プロが教える店舗&オフィスのセキュリティ対策術

今年から製薬会社の品管で一般分析をはじめました。
力価を用いての計算や意味を教えてください。
恥ずかしいのですが、専門の知識なしで始めてので不安ばかりです。
もし、基礎的な知識を身につけるのにはどんな参考書が必要ですか?

A 回答 (4件)

滴定には、中和滴定、酸化還元滴定、沈澱滴定(Cl-をAg+で滴定)、キレート滴定(Ca2+をEDTAで滴定)などがあります。

一般的には、色の変化(着色または消失)で終末点を決め、その値から計算します。これは、ビューレットを用いて手作業の場合で、機器を用いれば、電位を測定して、終末点を知ることができるようです。

 中和反応では、指示薬を添加し、色が変化するまで滴定をします。しかし、水道水中の有機物の量を測定するには、まず過マンガン酸カリウムを一定の過剰量(Aとする)入れます。その過マンガン酸カリウムで有機物を分解し(過マンガン酸カリウムは、強力な酸なので有機物を分解する)、残った過マンガンガン酸カリウム(Bとする)を蓚酸で滴定します。A-Bから計算します。このように、過剰量をまず入れ、残ったものを滴定するのが、逆滴定です。

 力価は、NV=fN'V'での式のfを言います。例えば、Nは、規定度と言われるもので、現在では使われていません。NaOHやHClのような1価のものは、モル濃度と同じです。Vは、液体の体積です。
 ここで、HClをNaOHで滴定する場合を想定します。0.1モルのHClを10.0ml(3桁まで読んでいると言う意味です。10では、2桁しか注意していないということになります)とり、0.2モルのNaOHで滴定すれば、理論的には、5.00mlになります。しかし、NaOHを放置していると、NaOHの力が落ちてきて、5.00mlより多く必要になります。そこで、NaOHは、試薬を調整したときの0.2モルの価を変えずに、この場合は、0.1×10.0=f ×0.2×滴定量から、fの価、すなわち力価を算出します。ここまでは、分析の教科書に書いてあります。
 力価は、全ての試薬に必要なものではありません。放置している間に、その力が変化する場合(普通は、減少する)に、必要になります。NaOH、AgNO3などは、測定前に力価の測定は、必須です。放置すると、何故力価が減少するのかは、考えてみて下さい。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

丁寧に教えて頂き、どうもありがとうございました。
こえからいろいろ勉強していきます。
お礼が遅くなりごめんなさい。

お礼日時:2003/03/05 23:16

皆さんがおっしゃるように学問のレベルではありませんので、すぐに理解できると思います。


ガスメータなどの器具は測定値に補正係数を掛けてかたよりを補正しますが、そのような係数です。
一定の濃度の溶液を調製することはしにくいので、その力価(ファクター)を掛けると規定された濃度として計算式に代入できるという役割です。
逆滴定はHPでCOD(又は過マンガン酸カリウム消費量)の測定を探すとよいでしょう。この測定がもっとも普及していると思います。(逆滴定以外は硬度の測定でも参考になると思います。)

ttp://www.chem.kn.dendai.ac.jp/chem/shitumon/ZENPAN.HTM#q5
Q: ファクターってなんですか?

参考URL:http://www.chem.kn.dendai.ac.jp/chem/shitumon/ZE …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

分かり易い説明どうもありがとうございました。
お礼遅くなりごめんなさい。

お礼日時:2003/03/05 23:20

 「力価」は高級な分析化学理論を勉強してもなかなか分からないでしょう。


 実用上の利便性から設けられたものですので、実際に作業してみて初めてその有用性が理解できるのではないでしょうか。
 その意味で、#1の方がおっしゃる様に、実戦的な参考書の方が適していると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

よい参考書を探してみます。
どうもありがとうございました。
お礼がおそくなりごめんなさい。

お礼日時:2003/03/05 23:22

高等学校卒業程度の知識があるとします。



本屋に出かけて.
分析化学実験

なんてあたりを眺めて.理解できそうな本を拾えばよいでしょう。
    • good
    • 2

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


人気Q&Aランキング