Oracle8iのエラーメッセージが英語で表示されるのですが、日本語で表示させるようにするには、どう設定すればいいのでしょうか?使用しているのは、Oracle8i R8.1.7 enterprise edition for Sun SPARC Solarisです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

日本語のメッセージファイルがインストールされていない場合にも


英語で表示されると思います。

$ORACLE_HOME/sqlplus/mesg/*ja*
が存在しなければ日本語のメッセージファイルがインストールされている
か確認できたと思います。

この回答への補足

回答ありがとうございます。
確かに存在しませんでした。
ただ、日本語メッセージだけをなんとか
Customインストールしようとしたのですが、
コンポーネント自身は既にインストール済みになっていて、
インストールできませんでした。
一度アンインストールするしかないのでしょうか?

ちなみに、未インストールのコンポーネントがあったので、
言語に日本語も追加して、インストールしてみたのですが、
既存のコンポーネントには、変化はありませんでした。
もちろんsqlplusの日本語ファイルもありませんでした。

補足日時:2002/02/15 18:43
    • good
    • 0
この回答へのお礼

結局、全Oracleコンポーネントをアンインストール後、
Custom Installで言語に日本語を追加して、
再インストールを行って上手くいきました。

お礼日時:2002/02/18 12:06

こんにちは。



環境変数[NSL_LANG]を定義すれば日本語になるはずです。

% setenv NSL_LANG [設定値]

[設定値]はOSに依存しますので、お手持ちの
「管理者リファレンス」「インストレーション・ガイド」の各マニュアルより[設定値]を設定して下さい。
マニュアルを参照する時のキーワードは
「Oracle8の環境変数」「サポートしている言語および地域」です。

著作権の関係で、あまり詳しくは書けません。

がんばって下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
環境変数『NLS_LANG』は日本語(japanese_japan.JA16SJIS)に設定ずみでした。
その他にも設定があるみたいですねぇ。
また何かありましたら、どんな些細なことでも構いませんのでお願いします。

お礼日時:2002/02/14 18:04

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QOracle8i for Sun SPARC Solarsi R.8.1.6 のインストールについて

インストールをoracleユーザで実行するとエラーが表示され、
セットアップウィザードが表示されません。
どこが間違っているのでしょうか?

エラーの内容は、
Xlib:connection to "163.59.205.74:0.0" refused server
Xlib:Client is not authorized to connect to server
java.lang.InternalError:Can't connect to X11 window server using '163.59.205.74:0.0' as the value of the DISPLAY variable.
と表示されます。
どうもoracleユーザの環境変数"DISPLAY"が悪いようです。
起動は、サーバに直接接続された1つのモニターで行っていますし、
IPはそのインストールを行うサーバのIPアドレスをセットしています。
また、oracleユーザで"echo $DISPLAY"と入力すれば、
"163.59.205.74:0.0"と表示されます。
ついでに、"xhost +163.59.205.74"と入力すれば、
Xlib: connection to "163.59.205.74:0.0" refused by server
Xlib: Client is not authorized to connect to Server
xhost: unable to open display "163.59.205.74:0.0"
と表示されます。

インストールをoracleユーザで実行するとエラーが表示され、
セットアップウィザードが表示されません。
どこが間違っているのでしょうか?

エラーの内容は、
Xlib:connection to "163.59.205.74:0.0" refused server
Xlib:Client is not authorized to connect to server
java.lang.InternalError:Can't connect to X11 window server using '163.59.205.74:0.0' as the value of the DISPLAY variable.
と表示されます。
どうもoracleユーザの環境変数"DISPLAY"が悪いようです。
起動は、サーバに直...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして。
もう少し自分が行った手順を詳しく書いてみてはいかがでしょうか。私の場合は linux ですが
% su
# xhost +
# su - oracle
% export DISPLAY=localhost:0
でやりました。例えば、この場合だと xhost は root で実行しています。DISPLAY の設定は oracle で実行しています。xhost について詳しくないのでわかりませんが、エラーの内容をみると、パーミッションの関係でうまくopenできないような気もするのですが。
同じようにやっていれば、これは解決になってないですね。。。「アドバイス」ということで許してください。

QOracle 8i EE (8.1.7)のインストール(Solaris)

Oracle8.1.7 for SPARC Solarisをインストールしているのですが、
どうしてもエラーで上手くいきません。お知恵をお借りしたいと思います。
症状は、インストール自体は上手く行き、dbassistが立ち上がって
インスタンスを作成する段になって、「ORA-03114 Oracle not connected」
が出て止まってしまいます。エラーを調べると、ユーザ作成プログラムが
ログオンしていないと書いてあるのですが、どのようにして対処したら
良いのか教えて下さい。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

