仮にですが、軽油を買い溜めするとして(当然専用容器orタンクローリーにて)どのくらいの量をどのくらいの期間保管できるのでしょうか。法律、品質両面から考えられることを教えてください。寒冷地での保管はとりあえず無視してください。
尚、車のカテゴリで出させていただきましたが、法人として考えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

>また消防法ですがタンクローリーの中身10,000リットルを2~3日で消費するとしたら空にしているという表現に当てはまるのでしょうか?とは言いつつもその2~3日中に補充はしますが・・。


ちなみに販売用ではなく自家使用です。

非常に気になったので書き込みさせて頂きます。
つまり、タンクローリーを自家用給油所として使いたいと言う事ですよね?

これは、認められませんよ!やっては、いけないことです。

内容物を2~3日で使うと言う事ですが、そもそもローリーは貯蔵所の
1つですが、危険物の移送を目的としたものですので
貯蔵したまま駐車してはいけないことになっています。

自家用給油所としての条件が消防法第10条第4項に基づく
各区分(危険物施設)の技術上の基準を満たしていないのです。

詳しくは「危険物の規制に関する政令」等を勉強なさって下さい。

この回答への補足

ありがとうございます。
政令を見ました。ローリーの件ですが、工場の構内でも同じ事が言えるのでしょうか?とすれば自家給油所を作ってしまえば・・・設備投資額が膨大になりますね。

補足日時:2002/02/08 17:37
    • good
    • 0

>ですのでスタンドと契約することは不可能です。


スタンドの一つのサービスとして.時間指定配達という内容があります。ガソリンスタンドによっては.日暮れ後配達してくれたり.朝3-5時に配達してくれるところがあります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

そもそも工場内(親会社)に許可されてない業者が入り込むことが許されない仕組みになっていますのでそれも不可能です。
法的なところでその親会社の専門分野に聞いてみましたが、回答は皆さんのおっしゃる通りローリーを持って自家給油することは許されないということでした。
大工事現場など例外としてローリーを固定して自家給油場にすることが可能な場合もあるらしいですが、その例外にはあたらないということでした。
一から考え直して今の業者と話し合って譲歩案を検討してみたいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/14 08:49

>500~600リットルのタンクを搭載した特殊車両が十数台いまして、このタンクの中身が1日や2日でなくなってしまうほどの消費量です



500リットル*10台/2日=2500リットル
完全に指定数量を越えています。自社用給油装置(ガソリンスタンド)を建設することになるかと思います。24時間影響のガソリンスタンドと契約する方法もあります。しかし.契約に応じてくれるガソリンスタンドがあるかどうかでしょう。

この回答への補足

特殊車両ですので一般道は走れません。ですのでスタンドと契約することは不可能です。現在は工場内にある常昼のスタンド(別会社)で給油しています。要はここが24時間営業でやってくれれば問題はないということなのですが、いろいろと問題がありまして・・・。

もし仮に自社でスタンドを建設するとなれば許可さえ貰えれば可能ということですか。もう少し考えてみることにします。

補足日時:2002/02/12 08:38
    • good
    • 0

指定数量が1000リットルのようなので.1000リットル以上(貯蔵又は1日の消費量)は消防法の適応をうけ基準を満たさない容器での保管は禁止されています。

従って原則として出来ません。
次に.指定数量の1/10以上(100リットル)以上は市町村条例の適応を受けます。従って地域差がありますが.消防署での許認可が必要です。市町村によって大幅に異なります。
次に.100リットル以下は消防法と市町村条例の制限を受けませんが.これは他の危険物を一切取り扱っていない場合にかぎられます。つまり.もしガソリンを指定数量の1/10(指定数量忘却)を保管しているのであれば.既に許容限度となっていますので.新たに軽油を保管することは出来ません。
実際には例外があります。たとえば普通自動車の燃料タンクは個別に計算されますので.自宅に1000台とめても指定数量を越えません。地域によっては暖房用石油タンクに限って同様に指定数量の計算から除外しているところもありますが.地域によっては参入しているところもあります。これが市町村条例の違いです。
おそらく.指定数量の1/10は越えてしまうでしょう。消防署で聞くのが最も簡単です。

