太陽光を電気に変えるシステムで将来のエネルギー危機(の一部)を回避できるというお説がありますが、LCAも考慮に入れた場合、本当なのでしょうか? なにかの本に、試算した結果本当だったという内容が記されていた記憶もありますが。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

補助エネルギーにはなりますが、


エネルギーの主力にはなるには、まだまだ時間が掛かります。
ダメかもしれません。

理由は以下の通りです。

1)現状では製造時に必要としたエネルギーを
  発電するのに10年ほど掛かっている。
  つまり、10年以内にだめになってしまうと、
  エネルギー的に損をする
2)表面を常に綺麗にする必要がある
  このため、低緯度地方(赤道直下)では使いにくい
  ただし、立てて設置すれば高緯度でも問題は無い。
3)発電量の変化が大きい。
  特に、夜間には絶対に発電できないので
  なんらかの蓄電システムが必要
4)広い場所が必要
5)すでに得られる電力は理論効率とほぼ同じになっている
  つまり、今の技術の延長線では、もう効率はあがらない

ある漫画家の書いた漫画に、
原子力発電と自然力発電と揚水発電を組み合わせる事で
(揚水発電は、蓄電システムとなる為)
自然エネルギーを最大限活かそうとする技術者の
話がありました。
太陽光だけを使うよりはこちらのほうが良いでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変参考になりました。ありがとうございました。 

ただし、漫画は漫画としても、(燃料製造とシステムの構築に要するエネルギー+それらの廃棄に要するエネルギー)を考えた場合、原子力発電のエネルギー効率が良いというのは大いに疑問です。 Esme

お礼日時:2002/02/26 17:52

素人なので質問の意味が分かりませんが、こういう話を聞きます。



太陽電池を球体にする。
これは光の進入角度による発電のムラを少なくする方法で、球体表面が太陽電池になります。この方法だと全くの平面から比べ発電効率が飛躍的に向上するらしいです。

製造工程は大量生産を考えると無重力で生産することが効率的で、無重力上で液体が表面積を最小に留めようとする真球状態を作るには無重力で融けた半導体を球体にする方法が効率的で、実現すれば発電効率・生産コスト両面からの期待が高まる。

らしい・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。 Esme

お礼日時:2002/02/26 10:57

 LCAまで厳密に考慮した場合の結論は存じ上げませんが、一所懸命研究されている方々がいらっしゃいますので参考にされて、ご自身で判断されることを希望致します。


 参考までに、ポータルサイトとして便利なウェブページを紹介致します。その中のリンク先のNEDOの成果報告などが冷静な判断材料になれば幸いです。

参考URL:http://kuroppe.icrs.tohoku.ac.jp/~masaki/wet_cel …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。ご紹介のありましたウェブページを参照いたします。 Esme

お礼日時:2002/02/26 10:58

たしか.しばらく前の研究結果では.日本国内では日照が少なく.人件費が高い.地価が高いので.大要エネルギーの使用は絶望と聞いています。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答をありがとうございました。 Esme

お礼日時:2002/02/26 09:02

質問の意図するものが分からないのですが、


太陽電池に興味があるので、ちょっと調べて見ました。
古いないようですが、質問に添う内容なので載せてみます。

参考URL:http://www.sfc.keio.ac.jp/~t92171kk/Solar/natula …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答をありがとうございました。 Esme

お礼日時:2002/02/26 09:03

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q低電圧電気取扱者に対する労働安全衛生特別教育講習会

タイトルの定電圧電気取扱者ですが、実際にどのレベルのものでしょう?
規定では600V以下とか、敷設されたものとかですが、
例えば、車の12Vバッテリー交換もこの講習を受けていないと仕事としてはできないんでしょうか?

仕事でとある製品に内蔵されている12V、24Vのバッテリーの接続や取り外し、交換を行っていますが、違法行為でしょうか?

Aベストアンサー

50V以下は規制対象外です(そうじゃないと乾電池交換もできなくなる)

Q地球って本当に危機的状況ですか?

温暖化が進むと、人類にとっては危機的状況と言うのは容易に判断できますが、地球にとっては危機的状況なのでしょうか?

IPCCによると、過去2000年間の日本の平均気温は今より2.3度高かったそうです。今より2.3度、平均気温が高いほうが地球にとっては快適と言う考えも出来る気はします。まぁ、過去46億年での2000年なんて参考に値しないかもしれませんが。


温暖化に関わらず環境破壊でも、約4億3500万年前に超新星爆発で、ガンマ線バーストを地球が受けて地球上の生物が大量絶滅したらしいです。しかし、今日のように元気に生きてる地球があります。そう思うと、人類の環境破壊なんて、地球にとってはなんとも思っていない気がします。


実際のところ、地球は危機的状況なのでしょうか?


