スプリングバック比はなんで板厚(肉厚)が薄い方が高いのですか?

A 回答 (1件)

曲げ加工のことですね。



タイトルは内容がわかるように書きましょう。内容がわかれば関心のある方が、すぐ読んでくれるのですが「困っている」だけですと、忙しい特に専門家の方などは、ついパスするかもしれません。

曲げ加工では、引張り応力と圧縮応力とが表裏に存在します。
このとき弾性変形と永久変形が同時に生じています。
引張り量や圧縮量は、中立面より遠くなるほど多くなりますね。
側面図で寸法を見てください。
そのため板が厚いほど永久変形の割合が多くなるでしょう。
逆に板が薄ければ、弾性変形の割合が多いわけですから、スプリングバックが大きくなると思います。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報