森鴎外の「米食、脚気問題」について、質問します。

鴎外が、脚気の原因をウイルスに求めたことにより、日露戦争時、多くの陸軍兵士が脚気に倒れたことは知っております。
鴎外自身はこのことについて、どう考えていたのでしょうか?
あれだけ明晰なひとなので、自分の責任(誤り)が分からなかったということもないと思います。
それは作品上に現れているのでしょうか。
また、自身は、この件に関して、どのように考えていたのでしょうか? 
黙殺? 自責? そもそも兵士が死んでも気にならない? 恥ずかしくて口に出せなかった?
ライバルに負けるのが悔しくて、ひたすら意地を張っていた?
作家と陸軍軍医総監という二つのペルソナを、統合せずに生きたのか、それとも、内面ではどのように折り合いをつけていたのか(失敗したのかな)
研究書が多く、あれこれ読みきれないので、ご教授下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

まず鴎外に本格的な「脚気論」はありません。


これを頭に入れておいてください。

> 鴎外が、脚気の原因をウイルスに求めたことにより、日露戦争時、多くの陸軍兵士が脚気に倒れたことは知っております。

というのは、かならずしも歴史的経緯に即した記述ではないように思います。

まず、この点に関してもっとも手に入れやすい本としては、ちくま新書から出ている山崎一穎著『森鴎外 明治人の生き方』の第二章「『日本兵食論大意』を読む」(p.51)があるでしょう。以下の記述はその要約です。

鴎外が『日本兵食論大意』を著した当時、陸軍の最大の問題は「脚気問題」にあったことは確かだったのですが、鴎外の問題意識はむしろ「脚気をどうすべきか」という当面の問題より、もっと根本的な、軍の兵食をどうするか、具体的には海軍は西洋食を取り入れていたけれど、陸軍はどうしたらよいのだろうか、さらに、ひろく日本人一般の食生活にまで及ぶ広範なものであったといえるでしょう。

海軍が西洋食に切り換えた発想というのは、西洋人の知力体力が優れているのはその食事にあるというものでした。鴎外の『日本兵食論大意』は、日本人は西洋食にすべきであるか否か、という点に主要な問題意識があったことをまず理解しておかなければならないでしょう。

鴎外は二点から、西洋食に切り換えることの問題点を説きます。
ひとつは、五千人の海軍に較べ、陸軍は五万人の兵士を有していること。さらに、パンを焼く炉の設備の問題。さらに麦にしても、食獣にしても、国内需要でまかなえないことを考えても、国内で自給自足できる食物によって、国民の栄養を完全にすることは可能であり、陸軍の食事の改良は必要であっても、西洋食にする必要はない、と主張します。

-----(p.53からの引用)----
鴎外は権威者の言を絶対視することを否定し、西欧の学者の研究方法を学び、調査や実験を重ねて、演繹法でなく帰納法で日本人に適する食の標準を定めることを提言する。鴎外は日本固有の食文化を尊重しつつも、西欧の学者の実証的研究法に学ぶという複眼的視野を持っている。
------

このような鴎外が脚気にたいしてどのような態度を取ったか。
『日本兵食論大意』には「米食と脚気の関係有無は余敢て説かず」(※原文カタカナを読みやすいように平仮名で表記しています)と注記し、脚気の問題について直接にはふれていません。

鴎外が帝大で学んだのはベルツ教授でドイツ人です。

-----(p.54-56からの引用)-------
ドイツ医学は病理学的に細菌の発見を第一義とする故に、脚気対策は病原菌である〈脚気菌〉を発見することだと考えた。東京大学で学んだ医学徒は、このベルツの考え方に立っている。鴎外や小池正直らは東京大学から陸軍省医務局へ入局する。脚気細菌説は東京大学、陸軍省へと受け継がれていく。……

 高木兼寛(※海軍で白米に麦を入れる混食を取り入れることで、脚気の現象を見た。この人は対症療法を中心とするイギリス医学を学んでいる)も、栄養障害説に立っていない。当時の日本において、食の分析や栄養学という学問は成立していない。……