この回答への補足

ガソリンその他の危険物は基本的にありません。
説明が難しいので具体的に説明しますと、500~600リットルのタンクを搭載した特殊車両が十数台いまして、このタンクの中身が1日や2日でなくなってしまうほどの消費量です。で現在、時間制約を受けない給油方法を考案しています。
何か良い方法がありましたらお願いします。

補足日時:2002/02/08 17:45
    • good
    • 0

#2で書きました通り、指定数量以上の危険物を貯蓄取り扱いする場合は、市町村長の許可が必要です。

また、取り扱いに関しても、在庫の増減があるということは、即ち油の出し入れが伴うわけですから、免許を持った方が行わなければなりません。他人を監督下に置いて取り扱いをさせる場合は乙種四類、自分自身しか行わない場合でも丙種四類といった危険物取扱者の資格が必要です。

 それから、消防法第10条では、10日以内の短い期間内なら、事前に許可を受けて仮に貯蔵・取り扱いをすることができる規定がありますが、これも書類を提出して施設の構造や材質に関して、場合によっては実地調査を含めた消防の検査を受けることになります。

 余談ですが、最近、2~3キロリットルの油の流出事故等で億の単位で保証金を支払った話も全国的には珍しくなく、事故の際には法的責任を厳しく問われる傾向にあるようです。消防もたいへん気をつかっている節もあり、やはり法的な手続きに乗っ取った処理をしておかないといけないという結論です。参考URLに消防法の載ったサイトをあげておきます。

 許可の要件に関しては、例えば新規のガソリンスタンドでも立ち入り検査の際、一回で消防の許可が下りずに、部分的に工事のやり直しをさせられたとかの話は、日常茶飯事です。その道のプロが設計施工しているにもかかわらずです。ですから相当きびしい場合もあるということを念頭に置かれた方がよいでしょう。

 消防の対応は細かいところで各地方によって違う場合もあります。それぞれの地域がもつ現状が防災行政に反映しているためだと思われます。基本的には所轄の消防署とよく相談してことを進める必要があります。事前の相談なら匿名の電話でも応じてくれるはずです。

参考URL:http://www.houko.com/00/01/S23/186.HTM
    • good
    • 0

#2の最後の行は逆ですね。

削除してください。申し訳ありません。
 油を検査しながら山の中をはいずり回ったことがありますので、経験者とさせてください。
    • good
    • 0

 ガソリン、軽油、灯油などは、消防法の分類では第4類の危険物扱いとなり、軽油はその中でも非水溶性第2石油類に分類されています。

軽油の法定指定数量は1000リットルでこれ以上の貯蔵や取り扱いに関しては、施設を設置する市町村長の許可が必要になります。

 またそれ以下の少量危険物の貯蔵、取り扱いに関しても各自治体の火災予防条例などで地元の消防本部長などへの届け出が義務づけられています。ネット上で検索したところ指定数量の5分の1以上指定数量未満の量が少量危険物の範囲とされているようです。軽油の場合は200リッター以上ということになります。

 タンクローリーは、常置場所におく場合は、消防法により空にしなければなりませんので、タンクローリーを使って貯蔵することはできないはずです。

 専用容器は事前に材質や構造を届け出しなければなりませんので、消防署に相談されるとよいでしょう。

 また、これを計量して消費者に販売する場合は、計量法による検定を受けなければならないことになっています。とりあえず地元の計量検定事務所などにお聞きになるとよいでしょう。

 保存に関してですが、理想的な保存状態でも朝晩の気温・湿度の日格差によって結露が生じ若干タンク内部に侵入することがあります。数年たつと紫外線などの作用によりこの水分が油と混ざり乳化することもない話ではありません。またその水分のために生物的作用により変質し真っ黒になった軽油を目撃したこともあります。数年で必ず変質するとは断言できませんが、2,3ヶ月に一回ほどの点検は必要だと思います。長期保存にあたっては紫外線が当たらず、気温や湿度の変化、振動の少ないところに保存することが前提です。

 山中の無線中継器などの各施設の非常用電源の燃料のための地下タンク設備点検の際に、乳化しあるいは変質して色の付いた油がよく発見されますが、これは発電機のエンジンを回すことはできません。

 油ですが、透明性が維持されていればだいたいOKかとは思いますが、分析のための機関もありますので、購入先に相談されるとよいでしょう。軽油の発泡性に関しては各メーカーによって大きな差があります。

