いよいよ公開!ア・ゴースト・ストーリーのみどころ紹介!

今年5月、6月イギリスへ行った方の回答をお願いします。

7月に久し振りにイギリスへ行きます。主に北部中心に廻ります。

確かイギリスでの両替手数料は額に関係なく£3とかだったと思います。


今日本では£1が221円(キャッシュ)程です。
イギリスではどの位ですか?(キャッシュで)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

為替レートについて少し説明します。


日本国内では、トラベラーズチェックの場合為替レート±3~5円、現金の場合為替レート±8~13円が新聞などで公表されているレートに加算されます。

円からポンドへの交換では
今日の価格が1£=210.7円なので、T/Cの場合1£=214.7円  CASHの場合1£=222.7円になります
(一番レートがよいのはCitibankですが店舗が少ないので、三菱東京UFJ銀行のレートです 2006/06/30 10:46)


>確かイギリスでの両替手数料は額に関係なく£3とかだったと思います。
イギリスで現金を両替をする場合のレートや手数料は、両替点によってまちまちです。
手数料が安い所は両替レートが悪く、手数料の高い所はレートが良い場合が多くあります。
ちなみに4月の現地レートは1£=218~225円(両替所、銀行、ホテル)

イギリスポンドの両替は現地と日本どちらが得かという事になると、どちらも損です。
現金が必要なら出発時に少額のCASHを入手し、後はクレジットカードでスーパーや銀行にあるATMでキャッシングしてしまう(借りる)のが一番良い方法です。
この場合の交換レートは銀行間レート+1%程度です。ただし、あくまでも借金なので、帰国後すぐに返済しないと金利がかかってしまいます。
長期に滞在されるならおすすめしません。(この場合は国際キャッシュカードを作るかトラベラーズチェックを購入してください。)


 
 
    • good
    • 0

イギリスポンドへの換金のお得度は、


(1)現地でクレジットカード払い

(2)日本でポンドのトラベラーズチェックを買って、現地でそのまま利用または現金に換金

(3)現地でクレジットカードでのキャッシング

で、日本、イギリスでの現金での両替はかなり損だったと思いますね。

ただし、(2)は、提携してない銀行で現金化すると手数料が取られることがあるので要注意。
 スーパーとか、駅とか使えるところで、なんか買ってお釣りもらうか、提携している銀行、両替所で現金化すれば、手数料はかかりませんね。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qポンドは日本とイギリスどっちで両替したらいいの?

2日後にロンドンに旅行に行きます。
まだ両替を済ませてないのですが、
日本とイギリスどちらで両替をした方がお得なのでしょうか。

また日本で両替する場合、銀行と空港どちらの方がレートが良いのでしょうか。
ご存知の方がいらっしゃいましたら、ぜひ教えてください!

Aベストアンサー

ユーロと米ドルは日本で両替するのが得、それ以外の通貨は現地で両替が得、というのが基本的な傾向なのですが、・・・・・英ポンドは日本で両替するほうがいいみたいですね。(へえ~)

オールアバウトの記事です。

イギリス旅行、両替は、できるだけ出国前に済ませておく
http://allabout.co.jp/gm/gc/400714/

現地で追加で現金が必要になった場合の両替についても書かれています。

Qイギリスポンドの両替はどこで?

質問があります・・・。イギリスポンドが現金で£800ほどありまして、日本円に両替したいと思っているのですが、、、現金を両替してくれる場所が少なく困っています。東京三菱や三井住友の外貨両替を調べてみたところ、手数料が高く(確か1ポンド8円くらいとる???)、それだと馬鹿らしいとおもい、手元において置くべきか両替すべきか悩んでいます。
都内で、もう少し手数料が安くポンドから円に両替をしてもらえる方法はあるのでしょうか?知っている方がおりましたらお教えください。

Aベストアンサー

 両替レートの良し悪しを比較する場合、基準となるレート(銀行間レートまたは公示仲値、*1)からどれだけマージンが上乗せされているか/引かれているかで考えると分かりやすいです。質問文中で「手数料」とおっしゃっているのはこのことかと思いますが、日本の金融機関における英ポンドの為替手数料は1ポンドあたり4円(*2)、外貨現金取扱手数料が7~8円ですので、マージンは8円どころか合計11~12円にもなります。

