ワイン中のアミノ酸を調べると
遊離体で存在しているプロリンが不思議と沢山含まれていて,
他のアミノ酸に比べて
なぜこんなに多いのかと思いまして質問させていただきます。
 味に関与しているのか?そうであるとしたらどんな味か?
 また,有効成分としてたとえばポリフェノールの一種のような
 なにか体にいいといわれるものか?
 ワインはぶどうから作られるが,ぶどうも同様のアミノ酸組成を持つのか?
 そうでなかったら,醸造過程で反応して作られるものか?その反応は?
 プロリンの含量でワインの評価が変わるとしたら,それは何の評価か?

いろいろな質問で申し訳ないですが,よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

以下のサイトを見ると確かに、プロリン・グルタミン酸等が多いようですね?


http://www.gekkeikan.co.jp/foodfood/essay/199912 …
(酒のうまみ)
このページによるとワインの場合がどうかはわかりませんが、発酵でアミノ酸の生成も考えられるようですが・・・?

少なくともワインのテイスト(味わい)には関係しそうですね・・・?

http://www.sexywinefetish.com/what%20wine.htm
(セクシーワインとは?)
このページによるとブドウ自体も熟成すると「プロリン等のアミノ酸」を多く含むようになるようです。

ここからは素人推測ですが、ワイン中の「プロリン」が原料のぶどう自体に由来するものか発酵段階で生成されるものかは、原料のブドウとそのブドウで作ったワインでのアミノ酸組成比を比較すれば分かるかもしれませんが・・・?

「プロリン」に関しては「ヒドロキシプロリン」の前駆物質になり、ヒドロキシプロリンはコラーゲン合成に関連してます。
http://www.kyowa.co.jp/r-d/hdr.htm
(ヒドロキシプロリン)

ご参考まで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうなんです。
ぶどうのアミノ酸組成がわからないので,
そこもまた悩んでいるんです。
まあ,どうして個々の食品の組成がいろいろ違うのかは
【神のみぞ知る】ってところかと
あきらめています。

発酵・醸造についてはもう少し調べてみます。

回答ありがとうございました。

お礼日時:2002/03/05 20:04

MiJunです。


ブドウの成分に関しては、以下の成書が詳しいかもしれません?
===============================
果実の科学/伊藤三郎/朝倉書店/1991.10 
===============================
ご参考まで。
    • good
    • 0

MiJun さんの紹介されたページをみるとほかのアミノ酸もそこそこ含まれているので


プロリンの溶解度の問題ではなさそうですね。

ワイン中のプロリン濃度 500 ppmということは、1リットル中に 0.5 g。
プロリンは甘い味がするそうですが、これは 1リットル中に 3g 以上必要なそうです。
うまみなどでは複数の物質が存在することによる相乗効果が知られていますから、
なんらかの形で味わいに関与しているということはありそうです。
    • good
    • 0

プロリンはアルコールに易溶な唯一のアミノ酸のようです。


また、水に一番溶けやすいアミノ酸なので、
「ワインに溶けやすいため」、
という答えはどうでしょうか?

たとえば、たけのこに見られる白い粒はチロシンですが
他のアミノ酸は溶けにくいので、検出されにくい、
ということはないでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

プロリンの溶解度は調べてみてびっくりしました。
構造上,アルコールにも溶けると思っていましたが・・。

個々の食べ物には色々なアミノ酸バランスがあって
だから,と言うわけではないですが,
いろいろな食品を食べなさい。っていうのがわかるような気がします。
それぞれで補足しあっているんですね。

回答ありがとうございました。

お礼日時:2002/03/05 19:58

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qワインのラベルはがし

ワインやシャンパンなどのラベルをはがす道具のことを何ていうのでしょうか?
購入したいのですが、商品名がわからず・・・(^_^;
教えてください☆

Aベストアンサー

以前、
http://www.wine-selects.com/goods.htm
で見つけたときはワインラベル・レコーダーという名前でした。

その直後にデパ地下のワインショップでワインラベルコレクターという商品名のが売っていたのをたまたまみつけたのででそちらを買いました。
http://www.globalwine.co.jp

どちらも12枚、千円程度で購入できます。

Qとり肉の遊離アミノ酸

鳥のひき肉に水を加え、30分加熱、冷却後、ろ紙でろ過を行い、ブタノール、酢酸、水の展開液でペーパークロマトグラフィーを行ったのですが、鳥肉には、一般的にどのアミノ酸が多く含まれているのですか?

Aベストアンサー

それを実験結果から見るんじゃないんですかね?

まあ参考までに.
http://www.pref.nagano.jp/nousei/tikusan/kairyou/sapouto/10.pdf

Qコルクではないワインのキャップの開け方を教えて下さい

お土産でもらったカナダのワインですが(CANADIAN MAPLE WINE)、キャップがコルクではなく、しかし、コルクのような形で4cm位の長さでボトルに入っています。
多分プラスティックだと思います。
通常のワインオープナーでは硬くて刺さりません(開けられません)。

方法をご存知の方、お願いします!

