これからの季節に親子でハイキング! >>

来月、イタリアに行きます。
基本的にカードで払えるところはカードで支払おうと思っています。

50ユーロ札を8枚と、100ユーロ札を1枚持っているのですが、
レストランや美術館などで受け取りを拒否されることが多いとききました。

できれば、日本で細かくしていきたいのですが、
手数料がかからず、20ユーロ札や10ユーロ札に両替してくれるところはありますか?

(手数料がかからないのであれば、イタリアでもよいのですが)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

イタリアで両替すればよいと思いますよ?



(逆で考えてみれば、1万円札をイタリアで両替するとなると大変ですが、日本なら簡単に手数料なしで両替してもらえますよね?)

100ユーロ札は確かに使いにくいですが、50ユーロ札は普通にどこでも使われてます。屋台などの小さな店でなければ大丈夫じゃないでしょうか。

ヨーロッパでは偽札対策の為に、スーパーやデパートには偽札チェックの機械があります。美術館やレストランにも大抵置いてありますが、この機械がないような小さな店だと、嫌がられるかもしれませんね。
(偽札問題は問題化しているので、50ユーロ紙幣は必ず機械でチェックされますね。5ユーロ紙幣ですらじっくりと見られた事があります。)


目安としては、屋台で2ユーロのソフトクリームを買うのに50ユーロ札を出したら嫌がられるでしょうけれど、20ユーロのチケットを買うのに50ユーロ札を出して嫌がられる事はないと思いますよ。

乗り継ぎがある場合は、現地の空港内の店でガムの1個でも買えば、100ユーロ札だろうが200ユーロ札だろうが、快くお釣りをくれますよ~!(笑)
空港のお土産屋さんは、高価なブランド品なども扱っているので高額紙幣に慣れていますし、サービスのプロなので嫌な顔なんてしないし、空港内に銀行があるので釣り銭に困る事もありませんので!?
    • good
    • 0

私は、現地空港で、クレジットカードによるキャッシングで外貨を調達しています。

ATMから大きめのお札が出てくることが多いのですが、いつもその付近の両替窓口で小さくしてもらいますが、手数料を請求されたことはありません。(イタリアでそれをしたかどうかは記憶にないのですが、欧州は10回以上旅行していますので5~6回は両替しています)
    • good
    • 3

日本では無理ですが、現地に到着後ホテルで頼んでください。



同一通貨ですから、無料です。

「Please change to smaller bills.」
    • good
    • 3

外貨両替してくれるようなカウンターがあるホテルならお札をくずしてくれるしょうし、安ホテルでもお札があればやってくれると思います。



時間があるなら#2の方がおっしゃるように空港で買い物して崩すのもいいかもしれませんね。
あとは、土産物など少しまとまった買い物をするときに出してお釣りをもらうとか。

偽札警戒のためのあるんでしょうが、どちらかというと「お釣りがない」という事情のほうが多そうです。

イタリアではありませんがスペインの美術館(プラドでなくもっと小さいところ)で、やはり崩したくて試しに50ユーロ札を受け取ってもらえました。
お釣りがあったのでしょう。
    • good
    • 1

eurohandさまはじめまして!



手数料って意外と馬鹿にならないものですよね。
結局日本で換金すると必ず手数料を取られてしまいますから。
そう考えると皆様のおっしゃってる様に、現地で換金するのが一番だと思います。
ヨーロッパではカード社会なので、T/Cとかをよく使う方としましては、手元に現金を持ってるかもっていないかにより
かなりの嫌がれれかたに違いがあるように思います。

手数料を考えたらカードのほうが楽ですよね。
最近は暗証番号で済ませられるので、サインもいらないので。

よくやる手は、皆様のおっしゃるようにちょっと大きな観光客が行くようなお店で、何か小さいものを買って崩すのが一番楽です。
または大きなホテルですと換金してくれますので、ねらい目ですね。

今ではEU加盟国では共通貨幣のユーロに統一されて楽ですが
イギリスだけはポンドなので、ロンドンに行ったときに両替する旅行者をよく見ました。
投げ捨てられちゃったユーロは可哀想だったな。

良い旅になりますように!