 金融機関ごとの具体的な数字を申し上げますと、英ポンド現金から日本円への両替レートはみずほ銀行が公示仲値から11円、三菱東京UFJ銀行と三井住友銀行が12円引いた数字です。りそな銀行はWebサイトにレートを掲載していませんが、私が6月初めに調べた結果では11円引かれていました。郵便局(外貨両替取扱局に限る)は12円です。公示仲値が1ポンド=243円00銭のとき、現金両替レートはみずほとりそなで232円00銭、三菱東京UFJと三井住友、郵便局で231円00銭ということです。
 このほか最近は金券ショップでも両替が可能で、レートも銀行より概ね良好です。米ドルと違って英ポンドを扱っている金券ショップはそう多くありませんが、都内ですと例えば[1]の大黒屋で扱いがあります。大黒屋はマージンを1ポンド当たり10円(*3)に設定していますので、銀行より1ポンドあたり1~2円有利ということになります。
 さらに[2]の「ブルー・トラスト・グループ」はマージン8円で両替できます。英ポンド現金を両替する際のマージンとしてはこの8円が私の知る範囲で最小です。「ブルー・トラスト・グループ」は東京・銀座にあるので立ち寄れる範囲かと思いますが、来店は要予約のようです。

 多少手間がかかっても良いなら、みずほ銀行で外貨預金を経由して日本円に振り替える方法があります。
 一般に外貨現金をその通貨の外貨預金として預ける場合、日本円預金と異なり「外貨現金取扱手数料」が課されます。この外貨現金取扱手数料は、冒頭に記した両替と同じ額(1ポンドあたり7~8円)に設定している銀行が多いのですが、みずほ銀行だけは「1回当たり500円」と独自の設定をしています。このサービスは積極的に宣伝されてはいないのですが、同行のWebサイトにひっそりと記されています[3]。
 この後は預けた英ポンド外貨預金を適宜のタイミングで日本円に振り替えるわけですが、その際の手数料は為替手数料の1ポンドあたり4円で済みます。単に口座内で数字を付け替えるだけなので、あらためて外貨現金取扱手数料を支払う必要はありません。
 例えば今回のご質問の800ポンドをいったん英ポンド外貨預金として預け、後日適当なタイミングで日本円に振り替えたとします。まず英ポンド外貨預金にする際に外貨現金取扱手数料の500円を払います。そして英ポンド外貨預金を日本円に振り替える際に為替手数料を3,200円(4円/£×800 £)払います。合計で3,700円ですので、1ポンドあたりのマージンは4円62銭5厘で済みます。
 
 外貨預金経由で日本円に振り替える方法は他の銀行でも可能ですが、外貨現金取扱手数料が1ポンドあたり7~8円なので、その外貨預金を日本円に振り替える際の為替手数料(1ポンドあたり4円)と合計すると11~12円となり、即時両替するのと何も変わらない結果になります。みずほ銀行に限って有効な方法ということです。
 このほかに外貨預金で有名な銀行にシティバンク銀行があります。同行の為替手数料は1ポンドあたり1円と他行より安いのですが、英ポンド現金は預入・払出ともそもそも扱っていないため、外貨預金を経由した日本円への振替えはやはり不可能です。(シティバンク銀行在日支店で取扱のある外貨現金は米ドルのみです)

【まとめ】
(1)日本の金融機関で英ポンド現金を日本円に両替する際のレートは、公示仲値から1ポンドあたり11~12円差し引かれたレートになります。金券ショップなどはこれより多少有利なレートを出しており、知る範囲ではマージンは8円が最小です。
(2)これ以上に有利なレートで両替したい場合、多少の手間はかかりますが、みずほ銀行で外貨預金を経由して日本円に振り替える方法があります。支払う手数料は外貨現金取扱手数料の1回500円と、為替手数料の1ポンドあたり4円の合計です。

参考ページ
[1] http://gaika.e-daikoku.com/
[2] http://www.btgp.org/BTG%20CashForex.htm
[3] http://www.mizuhobank.co.jp/saving/gaika/g_teiki.html

