最新閲覧日:

昨日ちょっと、時間が空いたので地元の青少年科学館へ遊びに行ってきました。
↑わたしのお気に入りの場所なんですここ。不思議がいっぱい詰まったおもちゃ箱のような空間です。

帰り際に『神戸から見える一等星』と書いてある持ち帰り自由の一枚の用紙が目にとまり何気なく家に持ち帰りました。丁度、このまえ星の明るさのお話をここで挙げた質問の回答で教えてもらってたので、等級、色、距離の表示みてわくわくしました。わくわくはさておき、その用紙の裏面を見ると『星座は全部で88個』と題され何か書かれています。読んでみると、現在使っている星座は、今から約五千年前のメソポタミアの遊牧民族カルディア人が考案したものが、その始まりとか....

メソポタミアの遊牧民族カルディア人ってどんな人たちだったんだろう?
約五千年もの昔に考案された星座がいまもなおわたしたちに受け入れられ引き継がれているんだろうかと思うと不思議を通り越して『すごい!』としか言えません。この言葉しか思い浮かびません。星座のことわたしあまりよく知りません。どんなことでもかまいません。星座のお話を教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (14件中11~14件)

こんばんは。

先日はしゃっくりの対処方をお教えいただき、ありがとうございました。ところで星座のお話ということですが、専門家ではありませんのでありきたりの話しか知りませんが、『どんなことでもかまいません』というお言葉に甘えて回答させていただきます。

冬の大三角形というのはご存じでしょうか?
南の空に明るく輝く、おおいぬ座のシリウス、こいぬ座のプロキオン、オリオン座のベテルギウスの3つが作る正三角形はとてもきれいです。シリウスはこの時期が一番きれいに輝いています。シリウスが真南に来たときにその下のほうの地平線すれすれに見える星がりゅうこつ座のカノープスで、これも明るい星です。シリウスとカノープスの間にある『とも座』『らしんばん座』『ほ座』『りゅうこつ座』は以前は『アルゴ船』と呼ばれる1つの星座だったそうです。このアルゴ船のお話は有名な神話ですので聞いたらきっとご存じだと思いますが、、。

金のヒツジの毛皮を取りに行けという難題を命ぜられたギリシャの王子イアソンは勇士を引き連れてアルゴ号という船で探検に出かけます。途中で海の魔女セイレーンたちの歌声で船員たちが海に引き込まれるのをオルフェウスが琴をならして対抗して切り抜けたり、巨大な岩の柱が揺れている所を通るときにハトを飛ばして岩が開いたときにすり抜けたりと、いろんな難所を過ぎて金のヒツジの毛皮を手に入れるというお話です。

美しい星を見ながら、ヘイスの作曲した『冬の星座』を口ずさむと、ちっぽけな人間界のことなど、どうでもよくなってきますね。
『♪き~らめきゆれつ~つ、星座はめぐる~♪』

この回答への補足

だぁ-またやっちゃった。誤字訂正です。
『水先案内人』――>『夢先案内人』(*^^*)>゛゛゛ごめんなさい!

補足日時:2002/02/11 11:10
    • good
    • 0
この回答へのお礼

stringviolaさん~♪$(^-^)$/~~~おはよう―☆

爆睡してしまいました。回答していた方々から紹介してもらったURLや伺ったお話から検索かけていろいろ読んでるたら、楽しくって~♪ついつい読みふけってしまいました。星座の話って、読みすすめれば読み進めるほどにぐぅ――っと惹きつけられます。stringviolaさん~♪へお礼を書かなくちゃと思いつつ...睡魔がおそってきてZzz..Zzz...さっき起きました(*^^*)>゛゛゛ごめん。

『冬の大三角形』はい!これまえにプラネタリウムを観に行ったとき、そこでお話を聞きましたでも、『アルゴ船のお話』は知りませんでした。お話を伺えて楽しいです(*^^*)vありがとう!。わたし、冬もいいんですが、夏がとくに好きなんです。空と海わたしの夏の定番。暇さえあれば夏は海に出かけます。夜の海が好きです。潮の香と波の音...夜空に浮かぶ月と星。好きです。眺めてるだけで、自分が考えてることくよくよ悩んでいることがとってもちっぽけなことにおもえてくるから。すごく素直になれるんです。『夏の大三角形』特にこと座のベガが好きです。月の光と星の輝きが萎えたわたしのこころを癒してくれます。不思議ですよね、月も星も空も海もただそこにあるだけなのに、わたしが感じればただあるものに生命・鼓動の響きを見出せます。神秘ですね~♪

