佐藤春夫の「ためいき」の冒頭は、私が所有している岩波文庫「増補 春夫詩鈔」では、
”木の國の五月なかばは”
となっているのですが、PCで検索すると
”紀の国の・・・・・”
となっているものばかりです。

高校時代に習ったときも”木”の國で、”紀”の國ではなっかたはずです。
知人が図書館で何冊かこの詩をで調べたらやはりみな”紀の国”になっていると言います。

春夫は、”紀の国”和歌山県出身ですから、すんなり”紀の国”で間違いないように思いますが、しかしやはり”木の国”の方が奥深く感じます。

私の所有の岩波文庫本は高校時代に買ったもので昭和29年の発行なのですが、この版が間違えて”紀”を”木”としてしまったのでしょうか?
これ、長年の疑問です。
経緯をご存知の方、どうかお教え下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

全くの私見ですが、何でも、紀の国の由来は、


五十猛命(いそたけるのみこと)が、新羅の慶州よりやってきて、この地方に樹木の種(杉や檜等と思われる)をもたらしたとされ、これに由来してこの地方は「木の国」と呼ぶれるようになり、それがやがて変化して
「紀の国」→「紀伊国」となった、とのことです。
なので、木の国=紀の国 と見る向きが多く、誰もそれについてクレームをつけなくなってしまったのではないでしょうかね。
でも、質問者さんがおっしゃるように
「木の国」の方が、断然「ためいき」がこころに沁みますね。
私も「木の国」に1票!です。(^^)
尚、以下のサイト(中段)では「木の国」としているようです。

参考までね。

参考URL:http://homepage2.nifty.com/TIKURINKAN/14satouhar …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速ありがとうございます。
「紀の国」は当初「木の国」だったのですか!知りませんでした。

参考URL拝見いたしました。
確かに「木の國」ですね。

春夫自身が「木の國」と書いているのに、いつの頃か、誰かが「紀の国」としてしまい、それが誤ったまま、伝わってしまっているんですね。
toko0503さんも「木の國」に同意頂きましたが、「紀の国」では当たり前すぎて、面白くもなんともありません。

お礼日時:2006/05/04 13:56

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q佐藤春夫の詩 少年の日で 正しいのはどちらですか

佐藤春夫の詩 少年の日で2番の ”なやましき眞晝の丘べ さしぐまる、赤き花にも。”と
”あたたかき真昼の丘べ  花を敷き、あはれ若き日。 ” と2通りのことがネットで掲載されています。
どちらが実際でしょうか。なぜ2通りになってるのでしょうか。本屋さんに詩集がなかったのでもうし
わけありませんがどなたか教えていただけますでしょうか。

Aベストアンサー

#1です。

>出版社の間違いでしょうか
1922年(大正10年)初出の「殉情詩集」では、ご紹介の通りです。
1926年(大正15年)の「佐藤春夫詩集」では、ご記憶の通りです。

春夏秋冬の四季に分けたものは1~4章となり、「花を藉き」は「敷き」や「蔭おほき」が「影おほき」になど、幾つかの表現が変わっています。
http://wa.tea-nifty.com/lie_luck/2010/05/16-2a5b.html

ご指摘の、とりわけ「夏⇒2」の後半2行の表現では第1章第2行のリフレーン調にしたことによって、春夏秋冬分けの独立性が緩んだため1~4の数字での章別編成になったものでしょうか。

個人的には「なやましき真昼」「さしぐまる」など、まさに「殉情」(感情にすべてをまかせるさま…「国語大辞典」小学館)度合いの高い初出の方が沁みる思いがしますが、そこはまあ人それぞれ、ピンポイントでの出会いのタイミング如何なのでしょう。

Q岩波文庫の作家名の後ろにつく作

岩波文庫では
作家さんの名前の後ろに作
がついています
夏目漱石 作
川端康成 作

他の出版社には見られません
岩波文庫の方針なのでしょうか
理由をご存知の方がいらっしゃいましたら教えてください
よろしくお願いします

Aベストアンサー

明治大正の昔は単行本でも「○○○作」とタイトルにつけられることはごく普通でした。
岩波文庫はこの種の文庫本の嚆矢となるもので、昭和初頭に発刊するに当たって当時の風習をそのまま踏襲したものだと思います。当時藤村作という著名な国文学者がおられまして、この方の著作を刊行したら「藤村作作」となると、笑い話のように言われました。
そういうこともあって、他の後発の文庫で戦前のからのもので現存では新潮文庫ただ一種(これも戦前版とはすっかり様変わりしています)、こちらはやや近代的に「著」を使っています。
他の文庫は皆戦後のものであり、昨今の風潮としてごく自然に作はもちろん、著もつけなくなったのだと思います。

Q詩人佐藤春夫の詩で・・・?

