今期は見送りましたが、FFヒーターの設置を検討しています。
場所の関係があって、使わない時期には、ヒーター部を外しておきたいのです。
簡単に、設置・撤去は可能なのでしょうか。
輻射熱タイプで燃料タンクは屋外に設置するものを考えています。
冬場のみ、設置して使いたいのですが、お尋ねします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

補足にお答えします。



コネクターやコックはいろいろな種類があるので、適材適所に選定する情報を持った業者が良いでしょう。
取り外した燃料ホースからの燃料の漏洩を防止するための逆止弁付ワンタッチカプラーなどを選択してもらえるかどうか確認してください。

排気筒の処理も他の回答にあるように団地などで使用される部品を使用するなり、デザイン性をさらに高めて選択するなり、業者のセンスを見定める必要があります。

業者任せにするのではなく、関連する配管部材を独自に勉強されておくことも必要でしょう。
ネット上から十分に情報収集できます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

納得のいく回答を頂き、有難う御座います。
も少し部品の勉強もやっておきたいと思います。

今後 業者との話を進める中で参考にしたいと思います。
感謝。

お礼日時:2002/02/28 14:34

簡単ではないですが、出来ますよ。

(*^^)v
我が家ではストーブの下に絨毯が敷いてあるので、「面倒だなぁ。」と思いつつ、毎年外しています。

何が面倒かっていうと、燃料ホースに残る灯油の処理です。
このホースの灯油は灯油用ポリ缶に戻すのですが、hirocyanさんの場合、屋外タンクのようですので、室内の燃料ホースはそんなに長くないですよね。
この他にストーブの中にも灯油が残っているので、運ぶ時はこぼれないように要注意です。(けっこう残ってます。)

排気管の方は割と簡単に外せるのですが、付ける時に室内の排気管と給気管を付け間違わないように注意です。
家は団地なのですが、壁の穴にはねじ込み式のプラスチックの蓋が付いていて、これは見た目も良いしGoodです。

ただし、ストーブを使うのが1階か、ベランダに排気管が出ていれば問題ないですが、2階の場合、危険ですので付けっぱなしの方がよいと思います。

この回答への補足

心強い内容です。
後は業者と十分な話をしてみたいと思います。

補足日時:2002/02/28 10:03
    • good
    • 0

壁の穴は蓋を用意すればよいのですが、熱源配管の取り外した後の処理が問題です。



ガス熱源ならコネクターでの取り外しが可能です。
http://www.gas.city.sendai.jp/kaiteki/kaiteki_6/ …

ビルトインタイプもありますので壁に埋め込んでしまえば移動の必要がなくなります。
http://www.toyotomi.jp/products/ff/index.html

灯油を熱源として移動させるためにはカートリッジタンク式が良いでしょう。
外部タンク式の場合はコネクターを業者に取り付けてもらう必要があります。
標準では用意されていないと思いますが、その手の部品はありますので工事可能かどうか業者に打診してください。

この回答への補足

早速の回答 有難う御座います。
ビルドインですが、壁に埋め込むスペースがありません。
燃料は、ランニンブコストからみて灯油を使用したいと思います。
また、タンクですが、カロリーが大きくとれるものにしたいので屋外に設置するものを選びたいと思います。
灯油仕様でも コネクターやコックを付けられますよね。

FFヒーターは1階に置く予定です。
その外側は濡れ縁がありますので、コネクター、コックの操作は簡単に出来ると思います。給・排気の「筒」も取り外し可能にしたいです。
ほかにも注意点等がありましたら御教授願います。
参考にして業者と相談したいと思います。
よろしくお願い致します。

補足日時:2002/02/28 09:54
    • good
    • 0

こんにちは、北海道に住むものです。



FFヒーターの脱着は基本的にはしないですね。
専門化が有料で行うなら別ですが。
今は、パネルヒーターほどの超薄型のものもありますよ。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q液中ヒーターの絶縁測定について質問

液中ヒーターのELBがトリップした際のメガテスタの測定方法について質問です。
構成として、ELB→マグネット→SSR→端子台→コンセント→(コンセント接続タイプ)ヒーター となっておりますが、この場合ヒーターをコンセントから抜いた状態で測定して良いものなのでしょうか?
それとも、コンセントには繋いだまま端子台(もちろん端子は外した状態で)で測定した方がよいのでしょうか?