=^・^=
    • good
    • 1

日本国内では出来ません。


一旦売却して、再度購入になりますので、為替差損が出ます。

現地では、確かに高額紙幣は嫌がられますが、全く受けてもらえないということもありません。
ただ、お釣りがなかったりしますので、そういう時はダメですね。

ホテルのキャッシャーでは無料で取り換えてくれますよ。現金がたくさんあれば、ですが。
できれば込み合うチェックイン・アウトの時間帯を避けてくださいね。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q100ユーロ札を上手く崩すには・・・?

来週からフランス・イタリア旅行に行く為、銀行で1000ユーロ分を交換してきたのですが、すべて100ユーロ札で渡されてしまいました。

フランスのガイドブックなどを読むと、日本と違って50ユーロや100ユーロなどの大きいお札はお店で断られることもある、電車のチケットも買えない、などと書いてあり、心配になってきました。パリの空港から市内まで電車で行く予定なので、100ユーロ札でチケットを買えないと非常に困ります。

日本ならキオスクやコンビニでガムを一個かって一万円札を崩すことも可能でしょうが、お店で何か買っても断られるのならそういった手段も使えないですよね?何か上手く崩す方法はないでしょうか・・・?

Aベストアンサー

こんにちは。

他の方のご回答を見せて頂いて、フランスとイタリアの違い?を感じました。質問者様が、先にフランス訪問なら、きっと問題ないですね。私はフランスは南の海岸線付近しか行ってないので、パリのことがわからなかったのですが、田舎の方だとやはり小額紙幣のほうが良かった印象です。

私の経験では、ローマでも100ユーロしかなくなっちゃったとき、苦労しました。テルミニ駅にくっついてるスーパー(日本の街中のコンビ二よりはずっと大きい)で、断られ。いろいろ購入して、お会計が十数ユーロになってるんですよ!80ユーロがないって、何それ?です。その他、他店でも何回か断られたり、扱ってくれたけど、紙幣を預かった店員が裏へ消え、えんえん待たされた・・・、とか。事務所行ったか、どっかで両替してきたんでしょうか。ほんとの本当に、レジにお金をあんまり入れてないみたいです。ここ、ローマ駅ちかだけど?首都だよね?って思いました。かえって、地方都市なら駅の有人チケット窓口が混んでないので、そのあとはそこで切符購入で崩すように調整するようになりました。

Q円⇒ユーロにしたいが、どこが一番お得でしょうか?

このお盆にフランスへ旅行予定です。

どこでユーロに換金するとお得なのでしょうか。
銀行、チケットショップ、現地の銀行…etc

どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

フランスに行ってから両替すると損しますよ。「どちらでも変わらない」というのは何かの間違いでしょう。

現地通貨を準備する方法としては大別して
(1)日本でユーロ現金に両替
(2)現地で日本円現金からユーロに両替
(3)ユーロ建てトラベラーズチェック(以下TC)を現地で換金
(4)円建てトラベラーズチェックから現地で両替
(5)クレジットカードでショッピング
(6)クレジットカードを使い現地ATMでキャッシング
(7)国際キャッシュカードを使い現地ATMで引出す
の7つがあります。

それぞれの最終的なレートを比較すれば答えが出るわけですが、その前にレートに関する用語をいくつか整理させてください。
・銀行間取引レート 外国為替市場においてその名の通り、銀行間の取引きに用いられるレート。ニュースなどで報じられているレートは、特にことわりのない限りこの銀行間取引レート。顧客はこのレートでは取り引きできず、外貨を買う場合も売る場合も必ずいくらかのマージンを払うことになる。
・公示仲値(TTM) 上記の銀行間取引レートを睨みながら、銀行が一日一回(銀行によっては数回)、取引きの基準として定めるレート。銀行間取引レートは常に変動しており、窓口での取引に銀行間取引レートを使うと処理が煩雑になるため。公示仲値と銀行間取引レートの数字はほぼ同じとみなせる。
・対顧客電信売レート(TTS) 顧客が外貨預金をしたりTCを組んだりする際に適用されるレート。公示仲値に一定の幅を上乗せすることで機械的に計算される。上乗せの幅は銀行によって異なる。また当然、通貨によっても変わってくる。
・クレジットカード会社が定める通貨間換算レート クレジットカード会社も銀行と同様に、外国為替市場での取引きレートを見ながら各通貨間の換算レートを毎日決定する。銀行間取引レート/公示仲値/クレジットカード会社が定める通貨間換算レートの三つは、実質的に同じ数字になると考えてよい。