 この先、円安で油の値段も下がる可能性も念頭に置いて、保存のための経費とのバランスでお決めになることをお勧めします。

この回答への補足

ありがとうございます。
具体的に書きにくいので表現が難しいですが、タンクローリーの場合は当然1000リットルを超えると思いますが、タンクローリーは「取扱」に属するのでしょうか?
また消防法ですがタンクローリーの中身10,000リットルを2~3日で消費するとしたら空にしているという表現に当てはまるのでしょうか?とは言いつつもその2~3日中に補充はしますが・・。
ちなみに販売用ではなく自家使用です。

補足日時:2002/02/06 17:40
    • good
    • 0

第二石油類なので1000リットル以上は許可がいります。



参考URL:http://www.paxecumenica.co.jp/syoubou/s_1.htm
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qなんかこのアプリだけすぐ落ちる。(´・ω・`)何が原因ですか?Cookieは削除しました。アプリをア

なんかこのアプリだけすぐ落ちる。(´・ω・`)何が原因ですか?Cookieは削除しました。アプリをアンインストールして入れ直しました。でも相変わらず、エラーメッセージが出て落ちます。(´・ω・`)
なぜでしょうか?
スマホを落としたのが原因ですかね?

Aベストアンサー

教えて!gooのアプリですか?
それならアプリ自体の不具合だと思っています。
ゲームとは違い、入力中にさえ落ちなければ余り問題にならないのかも知れません。
初期の頃から同じ不具合が続いているので、たまに入れて使い勝手を確認していますが、結局私はアプリは使わないですね。

Q寒冷地の軽油

私はスキーヤーです。
ディーゼル車でスキーに行こうと考えていますが、寒冷地では軽油は凍るとのこと。
寒冷地のガソリンスタンドで売られている不凍液を混入した軽油は凍らないそうですが、いくつか質問があります。
教えてください。
1.軽油には凍りにくさで等級分類があると聞きましたが、何段階分類があるのでしょうか。
2.どの地域でどのランクの軽油が売られているかネットで事前に知ることができるのでしょうか。
3.東名高速沿線で売られている軽油に中央道諏訪湖SAのスタンドで半分程度給油した場合、白馬や志賀では凍ってしまうのでしょうか。
4.寒冷地の軽油は、温暖な地域で売られている軽油と比べ割高なのでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

寒冷地在住の整備に従事しているものです。
一般には、寒冷地へ乗り入れる際に燃料を減らしておき現地で補給するのがよいといわれているようです。
出来るだけ減らしておくとよいでしょうが、八分目くらいをめどにするとよいでしょう。現地で補給後、すぐ宿に入ったりスキー場に到着するよりも少し走行してタンク内の燃料を攪拌し、配管内の出発前に入れた
燃料と現地での燃料が入れ替わるようにするとよいでしょう。駐車中に風に当たると凍結しやすくなるので駐車にも少し気を使うとよいでしょう。凍結といってもコチコチに固まるのではなくシャーベット状になって流動性が低下し配管をふさいで流れが悪くなり、ふけがわるくなったり、アクセルに反応しなくなったり
を断続的に繰り返すのが初期症状です。
悪化すると、エンストに至りますが、少しおいてから始動を試みるとかかることもありますが、続きません。
道内では冬季間特三号軽油が販売されています。
流動点-30℃ ですが、私の住む道北では過去-37℃
を記録したことがあり現在でもシーズン中-30℃位
まで下がることがあります。
もし本道へ来られる方がありましたらエンジンオイルも寒冷地向けに交換されたほうがよいでしょう。
ご質問があればオイルについても知っている範囲で
お答えできます。
冬季用軽油を夏季に使用するのは噴射ポンプのノズル
に潤滑不足が起きるのでよくありませんが、まあ早めに使い切るとよいでしょう。
ところで、燃料に混入する不凍液、凍結防止剤
というものは初耳です。本州では売っているのでしょうか。

寒冷地在住の整備に従事しているものです。
一般には、寒冷地へ乗り入れる際に燃料を減らしておき現地で補給するのがよいといわれているようです。
出来るだけ減らしておくとよいでしょうが、八分目くらいをめどにするとよいでしょう。現地で補給後、すぐ宿に入ったりスキー場に到着するよりも少し走行してタンク内の燃料を攪拌し、配管内の出発前に入れた
燃料と現地での燃料が入れ替わるようにするとよいでしょう。駐車中に風に当たると凍結しやすくなるので駐車にも少し気を使うとよいでしょう。凍結といっ...続きを読む

