今後、会社もしくは個人で会社を設立しようと考えています。

個人事業主or有限会社どちらにするか考えています。

どっかで聞いたのですが、個人事業主→有限会社に下場合、
個人事業で使っていた備品(PC、設備資金)などは有限にしたとき
資本金に組み込めないということを聞いたのですがどうなのでしょうか。
個人事業→有限会社になっても営業利益からそのぶん(個人事業時の備品代)を
経費として下ろせなくなってしまいます。

私としてはスタート時には手間がかからない個人事業から始めて
ある程度利益が出るようになったら有限にしようと考えているのですが、
上記のことが気になります。

ご存知の方アドバイスよろしくお願いします。ほかにも
個人事業→有限会社変更時に気を付けておくことあったらそれも
ご教示ください。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

>個人保障も求められるのは法的に根拠があるのですか?



法的な根拠は有りません。
やはり、取引を(売り手)する場合は、債権の回収を最優先に考えます。
そうなると、代表者などの個人保証をとっておけば、会社の資産がなくても、保証人の個人資産があれば、それから回収できますから、安全策として個人保証を取るのが、一般的な商慣習となっています。
更には、個人保証だけではなく、保証人の不動産に抵当権をつける場合も有ります。

ただ、買い手の立場が強いと、売り手は個人保証の話を切りだせないので、すべてが個人保証を取っているわけではありません。
    • good
    • 0

>法人に買ってもらうときの値段の付け方って


減価償却費などから考慮すればいいのでしょうか?

固定資産については、減価償却後の帳簿価格で買い取るのが一般的です。

#2の回答に、株式会社・有限会社は有限責任と書いて有りますが、実際には、代表者の個人保証などを求められますから、実質的には有限責任では済まなくなるのが現実です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再び回答頂きましてありがとうございました。

またで申し訳ないのですが、
>実際には、代表者の個人保証などを求められますから、

ということなのですが、まえから疑問に思ってました。
よく倒産した会社の会長・社長は私財提供を求められたりしますが、なんで?と
思ってました。法的には資本金内で債務は処理されるはずなのに、個人保障も
求められるのは法的に根拠があるのですか?

簡単にでも結構なので、よろしくお願いします。

お礼日時:2002/02/06 13:31

 会社組織にするメリットは、ネームバリューや、税務上の理由などの他、個人としての自分がその事業に対して負う責任を軽減させるというものがあります。

株式会社や有限会社は、いわゆる有限責任会社といって、責任が資本金などを限度とする有限になります。これは、起業家が個人リスクを投下しないでも事業経営して、産業の発展を目指す国策の歴史的な展開なども背景になっている根の深いものです。
 事業が発展していくうちに、営業許認可を受けたり融資を受けたり、個人としての事業活動が進んでいって、後日法人では営業許認可の取り直しが困難だったり、気づいたらそのまま借金地獄となった場合等、とくに昨今個人責任を問われ困窮している方の多くから、あのとき会社にしておけばよかったのに、という声をききます。
 以上をご参考に、どのような主体で事業をしていくか、ご自分なりの充分な検討をされる必要があると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

会社か個人か迷うところです。
現在のところは利益も(当初)そんなに出そうにないので、試験的に
個人でやってみることを考えています。
でも、legalmindcorpさんのご忠告は知っておかないといけませんね。
またよろしくお願いします。

お礼日時:2002/02/05 13:04

個人事業から有限会社にしてから、個人事業で使っていた備品などを引き継ぐには、2つの方法があります。



1.有限会社設立後、個人から備品を時価で買い取る。
2.有限会社の設立の時に、個人の備品などを現物出資する。

1の方が手続きとしては簡単です。
いずれにしても、それほどの問題はなく、個人事業で使っていた備品などを会社に移すことが出来ます。

個人事業と法人との違いは、参考urlをご覧ください。

又、法人には、株式会社・有限会社のように最低資本金の規制のない、合資会社・合名会社も有ります。
これらの違いは、下記のページをご覧ください。
http://www.rakucyaku.com/Koujien/A/A000000

参考URL:http://www.tkcnf.or.jp/27sougyou/chishiki01.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

便利なHPでした。

ひとつ質問なのですが、法人に買ってもらうときの値段の付け方って
減価償却費などから考慮すればいいのでしょうか?

できればまたよろしくお願いします。

お礼日時:2002/02/05 12:59

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q“会社法” が来年変わりますが、今、個人事業主から有限会社にするのは選択としてよくないでしょうか?

個人事業主として、卸業を行っています。まだ浅いです。いままで、この形態でも取引は可能で、直接卸しもしますが、大手の小売業者さんには直接交渉してOKがでても、取引高やシステムの関係で、問屋さんを通すことになってしまいます。いまのところ、商品の価値次第で取引の成否が決まるという印象を持っており、裸同然の(有)(株)のつかない名刺を持ってどこまで通用するか頑張ってみたいと思ってやってきました。でも以前からイメージとしての信用の面で、いずれは法人にしようとは思っていました。そのころ会社法が変わるという話が出たため、費用や手続きの重複を避けるため、それを待ってからにしようと思っていました。
最近になって新規の卸し先の開拓で国内全般を意識したためか、(有)にはしておきたいと強く思い始めましたが、法改正のことを考えると時期的に中途半端です。
〔質問〕
(1) 法改正後に個人から(株)にするのと、今、(有)にしておいて改正後に(株)にするのでは、費用面でどのくらいのロスがあるのでしょうか?