昭和28年、十和田湖畔に高村光太郎の
乙女の像が建立されたのを祝して、佐藤春夫が
贈った詩があります。
題は『湖畔の乙女』(!?)だったと思いますが、
この詩の全文をご存知の方は是非教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

以下の通りです(^^)v

湖畔の乙女

 天降りしか
 水沫凝りしか
 あはれ いみじき
 湖畔の乙女
 ふたりむかひて
 何をか語る

 花かもみぢか
 水の清らか
 はたや いみじき
 久遠の身をか
 あらずみたりの
 ゆかしき人を

   * ”水沫”のヨミ→みなわ


蛇足ですが、
十和田湖を開発した三恩人を記念する碑(「みちのく」)の
成立を祝して贈られた詩、らしいです。
二連目の”みたり”はその三人を記念してこのように言うそうです。

Q岩波文庫から出ているトーマス・マンの短編集『トオマス・マン短編集』のな

岩波文庫から出ているトーマス・マンの短編集『トオマス・マン短編集』のなかの「幸福の意志」という短編があるのですが、その冒頭に、

彼地で家柄のよい土着の娘と結婚してから…

というくだりがあるのですが、この「彼地」はどう読むのでしょう?また、どういう意味なのでしょう?

Aベストアンサー

「かのち」と読みます。
「彼地」を「あの地(国、地方、都市、町など)」と読み変えてもほぼ同じ意味です。この場合は南アメリカのことを差していますね。
 遠いところや、名前は知っているけど行ったことはない場所などを指しているニュアンスがあります。

Q佐藤春夫の「ためいき」の冒頭は?

佐藤春夫の「ためいき」の冒頭は、私が所有している岩波文庫「増補 春夫詩鈔」では、
”木の國の五月なかばは”
となっているのですが、PCで検索すると
”紀の国の・・・・・”
となっているものばかりです。

高校時代に習ったときも”木”の國で、”紀”の國ではなっかたはずです。
知人が図書館で何冊かこの詩をで調べたらやはりみな”紀の国”になっていると言います。

春夫は、”紀の国”和歌山県出身ですから、すんなり”紀の国”で間違いないように思いますが、しかしやはり”木の国”の方が奥深く感じます。

私の所有の岩波文庫本は高校時代に買ったもので昭和29年の発行なのですが、この版が間違えて”紀”を”木”としてしまったのでしょうか?
これ、長年の疑問です。
経緯をご存知の方、どうかお教え下さい。

Aベストアンサー

全くの私見ですが、何でも、紀の国の由来は、
五十猛命(いそたけるのみこと)が、新羅の慶州よりやってきて、この地方に樹木の種(杉や檜等と思われる)をもたらしたとされ、これに由来してこの地方は「木の国」と呼ぶれるようになり、それがやがて変化して
「紀の国」→「紀伊国」となった、とのことです。
なので、木の国=紀の国 と見る向きが多く、誰もそれについてクレームをつけなくなってしまったのではないでしょうかね。
でも、質問者さんがおっしゃるように
「木の国」の方が、断然「ためいき」がこころに沁みますね。
私も「木の国」に1票!です。(^^)
尚、以下のサイト(中段)では「木の国」としているようです。

参考までね。

参考URL:http://homepage2.nifty.com/TIKURINKAN/14satouharuo-ue.html

Q岩波文庫の寺田寅彦の随筆

寺田寅彦の作品に興味を持ち、岩波文庫の「寺田寅彦随筆集」を買いました。とても繊細な視点で世界を切なく美しく描写しておりはまっております。
で、ある本でその寺田寅彦の随筆にふれており、随筆から一節を引用していたのですが、その引用では、かなは正かなつかい、漢字は正字体でした。僕の読んだ岩波文庫では、現代かなつかい、漢字は略字体にされていました。こういった変更(改竄)は現在の出版界では当たり前のように横行していて覚悟の上だったのですが、よく読み比べるとそればかりではなく、「団栗(本当は正字)」という随筆は、岩波文庫では「どんぐり」とひらかなになっていたり、「云う」が「言う」になっていたりもしました。
かなつかいの変更や、正字を略字への変更は分かりますが(読む気をなくすけど)、漢字で書かれていた名詞をひらかなにしたり、「云う」を「言う」のような全くちがう字にする事ってあるのでしょうか。
引用した本の著者は、初版か何かの版を引用し、文庫は初版出版後寺田寅彦が手を加えて書き直したものを底本としているのかな、とも考えましたがそうではないのでしょうか。

