしまうときが多いかもしれません。
  もっと前でさばけるように、早めにラケットを引いてみてはどうでしょうか。
  ただし、早く引いてもその時点で足が固定されないことが大事です。

硬式でもソフトテニスでも、基本は同じですね。
がんばってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうなんですよね。自分ではフットワーク軽いつもり
早めにテイクバックしてるつもりなんだけど
つもり・・・であって実際は出来てないのかも
課題は多そうです。根気よくがんばってみようと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/09 17:22

#2の者です。


フォームにもいろいろありますし、ボールに対しての対応により打ち方が変わりますので、これが正しいフォームというものはありませんが、基本的なものは#3の方のおっしゃるとおりだと思います。

文字だけではわかりづらいのですが、「腰を落としていない」「肩くらいの高さで打っている(トップ打ちというものもあるのですが)」ということから、重心が後ろにあるため、kouitihmさんの打つボールには体重が乗っていないものと思われます。

フォアは腰を落とし、体を回転させて打ちます。
となると今までと違う位置でボールをとらえなければいけないので、それがつかめるようになるまで、#3の方が書いておられるようなボールキャッチの練習をしてください。男性は小さい頃から野球などに親しんでいて、ボールに対する反応が良いため感覚がすぐにつかめると思いますが、一般女性にはそれがとっても難しいと思われます。正しくボールキャッチができるようになるまで、ラケットは握らないくらいの覚悟で・・・・

それができるようになったら、一本打ちを始めてください。
一本一本フォームを確認しながら。(打点は今よりもずっと前で、高さも低くなっていると思います)打ち終わった時は、左足に体重がのっていると思います。

くせを治すのはとっても大変なことだと思いますが、スカーっとしたボールを打てるようになると、もっともっとテニスが好きになると思います。
がんばってくださいネ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

自分でも体重が乗ってないとおもいます・・・
アドバイスどおりに練習してみます。(何年かかるかわかりませんが・・・)
ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/09 17:05

テニスをされてどのくらいでしょうか?


初心者の方ですと、「ボールが待てない」「ボールの来る位置がわからない」ことで、自分からボールに向かって走りながら打ってしまうため、こういった状況になることが多いです。
ボールを打つ時の地面からの高さは一定ですか?
腰を落としていますか?
一本打ちから始めて、自分の高さというものを体で理解することが必要かと思われます。
あと、KOUITIHMさんは軟式、硬式どちらをされているんでしょうか?
私はどちらも経験者ですが、同じテニスでもバトミントンとテニスくらいの違いはあると思っておりますので、その辺りを書いていただけるとアドバイスしやすいです。

この回答への補足

経験は、ブランクありの計7年です、
硬式しかやったことないんです。
自分ではボールを打つ位置に入って打ってるつもりなのですが・・
遠近感がないのかなぁ・・
それと、ボールを打つときの地面からの高さは、
だいたい一定だと思うのですが、ちょっと高めなのが気になってます、
肩の位置くらいかな。
腰は、落ちてないと思います。
よきアドバイスをおねがいします。

補足日時:2002/02/02 10:19
    • good
    • 0

中学生の時に軟式テニスをしてました。

(もう5年以上たってますが)

テニスって、けっこう左手でバランスとっていたように思います。
ボールがバウンドしたときにすでにラケットが後ろにきていて打てる体制になっていますでしょうか??

タイミングの問題だと思いますので、壁打ちや乱打で意識しながらしてみてはいかがでしょうか??

あと、イメージトレーニングってけっこういいですよ?
うまい人の打ち方も参考にしてみてはいかがでしょう??

私は硬式をしたことがありませんので、軟式のアドバイスになりますが、違っていたらごめんなさい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
私は硬式のテニスしかしたことがありません
なにが悪いのかわからなくて困ってました
イメージトレーニングしてみます
アドバイスありがとう、頑張ります

お礼日時:2002/02/02 10:17

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q速いボールや強いボールを打ち返すには?

