こんにちわ。授業の実験で水の電気分解をしたのですが、そのときに使用した、『ホフマン電気分解装置』の原理がよくわかりません。どこにも説明がないので困っています。身勝手な質問ですが、よろしくお願いします。

A 回答 (1件)

「電気分解の原理」に付いては大丈夫でしょうか?


取りあえず「ホフマンの電気分解装置」について簡単に言えば、水の電気分解によって液体(水)が気体(酸素+水素)になりますので密閉系では内圧の増加が大きく大変危険ですので「液溜め」を用いることによって内部の圧力の上昇を抑えています。また、両極で発生する気体を効率よく回収するためにあのようなH字管になっています。
また、発生した気体の体積を読む場合ですが、「液溜め」の液面と内部の液面を合わせましたよね。acidjumpさんは「ボイル(-シャルル)の法則」をご存知と思いますが、液面高さの差はそのまま大気圧と装置内部の圧力の差になりますので、大気圧での気体の体積を測定するためには、この操作を行わないと正確な値を得られないことになります。

参考URL:http://s-mac-p92.sap.hokkyodai.ac.jp/info/ex3/te …
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございました。わかりやすかったです。お礼が遅れて申し訳ありません。

お礼日時:2002/03/18 09:39

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q化学文献購読に適したドイツ語辞書

化学系の投稿論文を読むのに適したドイツ語辞書を教えてください。当方ドイツ語には不慣れです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

有名なところで,Patterson's German-English Dictionary for Chemists ってのがありますが.
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/booksea.cgi?ISBN=0471669911

Q電気分解についてお尋ねします。普通、電気分解で分解して極に析出・発生す

電気分解についてお尋ねします。普通、電気分解で分解して極に析出・発生するものは、イオン化傾向の小さいものですよね。水なら水酸化物イオンや水素イオン、ハロゲン化物ならハロゲン単体というように。
それではイオン化傾向の大きい硝酸イオンやカリウムイオンなどを分解しようと思えば、どうすればよいのでしょうか。融解した塩を電気分解する以外に、例えば水銀・メタノール・エタノールなどの溶媒を使ってこれらを分解することはできないのでしょうか。

また硝酸カリウムを融解電解すると陰極にはカリウムが生じますが、陽極ではどのようなものが生じるのでしょうか。

Aベストアンサー

>硝酸イオン
無理です。もちろん理論的には可能でしょうが、実現性は皆無です。
>カリウムイオン
ナトリウムは水銀法で作られていましたが、水俣病確認以降隔膜法で水酸化ナトリウムまでで止めます。
>硝酸カリウムを融解電解
NO3^- → NO3^・ + e^-
NO3^・ → NO2 + 1/2 O2
NO2 → NO + 1/2 O2
でしょう。^^;

Q化学・ドイツ語・辞書

独日、もしくは独英の化学辞書はありますか?
WEBサイトはありますか?

Aベストアンサー

独英といえば,Patterson でしょう.ハードカバーは手にはいるようですが...
http://www.amazon.co.jp/Pattersons-German-English-Dictionary-Chemists-Patterson/dp/0471669911

Q電気分解についてお尋ねします。普通電気分解というのは、ある水溶液に陽極

電気分解についてお尋ねします。普通電気分解というのは、ある水溶液に陽極と陰極を入れて行いますよね。それではもし両極が違う溶液に浸かっている場合はどうなるのでしょうか。
例えば陽極を塩化ナトリウム水溶液・陰極を硫酸銅水溶液に入れて両液を完全に遮断(極端な話、塩化ナトリウム溶液をAの容器・硫酸銅溶液をBの容器に入れておく)していても、陽極(Aの容器)では塩素・陰極(Bの容器)では銅が発生するのでしょうか。

Aベストアンサー

A と B の間に電気的なつながりがなければ何も起きない.

Q有機化学の質問です。ホフマン脱離に詳しい方、助けていただけると大変ありがたいです。

大学の有機化学の範囲で質問です。
添付した画像の左側にあるようなヨードメタンによるメチル化、さらにHofmann脱離に関する問題です。
反応後につくられる化合物の答えが、画像の右側にあるのですが、僕が赤いペンで修正しました。

というのも、修正前の答えは炭素が6つしかなく、どう考えてもHofmann脱離後には炭素が7つで、左端の単結合が二重結合になると思うのですが、正しいでしょうか?ご意見をいただけると幸いです。

Aベストアンサー

Hofmann脱離で炭素数が変化するわけがありませんので、問題か解答のいずれかにミスがあるんでしょう。

Q電気分解する装置が欲しい

電気分解する装置が欲しい

いろいろあるけど名前の知らないこれが欲しい

http://phy.sakura.ne.jp/sblo_files/mandokoro/image/mandokoro-2008-06-19T16:34:03-1.JPG

Aベストアンサー

電気分解の実験なら、こんな感じででもできます。
http://www.kyoto-be.ne.jp/n-center/rika-tyuri/kagaku/mizu-denkibunkai/mizu-denkibunkai-1.html

H字型の試験管そのものなら、参考URLをどうぞ

参考URL:http://www.kenis.co.jp/onlineshop/2008/06/1126034.html

Qドイツ語/chemikantが指す職業とは?

ドイツ語でchemikantはどういう意味ですか?
一般にドイツ国内でchemikantと言われた時,イメージするのは薬剤師でしょうか?化学者でしょうか?はたまた単に化学薬品を取り扱ってる職業一般をさすのでしょうか?

