自分のお店を開く時の心構えとは? >>

今までなんともなかった事も、急に思い出して不安になる事があります。
特に昔の事となると、その礎が壊れてしまうような気がします。

恐竜の話しなのですが、数年前、首長竜が自分の体を筋肉(筋肉の持ち上げる最大量と面積)の関係で、自重を支えられなかったのでは?という、番組を見ました。
その時は、一つの仮説として、地球の自転が早かったため(?)、重力が軽かった、と。
地球の自転が遅くなると言う事実はあるようですが、今とそれほど変わらない速度なので、あくまで「自重を支えられるとしたら」の一点だけで、説明していました。

この事は本当の事なのでしょうか?
どこに、何に真実があるのでしょうか?

A 回答 (5件)

おっしゃっている恐竜というのはアパトサウルスやブラキオサウルスなんかの、陸生の竜脚類のことでしょうか? 「首長竜」だと海に住んでたやつになっちゃうので自重が支えられない、ということはないと思います。

以下竜脚類としてお答えします。

今号の『ニュートン』がちょうど竜脚類の特集なんですが、その中で「首と尾をつり橋のように靭帯で支えていたのではないか」と考えられると書かれています。つまり筋肉で支えるのではなく、腱を通して突っ張るようにしているので疲れることはない、という説です。

だから最近の復元モデルでは首を高く持ち上げることはなく水平に首を伸ばしている、というようになっています。

また、動物の理論上の大きさ(重さ)の限界は140トンで、それより重い動物は動けなくなるとされています。竜脚類最大級のアルゼンティノサウルスでも推定100トンくらいだそうなので、動けないということはないのではないでしょうか。


そうだとしたら重力の話を持ち出さなくても説明はつくと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

過去の間違った恐竜像もあるようですね。
ありがとうございます。

お礼日時:2006/07/02 23:10

マスコミの目的は商売ですから、売れそうな情報しか流しません。

商売が悪とはいいませんが、流された情報を真理として盲信はしないことです。まじめな記者の皆さんには申し訳ありませんが、業界の実態はそんなものです。
学者も、同じですね。予算取りのためには嘘もつきます。行政や圧力団体と結びついた功利主義の学者先生は(かなしいかな)実在します。
目に触れる情報がすべて第三者から検証されたものではないのです。「参考意見」程度に聞くのが妥当と考えます。

以上、要約すると、普段目にする活字やテレビ、インターネットの情報は単純に信用すべきではない。偽情報の混在する可能性は決して低くない。

なぜ断言できるかというと、私自身、取材を受けて、一言も言っていないことを記事に書かれたことが一再ならずあるからです。

で、(閑話休題)かつては自転速度が速かった、という説はあります。月の引力で海の水が引っ張られることで自転にブレーキがかかっている、という説です。しかし、現生の陸棲生物と恐竜のサイズの違いを説明できるほどの自転周期の差は考えがたいでしょう。
筋肉で尾や頸を支えていたという考えが間違いで、背骨から腱でつり上げられていたという説があり、私はこちらの方が妥当と考えます。
足跡の化石から、尾を引きずっていたという証拠が挙がっていないのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そう言われると何を信じるのかが分からなくなるのですが。
ありがとうございます。

お礼日時:2006/07/02 23:11

首長竜はサメのように海中で子供を産んだのか、亀のように陸上で産卵したのか、意見が分かれているのですが、


前者を支持する人達の根拠がこの体系では自重を支えられないので陸に上がれないから
(水の中で生活した場合浮力があるので自前の筋力で自重を支えられなくても問題ありません)。
それに対し後者を支持する人達の反論が昔は地球の重力が軽かったので自力で体を支えられたはずというものです。

残念ながら、今のところ首長竜については、卵の化石も、体内に胎児を持つ親の化石も見つかっていないため、海中出産なのか、陸上産卵なのかは不明で、どちらの説も空想の域を出ないのが実情です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2006/07/02 23:09

え~、厳密に言うと「首長竜」は「恐竜」ではない…そうです。


いや、本当は私も良く知らなかったんですけどね(^^;)ゝ

で、もって「首長竜」というのは水棲の爬虫類で、実際陸上には上がれなかったのではないか?-と考えられていますね。
「産卵の時には陸に上がったのではないか?」という疑問もあるそうですが、詳しくは下記のURLをご参照下さい。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A6%96%E9%95%B7% …

重力がど~たら、こ~たらというのはあんまり関係がなさそうですが?
…他の恐竜に関しての話ではないですか?

http://www5b.biglobe.ne.jp/~hilihili/kouza/kouza …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