 鴎外は日清戦争では第二軍兵站軍医部長、日露戦争では、第二軍医部長として出征する。鴎外の職務上の責任は免れえないが、これが当時の研究水準である。
 日本における脚気の原因究明の対策が遅れたのには、薩摩が中枢を占めかつ英国に学んだ海軍と、長州が中枢を占めかつドイツに学んだ陸軍の組織的対立があった。また学理重視のドイツ医学と、臨床重視のイギリス医学の対立、官立の東京大学と私学という学閥の対立、そして根底にあった士族と平民という差別意識が相乗して、対応策を立ち遅らせたのである。
----------

以上を考えれば、日清・日露の両戦争で多くの脚気による死亡者が出たことの根拠を、ひとり鴎外に求めていくことの誤りを理解できるかと思います。つまり、鴎外はその脚気と米食の因果関係を結果としてあいまいにしてしまったかもしれませんが、それを指摘することができるのは、現代のわたしたちが脚気の病因を知っているからであるとも言えるのです。

さらに、この『日本兵食論大意』に、もっと積極的な価値を見る論考もあります。
以下は大屋幸世『森鴎外 研究と資料』から「森鴎外の『日本食論』―『非日本食論ハ将ニ其根拠ヲ失ハントス』を読む」を典拠としています。

------(p.18からの引用)-----
 要するに(※『日本兵食論大意』の結論は)、陸軍兵食は日本食をもってよしとする結論である。もちろん衛生学者としての科学的根拠を持った結論であるが、しかし、その底には別のあるものがあったのではないか。
 それは「日本兵食論」でいう、「数百年来よしとされ維持されて来た風俗習慣には必ずやある良い内実があるにちがいないので、さもなければそれがそんなに長つづきするはずはなかったのだということを忘れてはならない!」(小堀桂一郎氏訳)という気概だ。
------
一方で、闇雲な欧化政策にたいして従来からの日本人の食生活を肯定するだけでなく、このようにも言っている。以下は同書に引用された『非日本食論ハ将ニ其根拠ヲ失ハントス』の孫引きですが、上と同様、原文のカタカナは平仮名表記にしてあります。

-----(p.22からの引用)------
嗚呼我日本の学者は何故に自ら奮て我勇壮なる兵士我強悍なる防火丁其他の職人に就て実験を施し我日本人の健康人に適応せる食の標準を立てんとせざるや、此標準の立ちたる上にて日本食を以て西洋食に比せんと欲するには猶、許多の論定すへ(※べ)き点あり即ち様々の人類の栄養を博究し肉食と素食(※穀類を中心とする食)との得失を詳確する等是なり
---------
つまり、この部分で鴎外が批判しようとしているのは、白米に麦を混ぜる混食を推進した人々に対してではなく、西洋食の導入を試みる人に対してです。西洋食の方が、日本食より優れているとするなら(加えて、その当時の自給率の問題を押してまで、陸軍全般を転換させようとするならば)健康体の日本人に実験をして、健康体の数値を割り出さなければならない。しかるのちに初めて西洋食と日本食の比較が可能なのである、と言っていて、この発想に誤りがあったとすることはできないのではないかと考えます。

わたしたちは、歴史的な事象をいまの観点から評価しがちだけれど、単純にいまの研究方法やその規準にあてはめて評価するのではなく、当時の情況や歴史的経緯を見るなかで考えていかなければならないでしょう。
ここで単純に、鴎外が誤っていて、高木兼寛が正しかったと結果だけを並べて論評することにあまり意味はないと思います。
あるいはこの一事をもってして鴎外の「性格」を云々することもまた、適切を欠くと言わざるを得ません。

おそらくこの点に関しては大屋幸世の本も言及している伊達一男『医師としての森鴎外』(績文堂出版)の「日本兵食論」の章が一番まとまった論考があるのではないかと思うのですが、未見のためにふれることができません。ともかく、さしあたっては冒頭に挙げた山崎の『森鴎外 明治人の生き方』のご一読をおすすめします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございます。

「わたしたちは、歴史的な事象をいまの観点から評価しがちだけれど、単純にいまの研究方法やその規準にあてはめて評価するのではなく (中略)、適切を欠くと言わざるを得ません」。
考え方に関してはまったくそのとおりだと思います。
だいぶ、胸のつかえが取れました。
図書館で、ご教示いただいた本を探して見ます。