*1 銀行間レートとは文字通り外国為替市場で銀行間の取引に使われるレートで、新聞やテレビで「午前の東京外国為替市場は1ドル=119円90銭から95銭で取り引きされています」と報じられているレートは特に断りのない限り銀行間レートです。
一方で銀行間レートは常に変動しているので窓口での取引基準に使うと煩雑となります。そこで金融機関は1日に1回「公示仲値(TTM)」と呼ばれるレートを定め、その日の取引の基準レートに使います(1日数回の改定を行う銀行もある)。公示仲値は各金融機関が独立に決めるので必ずしも一致しませんが、いずれも銀行間レートを参照しているので金融機関ごとのばらつきは0.1%や0.2%といった程度に収まります。送金レートや両替レートはこの公示仲値に一定のマージンを加算することで機械的に計算されます。
*2 シティバンク銀行の為替手数料は1円です。ただし本文中にも記した通りシティバンク銀行在日支店は英ポンド現金を取扱っておらず、両替することや外貨預金として預けることは不可能です。
*3 売りレートと買いレートの差(20円)を2で割れば、片道のマージンの目安となります。「ブルー・トラスト・グループ」(売買レート差16円)についても同様に、片道のマージンは8円と求められます。

参考URL:http://www.btgp.org/BTG%20CashForex.htm,http://www.mizuhobank.co.jp/saving/gaika/g_teiki.html

 両替レートの良し悪しを比較する場合、基準となるレート(銀行間レートまたは公示仲値、*1)からどれだけマージンが上乗せされているか/引かれているかで考えると分かりやすいです。質問文中で「手数料」とおっしゃっているのはこのことかと思いますが、日本の金融機関における英ポンドの為替手数料は1ポンドあたり4円(*2)、外貨現金取扱手数料が7~8円ですので、マージンは8円どころか合計11~12円にもなります。

 金融機関ごとの具体的な数字を申し上げますと、英ポンド現金から日本円への両替レートはみず...続きを読む

Q円⇒ユーロにしたいが、どこが一番お得でしょうか?

このお盆にフランスへ旅行予定です。

どこでユーロに換金するとお得なのでしょうか。
銀行、チケットショップ、現地の銀行…etc

どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

フランスに行ってから両替すると損しますよ。「どちらでも変わらない」というのは何かの間違いでしょう。

現地通貨を準備する方法としては大別して
(1)日本でユーロ現金に両替
(2)現地で日本円現金からユーロに両替
(3)ユーロ建てトラベラーズチェック(以下TC)を現地で換金
(4)円建てトラベラーズチェックから現地で両替
(5)クレジットカードでショッピング
(6)クレジットカードを使い現地ATMでキャッシング
(7)国際キャッシュカードを使い現地ATMで引出す
の7つがあります。

それぞれの最終的なレートを比較すれば答えが出るわけですが、その前にレートに関する用語をいくつか整理させてください。
・銀行間取引レート 外国為替市場においてその名の通り、銀行間の取引きに用いられるレート。ニュースなどで報じられているレートは、特にことわりのない限りこの銀行間取引レート。顧客はこのレートでは取り引きできず、外貨を買う場合も売る場合も必ずいくらかのマージンを払うことになる。
・公示仲値(TTM) 上記の銀行間取引レートを睨みながら、銀行が一日一回(銀行によっては数回)、取引きの基準として定めるレート。銀行間取引レートは常に変動しており、窓口での取引に銀行間取引レートを使うと処理が煩雑になるため。公示仲値と銀行間取引レートの数字はほぼ同じとみなせる。
・対顧客電信売レート(TTS) 顧客が外貨預金をしたりTCを組んだりする際に適用されるレート。公示仲値に一定の幅を上乗せすることで機械的に計算される。上乗せの幅は銀行によって異なる。また当然、通貨によっても変わってくる。
・クレジットカード会社が定める通貨間換算レート クレジットカード会社も銀行と同様に、外国為替市場での取引きレートを見ながら各通貨間の換算レートを毎日決定する。銀行間取引レート/公示仲値/クレジットカード会社が定める通貨間換算レートの三つは、実質的に同じ数字になると考えてよい。

まず(1)の日本でユーロ現金に両替ですが、レートは1ユーロ当たりTTM+6~7円が標準です。例えばTTMが1ユーロ=146円00銭なら、銀行の窓口では1ユーロ当たり152~153円を払ってユーロ現金を入手することになります。
その中で三井住友銀行など一部の銀行は、ユーロの現金両替レートをTTM+4円に設定しています。他行に比べ1ユーロ当たり2円得です。また関西空港ですと、泉州銀行がこれより僅かですが良いレートを出しているようです。
チケットショップは「銀行よりお得なレート」を宣伝文句にしていますが、ユーロの場合は必ずしも得と言えません。私が今まで見つけた中ではTTM+5円が最安で[1]、確かに銀行の一般的なレート(TTM+6~7円)よりは有利なのですが三井住友銀行のTTM+4円には劣ります。
多少の手間や時間がかかっても良ければ、民間の両替商[2]を利用する手もあります。レートはTTM+3円で、日本でユーロ現金を入手する場合のレートとしては私の知る範囲で最安です。