Aベストアンサー

よいところに気づかれました。
結論のみ書きます。
原作者の表記を出版社が「勝手に」書きかえている例は枚挙にいとまがありません。

同随筆集全五巻では、第一巻に二行ほど付記があるだけで、確かにどう書きかえたかの明記がありません。
そこで、他の岩波文庫のいわゆる緑帯、近代日本文学に相当するものをお持ちなら、奥付の前のページを見てください。[編集付記]などとして使用した底本のことや表記の方針などいろいろ書いてあるはずです。

「近代日本文学の鑑賞が若い読者にとって少しでも容易となるよう」「原文の趣きをできるだけ損なうことがないように配慮しながら」五つの「方針にのっとって表記がえをおこなった」と。

こうして皮肉にも、原文の趣きとまるで異なるものが、われわれ読者に提供されているわけです。

この"好意"はただに岩波文庫に限ったことではありません。他の出版社の大部分も似たようなものなのです。
しかも書きかえの"方針"はまちまち、明記してない本もたくさんあります。

萩野貞樹氏の『旧かなづかひで書く日本語』幻冬舎新書2007年刊もしくは
同氏著『旧かなを楽しむ』リヨン社2003年刊(内容はほとんど同じ)を一度手にとってみてください。
たとえば谷崎潤一郎『盲目物語』がいかに作者の意図を根底から無視し、恣意的に書きかえられているか、実感をもっておわかりになるでしょう。

単なる、旧かなと新かなの書きかえの問題、ではありません。
たとえ旧かなの知識が自在にあっても、ここから原文の復元は不可能です。

よいところに気づかれました。
結論のみ書きます。
原作者の表記を出版社が「勝手に」書きかえている例は枚挙にいとまがありません。

同随筆集全五巻では、第一巻に二行ほど付記があるだけで、確かにどう書きかえたかの明記がありません。
そこで、他の岩波文庫のいわゆる緑帯、近代日本文学に相当するものをお持ちなら、奥付の前のページを見てください。[編集付記]などとして使用した底本のことや表記の方針などいろいろ書いてあるはずです。

「近代日本文学の鑑賞が若い読者にとって少しでも容易と...続きを読む

Q佐藤春夫「西班牙犬の家」と内田百間「冥途」について

「西班牙犬の家」・・・この話に出てくる「雑木林」と「スペイン犬」をコンテクストとして読み解く。
この時代の人の共通認識として「雑木林」は何を意味したものなのでしょうか?
私は時代性はよくわかりませんが「異郷感を掻き立てるもの」と解釈したのですが・・・この筋で行けば「スペイン犬」も異郷感を掻き立てる、示唆するために「スペイン」犬でなければならなかったのかな、と
思うのですが・・・実際はどうなのでしょう。

以上とはちがう作品ですが、
内田百間「冥途」・・・「茶店」「郵便貯金」をコンテクストとして読み解く。
この場合、普通の茶店ではなく博覧会の唯一残る記念として描かれているのにはどういう意味があるのか。
なぜ老婆は身投げ救助で得たお金を銀行貯金などではなく「郵便貯金」したのか。
このふたつは自分にはどうも分かりません・・・。

自分なりに考えても調べても答えがでないので
どなたかどれか一問でもいいので教えてくだされば幸いです。

Aベストアンサー

文学に素人の私見ですが・・・

当時は大正の中期で世界大戦中の経済好況で東京の郊外、つまり武蔵野の雑木林は切り開らかれて住宅地になり文化人やサラリーマンが移住しました

今の世田谷、渋谷、中央線沿線などです、東京がそれまでの神田や牛込から移動し始めたのです

慶応で学んだハイカラで異国趣味の佐藤春夫は新しい東京の空気をスペイン犬と雑木林で現わしたかったと思います

老婆の身投げ救助を書いたのは内田百閒ではありません、菊池寛の短編です

Q岩波文庫の『フランス文学案内』に、

岩波文庫の『フランス文学案内』に、

「18世紀の文学の特色を1言で要約いたしますと、まず古典主義の理論が硬化した形をとるようになって、やや精彩を失い、擬古典主義と呼ばれるようになったことです」

とあります。しかし、そもそも古典主義とは何か、といった説明がどこにもないようです。
古典主義とはそもそも何なのでしょうか?

Aベストアンサー

17世紀フランス文学は総称して「古典主義」と言われ、
悲劇のコルネイユ(エル・シッド)、ラシーヌ、喜劇のモリエール等が包含されます。




http://www.syugo.com/3rd/germinal/database/articles/article.cgi?histoire17

Q佐藤春夫の詩

砲身に蝶がとまるように
おれは或る時戦線にいた

詩の冒頭が上記で始まる詩の題名と
載っている詩集を教えてください。

Aベストアンサー

「戦線詩集」の冒頭ですね。

タイトルは「はしがき」としか記載されていません。序文として添えられた詩だと思います。

砲身に蝶がとまるやうに
おれは或る時戦線にゐた。

みな爆風に吹っ飛んで
そこには神経衰弱も
不眠症も不実女も無い。
毒瓦斯のような暑気の中で
おれは健康で幸福であった。
おれでさへ神々のひとりであった。
─── 戦線では。

普通の書店では入手が難しいと思いますが、大きい図書館に行って「佐藤春夫全集」を探せば載っていると思います。

Q「編」「章」「節」「款」「目」の書き方を

「編」「章」「節」「款」「目」の書き方を教えてください。

第一編
第一節
第一章 タイトル
1・・・・・・・・
(1)・・・・・・・・・・
1-1・・・

アイ ウ
(ア)(イ)(ウ)

A B C
(A)(B)(C)

a b c
(a)(b) (c)


第一項の項はどの間にくるのですか?

各、編や節、章の中にそれぞれ
「第一編→1(1)1-1アイウ」「第一節→1(1)1-1アイウ」などのように段落わけが入るのですか?
それとも、「第一編→(中の番号飛ばしてすぐに)第一節・第一章」となり章の次から細かく分けるのですか?

様々な本の小説やその他の目次を見ますとそれぞれ分け方が違い。
中には、章から始まったり、節から始まったり
とありますが、正しくはどの様な手順で書くのですか。
小説や、論文を書くのでご存知の方教えてください。

一応ネットでwikiや法令の形式などを確認しましたが
上記はそれでも理解できなかった部分です。
宜しく御願い致します。

Aベストアンサー

>法令の形式などを確認しましたが

>第一項の項はどの間にくるのですか?

法令だと編、章、節、条、項、号、の順番が多いですね。

例)

地方自治法
(昭和二十二年四月十七日法律第六十七号)

第二編 普通地方公共団体
 第五章 直接請求
  第一節 条例の制定及び監査の請求
   第七十四条  普通地方公共団体の議会の議員及び長の選挙権を有する者(中略)請求をすることができる。
             ↑これが「第1項」になる。
    ○2  前項の請求があつたときは、当該普通地方公共団体の長は(以下略
         ↑これが「第2項」になる。
(中略)
    ○6  選挙権を有する者のうち次に掲げるものは、第一項の代表者(以下略
     一  公職選挙法第二十七条第一項 の規定により(以下略
     二  前項の選挙人名簿の登録が行われた日以後に(以下略
     三  第一項の請求に係る普通地方公共団体(以下略
         ↑これらが「一号、二号、三号」になる。

で、小説などになると「著者の好き勝手」になっちゃうので「これと言った決まりがない」です。

著者によって、章の中に節があったり、節の中に章があったりします。

同じ著者なのに本によって章と節が逆になってる事もあります。

>法令の形式などを確認しましたが

>第一項の項はどの間にくるのですか?

法令だと編、章、節、条、項、号、の順番が多いですね。

例)

地方自治法
(昭和二十二年四月十七日法律第六十七号)

第二編 普通地方公共団体
 第五章 直接請求
  第一節 条例の制定及び監査の請求
   第七十四条  普通地方公共団体の議会の議員及び長の選挙権を有する者(中略)請求をすることができる。
             ↑これが「第1項」になる。
    ○2  前項の請求があつたときは、当該普通地方...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報