私は今、教習所の指導員をしています。教習所という所は勤務時間がとても長く、「こんなにたくさん残業していいのか?」とおもうのです。1ヶ月の残業はだいたい 60時間 くらいで、多い時は 100時間 くらいやります。年間でだいたい 700時間 くらい。多い人で年間 1000時間 くらい残業をしてます。私が独学で勉強したとき確か、変形労働時間であっても年間360時間は超えてはならない。ということだったとおもいますが、残業に制限はないのか?どなたか詳しい方、教えて下さい。

A 回答 (3件)

#2の回答は勘違いされています。



36協定を結んでも、一定期間についての時間外労働の上限が設定され、下記の時間を超える協定は原則として結ぶことができません。
ただし、適用除外業務があり、その業務については上限を超えても良いことになっています。
自動車教習所は、適用除外にはなっていませんから、違法となります。

延長上限時間
週に15時間 1ヶ月に45時間 1年に360時間
2週に 27時間 2ヶ月に 81時間
4週に 43時間  3ヶ月に 120時間

詳細は、参考urlをご覧ください。

参考URL:http://biz.nifty.ne.jp/nikkenkyo/7horitu/kawaruh …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

参考urlをみて、大変参考になりました。ありがとうございます。残業に上限があることがよくわかりました。

お礼日時:2002/02/10 14:08

 残業命令は合法です。

労働基準法32条は1日8時間1週40時間制を定めています。労働基準法36条で労使間で協定を結びそれを労働基準監督署に届け出れば、8時間を越えて残業をさせてよいこととなっています。
但し、恒常的な長時間労働は決して好ましいものではないため、1999年4月1日より労働大臣が労働時間の延長限度等についての基準を労基法に明記しました。[残業限度時間1ケ月45時間、1年360時間]また、一時的な業務の集中(恒常的は認められません)による等【特別な事情のある場合】は、労使間協定をし労働基準監督署に届け出れば前述労働時間延長限度を越えて残業を命じることができます。

>残業に制限はないのか?
 有ります。
 但し、先に書きましたとおり特殊な事情の範囲においては、労使協定をし、労働基準監督署に届け出ることにより残業させることは可能です。
 他方、会社は従業員への十分なる健康配慮義務をおっています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しい回答どうもありがとうございました。360時間を超える事はできるんですね。ありがとうございました。健康配慮ですが、去年は年に1度の健康診断をやっていただけなかったです。

お礼日時:2002/02/09 23:30

基本的には残業は出来ません!!


といってしまうと誤解を招くかもしれませんが、休憩時間をのぞき一週間に40時間を超えて労働させてはならない(労働基準法32条)とされていますので、残業を命じられたからと言って、従う必要はありません、ただ労働者の過半数を代表するものと書面により協定を結び、それを行政官庁に届けた場合は、その時間まで時間外が出来ると定められています。(同36条)従って、いったいどれぐらいの時間外を協定しているのか確認された方がよいと思われます。もし、協定を結ばずに時間外を命令されているなら別の問題が発生しますので・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございました。どのくらい時間外を協定しているのか確認してみます。

お礼日時:2002/02/09 23:34

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qサービス残業について違法じゃないのかな?と素朴な疑問がありますがどうな

サービス残業について違法じゃないのかな?と素朴な疑問がありますがどうなのでしょうか?
厳密には違法だが罰則規定がないとか、違法にしてしまうと企業活動が成り立たないとかでしょうか?

また、違法だとしたら裁判をすれば勝てるものですか?似た判例などありますか?
サービス残業をさせている企業はほとんどといっていいくらいあると思いますが…。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

労働者の権利は非常に手厚く保障されています。
極端な話、休憩時間であるにも関わらず作業を行ったり、ボランティアで仕事したりって事も自由です。

> サービス残業

当人が無償のボランティア(サービス)だ、OKだって事で納得している場合、賃金支払いの義務が発生しませんから、労働基準法に違反する事にならないです。

実質的には、そういう残業代払えとかって事を言い出せないような雰囲気や体制を作り出す事が(表面化しない)問題になってます。


> 似た判例などありますか?