Qショートの意味とブレーカーの落ちる原因について

機械音痴の自分なのですが、昨日職場で仕事をしている最中に電源が全て落ちまして主電源装置を調べると水が垂れてました(装置の下に水溜りが出来ていました)。
昨日はすごい雨だったので何かの原因で雨漏りし主電源に通じるパイプを伝って雨が装置の中に入ってたようです。
素人では治せないんで今日業者に来てもらって修理してもらうことになりました。社員の人達はショートしたなと言ってました。
恥ずかしい話なんですが、今までショートするとはブレーカーが落ちる状態のことを言うのと思っていました。
そこでお聞きしたいのですが、ショートの意味とブレーカーが落ちる原因を教えてもらえないでしょうか?
職場が工場関係なんで将来仕事を任される時がきてこんなことも知らないようでは情けないんでちゃんと理解しておこうと思います。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ショートとは、漢字で「短絡」と書きます。
「短くつなぐ」です。

正常な状態では、プラスの電線とマイナスの電線との間に、負荷設備があります。
何らかの事情で、負荷設備を通る前に、プラスの電線とマイナスの電線とがくっついてしまうのが短絡です。
このとき、大きな電流が流れますから、ブレーカが落ちたりヒューズが切れたりして、大きな事故に至らないようになっています。

一方、ご質問は水がかかったとのことで、これはショートではないと想像します。
短絡ではなく「地洛」です。
「大地につながる」です。
「漏電」とも言います。

水分によって電線や機械の絶縁が破壊され、プラスの電線からマイナスの電線へ戻るより早く、機械の枠などを通して地面へ流れて行ってしまう現象です。

漏電も小規模のうちは見つけ出すことが困難ですが、ある程度の量になると、人が機械に触っただけで、ビリッビリッと感じるようになります。
さらに大きくなれば、人の生命を危機にさらしたり、出火したりすることもあります。

漏電は、専用の「漏電しゃ断器」で保護するようになっていますが、古い設備ですと漏電しゃ断器などないこともあります。
雨のかかった量が多ければ、地洛 (= 漏電) と短絡とが同時に起こることもあり得ます。

ショートとは、漢字で「短絡」と書きます。
「短くつなぐ」です。

正常な状態では、プラスの電線とマイナスの電線との間に、負荷設備があります。
何らかの事情で、負荷設備を通る前に、プラスの電線とマイナスの電線とがくっついてしまうのが短絡です。
このとき、大きな電流が流れますから、ブレーカが落ちたりヒューズが切れたりして、大きな事故に至らないようになっています。

一方、ご質問は水がかかったとのことで、これはショートではないと想像します。
短絡ではなく「地洛」です。
「大地に...続きを読む

Q寒冷地仕様の軽油について!

お正月に2泊3日で信越地方へスキー旅行に行くのですが現地で軽油凍結防止のため現地近くで軽油を入れたいのですが高速のサービスエリアのガソリンスタンドは寒冷地仕様の軽油では無いと聞きました。本当でしょうか?現地街中にあるスタンドは全て寒冷地仕様の軽油でしょうか?ご存知の方がいらっしゃいましたら教えてください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

高速道路のSAでも寒冷地軽油は販売されています。
誰ですか。売ってないなんて言ったのは。

http://www.j-sapa.or.jp/news/keiyu/index.html

Q走行中に突然回転数が落ちる、原因はサーモ?

走行中に突然回転数が落ちる症状が出ました

1:ギアチェンジの直後などに突然回転数が落ち失速、アクセルを吹かして持ち直す

2:対向トラックの風圧を受けた直後に回転数がガクンと落ち失速

バイク屋に見てもらいましたが原因は不明とのことでした、
吸気・供給系には問題がなかったそうです。

その後は何事も無かったかのように調子よく回っていますが、原因がはっきりしないのでちょっと不安です。

以前も似たような症状があったのですが、その時はキャブのキャップが割れており、それが原因かも知れないということでした。
が、最近また似たような症状が発生しました

どちらも朝方の寒い時間帯に発生したのでサーモが原因かな
と思っているのですが、はたしてサーモの故障でしょうか?