最近テニスをやり続けているのでちょっとはうまくなったかなと思っていました。
でもちょっとうまい人とやってみたら、ボールが速くて強いのでうまく打ち返せませんでした。

一応、ボールを打ち返してはいるのですが、打点が微妙に後ろになってるか、
スイートスポットを外れているといった感じに自分では思えます。
やっているうちに、ラケットの引きも意識して早くし、速さには慣れて来た感じがしました。

でも、ボールの強さに負けまいとするとフォームが乱れているように自分では感じられました。
(彼が打つボールは、昔の人なのでトップスピンでは無く、フラット系です。
 身長も高く上から打ち下ろす感じです。どちらかというとサイドスピンがかかってます。)

ボールに負けないようにすると、うまく順回転を掛けることが出来るフォームではなく、
ボールを押し返すほうに力が入りやすいフォームになり、ボールがオーバーすることも
多かった気がします。

うまい人といつもやれば、少しずつ慣れて来るのかもしれないですが、
なかなかそうもいかず、何かアドバイスをいただけたらうれしいです。

最近テニスをやり続けているのでちょっとはうまくなったかなと思っていました。
でもちょっとうまい人とやってみたら、ボールが速くて強いのでうまく打ち返せませんでした。

一応、ボールを打ち返してはいるのですが、打点が微妙に後ろになってるか、
スイートスポットを外れているといった感じに自分では思えます。
やっているうちに、ラケットの引きも意識して早くし、速さには慣れて来た感じがしました。

でも、ボールの強さに負けまいとするとフォームが乱れているように自分では感じられました。
...続きを読む

Aベストアンサー

テニス歴25年の者です。今も週一でスクールに通っています。
質問の件ですが、フォアとバックで対処は違いますし、余裕がある時と、押し込まれた時でも対処が違います。
全てを回答しますと、長々となりますし、コメントを読んでいますと、ドカーンときたボールをドカーンと返したいような気がしましたので、そちらを主に回答します。
フォアの場合
(1)ひざを曲げ、腰を落とす。
(目線がネットの高さに近づきますし、相手がフラット系ですので、打球の高さにある程度合わせた方が、球を捉えやすいです。また瞬時に反応しやすいです。)

(2)テイクバックはコンパクトに。
(大きく振りかぶると振り遅れます。)

(3)スイングを開始し、右ききの場合、左足のつま先の20~30cm前方でボールを捉える。
(ちょっと前めでという意識で。)

なぜ前方で捉えるかというと、スイングの遠心力により、前めで捉えた方が、パワーが増している点と、十分腕が伸びている方が、差し込まれないためです。

(4)ボールを捉える寸前から、フォロースルーの間にひざを徐々に伸ばし、腰の位置を上げていく。

(5)フォロースルーはボールの弾道の方向にそのままラケット面をキープしながら、腕を伸ばす。

(6)最後にラケットを頭の位置まで持っていく。
(手の甲が顔の横に来る程度)

スイングは後を小さく、前を大きく。という感じです。
変に回転をかけようとはしてはいけません。

質問にある通り、押し返す感じでいいです。
ただ、そうすると、フラットに近くなるので、スイングの過程でひざを伸ばし、上体を上に伸ばすことにより、自然な順回転がかかるようになります。

また少しラケットを下から振り出すようにするのも必要です。

問題は、前めでボールを捉えるあまり、ベースラインに下がりすぎることです。浅いボールに対処できません。

ですから、是非、ライジングショットを身につけてください。そうすれば、下がりすぎることなく返球できます。
また、ライジングショットで返球すると、相手の球が速い分、相手にすぐ戻って行きます。多分相手は振り遅れるでしょう。

バックの場合、逆襲するのは困難です。
あなたはバックハンドはダブルハンドですか?
ダブルハンドであれば、ブロックするだけで十分です。
「当てるだけ?」と思われるかもしれませんが、ブロックといえど、スイングはしているのです。
私はシングルハンドですが、やはりパワー負けします。
スライスで返そうとすると、浮く危険があるので、サイドスピンで返すようにしています。
(1)テイクバックを小さくしラケットを立てない。
(2)グリップから振り出す。
(3)ボールが当った瞬間、ラケットを左から右へ平行にスライドさせる。