*「仮に地球は危機的状況ではない」となった場合でも、環境問題には取り組まなくて良いと言う、正当性を持たせたい訳ではありませんので、純粋に質問に答えて頂けると幸いです。

Aベストアンサー

何を以って“地球の危機”とするかですね。

星に住む生命体を財産と考えるのなら、温暖化による平均気温や海面の上昇、異常気象も見方によれば危機的状況です。

いつかプレート運動が止まるのも危機的ですし、(地球にしてみたら近い)将来には太陽に飲み込まれるも危機的状況ですね。

>地球にとってはなんとも思っていない気がします。
こればかりは地球さんに聞いてみないと、何とも言えません。

Q低圧電気取扱特別教育について質問です。

低圧電気取扱特別教育について質問です。
電気工事士(2種)の資格だけでは、電気工事はできないのでしょうか?
小職なりにしらべると、電気工事士(2種)は安全品質上の資格(経済産業省)であって、低圧電気取扱特別教育は工事士本人の安全(安全衛生基準法)についてである。
どちらもないと電気工事はできない?という認識になるのですが、電気工事士(2種)を取得したときは、低圧電気取扱特別教育について何も触れていなかった?と思うのですが、低圧電気取扱特別教育とはどういう位置付けになりますか?

Aベストアンサー

電気工事士のほうは、通常電気の来ていない状態の低圧電路の工事になります。
低圧電気取扱特別教育は、充電電路の場合で、特に充電部分が露出している開閉器の操作をするときに必要となります。
したがって、通常の電気工事では、低圧電気取扱特別教育は必要ないように思えますが、仮設電源などがあるため、この操作をするときは、工事士の免許だけではダメで、低圧電気取り扱いが必要になります。

Qツバルの危機は本当?

「地球温暖化で沈み行く島ツバル」は有名な話ですが、これって本当の話なのでしょうか。海岸線の浸食や満潮時の床下、床上浸水などの話が報告されていますが、水面上昇が原因なら世界の同じような地形の場所全てで起こっているはずだと思うのですが。例えば有明海の干潟のような場所は完全に様相が変わってもおかしくないのですが、なぜツバルだけであのような極端な現象が現れているのでしょう。

推定
1)水位が上がってもなんらかの事情により地域によりその上昇幅が異なる。→ なんらかの事情とはなんでしょう?
2)世界中で同じことが起こっているが私が知らないだけ。
3)実際にはツバルの地盤沈下があるのだが、地球温暖化防止のキャンペーンのため、またはツバル住民の避難先確保の正当性を主張するためにあえて黙っている。

さて実際はどうなんでしょう?

注)温暖化防止をしなくてもいいんだとかいうことを考えている訳ではありません。純粋に疑問なだけです。

Aベストアンサー

海面上昇は世界中で起こっています。
ベネチアもその被害に遭っている町のひとつです。
http://www.tv-asahi.co.jp/earth/midokoro/2005/20050417/index.html

そのうち、日本でも海抜0メートル地帯が海に沈むかもしれません。

Q安全衛生教育の実施目的

こんにちは


1.安全衛生教育を実施する目的は何でしょうか?(安全衛生教育を受けないと出来ないことはなんでしょうか?)
2.この教育の実施は、法律等で決められているのでしょうか?
3.安全衛生責任者教育との違いはなんでしょうか?
4.また職長教育との違いは何でしょうか?

参考 
労働安全衛生法第60条では、「事業者は、その職場の職長等の第一線監督者に新たに就任する者に対して、安全衛生業務を遂行するために必要な教育を行わなければならない。」と定めています。製造業をはじめとする多くの事業場では、職長は仕事を能率的に進めることに加えて、部下の健康と安全を確保する上で重要な立場にあります。
一方、建設業においては、請負契約関係にある事業者が同一の場所において混在作業を行うことによって生じる労働災害を防止するために、その現場全体を統括管理する安全衛生管理体制を必要とします。そして、選任された安全衛生責任者は、現場の第一線監督者として元方事業者との連絡調整の他、職長としての職務だけでなく、安全衛生責任者としての職務を的確に果たすことが求められています。
  このような状況を踏まえ、厚生労働省より『職長・安全衛生責任者教育』が示されおり、この教育を修了した者は、労働安全衛生法第60条に基づく「職長教育」に加え、「安全衛生責任者教育」を修了した者とすることが認められています。

こんにちは


1.安全衛生教育を実施する目的は何でしょうか?(安全衛生教育を受けないと出来ないことはなんでしょうか?)
2.この教育の実施は、法律等で決められているのでしょうか?
3.安全衛生責任者教育との違いはなんでしょうか?
4.また職長教育との違いは何でしょうか?