次に(2)ですが、冒頭述べたようにこれは避けるべき方法です。まずレートの設定がよくありません。行き先の国や両替する銀行にもよりますが、円→ユーロのレートはだいたいTTM+7~10円に設定されています。しかもこれに加えて両替1回ごとに手数料を徴収するところが大半で踏んだり蹴ったりです。

(3)はヨーロッパの場合はあまりお勧めしません。アメリカと違ってそのまま支払いに使える場所が少なく銀行や両替商で一度換金して使うことになりますが、その換金手数料が小さくないためです(これを見落としている回答が少なくありません)。一応レートの数字を示しておきます。

日本の銀行でユーロ建てTCを組む場合に適用されるレートはTTSです。ユーロのTTSは1ユーロ当たりTTM+1円50銭というのが標準的な設定です。また発行手数料が1%(*1)かかります。これだけならさほど悪くないのですが、現地で換金手数料が2~3%程度かかるのが痛い点です。
例えばTTMが1ユーロ=146円00銭のときに1000ユーロのTCを組んで現地で換金したとします。まず日本でのTC発行時に
(146.00+1.50)×1.01×1000 = 148,975円
を払います。
現地での換金時に2%の手数料を差し引かれ、手取りは980ユーロ。実質的なレートは
148975÷980 = 152.02円/ユーロ
となり、レート的なメリットは小さいことになります((1)のように三井住友銀行などで両替した方が得)。なお換金手数料は「AMEXブランドのTCを、AMEXのトラベルサービスオフィス[3]に持ち込む」などとすれば回避可能で、レート的には多少よくなります。

ユーロ建てTCを使う方法はいくつかの前提条件を満たせるなら最も有利な両替法となり、その場合TTM+1円でユーロ現金を手にできます。ご興味があれば[4]をご覧ください。

(4)は(2)と同じ理由(レートが悪い、換金時に手数料を徴収される)からお勧めしません。

(5)のクレジットカードでのショッピングですがVISA、master、JCBの場合、引落し額はTTMに1.6%を加算したものが目安です。(TTMが1ユーロ=146円00銭なら、引落し額は利用額1ユーロ当たり148円33銭程度。なお「TTM+1円」というのは何かの間違いと思われる)
一般に両替よりレートが有利で使い残しの心配もありませんから、クレジットカードをメインに使うのはヨーロッパではうまい方法です。
なおIC付きクレジットカードの場合、フランスですとサインに代えて暗証番号の入力を要求されることがあります。日本出発前に暗証番号を確認しておくことをお勧めします。

(6)は意外に有利な方法です。適用レートは「クレジットカード会社が定める通貨間換算レート」(TTMとほとんど同じ)です。これに利息が加算されますが、年利が25~30%程度、利用日から引落し日までは25~55日くらいですので、利息の額としては2~4%です。「金利を含めても一番お得な方法」とは言えませんが、現地で現金が足りなくなった時などは利用価値があります。
ご興味があれば[5,6]などをご参考に、お持ちのクレジットカードの会社で利用法を確認ください。

(7)の国際キャッシュカードは新生銀行やシティバンク銀行のものが有名です。(6)と同様に現地ATMで現地通貨を引き出せて便利ですが、レートはそれほど良くはありません。レートの目安はTTMに4%加算です(カードによって多少異なります)。

【結論】
身の回り費用程度(200~300ユーロ)の現金なら、銀行をよく選んだ上で日本で両替するのが有利かつ手軽です。それ以外の出費は極力クレジットカード払いにするとよいでしょう。

参考ページ
[1] 金券ショップの一例 http://gaika.e-daikoku.com/
[2] http://www.btgp.org/BTG%20CashForex.htm
[3] AMEX換金場所 http://www.americanexpress.com/japan/tcheques/tc/tcheques_exchange.shtml
[4] http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2317598
[5] http://www.nicos.co.jp/hp_trvl/overseas/os_cash.html
[6] http://www.dccard.co.jp/useful/money/o_atm.shtml
[7] 通信販売業者「セシール」 http://www.cecile.co.jp/travelers_cheque/

