分析実験で容量分析と重量分析により2つの方法で1つの値を求めました。
どちら分析の値がより確からしいかを述べるために2つの数値を吟味したいのですが、分かりません。
重み付平均を使えばいいと言われたのですが、分かりません。教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

こんばんは


重み付平均の意味はお判りですか。
一般的に一つの項目の測定方法には複数の測定方法があります。
測定には必ず誤差があり、測定方法上の問題は測定値の偏りで判ります。
測定方法の妥当性を検討する際、それぞれの分析方法によって複数のデータを取り、平均値、R(最大値-最小値)、標準偏差などを求めます。
ここで、測定精度は標準偏差であらわれ、測定の腕が上がると標準偏差が小さくなります。真値は統計上は、平均値±1.96σの範囲内にあります。(95%信頼限界)重み付けとは一般的には加重平均値を言いますが、おそらくこのことを言っていると思います。
真値が判っている場合は簡単です。真値からの偏りで判断できます。
世の中では、真値が判らない場合の方が多く、一般的なはどちらが正しいとは言えない場合の方が多いと思います。
この場合、どのような項目を分析したかは判りませんが、単なる統計上判断ではなく、共存物質の影響や、測定下限値を考慮に入れて、分析方法を検討するべきものと思います。
    • good
    • 0

誤差の原因を十分検討してからでないと.統計処理に入れません。


簡単に言えば.標準偏差の逆数をおもみとしておもみつき平均を求めて一応真の値として取り扱う方法もありますが.前提としてたしかかたよりがないことが必要です(おもみつき平均の話しは測量関係に詳しいのでそちらを読んでください)。
かたよりの有無について十分検討してください。

ただ.化学関係の方の場合には統計処理というよりも.分析実験の誤差因子(たとえば容量てきていのビューレットの制度管理が結果にどのように波及するか)を追求した考え方の方が理解しやすいと思います。
    • good
    • 0

いくつかお尋ねしたいのですが,その実験では,どんな物質をどんな目的で分析したのでしょうか.また,容量分析や重量分析と言ってもいろんなものがあります.どの分析法で分析したのでしょうか.


おそらく,以上のようにもっと詳しい実験状況を補足してくださると,他の方々が親切に回答してくれるかもしれません.さすがに,この情報だけでは重みつき平均が関与するかどうかは断言できないかもしれません.

この回答への補足

行った分析は黄銅中の銅と亜鉛の含有率です。
ここでEDTAを使ったためEDTA濃度を決定する必要がありました、カルシウム標準溶液を作り滴定をしEDTA濃度を出しました。また、ピロリン酸マグネシウムをこうりょうし、マグネシウム標準溶液を作りEDTAで滴定しEDTA濃度を求めました。
2つの方法でEDTAの濃度を求めましたが、どちらの値がより確からしいといえるのかがわからないいのです。

補足日時:2002/02/03 08:37
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q分析化学(重量分析)

ある試料0.9923g中の硫黄を硫酸イオンに変え、これに20gdm-3のBaCl2溶液を加え、BaSO4として沈殿させ、沈殿を洗浄し、強熱してから重量を測定すると0.3248gだった。このとき、試料中の硫黄%は何になりますか。教えてください。計算のしかたや公式でもかまいません。
また沈殿させるのに必要なBaCl2溶液のml数の求め方、計算のしかた公式もおしえてください。

Aベストアンサー

BaSO4のモル数は、0.3248gを式量で割れば求まります。
求めたモル数は、Sのモル数と同じです(BaSO41モル中にSは1モル)。
これとSの原子量から、もとの試料に含まれるSの重量がわかります。
この重量は0.9923gの何%かを求めてください。

硫酸バリウムは水に溶けにくいため、SO4^2-1モルに対してBaCl21モルを入れればBaSO4が1モル沈殿すると考えます。
SO4^2-のモル数は上で求めましたよね。
必要なBaCl2のモル数はそれと同じです(BaCl2とSO4^2-は1:1で反応する)。
それとBaCl2の式量を使って、必要なBaCl2の重量が求まります。
それだけの量を入れるには、20gdm-3のBaCl2溶液がどのくらい必要か割り算すればわかりますよね。

Q実験により求めた値の名称

質問させていただきます。

複数回の実験結果によって最終的に決定した値をどのような名称で記述したらよいのでしょか?

「決定値」や「設定値」じゃおかしいですよね?

Aベストアンサー

測定値
計測値
ですかね。

Q重量分析

FeCl3とAlCl3のみを含む試料5.01gを溶解し、水和酸化物に変え強熱してFe2O3とAl2O3としたところ、試料重量は2.21gとなった。もとの試料中のFeとAlの重量百分率を求めたいのですが、答えはFe18.2%Al9.5%になるようなのですが計算しても答えがあいません。なぜこの答えになるのか教えてください。

Aベストアンサー

理屈で考えればNo.2のご回答のように連立方程式を解けば答えられますが、現実問題として、相当煩雑な計算をこなさなければならず、計算間違いをする可能性が高いです。
ここでは、FeとAlの酸化数がいずれも+3であることに注目し、両者のモル比をx,y(ただし、x+y=1)としたときの平均的な原子量、すなわち、55.8x + 27y =aを考えるのがよいと思います。