まず(1)の日本でユーロ現金に両替ですが、レートは1ユーロ当たりTTM+6~7円が標準です。例えばTTMが1ユーロ=146円00銭なら、銀行の窓口では1ユーロ当たり152~153円を払ってユーロ現金を入手することになります。
その中で三井住友銀行など一部の銀行は、ユーロの現金両替レートをTTM+4円に設定しています。他行に比べ1ユーロ当たり2円得です。また関西空港ですと、泉州銀行がこれより僅かですが良いレートを出しているようです。
チケットショップは「銀行よりお得なレート」を宣伝文句にしていますが、ユーロの場合は必ずしも得と言えません。私が今まで見つけた中ではTTM+5円が最安で[1]、確かに銀行の一般的なレート(TTM+6~7円)よりは有利なのですが三井住友銀行のTTM+4円には劣ります。
多少の手間や時間がかかっても良ければ、民間の両替商[2]を利用する手もあります。レートはTTM+3円で、日本でユーロ現金を入手する場合のレートとしては私の知る範囲で最安です。

次に(2)ですが、冒頭述べたようにこれは避けるべき方法です。まずレートの設定がよくありません。行き先の国や両替する銀行にもよりますが、円→ユーロのレートはだいたいTTM+7~10円に設定されています。しかもこれに加えて両替1回ごとに手数料を徴収するところが大半で踏んだり蹴ったりです。

(3)はヨーロッパの場合はあまりお勧めしません。アメリカと違ってそのまま支払いに使える場所が少なく銀行や両替商で一度換金して使うことになりますが、その換金手数料が小さくないためです(これを見落としている回答が少なくありません)。一応レートの数字を示しておきます。

日本の銀行でユーロ建てTCを組む場合に適用されるレートはTTSです。ユーロのTTSは1ユーロ当たりTTM+1円50銭というのが標準的な設定です。また発行手数料が1%(*1)かかります。これだけならさほど悪くないのですが、現地で換金手数料が2~3%程度かかるのが痛い点です。
例えばTTMが1ユーロ=146円00銭のときに1000ユーロのTCを組んで現地で換金したとします。まず日本でのTC発行時に
(146.00+1.50)×1.01×1000 = 148,975円
を払います。
現地での換金時に2%の手数料を差し引かれ、手取りは980ユーロ。実質的なレートは
148975÷980 = 152.02円/ユーロ
となり、レート的なメリットは小さいことになります((1)のように三井住友銀行などで両替した方が得)。なお換金手数料は「AMEXブランドのTCを、AMEXのトラベルサービスオフィス[3]に持ち込む」などとすれば回避可能で、レート的には多少よくなります。

ユーロ建てTCを使う方法はいくつかの前提条件を満たせるなら最も有利な両替法となり、その場合TTM+1円でユーロ現金を手にできます。ご興味があれば[4]をご覧ください。

(4)は(2)と同じ理由(レートが悪い、換金時に手数料を徴収される)からお勧めしません。

(5)のクレジットカードでのショッピングですがVISA、master、JCBの場合、引落し額はTTMに1.6%を加算したものが目安です。(TTMが1ユーロ=146円00銭なら、引落し額は利用額1ユーロ当たり148円33銭程度。なお「TTM+1円」というのは何かの間違いと思われる)
一般に両替よりレートが有利で使い残しの心配もありませんから、クレジットカードをメインに使うのはヨーロッパではうまい方法です。
なおIC付きクレジットカードの場合、フランスですとサインに代えて暗証番号の入力を要求されることがあります。日本出発前に暗証番号を確認しておくことをお勧めします。

(6)は意外に有利な方法です。適用レートは「クレジットカード会社が定める通貨間換算レート」(TTMとほとんど同じ)です。これに利息が加算されますが、年利が25~30%程度、利用日から引落し日までは25~55日くらいですので、利息の額としては2~4%です。「金利を含めても一番お得な方法」とは言えませんが、現地で現金が足りなくなった時などは利用価値があります。
ご興味があれば[5,6]などをご参考に、お持ちのクレジットカードの会社で利用法を確認ください。