*1 銀行や業者によってはこれより安い手数料で発行してくれるところもある。多額の現金が必要でどうしてもTCにする場合は「通販業者セシール[7]でTCを購入+現地のAMEXオフィスや提携金融機関で換金」とすれば、目減りは最小限に抑えられる(セシールのTCのブランドはAMEX)。
*2 厳密には「クレジットカード会社が定める通貨間換算レートに海外利用手数料を加算した額」。海外利用手数料はVISA, masterが1.63%、JCBが1.60%。カードによっては若干異なる場合もある(例えばセゾンVISA/masterは1.60%)。
換算レートは「利用データがクレジットカードのデータ処理センターに到着した日(利用から2~3日程度)」のものが適用される。(利用日当日や、銀行引落し日のレートではない)

フランスに行ってから両替すると損しますよ。「どちらでも変わらない」というのは何かの間違いでしょう。

現地通貨を準備する方法としては大別して
(1)日本でユーロ現金に両替
(2)現地で日本円現金からユーロに両替
(3)ユーロ建てトラベラーズチェック(以下TC)を現地で換金
(4)円建てトラベラーズチェックから現地で両替
(5)クレジットカードでショッピング
(6)クレジットカードを使い現地ATMでキャッシング
(7)国際キャッシュカードを使い現地ATMで引出す
の7つがあります。

それぞれの最終的なレ...続きを読む

Q好きな人から急に連絡が来なくなった時の相手の心理は

長文失礼します!
23歳の社会人女性です
出来れば男性の方アドバイス頂けたら幸いです!
私は二ヶ月前から趣味で出会った年上の男性(25歳)と出会ってから毎日朝から寝るまで20通ほどずっとメールやあっちからよく電話がかかってきたりと頻繁に連絡をしてました

デートもドライブに行ったり映画やご飯に行ったりと毎回楽しく盛り上がり会うペースも週イチペースでどんどん彼に惹かれていったのですが
最近メールのネタがお互い尽きたのもあるんですが電話もなくなりメールの返事がそっけなくなってきてた矢先に彼が旅行に行くと行ってたのでノリで
「お土産買ってきて~」とメールした所
「行けたら買ってくる~期待しないでね」
と返事が来ました
こっちから話を膨らませようと頑張ってるのですがそのメールの最中の一週間位は会う予定もなくたわいもない世間話のメールに私も虚しくなってきて
「了解‼」
とだけの返事を送りそっから一週間連絡が彼から来ません

男性がメールがあまり苦手なのに今までたわいもない世間話で毎日メールが続いていた事が珍しい事なのに急に連絡が来なくなると自分からそっけないメールを送ったのにもかかわらず彼に飽きられたのか…他に好きな女性がいるのかなどネガティブになって連絡を自分から出来ずにモヤモヤしています

ここは積極的にいくべきなのでしょうか?
私なりに積極的にここ何ヶ月かやってきたのですがこういう場合は連絡を待つべきでしょうか?
連絡が彼から来るかもわからない今、彼の気持ちがわかりません

相手から急にそっけないメールの返事が来たら男性の方はどう思いますか?

ちなみに彼の誕生日を一緒に過ごしたり私の家に行った時にキスだけ軽くされました

皆さんの意見を聞かせて下さい

長文失礼します!
23歳の社会人女性です
出来れば男性の方アドバイス頂けたら幸いです!
私は二ヶ月前から趣味で出会った年上の男性(25歳)と出会ってから毎日朝から寝るまで20通ほどずっとメールやあっちからよく電話がかかってきたりと頻繁に連絡をしてました

デートもドライブに行ったり映画やご飯に行ったりと毎回楽しく盛り上がり会うペースも週イチペースでどんどん彼に惹かれていったのですが
最近メールのネタがお互い尽きたのもあるんですが電話もなくなりメールの返事がそっけなくなってきてた矢先に...続きを読む

Aベストアンサー

おじさんです。

男はね、最初はの頃は、その女性に対し、もの珍しさもあり
テンションは上がっているものです。
でも、そのテンションは、ずっと続くものではありません。

ですから、最初の頃は自分のほうもそうですが、貴女のテンションも
あがっているので、それに合わすようなことはしていたのでしょうね。

ですが、それは持続はしないものですよ。一日中朝から晩まで、
ずっとやりとりなどやってられませんよ。付き合いきれなくなるものです。

貴女の間違いを書いておきますね。

貴女とその男性との仲を、メールで繋ごう繋ごうとして
いることです。
本来メールは簡単なもので、補助的なものです。
男女の仲は、実際に会えない日、会えない期間があり
それが、あの人何してんだろうと、そう思い、相手を考える
時間が生じ、実際に会ったときに、こういうことあったんだよ
ああいうことあったんだよと、次のデートが楽しみになるものです。