参考 
労働安全衛生法第60条では、「事業者は、その職場の職長等の第一線監督者に新たに就任する者に対して、安全衛生業務を遂行するために必要な教育を行わなければならない。」と定めています。製造業をはじめと...続きを読む

Aベストアンサー


安全衛生管理体制を敷くため

安全衛生法で決められています

安全衛生責任者教育とは安全衛生責任者として必要な事を研修する事であって 全体に職場の安全衛生環境を向上させる為に責任者としてどのような確認をしてどのように必要なときは処置を行うのか?

職長教育というのは社内でやる事ですから業務としての教育だと思うので法定のものではないと思います。(さまざまな法定事項の確認もあるでしょうが)

Q太陽電池は本当に省エネか疑問

太陽電池は本当に省エネか疑問
近時太陽、風、潮力、地熱等々の自然エネルギー利用が叫ばれて技術開発、商品開発が進んでいますが、私には大きな疑問があってそれが解けません。
例えば太陽電池の普及が盛んになっていますが、この製品設備については電池基盤、電池エレメント、送変電設備、制御装置、設置基礎材等々の製造にはかなり大きなエネルギーが費やされています。
一方太陽電池の発電回収電力は僅かなもので、この製造の為に費やしたエネルギーを回収するには何年も掛かるし、その間のメンテナンスには新部品に交換する場合も有るでしょう。これまた多くのエネルギーを使った上で作られた部品です。
設備の製造に使われるエネルギーと回収自然エネルギーとはどの様に釣り合っているのでしょうか?
学者さんのこの面での研究はどんな風に進んでいるのでしょうか?

考えなければならないのは、現在の製造に費やすエネルギーは、電力は、多分に安価な石油、石炭、ウラン等々に依存しています。この貴重な化石燃料が、石油で見れば、なんとペットボトルの飲み水より遥かに安価に設定されていると言う信じられない状態です。地球が何億年も掛けて溜めた貴重な化石燃料を安価に設定して300年もしない内に浪費し尽くそうとている。これこそ愚かな地球人の生き方ですが、大切に使わなければならない地下資源が、飛んでもない安価で使えているというのは動かぬ事実ですね。
現在の所、この安価な化石燃料の恩恵で太陽電池設備も相対的に安価に製造出来ていますね。
最近は更に政治的補助金制度も加わって、何となく太陽電池設備費と回収電力費とが価格的にペイしてるからエネルギーもペイしてる様な錯覚をしているのでは無いでしょうか?
経済的にペイしてれば省エネになっていると言うのでは、真の省エネとは程遠い話です。
太陽電池の例で、果たして本当に地球学から見たエネルギーの量で利得があるものなのでしょうか?
それはどの位なのでしょうか?これに応える意見とか論文とかを紹介して下さい。

太陽電池は本当に省エネか疑問
近時太陽、風、潮力、地熱等々の自然エネルギー利用が叫ばれて技術開発、商品開発が進んでいますが、私には大きな疑問があってそれが解けません。
例えば太陽電池の普及が盛んになっていますが、この製品設備については電池基盤、電池エレメント、送変電設備、制御装置、設置基礎材等々の製造にはかなり大きなエネルギーが費やされています。
一方太陽電池の発電回収電力は僅かなもので、この製造の為に費やしたエネルギーを回収するには何年も掛かるし、その間のメンテナンスには新...続きを読む

Aベストアンサー

開発当初はともかく太陽電池のエネルギー収支は10年以上前の時点でも十分に取れています。
とりあえず産総研から「太陽光発電のエネルギー収支」を記述したページを紹介しておきましょう。
# http://unit.aist.go.jp/rcpv/ci/about_pv/e_source/PV-energypayback.html

あと石油の値段がペットボトルの飲み水より安価といわれますが、ペットボトルにせよ缶にせよ購入する飲料の値段はほとんどが容器と輸送費、すなわち石油代ですよ。原理的に石油より安くなるはずはありません。

参考URL:http://unit.aist.go.jp/rcpv/ci/about_pv/e_source/PV-energypayback.html

Q【法律・電気用品安全法】 電気用品安全法の規制を受ける450品目の一覧を見たいです。 どこで見れます

【法律・電気用品安全法】


電気用品安全法の規制を受ける450品目の一覧を見たいです。

どこで見れますか?

