教えて下さい。全りん全窒素の測定において、全自動装置を検討しております。装置での洗浄、校正等に、別途、イオン交換筒で純水を精製する必要があるようです。水道水、井戸水から水を供給する場合、それらはすべてイオン交換樹脂にて除去できるのでしょうか?有機体窒素は除去できないように思うのですが。いかがでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 御懸念のように、イオン交換樹脂はイオン性の物質でないと除去出来ません。

溶解しないような物(けん濁、乳濁物)で窒素化合物は測定に影響しそうですね。ブランクとして差し引くとしても問題がありそうに思います。装置メーカーの推奨の精製水を用いることがよろしいかと思います。私が考えるには、蒸留+イオン交換でしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

装置メーカーでは、活性炭と通した後に、イオン交換筒を通すとの事でした。活性炭で有機体窒素は取れるのでしょうか非常に不安です。ご回答有り難うございました。

お礼日時:2002/03/04 20:10

イオン交換では.無理です。


蒸留した後.イオン交換する場合でも.飛沫同伴の関係で燐が高いですす。結局は.限界ろ過(ミリポア)でしょうか。
    • good
    • 0

こんばんは


微量の窒素の分析は難しいですよね。
20年以上も前の話で恐縮ですが、支笏湖の窒素を分析して欲しいと言われて、分析したのですが、試験室にある水の方が濃度が高く結果的に分析できませんでした。水は蒸留→イオン交換方式で、電気伝導度を0.1マイクロS以下に管理されていたのですが、相手がきれいすぎました。色々調べた結果、蒸留やイオン交換だけでは脱窒素が不十分だった事が分かりました。
最近分析はしていませんので正確な事は分かりませんが、0.1ppm位の分析精度であれば恐らくあまり問題は無いと思います。その1桁下の濃度を分析するのであれば相当な注意が必要です。
イオン交換樹脂は有機物の除去は出来ませんので、有機体窒素は除去できません。有機体窒素には様々な化合物があり、活性炭ですべてが除去出来るわけではありません。井戸水や地下水は稀にイオン交換樹脂に微生物が繁殖する場合もあります。
全自動分析装置は簡単でとっても便利ですが、万能では無い事を理解した上でお使い下さい。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q金や銀などの金属を精製水に入れた場合、この水には金や銀のイオンが溶け出すのでしょうか?

「銀イオンで殺菌」などよく耳にしますが、不純物のない精製水に銀や銀箔など入れた場合、この水に微量の金属イオンが溶出するのでしょうか?殺菌効果など期待できるのでしょうか?
何卒、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>この水に微量の金属イオンが溶出するのでしょうか?
溶け出します。ただし微量です。金などは検知するのに現在の科学の粋を動員せねばならないほど少量です。
>殺菌効果など期待できるのでしょうか?
ほとんど期待できません。
もしそんな事が期待できるほど溶けたら人体に悪影響があります。

Q硝酸体窒素イオンと窒素イオンの違いについて

硝酸体窒素イオンと窒素イオンの違いは何ですか?
以下のサイトを参考にしてもらうと幸いです。
http://www.justis.as-1.co.jp/j2006/web/JSearchResultList.aspx?sid=justis&stype=product_name&param1=&param2=%u785d%u9178%u30a4%u30aa%u30f3%u30e1%u30fc%u30bf%u30fc&cmd=j2006

NO3^-とNO^3-Nの違いです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

硝酸「態」窒素, ね.
で, 質問は「硝酸体窒素イオンと窒素イオンの違い」ではなく「硝酸態窒素と硝酸イオンの違い」でしょうか (普通「硝酸態窒素イオン」とは言わない).
もしそうなら, 硝酸イオンのうち窒素の分を「硝酸態窒素」と呼んでいます.

Qアルミニウムイオン含み水に窒素水過剰はだめなの?

アルミニウムイオンを含んでいる水溶液に水酸化ナトリウムか窒素水を入れると水酸化物イオンと化合して白色沈殿を生じます。

そこに水酸化ナトリウムを過剰に入れると溶解して透明になるのですがなぜ窒素水ではダメなのですか?


窒素水も水酸化物イオンが含まれているのに

Aベストアンサー

窒素水とは何でしょうか?
今はやりの水素水みたいなものでしょうか?
アンモニア水ならば話が通るのですが....

錯イオンの生成は瀬宇部手が平衡反応です。
Al3+ + 4OH- ←→ 〔Al(OH)〕-
OH-の濃度が高ければ平衡は左に移動します。

アンモニア水のpHは11程度であり、OH-イオンはありますが濃度が低いので、
平衡としては左に移動するのです。

Q水の全窒素、全リン測定後の廃液処理について

農業用水の全窒素、全リンを測定することになり、それぞれ、JIS K102 の紫外吸光光度法とペルオキソ二硫酸カリウム分解法で分析をしようと考えています。そこで、この時に発生する廃液はどのように処理すれば良いのでしょうか?
中和したり、多量の水で希釈したら水道に流せますか?やはり業者に引き取ってもらった方が良いのでしょうか…。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

Mo(モリブデン)もSb(アンチモン)もリンの測定で使われるもので金属元素です。Sbはりんの発色液で使われる吐酒石 KSb(C4H2O6)・1.5H2Oの構成元素でこの化合物は劇物です。また、MoもSbも水質汚染として測定されてはいます。ただ、測定に使用する量はかなり微量です。回収し廃液処理業者に委託されてもいいとは思いますが、水濁法の規制にかかわる物質でもなく液性を中和して放流して問題はないはずです。ペルオキソ二硫酸カリウム溶液も液性を中性域にして希釈して流せば問題はありません。

Q冷却水循環装置 純水使用について

高熱部がある装置付属の冷却水循環装置の水交換を行うので取扱説明書を読んでいると、純水使用禁止!て書かれていました。回りの同僚に問い合わせたら今まで何年も純水を使用していたし水道水ではすぐに水垢が溜まってくるとの事でした。純水を使用していた時の水交換頻度は1/6ヶ月でした、見た目にサビなどは見えないので使用しても良いのでは?と悩んでいます。どうしたら良いでしょうか?

Aベストアンサー

純水でなく、水道水を使えと言う意味ではなく車用のLLC(ロングライフクーラント)を使えと言う意味ではないのですか?

スケール防止剤と、さび止めが入っています。

LLCを純水で薄めて使えば良いと思うのですが。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報