(7)の国際キャッシュカードは新生銀行やシティバンク銀行のものが有名です。(6)と同様に現地ATMで現地通貨を引き出せて便利ですが、レートはそれほど良くはありません。レートの目安はTTMに4%加算です(カードによって多少異なります)。

【結論】
身の回り費用程度(200~300ユーロ)の現金なら、銀行をよく選んだ上で日本で両替するのが有利かつ手軽です。それ以外の出費は極力クレジットカード払いにするとよいでしょう。

参考ページ
[1] 金券ショップの一例 http://gaika.e-daikoku.com/
[2] http://www.btgp.org/BTG%20CashForex.htm
[3] AMEX換金場所 http://www.americanexpress.com/japan/tcheques/tc/tcheques_exchange.shtml
[4] http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2317598
[5] http://www.nicos.co.jp/hp_trvl/overseas/os_cash.html
[6] http://www.dccard.co.jp/useful/money/o_atm.shtml
[7] 通信販売業者「セシール」 http://www.cecile.co.jp/travelers_cheque/

*1 銀行や業者によってはこれより安い手数料で発行してくれるところもある。多額の現金が必要でどうしてもTCにする場合は「通販業者セシール[7]でTCを購入+現地のAMEXオフィスや提携金融機関で換金」とすれば、目減りは最小限に抑えられる(セシールのTCのブランドはAMEX)。
*2 厳密には「クレジットカード会社が定める通貨間換算レートに海外利用手数料を加算した額」。海外利用手数料はVISA, masterが1.63%、JCBが1.60%。カードによっては若干異なる場合もある(例えばセゾンVISA/masterは1.60%)。
換算レートは「利用データがクレジットカードのデータ処理センターに到着した日(利用から2~3日程度)」のものが適用される。(利用日当日や、銀行引落し日のレートではない)

フランスに行ってから両替すると損しますよ。「どちらでも変わらない」というのは何かの間違いでしょう。

現地通貨を準備する方法としては大別して
(1)日本でユーロ現金に両替
(2)現地で日本円現金からユーロに両替
(3)ユーロ建てトラベラーズチェック(以下TC)を現地で換金
(4)円建てトラベラーズチェックから現地で両替
(5)クレジットカードでショッピング
(6)クレジットカードを使い現地ATMでキャッシング
(7)国際キャッシュカードを使い現地ATMで引出す
の7つがあります。

それぞれの最終的なレ...続きを読む

Qイタリアに8日間、いくらユーロに替えるか…

今週末から、イタリアの8日間ツアーに参加します。

質問なのですが、イタリア8日間ツアーだと、いくらくらい日本円をユーロに替えるのが妥当なのでしょうか?

ちなみに食事はツアーについています。買い物はブランド品などを買う予定はありませんが、バイト先や友人にお土産を買います。どんな物をお土産にすれば無難でしょうか?

Aベストアンサー

以下、私の経験ですが、観光地での価格です。
ミネラルウオーターペットボトル 1 - 1.5ユーロ
コーラペットボトル 1.5 - 5ユーロ(ほんとバラバラ)
カプチーノ 3 - 5 ユーロ程度
焼き栗 2 - 6 ユーロ程度
ビール 5 - 10 ユーロ程度
トイレ 50セント - 1ユーロ程度
ツアーとのことなので、各種チケットもツアー代金に含まれているでしょうし、あまり自由時間も無いでしょうからカフェにはいる時間も惜しんで歩き回ることを考えれば、購入するのはミネラルウォーターやコーラ程度でしょう。
トイレはチップ制のところもありますが、お金を入れないとゲートが開かないトイレも多く、常に1ユーロまたは2ユーロコインを携帯しておいたほうがよいです。コインであればトイレ内の両替機でセントに両替できます(ツアーならばコンダクターの方が両替してくれるかな)。