Aベストアンサー

方言ではありません。
BRDでも認められた製造プロセス管理者。
危険物の取り扱い責任を含む
化学薬品等取扱主任者と呼んだほうがよいと思います。
(どちらかというと技師に近い)

現場で
バッチ生産・レシピ確認・調合・資材貯蔵等を受け持つ管理者

Q塩化銅水溶液の電気分解実験について

中学3年生の分野で今化学をやっています
最近塩化銅水溶液の電気分解実験を行ったのですが少し質問があります
実験は本来炭素棒電極(シャーペンの芯)で行うのですが、実験後時間が余ったのでクリップを使用して実験をしました
陰極には炭素棒の実験と同じように銅が付着したのですが、陽極からは気体が発生してる様子が見られませんでした
この実験結果もレポートとして提出しようと思うのですがどう考察すれば良いかわかりません
陽極から塩素が発生するものだと思っていたのですが果たして本当に塩素は発生しなかったのでしょうか?
はたまた実験失敗だったのか・・・
クリップは磁石にくっつくので多分鉄だと思います

Aベストアンサー

 そのときの電圧、電流を覚えていますか?
 銅は目に見やすいのでいいのですが、確かに気泡(塩素)はちっさ過ぎると目に見えないかもしれません。
クーロンの法則と気体の状態方程式(ここまでするかふつう)を使えば本来どのくらい気体が発生しなくてはならないのかが計算できます。
 まぁ、No.1の方の予測のとおり、クリップを直接入れたらクリップ側がとけちゃうだろうと思いますけど。
 (例)Fe->(Fe+2)+2(e-)
(Fe+2)+2(Cl-)->FeCl^2
ざっとこんなもんでしょ
 でも、レポートはそういうことをありとあらゆる可能性を考えたり、どういう見解からその答えを導いたかを書くべきだと思うので(埼玉県立工業高校卒業生)本来、このような場で聞いてはあまりいけないことだと思いますよ、私的には。

Q重化学工業と化学工業の違いについて

19世紀後半、アメリカは、製鉄と自動車で世界の覇権をにぎり、ドイツは、化学工業で世界の覇権をアメリカと競ったとあります。(ウォーラスティン)
ところが、神野直彦氏は、化学工業を重化学工業と記しています。
この二つの違いはどこにあるのでしょうか。

Aベストアンサー

(大学院に進学した事がない私がカキコむと説得力が殆どゼロですが、)
神野直彦氏の研究領域は右記URLhttp://www.e.u-tokyo.ac.jp/fservice/faculty/jinno/jinno.j/frontpage.jinno.j.htm
等を見る限り、(独の流れを汲む)財政学etcが専門の模様ですね。
ですから、重化学工業と化学工業との峻別が大まかになり易いのではないでしょうか?

詳細はhttp://oshiete1.goo.ne.jp/qa2593474.htmlの私や他の3人の方々の指摘に譲りますが、(この質問へのNO1さんの)総称云々の通りでしょう。

ですけど、化繊http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%96%E5%AD%A6%E7%B9%8A%E7%B6%AD主流の繊維工業や(上記質問に対するNo2さんの"陶磁器"も係る)窯業http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AA%AF%E6%A5%AD等が外れる気がしてならないのですが、如何でしょうか?

(大学院に進学した事がない私がカキコむと説得力が殆どゼロですが、)
神野直彦氏の研究領域は右記URLhttp://www.e.u-tokyo.ac.jp/fservice/faculty/jinno/jinno.j/frontpage.jinno.j.htm
等を見る限り、(独の流れを汲む)財政学etcが専門の模様ですね。
ですから、重化学工業と化学工業との峻別が大まかになり易いのではないでしょうか?

詳細はhttp://oshiete1.goo.ne.jp/qa2593474.htmlの私や他の3人の方々の指摘に譲りますが、(この質問へのNO1さんの)総称云々の通りでしょう。

ですけど、化繊http://...続きを読む

Q電気分解の問題の実験について

図2に示すように、電解槽Aに200mLの1mol/L硝酸銀水溶液、電解槽Bに200mLの1mol/L塩化銅(II)水溶液を入れて、電気分解の実験を行った。
(1)電解槽Aの陽極と陰極の反応と電解槽Bの陽極と陰極の反応をそれぞれイオン反応式で表せ
(2)また、Aの白金電極を銀電極に替えたときの電解槽Aの陽極と陰極の反応を表せ
(3)最後にBの炭素電極を銅電極に替えた時の電解槽Bの陽極と陰極の反応を表せ

何ですが
(1)はAの陽極は2H2O→O2 + 4H+ +4e-
陰極はAg+ + e-→Ag
Bの陽極はCu2+ +2e-→Cu
陰極は2H2O+2e-→O2+ 4H+ +4e-
になると思うのですが(2)、(3)がわからないので解答を教えてくださるとうれしいです
また(1)も解答がないのであってるかの確認をお願いします

Aベストアンサー

(1)はAの陽極は2H2O→O2 + 4H+ +4e-で正解。
陰極はAg+ + e-→Agで正解。
Bの陽極はCu2+ +2e-→Cuは誤り。陽極は電子が出る方ですよ!!2Cl- →Cl2 + 2e- が正解。 
陰極は2H2O+2e-→O2+ 4H+ +4e-も誤り。陰極は電子が入ってくる方なので、陽イオンが電子を受け取りますね。ここではイオン化傾向が小さいCu2+が受け取ります。Cu2+ + 2e- → Cu が正解。

(2)(3)は少し難しい。どちらも極板が溶けてしまいます。陽極はPt Au C のような酸化されにくい物質以外では電極が酸化されてしまうことを押さえましょう。

従って(2)陽極 Ag→ Ag+ + e- 陰極 Ag+ + e- → Ag
(3)陽極 Cu→Cu2+ + 2e- 陰極Cu2+ + 2e- →Cu (どちらも金属の電解製錬の反応です。)


人気Q&Aランキング