こんな感じでしょうか。
ライジングショットの方法については割愛させて頂きます。
疑問であれば、また質問してください。

テニス歴25年の者です。今も週一でスクールに通っています。
質問の件ですが、フォアとバックで対処は違いますし、余裕がある時と、押し込まれた時でも対処が違います。
全てを回答しますと、長々となりますし、コメントを読んでいますと、ドカーンときたボールをドカーンと返したいような気がしましたので、そちらを主に回答します。
フォアの場合
(1)ひざを曲げ、腰を落とす。
(目線がネットの高さに近づきますし、相手がフラット系ですので、打球の高さにある程度合わせた方が、球を捉えやすいです。ま...続きを読む

Qシングルハンドのフォアの打点が体に近くになりすぎます。

球感が悪く飛んでくるボールに近づきすぎ打点を前にとることが出来ないばかりかひじが脇についた状態でインパクトしてしまい何度注意されても直せません。矯正する練習方法をご存じでしたら是非お教え願います。

Aベストアンサー

こんばんは!!

練習というより、イメージに近いと思うのですが
私(男)がサークルで、コーチに指導されたときには
「左手の使い方」を言われました。

よく一般的に言われているのは、右利きであれば「左手で
ボールをつかむように」です。
そうすることで、インパクトの際のボールとの「距離感」を計るのです。
私もこれを意識するようになってスライスや
トップスピンも以前より数段いいポイントで打てるように
なったと思いますよ!!
頑張ってください!!

Qボールとの距離感

こんにちは。
週末週一でスクールに通っています。
ボールとの距離がつかめなくて悩んでいます。
毎回毎回毎回言われて、気を付けるのですが、近づきすぎてしまいます。
また気を付けすぎると、離れすぎてしまいます。
何かいい克服方法・練習方法はあるのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

週一回のスクールでしたら経験不足なだけです。
ボールがバウンドしてトップから落ちる辺りで打ちますが
そこに左足(右利きの場合)を添えるpointが掴めないから
近付きすぎ、離れすぎになるこれを直す方法はボールを打つ
経験を多く積むことです。
壁打ちなどはどうですか?(昔は皆経験して上手くなりました。)
初めは短い距離で十分です。ラケットを長く持つ事も必要ありません。
強く打つことも必要ありません。要はボールがバウンドして伸びて
来る所を打つ感覚を掴む事です。壁と軽くラリーが続けば今の現象
は解消されます。
ボールを扱う感覚を掴めばOKです。頑張って下さい。

Q速いボールを打つには

今日友達とテニスをしました。
年季は明らかに私の方が長く、友達は遊びでやったことがあるといった程度です。

でも、友達は常にフルスイングで速いボールを打つことができます。
そして、ボールにすごくドライブが掛かっていてアウトすることはありません。

私も負けずに強く打っても、まったくボールに力が伝わらない感じがして、自分の腕にもまったく力が入らない感じです。

そこでしかたなく、グリップのエンドを持ってラケットをグラグラにしてスイングし、インパクトのときにムチのようにパチンと当てる打ち方をしました。

こうすると、スピードボールが打てて、腕にもまったく力が要りません。

ラケットの振りぬきの速さと、ラケットの重さだけでボールを打ち返している感じです。

確かに、ラケットをゆるく握って、インパクトのときだけ力を入れるとよい。とはよく聞きますが、本当に私のやってる打ち方でいいのでしょうか?

あまりにも、グラグラ過ぎてラケットをコントロールしている感じが無く、成り行きでボールを打っている気がします。

昔の手首を固定しなさいという考えとはあまりにかけ離れている気がするのですが。

今日友達とテニスをしました。
年季は明らかに私の方が長く、友達は遊びでやったことがあるといった程度です。

でも、友達は常にフルスイングで速いボールを打つことができます。
そして、ボールにすごくドライブが掛かっていてアウトすることはありません。

私も負けずに強く打っても、まったくボールに力が伝わらない感じがして、自分の腕にもまったく力が入らない感じです。

そこでしかたなく、グリップのエンドを持ってラケットをグラグラにしてスイングし、インパクトのときにムチのようにパチン...続きを読む

Aベストアンサー

速いボールを打つには

色んな条件があります。私の狭い知識では

物理的な面として
まずスイングスピードを上げる。
インパクトまでのスイング距離を大きくとり加速させる。
 ティクバックで大きくする。例、大きめループスイングを描く。
(注:相手のボールが速い時は別。コンパクトなティクッバック)