ということで、お小遣いで現金1日あたり10ユーロ程度あればよいかと。
このほかに露天のお土産を買うならば現金が必要ですが、それでも+20程度あればOKでしょう。総じて露天は値段高めの設定なので、私ならば露天でバラマキ系のお土産は買いません。あくまで自分用に、ちょっとしたお気に入りを買うという前提です。
よって、かなり多く見積もって、現金で1日30程度。私個人ならば10で十分だろうと思います。
ショップではカードが使えるので現金は必要ありません。ツアーで行く店ならば、目の前の端末で清算してくれるでしょうから、さほど神経質になる必要は無いでしょう。仲のよい友達等にすこし高めのお土産を差し上げるのであれば、必然的にショップを利用することになると思います。バラ撒き系のお土産は空港の免税点でチョコレートやクッキーが妥当かなぁと思われます(かなり冷めた意見でアレですが)。
私にはセンスが無いのでお勧めは難しいのですが、フィレンツェ IL BUSSETTO のコインケースは今でもお気に入りです。現地価格で35ユーロですが、日本で購入すると1万円程度します。仲のよいお友達ならば惜しくない買い物だと思います。

以下、私の経験ですが、観光地での価格です。
ミネラルウオーターペットボトル 1 - 1.5ユーロ
コーラペットボトル 1.5 - 5ユーロ(ほんとバラバラ)
カプチーノ 3 - 5 ユーロ程度
焼き栗 2 - 6 ユーロ程度
ビール 5 - 10 ユーロ程度
トイレ 50セント - 1ユーロ程度
ツアーとのことなので、各種チケットもツアー代金に含まれているでしょうし、あまり自由時間も無いでしょうからカフェにはいる時間も惜しんで歩き回ることを考えれば、購入するのはミネラルウォーターやコーラ程度でしょう。
トイレはチッ...続きを読む

Q1週間の海外旅行で必要な現金

フランス、ドイツに1週間ほどツアーでいくのですが
現金をいくら持っていくか迷っています。
海外旅行がはじめてなのでさっぱりです。
クレジットカードは持っていきますが、
信頼できるところでしか使いたくないので
ブランド正規店など以外では現金で払おうと考えています。
個人差はありますが、日本円でいくらくらい
もっていけばいいでしょうか?

Aベストアンサー

ヨーロッパではカードが当たり前になっていますから、財布に現金が100ユーロでも入っていようものなら盗んでくださいといっているようなものですよ。
どうしてもというのであれば#2さんのおっしゃるようにTCを用意して、免税店ではそのまま使えますが、そうでない店では都度両替するしかないでしょう。
AMEXのTCなら郵便局で手数料なしで現金化できます。

昼食代が含まれていない自由行動なら、バス・地下鉄で移動、おみやげ代・夕食代は別で1日あたり50ユーロ程度は見ておいた方がいいでしょう。
ヨーロッパでは物価が高いので割とかかります。
500円(=約3ユーロ)では安めのサンドイッチしか買えませんし、観光地ならさらに値段は跳ね上がります。ファーストフードのセット(menu:ハンバーガーとポテトと飲み物)で6~7ユーロ、カフェで昼食なら飲み物付けて10ユーロ程度かかります。
昼食・移動込みなら、レストランでの追加飲み物(ノンアルコール)が3ユーロ程度、トイレが0.50ユーロ、500ml入りの水が観光地価格で1.50ユーロ程度です(スーパーなら0.20ユーロ程度です)。夕食の飲み物代を別として15ユーロ程度あれば十分でしょう。

クレジットカードでもIC付きのものでしたら複製は難しいですし、暗証番号さえ盗まれなければ万が一紛失・盗難しても止めることもできます。
10ユーロ以上かかるような店や食堂ではカード払いが普通で、マクドナルドでも使えますので、
現金は全日程通して100ユーロ程度に留め、IC付きのクレジットカードで買い物されることをおすすめします。
(ICの付いていないものだと、高額店を除いて使えないことが多いです。)
現金だといやな顔されることもありますし…。

ヨーロッパではカードが当たり前になっていますから、財布に現金が100ユーロでも入っていようものなら盗んでくださいといっているようなものですよ。
どうしてもというのであれば#2さんのおっしゃるようにTCを用意して、免税店ではそのまま使えますが、そうでない店では都度両替するしかないでしょう。
AMEXのTCなら郵便局で手数料なしで現金化できます。