お礼日時:2006/06/09 18:55

>自分の身内には甘かったと言うことでしょうか


その通りだと思います。自分や自分の身内を守ろうとする余り、ちょっとでも自分に敵対してくるような相手に対しては、徹底的に闘おうとしたのだと思います。そういう場合、自分のしていることは常に正しいというわけです。権力者によくあるタイプだと思いますが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございます。
「ちょっとでも自分に敵対してくるような相手に対しては、徹底的に闘おうとした」
権力者云々というよりは、むしろ弱い人が(現実には鴎外は強者ですが)、過剰、過敏でかえって攻撃的になっているようにも思えます。
本来、論争になるようなものでもない件で、なぜか論争になったりしているのを見ると、そうも思います。

お礼日時:2006/06/09 18:51

ちょうど今、安斎育郎著「だます心 だまされる心」(岩波新書)を読んでいたところです。

その80ページ以下に、この話題が記述されています。

鴎外の主張は、「脚気の発生には年度により増減があるため、(麦食による脚気の減少は)偶然に過ぎない。」ということのようです。

著者の安斎さんは、主張する側も批判する側にも統計学の素養がなかったので、水掛け論になった、と書いておられます。

ここからは個人的な意見ですが、作家と医者(科学者)は2つのペルソナ、というほどの関係だったかどうか疑問に思います。また、科学者としても、まだ実証の方法に乏しかったので、(文学者としての偉大さはともかくとして)誤りが分からなかったということもあるのではないか、と思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

「作家と医者(科学者)は2つのペルソナ、というほどの関係だったかどうか疑問に思います」
これはそうかもしれませんね。
現代の視点から、いろいろ言っているだけで、本人としては、それほど矛盾なく(脚気問題も含め)、折り合いがついていたのかもしれませんね。

お礼日時:2006/06/09 14:12

傲慢さという点では、文豪・森鴎外としても同じような側面が見られたと思います。

自作の「舞姫」に対する石橋忍月の批評に対して、図星を突かれたからか、忍月の人格をも攻撃するような激しい反論を加えています。ですから、私の頭の中では、軍医総監・森林太郎と文豪・森鴎外は矛盾することなく、定義づけられています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

鴎外を傲慢さにおいてとらえるのは、もっともなことだと思います。私の中で折り合いがつかないのは、例えば、ある面では「鼻くそほじり」にこだわったりするユーモラスな面や、友を大事にしたり(小倉時代のドイツ語仲間とか)する面と、その傲慢さが同居している点です。
自分の身内には甘かったと言うことでしょうか、それとも時代背景を考えると、それも仕方がないということでしょうか。
傲慢さで解決できればいいのですが、まだ、すっきりしないところです。

お礼日時:2006/06/08 10:01

森鴎外は自分の誤りに関して認めていませんし、反省もしていません。


同じく細菌説を主張した、緒方正規は誤りを認めましたが、鴎外は高木兼寛を罵倒し続けていますから、何となく最近非加熱製剤で槍玉に上がったA氏を思い浮かべませんか。
医者は患者の方を向くべきですが、違うほうを向いているのでしょう。
尚、作家の森鴎外と軍医の森鴎外は別人格と自分で考えていたのか、軍服の時に親しい作家仲間が声を掛けたら怒鳴って怒ったというエピソードもあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございます。

> 森鴎外は自分の誤りに関して認めていませんし、反省もしていません。
いろいろ検索すると、そのようですね。
例えば、高木兼寛について「麦飯博士」などと悪罵していたのは読みましたが、
周囲の人による記録ではなく、鴎外自身の手で書かれたものがあれば、読んでみたいのです。
また、なぜ反省しなかったのか、ということについてもぜひ知りたいと思っています。

> 作家の森鴎外と軍医の森鴎外は別人格
この辺は、実際のところどうだったのでしょう。分裂した人格のまま生きていたということになるのでしょうか。
本人にとっては、別人格であっても支障はなかったのかもしれませんが、遺書を見ると、一種の異様さを感じます。

文豪といわれる一面と、医学上の失敗をした一面(しかもそれを認めない)というのが、一つの人格にありうるというところが、まだどうも私の中で折り合いがつきません。一種の人格破綻者と一言で言い捨てるのも、また安直な気がしております。

お礼日時:2006/06/06 18:02

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q森鴎外の雁の意味について

私は、森鴎外の雁を先日読み終わりました。
それで疑問に思ったのですが、なぜ森鴎外は『雁』をこの作品の
題名にしたのでしょうか?シンボリズムなどが関係してるのでしょうか? どなたか回答よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