 出来るだけ前でボールを打つ。(その分スイングが長くなる)
 重いラケットで慣性質量を高める。

 ボールに対し厚く当てる。カスレ気味だと回転はかかるが遅い。
 厚く当てながら薄く逃がして(難しいが)トップスピンをかける。
 インパクトの瞬間に僅かながらでも体重を乗せる。
 ライジングで捉える。相手のパワーを利用する。

体の面として

膝→腰→上体→肩→肘の各関節を中心に筋肉連鎖でパワー
を上げてゆく。
これがうまく出来ないと手打ちとか腕だけの単体の小パワー
しか出せずボールは飛ばない。 また故障の原因にもなります。

体の動きを言葉で伝えるのは難しいのが本音ですが...

あえて
体の動きの中で一番大事なので”腰のキレ”だと思います。
ティクバックが最終近くに腰を瞬間に右から左へ回転させます。
図でありませんが
ティクバックは”→”の方向 腰の回転”←” このタイミングが
速く回転力が大であると大きなパワーを生じます。
そのパワーに引っぱられる形で上体がフォーワードスイングに移行
し、そして腕が引き出される連鎖運動となるのです。
速いスピードの持ち主はコンパクトスイングながら”腰のキレ”が
良いのです。
私自身速いボールを打つ時は”腰”を意識します。

逆に
上体を意識すると
肩にリキミが入るということは、力の大部分がスデに費やされて
おり、筋肉が収縮しきっている状態なのでさらなるパワーが出し
にくいのです。またリキミにより腰からパワーを阻みやすいのです。
>インパクトのときにムチのようにパチン
正解です。腕に力は入っていたらできませんから
>グリップのエンドを持ってラケットをグラグラ
エンドより上を握り、せいぜいエンドが手のひら(小指の延長上)
当てる程度が限度でしょう。でないと面が不安定とかインパクト時
ブレやすくなります。グラグラしない程度に握った方が良いです。
>昔の手首を固定
 ある程度ストロークが安定してから、手首を使います。
 手首関節を小指側(→)から親指側(←)に解放するのです。
>ラケットをゆるく握って、インパクトのときだけ力
 正解です。常に意識すると良いです。
  
腰の回転で気をつけることは
体の軸を保つ 頭から体軸の線は垂直を保つ。
軸が傾くとパワーロスになるとかラケット面が不安定になる。
腰の回転は徐々にやる。無理して急激に回すと腰を痛めます。

そして最後は体全体の筋力UPが必要です。
ダンベルやマシンなどを使わず鍛える方法として
木刀で素振りをやる事です。一歩踏み込んで上段から振り下ろす。
先端がヘソの前に来たら両前腕を絞ります。
この動作は体全体の筋肉が連鎖することによって成り立つ運動です。下半身、背筋、腹筋、肩周囲、前腕らが自然に鍛えられます。
ダンベルとかは単体の筋肉でしか鍛える事ができないので、動きに
関連しない筋トレになりやすいので無駄となります。

速いボールを打つには

色んな条件があります。私の狭い知識では

物理的な面として
まずスイングスピードを上げる。
インパクトまでのスイング距離を大きくとり加速させる。
 ティクバックで大きくする。例、大きめループスイングを描く。
(注:相手のボールが速い時は別。コンパクトなティクッバック)

 出来るだけ前でボールを打つ。(その分スイングが長くなる)
 重いラケットで慣性質量を高める。

 ボールに対し厚く当てる。カスレ気味だと回転はかかるが遅い。
 厚く当てながら薄く...続きを読む

Qフォアハンドは力で打つかスイングスピードで打つか

ずっとフォアで悩んでました。
特にスクールに通いだして、コーチの勢いのない球出しのボールを打ち始めてから、ますます悩むようになりました。
いくらがんばって打ち込んでも、まったくパワーがボールにダイレクトに伝わる感じがしないのです。
球出しのボールはバウンドの高さも低いので、そのボールを相手コートに打ち込むのは至難の業でした。
力いっぱい打てばオーバーだし、下に打てばネットです。

そこで漸く分かったのですが、ボールは力で打つのではなく、スイングスピードで打つものなんじゃないかと。

実際に試してみたら、スイングスピードが有るのでしっかりとトップスピンが掛かります。また、ボールを力で打ち返してる感じはしないのですが、結果的にはかなりダイレクトにパワーが伝わり、鋭いボールがコートに突き刺さるように打てます。