最近だと、大きいのはマクドナルドの例とか。
こちらは、サービス残業というよりは、名ばかり管理職の問題ですが。

Q【法律】電通の105時間残業は実際には105時間残業ではなく200時間残業とかの世界だったと言われい

【法律】電通の105時間残業は実際には105時間残業ではなく200時間残業とかの世界だったと言われいます。

電通が200時間残業は法的にマズイので100時間残業として就労時間を提出させて、残業がない暇な月にそのプールした100時間を残業に付けてくれと言っていたそうです。

これって法律上合法なのでしょうか?

これだと労働基準法遵守とか全く意味を成さないのでは?

ちなみに調べてみると、どうも労働時間操作はどの大手企業でもやっているようです。

オリンピックのメインスポンサーだったPanasonicですら残業時間の次月繰り越し操作が常態化していたことが発覚しましたので厚生労働省と国会は社長を呼び出して参考人聴取をすべき事案です。

これって法律上どうなのか教えてください。

Aベストアンサー

ダメ

Q残業の強要は違法でしょうか?

労働関係法規には疎いため、質問させていただきます。

1.一般論として、会社(上司)からの「残業の強要」は、違法なのでしょうか?

2.「残業の強要」が違法かどうかとは別問題として、特に労使間に取り決め等が無い場合には、「残業の強要」に対して、従業員側が「残業を断る事」自体は、全くかまわないのでしょうか? また、労使間に取り決めがあった場合には、「残業を断る事」は、止むを得ない用事があっても、違法もしくは社内規定違反等になってしまうのでしょうか?

※質問の趣旨は、上記質問では「残業の強要」と、強めの表現にしましたが、要は「会社からの残業の要請」に対して、従業員側に「残業を断る権利が常にあるのか、労使間の取り決め等により異なるのか?」と言う事が知りたい、と言う事です。

Aベストアンサー

事業主が法定労働時間を超えて労働者を働かせてはならないという法律上の禁止を解くための手続として36協定の締結及び届出義務があります。時間外労働という残業の命令に服する義務は、直接この36協定から生ずるものではなく、就業規則等の別の労働契約で定められるものであります。
労働契約上に規定が無ければ、事業主は36協定があっても残業を命ずることはできず、労働者もその命令に従う義務はありません。また、36協定が無ければ非常災害の場合を除き違法な命令となり、労働者が残業命令を拒否しても懲戒の対象にすることはできません。
なお、現在の法律の解釈としては、36協定の範囲内であれば、正当な理由がなければ残業は拒否できない。というのが通説であり、逆に言うと「36協定の範囲内であっても、正当な理由があれば拒否できる。」という意味でもあります。使用者が就業規則に三六協定の範囲内で一定の義務上の事由があれば労働契約に定める労働時間を延長して労働者を労働させることができる旨定めているときは、就業規則の内容が合理的なものである限り、労働者はその定めるところに従い、定められた労働時間を超えて労働をする義務を負うものと解されています(最高裁判所第一小法廷平成三年一一月二八日判決・民集四五巻八号一二七〇頁参照)。
ニュアンスが難しいですが、36協定及び就業規則等の労働契約があれば常に残業命令に従わなければならないということでもありません。業務上の必要性がある場合に限って残業命令を出すことができることはいうまでもありませんが、そのような場合であっても、労働者に残業命令に従えないやむを得ない理由があるときには、労働者は残業命令に従う義務はないと解するのが相当である。(H 9.11.17 東京高裁 平成06(ネ)4745)となっています。
また、終業時刻まぎわになって業務命令で時間外労働を命令した場合などは、予め予定された労働者の行動計画や生活設計を破壊するような不利益の受忍を労働者に強いる結果となることも考えられますので、労働基準法第15条の労働条件明示の規定の趣旨とも関連して、その業務命令に絶対的な効力を認めるとすることは妥当なものであるとはいい難い場合も生じます。
ただし、使用者が業務上緊急の必要から時間外労働を命じた場合で、労働者に終業時刻後なんらの予定がなく、残業をしても自己の生活に殆ど不利益を受けるような事由がないのに、残業を拒否することは許されないのです。

事業主が法定労働時間を超えて労働者を働かせてはならないという法律上の禁止を解くための手続として36協定の締結及び届出義務があります。時間外労働という残業の命令に服する義務は、直接この36協定から生ずるものではなく、就業規則等の別の労働契約で定められるものであります。
労働契約上に規定が無ければ、事業主は36協定があっても残業を命ずることはできず、労働者もその命令に従う義務はありません。また、36協定が無ければ非常災害の場合を除き違法な命令となり、労働者が残業命令を拒否して...続きを読む

Q指定自動車教習所3時間教習について

普通自動車教習の
二段階技能教習において
複数生徒を3時間連続教習を行う場合に

50+50+50=150分連続で教習を行ってもよいか?(インターバル無しで連続)

50+10+50+10+50=170分全てを教習時間とみて連続でよいか?(インターバル無しで170分)


インターバル10分2回入れて150分の教習で合計170分で良いか?

