O'Henryの"Witche's Loaves"という作品の中に「"Tausendonfer!"とかなんとかドイツ語で叫んだ」という部分があるのですが、"tausendonfer"という単語をドイツ語の辞書やインターネットで探しても見つかりませんでした。訳本を見ると「とんま」とか「こんちくしょう」となっていましたが、これは正しいドイツ語なのでしょうか。もし違うとしたら本当はなんと叫んでいたのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

Sau-Doofer(ザウ・ドヴァー)


Sau メス豚
Doof バカな 不親切な
―er 形容詞の変化 

ドイツ人がたまに言う人をののしる表現だそうです。
アメリカ人がこれを聞いたら、tousendonferと聞こえる
可能性もあるんじゃないかな??

しかも、「Dummkopf!Du Sau-doofer」といった可能性もあります。
Duは英語のYou(あなた、君)

そして、この単語は、形容詞なので、Dummkopfをあとから
修飾しているかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
大変参考になりました。

お礼日時:2002/03/04 09:41

 


  Tausendonfer には、もう一つ解釈があるのですが、少し音が違うので控えていたのですが、Teufel を出すのなら、これも出すのが自然だと思います。
  
  これは、Tausend + Donner(タウゼント+ドンナー=千の雷鳴)の意味だとも取れるのです。これを聞くと、多分、「タウゼンドンナー」となって、「タウゼンドンファー」とかなり似た音になります。Donner! は、俗語での意味で、「これはたまげた!/こんちくしょう!」の意味があるので、「千のこんちくしょう!」または「こんちくしょう!(千)、こんちくしょう!(雷鳴)」と反復強調しているのかも知れません。これは、「タウゼント+トイフェル」の場合も、同じように云えます。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

starfloraさん、2回も回答してくださり、本当にありがとうございます。
"Tausend Donner"でも検索してみましたが、こちらも80件ぐらいの用例がでてきました。機械翻訳では「千の雷」と、わけがわかりませんが、こちらも結構使われているのですね。

お礼日時:2002/03/01 17:43

 


  ところで、Dummkopf は、純然たるドイツ語で、dumm が「馬鹿の」で、Kopf が「頭」で、「馬鹿の頭」で、「馬鹿者・あほう」となります。これは俗語として辞書に載っています。
 
  問題の Tausendonfer は、辞書にないのですが、Tausend までは、ドイツ語の「千」です。onfer は何かということになります。原文は以下の参考URLから部分的に引用しますが、最初はドイツ語で、次に、ドイツ的な書き方で、文法的にもおかしい会話文になっています。
 
  「Tausendonfer」については、「"Tausendonfer"か何かそれに似たことを、ドイツ語で大声で叫んだ」となっています。Dummkopf はドイツ語そのままで、Tausendonfer は、そういうドイツ語の俗語表現が昔あったのかも知れませんが、それに近く聞こえることを言ったとなります。
 
  Tausend は「千」ですが、Teufel(トイフェル,悪魔)の意味もあると出ています。Ei, der Tausend! で、「これは驚いた!/えい、いまいましい!」という意味だそうだそうです。onfer が何か分からないのですが、あるいは、これも、Teufel なのかも知れません。「千の悪魔」は、Tausend Teufel のはずで、続けると、「タウゼントトイフェル」になります。「タウゼンドンフェル」と大分違いますが、Teufel も、Ei, der Teufel! または、Teufel! で、「これは驚いた!」です。「こんちくしょう」というニュアンスもあるはずです。
 
  「I vil」「shall told」「haf shpoilt」は、ドイツ的発音をそのまま写しているのでしょう。「千の悪魔だ(タウゼントイフェル)」を「タウゼンドンファー」とローマ字で書いたのではないでしょうか。そういう風に聞こえたのかも知れません。これなら「こんちくしょう!」の誇張した表現です。
 
  > 'Dummkopf!' he shouted with extreme loudness; and then
'Tausendonfer!' or something like it, in German.
  > The young man tried to draw him away.
  > 'I vill not go,' he said angrily, 'else I shall told her.'
  > He made a bass drum of Miss Martha's counter.
  > 'You haf shpoilt me,' he cried,……
 

参考URL:http://www.geocities.com/SoHo/Suite/7448/OGENRY2 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
"Tausend Teufel"を googleで検索してみたら240件くらい用例がでてきました。ということはこの形でよく使われているのだと思います。ドイツ語は全くわからないので機会翻訳で意味をみると「千人の悪魔」と出てきました。
文脈的にあっているかどうかは機械翻訳ではよくわかりませんでしたが・・・。
またよろしくお願いします。