昔からよく言われているボールを押す感じはまったくありません。また、本やテニス雑誌にしばしば書かれてるように、腕を伸ばしてボールに押しを加える感じもありません。単にスイングスピードでボールをはじき返す感じです。
手首を固定する感じもなければ、ラケットをしっかり握る感じもありません。

コーチ曰く、フェデラーなどがこうやって打ってるそうです。
みなさんはフォアをどうやって打ってますか?
どうして、フォアはスピードで打ち返すものだということが、本などに書かれていないのでしょうか?
それとも、私が何か大きな勘違いをしてるのでしょうか?
まあ、ラリーのような相手のボールに勢いがある場合は、スイングスピードがなくても打ち返せますが。

ずっとフォアで悩んでました。
特にスクールに通いだして、コーチの勢いのない球出しのボールを打ち始めてから、ますます悩むようになりました。
いくらがんばって打ち込んでも、まったくパワーがボールにダイレクトに伝わる感じがしないのです。
球出しのボールはバウンドの高さも低いので、そのボールを相手コートに打ち込むのは至難の業でした。
力いっぱい打てばオーバーだし、下に打てばネットです。

そこで漸く分かったのですが、ボールは力で打つのではなく、スイングスピードで打つものなんじゃな...続きを読む

Aベストアンサー

Vitaminさんの感覚が正しいものだと思います。

テニスのボールは力で打つものではありません。(当たる瞬間必要な最低の筋力はいりますがね)
前回も書きましたが脱力し打つ瞬間グリップを握る。表現は違いますがたぶん今感じている感覚がまさにそれに近いものだと思います。

30年近く前に紹介された技術が今ようやく
一般的な技術になってきましたね。

肘を伸ばして押すように打つこれはイースタングリップの時代の打ち方です。(面のぶれを少なくし回転をそれほど重視しない時代、ふらっとまたはスライスが中心となります)
現在のトップスピンを中心の打法はグリップはセミイースタンからウエスタンが適しています(トップスピンをかけやすい)また打点も高くなりますので当然肘は軽く曲がります。
スピンをかけるにはボールの反発よりラケットのヘッドスピードの方が早くないといけません。従ってスイングアークは当たってから小さくなります(押さないと言うことです)。
押していてはヘッドスピードが上がりません。(スケートの回転をみてるとわかりますが、ゆっくり回転するときは腕が伸びてますが回転が速くなるにつれ腕が体の近くに来ます。)

大昔、テニスの指導者として、日本のトップレベルの指導者達との交流でわかったことは、あまりにも世間で言われていることと違うと言うことです。(腰を落とせとか、膝を曲げろとか、ラケットを早く引いて待てとか)
彼らは自分の指導のノウハウは決して公開しません。
お互いに得るものがあるレベルのもの同士は今どうやっているか情報交換の形ではしますがね。

技術の進歩が遅い理由は日本独特の体育会系のつながりが一つの理由に挙げられます。
先輩から教わった事を否定し全く違うことを教えるのはかなり勇気がいるものです。
また、本なんかに書いてあるのは当たり障りのないことが多いです(私もかって大学の先生が出版したテニスの本の一部に参考意見を述べさせてもらいましたができあがったものをみると一番肝心な部分はカットされて当たり障りのない部分が採用されてましたね。)

Vitaminさんの感覚が正しいものだと思います。

テニスのボールは力で打つものではありません。(当たる瞬間必要な最低の筋力はいりますがね)
前回も書きましたが脱力し打つ瞬間グリップを握る。表現は違いますがたぶん今感じている感覚がまさにそれに近いものだと思います。

30年近く前に紹介された技術が今ようやく
一般的な技術になってきましたね。

肘を伸ばして押すように打つこれはイースタングリップの時代の打ち方です。(面のぶれを少なくし回転をそれほど重視しない時代、ふらっとまたはス...続きを読む

Q正しいフォアハンドのスイング軌道について教えてください。

簡単そうで難しいフォアハンドについて教えてください。

打点は胸元ではなく腰辺りで、ぐりぐりのトップスピンやフラットでは
なく、ごくごく自然な順回転が掛かったボールを打つ場合のことです。

ラケット面がどのような軌道を描くようにスイングすれば良いのでしょうか?
1.単なる円軌道だと、よく言われるように、ボールを押し出せないので、
NGだと思います。
2.インパクト直前からインパクト、インパクト後と打ちたい方向に
向かって直線的に下から上に向かって打ち上げる。
3.インパクトまでは、ほぼフラットに当て、インパクト直後に
前に押し出しながら、上に擦り上げる。