何度もスミマセン。
「教習の標準」のような条文や資料あったら教えて下さい。

宜しくお願いします。
m(_ _)m

Aベストアンサー

#1です。

まだ、締め切っていなくてたいへん助かりました。
訂正があります。申し訳ありません。

実は、私も気になったので確認してみました。

当県では、
「連続教習ができる」と記載されていますが、基本的には「連続教習は、しないように」という回答です。
教習項目、コース等でやむを得ない場合(高速教習等)に認めるという事です。

>50+50+50=150分連続で教習を行ってもよいか?(インターバル無しで連続)

認めないという回答です。

>50+10+50+10+50=170分全てを教習時間とみて連続でよいか?(インターバル無しで170分)

インターバルは必要です。
170分連続の教習はできません。

>インターバル10分2回入れて150分の教習で合計170分で良いか?

50+10+50+10+50=170分は、できるそうです。

別の例ですが

50+50+20+50=170分(高速100分+インターバル20分+教習50分)
インターバルの20分は100分連続のため3時限目の教習開始は20分後になるため

50+10+50+50=160分(教習50分+インターバル10分+高速100分)

これもできるそうです。

前回の回答は大変ご迷惑をおかけしました。

#1です。

まだ、締め切っていなくてたいへん助かりました。
訂正があります。申し訳ありません。

実は、私も気になったので確認してみました。

当県では、
「連続教習ができる」と記載されていますが、基本的には「連続教習は、しないように」という回答です。
教習項目、コース等でやむを得ない場合(高速教習等)に認めるという事です。

>50+50+50=150分連続で教習を行ってもよいか?(インターバル無しで連続)

認めないという回答です。

>50+10+50+10+50=170分全てを教習時間とみて連続でよいか?...続きを読む

Qサービス残業って自主的にしても違法❓

サービス残業って自主的にしても違法❓

Aベストアンサー

違法と見なされる可能性があります。

そもそもですが、労働法で自主的に、という
のはあまり意味がありません。

自主的なら何でもあり、ということでしたら
そもそも労基法など不要です。

自主的に、というのが信用出来ないので
労基法やらの各種労働法があるのです。

だから、サービス残業だが、それは自主的な
ものだから、労基法に違反しない、というのは
通らない場合が多いのです。

Q教習所の費用を支払って2年半以上放置しています。いまからでも教習を受けることはできるでしょうか?」

25歳、男です。本当にだらしない話で、こんな奴いないと思うんですけど、2年半以上前に大学の売店で教習所の入所費用約27万円を支払って、そのまま入所手続きにも行かずほったらかしにしていたんですが、近いうちに免許を取らなくてはならず、はたして今から行って教習を受けさせてもらえるか不安です。入所手続きを済ませてから6ヶ月以内に免許を取らないとアウトになると思うのですが、自分の場合は大学の売店で支払ったので、入所手続きをしていません。
どっちみち近いうちに売店と教習所には聞きに行くつもりですが、その前に法律的にはまだ有効なのか知りたくて投稿しました。
ふざけた質問ですが、どうか教えてください。

Aベストアンサー

法律ではなく、契約の内容次第だと思います。
ちなみに技能教育にかかる債権の時効は2年です。

Q自宅持ち帰り残業は違法?

現在私の職場では、自宅に仕事を持ち帰って残業をしています。
これは違法ではないのか?と思い、調べたところ、持ち帰り残業は
労働時間外なのでサービス残業とはみなされないとありました。

持ち帰る仕事は書類の作成ですが、通常ならそんなもの就業時間内に
終わらせろと思われるかもしれません。しかし、私の職場は製造業の現場で、
8時間の就業時間内はもちろん、残業時間内も現場での作業です。
そんなことをする時間も場所もありません。
また、私たちが行っている書類の作成は直属の上司の業務内容です。

平日はもちろん休日も家で書類の作成です。
これでも自宅持ち帰り残業は違法ではないのでしょうか?

Aベストアンサー

その昔は、「風呂敷残業」と呼んでいましたね。

おそらく36協定や、時間外人件費削減策として職場の
監督者が自主的に実施しているのでしょうね。

基本的に時間外労働というものは、指示されて始めて有効になります。
よって上司より指示があった場合は全て時間外労働扱いになります。
労基法などでは就業場所については特に規定は無かったと思います。
よって社内でも社外(自宅含む)でも労働の為に時間を拘束されて
いますので時間外労働扱いになります。

Q深夜残業が200時間近く、残業代三万…

旦那の会社ですが深夜の残業が忙しい月は200時間近く、深夜2時3時まで働いています。
給与明細を見ると、200時間の深夜残業に対し、残業調整手当てと言うものがは三万円弱です。どう考えてもおかしいのにクビが怖くて、誰も会社に言えないそうです。
ちなみに、深夜以外にも月に40時間残業がありますが、そちらは元から給与に60時間の残業が組み込まれているので一切出ません。

このままでは旦那が倒れたり過労死するのではと心配です。
労働基準局に家族が匿名で報告しても労働基準局は動いてくれるのでしょうか…?
旦那はいずれ辞める事を視野にいれているようですが、なかなか職もないですし家族のために辞められないでいます。仕事を失うことを恐れ自分で告発するつもりもないようです。

過労死されては本当に嫌なので、労働環境をとにかく改善してほしいのですが…そのためには労働基準監督署 に 直接行けば良いのでしょうか?

今日もまだかえってこない旦那が不憫でなりません。詳しいかたいらっしゃいましたらご意見下さい(;_;)

Aベストアンサー

貴方のご主人様が、どの様な雇用契約にあるのかによって回答は違って参りますが、基本から言えば
月間200時間の残業は、労働基準法上、違法状態と言えるでしょう。

私は大手で管理者をしている関係から、週37.5時間を基準とし、時間外は36協定に基づき、
年間360時間を超えてはならないとされております。

しかし、現状では、中小企業に限って言えば、そんな綺麗事は言ってられないと言う状況なので、必ず
しも守られていないのが事実です。

退職を決意されているからと言うのではなく、やっぱり労働基準監督所に通告すべきでしょうね。
その場合は、しっかり残業含む、月間勤務時間等が解るようにしておく必要が有ります。


また、私の会社には、他の職場で、貴方と同じ様に長時間労働で、心身共に疲れて、これでは身体が
壊れると思い、辞めて途中入社してくる人が最近多くなってきています。

人生一度きりです。年齢によっては次の仕事を探すのは、なかなか難しいでしょうが、身体を壊しては
もともこも有りません。

貴方のご主人様だけでなく、一緒に働いておられる他の方々を救う為にも勇気をもって通告する方が
いいと思われます。

但し、覚悟だけはしておきましょう。

貴方のご主人様が、どの様な雇用契約にあるのかによって回答は違って参りますが、基本から言えば
月間200時間の残業は、労働基準法上、違法状態と言えるでしょう。

私は大手で管理者をしている関係から、週37.5時間を基準とし、時間外は36協定に基づき、
年間360時間を超えてはならないとされております。

しかし、現状では、中小企業に限って言えば、そんな綺麗事は言ってられないと言う状況なので、必ず
しも守られていないのが事実です。

退職を決意されているからと言うのではなく、やっぱり労...続きを読む

Q残業の事前申請時間と実際の残業時間に相違があった場合、違法なのでしょう

残業の事前申請時間と実際の残業時間に相違があった場合、違法なのでしょうか?下のほうにある(a)~(c)について教えていただければ幸いです。


私の会社で残業をする場合、
 1.定時前に申請する。
 2.申請した時間以上の残業代は会社は支払わない。
ということになっています。

 私の仕事は、作業内容が決まりきった伝票処理や現場の作業者などと違い、設計の仕事なのでそうそう作業時間(=ここでは残業時間)が正確に予測できるわけではありません。また、私の職種やその日の仕事内容以前に、定時間際になって突然、上司に呼び出され数時間も会議で拘束されることもあり、そうなれば申請した時間も何も無視して上司の気が済むまで会議につきあわされ結果的に申請時間を上回ることになります。
 だからと言って、残業時間を長めの申請しておいて月末の集計の時に正確な時間を申し出る、という方法も認めないと言っております。これは定時前に申請した残業申請書類の記述と、実際の残業時間に相違があることを会社が嫌っているからです。嫌う理由は、書類と実態のずれが大きいことに関して労基署からの指摘や指導などを気にしているようです。


(a)上記、2番について違法性はありますか?
(b)会社の言う、残業の申請内容(=書類の記述)と、実際の残業時間に相違があることは、労基署
 から目をつけられる要因になるのでしょうか?なにか違法性があると言うことですか?
(c)申請内容と実態に差があることが問題である場合、どの程度の差なら問題視されるのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

残業の事前申請時間と実際の残業時間に相違があった場合、違法なのでしょうか?下のほうにある(a)~(c)について教えていただければ幸いです。


私の会社で残業をする場合、
 1.定時前に申請する。
 2.申請した時間以上の残業代は会社は支払わない。
ということになっています。

 私の仕事は、作業内容が決まりきった伝票処理や現場の作業者などと違い、設計の仕事なのでそうそう作業時間(=ここでは残業時間)が正確に予測できるわけではありません。また、私の職種やその日の仕事内容以前に、定時間際...続きを読む

Aベストアンサー

労働者が残業を事前申請するなんて本末転倒です。

>残業の事前申請時間と実際の残業時間に相違があった場合、違法なのでしょうか?

何の法律にも違反しません。

もともと残業は会社の業務命令で行うものです。それから、残業代は実際の残業時間分支払う(支払われる)ものです。

(a)上記、2番について違法性はありますか?

申請した時間など全く関係なく、実際の残業時間分の残業代を支払わなければ労働基準法違反になります。

(b)会社の言う、残業の申請内容(=書類の記述)と、実際の残業時間に相違があることは、労基署
 から目をつけられる要因になるのでしょうか?なにか違法性があると言うことですか?

労働基準監督署から目をつけられる要因には全くなりませんし、違法性もありません。実際の残業時間が36協定の基準時間を超えている場合等に労働基準法違反の問題が生じます。

(c)申請内容と実態に差があることが問題である場合、どの程度の差なら問題視されるのでしょうか?

労働基準法等の問題には全くなりません。会社が主体的に残業を管理すればこんな問題全く生じません。

Q深夜残業時及び休日残業時の休憩時間の考え方について

労働基準法第34条(休 憩)
使用者は、労働時間が6時間を超える場合においては少なくとも45分、8時間を超える場合においては少なくとも1時間の休憩時間を労働時間の途中に与えなければならない。
とありますが、深夜残業とか、休日残業の場合就業規則等に明示されていない場合はどのように考えれば良いのでしょうか。
1)慣行となっている休憩時間があればそれを休憩時間とすれば良いでしょうか?
2)その場合、休憩時間は残業時間として残業代の計算には含まれないと思いますが、いかがでしょうか?(ノーワクノーベイ)
3)たとえば、22:00~23:00が休憩時間となっている場合
実際には普通残業を23:00まで行って帰宅した場合は休憩時間と見なすべきなのでしょうか?(タイムカードなどの処理で休憩時間と計算されている。)
それとも残業時間に加えるべきなのでしょうか?(この場合深夜残業1時間)
※)休憩時間は、あくまでも1「労働時間の途中」に与えなければなりません。
これからすると23:00に帰宅した場合は休憩時間にならないと思いますが?

Aベストアンサー

休日出勤だったら昼休みが無くて昼食を取らないとかって事は無いですし、勤務の実態に合わせるのが合理的です。

質問者さんの職場では休んでいましたか?
平日なら6時間を越える勤務なので休む時間も、休日は6時間を越えないので休まず働いていた?


> 実際には普通残業を23:00まで行って帰宅した場合は

何時から働いてたかによります。
16:00~の勤務なら、休憩時間を与えないのが違法ですし。
20:00~の勤務なら休憩いらないし。


> あくまでも1「労働時間の途中」に与えなければなりません。

ですから、「22:00~23:00が休憩時間となっている」なわけで、23:00丁度に労働者が帰宅するのは自由です。
規定の終業時間が23:00だったとしても、休憩時間は何しててもいいし賃金も出ないのなら、22:00で帰宅して問題ないし。
普通は規定の終業時間を22:00としますが。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報