昼食代が含まれていない自由行動なら、バス・地下鉄で移動、おみやげ代・夕食代は別で1日あたり50ユーロ程度は見ておいた方がいいでしょう。
ヨーロッ...続きを読む

Q米ドルを細かく崩したい

年明けにロサンゼルスに行きます。そこで質問なのですが、以前使わなかった$100札が30枚溜まっています。これを$1、$5、$10、$20にしたいのですが、日本で両替出来るところはありますか?また出来ない場合、現地で両替出来る所はありますか?ツアーの為自由時間が限られています…

Aベストアンサー

私も以前、小額紙幣に交換(両替)をして欲しいと、銀行にお願いしました。
そこで言われたのは、一旦、ドルを円に交換(Buy)し、それから再度円をドルに交換(Sell)で、例えば本日の三菱東京UFJの相場で見ますと、http://www.bk.mufg.jp/gdocs/kinri/list_j/kinri/kawase.htmlで、1ドルを84.44円で日本円に替え→93.24円で1ドルを購入で、1ドル当たり約6円の「交換手数料」のようなものが発生します。(1円未満を無視してです)
〔3000ドルだと、約18000円の「損」です。〕
こう言う理由で、両替はしないほうが良いというアドバイスでした。
『以前使わなかった』時のレートが解りませんが、どちらにせよ18000円の無駄が出ます。
「両替が日本で出来るか?」と言う、答えは言葉は違えど出来ますが、約18000円の「手数料のようなものが係り、時間も無駄です」

5人で分ける(質問者様のドルをお譲りする)と、一人当たり100ドル紙幣6枚ですから細かく崩さなくとも単純に分けることが出来ますが、使いづらい100ドル札を渡すのは失礼と思われるお気持ちは察し出来ます。優しいですね~

100ドルは、本当に嫌がられ、10ドル程度の買い物では拒否されることもあるようです。私は、80ドル程度の時、おつりを貰いました。あとは、100ドル以上の買い物で、捌きました。

今回の旅行で全部使おうと考えず、残ったら、お引取りして、次回の旅行に回す事も想定し、皆さんで100ドルパックでも追加で買われては如何ですか?
上記三菱銀行では
・1ドル紙幣5枚
・5ドル紙幣1枚
・10ドル紙幣5枚
・20ドル紙幣2枚
が、100ドルパックの内訳です。

また、成田空港(2タミのみ経験)では、三菱は到着ロビー階にある両替所で、バラ買いも出来ます。(1ドル紙幣は一人10枚までとかの制約はありますが)
1995年ごろの1ドル80円時代の購入でなければ、円高の今は、「寝かせて、新たに小額紙幣」の購入もいいかもしれませんね。

ラスベガスのホテルのキャッシャーでは、簡単に両替してくれますが、手数料なしの好意の両替を 銀行以外の『ツアーの短い自由時間』でしてくださるロスはごめんなさい、知りません。

あとは、5人で食事をしたときに、トータル払いで、100ドル札を捌くとか・・・

私も以前、小額紙幣に交換(両替)をして欲しいと、銀行にお願いしました。
そこで言われたのは、一旦、ドルを円に交換(Buy)し、それから再度円をドルに交換(Sell)で、例えば本日の三菱東京UFJの相場で見ますと、http://www.bk.mufg.jp/gdocs/kinri/list_j/kinri/kawase.htmlで、1ドルを84.44円で日本円に替え→93.24円で1ドルを購入で、1ドル当たり約6円の「交換手数料」のようなものが発生します。(1円未満を無視してです)
〔3000ドルだと、約18000円の「損」です。〕
こう言う理由で、両替はしないほ...続きを読む