それがメールを使って、常に相手の動向を知っていたら、そして
知りたがったら、もう片方は面倒になっていくものです。
最初の頃は別ですよ。

それと、男の大半はじぶんのほうから女性を追いたいもので
女性が積極的にメールなどで、やいのやいの言ってくれば
もう、俺に完全にイカレているなと思えば、何も追う必要もなくなります。

恋愛は気に入ったほうが積極的にいくものではあるけど
それが度を越してきますと、喜ぶ男もいるかもしれませんが
大体は熱がさがってきます。

メール、連絡がないと、あせるのでしょうが
そういうのがないときに、あせってはいけません。
愛を育む時間だと思ってください。
常にだとイヤになってしまうんだよ。

軽くでもキスをした仲であれば、この女性もうイケルと思い
男のほうは、今までのように努力はしないですよ。

心の中では、一丁あがりと思っていることでしょう。
この表現はよくないかな。安心感を持つにしておきましょうか。

>相手から急にそっけないメールの返事が来たら男性の方はどう思いますか?

これはなんですか、駆け引きをしようとしているのかな。
どう思うかですね、駆け引きをしようとしているな、面倒くせえ女だなと
思うことでしょう。気を惹こうとしているのですから。
これは、今のおじさんではなく、若いときのおじさんの
想いですので、すべての男が同じではないと思いますけど。

実際に会ったときのことを大事にして、メールで繋ごう繋ごうと
しないことです。
気持ちはわかりますよ。いつも私の心と彼の心が繋がっていたいという気持ちがね。
でも、それをすると男は面倒になります。
特別に中身がない、やりとりであれば余計にです。

今まで積極的にいき、ある程度までいったのだから、ここでしばらく
お休みをいれましょう。

今は連絡をやすみましょう。それがいいですよ。

そのほうがうまくいきますよ。

おじさんです。

男はね、最初はの頃は、その女性に対し、もの珍しさもあり
テンションは上がっているものです。
でも、そのテンションは、ずっと続くものではありません。

ですから、最初の頃は自分のほうもそうですが、貴女のテンションも
あがっているので、それに合わすようなことはしていたのでしょうね。

ですが、それは持続はしないものですよ。一日中朝から晩まで、
ずっとやりとりなどやってられませんよ。付き合いきれなくなるものです。

貴女の間違いを書いておきますね。

貴女とその男性との仲を...続きを読む

Q外貨両替の有利な場所(日本両替か現地両替か)

仕事で海外出張旅費のチェックをするのですが、国によっては日本で外貨に両替していく場合と現地で日本円から外貨に替える場合とレートに差があります。
業務上アジアの国々が多いのですが、なんとなく現地で両替した方がレート的に有利に見えます。この傾向はだいたいアジアの国々であれば同じでしょうか。また、アメリカやヨーロッパではどうでしょうか。

また、海外出張という性質上、市中の銀行で両替するよりも空港の銀行で両替をすることが多いのですが(時間節約のため)、ここの空港で替えるくらいなら日本で替えた方がましだというような所はあるでしょうか。

皆さんの経験でかまいませんので、教えてください。

Aベストアンサー

基本的な考え方は「よりマイナーな通貨の国で両替する」です。米ドルやユーロとの比較なら日本円の方がマイナーなので日本で、タイバーツや香港ドルとの比較なら日本円の方がメジャーなので現地で両替するのが得です。マイナーな通貨は流通性が悪いので、死蔵コストや為替変動のリスクの関係でどうしてもレートが低くなります。
ヨーロッパでもユーロ圏なら日本で両替すべきですが、スイスフランやイギリスポンドだと状況によって微妙で、さらにノルウェークローネやデンマーククローネだと現地で両替した方が有利です。