Aベストアンサー

まずこういったところで質問するときへのアドバイスですが、自分が正しいと思っている用語に間違いがないか、勘違いがないか、よくネット検索した上で書き込みましょう。

多分あなたの言う「サーモ」とはラジエターのことでしょうし、「キャップ」とはインシュレータのことです。
用語の間違いがあると正しく伝わりませんし、理解も遅くなります。

私は、突然の回転低下でその後再発しない、ということで、燃料ではなく電気と思います。急な回転低下でその後戻るのは、失火ではないかと思うからです。
ジェネレータからイグニッションコイル、そこから最終的にプラグキャップにいたるまで、どこかに接触不良か断線があるのではないかと思います。まれにイグナイタということもありますが、現車見ないとわかりません。

あなたが十分なスキルがあるなら、このあたり確認してみてください。

Q軽油の保管方法

軽油の保管方法


この度、車を廃車にする事になりました。
ディーゼル車です。
燃料がまだ半分以上残ってます。
次の車もディーゼル車を考えてますが、少し先の話しになります。
軽油を抜き取って次の車に入れようと考えましまたが、この場合の保管方法はガソリンと同じ缶でないとダメなのでしょうか?
普通の灯油用ポリタンクではダメなのでしょうか?

詳しい方、ご教授お願いします。

Aベストアンサー

 灯油用のポリタンで十分ですが、重要なのは保管期間です。次のディーゼル車を買うのはいつ頃ですか?3ヵ月位ならともかく、半年以上先なら車と一緒に処分した方がよいです。

Qこういうささいなミスでも落ちる原因になりますか

これまで正社員募集3件とパート1件を応募しましたが、すべて断られてしまいました。そのもどってきた履歴書をよくみると
○○○大学入学
×○○大学中退
と書いてありました。今、気が付きました。もしかして、私が落ちた理由はこの履歴書(パソコンで書いてある)の変換ミスかなとおもいました。
こういうささいなミスでも落ちる原因になりますか?
回答、お待ちしてます。

Aベストアンサー

職種や、企業にもよるでしょうが、落ちる原因になるでしょう。
大事な履歴書、しかも自分の経歴を間違える。しかもそれに気づいていない。致命的っちゃあ致命的ではないでしょうか。
ミスしたところ以外の内容が良くても、「この人は大丈夫かな…」と思うでしょう。

ところで、履歴書って手書きで書くものじゃないですか?
私は、新卒の就職活動しかしたことがなくて中途に関してはよくわかりませんけど、履歴書は絶対手書きでした。

Q灯油と軽油とプレミアム軽油の違いって?

ディーゼル車に乗っています。

先日ガス欠してしまったのですが、
知人が灯油を持って助けにきてくれました。
灯油でエンジンはかかり、ガソリンスタンドに辿り着いたのですが、
その知人が言うには、
「灯油で全然問題ない。雪国では灯油と軽油を混ぜて使うところもある。」
とのこと。
本当でしょうか?

さらに、あるスタンドに行くと、普通の軽油が無く、
プレミアム軽油なる、ちょっと高い軽油を入れられました。
何が違うんだと聞いてみると、
店員が言うには、
「より燃費がよくて、エンジンオイルも汚れにくい」
とのこと。

そして違う知人とこの話をしたとき、
かなり勝手な想像だったのですが、

プレミアム軽油はより精製度が高いんじゃない?
とか、
同じなんじゃない?
なら灯油は税金が安いからそっち入れた方がいいんじゃない?

なんて会話が出てきました。
実際、その3種類、何が違うんでしょうか。
また、それぞれのエンジンへの負担は?

Aベストアンサー

http://www.eneos.co.jp/carlife/product/gasoline/index.html

プレミアム軽油については、添加剤により、着火性と清浄性を良くしてる様です

灯油と軽油の違いについて
軽油にはロウ分と言われる潤滑成分が入っているのですが、灯油にはこれが有りません
そのため、長期間灯油を使うと、噴射ポンプの寿命を縮めます
あと、灯油の方が、カロリーが低いので、同じパワーを出すためには、燃料を多く必要とするため、燃費悪化と黒煙が多く出る事になります

脱税の問題はもちろんですが、車にとっても良い事は有りません

Qメインブレーカーの落ちる原因

とある会場でメインブレーカーが落ちる事故が発生しました。
分電盤内のうちメインブレーカーはELB40A、子ブレーカーはMCB20Aが8回路です。
事故当時メインのELBだけが落ち、子ブレーカーは落ちていません。
漏電かと思ったのですが、ELBの漏電表示はでていませんでした。
当時は過電流で感知するほど電流は流れておらず、せいぜい3Kwほどしか使われておりませんでした。

