人それぞれなのかもしれませんが、個人的には、ピカソが魚を食べているモノクロ写真の有様が好きで、美しい食べ方であると思っています。ここでは、骨のある魚の食べ方で、刺身は除外させていただきます。
生のものと、干物のものとがございますが、双方に就き、お教え頂ければと思います。最終的に、どのような状態になっているのが、上手で美しいかをお教えくださいませ。宜しく、お願い申し上げます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

不調法ものですので、細かいマナー等に付いては存じませんが私なりの食べ方を書きます。



魚は食べるのも釣るのも好きですので、それなりにこだわって食べているつもりです。魚それぞれで食べ方も違うと思いますが、基本的に食べられるところはすべて食べます。食後に皿の家に残るものが少ないほど美しいと考えていますので。

川魚(鮎、イワナ)の場合
箸で身の部分を数回押して柔らかくしたあと尻尾を折ります。
箸で身を押さえながら、頭を手で掴んで引っ張りますとキレイに骨が抜けます。
あとは頭・骨を皿のむこうがわにおいて身を食べます。

小魚(鰯)等の場合
上手く調理したものの場合、頭も骨も食べられます。よって全部食べて皿には残りません。

大きい魚の場合
食べ方は普通ですが、上身(左半身?)を食べてその後下身(右半身)を食べるときに魚をひっくり返すのはマナー違反と聞いたことがありますのでひっくり返しません。
上身を食べたあと、骨を外しそれをむこうがわに置いてそれから下身を食べます。

干物の場合
悩むことはなく骨以外すべて食べます。


いずれの場合にしても、ワタも食べます。サンマや鮎などはワタも味のうちですし、たぶんワタを食べておいしくない魚は調理の段で取っているでしょうし取らない魚は食べて良いから…と信じています。

料理やさんなどで笹の葉はどが付いている場合がありますが、そのような場合は食べ終わったあとの頭や骨をその葉で隠すように心がけてます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答、誠にありがとうございました。
具体的な、ご説明で良くわかりました。

お礼日時:2002/02/18 02:05

#2にほとんど書かれているので、焼き魚を食べるときのヒントを差し上げます。

。。

まず最初に尾はそのままで好いですから、「背びれ」と「腹びれ」を魚体の上下方向に抜いてしまいます。

カレイの煮魚などの場合は「エンガワ」部分をこそげ落としてから小骨を上下に外します。

その後で本体に手をつけると、ひれの部分の小骨が混ざらないので大きい中骨だけを注意すればイライラせずに食べられます。


*魚を裏返す話ですが香港で聞いた話では、漁民が「船の転覆」をイメージするので縁起が悪いそうですが日本では作法だけ???
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございました。
ひじょうに、わかりやすく楽しんで拝誦しました。

魚を裏返す……仏蘭西料理のテーブルマナーと、日本料理、支那料理などそれぞれ違いがあるようですね。

マナーの検定試験に出てきた記憶があります。

お礼日時:2002/02/18 23:37

 第一は、正しい箸の持ち方をして、練習して、上手く箸が使える


ようになること。(これだけで十分です。)


「握りバシ」や「交差バシ」では、上手には食べられません。
 ・時間も掛かります。
 ・悪戦苦闘する様も見苦しい。
 ・魚の身が方々に飛び散りキタナイ。
 ・身が骨に残って勿体無い。
 ・余計な力を入れるので、食べるだけで疲れる。

 食べられるところは全て食べれば良いわけですから。本当に骨だ
けが残る状態が、見た目でもキレイですし(但し、食べられる部分
以外(頭・尾・鰭...)は除く。)、周りで見ていても優雅に映ります。


 煮・焼魚のほぐし方は、多少のコツ(ほぐし始める場所)などは有
ります(筋肉の境目・節目(側線)に沿って箸を入れていく。当然、
骨に沿って...等)が、そんな事は、箸が上手に使えれば簡単な事で
す。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございました。
ということは、外国から来られた人たちには、日本料理では、魚料理はださない方がいいですね。可哀想ですからね。マ。ナイフとフォークを添えればよいのでしょうけれど……。障害者や要介護高齢者の殆どの人たちへは、原型のまま供するのを控えた方が良いことになりますね。最初に魚の姿を見せて眼で楽しんで頂いてから、後は、介護人が解体して(ほぐして)お召し上がって頂くことになりますな。

非常に、参考になりました。

お礼日時:2002/02/18 23:32

生のものと干物ですか?煮物・焼き物はなくて?


刺身は除外して生というと、ちょっととまどいますねぇ。

原則は、食べられる部分は残さず食べること。
干物で丸干しなどであれば、全部食べるので残骸は無い状態ですね。

ものの大きさにも拠りますが、一匹状態で出されたものであれば、
頭と尻尾その間の大骨のみ残っていて、骨の回りの身がきれいに無くなってる状態。

こんな感じでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答、誠にありがとうございました。
煮付、焼き物で食べると書くのを忘れました。
やはり、そうですね。キレイになくなっている状態。
3人の息子たちの食べ方を見ていると、殆ど食べてない状態です。私も、煮魚や干物などを食べるようになったのは、ほんの数年前なのです。それまでは、骨が苦手で、ほとんど刺身しか食べなかったのです。
ある時、頂いた干物を食べずに感想を云うのは失礼だと思い、食べてみましたところ美味なのでビックリしまして、それから食べるようになりました。
息子たちも同じ程度の食経験、一度キチントした食べ方の講習を受けないとダメですね。

お礼日時:2002/02/18 02:01

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q塩サバの盛りつける向きは皮が上?下?