私が読んだ文献によると、
『雁』の岡田とお玉のすれ違いの運命を、
岡田が適当に投げた石が雁に命中するという
偶然に象徴させることで、
運命の恐ろしさをより浮き立たせられるからだ、
と言うような主張でした。
まあ、色々な考え方が出来るのが文学の面白さなので、
いろんな意見を読み、ご自分でさらに深く考えてみてください。

Q森鴎外の「舞姫」の感想を600字程度で書いていただけないでしょうか?よ

森鴎外の「舞姫」の感想を600字程度で書いていただけないでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

この『舞い姫』を読んで自分なりに感じた事は、人間の持つ「二面性」が悲劇的且つ強烈に描写されている、という事です。太田豊太郎の相沢謙吉に対する心中の言葉にそれが見受けられます。。「相沢謙吉が如き良友は世にまた得がたかるべし。されど我が脳裡に一点の彼を憎む心今日までも残れりけり。」相沢謙吉という二度と得がたい程の友を持ちながら、その友にエリスとの関係を引き裂かれた形になった豊太郎。ただ引き裂かれたのならまだ救いはありますが、エリスの心理的病が進行し、しかもお腹の中には彼の子供が宿っている。豊太郎としては傍にいたかったであろう事は想像に難くありません。まさに『究極の選択』を描いた問題作とも言えるでしょう。また、作家でもあり医者でもあった鴎外だからこそ、このエリスの救い様の無い悲劇を表現できたとも思えます。この作品は、豊太郎は、結果、愛するエリスよりも仕事をとり、相沢は二人の仲を引き裂き、エリスには悲劇しか残らなかった、という三人の環境を取り巻く要素を心理的に複雑に絡め、豊太郎の「この世に相沢よりも友人と呼べる人間はいない。しかし、彼に対し憎悪の感情がある事もまた事実だ」という人間が誰でも持ち得ている「煩悶」を見事に導き出す鴎外の複雑な思いを描いたものと言えるでしょう。時代背景を考えても、敢えて国際恋愛の難しさを描写した鴎外。エリスは、その現実に対し何を感じたのでしょうか。

(594文字、句読点を含む)

下手な文章ですが、こんな感じで如何です?

この『舞い姫』を読んで自分なりに感じた事は、人間の持つ「二面性」が悲劇的且つ強烈に描写されている、という事です。太田豊太郎の相沢謙吉に対する心中の言葉にそれが見受けられます。。「相沢謙吉が如き良友は世にまた得がたかるべし。されど我が脳裡に一点の彼を憎む心今日までも残れりけり。」相沢謙吉という二度と得がたい程の友を持ちながら、その友にエリスとの関係を引き裂かれた形になった豊太郎。ただ引き裂かれたのならまだ救いはありますが、エリスの心理的病が進行し、しかもお腹の中には彼の子供...続きを読む

Q森鴎外 ペン・ネームの由来

久しぶりに、”雁”を読み返しまして、そういえば、森鴎外というペン・ネームには、なにか、友人の使っていた雅号を借りた、とか、若いときのあまり名誉にならない思い出にまつわっている、と聞いた事があります。どうも、うやむやになっていたようです。

はっきりとした事情をご存知の方がいたら、教えていただけないでしょうか。

こんな説もある、というようなことでもかまいませんので、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

#6です。

>鴎外が、春の嵐の様子を描いた杜甫の詩句から取られたものだというのは、初めて知りました。お弟子の斉藤勝寿氏と、どんなやり取りののちに、この詩句を採用したのか、興味の湧くところです。
 :
明治23年「衛生新誌」紙上での漢詩文の内容は未詳ですが、ここに大正11年の「新小説臨時増刊」上での「文豪鴎外森林太郎」において、「私ごときの雅号が…」と鴎外追悼文中に認めていることを、斎藤茂吉は「童馬山房夜話. 第2」の「179 「鴎外」の雅号」において転載しています。
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1141874/63

ちなみに、斎藤茂吉はこの後も「190 再び「鴎外」の號に就て ​」、さらに「192 鴎外の號に就て(三たび) ​」において、あらゆる角度から鴎外漁史の来歴研究を行っており、これを以て結論として捉えて構わないと思ってます。
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1141874/75
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1141874/80