(2)来年四月以降に改正とも聞きましたが、もっと遅くなることもあるのでしょうか?四月と十月では対応も違ってきます。

(3)費用よりも実益を優先し、短期間で有から株に再度
変更しなければならないのを(費用、手間の面で)承知でも、今(有)にすべきでしょうか?

今、法人化の必要性を感じている理由としては、
対面して商談する場合はともかくとして、ネットに商品紹介や販路募集を載せた場合に一目瞭然で信用がなさそうに判断されるからです。

個人事業主として、卸業を行っています。まだ浅いです。いままで、この形態でも取引は可能で、直接卸しもしますが、大手の小売業者さんには直接交渉してOKがでても、取引高やシステムの関係で、問屋さんを通すことになってしまいます。いまのところ、商品の価値次第で取引の成否が決まるという印象を持っており、裸同然の(有)(株)のつかない名刺を持ってどこまで通用するか頑張ってみたいと思ってやってきました。でも以前からイメージとしての信用の面で、いずれは法人にしようとは思っていました。そのころ会社...続きを読む

Aベストアンサー

簡潔にお応え致します。

(1)現行、株式の登録免許税が15万円、有限が6万円で、組織変更(有限⇒株式)の登録免許税が3万円です。
  後の諸費用(定款認証、印紙代、印鑑作成等)は株式も有限も変わりませんので、手続きを全部自分で
  行うのであれば、逆に有限⇒株式の方が6万円安いということになります。
  ただ、専門家等に会社設立手続き等を頼む場合は、これに報酬が加算されます。
  これは、依頼する専門家によって報酬額も違いますから、一概には言えませんが、
  有限⇒株式の方が二度手続きが必要になりますから高くなります。
  トータルで考えると、私個人的にはそんなに大きな違いではないと思います。

(2)来年春施行予定ということですから、早くて4月ということになると思います。
  10月までズレ込むことはないと思います。

(3)ここが一番のポイントだと思いますが、法人化することで確実に利益が見込めるのなら
  法人化するメリットは十分あると思います。
  あと、有限の場合は、設立から2期分の消費税が免税されます。
  これは株式にはない制度です。
  今年有限を設立しておいて、2期終了後に株式にするというのも一つの方法かと思います。

参考URL:http://www.t-lac.net/

簡潔にお応え致します。

(1)現行、株式の登録免許税が15万円、有限が6万円で、組織変更(有限⇒株式)の登録免許税が3万円です。
  後の諸費用(定款認証、印紙代、印鑑作成等)は株式も有限も変わりませんので、手続きを全部自分で
  行うのであれば、逆に有限⇒株式の方が6万円安いということになります。
  ただ、専門家等に会社設立手続き等を頼む場合は、これに報酬が加算されます。
  これは、依頼する専門家によって報酬額も違いますから、一概には言えませんが、
  有限⇒株式の方が二度手続き...続きを読む

Q個人事業主から有限会社に変更

初歩的な質問ですが、
個人事業主から有限会社に変更するにはどうしたらよいのでしょうか?
手続き等どこに行ったら出来るのでしょうか?
わかる方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

本やHPにそれらの手続きのものがありますし
商工会議所などでも教えてくれるかと・・
私が見た本は『2週間でできる』本でした。
私は本を読む限りでは、自分でしようとすればできると感じましたので、知人が法人成り時にそのように助言したら
自分でして『簡単やった』と言っていました。
自分でするかしてもらうかは、人それぞれなので
一度、自分でHPなどで調べてみて、自分でできるようなら
自分で、無理そうならお金を払ってどこかに頼むといいかと思います。
ちなみに、ご存知かとは思いますが
どうしても有限会社と考えるなら来年の3月迄しかできません。

Q個人事業主と株式(有限でも)会社どちらがおすすめでしょうか?

個人事業主と株式(有限でも)会社どちらがおすすめでしょうか?
このたびネットビジネスをはじめようと思っています。
内容はデザイン販売と個人経営店向けのPV映像製作です。
しかし、資本金はほぼ無く(5万以下)定期的にお金のかかることは出来ません。
取引先もいないので、とりあえず取引先などが固まってきたらどちらかの形にしようと思っています。
年20万以上儲けなければ会社もしくは個人事業登録する必要はないそうなので。
既に機材と人材(ギャラは売り上げに対してなので月給維持費もいらない)、webサイトはあります。事務所は自宅アパートです。
他に会社もしくは個人事業としてやっていくならば必要なもの、必要な申請などありますでしょうか?
また、今の時代株式会社も1円で始められたりするそうですが、年売り上げ目標60万くらいでこの体制でやっていくならば株式、有限、個人事業どちらがおすすめでしょうか?
起業するにあたり、他に起業方法などもありましたら教えてください。(有限、株式、個人事業以外で起業方法)
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

