マーベルの伝説はこの男から…。アイアンマンを紐解く! >>

分光分析で測定はtriplicateで行ったという文章があるんですがどういう意味でしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 もう少し詳しい事が分からないと正確な事は言えないかと思いますが,MiJun さんお書きの3回測定してで良いように思います。



 ただし,測定セルに入れたサンプルの数値を3回読み取ると言うものではありません。セルへのサンプリングの段階から3回行なう物です。あるいは,サンプルの調整を3回行なうか・・・。

 ご参考まで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2003/06/10 17:58

同じサンプルを3回測定してとの意味ではないでしょうか・・・?



因みに、
・2回:duplicate

ご参考まで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

簡単な質問をしてすみませんでした。ありがとうございました。

お礼日時:2003/06/10 17:58

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q経口投与と腹腔内投与

麻酔を打つときで経口投与と腹腔内投与がありますが、薬物の効果の発現にかなりの違いがありました。経口投与と腹腔内投与それぞれどのように薬物が血液に入っていくのか少しでもいいので教えていただきたいです。経口投与はなんとなくイメージがわくのですが、腹腔内投与は投与後どういう経路で血液に入るのか特にわかりません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

あまり経口投与の麻酔は聞きませんが、まずは経口投与から…、

一般に薬物を経口投与した場合は消化管から吸収された後、その血液が門脈に注ぐため全身循環血に到達するまでに肝臓を経由することになります。肝臓はご存知の通り薬物代謝の主幹をなす臓器であるため、肝臓での薬物代謝を免れたもののみが全身循環血に到達でき、その量は元の投与量に比べるとずっと低い値なります(初回通過効果)。ちなみに薬物の中には、消化管粘膜上皮細胞における代謝の寄与が大きいものもあります。また、薬物の血中濃度が上がるのに少々時間がかかるのも経口投与の特徴です。

次に腹腔内投与ですが、投与された薬剤の一部は腹膜から速やかに吸収されて全身循環に入ります。静脈内投与と同様に全身投与のための薬剤の入り口として利用されます。当然いずれは代謝されることになりますが、経口投与と違い最初に肝臓を経由しなくてすむという点で、薬物が体循環に入る濃度は高くなり、かつ吸収も早いため薬物の効果も高くなることが期待されます。

Q制限酵素地図の作成

3.2kbのプラスミドの制限酵素部位AおよびEに、制限酵素AおよびEで切断した1.8kbのDNA断片を挿入したものがプラスミドXである。プラスミドXを制限酵素A、B,、CおよびDのうちの2種類を用いて切断したときに生じるDNA断片のサイズは下のようになった。
プラスミドXの制限酵素地図を作成せよ。
またすべての制限酵素切断部位間の長さ(kb)も示せ。
ただし、制限酵素A、B、C、DおよびEは挿入DNA断片をそれぞれ1ヶ所だけ切断し、それぞれ制限酵素の組み合わせでプラスミドXを切断すると、下に示した2つの断片のみが生じるものとする。

AとBを用いると、4.5と0.5の断片が生じた。
AとDを用いると、3.4と1.6の断片が生じた。
BとCを用いると、4.8と0.2の断片が生じた。
BとDを用いると、3.9と1.1の断片が生じた。

作成の仕方を教えてください。

Aベストアンサー

添付画像のような感じで、1つずつ相対位置を決めていきます。
ちなみにこの問題だと、Cの位置は1カ所に決められないですね^-^;

QW/V%とは?

オキシドールの成分に 過酸化水素(H2O2)2.5~3.5W/V%含有と記載されています。W/V%の意味が分かりません。W%なら重量パーセント、V%なら体積パーセントだと思いますがW/V%はどのような割合を示すのでしょうか。どなたか教えていただけないでしょうか。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

w/v%とは、weight/volume%のことで、2.5~3.5w/v%とは、100ml中に2.5~3.5gの過酸化水素が含有されているということです。
つまり、全溶液100ml中に何gの薬液が溶けているか?
ということです。
w/v%のwはg(グラム)でvは100mlです。

Q線画培養の意味(コロニーと線の関係)

バクテリアを大量に培養する前に線画培養というものをやります。
コロニーを白金耳で線を描くように希釈して
シングルコロニーを取り出します。
線画培養をする意味が分かりません。
また、線画培養後コロニーが生えていなかった場合、
線を引いたところのやつを培養してもいいんでしょうか?

線画培養は確実にシングルコロニーを取るためにやるんでしょうか?