そうすると、
(a + 35.5x3)/{(2a + 16x3)/2} = 5.01/2.21
の関係が成立します。
aの値は塩化物でも酸化物でも不変ですから。
これを解けば比較的簡単にaが計算できます。
これからx,yも簡単に計算でき、たとえば5.01を(a + 35.5x3)で割れば、FeとAlが合計で何モルか計算できます。
・・・・以下省略。

ということでいかがでしょうか。

Q重量分析で・・・

この前重量分析の実験のとき塩化バリウム0.5%溶液の調整(500ml)をしろというのがあったのですが、結局は500mlに25g入れるという風にもとまったみたいなのですがそのとき方が分かりません。教えてください。とにかく、1Mとかいうのだったらわかるのですが5%とか言われると全然分からないのです(汗)あともしよければ硝酸銀2%溶液の調整(200ml)も教えてください。

Aベストアンサー

#2の回答者です。
#1,#2さん達の回答は、厳密に言うと間違いがあると思います。
気を悪くしないで下さいね。
もし私が間違っていたら、指摘して下さい。

>あまり難しく考える必要はありませんよ。・・・その通りです。

>分析方法書で記述されている濃度は、特に約束がない限り、溶液の濃度は重量/容量で表記しています。・・・その通りだと思います。

でも、今回は分母が容量で、分子が重量の単位であり、通常の%は分子分母が同じ単位ですよね。
だから、この%は、少し特殊だと思います。分子分母の単位が異なった%なんて、ざらにあり、一般的ならば、それでもかまいません。
特殊性を強調し、難しく考えさせようという物ではありません。
私自身は、少しでもわかりやすく、かつ正確性を保ちたいと努力しています。

>ですから通常はw/vol%となっています。・・・その通りだと思います。しかし、注意しなければならないのは、容量とは溶媒(ここでは水)の容量ではありません。あくまでも、できあがった溶液の容量です。

これは、決定的な差です。濃度が低いときは誤差は小さいかもしれませんが、高濃度の溶液になればなるほど、大きな誤差になってしまいます。

>その方が分かりやすく簡単だからです。・・・そうかもしれませんが、やはり、その後の操作で容量を取り扱うための必然性があると思います。

溶液の密度が1ではないときに、この方法で調整した5%の溶液を100gとっても、その中には5gの溶質は入っていません。
その後の操作で、体積にて秤量するためには、この単位が便利なのです。

>#1の方の回答の通り該当する液量に相当する溶質を溶媒に加えると指定された濃度の溶液が出来上がります。・・・やはり違うと思います。

基本は、100mlの水に添加するのではなく、水を追加して全量を100mlにする事です。
もし、#2さんの方法で10%溶液を作製して、全量が110mlになったとすると、正確には9%溶液になってしまいます。

重量分析において、濃度の調整方法で10%も誤差がでたら、論外でしょう。

#2の回答者です。
#1,#2さん達の回答は、厳密に言うと間違いがあると思います。
気を悪くしないで下さいね。
もし私が間違っていたら、指摘して下さい。

>あまり難しく考える必要はありませんよ。・・・その通りです。

>分析方法書で記述されている濃度は、特に約束がない限り、溶液の濃度は重量/容量で表記しています。・・・その通りだと思います。

でも、今回は分母が容量で、分子が重量の単位であり、通常の%は分子分母が同じ単位ですよね。
だから、この%は、少し特殊だと思います。...続きを読む

Q理論値と実験値の誤差

溶媒抽出実験(液液平衡(酢酸+ベンゼン+水))を行いました。
水相のみ採取し、抽残相には水を加える操作を3回行い、3種類の抽出液と1つの抽残液を手にしました。そこから、水酸化ナトリウムで滴定し、酢酸の質量分率を算出しました。
このとき、理論値と実験値のズレが大きかった場合、どのような原因がありますか?滴定の失敗など物理的(?)原因ではなく、化学的原因があれば教えてください。

Aベストアンサー

>補足へ
私はそこまで厳密なことやったことないですが。

まず、No.1, No.2でも書いたように、振り混ぜの操作が十分に行えているか?

分液時に、液もれ、ロートの足に液が残る、などの液のロスは無いか?

濃度で考えているとして、理論を適用するのに必要な、水相、有機層の液量や、有機層における初期濃度など、計算に必要な条件は守られているか?

用いた水およびベンゼンはピュアか?水がどっちかのpHに傾いてたりしないか?ベンゼンの中に他の有機溶媒が混じってないか?

だんだんこじつけになってきました。
やはり最大の原因はふりまぜの操作でしょう。
それから、濃度や溶媒量比がちゃんと守られているか?

後、根本的なことですが、理論値とどこまで一致するものなのですか?
私も詳しくないのですが、分配比も結局は実験的に求めたデータなわけですよね?
実験手法が異なれば、それぞれの手法固有の誤差が生じますし。
分配比を、滴定で求めたのか?スペクトル的手法で出したのか?あるいは実重量でやっているのか?
どのくらいのずれを質問者さんが気にされているのかな?と疑問に感じました。

>補足へ
私はそこまで厳密なことやったことないですが。

まず、No.1, No.2でも書いたように、振り混ぜの操作が十分に行えているか?

分液時に、液もれ、ロートの足に液が残る、などの液のロスは無いか?

濃度で考えているとして、理論を適用するのに必要な、水相、有機層の液量や、有機層における初期濃度など、計算に必要な条件は守られているか?

用いた水およびベンゼンはピュアか?水がどっちかのpHに傾いてたりしないか?ベンゼンの中に他の有機溶媒が混じってないか?

だんだんこじつけに...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報