というのも、実際にはコンセントから外した状態でヒーター(液に入れたまま)UVW端子をメガで測定し、いずれも0.02MΩ程度だったことから地落していると判断したのですが、この時何に対して地落しているのか分からなくなったためです。
液の槽は絶縁物で出来ているのでアースに落ちているとは考え辛いですし…
不勉強でお恥ずかしいですが、ご教授のほどよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

絶縁測定の実施方法が違っているようです。
一般的にはヒータの構造は発熱体と充填材(砂のような絶縁物)と
外管(保護管)の3つの構造からなっています。
「ヒータの絶縁抵抗」はこのヒータ発熱体の
端子部分と外管との絶縁抵抗を測ります。
ヒータを単体で(コンセントから抜いて)U相、V相、W相をまとめて
一括してメガーの赤線(プラス側)につなぎ、接地側(黒のクリップ側)を
外管に当てて測定します。装置の接地端子との間を計ることは
する必要がありません。正常なら1MΩ以上の絶縁抵抗があると思います。
とりあえずこの方法で絶縁抵抗を測定してみてください。

Q屋外灯油タンクの破損…

屋根からの氷雪で、屋外灯油タンクの上部に付いている浮きの部分(満-空を示すもの)が破損してしまいました。
一緒に上部に付いているガス抜きのようなパイプも破損です。

破損した部分だけの修理は、可能でしょうか?
当方札幌に住んでいますが、どのようなトコロに問い合わせして良いのか分かりません…

Aベストアンサー

可能です。

ゲージは3,000円くらいだと思います。
エア抜きのパイプの値段はちょっとわかりませんねぇ。

灯油を頼んでいる石油会社に尋ねると良いと思います。

ホームタンクのメーカーや型式を伝えると話が早いです。

QSSRという無接点リレーについて教えてください。 SSRはどのようなところで使用するものなのでしょ

SSRという無接点リレーについて教えてください。

SSRはどのようなところで使用するものなのでしょうか?
詳しい方教えてください。

Aベストアンサー

SSRは開閉頻度が多い所に使います。
普通のリレーは機械式接点なので1分間に数回程度の頻度でしか使えません。開閉の度に出る火花のために寿命が短いのです。開閉の回数に限度があります。
SSRは半導体スイッチなので火花は出ず、高頻度での開閉が可能です。交流電源の半サイクルごとに開閉ができます。すなわち50Hzの交流では毎秒100回、60Hzでは120回が可能です。開閉回数に限度はありません。
直流回路用と交流回路用があり間違えると正しく働きません。
また導通した際に1ボルト程度の損失があるため普通のリレーより損失が多く大電力のものは少ないです。
用途としては工業用の温度調節器などに使われます。

Q業務用燃料タンクをご存知ないですか

1000リットル、灯油、検査済みでなるべく安い製品さがしてます
油量計は別でかまいません

Aベストアンサー

名前だけだとわからないかもしれないので、検索したら直ぐに引っかかりましたから、URLも書いておきます。
サンダイヤ:
http://www.sundia.co.jp/

ダイケン:
http://www.daiken.ne.jp/

サイトを見たらダイケンも950Lまで扱っているようですね。ホームタンクとして扱っているようですから、認定とか検査関係もOKなのではないかと思います。

QSSRとフォトカプラの違いについて。

SSRとフォトカプラの違いについて。

電子工作の初心者です。
最近、フォトカプラとトライアックを組み合わせたSSRというものがあることを知りました。
使用例としては、PICからSSRをスイッチングし、AC100Vを駆動しています。
フォトカプラとトライアックを組み合わせると、フォトカプラだけ使う場合とは何が違うんでしょうか?

Aベストアンサー

最大の違いは、接続できる負荷の大きさです。SSRは負荷の開閉用にOn/Off制御用とは別の素子を使っているので、この素子次第で大きな負荷を開閉できるものが自由に作れます。これの大型のものはソリッドステートコンタクタなどと呼ばれ、産業用のモーターをぶら下げても平気です。

例えばこんなもの(定格電圧200~480Vで最大負荷容量18.5KW)
http://www.fa.omron.co.jp/product/family/1718/index_p.html

一方のフォトカプラは、On/Off制御のフォトトランジスタに直接負荷がつながるため、そんなに大きなものは作れません。普通は信号用です。なので、負荷は小型のリレー程度が限界です。その代わりというのも何ですが、応答時間の短いもの(高速なもの)を見つけやすいという違いがあります。ソリッドステートコンタクタくらい大きなものになると、大きい負荷はそもそも応答時間が長いので、応答時間が100ms以上でもさほど問題視されませんが、信号用フォトカプラでそんなにかかったのでは使い物になりません。ということで使い分けになります。