人によってはコロニーを突いて広げて線を引いたところを取って
大量培養する人もいます。

水滴でコロニーが混ざるといけないので
やはり線画培養をした方がいいんでしょうか?

Aベストアンサー

>線は複数のクローンが混ざっているということですか?
おっしゃるとうりです。クローンを分離しきれていません。

Q画線培養とコンラージの違いを教えて

菌の分離をするのに培地に画線培養する場合とコンラージする場合がありますが違いがよくわかりません。菌種によって区別するのでしょうか。それはなぜですか。基本的な部分なのでわかりやすく教えてください。

Aベストアンサー

植える元になる菌の数次第です。
コンラージ棒で均一に「ならして」やる方法は菌数的には1~100個/シャーレくらいの数である必要があります。添加するのは溶液でしょうね。

一方、画線でやる場合は、恐らく一度はシングルコロニーのようになった(と思われる)コロニーから、さらにシングルコロニーを(間違いなく)得るときに使いますね。
この場合、白金耳の先には物凄い数の菌が付着していますが、画線を続けるうちに「菌1つ(=シングルコロニー)になる」部分ができてきます。
このように使い分けていますが。

Qドラーゲンドルフ試液と第三アミンの反応について

塩酸ジフェンヒドラミンがドラーゲンドルフ試液と反応し、橙色の沈殿物を生じるというのが、具体的にどういう反応で起こっているのか(化学式で)知りたいのですが、調べても分かりませんでした。

ドラーゲンドルフ試液が第三アミンとだけ反応する所まで位しか分かりませんでした。

どういう反応が起こっているのか、ご存じの方、教えて下さい。
orどこら辺のweb or 書籍を調べれば良いのか是非教えて下さい。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

rei00 です。

 gumi_gumi さんの「ジフェンヒドラミン・ワレリル尿素散」と「ジフェンヒドラミン・フェノール・亜鉛華リニメント」について,「第十一改正 日本薬局方解説書」(廣川書店)で見ました。確かに両者の確認試験として出ていますが,反応式までは無いですね。

 なお,ドラーゲンドルフ試薬はアルカロイドの検出試薬として有名ですが,必ずしもアルカロイドには限りません。含窒素化合物であれば反応するといえます。「ジフェンヒドラミン」も三級アミンを持ちますから呈色します。

 また,色や濃さは異なりますが,窒素を持たない含酸素化合物でも呈色する事があります。こちらはあまり知られていないようで,学生が時々勘違いします。

Qエクセル STDEVとSTDEVPの違い

エクセルの統計関数で標準偏差を求める時、STDEVとSTDEVPがあります。両者の違いが良くわかりません。
宜しかったら、恐縮ですが、以下の具体例で、『噛み砕いて』教えて下さい。
(例)
セルA1~A13に1~13の数字を入力、平均値=7、STDEVでは3.89444、STDEVPでは3.741657となります。
また、平均値7と各数字の差を取り、それを2乗し、総和を取る(182)、これをデータの個数13で割る(14)、この平方根を取ると3.741657となります。
では、STDEVとSTDEVPの違いは何なのでしょうか?統計のことは疎く、お手数ですが、サルにもわかるようご教授頂きたく、お願い致します。

Aベストアンサー

データが母集団そのものからとったか、標本データかで違います。また母集団そのものだったとしても(例えばクラス全員というような)、その背景にさらならる母集団(例えば学年全体)を想定して比較するような時もありますので、その場合は標本となります。
で標本データの時はSTDEVを使って、母集団の時はSTDEVPをつかうことになります。
公式の違いは分母がn-1(STDEV)かn(STDEVP)かの違いしかありません。まぁ感覚的に理解するなら、分母がn-1になるということはそれだけ結果が大きくなるわけで、つまりそれだけのりしろを多くもって推測に当たるというようなことになります。
AとBの違いがあるかないかという推測をする時、通常は標本同士の検証になるわけですので、偏差を余裕をもってわざとちょっと大きめに見るということで、それだけ確証の度合いを上げるというわけです。

Q制限酵素地図の作成方法(すみません。急いでおります)

長さ5のある環状プラスミドを三種類の制限酵素(pst1・hae2・eco1)で切断したときの切断部位の求め方が分かりません。
三つの断片長とそのうちの二つずつ組み合わせたときの断片長は提示されています。(pst1+hae2の断片長は0.9/2.0/2.1のような感じです)
また、pst1によって0が切れ、hae2によって0.9が切断されていることも分かっています。
環状プラスミドを一直線状に表して切断されるところの座標を制限酵素2種類での組み合わせで当てはめていっているのですが、それを三つ書いた後、最後に三つの図を組み合わせる方法がどうもよく分かりません。
パズルみたいなものだと聞いたのですが、どうか小生にもわかるように教えてください。
あと、できれば今晩中に教えていただければと思います。
手前勝手ですが、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