とりあえず確認です
作業前作業として/etc/system の編集は行っていますか?
していれば以下見てください

インストール自体はうまくいっているのならDB作成を
後で行うという方法でとりあえず、DBエンジンとネット(listener.ora)の設定のみ正常にインストール出来るかと思います

インストール終了後に $ORACLE_HOME/bin/dbassist
でDBアシスタントが実行出来ると思います

その際 確認として、
1.ps -ef で作成したいSID名のプロセスが上がっていないか(上がっている場合はsvrmgrlでshutdown abort)

2.作成したいDBの構成ファイル等が既に存在していないかどうか(有れば削除)

以上で試してみてください




あと、何回もDBを作成する可能性があるならアシスタントの最後でDB即時作成を選ばずにシェル作成をえら
んでシェルとして残しておくのも良いかもしれません
(init.oraのパスワードファイル使用のパラメータに注意。 その他いろいろ有りますが・・・)

とりあえず確認です
作業前作業として/etc/system の編集は行っていますか?
していれば以下見てください

インストール自体はうまくいっているのならDB作成を
後で行うという方法でとりあえず、DBエンジンとネット(listener.ora)の設定のみ正常にインストール出来るかと思います

インストール終了後に $ORACLE_HOME/bin/dbassist
でDBアシスタントが実行出来ると思います

その際 確認として、
1.ps -ef で作成したいSID名のプロセスが上がっていないか(上がっている場合はsvrmgrlでshutdown...続きを読む

QRed Hat Linux7.3にOracle8i 8.1.7

Red Hat Linux7.3にOracle8i 8.1.7をインストールしようとしているのですが、どうしてもインストールが出来ません。
環境変数やJREのインストール後、KDEからoracleユーザーでログインし
./runInstallerを実行するのですが$ Initializing Java Virtual Machine.... pleas wait..と表示されたまま前に進みません。

Aベストアンサー

Oracleのインストール要件を確認してください。

Oracle 8.1.7 は RedHat 7.1.3 はサポートしていません。
どうしてもインストールしたかったら自己責任で
やるしかないでしょう。
でも変な動きをしてもオラクル社は何の責任も
取らないと思いますよ。
やめておいた方が無難です。

参考URL:http://www.oracle.co.jp/products/system/o8/linux817/

QOracle8i 8.1.7の設定方法を教えてください

Oracle8i 8.1.7をインストールしその後自分で表領域などの作成を行いたいのですが素人のため良く分かりません
表領域やユーザー等の作成方法、順序など教えていただけないでしょうか
お願いいたします

Aベストアンサー

ご質問の範囲が非常に広いため、お答えするのは難しいと思います。書籍を購入してトライすることをお勧めします。

QOracle8i(8.1.7)forLinuxのDB サーバにリスナーを強制切断するには

恐れ入ります、oracleのDBサーバにクライアントがWindowsでMSアクセスを使用
しているユーザがODBC経由で接続しています。
このリスナーをoracleのDBサーバ側で強制切断するoracleのコマンドと
いったものはないのでしょうか?
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

ACCESSユーザーのプロセスをKILLするにはまず、接続ユーザーの
確認が必要ですが、V$SESSIONにて接続しているユーザー情報が取得可能
です。ACCESSのプロセスは、...MSACCESS.EXEと出てくると思うの
で該当の SID名, SERIAL# を控えておきます。

接続ユーザーの情報はsystemユーザーにてsql*plusまたはSVRMGRを使って
select * from v$session;
を実行することにより取得が可能です。

次に該当プロセスの強制切断ですが同じくsystemユーザーにてsql*plus
またはSVRMGRを使って
alter system kill session 'SID名,SERIAL#';

(実行例)
> alter system kill session '17,143';

システムが変更されました。

なお、この方法でKILLするのは対象のACCESSプロセスを特定
できないと他の関係ないものを強制終了してしまうので非常に危険でも
あります。十分注意して使用したほうがいいかと思います。

また、うろおぼえですがACCESSのオプション設定の中にODBC
タイムアウト設定があったような気がします。
確か600秒だったような...

ACCESSユーザーのプロセスをKILLするにはまず、接続ユーザーの
確認が必要ですが、V$SESSIONにて接続しているユーザー情報が取得可能
です。ACCESSのプロセスは、...MSACCESS.EXEと出てくると思うの
で該当の SID名, SERIAL# を控えておきます。

接続ユーザーの情報はsystemユーザーにてsql*plusまたはSVRMGRを使って
select * from v$session;
を実行することにより取得が可能です。

次に該当プロセスの強制切断ですが同じくsystemユーザーにてsql*plus
またはSVRMGRを使って
alter s...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報