Qスペイン旅行に500ユーロ

スペイン旅行を予定しております。

少しレートが安かったからといって、主人が金券ショップで500ユーロ札に両替してきました。

ガイドでは、大きすぎるお札はお店でおつりがないと断られたりして不便と書いてあります。
空港や銀行などで両替してもらえるでしょうか。

日本国内で細かくしてもらえる場所があればそれが一番ありがたいのですが。。。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私も、宿泊先ホテルのフロントで小額紙幣に両替してもらうのがよいと思います。
本物かどうかの確認に時間をかけられる可能性はありますが、他人を待たせたりして迷惑をかけることなく、手数料もなしであっさり交換してもらえる、唯一の方法だとも思います。
格安ホテルだからやってくれない、とかいうレベルのものではなく、紙幣両替はホテルのフロントの業務として基本的なことだと思います。
スペインではありませんでしたが私も先日、チップ用の1ドル札をたくさん、宿泊先ホテルのフロントで両替してもらいました。当たり前のことのように対応してもらえましたよ。
旅行会社に聞いても、「ホテル次第」とか曖昧な返事しかもらえないと思います。

Q旧5ユーロ紙幣使えますか?(パリ)

来週パリへ行くので今日銀行でユーロへ両替しました。
それで気づいたのですが、
5ユーロが新しくなってるようです。
家に残ってる旧5ユーロ紙幣(2012年に両替した紙幣10枚ほど)
を持って行こうと思ってるのですが、
パリで使えるでしょうか?

Aベストアンサー

問題なく使えます。
旧紙幣は永久に5Euroとしての価値を保持し続けます。
詳しくは
http://www.euinjapan.jp/media/news/news2013/20130430/101705/

新紙幣の発行の理由については以下をご参照ください。
http://eumag.jp/question/f0313/

Qパリ市内で500ユーロを細かく両替できますか

今、パリにおります。日本からのお金を持参する際に大きくならないように500ユーロに両替してもってきたのですがこちらで500ユーロを受け取らない店が多く非常に困っています。そこでお聞きしたいのですが■「パリ市内で500ユーロを100ユーロ等に変更できる場所」を教えていただきたいのですが■銀行、両替所で無料または手数料で変更できる所をぜひ教えてください。お金は有るのに貧乏状態みたいになっていて運よ(ちなみにこちらホテル宿泊でなく知人宅借りています)ホテルでも宿泊客以外で変えられるとかそういう情報も助かります。または最低消費で500をだしてお釣りをもらうとか。真剣に困っているので多数のアイデアなどをよろしくお願いします。具体名、地域名などあると大変助かります。観光客のためパスポートはあります。

Aベストアンサー

銀行が一番いいとおもいますよ。

あとは偽札検索機を置いている大きめのスーパーとかでお買い物をすること。
その際お財布には500ユーロ札の他はお買い物額に満たない小銭を入れておくことです


小さいお店では防犯の為レジにはお札を余り置いていなかったり、
偽札検索機がないお店では、50ユーロ紙幣でも拒否されます。

Q錠剤を機内持ち込みするには…

初の海外旅行をする予定です。

色々勉強中ではあるのですが、是非旅慣れた方に教えていただきたいことが。

私はとても心配性でして…少しでも遠出をする時は
バッグの中に常に痛み止め・正露丸・胃薬など3種類ぐらいを
持ち歩かないと落ち着きません。

普段は錠剤をサプリケースみたいなのに入れて持ち歩いていますが、
国際線の飛行機はそれをポンッと持ち込み用バッグに入れていても
大丈夫なのでしょうか?

液体の薬や処方箋ありの常備薬などについてはわかりやすい答えを
探し出すことが出来たのですが
ただ単にお守り代わりとして持ち歩いている分はどのようにしていたら
大丈夫なのでしょうか。

(1)3錠ずつぐらいをサプリケースに裸で入れている
(2)なので傍目から見たら何の薬かわからない状態。

薬局で購入したままの箱入り・瓶入りの状態では無いと
機内持ち込みは不可能なのか。

ご存じの方、教えて下さい。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

今まで数十回と海外に行きましたが、通常はポーチに痛み止め、風薬、胃薬、バンドエイド、下痢止め剤等をいれてスーツケースに入れますが、体調不良の時はバッグに入れて機内に持ち込みますが、一度も指摘されたことがありません。但し、質問されたときに回答ができるように薬の瓶と箱に入れたまま持ち込みます。ばらで持ち込むと説明するのに大変です。外国の出国審査時には日本語の判る係員がいますので説明すれば判ってくれると思います。

Qドイツへ行きます。(両替について)