誤解していたようです。
ありがとうございます。

お礼日時:2006/07/02 23:07

こんばんわ、早速お答えします。


あなたの考えられている首長竜が[ディプロドクス](http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%82%A3% …)や(http://big_game.at.infoseek.co.jp/sauropod/diplo …)参照です。と仮定しての答えですが首長竜の種類は首が長い分、シッポも長かったと考えられています。(天秤の用量で、釣り合っていれば、あまり負担にはならなかったようです。)←もちろん筋肉のスジはかなり強力なものだったようです。斜張橋をイメージしてもらえれば近いのですが、前足と後ろ足がそれぞれ支柱のようになっています。(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%9C%E5%BC%B5% …)

その他の一般的な首長流は水辺に住んでいてこんな形でした。▼

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A6%96%E9%95%B7% …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

なるほど、ありがとうございます。

お礼日時:2006/07/02 23:06

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q地球の重力加速度が変化しなかった証拠

 「一部の恐竜があれほど巨大になれたのは、当時の地球の重力加速度の値が現在よりも小さかったからである」
という仮説があるそうです。
 恐らくは冗談の類ではないかと思いますが、その説に対する反証として、実際に存在する証拠に基づいて、当時の地球の重力加速度の値が計算された事はあったのでしょうか?
 もしあった場合には、どの様な証拠に基づいて、どの様にして求められたのかを御教え願います。

 尚、恐竜の足跡化石の歩幅から、恐竜の歩行速度が推定されたなどと聞きますが、地球の重力加速度の値を変更するのに応じて、歩行速度の値の方も修正しますと、歩幅の値との整合性は取れるのではないかと思いますので、足跡化石の歩幅の値のみから重力加速度を求める事は出来ない様な気がします。

Aベストアンサー

物理定数が果たして一定か?実は変数では?という命題はちゃんとした物理学上の問題で、有名どころでは過去ディラックが変化してきたと言う説(大数仮説)を出しています。この仮説は赤方偏移などを説明可能なのですが、この場合は「重力定数は時間とともに減少してきた」であって過去の方が重力が大きいというものです。
重力定数に関しては、太陽の寿命や温度変化が説明できない(もし過去の重力定数が大きいと太陽の温度が上がりすぎ、また地球の軌道も太陽にかなり近づくため地球は灼熱の環境になる、逆に小さいと地球は凍りつく)こと、堆積作用における重力の影響を受ける様々な構造も現在のものと違いはないことから否定されています。またそのほかの物理定数が変化すると放射性核種の半減期、核分裂反応での生成物比も変化するため、現在みられる存在比が変わってくるはずですが、これも現在の測定値で計算したものと大きな違いがない(ごくごくわずかに違うという話はある)ことが確かめられています。

ということで、現在測定できる精度以上の変化が起きた証拠は見つかっていません(10^-12程度の変化はあったかもしれないレベル)。

物理定数が果たして一定か?実は変数では?という命題はちゃんとした物理学上の問題で、有名どころでは過去ディラックが変化してきたと言う説(大数仮説)を出しています。この仮説は赤方偏移などを説明可能なのですが、この場合は「重力定数は時間とともに減少してきた」であって過去の方が重力が大きいというものです。
重力定数に関しては、太陽の寿命や温度変化が説明できない(もし過去の重力定数が大きいと太陽の温度が上がりすぎ、また地球の軌道も太陽にかなり近づくため地球は灼熱の環境になる、逆に小さ...続きを読む

Q恐竜絶滅と地球の重力の関係(トンデモ?)

古生物学として恐竜を考えたときに、現存するワニなどから類推するそうですが、発掘されている巨大な骨格を持ったもの(特に陸生だと考えられているもの)などは、血圧や筋力、骨格強度などの面から見て、現在の地球の重力加速度とは矛盾してしまう(だから重力加速度が大きく変化したんじゃないの?)……というような話をときどき見かけます。よく知らない私は「へぇ~」と思いながら、どうもこの話は「トンデモ」扱いなのかな、とも気付いたりもします。

ちゃんと科学的に説明した情報がないのか、ネットで検索したのですが、分かるような科学的反論というか解説されたものに、まだ行き当たっていません。

「ゴミ以下のトンデモだ」と反論しているページもあったのですが、内容が分かりません。というか、説明になっていないように思えてしまいました。

「トンデモ」なのでしょうか。そうなら、整合性のある説明はどうなるのでしょうか。気になり始めると気になって気になって仕方ありません(^^; よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 「巨大生物が存在したとなれば、現在よりも重力が小さかったはずだ」という「仮説」を、他の様々な重力に関する証拠を一切無視して「正しい」といってしまえばトンデモでしょう。「事実としてそうではない、ならば他の要因があるはずだ」というように発展すればまっとうな学問といえるでしょう。