これらを具に調査報告した茂吉の報告を集約してみると次のようになるでしょうか。
1.明治13年7月28日付「桂林一枝 第36号」に載った「泛品海」では、「佐藤應渠(元萇)曰。合作」との注が付記されていること。(少年一人のそれでなく、あくまでも義父の手が入っていること。)
2.「雁」の文中にて当時「桂林一枝」を「岡田」が読んでいた記載があること。
3.火災に遭ったせいもあり千住の父の医院に引越しした鴎外と、岩代から当時は千住に移住していた佐藤父子との交流も通り一遍のそれではなかったこと。
4.鴎外の人柄からして、佐藤父子の「鴎外漁史」の後追いの形で、密かに自身の雅号に用いていたとは信じ難いこと。
5.唐詩選中の杜甫の五言律詩が出所と思われること。
ちなみに中西梅花 (幹男) 「新体梅花詩集」博文館(明24.3)の「鴎外漁史」においては杜甫を踏まえたものか、次の文句があります。
「…
柳ねふりし空を高み、
空をたかみて鳴くと云ふ、
かまめの外に知るよしあらじ。」
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/876384/48
(蛇足ですが、万葉時代の鴎は「加万目」でした。)

およそペンネームもその発端には怪しくも覚束ない草草・来歴があるもので、であればこそ正岡子規の100を超す雅号は例外としても幾十ものそれらの中から定着したただ一つという次第なのでしょう。

半村良のペンネームから一年後に、イーデス・ハンソン(良いです、半村)が活躍。両者は全くの偶然とのことです。

漱石が初めてその名前をペンネームとして記した際、サンズイに「欶(サク・ソク/すう)」なのに、その「束」の旁が「欠(あくび)」ではなく「攵(えだにょう)」の「敇(サク)」にしてしまい、慌てて訂正を入れて詫びた事。その際に「実名を曝すは恐レビデゲスと少しく通がりて当座の間に合わせに漱石となんしたり」などと言い訳しています。
とまれ、若き頃の鴎外といい漱石といい、当座間に合わせのペンネームがこうも重い歴史を持つに至るとは知らぬ仏だったのでしょう。
もはや小倉で森少将閣下となっていた時代のご本人にとっては、いまさら「鴎外漁史とは誰ぞ」なのでしょう。そのレトリック多用の文調からして真面目に裏打ちされており、まあむしろ可愛いもんなのですが…。

#6です。

>鴎外が、春の嵐の様子を描いた杜甫の詩句から取られたものだというのは、初めて知りました。お弟子の斉藤勝寿氏と、どんなやり取りののちに、この詩句を採用したのか、興味の湧くところです。
 :
明治23年「衛生新誌」紙上での漢詩文の内容は未詳ですが、ここに大正11年の「新小説臨時増刊」上での「文豪鴎外森林太郎」において、「私ごときの雅号が…」と鴎外追悼文中に認めていることを、斎藤茂吉は「童馬山房夜話. 第2」の「179 「鴎外」の雅号」において転載しています。
http://dl.ndl.go.jp...続きを読む

Q森鴎外の舞姫について質問です。

森鴎外の舞姫について質問です。
「朝に戸を開けば飢ゑ凍えし雀の落ちて死にたるも哀れなり」という部分があります。
ここで一体何を表現しようとしているのか理解できません。
http://www.aozora.gr.jp/cards/000102/files/538_20593.html ここには
本篇一○頁上段に「表てのみは一面に氷りて朝に戸を開けば飢ゑ凍(こゞ)えし雀の落ちて死にたるも哀れなり云々」の語あるを以ツて人或は独乙は温かき生血を有する動物が凍死する程寒威(かんゐ)凛烈(りんれつ)の国なるやと疑ふものあり。然れども独乙には実際寒威其者よりも寧(むし)ろ氷雪の為めに飼料を求むる能はざるが為めに飢死する小動物ありと聞く。著者の冬期を景状せしは増飾の虚言にあらずして実際なり。故(ゆゑ)に一言以つて著者の為めに弁護するものなり。 
とありますが、当時のドイツ、豊太郎、エリス、雀を関連づけて説明いただけないでしょうか?

