「真鍮とステンレスは、どちらが重いのか」とある人に
質問されました。
手持ちの金属物性値の書かれた本には、
「真鍮」は、載ってませんでした。
インターネットで調べたところ、
それぞれのページで比重にバラツキがあり
よくわかりません。
とりあえず真鍮の方が、重いってことは解りましたが、
正確な比重っていうのは、どうなんでしょうね?
あと、ステンレスも種類がたくさんあるんですが、
それぞれ細かく出てるわけではなく、
代表値で書かれています。
この代表値って、どのステンレスを基準に考えられてるんでしょうか?
ご存知の方、教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

ステンレスも真鍮も合金というのはご存知と思います。


JISなどを見るとステンレスは例えば18-8などと組成に規格があります。
しかし、真鍮の場合ステンレスほど組成で用途が変るわけではないので調べたわけではないのですけれど、結構組成がバラバラなんじゃないでしょうか?そうなればその情報の掲載者の手元にあった真鍮で数値を乗せているのでしょうから数値はバラバラ(もしくは載せない)になるのではないかと思います。
ステンレスの代表値に何が出ていたのか解りませんが、18-8が多く使われているのでそのあたりじゃないでしょうか?
入手した数値とJISを照らし合わせればどのステンレスか分ると思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早速の回答、ありがとうございます。
なるほど、組成ですか。
marimo cxさんが、おっしゃるように、
真鍮の用途が少ないから気づかないだけで、
ホントは、ステンレスのように組成が
色々とあるのかもしれませんね。
参考になりました。
早速、その観点から調べてみたいと思います。

お礼日時:2000/12/22 12:47

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qステンレスと真鍮の違いがわかりません

両者は同じ合金で、金属の種類が違うんでしょうか?

Aベストアンサー

真鍮は、銅(Cu)と亜鉛(Zn)の合金。(亜鉛が20%以上のもの)

ステンレスは、クロムやニッケルなどが含まれた(錆び難い)合金鋼です。
ステンレスと言う呼び名は厳密には間違いで、スチール(鋼)と呼ぶべきでしょう。

いずれにしても今回のご質問としては、全く別物です。

Q比重の単位って?もうわけわからない・・・。

比重というのは、単位はなんなのでしょうか??
鉄の比重を7.85で計算すると考え、以下の疑問に答えてもらいたいのですが、
縦100mm・横100mm・厚さ6mmの鉄板の重さを計算したい場合、
100×100×6×7.85で計算すると、471000になります。
全部mに単位をそろえて計算すると、
0.1×0.1×0・006×7.85で、0.000471になります。

これで正確にkgの単位で答えを出したい場合、
0.1×0.1×6×7.85で、答えは0.471kgが正解ですよね?

・・・全く意味が解かりません。普通、単位は全部揃えて計算するものですよね??なぜ、この場合、厚さだけはmmの単位で、縦と横はmでの計算をするのでしょうか?

比重ってのは単位はどれに合わせてすればいいのでしょうか?

そして円筒の場合はどのように計算するのでしょうか?
まず、円の面積を求めて、それに長さを掛けるのですよね?
これは円の面積の単位はメートルにして、長さはミリで計算するのでしょうか??
わけわからない質問ですみません・・・。もうさっぱりわけがわからなくなってしまって・・。うんざりせずに、解かりやすく、教えてくださる方いましたらすみませんが教えて下さい・・。

比重というのは、単位はなんなのでしょうか??
鉄の比重を7.85で計算すると考え、以下の疑問に答えてもらいたいのですが、
縦100mm・横100mm・厚さ6mmの鉄板の重さを計算したい場合、
100×100×6×7.85で計算すると、471000になります。
全部mに単位をそろえて計算すると、
0.1×0.1×0・006×7.85で、0.000471になります。

これで正確にkgの単位で答えを出したい場合、
0.1×0.1×6×7.85で、答えは0.471kgが正解ですよね?

・・・全く意味が解かりません。普通、単位は全部揃えて計算するものですよね??...続きを読む

Aベストアンサー

#3番の方の説明が完璧なんですが、言葉の意味がわからないかもしれないので補足です

比重は「同じ体積の水と比べた場合の重量比」です
水の密度は1g/cm3なので、鉄の密度も7.85g/cm3になります
(密度=単位堆積あたりの重さ)
重さを求める時は「体積×密度(比重ではありません)」で求めます

おっしゃるとおり、計算をする時は単位をそろえる必要があります
100(mm)×100(mm)×6(mm)×7.85(g/cm3)ではmmとcmが混在しているので間違いです
長さの単位を全部cmに直して
10cm×10cm×0.6cm×7.85(g/cm3)=471g=0.471kg
と計算します(cmとgで計算しているのでCGS単位系と呼びます)

円筒の場合も同様に
体積×密度で求めます
円筒の体積=底面積(円の面積半径×半径×円周率)×高さ
です

比重=密度で計算するならば、水が1gになる体積1cm3を利用するために長さの単位をcmに直して計算してください
計算結果はgで出るのでこれをkgに直してください

最初からkgで出したい時は
水の密度=1000(kg/m3)
(水1m3の重さ=100cm×100cm×100cm×1g=1000000g=1000kg)
を利用して
目的の物質の密度=1000×比重(kg/m3)
でも計算できます
(このようにm kgを使って計算するのがSI単位系です)

0.1×0.1×6×7.85は#4の方がおっしゃるとおり
0.1×0.1×0.006×1000×7.85の0.006×1000だけ先に計算したのだと思います

#3番の方の説明が完璧なんですが、言葉の意味がわからないかもしれないので補足です

比重は「同じ体積の水と比べた場合の重量比」です
水の密度は1g/cm3なので、鉄の密度も7.85g/cm3になります
(密度=単位堆積あたりの重さ)
重さを求める時は「体積×密度(比重ではありません)」で求めます

おっしゃるとおり、計算をする時は単位をそろえる必要があります
100(mm)×100(mm)×6(mm)×7.85(g/cm3)ではmmとcmが混在しているので間違いです
長さの単位を全部cmに直して
10cm×10cm×0.6cm×7.85(g...続きを読む