2002年4月に変更されると思いますが、どのように変わるのでしょうか?

また、商法を勉強中なのですが役に立つHPが有りましたらあわせてお願いします。

A 回答 (2件)

商法改正の動向について解説があります。


参考urlをご覧ください。

こちらも、ご覧ください。http://www.torikai.gr.jp/shouhou/

参考URL:http://www.dkb.co.jp/houjin/report/news/200112/
    • good
    • 0

 下記URLを、参照してください。



参考URL:http://office-doi.com/shouhou13/
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q商法改正案各種委員会制度と執行役制度の導入

この案が、現行経営体制のひずみをどのようにみてできたのか。その改革としてのこの試案の内容はどのようなものか。この改革の提案は現行制度としてよく機能するのかどうか、皆さんのご意見をお聞かせ下さい。

Aベストアンサー

 各種委員会制度って取締役会に付随した報酬委員会などを刺しますよね?それを前提に話を進めます。
 まず、各種委員会について申しますと、
(1)商法269条をどうするか
 御存知のように、報酬規制がありますよね。それを、委員会できめた場合、報酬規制は、どうするか?
(2)株主総会の選任権を否定するのか。
 取締役は、株主総会で決めますが、その、選、解任権を否定し。株主のガバナンスを否定するのではないか。
 などの疑念を持っています。
 次に、いわゆる社外取締役案について
(1)人材がいるのか。
 アメリカは豊富な人材が結構います。日本はそれが、いるのか。
(2)株主代表訴訟リスクは
 取締役は、このような訴訟リスクを負っています。あえて、それを請け入れる人があるのか。アメリカのように、
信認義務を明記し、それにより、代表訴訟の濫訴を防ぐ必要があるのでは。
 執行役員について。
(1)現状の業務担当取締役と実質的に変わらないのではないか。
 執行役員は、現在の業務担当取締役、使用人兼務取締役と実質は変わらない。ただ、それを執行役員という形で法律にしようということは、評価できる。
(2)執行役員は、代表訴訟リスクは。
 執行役員は、代表訴訟の被告になるのか。また、登記制度は、どうするか。
最後に、全般的に、
(1)日本の商法は戦前はドイツ、戦後はアメリカの影響を受けたが、その齟齬が今でもおおきい。以前から,商法抜本的改正と言っているが、あまり進んでいない。二つの考えをどう、融合していくのか。
(2)アメリカにあわせればいいのか。
アメリカは監査役はない。だから、取締役会が、適正性監査も行っている。これが、日本にあうのか。

以上私が、今,疑問に思っていることを羅列しました。あまりに,簡易に書いたので、意味がわからない個所は補足でお聞き下さい。
   

 各種委員会制度って取締役会に付随した報酬委員会などを刺しますよね?それを前提に話を進めます。
 まず、各種委員会について申しますと、
(1)商法269条をどうするか
 御存知のように、報酬規制がありますよね。それを、委員会できめた場合、報酬規制は、どうするか?
(2)株主総会の選任権を否定するのか。
 取締役は、株主総会で決めますが、その、選、解任権を否定し。株主のガバナンスを否定するのではないか。
 などの疑念を持っています。
 次に、いわゆる社外取締役案について
(1)人材が...続きを読む

Q商法改正による「大企業の常任監査役」について

 商法が全く関係ない分野の仕事をしています。
法律知識がほとんどないので教えてください。

 大企業に必置の常任監査役について質問します。

商法改正により取締役で監査役会(?)を設置すれば、常任監査役は置かなくてもよい・・・というのを読んだのですが、概要がよくわかりません。
官報でもそのような改正は載っていなかったので、まだ改正はされていないのか??
人件費を減らしたいので常勤監査役を置かなくてよいのなら、置きたく
ないので、この関連の情報を知りたいです。


初心者で全くわかりません。
詳しい方がいらっしゃいましたら、アドバイス・わかりやすいサイトなど
お教えください。

Aベストアンサー

 この「商法等の一部を改正する法律」は法律第44号として、5月29日公布され、施行は一部を除き、来年4月1日となっています。法律によりますと、
委員会等設置会社は、大会社及び大会社以外で会計監査人による監査を受けている会社(資本金1億円以上)は、定款により監査委員会、指名委員会、報酬委員会の三種類の委員会及び執行役をセットで設けることができるというものです。しかし、委員会等設置会社については、現行の監査役を置くことができなくなります。
  取締役等の職務の執行の監査や会計監査人の選任などは監査委員会で行うことになり、指名委員会は、株主総会に提出する取締役の選任及び解任に関する議案の内容の決定、報酬委員会は取締役及び執行役が受ける個人別の報酬内容の決定を取締役会に代わって行うことができます。この各委員会は取締役3人以上で組織し、その過半数は社外取締役でなければならない。執行役については、取締役会から委任を受けた事項について業務の執行を行うことになリます。一方、取締役会については、取締役及び執行役を監督することが主な仕事になるが、従来は株主総会の決議事項であった利益処分案を取締役会で決めることが可能になるというメリットがあります。ただし、取締役の任期は1年となります。
 問題点は、社外取締役が2名以上要求されていますで、人件費を減らしたいでは、この制度の採用は難しいでしょう。
 下のサイトの要綱が割合読みやすいと思われます。