実はコーチにインパクト前にラケットを落としすぎと言われ、
コーチのスイングをビデオに撮って良く見ると、上記3のように
打っていました。

アドバイスのほどお願いします。

Aベストアンサー

3の打ち方がベストです。この打ち方だと、球の軌道はフラットスピンになります。

基本的にはボールに当たる瞬間のラケットの面はフラットだと考えてもらっていいです。おそらく、最初からヘッドを落としすぎていたら3の打ち方はできません。「フラットにテイクバックしてフラットに当てる」まずはこれを練習すれば良いと思います。最初はテイクバックも小さく、理想のスイングの軌道をなぞるようにテイクバックしてください。面の感覚を掴めるまでテイクバックはシンプルにした方がいいです。

あと、スピンのかけ方ですが、上に擦り上げるというよりも、下半身のパワーを腰の回転に伝え、それを最終的には腕に伝え、ムチのようにしならせて振り切ってスピンをかけます。フラットスピンの場合は腕でスピンをかけようとしてはいけません。体重移動や下半身でかけるものだと私は考えています。また、最初のうちはワイパースイングよりも、腕を首に巻きつける(スイング後、右腕越しに相手を見る)方が良いとおもいます。

フラットの感覚を掴めたら、そこから上達は早いと思います。頑張ってください!!

Qテニス(強い下半身を作りそれや腰の回転を生かす&フットワーク)

今年から硬式テニスをはじめた高1です1(軟式未経験)。

私は諸事情あって(以前の私の質問を知っている方ならご存知かと思いますが)下半身の筋力が弱かったりフットワーク(いわゆるボールをきちんと打てる位置に入る)が悪かったりするのですが・・・。

ただ、テニスにでは上半身よりも下半身の能力のほうが大事な事は言うまでもないですが(プロの試合などを見ると追いつかないようなボールにも追いついて、それどころかカウンターをかましてきたり・・・)私はそれが弱点だからこそ強い下半身を作りたいと思っています。
また、腰の回転が使えていないなどもよく言われます(これも下半身に含みますが・・・)
そのためにはどのようなトレーニング(筋トレ、ランニングetc)をすればよいでしょうか。
また、その下半身(腰の回転なども含む)を効果的に使ったスイング(フォア、バック、サーブ等)をするにはどうすればいいでしょうか。

また、フットワークですが先輩に言われたのには
・ボールに対して直線的に入っている
・(試合になると動けていない)
と言う事なのですが、特にこれを改善しつつフットワークをうまくするにはどうすればいいでしょうか。

ちなみに今はとりあえずスクワットを100回×2~3セットやったりしています(毎日)。
長文になりましたが真剣に考えているのでアドバイス頂ければと思います。(補足が必要でしたら・・・)

今年から硬式テニスをはじめた高1です1(軟式未経験)。

私は諸事情あって(以前の私の質問を知っている方ならご存知かと思いますが)下半身の筋力が弱かったりフットワーク(いわゆるボールをきちんと打てる位置に入る)が悪かったりするのですが・・・。

ただ、テニスにでは上半身よりも下半身の能力のほうが大事な事は言うまでもないですが(プロの試合などを見ると追いつかないようなボールにも追いついて、それどころかカウンターをかましてきたり・・・)私はそれが弱点だからこそ強い下半身を作りたいと思っ...続きを読む

Aベストアンサー

だいぶ熱心ですね。真面目に取り組めば必ず結果はついてきます。

下半身の強化は前回を書いた通り、ランニングとダッシュが基本
です。特につらいダッシュを繰り返すと効果覿面です。

スクワットはtimeupさんが書いているようにハーフで十分です。
膝関節周囲を圧迫し過ぎるのと、膝を曲げ過ぎると逆に体を
持ち上げるロスが生じます。(テニスでは)

細かいステップは縄跳びです。3分間を3ラウンドとか自分の
体力に合わせて行います。
脚力の強化というか踏ん張りは反復横飛びが良いでしょう。
素早いステップで1分間を2~3回程度やります。
俊敏性がつきます。(テニスで大事な動きです。)

下半身は胴体も含みますので腹筋、背筋の筋トレは必要です。
腹筋はあお向けに寝て膝を曲げ、手は耳の後ろに添えて
やります。50から100回程度。次に膝曲げあお向け状態から、
足を浮かせ、右膝と左肘、左膝と右肘を交互に腹筋します。
背筋はうつ伏せで両手両足を伸ばし、右腕と左足を両方同時に
持ち上げ左右交互に行います。

>常に「後ろから回り込む」できる人はレベルが高いです。
普通はボールに対し斜め一直線に入る為、体のバランスを
崩し、打った後の次へのステップが踏めなかったり
力のベクトルがずれます。後ろから入ると体のパワーが
ベクトル方向に一致し力強いボールが打てます。
ボールに対し、鋭角に入らず、鈍角で遠回りする感じで
ボールの後ろから入るには、相手の動き、ボールの軌道
落下地点を読む予測も大事です。
そして即座に動けるようステップを踏み、足が止まらない
ようにして待ち構えている事が大切です。

だいぶ熱心ですね。真面目に取り組めば必ず結果はついてきます。

下半身の強化は前回を書いた通り、ランニングとダッシュが基本
です。特につらいダッシュを繰り返すと効果覿面です。

スクワットはtimeupさんが書いているようにハーフで十分です。
膝関節周囲を圧迫し過ぎるのと、膝を曲げ過ぎると逆に体を
持ち上げるロスが生じます。(テニスでは)

細かいステップは縄跳びです。3分間を3ラウンドとか自分の
体力に合わせて行います。
脚力の強化というか踏ん張りは反復横飛びが良いでしょう。
...続きを読む

Qストローク時の、体のひねりを習得する練習方法

 いつも大変楽しく拝見しております。
 29歳で、テニス暦は1年半ちょっと、レベル的には初中級くらいです。
 ストローク(バックはダブルハンド)が、どうしても手打ちになってしまって悩んでます。
 足→腰→上半身のひねりを使うことで、より一層強いボールが打てるということはなんとなく分かるのですが、その一連の動作(足→腰→上半身)を効率的に習得できる練習方法をご存知の方がいらっしゃいましたら、ご教授ください。
 ガリガリに痩せている中学生なんかが強烈なフォアハンドを打ち込んでるのを見ていると、やっぱりテニスって腕力じゃ無いんですね。

Aベストアンサー

軸足一本で打ってみる練習をおすすめします。


絶対に前足を振り終わるまで降ろしてはいけません
当然重心が前には行きませんので
回転中心のストロークになります。

この時前足に相当する足は回転の逆に振り腰の開きを防止します。

(絶対に足腰上半身なんて順番に回す意識でやってはいけません。ゴルフでよく見かけるバラバラスイングのようになりますよ、人間の体は素晴らしい機能を持っています、正しい練習をすれば自然に身に付きます、いらない意識は上達の障害以外何ものでもありません、ましてやまだ29歳身体機能はそれ程落ちてませんので十分ですよ)
二本足で打っているときはポイントがずれても前後の足で調整できますが片足だとそうはいきません。

腰の切り方が理解できたら前足を打つとき軽く地面について同じような感覚で打ってみて下さい。

今までよりはかなりボールを引きつける感覚になるはずです、実はこのポイントが正しいポイントなんですよ。

重心の移動をしていたら軸が動きます、まともなボールが打てるわけないんです。競技で本格的にやっている人たちの世界ではかなり昔から常識なんですがね。
がんばって下さい。

軸足一本で打ってみる練習をおすすめします。


絶対に前足を振り終わるまで降ろしてはいけません
当然重心が前には行きませんので
回転中心のストロークになります。

この時前足に相当する足は回転の逆に振り腰の開きを防止します。

(絶対に足腰上半身なんて順番に回す意識でやってはいけません。ゴルフでよく見かけるバラバラスイングのようになりますよ、人間の体は素晴らしい機能を持っています、正しい練習をすれば自然に身に付きます、いらない意識は上達の障害以外何ものでもありません、まし...続きを読む

Qストロークでのゆるいボールの処理

私はテニス中級者だと思いますが
スピンのかかった球などは打てるようになってきて
普通にストロークしている分にはいいのですが
チャンスボールなど(チャンスボールでなくても)の
ゆるいボールがきたときにどうしてもミスをしてしまいます。

ネットもありますがどちらかというとふかしてしまいます。
対策としてはどうしたらいいでしょうか?