 個人的には、「恐竜をワニ等の爬虫類から類推する」という点が怪しいと思っています。実際、どちらかというと鳥類に近いという説もありますし。

Q恐竜についての疑問

最近本で読んだのですが、近年鯨より大きな恐竜が発見されているそうです。でも、ここで疑問なのは、どうやってその体重をささえていたのでしょう?ヒトや動物と同じカルシウムで出来た骨では体重が支えきれずに折れてしまうような気がするのですが?あと、石油の原料は恐竜の死骸からできたと聞きましたが、これって根拠があるのでしょうか。産油国は中近東の諸国に多いですが、2億年ほど前の地球において、現在の中近東の地域に恐竜が多くいて、日本列島には恐竜が少なかったという話はあまりきかないのですが・・・?現在の油田の分布状況と過去の中生代の恐竜の分布状況の比較検討はなされているのでしょうか。

Aベストアンサー

ANo7 harepandaです。

当時の地球環境が現在とは違ったものであったため、恐竜が生物として成功したのではないかという推測自体は、可能なものだと思います。しかし、大気圧や重力の変動が恐竜の成功要因だったとする意見には、相当な疑問があります。

まず、大気圧や重力が本当に変動したのだとすれば、恐竜だけではなく、他の生物も巨大化しないと整合性が取れません。つまり、当時の脊椎動物の中でも、巨大化傾向の見られるものと巨大化傾向の見られないものを慎重に比較検討してからでないと、大気圧や重力の変動は仮説として説得力に欠けるのです。恐竜は本質的に巨大化に向いた生物であり、腱による体の補強、空洞の多い内部構造が要因として挙げられるとともに、多くの恐竜が本格的な恒温動物というより、体が巨大であるために体温の変動が少なく、冷血動物程度の代謝能力であっても実質的には恒温動物として活動できるという生き方をしていた可能性があるため、生まれたら素早く成長して大型化するということを必須条件としていた可能性が高いと思われます。

また、ディラックの大数仮説は、天文学等の何十億年単位の世界では通用するかもしれませんが、たかだか1~3億年の歴史しかない恐竜や哺乳類の歴史に当てはめるのは、無理があると思います。

翼竜の歴史について言えば、中生代の中ごろまでは翼竜が空を支配していたわけですが、白亜紀ともなってくると、鳥という、筋肉質で羽ばたく能力の高い動物が登場して、翼竜と競合することになったと考えるほうが普通です。その結果、羽ばたく能力の高い鳥類は小型飛翔動物として成功し、薄い翼と軽い体でグライダーのように空を滑っていく翼竜は、大型生物としてしか鳥類に勝てないことになります。つまり、白亜紀後期に向けて、小型飛翔動物は鳥、大型飛翔動物は翼竜という住み分けの傾向が強まっていくのであって、この状況では翼竜が巨大化するのも当然です。翼竜は、重力が軽いから巨大化したわけではありません。単に、小型生物としては鳥にかなわないから、大型の種ばかりが翼竜に増えていったのです。

恐竜以外でも後世の哺乳類であるインドリコテリムのように、体重15トンと想定されている生物もいます。別に恐竜だけが特別に巨大なわけではありません。無論、生物を建築学的に見た場合、恐竜のほうが哺乳類よりも巨大化には向いているのは確かで、ブラキオサウルス級のサイズの哺乳類など、今日まで見つかっていないわけですが、だからといって恐竜時代は地球の重力が軽かったなどと考えるのは、議論が飛躍しすぎていると思います。

中生代の環境が今日と異なる点として、中生代は二酸化炭素濃度が高く、乾燥した暑い時代だったことが指摘されています。この状況では、恐竜やその子孫である鳥のように、石灰質の硬いカラで覆われた卵を産むという生殖スタイルが優位に働いたのは間違いありません。実は、この硬いカラという要素は全ての陸上卵生脊椎生物に共通のものではなく、カモノハシのようにカラのないブヨブヨした卵を産む生物もいます。もともとの爬虫類は石灰のカラを持たない皮膜に覆われただけの卵を産む生物であった可能性が高く、当時の地球環境が恐竜の生殖スタイルにとって都合のよいものであったことは間違いありません。

変わったところでは、恐竜は一定濃度以上の二酸化炭素濃度がないと活動できない生き物であった可能性があるとしている、平山廉のような学者もいます。彼にしても有力な証拠などなく、ただ、憶測として述べているに過ぎないのですが、面白い着眼点だと思います。

ANo7 harepandaです。

当時の地球環境が現在とは違ったものであったため、恐竜が生物として成功したのではないかという推測自体は、可能なものだと思います。しかし、大気圧や重力の変動が恐竜の成功要因だったとする意見には、相当な疑問があります。

まず、大気圧や重力が本当に変動したのだとすれば、恐竜だけではなく、他の生物も巨大化しないと整合性が取れません。つまり、当時の脊椎動物の中でも、巨大化傾向の見られるものと巨大化傾向の見られないものを慎重に比較検討してからでないと、大気圧や...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報