私もアジアではTCは勧めません。タイも1枚ごとに印紙税がかかりますから不利です。タイの場合空港で日本円現金を両替しても仲値+1.5%程度のレートですから、TCのレートがどんなに良かったとしても発行手数料と印紙税で全部吹き飛んでしまいます。
TCはアジアの場合、田舎では両替してくれないことがある、レートが現金より悪いことがある、別途手数料がかかることがあるなど問題が残ります。多額の資金を持っていく場合のみ安全性を考えてTCにする選択が出てきますが、それ以外は日本円現金を持参すべきです。

海外渡航では「米ドル信仰」みたいなものがあって「外国に行く時は米ドル」と決めている方が多いですが、日本人の渡航の多いところなら日本円現金で十分で、米ドルを経由するとその分の目減りで損するのが関の山です。米ドルを持っていった方がよいのはNo.5のご回答のように日本円の通用度が低い国のみです。
オーストラリアドルの現金を日本で準備するのは最悪です。それだけで10%程度目減りしてしまいますから、レートのよい銀行を選んだところで焼け石に水です。

空港での両替ですが、中国では基本的に全国同一レートなのでそのまま両替してOK。上述のようにタイも良心的。シンガポールやマレーシアは、街なかの両替商よりは落ちるものの悪くはないです。台湾や韓国も空港で両替してよいでしょう、仲値+3%くらいです。
香港は仲値より10%くらい悪いので避けた方がよいです。ただそれでも、日本で香港ドルに両替するよりはマシですが。

売り値が仲値よりだいたい5%以上悪かったら、クレジットカードによるキャッシングや、国際キャッシュカードの使用も考えた方が良いでしょう。

基本的な考え方は「よりマイナーな通貨の国で両替する」です。米ドルやユーロとの比較なら日本円の方がマイナーなので日本で、タイバーツや香港ドルとの比較なら日本円の方がメジャーなので現地で両替するのが得です。マイナーな通貨は流通性が悪いので、死蔵コストや為替変動のリスクの関係でどうしてもレートが低くなります。
ヨーロッパでもユーロ圏なら日本で両替すべきですが、スイスフランやイギリスポンドだと状況によって微妙で、さらにノルウェークローネやデンマーククローネだと現地で両替した方が有...続きを読む

Q日本→イギリス プラグの形状について質問です。(BFでよいのか教えて下さい)

イギリスに1年弱滞在する予定です。場所はウィンチェスターとヨークです。

日本の電化製品を持っていこうと考えています。デジカメと(まだ迷っていますが)パソコンを携帯する予定です。
それらをイギリスでも使うにあたって、プラグの差込口の形状が違うとのことで、変換プラグを購入しようと思い、電気屋さんに行きました。
すると、イギリスでは地域によって、プラグの形状が複数種類あるとのこと。
自分でも調べてみたのですがBFタイプが紹介されているところが殆どで、更に調べているとB、C、BF、B3と紹介されているところもあり、混乱してしまっています。
全てに対応したマルチタイプのものもあるようですが、それは大きくなってしまうとの回答もみられました。複数個用意した方がよさそうなら、複数個用意するなり、マルチタイプが良いのなら、マルチタイプを用意するなり、対応したいと考えています。

BFタイプで事足りるなら、それに越したことはないのですし、もしものときは、特に急を要する製品でもありませんので、現地で買う(予想外に大きいそうですが)ということも考えてもいます。

初めての海外で、なるべく心配は払拭して行きたいですので、ご存知の方がいらっしゃいましたら、回答よろしくお願いします。

イギリスに1年弱滞在する予定です。場所はウィンチェスターとヨークです。

日本の電化製品を持っていこうと考えています。デジカメと(まだ迷っていますが)パソコンを携帯する予定です。
それらをイギリスでも使うにあたって、プラグの差込口の形状が違うとのことで、変換プラグを購入しようと思い、電気屋さんに行きました。
すると、イギリスでは地域によって、プラグの形状が複数種類あるとのこと。
自分でも調べてみたのですがBFタイプが紹介されているところが殆どで、更に調べているとB、C、BF、B3...続きを読む

Aベストアンサー

私の経験の範囲ではイギリス=BFタイプですが、何分にもロンドン近郊のホテル滞在のみです。。。本題ですが、マルチ変換プラグが便利と思います。変圧器ではないことと許容電流があまり高くないことに気をつければ、英国の他へ行ってもまた使うことができますし。私はこれに小ぶりのOAタップを一緒に持って行き、1つの変換プラグに日本の電化製品を2~3個繋げて出張先などで使っています。変換プラグの大きさは、カメラのフィルムケース2個分くらいでしょうか。参考になれば幸いです。

Q1週間の海外旅行で必要な現金

フランス、ドイツに1週間ほどツアーでいくのですが
現金をいくら持っていくか迷っています。
海外旅行がはじめてなのでさっぱりです。
クレジットカードは持っていきますが、
信頼できるところでしか使いたくないので
ブランド正規店など以外では現金で払おうと考えています。
個人差はありますが、日本円でいくらくらい
もっていけばいいでしょうか?