お礼日時:2002/03/01 17:31

オーヘンリー/Witches' Loaves


 善女のパン   (新潮文庫)
 古パン     (岩波文庫)
 魔女たちのパン (旺文社)
 善魔女のパン  (講談社文庫)
 パンのあだしごと(角川文庫)
 いじわるなパン (フォア文庫)
 パンのむだ仕事 (明治図書)
 http://www.ohnishi.nuie.nagoya-u.ac.jp/~tamaki/b …


の、該当の部分の英文は、

O Henry Witches' Loaves
 http://www.geocities.com/SoHo/Suite/7448/OGENRY2 …

  He spoke English with a strong German accent.
 … …
  'Dummkopf!' he shouted with extreme loudness; and then
'Tausendonfer!' or something like it, in German.
  The young man tried to draw him away.
  'I vill not go,' he said angrily, 'else I shall told her.'


 ドイツ語でののしった言葉を、英語で聞こえたように表したもの
です。ですから、正確なものではなく、このような単語は有りませ
ん。

 彼の話す言葉は相当強いドイツ訛りで、それが感じられるように
綴られています。(上の、'I vill not go,' などなど)

 和訳(「とんま」とか「こんちくしょう」)などからも想像すると、
「私見」ですが、


Dummkopf   (ダムコプフ)  愚かな人、ばか、あほう

taeuschen(d) (トイシェン(ト))だます、ごまかしの
Dampf(er)   (ダンプファー) 出しゃばり、お節介やき


辺りではないかと...
 

参考URL:http://www.geocities.com/SoHo/Suite/7448/OGENRY2 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
"tausendonfer"は、多分正しいドイツ語ではないだろうと思っていたのですが、ドイツ語の知識が全くないため、他に見当のつけようがなく、困っていました。
挙げていただいた単語を参考にまた調べてみます。

お礼日時:2002/03/01 17:16

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qドイツ語の筆記体を書けるようになりたいのですが、ドイツ語の筆記体の本は販売していますか? ドイツ語

ドイツ語の筆記体を書けるようになりたいのですが、ドイツ語の筆記体の本は販売していますか?

ドイツ語の筆記体は、戦後になって何回か変わったらしいですが、やはり一番新しい筆記体がスタンダードですか?

Aベストアンサー

>ドイツ語の筆記体を書けるようになりたいのですが、ドイツ語の筆記体の本は販売していますか?

現代のドイツ語の筆記体は、基本的には英語と大体同じです。違うところはありますが、日本でわざわざ本にするほどのものではないので、そのような書物はないでしょう。英語の筆記体と同じに書いても読んでもらえるので、その点では心配はありません。ただ、ドイツ人の手書きの文書を読む場合は、違いを知っていないと読みにくいことがあります。達筆な人の文字は判読がかなり困難な場合もあります。個人によっても書き方に違いがあるので、書物ではなく、実際に書かれたものを見て学ぶしかありません。たとえば、ä、ü、öなどのウムラウトも、楔のような二本の縦線を書く人もいれば、ā/ă/ō/ŏ/ū/ŭのような書き方をする人もいます。下のサイトに動画があり、現在のドイツの学校でどのように文字の書き方を教えているかを見ることができます。いくつかの文字で、英語の筆記体との違いがわかると思います。
http://www.swr.de/landesschau-rp/gut-zu-wissen/kulturgut-oder-ueberkommener-lernstoff-ist-schreibschrift-noch-zeitgemaess/-/id=233210/did=15905510/nid=233210/8ggx63/

現代の筆記体の基本的な字体はNormalschriftといいます。
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/0/06/Deutsche_normalschrift_ab_01091941.jpg/471px-Deutsche_normalschrift_ab_01091941.jpg

英語の筆記体と比較してみてください。
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/0/00/Cursive.svg

>ドイツ語の筆記体は、戦後になって何回か変わったらしいですが、やはり一番新しい筆記体がスタンダードですか?

昔のドイツ語の筆記体は、今のものとは全然違います。Kurrentschriftといって、特にオーストリアの役所などで使われたものです。時代によって大きく違いますが、日本の独和辞典などにドイツ語特有の筆記体として掲載されているものは、ルートヴィッヒ・ズュッターリンという人が1911年にドイツ文化省から依頼されて、それまでの筆記体をもとに学校教育用に考案したもので、Sütterlinschriftと呼ばれているものです。しかし、1941年にナチス・ドイツが、このSütterlinschriftや活字のフラクトゥールの使用を禁じ、先述のNormalschriftに切り替えました。Sütterlinschriftは、戦後も1980年代までは部分的に教えていた学校もありましたが、基本的には1941年以降はNormalschriftです。
あくまでも現代ドイツ語の実用範囲でのことなら、Normalschriftだけ知っていれば十分です。過去の偉人の手書きの原稿や書簡などを読みたい場合は別です。今のドイツ人の多くは、KurrentschriftやSütterlinschriftが読めないので、祖父母の残した手紙などが読めないというのはごく普通にあることです。
ただ、日本に書道があるように、ヨーロッパにもカリグラフィーという芸術的な文字の書き方があり、そこではSütterlinschriftはまだ応用されています。
http://www.stehsatz.com/portfolio/page/33/#2770