最大の違いは、接続できる負荷の大きさです。SSRは負荷の開閉用にOn/Off制御用とは別の素子を使っているので、この素子次第で大きな負荷を開閉できるものが自由に作れます。これの大型のものはソリッドステートコンタクタなどと呼ばれ、産業用のモーターをぶら下げても平気です。

例えばこんなもの(定格電圧200~480Vで最大負荷容量18.5KW)
http://www.fa.omron.co.jp/product/family/1718/index_p.html

一方のフォトカプラは、On/Off制御のフォトトランジスタに直接負荷がつながるため、そんなに大きなものは...続きを読む

Q大型屋外用角形灯油タンクを安価で発送したいです。

頼まれ物で大きめの屋外に設置されていた灯油タンク(中身は完全に空)を発送したいのですが
一人で持てる大きさでも重さでも無いために、普通の宅配便では無理と断られ
(某ブラックキャットさんでは家財扱いで可能だそうですが近県でも余裕で万超えするそうです)

大手引っ越し業者に相談したところ、企業向けでしかそういったサービスは行っていないそうです。
大きさのイメージは軽トラの荷台になんとか乗るレベルの大きさです。
掲載画像と類似した形状ののタンクではかなり大きめのサイズで重量は60~80キロぐらいだと思います。

見積もり比較サイトなど活用しようかとおもいましたが、前に車の見積もりサイトに登録したところ
うんざりするほど電話が掛かってきて心底嫌になりました。

輸送品はタンク本体と支柱4本で自力で容易に支柱は取り外し解体は可能です。

自分なりに試行錯誤してみましたが行き詰まってしまいました、博識なお方、何とぞお力をお貸し下さい。

Aベストアンサー

相手に軽トラレンタルして取りに来てもらう。

業者に依頼し運搬してもらう場合、一人では集配も、中継地点となる配送センターでの積み卸しも手間が掛かる上一人では出来ず人件費も余計に掛かりますし、また場所を取ることも含め、当然ながら輸送にかかる経費(燃料、高速道路通行費、細かにいえば車の維持費)も。

あなた自身が運ぶことと比べ、効率的に費用を削減できるとすれば、他の荷物と紛れついでに運べる流通輸送ルートの確保ということになりますが、これも一人輸送車では代替えが効かず、結局おそらくその荷物単品での輸送となり意味がありません。

万越えの費用は高いでしょうかね?

Q電源ラインに繋いだSSRが壊れる原因

AC200V電源ラインを直にSSRの入力に繋ぎこんで、電源の監視を
しているのですが、この電源に大型のファンモータが繋がれることがあり、
どうもそのときにSSRがかなり激しく壊れてしまう(焼けている?)ようです。
これは、ファンモータの起動時などに、電源ラインになんらかの異常電圧?が
発生して、それによって壊れているのでしょうか?
考えられる原因を教えていただけると助かります。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

大型のファンモータはSSRの負荷よりもずっと大容量で、SSR入力側電源に並列に電磁接触器:MCで投入遮断されているのですね。

モータは投入時に定格電流の5-6倍程度の起動電流が流れます。
更に最初の1cycleの間は投入位相、モータの磁気回路の飽和状態等から起動電流の更に2-3倍?の突入電流が数msの短い間ですが流れます。
またMCは機械的に安定した接触状態になるまでの数十msの間、チャタリング:バウンドを繰返します。

この突入電流/起動電流は、MCのチャタリングで切断されようとする時、電源側トランスやモータのリアクタンス分で流れ続けようとして、高圧のスパーク:電源電圧の2-3倍?を発生させます。
このスパーク電圧にSSRが耐えられない場合、SSRに大電流が分流して流れる事になりエネルギーが大きい為SSRを焼損する事になると考えられます。
トランスの一次側からも雷サージ電圧等がトランス二次側に巻線等のコンデンサ分を通したりして誘起されます。

これらの大電圧大電流のスパーク電圧等を必要であれば低減させた上、その電圧に対応した耐電圧のSSRとする必要があります。
SSRには普通保護用のサージアブゾーバ:バリスタ等が含まれている筈ですが、SSRの定格負荷に対応している程度でしょう。
バリスタの電流容量が小さい場合、大きな電流が流れ込もうとする時はSSRの耐圧を越した制限電圧にしかならず、相変わらず焼損が発生するでしょう。

以上のような現象が発生しているものと考えられます。

これらに対応して、ファンモータ対応の電流容量を持ったCR保護回路、バリスタ等をSSRと並列に追加する必要があります。
先ず 以下のような項目について、サーチ条件を考えながら調べて下さい。
(電気の一般的な知識のみで、具体的な大容量バリスタのメーカ等については分りませんのですみません)

SSR サージ電圧 保護
SSR 過電圧 保護 説明 OR 解説

SSR サージ電圧 保護 バリスタ
SSR サージ電圧 保護 大容量バリスタ モータ負荷
SSR サージ電圧 保護 CR保護回路 モータ負荷

大容量バリスタ メーカ カタログ ...等

次にSSRメーカに状況を説明して問い合わされるなり、
適用出来そうな保護回路や装置が分ったらそれらを購入するなどして対応してください。

或いは別の考え方として、AC200Vラインに電圧が来ているかどうかの確認だけでしたら、AC200V用リレーを設け、接点入力として制御側に取り込むのが一番簡単でサージ電圧での破壊等を気にしなくて済みそうです。

或いは絶縁用の小型トランスと簡単な整流平滑回路を通してDC5V(3-12V?)を発生させて取り込む事も出来そうです。

或いはSSRと直列に抵抗(SSRの等価負荷抵抗の1-3%程度?)を挿入した後にSSR対応のサージアブゾーバを追加する(SSR内のサージアブゾーバのみで良いかも知れませんが)事でも対応出来そうです。

大型のファンモータはSSRの負荷よりもずっと大容量で、SSR入力側電源に並列に電磁接触器:MCで投入遮断されているのですね。

モータは投入時に定格電流の5-6倍程度の起動電流が流れます。
更に最初の1cycleの間は投入位相、モータの磁気回路の飽和状態等から起動電流の更に2-3倍?の突入電流が数msの短い間ですが流れます。
またMCは機械的に安定した接触状態になるまでの数十msの間、チャタリング:バウンドを繰返します。

この突入電流/起動電流は、MCのチャタリングで切断されようとする時、電源側トランスやモ...続きを読む

Q屋外駐車場のコンクリート地面に防水コンセントを設置したいのですが

こんにちは。

屋外駐車場のコンクリート地面に、防水コンセントを設置したいと考えています。屋外なので雨が降ればぬれてしまうので、防水タイプが必要と考えています。使用しないときは蓋がしてあり、使用時に蓋を開けてコンセントを接続するような運用を想定しています。

このようなコンセントってあるのでしょうか?よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

私の知る限りでは、有りません。
内線規定に違反しますし、防水が非常に難しい、ほぼ無理でしょうね。
参考URLのようなものは使います。
後は、壁や柱に取り付けて我慢するか。

電飾(クリスマスツリー設置)のために、広場の中央に枡を入れて、その中に設置してあるのは見たことが有りますが。
専用のブレーカーを設置して、使用する時は引き上げて使っていました。
枡内の排水まで確保しているかどうかは不明ですが、何とか使えてはいるようでした。
が、そこまでする必要があるのかが問題ですね。

参考URL:http://biz.national.jp/Ebox/exteriorpower/index.html

Qソリッドステイトリレー(SSR)とは

ソリッドステイトリレー(SSR)って何でしょうか?

Aベストアンサー

無接点型のリレーです。
接点部は半導体素子なので電磁型リレーのようにカチカチ音がしません。

Q屋外アンテナの設置について

新居の屋根にアンテナをつけないとテレビが見られないのですが、
機器や設置費用はいくらぐらいするものなのでしょうか?
どこに頼めば良いのかも分かりません。
家電の量販店などテレビを販売している所なら、どこでもやってもらえるのでしょうか?
埼玉県東部で安い業者やサイトをご存知でしたら教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。

ますば新居を建てる時点でメーカーさんに依頼されてみてはどうでしょうか?
それがダメであればコジマやヤマデダンキなどの大手量販店でアンテナは買え
ます。取り付けの方も手続きしてくれますが、大手量販店で受付して地元の小
さい電気屋さんが取り付けにきてくれるというのが常みたいです。またアンテ
ナメーカーも色々ありますよ。

うちは自分で付けましたよ。足場があるうちであればなんとか大丈夫です。
素人が付けてもテレビはきちんと見れるし、この間の台風21号でもなんとも
なかったです。

うちで使ったDXアンテナさんのサイトを紹介しますね。頑張って下さい。

参考URL:http://www.dxantenna.co.jp/


人気Q&Aランキング

おすすめ情報