塩サバを食卓に出すとき…
塩サバに限らず、味噌煮でもそうなのですが、皮が下でしょうか?上でしょうか?

私はずっと皮が上が当たり前だと思っていたのですが、結婚し、主人に塩サバを出したところ、「向きは皮が下!」と叱られてしまいました。
旦那のご実家は築地市場の魚河岸なので、魚には詳しいです。
なので主人が言っていることが正しいのかと思ったのですが、さきほどテレビでサバの味噌煮の盛りつけ方を皮が上にしていました。
気になってネットで調べてみると、正しい盛りつけ方というのは見つけられなかったのですが、写真では皮が上に盛りつけられている物を多く発見しました。ですが、中には皮が下になっている物もありました。
どっちが正しいのかはっきり知りたいので、ご存知の方教えて下さい。
「写真をみた」程度の不確かな情報のまま「皮は上らしい」と言ってもと旦那には叱られるのがオチなので…。

ちなみにそれはサバに限ってなのか、ほかの焼き魚でもそうなのか知りたいです。

Aベストアンサー

板前歴20数年お答えします。どっちも正解!なんやそれって!感じですが
一般的には川魚は皮表 海魚は身表といわれています。
そして塩干物は身表 塩鯖は海魚で塩干物本来当然身表

ですが・・・・・盛り付けの大前提は美味しそうに見えることNo3・7の方々が良い事を言っておられますね(^^)v正解です!!以上の理由から塩鯖は一般的には皮表で盛り付けます。

盛り付けの決まりごとは和食の世界では大変多くあり説明しだすと本が一冊書けるほどになってしまいますので少しだけ・・・・・まず日本料理には流派が有り(有名なとこでは四条流とか聞いた事有りません?)各流派によって多少異なります。No.4の方のご紹介のhttp://www.cocotto.net/online/babyk_osarai/osa0208.htmlに有るカレイ等は人によってバラバラです 基本は左頭 手前腹 生きている時既に表裏が有るので 右頭で出す人も居れば あくまで左頭の人白い方(生きている時の裏側)殆どなんでもありですか  切り身魚の場合は基本は背左腹右そして左に高い方を持って行き手前を低くする此れも背腹を取るか高低を取るかは人によって違う またこのURLに有る刺身の盛り方はその意味からも完全に逆です左に切り身の高い方を持ってこなければ成りません(大きい写真の方)刺身の盛り合わせも まるでダメ基本は何通りも有りますがこの写真の盛り付けで使っているのは山水という基本形まず向山を置き手前に川を流さなければいけないので一番大きく切った鮪を一番奥に向山として高くおきますそして手前になるほど小さい物を盛り付けます薬味は右手前 何故?!多くの人は右利きです箸は右手前から奥に動きます 見栄えを良くすると共に向山を高くする事によって手前の物を取りやすく何所から手を付けても盛り付けが崩れにくくするのです。

他にも慶事・弔事等によって細かい決め事も多く鰻の様に関西では腹開きなのに関東では切腹に繋がると腹開きにしたり相撲界や任侠界の様に特殊な決まり事等覚えるのは大変です 私も知らないものも沢山有ります。

此処は一つ旦那様に合わせておいて 心で舌を出しとけば一番平和だと思うのですが・・・話のネタとしてはNO7さんのように色んなページを見せて「ほ~ら 圧倒的に皮表のほうが多いでしょ!」とやさしくあくまでやさしく言うのも良いとは思いますが・・・

塩さばで離婚とか言っても困りますので・・・・調停で?!(^_^;)

板前歴20数年お答えします。どっちも正解!なんやそれって!感じですが
一般的には川魚は皮表 海魚は身表といわれています。
そして塩干物は身表 塩鯖は海魚で塩干物本来当然身表

ですが・・・・・盛り付けの大前提は美味しそうに見えることNo3・7の方々が良い事を言っておられますね(^^)v正解です!!以上の理由から塩鯖は一般的には皮表で盛り付けます。

盛り付けの決まりごとは和食の世界では大変多くあり説明しだすと本が一冊書けるほどになってしまいますので少しだけ・・・・・まず日本料理に...続きを読む

Q焼き魚 切り身の食べ方

塩鯖が油が乗ってまだまだ食べごろですね。

昨夜食卓に出た、3枚におろした塩鯖を、家内は皿に皮を上にして出してくれます。

家内はそのまま皮を崩しながら食べ始めるのに対して、私は必ず裏返して身のほうから食べ始めます。

家内曰く、
「他所でお呼ばれした時は正式には出して頂いた状態で箸を付けるのが常識です。」との事。

裏返しにして食べ始める私に批判的ですが、果たして本当にそのような決まりが有るのかどうか教えて頂けませんでしょうか?
(実際目に見える骨を取りながら食するのは、私としては合理的と思うのですが・・・。)

又、一匹ものの鯵などは左頭の中骨まできれいに食べて、その後、中骨を手(箸)で取り除いて、そのまま頂いています。

正式なことを習ってなくて、今まで先方に失礼をしたのではないかと今更ながら気がかりです。

お暇なときで結構ですお願いします。

Aベストアンサー

http://www.jp-guide.net/manner/sa/wa.html

http://www.nhk-book.co.jp/ryouri/manner/0404.html#1

上記リンクを参照してみてください。

食べるときのマナーはお料理の食べやすさ、味わいなどとともに、食卓を囲むお相手への配慮も重視しています。

肩肘張って食べるときばかりでなく、普段でも調理した人への感謝の気持ちをこめて召し上がってください。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報