こんにちは。お伺いしたいことがあります。

ドイツへ行く際にお金はどのようにしてもっていけば
お得なのでしょうか?
現地で両替したほうがよいでしょうか?
もしくは日本の空港、銀行で両替したほうがよいでしょうか?
それともクレジットカードを使用するのがいいのでしょうか?
海外へいったことがないので、わかりません。
常識しらずの質問で申し訳ないのですが、
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

電車賃や,ちょっとした買い物などに必要なユーロ現金だけ日本で両替して,
残りはクレジットカードで払うのが一番よいでしょう.
ユーロ現金を現地で,クレジットカードからのキャッシングで入手する方法もあり,
こちらの方が多少有利ですが,
初めての方なら,上記のように日本でユーロ現金を用意する方法をお勧めします.

以下のリストは,銀行間取引きレート(仲値)に対し,
どれくらい上乗せされたレートになるかの目安です.
もちろん,両替所や銀行によって異なりますし,
金融情勢でも変動がありますので,参考程度に.

◆日本でユーロ現金に両替 仲値+6円くらい
◆日本でユーロ建てトラベラーズチェックに両替し現地で換金 仲値+2~3円くらい +発行手数料1% +現地両替手数料(1回あたり5ユーロくらい)
◆ドイツで日本円現金から両替 仲値+7~10円くらい +現地両替手数料(1回あたり5ユーロくらい)
◆クレジットカード(ショッピング) 仲値+1.6%くらい
◆クレジットカード(キャッシング) 仲値+1.6%くらい +利息
◆国際キャッシュカード(CITIBANKの例) 仲値+4%くらい 
※CITIBANKに口座のない人向けの「ワールドキャッシュ」だと,引出し1回ごとに手数料210円をさらに加算

ユーロ現金は,No.5のご回答のように現地で両替すると不利で,
No.4,No.7のご回答のように,日本で両替する方が有利です.
(ただし,これはユーロや米ドルの場合です.
韓国ウォンやシンガポールドルなど,国際流通量の少ない通貨は,
日本でなく現地で両替した方が得です)

例えばフランクフルト空港内のある銀行の8月半ばのレート,
日本円現金⇒ユーロが148円/ユーロくらい
ユーロ現金⇒日本円が128円/ユーロと,往復で14%近い差がありました.
これに両替1回あたり5ユーロくらいの手数料がかかります.
10000円を両替して,手取りは57ユーロといったところでしょうか.
日本なら,ユーロ現金売りレートで143円くらいでしょう.
両替ごとの手数料はかからないので,手取りは約70ユーロ.
というわけで,日本での両替の方が20%くらい有利ですし,
言葉の通じない異国の銀行より,なにかと安心です.

トラベラーズチェック(以下,TC)は,日本での両替レートはよいのですが,
現地でもう一度,換金手数料がかかることを考えると,
1万円や2万円なら,最初からユーロ現金を用意した方が得です.
なお,換金手数料がかからない場合もあります.
アメックスのTCを現地のアメックスで換金する,などです.

クレジットカードでのキャッシングも悪くないです.
利息を払っても,有利のことがあります.
ただし,初めての方でしたら,日本でユーロ現金を準備していった方が安心でしょう.
それにユーロのように,日本でもそこそこのレートで現金が手に入る外貨なら,
相対的に,メリットは小さくなります.
逆に日本で入手するとレートの悪い外貨なら,この方法は有効です.

米ドルは確かに世界のどこでも両替できますが,行くのがドイツなら,
円→米ドル,米ドル→ユーロの,2回の両替手数料がかかって損なのは自明です.
ヨーロッパでは,直接TCで払えるお店は少ないですし,
銀行や両替所で換金するにしても,毎回手数料がかかります.

電車賃や,ちょっとした買い物などに必要なユーロ現金だけ日本で両替して,
残りはクレジットカードで払うのが一番よいでしょう.
ユーロ現金を現地で,クレジットカードからのキャッシングで入手する方法もあり,
こちらの方が多少有利ですが,
初めての方なら,上記のように日本でユーロ現金を用意する方法をお勧めします.

以下のリストは,銀行間取引きレート(仲値)に対し,
どれくらい上乗せされたレートになるかの目安です.
もちろん,両替所や銀行によって異なりますし,
金融情勢でも変動が...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング