分析実験で容量分析と重量分析により2つの方法で1つの値を求めました。
どちら分析の値がより確からしいかを述べるために2つの数値を吟味したいのですが、分かりません。
重み付平均を使えばいいと言われたのですが、分かりません。教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

こんばんは


重み付平均の意味はお判りですか。
一般的に一つの項目の測定方法には複数の測定方法があります。
測定には必ず誤差があり、測定方法上の問題は測定値の偏りで判ります。
測定方法の妥当性を検討する際、それぞれの分析方法によって複数のデータを取り、平均値、R(最大値-最小値)、標準偏差などを求めます。
ここで、測定精度は標準偏差であらわれ、測定の腕が上がると標準偏差が小さくなります。真値は統計上は、平均値±1.96σの範囲内にあります。(95%信頼限界)重み付けとは一般的には加重平均値を言いますが、おそらくこのことを言っていると思います。
真値が判っている場合は簡単です。真値からの偏りで判断できます。
世の中では、真値が判らない場合の方が多く、一般的なはどちらが正しいとは言えない場合の方が多いと思います。
この場合、どのような項目を分析したかは判りませんが、単なる統計上判断ではなく、共存物質の影響や、測定下限値を考慮に入れて、分析方法を検討するべきものと思います。
    • good
    • 0

誤差の原因を十分検討してからでないと.統計処理に入れません。


簡単に言えば.標準偏差の逆数をおもみとしておもみつき平均を求めて一応真の値として取り扱う方法もありますが.前提としてたしかかたよりがないことが必要です(おもみつき平均の話しは測量関係に詳しいのでそちらを読んでください)。
かたよりの有無について十分検討してください。

ただ.化学関係の方の場合には統計処理というよりも.分析実験の誤差因子(たとえば容量てきていのビューレットの制度管理が結果にどのように波及するか)を追求した考え方の方が理解しやすいと思います。
    • good
    • 0

いくつかお尋ねしたいのですが,その実験では,どんな物質をどんな目的で分析したのでしょうか.また,容量分析や重量分析と言ってもいろんなものがあります.どの分析法で分析したのでしょうか.


おそらく,以上のようにもっと詳しい実験状況を補足してくださると,他の方々が親切に回答してくれるかもしれません.さすがに,この情報だけでは重みつき平均が関与するかどうかは断言できないかもしれません.

この回答への補足

行った分析は黄銅中の銅と亜鉛の含有率です。
ここでEDTAを使ったためEDTA濃度を決定する必要がありました、カルシウム標準溶液を作り滴定をしEDTA濃度を出しました。また、ピロリン酸マグネシウムをこうりょうし、マグネシウム標準溶液を作りEDTAで滴定しEDTA濃度を求めました。
2つの方法でEDTAの濃度を求めましたが、どちらの値がより確からしいといえるのかがわからないいのです。

補足日時:2002/02/03 08:37
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大学の化学の勉強で

大学の化学の勉強で

こんにちは。
僕は今物理系の学科の大学1年生です。
物性物理学に興味があって大学の化学もしっかり勉強したいなあと考えています。
しかし、僕の大学では化学の教科書を1冊購入するだけで授業も教科書に沿っておらず、
あまりちゃんとした授業展開にはなっていません。
そこで自分で勉強したいと思い質問しました。

大学で買った教科書は理工系の基礎化学という教科書です。
わからないということではないのですが、厳密な原理の説明などが少なく、やや天下り的な解説が多いように感じます。
そこで本質的な化学を独学で学んでいく際にどのような参考書をどのように進めていけばよいのかを知りたいです。
ただ化学科ではないのでできれば物理化学的な視点でしっかりと化学が理解できるような本があればそのようなものも紹介していただけるとありがたいです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>物理系の学科
理工系物理学か
工業系の物理関係か
で大きく変ります。

前者の場合、原子・分子の挙動を研究する上での、化学の知識ですから、はっきり言えば、高校程度です。ただし、物理と重複する部分に付いては、高校程度では全然足りません。

工業系の場合には、高校程度の場合で済ます場合、電気化学に限ってそれなりの知識を要する場合、前述理学系程度の内容を要求する場合、があります。

>で授業も教科書に沿っておらず、
大学の講義なんて物は、教授の自慢話がほとんどです。重要なことは
自らが何を学んで行くか、を決定し、
何を調べる必要があるか、調べる手段はどうするか
を理解することです。過去に教授がどのように研究して行ったか、が講義の内容で、研究方法を学んでください。
教科書の内容なんて物は、知っているのが当たり前、で講義が進みます。
ただし、物理が専門でない学科の物理の講義中には、教科書の3行(シュレジンカー方程式)を説明するだけで、半期を使ってしまうなんて講義もあります。

だから、「あまりちゃんとした授業展開にはなっていません。」なんて言っている様では、大学教育が何たるかを理解していな、と感じます。

本格的に化学を学ぶのでしたらば、
有機化学
無機化学
錯体化学
電気化学
生化学
物理化学
放射化学
分析化学
機器分析
化学工学
高分子化学(繊維を含む)
くらいあります。物理化学として、偏微分方程式程度の知識が必要です(物理の学生さんだからこれはご存知でしょう。常微分までは高校の範疇です)。
これが、2-3冊・2-3講義に分かれていて全部で20-30冊ぐらいの分量です。

参考に大阪府立のサイトをあげておきます。
http://www.osakafu-u.ac.jp/subject_guide/eng/010109.html
パットみて、何とかなるなという本(多くの場合図書館に蔵書である。蔵書を見て読めると感じたら購入)を選んでください。

おそらく、化学系学科も有るでしょうから、所属大学の化学系学科の教科書を読んでください。わからない部分に付いては、図書館で、教科書(普通蔵書として1冊ぐらい置いてある)の分類番号を見て、同じ分類番号の本を見れば、表現の違いがありますので、理解できる本を見つけてください。この「見つける」という作業が大学生に要求されている講義内容です。

最後に、物理系の方が拒絶反応を示しやすい化学の分野として、化学工学があります。
公理から数式で求めて行く物理の考え方を真っ向から否定し、経験式と極端な近似方程式で解を求めて行きます(差分法、階段作図などの作図法、等)。
物理系の方は読むときには注意してください。数学的考え方が通用しない分野です。
計算自体は、中学の範囲(四則演算, 無理数(三角関数, logを含む))です。

>物理系の学科
理工系物理学か
工業系の物理関係か
で大きく変ります。

前者の場合、原子・分子の挙動を研究する上での、化学の知識ですから、はっきり言えば、高校程度です。ただし、物理と重複する部分に付いては、高校程度では全然足りません。

工業系の場合には、高校程度の場合で済ます場合、電気化学に限ってそれなりの知識を要する場合、前述理学系程度の内容を要求する場合、があります。

>で授業も教科書に沿っておらず、
大学の講義なんて物は、教授の自慢話がほとんどです。重要なことは
自らが何...続きを読む

Q分析化学(重量分析)

ある試料0.9923g中の硫黄を硫酸イオンに変え、これに20gdm-3のBaCl2溶液を加え、BaSO4として沈殿させ、沈殿を洗浄し、強熱してから重量を測定すると0.3248gだった。このとき、試料中の硫黄%は何になりますか。教えてください。計算のしかたや公式でもかまいません。
また沈殿させるのに必要なBaCl2溶液のml数の求め方、計算のしかた公式もおしえてください。

Aベストアンサー

BaSO4のモル数は、0.3248gを式量で割れば求まります。
求めたモル数は、Sのモル数と同じです(BaSO41モル中にSは1モル)。
これとSの原子量から、もとの試料に含まれるSの重量がわかります。
この重量は0.9923gの何%かを求めてください。

硫酸バリウムは水に溶けにくいため、SO4^2-1モルに対してBaCl21モルを入れればBaSO4が1モル沈殿すると考えます。
SO4^2-のモル数は上で求めましたよね。
必要なBaCl2のモル数はそれと同じです(BaCl2とSO4^2-は1:1で反応する)。
それとBaCl2の式量を使って、必要なBaCl2の重量が求まります。
それだけの量を入れるには、20gdm-3のBaCl2溶液がどのくらい必要か割り算すればわかりますよね。

Q公立大学のランキング。

みなさんは、次の公立大学の中でランキングを作るとしたらどういうランキングにしますか?
※大学レベル、難易度等を除いて、お気に入りの大学や、「ここは良い、ここはよさそう」という感じで作ってください。是非参考にしたいです☆

17大学を挙げてみました。この17校でランキングにして下さい!(難易度・レベルは除く)
・岩手県立大学
・秋田県立大学
・埼玉県立大学
・富山県立大学
・福井県立大学
・静岡県立大学
・愛知県立大学
・滋賀県立大学
・兵庫県立大学
・奈良県立大学
・島根県立大学
・岡山県立大学
・広島県立大学
・山口県立大学
・福岡県立大学
・長崎県立大学
・熊本県立大学  (北海道~沖縄の順)

長くなりましたが、真剣にランキングを点けていただけたら幸いです。またこうした理由も教えていただけたら嬉しいです!宜しくお願いします!

Aベストアンサー

NO1の質問がもっともだと。
上の17校より少なくともメジャーな大学だと思います。
どんなランキングを期待しているのか分かりませんけど、17個の公立を同じように知っている人なんていませんからまともにランキング付けできませんよ。
17個、全部一直線上ですよ。

Q実験により求めた値の名称

質問させていただきます。

複数回の実験結果によって最終的に決定した値をどのような名称で記述したらよいのでしょか?

「決定値」や「設定値」じゃおかしいですよね?

Aベストアンサー

測定値
計測値
ですかね。

Q化学か大学院に詳しい方アドバイスをください

数学科3回生のものです。数学も好きですが、それ以上に化学が好きだと気付きました。化学の参考書ばかり読んでいます。なので学部を卒業したら大学院は化学系で計算化学について研究したいと決心しました。できればドクターまで進学したいです。大学院で専攻を変えるということは簡単なことではないことは重々承知しております。
不安に思うのが、大学院で化学に進むとなると院試は突破できても実験の経験があまりないのでどうなのかということです。ここは三年次編入して化学の基礎を学ぶか?でもそうしたら博士号取得が早くても29歳だからポストにつくのが不利にならないのか?などいろいろ考えています。そもそも化学系の方が他専攻の野郎を快く受け入れてくれるのかなどの心配もあります。化学か大学院に精通している方は、いきなり大学院で専攻を変えるのは無謀だと思いますか?なにかアドバイスを頂きたいです

Aベストアンサー

ちゃんと「計算化学」という分野はあります。心配する必要はありません。
ただ、基礎的な「常識」が無いと、取っつくのに苦労すると思います。
数学には素人なので、学部でどんな先生についたら院で有利になるかよく分かりません。
何しろ始めに、計算化学をやっていない大学もありますから、まず「指導教官」を探しましょう。
大型計算機(最近は大学共同施設が主か?)のある大学ですと計算化学をやっている可能性は大きいと思います。
計算化学も広いので、軽い分子の精密計算や反応の推定もあれば、重い元素で相対論的効果のある部分に力を入れている所もあります。
全く別にニューラルネットで新規合成法を開発するとか、トポロジーから複雑な形の分子を合成するのに最もふさわしいルートを探す人もいます。
何がやりたいか、どんな先生に巡り会うか、どんなテーマとぶち当たるか…未来は洋々。^o^

Q重量分析

FeCl3とAlCl3のみを含む試料5.01gを溶解し、水和酸化物に変え強熱してFe2O3とAl2O3としたところ、試料重量は2.21gとなった。もとの試料中のFeとAlの重量百分率を求めたいのですが、答えはFe18.2%Al9.5%になるようなのですが計算しても答えがあいません。なぜこの答えになるのか教えてください。

Aベストアンサー

理屈で考えればNo.2のご回答のように連立方程式を解けば答えられますが、現実問題として、相当煩雑な計算をこなさなければならず、計算間違いをする可能性が高いです。
ここでは、FeとAlの酸化数がいずれも+3であることに注目し、両者のモル比をx,y(ただし、x+y=1)としたときの平均的な原子量、すなわち、55.8x + 27y =aを考えるのがよいと思います。

そうすると、
(a + 35.5x3)/{(2a + 16x3)/2} = 5.01/2.21
の関係が成立します。
aの値は塩化物でも酸化物でも不変ですから。
これを解けば比較的簡単にaが計算できます。
これからx,yも簡単に計算でき、たとえば5.01を(a + 35.5x3)で割れば、FeとAlが合計で何モルか計算できます。
・・・・以下省略。

ということでいかがでしょうか。

Q昭和大学 薬学部 の一般入試での 化学は化学基礎も含まれますか?

昭和大学 薬学部 の一般入試での
化学は化学基礎も含まれますか?

Aベストアンサー

薬学部、薬剤師になるか、薬の研究科勉強をするか、そういう所でしょう。
高校化学くらい、全部がチェック対象なのは当たり前です。
もし、化学基礎は要らないとか、無印化学は要らない、なんて所なら、行かない方が良いです。私立の薬学部で、これ以上日和るところは怪しいと思った方が良いでしょう。
まぁ、入試が楽な分、ツケが後に回されるだけのことです。
某底辺薬科大学に至っては、中学数学からやり直し、です。
結局「薬剤師国家試験」なり薬学の勉強なりに「当たり前に必要とされること」は、いつかは身に付けなければならなくなる、いつか勉強させられることになります。
すると、同じ6年間で、バカな奴が集まる大学ほど、必要な勉強量が下方向に増えるわけです。
それもあって、だから薬剤師国家試験の合格率が悪くなるんです。

なお、ここにはこう書いてあります。
http://www.showa-u.ac.jp/admissions/exam_requirements/frdi8b0000001hk5-att/a1494901923180.pdf
> 一般選抜入試
~~中略~~
> 試験科目
> Ⅰ期・Ⅱ期
> 外国語:コミュニケーション英語Ⅰ,コミュニケーション英語Ⅱ,コミュニケーション
> 英語Ⅲ,英語表現Ⅰ
> 数 学:数学Ⅰ(データの分析を除く),数学Ⅱ,数学A,数学B(数列,ベクトル)
> 理 科:化学基礎・化学

数3が無いのは如何な物かと毎度思わないでも無いのですが、理科が化学固定というのは、まだ真っ当な大学であるということでしょう。
仮に高校化学ができずに生物で入学したところで、勉強についていけないでしょうから。
高校の化学の授業だけ恐ろしく酷い物であった、というのでも無い限り。
そうであっても自分で勉強したら身に付いちゃう人が対象のハズですが。

薬学部、薬剤師になるか、薬の研究科勉強をするか、そういう所でしょう。
高校化学くらい、全部がチェック対象なのは当たり前です。
もし、化学基礎は要らないとか、無印化学は要らない、なんて所なら、行かない方が良いです。私立の薬学部で、これ以上日和るところは怪しいと思った方が良いでしょう。
まぁ、入試が楽な分、ツケが後に回されるだけのことです。
某底辺薬科大学に至っては、中学数学からやり直し、です。
結局「薬剤師国家試験」なり薬学の勉強なりに「当たり前に必要とされること」は、いつかは身...続きを読む

Q重量分析で・・・

この前重量分析の実験のとき塩化バリウム0.5%溶液の調整(500ml)をしろというのがあったのですが、結局は500mlに25g入れるという風にもとまったみたいなのですがそのとき方が分かりません。教えてください。とにかく、1Mとかいうのだったらわかるのですが5%とか言われると全然分からないのです(汗)あともしよければ硝酸銀2%溶液の調整(200ml)も教えてください。

Aベストアンサー

#2の回答者です。
#1,#2さん達の回答は、厳密に言うと間違いがあると思います。
気を悪くしないで下さいね。
もし私が間違っていたら、指摘して下さい。

>あまり難しく考える必要はありませんよ。・・・その通りです。

>分析方法書で記述されている濃度は、特に約束がない限り、溶液の濃度は重量/容量で表記しています。・・・その通りだと思います。

でも、今回は分母が容量で、分子が重量の単位であり、通常の%は分子分母が同じ単位ですよね。
だから、この%は、少し特殊だと思います。分子分母の単位が異なった%なんて、ざらにあり、一般的ならば、それでもかまいません。
特殊性を強調し、難しく考えさせようという物ではありません。
私自身は、少しでもわかりやすく、かつ正確性を保ちたいと努力しています。

>ですから通常はw/vol%となっています。・・・その通りだと思います。しかし、注意しなければならないのは、容量とは溶媒(ここでは水)の容量ではありません。あくまでも、できあがった溶液の容量です。

これは、決定的な差です。濃度が低いときは誤差は小さいかもしれませんが、高濃度の溶液になればなるほど、大きな誤差になってしまいます。

>その方が分かりやすく簡単だからです。・・・そうかもしれませんが、やはり、その後の操作で容量を取り扱うための必然性があると思います。

溶液の密度が1ではないときに、この方法で調整した5%の溶液を100gとっても、その中には5gの溶質は入っていません。
その後の操作で、体積にて秤量するためには、この単位が便利なのです。

>#1の方の回答の通り該当する液量に相当する溶質を溶媒に加えると指定された濃度の溶液が出来上がります。・・・やはり違うと思います。

基本は、100mlの水に添加するのではなく、水を追加して全量を100mlにする事です。
もし、#2さんの方法で10%溶液を作製して、全量が110mlになったとすると、正確には9%溶液になってしまいます。

重量分析において、濃度の調整方法で10%も誤差がでたら、論外でしょう。

#2の回答者です。
#1,#2さん達の回答は、厳密に言うと間違いがあると思います。
気を悪くしないで下さいね。
もし私が間違っていたら、指摘して下さい。

>あまり難しく考える必要はありませんよ。・・・その通りです。

>分析方法書で記述されている濃度は、特に約束がない限り、溶液の濃度は重量/容量で表記しています。・・・その通りだと思います。

でも、今回は分母が容量で、分子が重量の単位であり、通常の%は分子分母が同じ単位ですよね。
だから、この%は、少し特殊だと思います。...続きを読む

Q受験資格のために大学の化学過程終了資格を取りたい

現在化学系の会社で営業職をしている35歳男性です。
国家試験受験の資格として大学で化学過程を専攻していることというものが結構あります。その中で最近仕事のためにどうしても欲しい資格があり、働きながらどうにか大学の化学過程終了資格を取りたいのです。ですが、働きながらということで夜間大学等は無理です。選択肢は通信大学かと思っていますが、どなたか比較的簡単にこの資格を取れる大学について詳しい方がいらっしゃいましたら教えていただけますでしょうか?どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

資格は、具体的には何になりますか?
それによって、受験資格=大学化学課程修了 と有っても、いろいろと幅ができる場合もありますので。

Q理論値と実験値の誤差

溶媒抽出実験(液液平衡(酢酸+ベンゼン+水))を行いました。
水相のみ採取し、抽残相には水を加える操作を3回行い、3種類の抽出液と1つの抽残液を手にしました。そこから、水酸化ナトリウムで滴定し、酢酸の質量分率を算出しました。
このとき、理論値と実験値のズレが大きかった場合、どのような原因がありますか?滴定の失敗など物理的(?)原因ではなく、化学的原因があれば教えてください。

Aベストアンサー

>補足へ
私はそこまで厳密なことやったことないですが。

まず、No.1, No.2でも書いたように、振り混ぜの操作が十分に行えているか?

分液時に、液もれ、ロートの足に液が残る、などの液のロスは無いか?

濃度で考えているとして、理論を適用するのに必要な、水相、有機層の液量や、有機層における初期濃度など、計算に必要な条件は守られているか?

用いた水およびベンゼンはピュアか?水がどっちかのpHに傾いてたりしないか?ベンゼンの中に他の有機溶媒が混じってないか?

だんだんこじつけになってきました。
やはり最大の原因はふりまぜの操作でしょう。
それから、濃度や溶媒量比がちゃんと守られているか?

後、根本的なことですが、理論値とどこまで一致するものなのですか?
私も詳しくないのですが、分配比も結局は実験的に求めたデータなわけですよね?
実験手法が異なれば、それぞれの手法固有の誤差が生じますし。
分配比を、滴定で求めたのか?スペクトル的手法で出したのか?あるいは実重量でやっているのか?
どのくらいのずれを質問者さんが気にされているのかな?と疑問に感じました。

>補足へ
私はそこまで厳密なことやったことないですが。

まず、No.1, No.2でも書いたように、振り混ぜの操作が十分に行えているか?

分液時に、液もれ、ロートの足に液が残る、などの液のロスは無いか?

濃度で考えているとして、理論を適用するのに必要な、水相、有機層の液量や、有機層における初期濃度など、計算に必要な条件は守られているか?

用いた水およびベンゼンはピュアか?水がどっちかのpHに傾いてたりしないか?ベンゼンの中に他の有機溶媒が混じってないか?

だんだんこじつけに...続きを読む


人気Q&Aランキング