Aベストアンサー

経済産業省 電気用品安全法

特定電気用品(116品目)一覧
http://www.meti.go.jp/policy/consumer/seian/denan/specified_electrical.html

特定電気用品以外の電気用品(341品目)一覧
http://www.meti.go.jp/policy/consumer/seian/denan/non_specified_electrical.html

Q太陽光発電は、本当にエコなんですか?

以前、太陽光発電のパネルを作るのにそのパネルで発電できる総電力量(壊れて使い物にならなくなるまでの総発電量)より、多くの電力を必要とする--と言うようなことを聞いたことがあるのですが、現在出回っている物はどうなんでしょうか?
半導体を作るのにかなり大がかりな設備や、危険な薬品類を使用することも考え合わせると本当に太陽光発電がエコエネなのか疑問を持っています。

Aベストアンサー

「太陽光発電評価の調査研究」平成8年度、NEDO委託業務(太陽光発電技術研究組合受託)成果報告書

によりますと、多結晶シリコンの太陽電池セルで100MWの生産規模
にて生産すると、EPTは1.5年となっております。
 ※EPT(Energy Payback Time)(年)
  太陽電池がそのライフサイクルにおいて消費されるエネルギー
  (投入エネルギー)を、生産されるエネルギーによって回収す
  るために要する期間(年)を意味し、このEPTが太陽電池の耐用
  年数より短いほどエネルギーの採算性がよくなる。
つまり、生産に必要なエネルギーは、太陽光発電の1.5年で回収でき
る事になります。
尚、セルの生産規模が10MWの場合のEPTは、2.4年ですので、生産規模
が小さければ、効率は悪くなります。

また、寿命が来た太陽光発電セルの回収に要するエネルギーに関しま
しては、リサイクル率がかなり高いですので必要エネルギーは極めて
低くなります。
これに比較して、原子力発電所や火力発電所の解体費用は莫大な金額
ですので、廃棄時のエコ度は太陽光発電がかなり有利です。

よって、エコという観点のみで太陽光発電を見ますと、エコ度は高い
と言えます。


実際に設置する場合の経済性については、下記を参照願います。

http://allabout.co.jp/house/kankyosumai/closeup/CU20031014b/

「太陽光発電評価の調査研究」平成8年度、NEDO委託業務(太陽光発電技術研究組合受託)成果報告書

によりますと、多結晶シリコンの太陽電池セルで100MWの生産規模
にて生産すると、EPTは1.5年となっております。
 ※EPT(Energy Payback Time)(年)
  太陽電池がそのライフサイクルにおいて消費されるエネルギー
  (投入エネルギー)を、生産されるエネルギーによって回収す
  るために要する期間(年)を意味し、このEPTが太陽電池の耐用
  年数より短いほどエネルギーの採算性がよくなる...続きを読む

Q安全衛生責任者教育講師資格について

安全衛生責任者教育講師の資格を持っていますが、安全衛生責任者の資格とは同等なのでしょうか?再度、安全衛生責任者教育を受けなければいけないのでしょうか?

Aベストアンサー

講師資格をお持ちでしたら、自分で教育したと記録を残せばよろしいのでは?

冗談はさておき、安全衛生責任者になる要件はけっこうあいまいな部分がありますので、講師資格でなっても文句を言うところはないと思います。

RSTをお持ちなのでしょうか?

職長、リスクアセスメントのからみはどうなのでしょうか?

Q太陽光発電と太陽熱温水器

比較すると、どうも光の方が効率も悪くコストが高いような気がします


太陽熱温水器で出来たお湯の熱エネルギーから効率よく電気って作れないものでしょうか?
コスト、ロス大きい?

Aベストアンサー

参考URLの記事を見つけました。
発電出来ないことはなさそうです。

ですが、下記の記事では太陽電池の効率は8%となってますが、実際は10~20%で、30%近いものもあるようです。

発電するには太陽電池の方が効率が高いと思われます。

これに対し、太陽熱温水器の方は効率を数値で表示しているものをみつけられず、比較することが出来ません。

太陽熱温水器の方が効率が良いとする根拠をご存じでしたらご教示願います。

参考URL:http://www.sankei.co.jp/eco/news/2004/08/04-1.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報