この古い筆記体は、17~19世紀に下のように変化しています。
http://www.suetterlinschrift.de/Lese/Kanzlei1.htm

これらをもとに1911年に考案されたSütterlinschriftの一覧が下のものです。
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/5/59/Deutsche_Kurrentschrift.svg/524px-Deutsche_Kurrentschrift.svg.png

もしこういった筆記体の書き方に興味があるのなら、下のサイトのPDFをダウンロードして参考にしてください。
http://www.kurrent.de/_html/uebungen.htm

実際に書かれたものの読み方の例は下のサイトで見ることができます。
http://www.suetterlinschrift.de/Englisch/Sutterlin.htm

http://www.suetterlinschrift.de/Englisch/Tips_and_tricks.htm

>ドイツ語の筆記体を書けるようになりたいのですが、ドイツ語の筆記体の本は販売していますか?

現代のドイツ語の筆記体は、基本的には英語と大体同じです。違うところはありますが、日本でわざわざ本にするほどのものではないので、そのような書物はないでしょう。英語の筆記体と同じに書いても読んでもらえるので、その点では心配はありません。ただ、ドイツ人の手書きの文書を読む場合は、違いを知っていないと読みにくいことがあります。達筆な人の文字は判読がかなり困難な場合もあります。個人によっても...続きを読む

Q第二外国語についてですが、ドイツ語とスペイン語だったらどっちが学習しやすいですか? ドイツ語は、単語

第二外国語についてですが、ドイツ語とスペイン語だったらどっちが学習しやすいですか?
ドイツ語は、単語や発音が
スペイン語は、文法が
英語に比べて難しいと聞きましたが、本当ですか?

Aベストアンサー

ヨーロッパ系の言語で英語より難しいと感じますね。
というのも動詞の活用が多いので…

英語だと過去形、過去完了形、現在進行形
あとは三単現のsがつくぐらい。

スペイン語は、主語によっても変化します。
主語が一人称単数、二人称単数、三人称単数
さらにそれぞれの複数の場合で語尾が変化します。
慣れでもありますが。
フランス語もドイツ語もそうです


さらにそれぞれの主語に合わせた変化に時制に合わせた変化なんかもありますから。

そして名詞には性別があります。
英語は、a,an,theぐらいですが

スペイン語もドイツ語も、名詞に性別があるのでそれを覚えないといけません。フランス語もですが
さらに中性名詞もあります。

もうこの辺で嫌な感じしてきたかもしれませんが…

つまり、名詞が女性か、男性か中性か、単数か、複数か、で付ける冠詞がちがってきます。

また、名詞が格によっても変化します。

勉強すると「英語が国際語でよかったー」と思います。フランス語になるかもしれなかったので


発音はどうでしょう。聞きなれない、発しなれない音がありますが
スペルからの発音の決まり事を覚えたら知らない単語でも読み上げたりはしやすいですし。


また、「学びやすい言語」と「単位をとりやすい言語」は別ですね
担当教員によってかなり違いますから。

あとは興味のないことを学ぶのは、いくら楽な言語でも辛く
興味があることなら、多少難しくても苦ではないです。

好きな映画があるとか
好きなサッカーチームの言語が…とか
地域に南米人が多いとか
第九を歌いたいとかマーラーが好きだとか
何か自分の興味があるもので決めるという方法もありますよ。
そのほうが絶対お勧め

ヨーロッパ系の言語で英語より難しいと感じますね。
というのも動詞の活用が多いので…

英語だと過去形、過去完了形、現在進行形
あとは三単現のsがつくぐらい。

スペイン語は、主語によっても変化します。
主語が一人称単数、二人称単数、三人称単数
さらにそれぞれの複数の場合で語尾が変化します。
慣れでもありますが。
フランス語もドイツ語もそうです


さらにそれぞれの主語に合わせた変化に時制に合わせた変化なんかもありますから。

そして名詞には性別があります。
英語は、a,an,theぐらいですが

ス...続きを読む

Qドイツ語での日本→ドイツ語について

「あなたはその本の内容がわかりますか。」
Verstehen den Inhalt des Buches?でいいんですか?


「この男子学生の時計は、彼の叔母さんの贈り物です。」
Die Uhr dieses Studenten ist das Geschenk seiner Tante.でいいんですか?

「君の息子は疲れているのではなくて、おなかをすかしているだけです。」
Dein Sohn ist nicht mude,sondern hat nur Hunger.でいいんですか?

回答お願いします。

Aベストアンサー

Verstehen [Sie] den Inhalt des Buches?
主語がいります。

Die Uhr dieses Studenten ist das Geschenk seiner Tante.

以上2問は属格のところは von+与格でも構いません。特に von seiner Tante は von を入れると「叔母さんからの」とも解せます。

Dein Sohn ist nicht muede, sondern hat nur Hunger.
これでもいいですし sondern nur hungrig と形容詞を使っても表せます。この場合は ist は一回ですませられます。

Qドイツ語で「ドイツ語の音楽」って…?

ドイツ語で、「ドイツ語の音楽」ってなんて書くのでしょうか?
知っている方おりましたら教えて下さい!!

Aベストアンサー

Musik von Deutsch

Qドイツ語独学中です。ドイツ語の難易度

基礎文法の習得段階でドイツ語学習に正直伸び悩んでいます。

何で悩んでいるかと言うと、いちいち考えないと理解できない、言葉に発せられない点です。
例えば、「desは2格だから所有格だよな。だから修飾する名詞の後において、それからdesは男性に関する冠詞だけど、この単語って男性名詞だっけ?」や「inは3格支配だから、inの後の3格の冠詞が来て、その冠詞は女性に関する冠詞類だから女性名詞しか置けない」、「vonとdemは縮約してvonになるけど、そもそもderって男性に関する冠詞だから男性名詞しか置けない」「この完了形は不規則だからge-genではない、えーっとなんだっけ」

みたいな感じで考えています。
今後文法事項の暗記作業が膨大であることや高難易度だとついていくのがしんどくなるのですが、その先の文法(中級文法)は難易度は高いのでしょうか?

Aベストアンサー

"desは2格だから所有格だよな。だから修飾する名詞の後において、それからdesは男性に関する冠詞だけど、この単語って男性名詞だっけ?」や「inは3格支配だから、inの後の3格の冠詞が来て、その冠詞は女性に関する冠詞類だから女性名詞しか置けない」、「vonとdemは縮約してvonになるけど、そもそもderって男性に関する冠詞だから男性名詞しか置けない」「この完了形は不規則だからge-genではない、えーっとなんだっけ」"

あんたの書かれたことを読んでいると、どうも 全く逆さまに思えてなりません。 発想を、この名詞は男性名詞です、と言うk認識の下に用法に従って格変化をさせるのです。 それと、2格は所有も著すが、必ずしも所有格ではありませんよ。 一定の前置詞の目的語にもなりますし。”in”は3格支配だけですか?4格もありますよ。

ドイツ語に限らず、文法は、言葉が存在する以前からの存在ではなくて、言葉が出来て色々の場面や状況で使われてきて
ゴチャゴチャになって、話が一寸通じなくなってきたので、整理してその規則に従って使えば誰でも意思疎通が容易になる
と言うことで、決められた言葉の運用の基礎だと思います。 従って、最初は、文法に沿った文章や表現を理屈ぬきに覚えるそれから、ですよ、理屈は。勉強不足でしょう?失礼。

初級とか中級とか教える方が勝手に分類しているだけだと思います。ここまで覚えれば初級をマスターしたとか、誰も判定できませんし、何処からが中級で初級でないか、なんて決まりなんて存在しません。私たちはドイツ語を外国語として学ぶのですから、如何しても無理やり覚えないとならないこともあります。しかし、本を読むときは、受身になるので、辞書とか文法書を参考にすれば良いだけでしょう。 

私の本意を言えば、易しいとか難しいとかぼやかずに、遣るか遣らないか勝手にどうぞなのですが。

"desは2格だから所有格だよな。だから修飾する名詞の後において、それからdesは男性に関する冠詞だけど、この単語って男性名詞だっけ?」や「inは3格支配だから、inの後の3格の冠詞が来て、その冠詞は女性に関する冠詞類だから女性名詞しか置けない」、「vonとdemは縮約してvonになるけど、そもそもderって男性に関する冠詞だから男性名詞しか置けない」「この完了形は不規則だからge-genではない、えーっとなんだっけ」"

あんたの書かれたことを読んでいると、どうも 全く逆さまに思えてなりません。 発想...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報