参考URL:http://www.moj.go.jp/HOUAN/houan12.html

 この「商法等の一部を改正する法律」は法律第44号として、5月29日公布され、施行は一部を除き、来年4月1日となっています。法律によりますと、
委員会等設置会社は、大会社及び大会社以外で会計監査人による監査を受けている会社(資本金1億円以上)は、定款により監査委員会、指名委員会、報酬委員会の三種類の委員会及び執行役をセットで設けることができるというものです。しかし、委員会等設置会社については、現行の監査役を置くことができなくなります。
  取締役等の職務の執行の監査や会計監...続きを読む

Q役に立つと思われる法律について

1 ナニワ金融道を読んでいて思ったのですが
暴力団規正法というのは暴力団で困った人を助
ける法律だなぁーと思ったのですが、他に役に立
った。あるいはこの法律で救われたというのが
ありましたら教えてください

2 暴力団規正法は誰が立案をして、誰が中心
になって作成されたのか教えてください

どれか1つだけでもかまいませんから教えて
いただければ幸いです

Aベストアンサー

2のほうだけですが。

いわゆる「暴力団対策法」、正確には「暴力団員による
不当な行為の防止等に関する法律」のことかと思いますが、
平成3年、第120国会での内閣提出法案です。

所管は国家公安委員会ですので、実務的には警察庁で
法案の立案などは行ったものでしょう。

Q法律って、みんな役に立ってるかい?

他人とトラブったときとか、「法律がどうの」とか言い出したら、こいつバカなんじゃないのと思うよね。
裁判所や行政に関わる場面なら法律が役に立ってるだろうけど、他はあんまり役に立ってないんじゃないのかな?
みんな法律って役に立ってる?

Aベストアンサー

人によるでしょうが、殆どの人は
あまり関係のない生活をしていますね。

まあ、法律は90%が常識に合致していますから
健全な常識さえ備えていれば、法律に頼らなくても
やっていけます。

ただ、法律を知っていると、役に立つ場合もありますよ。
昔の話ですが、相続放棄を知らず、親の借金を背負い込み
人生を棒に振った人がいました。

私などは、何度も法廷に立っていますから、大人のケンカ
には自信があります。
何かトラブったら裁判してやるぞ、てなもんです。
嫁さんの給料が¥1400円少なかったときには
裁判して取り戻してやりました。
嫁さんには少し尊敬されました。
又、
相手に脅されても、法律ではこうなっているのだから
何も怖れる必要はない、ということにもなります。

ただ、法律が役に立つ社会は悪い社会です。
トラブルが絶えない社会だ、ということになります。
孟子も言っています。
法に頼るような社会にしたら乱れるぞ、と。
そういう意味で、日本は良い社会だと思っています。

Q法律って何の役に立つんですか?

法律って何の役にたつんでしょう?
例えばいじめられたら法律って守ってくれるんですか?
法律ってどう活用すればいいんですか?
法律って学校で勉強したけどおもしろかったけど
実際どう使えばいいのかわかんない。
法律を使うと何ができるんでしょうか?
教えてください
ちなみにストーカー規制法とかっていうのは法律ですか?
よくわからなくてごめんなさい

Aベストアンサー

 いじめ問題のサイトを貼ります。闘う人びとのために&訴訟事例のあたりを見てください。

 もし、いじめにより自殺した子がいた場合、遺族である親は加害者に対して、慰謝料や損害賠償を裁判で請求します。また、管理者である学校の設置者(市町村など)に対して、安全配慮義務を怠ったとして過失責任を問う意味で、損害賠償請求をします。これらは民事裁判です。

 一方、加害者のリンチ等による死亡の場合、殺人罪を含む刑事事件として取り扱われ、加害者は刑事裁判にかけられたり、少年法の規定により処分を受けます。これらは刑事裁判や行政処分と言われます。

 若い世代の人に書くって、難しいね♪

参考URL:http://www.jca.apc.org/praca/takeda/index.html


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報