Aベストアンサー

ヨーロッパではカードが当たり前になっていますから、財布に現金が100ユーロでも入っていようものなら盗んでくださいといっているようなものですよ。
どうしてもというのであれば#2さんのおっしゃるようにTCを用意して、免税店ではそのまま使えますが、そうでない店では都度両替するしかないでしょう。
AMEXのTCなら郵便局で手数料なしで現金化できます。

昼食代が含まれていない自由行動なら、バス・地下鉄で移動、おみやげ代・夕食代は別で1日あたり50ユーロ程度は見ておいた方がいいでしょう。
ヨーロッパでは物価が高いので割とかかります。
500円(=約3ユーロ)では安めのサンドイッチしか買えませんし、観光地ならさらに値段は跳ね上がります。ファーストフードのセット(menu:ハンバーガーとポテトと飲み物)で6~7ユーロ、カフェで昼食なら飲み物付けて10ユーロ程度かかります。
昼食・移動込みなら、レストランでの追加飲み物(ノンアルコール)が3ユーロ程度、トイレが0.50ユーロ、500ml入りの水が観光地価格で1.50ユーロ程度です(スーパーなら0.20ユーロ程度です)。夕食の飲み物代を別として15ユーロ程度あれば十分でしょう。

クレジットカードでもIC付きのものでしたら複製は難しいですし、暗証番号さえ盗まれなければ万が一紛失・盗難しても止めることもできます。
10ユーロ以上かかるような店や食堂ではカード払いが普通で、マクドナルドでも使えますので、
現金は全日程通して100ユーロ程度に留め、IC付きのクレジットカードで買い物されることをおすすめします。
(ICの付いていないものだと、高額店を除いて使えないことが多いです。)
現金だといやな顔されることもありますし…。

ヨーロッパではカードが当たり前になっていますから、財布に現金が100ユーロでも入っていようものなら盗んでくださいといっているようなものですよ。
どうしてもというのであれば#2さんのおっしゃるようにTCを用意して、免税店ではそのまま使えますが、そうでない店では都度両替するしかないでしょう。
AMEXのTCなら郵便局で手数料なしで現金化できます。

昼食代が含まれていない自由行動なら、バス・地下鉄で移動、おみやげ代・夕食代は別で1日あたり50ユーロ程度は見ておいた方がいいでしょう。
ヨーロッ...続きを読む

Q空港到着2時間前に遅れたら飛行機に乗れないのですか

国際線の航空券を買うと「飛行機の出発2時間前までに空港カウンターにお越しください。」と旅行代理店で言われたり、そのようなことを書いた紙を渡されます。

飛行機が朝9時なら、朝7時までに空港カウンターに行かないといけないということです。

国際線の場合、税関などがあるからだと思います。

なので海外へゆくときは空港へは早めに行くようにしています。

しかしなんらかの理由で空港到着が遅れた場合、飛行機に乗れないのでしょうか。
(電車が遅れたとか、うっかり寝坊したなど)

例えば空港カウンターに着いたのが飛行機出発の1時間前だった場合、飛行機に乗れないのでしょうか。(成田空港や関西空港など日本の空港の場合の話です。)

Aベストアンサー

国際線は2時間前に、国内線は1時間前に空港のカウンターに行くことが通例ですね。

旅行代理店にしても、出発前の説明やチケットの配布、税関や手続きにも時間がかかるので早めに来てもらいたいんでしょう。

また、空港までのアクセス間で、例えばリムジンバスを利用する場合、渋滞などで定刻通りに到着しない可能性があるので早めに来てくださいとの意味で「2時間前」といわれてるみたいです。
遅れるのが確実な場合は、添乗員さんや代理店に連絡してあげると良いと思います。

チケットを前予約されてたりビジネスマンや慣れてる方などは1時間前頃に来るみたいですよ。

実際の搭乗ゲート案内は20分前位ですしね。

まあ、早いのに越したことはないですね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報