Aベストアンサー

プラスティック製だとしたら、中へ押し込んでしまうのではないでしょうか?
コルクの栓もそうしてしまう人を見たことがあります。

Q遊離アミノ酸

食品分析において遊離アミノ酸、アミノ酸と書いてあるのですが、その違いはどこにあるのでしょうか?

記載されているサイト、書籍などをご存知の方がおられましたら紹介してください。

Aベストアンサー

簡単にいうと、タンパク質は、アミノ酸がいくつも集まっ
て、くっついて出来ているもので、これは遊離アミノ酸で
はありません。「アミノ酸」と書いてあるのは、このタン
パク質をバラバラにした時の、アミノ酸の種類や量を言っ
ていると思います。
遊離アミノ酸は、タンパク質になっていなくて、単独でア
ミノ酸として存在しているものです。

これは、すごく大雑把な説明ですが、どうでしょう?

Qこたつでゆるゆる書いたアルパカです。 眠いのに何か書きたくなりました。 下手でも好きなのっていいです

こたつでゆるゆる書いたアルパカです。

眠いのに何か書きたくなりました。
下手でも好きなのっていいですね。
アルパカ可愛くないですか?

Aベストアンサー

可愛いですよね。ちょっとゆるキャラっぽくて。
特に向かって右側が、雰囲気出てます。アルパカって、わかります。ほのぼのしたタッチです。

ところでアルパカって、お行儀良くて、トイレのしつけもちゃんとできるから、動物園でも、お掃除が楽だそうですね。
さらに、縄張り意識が強く、七面鳥とも仲良くできるので、七面鳥を野放しにしても、アルパカがキツネから七面鳥を守ってくれるそうですよ。
人に役に立つこともしてくれるんですね。

Q脂肪酸やアミノ酸からのケトン体について

脂肪酸やアミノ酸からのケトン体について

グルコースが不足している時、脂肪酸からアセチルCoAを作り出してクエン酸回路から
ATPを取り出しているようですが教科書のフローチャートのながれが一度ケトン体という物質に変わっています。それから筋組織に移送して再びアセチルCoAになってクエン酸回路で処理されています。

なんのためにケトン体という物質を作っているのでしょうか?

また脂肪酸が直接筋組織に移動してアセチルCoAを作り出してクエン酸回路から
ATPを取り出している異化もあるようですが、この2つはどのような違いがあるのでしょうか?なんのために2通りあるのでしょうか?

Aベストアンサー

参考書によるとケトン体は主に肝臓で作られて筋肉だけでなく脳などの全身の臓器組織で利用されるようです。脂肪酸を利用できるのは筋肉などのどちらかというと特殊な組織なのではないでしょうか。脳は普段グルコースだけをエネルギー源としていますが、ケトン体は利用できるので長期の飢餓状態でも精神活動が可能だということのようです。赤血球は解糖しかできませんがけケトン体を利用しているのかと想像します。

Qa bottle of wine の瓶とワイン

A of B 型の表現で、次の様な表現があります
 ・a bottle of wine
 ・a can of paint
 ・a tray of dessert
 ・a group of tourists
 
ワインの例で言うと、次の二とおりの意味がとれるように思いますが
関係上、瓶とワインのどっちに焦点があるのでしょうか?
(1)瓶に焦点
   ワインの一瓶、ワインが入っている瓶、ワインの瓶

(2)ワインに焦点
    一瓶のワイン、瓶に入っているワイン、瓶の中のワイン
 
次のような文があれば(1)のように瓶に焦点を感じます。
He is taking <a bottle> of wine from the refrigerator.

また、次のような文であれば(2)のようにワインに焦点を感じます。
He bought a bottle of <wine> in the shop this evening.

A of B 型の表現での焦点は、どっちともとれる両義性があり、
文のなかでの使われかたで決まる、ということなのでしょうか?

もし、そうなら、どっちともとれる両義性を排して、
(1)のように『物理的な瓶』に焦点を与え、
ワイン用の瓶、ワインを入れる瓶
と明示的に言いたい場合には、例えばどんな言い方になるでしょうか?

おなじく
(2)のように、『飲み物としてのワイン』に焦点を与え、
瓶に入ったワイン、瓶詰めされたワイン
と明示的に言いたい場合には、例えばどんな言い方になるでしょうか?

どうもすっきり理解できません、よろしくお願いします。

A of B 型の表現で、次の様な表現があります
 ・a bottle of wine
 ・a can of paint
 ・a tray of dessert
 ・a group of tourists
 
ワインの例で言うと、次の二とおりの意味がとれるように思いますが
関係上、瓶とワインのどっちに焦点があるのでしょうか?
(1)瓶に焦点
   ワインの一瓶、ワインが入っている瓶、ワインの瓶

(2)ワインに焦点
    一瓶のワイン、瓶に入っているワイン、瓶の中のワイン
 
次のような文があれば(1)のように瓶に焦点を感じます。
He is taking <a bottle> ...続きを読む

Aベストアンサー

★A of B 型の表現での焦点は、どっちともとれる両義性があり、
文のなかでの使われかたで決まる、ということなのでしょうか?
→その通りです。ただし、a bottle of wineという表現は、私の理解では、
1. bottle焦点がある。
2. wineに焦点がある。
3. どちらに焦点があるかは判断できない。
の3通りあるということになります。

★ワイン用の瓶、ワインを入れる瓶と明示的に言いたい場合には、例えばどんな言い方になるでしょうか?
→a wine bottleと言えます。

★おなじく瓶に入ったワイン、瓶詰めされたワイン
と明示的に言いたい場合には、例えばどんな言い方になるでしょうか?
→bottle抜きでwineと言えばよいと思います。また、文脈があるのなら、a bottle of wineを言ったあと、the wineと受けておくだけで、意味は明快になります。

★a bottle of wineについて
どちらかに焦点があると言ったところで、両方の意味を含んでいることこそ、この表現のポイントだと思います。たとえば、
I've bought a bottle of wine.
と言っても、決してボトルだけでもワインだけでもなく、両方買っているわけです。しかも、分けて買うことなどありません。
He drank a bottle of wine. と言えば、確かにワインの中身を飲んだのであって、ボトルを飲んだわけではありません。しかし、だからと言って、その量はボトル一本分であって、樽に入ったワインではないのです。ですから、量という意味においてbottleが生きているわけです。
ということで、通常は、わざわざa bottle ofをつける必要もないのであって、その必要が出て使っている表現なのですから、どっちに焦点があるという点からだけ見て困るのではなく、実は両方を一度に言及するうまい表現だとの見立てでもよろしいのではないかと思います。最も、言語的な欠陥と言うならそう言えるかとも思います。(英語には欠陥がありますからーー例えば、この人は何代目の大統領ですか?というのを言うぴったりの表現がないわけですし)

以上、ご参考になればと思います。

★A of B 型の表現での焦点は、どっちともとれる両義性があり、
文のなかでの使われかたで決まる、ということなのでしょうか?
→その通りです。ただし、a bottle of wineという表現は、私の理解では、
1. bottle焦点がある。
2. wineに焦点がある。
3. どちらに焦点があるかは判断できない。
の3通りあるということになります。

★ワイン用の瓶、ワインを入れる瓶と明示的に言いたい場合には、例えばどんな言い方になるでしょうか?
→a wine bottleと言えます。

★おなじく瓶に入ったワイン、瓶詰めされたワイン
と...続きを読む

Q非極性アミノ酸と非電荷極性アミノ酸

非極性アミノ酸と非電荷極性アミノ酸は、側鎖のどの基によってその性質を決めていますか?
塩基性アミノ酸は側鎖の-NH2(あるいは =NH )が、 -NH3+(あるいは =NH2+)になることで塩基性を示します。というようなかんじで回答をお願いします。

Aベストアンサー

極性のアミノ酸は、側鎖に電離する基を持っているか、双極子モーメントを持っているかです。前者が電荷極性、後者が非電荷極性です。どちらも持たないのが非極性アミノ酸です。側鎖が疎水性であると言い換えてもいいでしょう。

双極子モーメントは共有結合の共有電子対がどちらかの原子に引っ張られて、一方がややマイナス、他方がややプラスになるものです。水素結合を思い浮かべてください。これを側鎖に持つアミノ酸は、OH基をもつSer, Thrなど、SH基をもつCysがあてはまります。

Qワインにあうおつまみ

ワイン(特に赤ワイン)が好きなのですが、簡単に作れるおつまみ教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

普通のプロセスチーズで出来るお手軽おつまみなんですが、リンゴの薄切りにチーズをはさむだけ!です。
これって、けっこう美味しいんですよ。

他にはカマンベールチーズを切って、レンジでチーン!
薄切りバケットにつけて食べると、トローッとしてて美味です。

一度、お試しあれ!

Q酸性アミノ酸と塩基性アミノ酸のCOOH/NH2の解離について

初歩的な質問で申し訳ないんですが、酸性アミノ酸において、側鎖のカルボキシル基とα炭素につくカルボキシル基では、どちらが先にイオン化するのでしょうか?

また、同様に、塩基性アミノ酸の側鎖のアミノ基とα炭素につくアミノ基ではどちらが先にイオン化するのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

R-COOH ⇔ R-COO^- + H^+

基本的にはα-位の-COOHが最も解離しやすく、離れる程し難くなります。


R-NH2 + H^+ ⇔ R-NH3^+

「イオン化し易い順」つまり塩基としての強い順ですね。

基本的に-NH2はα位から離れる程、塩基として強くなります。