「いろいろ調べると丁寧に打つ」みたいのはあるのですが
あまり具体性がかけるのでもう少し詳しく教えて頂けるとありがたいです。
丁寧にという部分は意識しているつもりなので

よろしくお願いします

Aベストアンサー

殆ど解答が出尽くしたようですが、付け加えるなら

緩いボールでふかすというのは、まずは準備が遅いからです。

ミスの原因として
準備が遅い。慌てて打つ。打ち方を変えていない
打点を落として打つ。勢い余って強く打つ。


それが起こりえる原因と対策
予測をしていない。自分の打ったボールに対し、相手の
返球を予測する。遅いと準備が遅れる。
(相手を追い込むボール、深いボール、あるいは浅いボール)
これらの場合、中級以下だと短いボールが多い。

相手をよく見る。相手がバランスを崩しながら打つとか
(構えが遅く、差し込まれている。体の軸が崩れる)

短い球と予測できたら、バックラインより一歩コート内に
入り構え、確信できたらティクバックしながら前に詰める。

細かく足を動かし、一拍を置きボールをヒットする。
ここで一番大事なことは、出来るだけ高い打点で打つ。
ネットより高い打点でフラットに打ち込めば、ネット
せず深い位置に強いボールを打ち込むが出来るのです。
フラットに打っても自然にスピンがかかりボールは
落ちるのです。
※一拍置かないと、一直線的な固まった打ち方しか出来ず、
ボールの変化の対応や自分の打つタイミングの間が
取れないのです。

丁寧にコースをつくとかネットより低い場合などは
スライスで打つ。スピンならストレートよりクロスへ打つ。
その方が距離が長くとれ、相手を外へ追い出すことが可能。

いずれにしても予知能力、判断力の速さ、細かい足の動き、
などが完璧な準備となり、余裕を持って高い打点でボール
を打ち込むが可能です。
※高い打点で打つ時、細かい打ち方は考えず体に任せましょう。

ここまでは中級クラスの中レベルの話ですが、目標にして
も良いと思います。

とにかくミスをしないのであれば、スライスで丁寧に
返すことです。
試合ではただ返すだけでは相手の反撃を食らいます。

最後に
ミスをしない事から、深く打つ、コースを狙う、強く打つ
相手を外へ追い出すなどとレベルを上げてゆきます。

日頃からどういう時に短いボールが打たれるのかを観察し、
予知能力を高める訓練も必要でしょうね。

殆ど解答が出尽くしたようですが、付け加えるなら

緩いボールでふかすというのは、まずは準備が遅いからです。

ミスの原因として
準備が遅い。慌てて打つ。打ち方を変えていない
打点を落として打つ。勢い余って強く打つ。


それが起こりえる原因と対策
予測をしていない。自分の打ったボールに対し、相手の
返球を予測する。遅いと準備が遅れる。
(相手を追い込むボール、深いボール、あるいは浅いボール)
これらの場合、中級以下だと短いボールが多い。

相手をよく見る。相手がバランスを...続きを読む

Q打球音は何で決まる?

こんばんは。
たまにパコーン、パコーンととても爽やかなテニスらしい音を放ってテニスしている人が居るのですが打球音はどの様な要素で決まるのでしょうか?
自分の場合は90のラケットに60前後で張っているのでペコンペコンてなフライパンで打っている様な音かベゴッってな濁音が付く様な音しか出ません。

Aベストアンサー

ガットの種類と張力でかなり違いますよ。
あと、まわりの環境とか・・・
例えば、周りがビルや壁に囲まれていて、かつ、その反射
する音を聞く位置によっては、ものすごく響きます。
もちろん、上手な人ほど、スウィートスポットは外さないので、
下手な人よりは、音がいいはずです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング