芸人が音声解説 「オレたちの甲子園」

宅配便を持ってきてくれた業者の方に「ご苦労様です」と挨拶することは失礼にあたると友人が言いました。
が、今日小説を読んでいたらまさしくこのようなシーンでつかわれたお礼の挨拶が「ご苦労様です」でした。
小説に使われているから正解、とは思いませんが、横柄な印象は受けませんでした。
「ご苦労様です」はこのようなシーンでのお礼の挨拶として失礼にあたるでしょうか。

「ご苦労様」で区切れば失礼な印象には確かになりますが。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (13件中1~10件)

ちょっとわかりやすくするために、


まず【「ご苦労さまです」は目上から目下へのことばという定義は誤り】と言い切りたいと思います。

もともとの「ご苦労さまでした」が持つ意味はなんでしょうか。
それは、
  1.苦労をかけま(す・した)ね、ありがとう、
 とか
  2.苦労なさいましたね、お気の毒なことでした
などのようなことばだったと思われます。 
それが挨拶文となったので「こんにちは」のように省略形になって短く独立して使われるようになったものです。

よく本などに書いてある「目上から目下」という感じ方は、上記1.が【職場などで退出時などの挨拶】として使われるような場合です。ふつう仕事を依頼されているのは部下、依頼するのは上司です。部下が上司に対して、ねぎらえば、まるで逆のような立場となってしまいます。1.が「苦労をかけ(た)る」ことに対して、ねぎらっているために目上から目下にしかつかえないのです。そういう文脈での「目上、目下」なのです。敬語全般に使える「目上、目下」ということばではありません。

上記2.の語感はどうでしょうか。これは、あまり上下関係を感じないという人も多いでしょう。もともと「苦労」という語そのものに上下の感覚はないからです。それは「ご苦労なさった」「ご苦労をおかけする」というような尊敬表現があることからもわかると思います。目上の人でも「苦労」はするのです。

また、小企業のような職場で、社長が金策にかけまわって帰ってきたとか、長男の専務が部品を徹夜で100個仕上げたとかいった場合、家族的な雰囲気で「ご苦労さま」といいあうことが慣習となっているような組織もあります。そんな組織内での慣習はまちがいとまではいいきれません。
誤りだとはいっても、そもそもその程度の「誤り」にすぎないのです。新入社員が敬語の本などを引っ張り出してきて「ほら、『ご苦労さま』は目上から目下へのことばだって書いてありますよ、この会社の話し方はまちがっています」というようなものではありません。

長々とリクツを書いてしまいましたが、あえていえば、そもそも宅配業者は目下です。なるべく上下関係を意識したくないという気持もわからなくはないのですが、少なくとも、素直に労をねぎらっても全然かまわない相手です。

参考URL:http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&p=%E8%8 …
    • good
    • 4
この回答へのお礼

宅配の業者の方を目下と思うつもりはありませんが、
客:業者の方の会話としての「ご苦労様でした」は礼を欠いてはいないわけですね。

また、ご苦労様でしたが目上から目下という定義に基づいているわけではないというご説明、すっきり感がありました。
それが万人に共通かといえばそうではないのが現状でしょうが、
お礼を言うという行為は口調は態度も重要ですよね。
ご苦労様でしたと言うにしろ、ありがとうございましたと言うにしろ、
気持ちよく伝えることこそが重要なんでしょうね。

お礼日時:2006/07/13 18:25

あまり難しく考えない方が良いです。


人間関係が定かで無くなった現在、一番無難なのは、
「有難う」「有難う御座いました」で充分。
第一、相手はそんな事に頓着しているヒマなんて無い。
    • good
    • 1

「ご苦労様」は相手の行為に対して「ねぎらう」言葉です。


「ねぎらう」のは同等あるいは目下の人に対して言う言葉です。「です」や「でございます」などをつければ丁寧にはなりますが、同じです。
その意味では「お疲れ様」もほぼ同じです。ただし、会社の同僚など共同で作業した場合には、他に適当な言葉もなかなか無いので上司や先輩であっても慣例として使うことが多いですよね。
その場合も、例えば、上司の仕事に同行した場合などで、はっきり上下関係の差がある場合は
「ありがとうございました。勉強させていただきました。」
でしょう。

あきらかに目上の人に対しては「ねぎらう」ことがそもそもありえません。目上の人の行為に対しては「お礼」を言うものです。

今回の場合は宅配業者や配達人に客の側が「ご苦労様でした」は普通に使うものだと思います。まったく失礼ではありません。
逆に、荷物を持ち込んだ客に対しては、業者は「ご苦労様でした」とは言いませんよね。
「ありがとうございました」ですよね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど・・・。説明を読ませていただいて、普通に使うという感覚にも納得がいきました。

お礼日時:2006/07/13 18:20

皆さんが答えているようにご苦労様は社会通念上


目上が目下にいう言葉!として使われています。

俺もNo10さんの回答が正解のような気がしま
すがお疲れ様と言った方がぜったいに当たり障り
はないですよ。
    • good
    • 0

確かに「ご苦労様」と「お疲れさま」では、「職場内での役職の上下関係」を感じてしまいますね。



宅配便の方に「ご苦労様」というのは、間違いとまでは言えないと思いますが、、、、。

サービス業関係の方には「お世話様でした」と言うことが多いです。もっと手間を掛けたときは「お手数をかけました」ということもあります。日本語には多様な表現がありますから、なるべく豊かな使い方をしたいと思っています。

反対に「サービス業相手だとやたらに横柄になる人」がいますが、傍から見ていても不愉快ですよね。「その場面での役割の違い」でしかないのに、まるで違う階級の人間のように振る舞う人を見ると「かわいそうな人だなあ」と思ってしまいます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お世話様でした=お世話をおかけしました。
ご苦労様でした=ご苦労をおかけしました。
込める意味はほぼ同義、もしくは類似していると思います。

それから仰る通り横柄に何かをいうことだけはしたくないですよね。同意します。

お礼日時:2006/07/13 18:27

No.6の方に同意です。


「ご苦労様」が意味合い的に目上から目下への言葉であるという解釈は一般化していると思いますし、私も同意見です。
であれば、宅配業者と受取人の関係は「商売人」と「客」ですから、sorasora178さんが例としてあげていらっしゃる小説のように、受取人が高校生であっても「ご苦労様です」で失礼にはあたらないと思います。
逆に「お疲れ様です」という言葉は慣習的に「仲間内」に使うものだと私は思っていますので、お客が配達の人にその言葉を使うのは、ちょっとなれなれしいと感じます。

ここからは視点を変えたお答えになります。
日常会話というのは、その言葉を交わす者同士のコミュニケーションですよね。世の中の人みんなが言葉の表す上下関係を国語学的に正確に解釈しているとは限りません。例え理屈上では失礼に当たらない言葉であっても、言われた方が「『ご苦労様です』なんて、下に見られたようで、やだな」(実際、立場上は下なわけですが)と思わない人とも限りませんよね。
そうなると、いかに言った方が「正しい解釈」をしていたとしても、コミュニケーションとしては失敗かと。
現実には、無難に「ありがとうございました」で済ませるのが最もスマートかつ親切かもしれませんね。

言葉って難しいですよね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お疲れ様ですは確かに仲間、自社内、同業者内などに抵抗なく伝わる挨拶に思えますね。

お礼日時:2006/07/13 18:28

『目上から目下に使う言葉』ということで皆さん回答されてますね。


私も同じ解釈です。

私の場合は、『お疲れ様です』『ありがとうございました』で対応しています。

子どもが幼稚園時代、今でいうなら「セレブ」なお母様から『ご苦労様です』と声をかけられ、同じ保護者同士で何故???と思ったことがありましたので、それ以後、『ご苦労様です』は使わないようにしています。
    • good
    • 2

宅配業者と受取人の関係でしたら「ご苦労様です」は問題ないと思います。



私の考えですが、特に商売上の関係などでは、お金のやりとりが発生しますよね。この時立場的には 

お金を払う方(お客様)>お金をもらう方(サービス業)

という関係が成立していると思います。

ですから、お客様に向かってご苦労様というのは失礼に当たると思いますが、今回の場合は問題ないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
立場の上下を鑑みてご苦労様ですを選択・・・という方法は避けたいですね。
夏の暑い日に重い荷物を持ってきてくださる大変さへの純粋な労いとしてかけるべき言葉を普通に大げさとは無縁に伝えたいと思います。

お礼日時:2006/07/13 18:30

確かに本来は目上から目下に使う言葉ではあります.故社内での使用には注意が必要と思います.


目下と思っている訳ではなく,単に配送業者,新聞配達,郵便配達の方々に対し,ご苦労様は決して失礼とは思えません.今までむっとされたことはありません.
これらの受けての方々のご意見を是非聞いて見たいです.傍が失礼だと決め付けるものではないと思います.
    • good
    • 0

確かに、目上の人から目下の人に対する言葉が「ご苦労様です」、目下の人から目上の人に対する言葉が「お疲れ様です」ですが、一般的にそこまで気にする人がいるのかなと思います。


「ご苦労様です」も一般的に労いの言葉になっているように思います。
でも中には気にする人もいるかもしれませんの、「お疲れ様です」か「ありがとうございました」で良いのでは。
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q配達員の方に「ご苦労様です」

今まで配達員の方に「ご苦労様です」と言っていたのですが、
これは目下の人間に対して使う言葉と知って戸惑っています。

配達員の方が明らかに年長者の場合、「ご苦労様です」は失礼にあたるのでしょうか?

Aベストアンサー

「ご苦労様」以前は挨拶代わりに普通に使われていた便利な言葉でした。
「ご苦労でした」というねぎらいの言葉だけでなく、「こんにちは」「またよろしく」「おかえりなさい」いろいろな意味に応用できたからです。すべてコレ一言で済みました。
代わりに「お疲れ様」を使うのももいいのですが、仕事の途中の方にかける言葉としては違和感を感じませんか。それに、「こんにちは」などの意味には使えません。不便です。

「ご苦労様」は失礼だ、と言われはじめて、それに変わる言葉を捜しましたが見つかりません。
「お世話様」という方もいますが、私には「余計なお世話」と聞こえてしまうこともあります。

受け取る相手方の考えにもよります。相手が「『ご苦労様は目下に使う言葉』だ」と意識している場合はカチンとくる場合もあるでしょうし、まったく気にしない方もいますよね。
ですから、発信する側は臨機応変に言葉を使うしかないのでしょうね。

私も少し前配達をしていましたが、『ご苦労様』とよく言われました。相手はお客様でしたので当然だと思っていましたが、たとえ配達員が年長者であっても『ご苦労様』でかまわないと思いますよ。

「ご苦労様」以前は挨拶代わりに普通に使われていた便利な言葉でした。
「ご苦労でした」というねぎらいの言葉だけでなく、「こんにちは」「またよろしく」「おかえりなさい」いろいろな意味に応用できたからです。すべてコレ一言で済みました。
代わりに「お疲れ様」を使うのももいいのですが、仕事の途中の方にかける言葉としては違和感を感じませんか。それに、「こんにちは」などの意味には使えません。不便です。

「ご苦労様」は失礼だ、と言われはじめて、それに変わる言葉を捜しましたが見つかりませ...続きを読む

Q会社に出入りの業者に対してかける言葉は『ご苦労様です』でいいですか?

いつもお世話になっております。

『ご苦労様』は目上から目下へ使う。
『お疲れ様』は目上以外に使う。
と解釈しているのですが、私の会社にはたくさんの方たちが出入りします。
お客さん。
運送会社の運転手。
メーカーの営業マン。
と、様々です。
もちろんお客様には『いらっしゃいませ』と声をかけます。
それ以外の人たちには私は『ご苦労様です』と声をかけているのですが、これは間違いでしょうか?
『お疲れ様です』は違いますよね?

正しい使い方をご存知の方、教えてください。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

多分そんな事気にしている人少ないと思いますよ.気になるならお疲れ様で統一しとけば一番無難ですよね.使い分けする事自体差別してるようになりますよね.

Q客先に対してごくろうさまは失礼?

お金をもらっている会社と、打ち合わせなどあるときに、わざわざ自分の会社にでむいてもらって
会議が終わったときなどの挨拶なんですが、
なんと言うのが適切なのでしょうか?
帰り際「ご苦労様です」というのは失礼にあたるのでしょうか??
目上の人とというか、こちらのほうが立場は下なのですが。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「本日はお忙しい中,ご足労頂きまして,有難うございました」
と言う感じでよいのではないでしょうか?

またお帰りの際に出入り口までお見送りするかと思いますので,その際に「お気をつけてお帰りくださいませ.お疲れ様でございました」と付け足せば尚丁寧な対応が出来るかと思います.
丁寧すぎるようでしたら,こちらは省いても問題ないかと思います.

お客様(目上の方)に対しては「ご苦労様」は禁句ですので,「お疲れ様でございました」と言うのが適切かと思います.

Q目上の方に「お疲れさまでした・ご苦労様でした」は失礼ですか?

言葉遣いについて、実際にあった出来事からの疑問です。

退職する上司の送別会にて、若い社員が記念品贈呈の際に「お疲れさまでした」や「ご苦労さまでした」と言いました。
これは失礼な事なのでしょうか?主人は失礼だといいます。「ありがとうございました」「お世話になりました」と言うべきだと言います。
もちろん、私もありがとう等の感謝の言葉も必要だと思いますが、「お疲れさま・ご苦労様」を使うことに対しては、失礼な事とは感じませんでした。

実際、自分も会社では、その言葉を使って送り出した場面を見たことがあるような気がします。

どなたか、言葉遣い・マナーにに詳しい方ご意見をお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして。元研修担当のスコンチョといいます。(^_^)

ビジネスマナーでは仕事が終わった人を見送るときには
「お疲れ様でした」で送り出す習慣をつけるよう教えます。
これは、先の回答者の方たちも書かれてますが「ご苦労
様」は元来目下の人に対しての言葉だからです。しかし、
時代の流れとともに「ご苦労様でした」も容認されるレベ
ルになってきているようです。

さて、本件では退職時の挨拶として適切かどうかという問
題ですね。退職者に御礼だけで挨拶とするのか、慰労の
言葉をかけるべきかは個人の判断で、「お疲れ様でした」
が取り立てて失礼にあたるとは思えません。特に、直接的
な関わりが少なかった人から御礼だけ伝えられても心が
こもった言葉とは受け取れないでしょうし、その方の業
績に敬意を表する意味でも「お疲れ様でした」と笑顔で
送り出してあげてはいかがでしょうか。

Q「ご苦労様」はなぜ失礼?

 ときどき「ご苦労様」は目上の人には失礼である、という文面をよく見かけます。
 ですが、どうして失礼なのか、を説明した文章等が見つかりません。

 理由をご存知の方がいらっしゃいましたら、お教えください。

Aベストアンサー

こんなことが書かれていました。
「ご苦労さま」は、他人の苦労を高みから見物しているような語感があります。

やはり、「お疲れさまでした」がよろしいでしょう。

参考urlをご覧ください。

参考URL:http://www.asahi-net.or.jp/~QM4H-IIM/k990615.htm

Qご苦労様です VS お疲れ様です

ご苦労様です VS お疲れ様ですの使い方で、上司にはどちらが適格なのでしょうか??

大分前、ある会社では前者を使うようにと。又ある会社では後者を使うようにと言われた記憶があります。(私自身、現在海外長期留学中)

最近手にした雑誌に、「お疲れ様です。」が適格だと記載されていましたが、その筆者自身は、「ご苦労様です。」を勧めていきたい!!ともコメントとしていました。

例として、水戸黄門様がスケさんカクさんに「ご苦労じゃった・・」と言う一こまから、やはり、「ご苦労様」は上から下へ、「お疲れ様です」は下から上へではないのか?、と掲載していました。。。

現在の日本の社会ではどちらが適切だとされているのでしょうか?

Aベストアンサー

>「ご苦労様」は上から下へ、「お疲れ様です」は下から上へ

は、一体誰が言い出したのでしょうか。
ある時期誰かが言い出して、急速に浸透したって感じです。
大体、お聞きしてみるとどこかの社員教育マニュアルから広まったようです。
元を正せば超個人的見解だったのではと思います。

「ご苦労様でした」=「いやぁ、ご苦労であった」の上から目線のみを連想させるとでも言うのでしょうか?
テレビの水戸黄門が原因だったのかと質問文を拝見して思ったくらいです。
そのシチュエーションでしか使われてないわけでは無いですよ。
ご主人のご帰還に「ご苦労様でした」と全員が頭を下げるイメージはないですか?

「お疲れ様でした」こそ「お疲れ、お疲れ」って感じの下町風で、
むしろ目上の方に使うべきでない表現です。

っと、まぁ私は思うんですよ。

推進派としては
「ご苦労様です」は
「あなたが苦労してくださって、そのおかげ様です」って意味と捉え、
上下関係の無い、心のこもったことばとして普及させたいですね。

Q「ご苦労さま」と「ご苦労をおかけします」

「ご苦労さま」に関係する敬語について、質問が二つあります。

(その1)
目上の人の手をわずらわしたとき、「ご苦労をおかけしました」というのは問題ないでしょうか。目上の人に対して「ご苦労さま」と言うのがまずいことは知っていますが、それとは違う使い方ということで良いですか。

(その2)
ある人に対して「ご苦労さま」と言いたい状況のときに、その人が目上であれば「お疲れさま」と云うべき、ということになっていますが、この「お疲れさま」という言葉が何となくしっくりしません。「ご苦労さま」の本当の敬語体ではないような気がします。「ご苦労さま」に相当する真の敬語がありましたら教えてください。古風な言葉でも構いません。

Aベストアンサー

「ご苦労」は、上の立場の者が下の立場の者に対して使う言葉。
だから「ご苦労をおかけしました」はアウト。
「お疲れさま」も実はアウト。「お疲れ」も同様なんだ。

では、どう言えば良いのかというと
侘びの意を伝える意味で使いたいのであれば、
「ご迷惑おかけしました」
「お手間をとらせて申し訳ありませんでした」
感謝の意を伝える意味で使いたいのであれば、素直に
「ありがとうございました」
「ご足労いただきありがとうございました」
…のような表現で良い。

・・・
あまり古い表現を使うと、表面的にしか捉えてもらえず心証を悪くするので
よほど理解のある上司以外には使わない方が良い。

Q「ご苦労様」の使い方

一般的に上の人が目下の人に対して使うといわれているかと思います…。施設なので職場ではお互いに「お疲れ様」と言ってますが、ご家族の面会には「ご苦労様」と言ってます。宅配便や訪問者には、わざわざ足を運んで下さって…という意味で「ご苦労様」と使うとありますので、ご家族に言っても間違いではないと思うのですが、反対意見もあります。好ましくないのでしょうか?

Aベストアンサー

「お疲れさま」も「ご苦労さま」も労いのことばです。労うということ自体が「上から下へ」の考えに立つものなので、「目下に…」となるわけです。
ただ、現実と照らし合わせ、言い換えのことばもよい物が未だに生まれないこともあって、学者の間でも意見が分かれているのが現状です。
ただ、下から言われるとむっと来るという方が多いようですから、使うには十分注意が必要です。
ちょっと古いデータですが、1987年のNHKの調査では、「目上に『ご苦労さま』と言うのは失礼だ」と思う人は三割を切り、失礼でないと思う人が六割を超えています。これからすると、あまり神経質になる必要もないことになります。20ねんまえで既にこれですからね。しかし、抵抗を感じる人もいるのですから、下が上をねぎらうというイメージを弱めるために「ご苦労をおかけしました。ありがとうございます」
「お疲れになりましたでしょう。ありがとうございます」
と感謝のことばを添える表現をお勧めします。
私個人としては、どちらを言われても、気持ちがこもっていれば問題なく受け入れます。もちろん、言う方は、職業上十分注意をします。
「ありがとう」のように使えるようになるといいのですが…
面会のご家族にかけることばも、気になるようならご家族にアンケートでもとってみてはいかがでしょうか?

「お疲れさま」も「ご苦労さま」も労いのことばです。労うということ自体が「上から下へ」の考えに立つものなので、「目下に…」となるわけです。
ただ、現実と照らし合わせ、言い換えのことばもよい物が未だに生まれないこともあって、学者の間でも意見が分かれているのが現状です。
ただ、下から言われるとむっと来るという方が多いようですから、使うには十分注意が必要です。
ちょっと古いデータですが、1987年のNHKの調査では、「目上に『ご苦労さま』と言うのは失礼だ」と思う人は三割を切り、失礼...続きを読む

Qどのように挨拶したらよいのでしょうか?

 私は、保育園で仕事をしているですが、先日同業者である保護者から「毎日送迎時に「ご苦労様です。」と言われるのが耳障りなので、やめてもらえませんか?ご苦労様は、目上の人が下のものへ見下した言い方なので」とご指摘を受けました。「うち(その方が勤務してみえる保育園)は、「いってらっしゃい」「おかえりなさい」と言っていますよ」と言われたのですが、私の勤務している保育園は、基本的には、働いてみえる方が預けて見えるのですが、中には、内職や、産前産後など働いて見えない方、または、祖父母のお迎えも多く、「いってらっしゃい」は言いますが、お迎えの時の「おかえりなさい」というのも私の保育園では、そぐわない気がして、職員も指摘を受けて以来「こんにちわ」「さようなら」以外、口をつぐんでしまいます。
お迎えの労をねぎらう言葉として、「ご苦労様」と声をかけていたのですが、何かそれに代わる言葉がありましたら、お聞かせください。(御指摘された保護者が勤務してみえる保育園は、常勤の方ばかりです。私の園は、常勤の方が少なく、パート、内職の方が多くを占めます。)
心から、子供たちのお迎えをしてくださる方に言葉をかけたいと思っております。よろしくお願い致します。

 私は、保育園で仕事をしているですが、先日同業者である保護者から「毎日送迎時に「ご苦労様です。」と言われるのが耳障りなので、やめてもらえませんか?ご苦労様は、目上の人が下のものへ見下した言い方なので」とご指摘を受けました。「うち(その方が勤務してみえる保育園)は、「いってらっしゃい」「おかえりなさい」と言っていますよ」と言われたのですが、私の勤務している保育園は、基本的には、働いてみえる方が預けて見えるのですが、中には、内職や、産前産後など働いて見えない方、または、祖父母...続きを読む

Aベストアンサー

そんなに考えなくてもいい気はしますが・・。

私も保育所に子供を預けていますが、別に労をねぎらってもらわなくてもいいと思います。「こんにちは」「お帰りなさい」で十分ですよ!こちらも、預かってもらってありがとう!って思っていますので。保育所の先生に「お疲れ様!ありがとう!」って言いたいぐらい。いつも「ありがとうございました」って言って帰るようにしていますが。

「ご苦労様」はよくないですね。皆さんがおっしゃるように、目下の人に言う言葉ですので、「お疲れ様」の方がいいです。

いろんな仕事の方がいて対応に困るなら、その人によって挨拶を変えるしかないですね。常勤の方には「お疲れ様」「おかえりなさい」を言うけど、それ以外の人には「こんにちは」にするとか。

・・でも親の側からすれば、普通の挨拶だけでいいです。自分も先生も仕事してるんだから同等ですし、労をねぎらう必要はないですから。

Q会社の来客が帰るときの挨拶のことば。

私の職場は、中小企業なので、部屋は狭いです。
来客のときは、私がいる場所を通って応接へお連れします。そのときは「いらっしゃいませ」「こんにちは」などと言います。
お帰りになるときなのですが、同僚は来客者に向かって「失礼します」といいます。
私は、どうもこの「失礼します」がしっくりこないのですが・・・。
この場合だと、「失礼します」というのは、自分が退出するときに使われるものではないのでしょうか。
「お疲れ様でした」というのは、社内の者に対してですよね?
「ごくろうさまでした」あたりが、無難なのかな、、と思うのですが・・・。
販売業ではないので「ありがとうございました」は少し違うような感じがします。
ちなみに、お帰りになるのは、顧問の税理士だったり、社長の親しい知人だったり、取引先の時です。
正しい挨拶の言葉を教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。
まず、お客様が帰られる際 同僚の方が「失礼します」と言うのですか?
だとしたら 確かにしっくりしませんね。run27さんのおっしゃるとおりです。
すれ違いざまやエレベータまでお送りした別れ際に
「また お越しくださいませ。失礼致します」とかなら、わかります。
けして間違いではないでしょうが、この場合…
「ごめんくださいませ」「どうぞ又お越しくださいませ」
「どうぞお気をつけて」などと挨拶するものです。
それと 記載されているように「お疲れ様」は、主に社内?身内の者に言う言葉で、
宅急便の方などには、「お世話様です」と挨拶した方が良いでしょう。
そして、「ご苦労様です」の言葉はどんな方にも使わないようにした方が無難ですね。
理由は、自分よりも下の者やみくだった言葉に入るそうです。
現実問題 よく使う言葉ですが、後輩などに笑顔で「ご苦労様~♪」と使うだけにしておいた方がいいですね。
社長や営業と共に 他社に伺う事があればわかると思いま
すが、最近特に言葉に気を使う所が多いです。
(ファミレス・コンビニ語の影響でしょうか(笑))
本気で気になって勉強したいと思うのであれば、
「秘書検定」の本やリクルートで出版されている
ビジネスマナーの本でも購入されてはいかがでしょうか?
専門書扱いになるかもしれませんが、大手の企業の新人研修等には必ず使われていますので。

こんにちは。
まず、お客様が帰られる際 同僚の方が「失礼します」と言うのですか?
だとしたら 確かにしっくりしませんね。run27さんのおっしゃるとおりです。
すれ違いざまやエレベータまでお送りした別れ際に
「また お越しくださいませ。失礼致します」とかなら、わかります。
けして間違いではないでしょうが、この場合…
「ごめんくださいませ」「どうぞ又お越しくださいませ」
「どうぞお気をつけて」などと挨拶するものです。
それと 記載されているように「お疲れ様」は、主に社内?身内の者に言...続きを読む


人気Q&Aランキング