百恵ちゃんの『水先案内人』この歌もいいですよ~♪
ヘイスの曲も視聴してみますね―☆あんがとね!Chu―☆

お礼日時:2002/02/11 11:02

起源は定かではないのですが、いちばん古いとされているのが、メソポタミアの羊飼いの人々が夜でも分かるように恒星を「天の羊」、惑星を「年寄りの羊」と呼んでいたらしいです。

後に身近な道具や伝説上の神々・英雄の姿を当てはめて星座を作り出しました。
もちろんメソポタミアだけではなく、エジプトや古代中国でも星座はあったらしいです。
現在使われている正座を一般的にしたのが、B.C3世紀頃、ギリシアの詩人アトラスが『ファイノメナ』という叙事詩の中の星座を基にまとめたものだと言われてるみたいです。
当時は48星座だったのですが、時をくだり17世紀に南半球の星座を考え現在の88星座になったみたいなのですが。

でも、何千年も前から星座が変わらずにずっとある。という事だけで、神秘的なものを感じますよねぇ~。
僕は子供の頃星座が大好きで、何冊か星座に関する本を持ってました。久しぶりにそれを読み直して見ました♪

こんな感じです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

myu2001さん~♪こんばんは$(^-^)$/~~~
『何千年も前から星座が変わらずにずっとある。』<-これって、すごいことですよね?うん。神秘的だとわたしも思う。お星さま好きです!myu2001さん~♪いいなぁ~、何冊か星座に関する本を持ってて、いいなぁ~♪去年かな、図書館で薄っぺらい科学雑誌を何気なく手にして、ペラペラ中をめくってたらね、宇宙のことや星について写真入りでいいかんじに記載されてた。それからかなぁ-、宇宙の神秘ってのが妙に気になりだしたのは。それまでも、夜中にベランダにでてボ-っと夜空を見上げるの好きだった、なぜかこころが落ち着くから。昨日も仕事の合間にちょっとお気に入りの場所に行って来たの。シッ-内緒よ―☆仕事をさぼってたの、めっかっちゃうと上司に怒られちゃうからね(*^^*)>゛゛゛気分転換したかったんです。今いろいろ頭ん中煮詰まってるから、リラックス、リラックス~♪

*ギリシアの詩人アトラスが『ファイノメナ』という叙事詩の中の星座を基にまとめたものだと言われてるみたいです。

↑そうなんだ。あとで、検索賭けて調べてみます。ありがとう!


さっき、他の方から教えてもらったサイト、そこからダウンロ-ドしてきた『Stella Theater Pro Ver1.96 』を開くのが楽しみ~楽しみ~♪(*^^*)
http://www.toxsoft.com/stella/

myu2001さん~♪読み直した本で、ここが好き!ってお話を思い出したらまた聞かせてくださいね―☆

お礼日時:2002/02/11 01:43

ギリシャ神話か何かで、正しいかわかりませんが2つ。



オリオンは、サソリに針でさされて死んだため、夏の夜空に輝くさそり座が怖くて出て来れないから、冬の星座になった。

かに座は、うっかり神様が踏んで殺してしまったカニに対し罪の意識から星座にしてあげた。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

freeman108さん~♪こんばんは$(^-^)$/~~~
星座っていつの頃から神話と結びついて語られるようになったんでしょうね~♪
ギリシャ神話のことわたしあまり知りません。プラネタリウムを観に行くと星の話が場面場面で語られます。そこで聴いた程度しか知らなくて、それなのにナレ―ションに耳を傾けていると夜空に広がる物語になぜかこころときめきます。辛く哀しい物語やこころときめかせるような恋物語がまだまだ、想像が及びませんがあるんだろうな物語がね。ギリシャ神話、もっと聞いてみたいなぁ~♪ありがとうございます(*^^*)v

お礼日時:2002/02/11 00:54

お勧めのHPをふたつ紹介します



http://www.toxsoft.com/stella/
http://www.stellatheater.com/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

xnobさん~♪こんばんは~♪$(^-^)$v
わぁ-い!ありがとう~♪Chu-☆
見たよ、見たよ、見てきたよ-☆ここ->http://www.toxsoft.com/stella/
えっへへ(*^^*)>゛゛゛早速、『Stella Theater Pro Ver1.96 』ダウンロ-ドしちゃいました。30日間のお試し使ってみますね!あ~ん~♪わくわく)))ウキウキ~♪楽しくなっちゃう。あんがとです―☆

夜が楽しくなります。

お礼日時:2002/02/11 00:37

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aに関連する記事

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報