法人は何かとコストがかかりますから、止めたほうがいいです。

パソコン操作1分で実現できるような登記事項一つを変更するのにも、印紙税という名の手数料として何万円も取られたりします。また、儲かっていなくても毎年法人住民税などが徴収されます。儲かったら儲かったで、懲罰的な税金を取られます(まあ個人形態で大儲けしたら、それこそ懲罰的なすごい税金を取られますけどね)。

ハッキリ言って「役人によるボッタクリ」を実現するためのシステムが法人というものです。
そうして労せずして得たたくさんの税金を湯水にように無駄遣いしている役人が大勢いるかと思うと、怒りがこみ上げてきます。

だから個人がいいでしょう、その程度の売上規模ならば。

Q今起業するのであれば、株式会社、有限会社、個人事業どれが有利ですか?

来年4月から会社設立しやすくなり、有限会社も無くなるとのことですが、情報開示や税金など、今設立するのであれば、どの形態が有利か教えてください。

Aベストアンサー

ANo.2です。

 設計業務でしたら、入札のハードルが高いですね(^_^;
施工業者でしたら、役所関係の仕事は、手形なしの現金払いは魅力的です。
書類の煩わしさを除けばですけど・・・(笑)
100万円台の仕事でも施工管理(特に若い方)の勉強だと思えば、意義があります。
くじ運で当たりますから、法人・個人を問わずやってみても良いかも知れないですね。

 設計事務所でしたら、損保の鑑定業務などをやっている所もありますので、
そういう事を念頭に置いているのでしたら、法人化も良いかも知れませんね。
 私の知り合いの建築士さんは、個人で開業して2年後に法人化しました。
理由は、厄年が終わってから法人化したかったからだそうです。
法人だと諸々の出費があるから、自分自身への課題が増えてがんばれるからとも言ってました。
 私は、納税等の簡易さと売り上げの少なさ、ほとんど一人でやっている為、
法人化の予定はありません。
 私と同様の営業形態の方でも、厚生年金の加入期間の為に法人化した方とか、
後継者育成(息子の跡継ぎ)の為に法人化した方もいます。

 新会社法の下で株式会社を作るよりも、現法の下で有限会社を作って
新会社法施行後に株式会社にする方が、3万円ほど安上がりだと書いてありました。
登録免許税が変更されるかもしれないし、半年早い分のメリット・デメリットを考えると
拘る様な事ではなさそうですね。
現法下であわてて、確認有限会社・確認株式会社を設立する意義は少なく感じますし、
資本金を履行の根拠と見なす契約ですと、0円・1円法人では、あまり意味がないとも感じます。
みなし法人の時代に逆戻りした様な感じですね(^_^;


 頑張って下さい。
陰ながら応援しています。

■最低資本金撤廃に対応した「有限会社設立マニュアル」公開■
http://port-system.net/yugen/index.htm
新会社法
http://port-system.net/newcom/

参考URL:http://www.kaisha-seturitu.com/

ANo.2です。

 設計業務でしたら、入札のハードルが高いですね(^_^;
施工業者でしたら、役所関係の仕事は、手形なしの現金払いは魅力的です。
書類の煩わしさを除けばですけど・・・(笑)
100万円台の仕事でも施工管理(特に若い方)の勉強だと思えば、意義があります。
くじ運で当たりますから、法人・個人を問わずやってみても良いかも知れないですね。

 設計事務所でしたら、損保の鑑定業務などをやっている所もありますので、
そういう事を念頭に置いているのでしたら、法人化も良いかも知れませんね...続きを読む

Q個人事業、有限会社、合資会社などを調べてみましたが、どれが良いのか判断がつきません。

現在、会社員としての収入が年間400万円あります。

そのほかに、副業として経営コンサルタント業で、2件の顧問先がから、月額35万円(消費税別)の収入があります。

会社員としての収入は、今後上がっていく見込みであり、
コンサルタントとしての収入は、今後、増えるかもしれないし、減るかもしれません。

このような状況で、節税の為の対策として、かつあまり手間のかからない有効な手段を教えて頂けますでしょうか。

個人事業、有限会社、合資会社などを調べてみましたが、どれが良いのか判断がつきません。

どうぞアドバイスよろしくお願いします。

ちなみに昨年は別の会社を退社し、コンサルタント収入も年度途中だったので、確定申告で済ませました。

Aベストアンサー

「有限会社」は2006年5月頃、法改正が行われ、廃止される見込みです。

自分自身の経験と断りをつけますが、個人事業で、かつ青色申告事業者として税務署に登録した当時、1年間、税務署から紹介された税理士さんから税務相談を無料で受けられました。

情報交流が活発な地域にお住まいであれば、異業種交流会などでも頻繁に行われていますので、参加すればそのリスク等についても情報が得られるのではないでしょうか。
個人事業主については書籍もかなり充実しています。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報