質問ですが
①漏電表示が出ていなくとも漏電でメインだけが落ちる事はありえるのか。
②短絡で20Aの子ブレーカーが落ちずにメインだけが落ちる事があるのか。
他考えられる事故原因はありますでしょうか。

その後ブレーカーを上げたのですが問題なく使う事ができ、落ちる事もありませんでした。

線路内中にケーブルの被覆が損傷している部分があり、何かの振動でたまたま触れ落ちた(その後たまたま触れなかった)のかと思いました。ですが、知り合いの電気業者さんに相談したところ、短絡かも知れないと言われまして相談して頂きました。

Aベストアンサー

>①漏電表示が出ていなくとも漏電でメインだけが落ちる事はありえるのか。
漏電で落ちたのなら、必ず漏電表示が出ます。
現在のELBは、過電流でも動作するものがほとんどなので、漏電表示が無ければ過電流、短絡等で動作したものと考えられます。
漏電専用ELBの場合は、「地絡専用」や「OC(オーバーカレント:過電流)無し」などの表示があります。
>②短絡で20Aの子ブレーカーが落ちずにメインだけが落ちる事があるのか。
たとえば、メインブレーカーに定格電流に近い電流が流れていて、そのうえで子ブレーカーが短絡した場合は、各々のブレーカーの動作特性やサージ(衝撃)電流の有無によっては、子ブレーカーが落ちずにメインブレーカーが動作することはありえます。
その後、ブレーカーが動作していない、ということは、損傷ケーブルによる一過性の短絡が考えられますが、現地を見ていないので参考程度にお考え下さい。

Qタンクローリーの運転資格についてお願いします。

勤務先で29人乗りマイクロバスを運転しております40歳主婦です。
外注先のタンクローリーの運転士さんが退職され、「タンクローリーを購入するので、運転してみないか?」と言われました。

突然の話で驚いていますと、「yuka-mama-が運転しないのであれば、嘱託の運転士さんを雇用し、マイクロバスの運転も代わってもらう。yuka-mama-が引き受けてくれるなら、事務部に新たに女性の派遣社員さんを入れる。」と言う事でした。

よく聞いてみますと購入するのは新車で既に発注済みという事で、私にとっては一昨年のマイクロバス,昨年のワゴン車に次いでの新車で、また新車の真新しいハンドル,ギアと綺麗なペダルを自分の手足で握り、踏んでみたいと思うようになりました。

連休明けまでに回答するように言われ、「主人や子供たちと相談して決めます。」と回答しましたが、主人も子供たちも快諾してくれて、自分の気持ちは固まっています。

しかし何かの本にタンクローリーの運転にはけん引免許が必要と書かれていたような気がします。
運転するのはSUSの11トン位積載量が有る車で、大型一種免許はもちろん,甲種危険物取扱者の資格も持っていますが、改めてけん引免許を取りに行く必要は有るのでしょうか?

色々なHPで調べてもいまひとつ分かりませんので、よろしくお願いいたします。

勤務先で29人乗りマイクロバスを運転しております40歳主婦です。
外注先のタンクローリーの運転士さんが退職され、「タンクローリーを購入するので、運転してみないか?」と言われました。

突然の話で驚いていますと、「yuka-mama-が運転しないのであれば、嘱託の運転士さんを雇用し、マイクロバスの運転も代わってもらう。yuka-mama-が引き受けてくれるなら、事務部に新たに女性の派遣社員さんを入れる。」と言う事でした。

よく聞いてみますと購入するのは新車で既に発注済みという事で、私にとっては一昨...続きを読む

Aベストアンサー

話の内容から、
そのままの資格ですぐに乗ることが出来ます。

積載物は乙4類で
車は11トンですので、トラックの荷台(シャーシー又はフレーム)にタンクが乗っている物ですよね。
多分、前輪2軸で後輪1軸のトラックです。

たくましいと言うか、たのもしいと言うか・・・

頑張ってください。

牽引は、トラクターでトレーラーを引っ張る時に必要で
車と荷台が切り離すことが出来る構造です。


人気Q&Aランキング