Aベストアンサー

 一応精読してみましたが、そこは単にとても寒いということを表現しているだけで、それ以上の意味はありません。
 石橋忍月の指摘も、ドイツは本当に雀が凍死するほど寒いのかを検証しているに過ぎず、重要な箇所だと認識しているわけではないですし。

 たとえば、雀がエリスの末路を暗示している、などとしたいのであれば、エリスと雀のイメージが重なるような文章が入っていなければなりませんが、そういう箇所はありません。
 そもそもエリスは死んでいないわけで、飢え死にした雀と関連付けようとすること自体が難しいんですよね。篭の中の鳥と関連するならまだわかりますが。

 鳥関係の描写を探すと、「こは足を縛して放たれし鳥の暫し羽を動かして自由を得たりと誇りしにはあらずや。」というのがありますが、ここはどちらかというと「大臣の信用は屋上の禽の如くなりしが」からの繋がりで鳥と言っているだけで、該当箇所とは関連しそうにありません。禽と雀のイメージでは重なりようがないですし。

 つまりその箇所は、作品にとって特に重要な描写ではない、ということです。にも関わらず、これだけしつこく寒いことを強調しているところを見ると、森鴎外には相当ドイツの冬の寒さが堪えたのだろうなあ、と想像できる程度のことですね。

 一応精読してみましたが、そこは単にとても寒いということを表現しているだけで、それ以上の意味はありません。
 石橋忍月の指摘も、ドイツは本当に雀が凍死するほど寒いのかを検証しているに過ぎず、重要な箇所だと認識しているわけではないですし。

 たとえば、雀がエリスの末路を暗示している、などとしたいのであれば、エリスと雀のイメージが重なるような文章が入っていなければなりませんが、そういう箇所はありません。
 そもそもエリスは死んでいないわけで、飢え死にした雀と関連付けようとするこ...続きを読む

Qかのように(鴎外)の最後の一節について

こんにちは。

森鴎外の「かのように」の、下記の一節について、意味を把握しかねています。教えてください。

「 秀麿は又目の縁を赤くした。そして殆ど大人の前に出た子供のような口吻(こうふん)で、声低く云った。「所詮(しょせん)父と妥協して遣る望はあるまいかね。」
「駄目、駄目」と綾小路は云った。」

まず、みなさんに伺いたいことの1つ目は、「所詮(しょせん)父と妥協して遣る望はあるまいかね。」の意味です。
これは、「つまるところ、父と妥協してやっていく望みはないのだろうか?=かのようにの存在を支持表明した上で、それでも慣習を尊重しながら父や周りの教授たちに不快なおもいをさせずにやっていける望みはないのだろうか?」という意味でしょうか?

2つ目の質問は、綾小路の「駄目、駄目」についてです。望みはないのだろうか?の問いに対して、「駄目」というのは、変な返事だと思います。これは「駄目」という言葉で「望みはない」ということを言っているのでしょうか?

綾小路の台詞はどれも、個性的なもので、必ずしも主人公のと奇麗にかみ合ってはいない感じの台詞(その分、リアリティがあり、個性がよく表現できているともいえます)ですね。蛇足ですが。

以上2点、よろしくお願いします。

こんにちは。

森鴎外の「かのように」の、下記の一節について、意味を把握しかねています。教えてください。

「 秀麿は又目の縁を赤くした。そして殆ど大人の前に出た子供のような口吻(こうふん)で、声低く云った。「所詮(しょせん)父と妥協して遣る望はあるまいかね。」
「駄目、駄目」と綾小路は云った。」

まず、みなさんに伺いたいことの1つ目は、「所詮(しょせん)父と妥協して遣る望はあるまいかね。」の意味です。
これは、「つまるところ、父と妥協してやっていく望みはないのだろうか...続きを読む

Aベストアンサー

もうひとつニュアンスが含まれているのを忘れていました。補足しておきます。

「所詮父と妥協して遣る望はあるまいかね」のセリフの直前までのやりとりは、議論です。つまり、学識者らしく理性的に自分の論を述べ合っている。
そして、その議論の場で、秀麿の論は破れました。

その上で秀麿は、なぜかまた同じ質問を繰り返しているわけですが、これは既に議論ではない。
「綾小路、頼むから僕を元気付けるようなセリフを言ってくれ。何かちょっとでも希望の見えるようなことを言ってくれ」という懇願です。

綾小路の「駄目」というのは、先にも書いたように「同じ議論を繰り返えさせないでくれ」という意味もあるのですが、もうひとつ「俺に気休めを言わせようとしても『駄目』だよ。仮に言ったからって現状は変わらないよ」というニュアンスも含まれているわけです。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報