もう翌日の昼過ぎなんで、必要なくなってるかもしれませんが回答しておきます。
まず、環状プラスミドを切断する事を考えるなら、直線で考えるより円を描いて考えた方がわかりやすいと思います。
一種類の制限酵素で切った時の断片の数から、それぞれの制限酵素の切断部位の数がわかります。pst1+hae2で切断した時の断片の長さから、pst1かhae2の切断するもう一カ所の座標は二通り考えられますが、(こういう切断箇所の組み合わせを考えるとき、直線で考えていると一通りしか考えつかなくて答えに辿り着けなくなるかもしれません)pst1あるいはhae2のどちらかだけで切断した時の結果と照らし合わせればどちらが正しいか確定できます。これでpst1とhae2の切断部位の座標はわかったわけですから、あとはeco1(EcoR1?)も同様にして位置を特定します。

Q吸光光度法の検量線について

検量線を作成し、データーにばらつきが生じた場合はどのようにすべきなんでしょうか。無理やり線でつなぐのかなと思っているのですが・・回答をお願いします。

Aベストアンサー

 検量線を引くための標準液は、0を含めて、6点取っています。標準液を調製しやすいように、例えば、0、1、2、3、4、5 mg/mlなど。これを5点検量(0は、普通対照に利用するので)と称しています。4点の場合もあります。
 基本は、グラフを書いて、1点がヅレていたら、それは無視して検量線を引く。2点ズレテイタラ、こりはヒドイので、やり直す、と言うのが教科書です。

 正確にするために検量線を2連(2回)して、その平均を取る、というバカな教えをする教員もいますが(それなら、2連より10連、100連の方が正確、と毒づいています)。
 
 実験のテクニックが難しくて、全体がばらつく場合もあります。この場合は、5点ではなく、10点とか、測定する回数を増やしたりして、信頼性を高めるしかありません。検量線は、もちろんパソコンで引きます。また、サンプルの測定も、一回だけではなく、数回測定して、平均値を去る必要があります。

 化学反応は、バラツキマセン。しかし、生物のサンプルは、個体差があるので、最低3回は測定して、平均と標準偏差を示します。例えば、血糖値を測定するときに、血液中のグルコースの測定は、ばらつかないので1回で十分。しかし、A、B、Cサンそれぞれの値は異なるので、ヒトの血糖値となると、最低3人は測定しなければなりません。
 同じサンプルを測定して、値がばらつくのは単に腕が悪いだけです。学生だと5%程度、慣れると2%以内、分析のプロだと0.5%の誤差でもウルサク言います。
データがばらつく原因を考え、検量線とサンプルの測定回数を決めてください。

>無理やり線でつなぐのかなと思っているのですが
測定した点をつないだりしているのでしょうか。それはヤリマセン。昔は、測定した点の近くをなるべく通る直線(場合によっては曲線)を、慣れを頼りに引いていました。今ではパソコンがあるので、回帰式を出します。これが検量線になります。最近は、機器に検量線を自動的に描き、濃度まで計算しているのが、普通です。
 回帰式の相関係数が、0.98以上あれば信頼していますが、0.95だとやり直すかどうか迷います。

 検量線を引くための標準液は、0を含めて、6点取っています。標準液を調製しやすいように、例えば、0、1、2、3、4、5 mg/mlなど。これを5点検量(0は、普通対照に利用するので)と称しています。4点の場合もあります。
 基本は、グラフを書いて、1点がヅレていたら、それは無視して検量線を引く。2点ズレテイタラ、こりはヒドイので、やり直す、と言うのが教科書です。

 正確にするために検量線を2連(2回)して、その平均を取る、というバカな教えをする教員もいますが(それなら、2連より10連、10...続きを読む

Q吸光度の単位

吸光度の単位は何でしょうか!?
一般的には単位はつけていないように思われるのですが。。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

物理的には、No.1さんも書かれているように吸光度も透過度も基本的に同じ単位系の物理量どうしの「比」なので「無単位」です。しかし、無名数では他の物理量、特に透過度と区別が付かないので、透過度は"透過率"として「%」を付けて表し、"吸光度"は「Abs(アブス)」を付けて呼ぶのが業界(分析機器工業会?)のならわしです。


価格.com 格安SIM 料金比較