忙しい現代人の腰&肩のお悩み対策!

ハネムーンで中欧を旅行します。相方は何度かありますが私は始めての海外です。
★☆★質問事項★☆★
◎現金はどれくらい持って行けばよいですか?
◎ユーロは空港(成田)で買えるつもりですが、
 日本円の所持金の何割を変えるべきでしょうか?
 (ユーロ、ユーロ以外の通貨、日本円
  各々どれくらいの割合で所持すれば良いでしょうか?)

アバウトな質問で申し訳ありませんが、
以下に旅行の情報を提示致しますので、皆様からの適切なアドバイスを頂けないでしょうか?


★☆★旅行の情報等★☆★
・8日間(パックツアー)
・フランクフルト(乗り継ぎのみ)
・プラハ→スロバキア(ブラチスラバ)→ブダペスト→ウィーン
・オプショナルツアーに半日参加予定。(値段不明)
・カードは持って行くが、全て現金でやりくりするつもり。
・お土産購入先
 (両親兄弟7人程度) 
    → 各人に何かを買ってあげたい。
 (親戚関係10人程度)
    → 箱菓子でいいけど、会社関係よりは良いものを買う
 (夫婦各々の会社関係20人程度)
    → 箱菓子を配ればよいかな。
 (結婚式でお世話になった人達3人程度)
    → チョッとイイモノを買ってあげたい。
 (思い出に自分達のお土産) 

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

とりあえず現地で使う分は全部ユーロにします。


(予備に日本円も少し持ってもいいでしょう。)

ウィーンは最も物価が高いですね、現地通貨ユーロを使います。

ブダペストは物価が3都市では最も安いです。
「フォリント」ですが、街中ではユーロが使えるところが
多いです。地下鉄や公共施設は現地通貨ですが
お店やレストランではユーロが使えます。

チェコはまだユーロが使えるところはあまりありません。
両替所はけっこうありますが。
「コルナ」はそれほど物価が安いわけではないですね。

滞在1日につき、1万円というのはわかりやすい目安だと
思います。
そのほかに、OP代金はできれば現地通貨が良いでしょう。

コルナもフォリントも現地に着いてから両替します。
ホテルでも両替できますが、再両替はできない場合も
あるようです。

お土産を買うときに値段がはるものは
カードで払うのが良いと思います。
どの都市も大抵の店ではカードを使えます。
(かなり小さな店を除いて)

ちなみに今年夏9日間の中欧ツアーに行きましたが
おこづかい10万円は使いませんでした。
あまりお土産を買わなかったので。
なので、ハネムーンということで
一人10万円分のユーロと予備の日本円を
ほどほど持てば良いのではないでしょうか。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

とても分かりやすいご回答ありがとうございます。

>とりあえず現地で使う分は全部ユーロにします
「フォリント」・「コルナ」への両替分も含めて「ユーロ」にした方がよいと言うことでしょうか?つまり、
「円」からではなく、「ユーロ」→「フォリント」、「コルナ」とした方が得策なのでしょうか?

追加でご回答頂ければ幸いでございます。

お礼日時:2006/12/19 20:39

>「フォリント」・「コルナ」への両替分も含めて「ユーロ」にした方がよいと言うことでしょうか?つまり、


「円」からではなく、「ユーロ」→「フォリント」、「コルナ」とした方が得策なのでしょうか?

その通りです。
#4のご意見の通り、ウィーン以外は
日本円の両替は不自由ですね。
特にチェコはそのようでした。
街のあちこちの両替所では
ユーロからコルナへの両替はスムーズで
対応も感じよかったです。
ガイドさんからは日本円から直接すると
不便だと言われていましたし。

米ドルでもいいのですが
私が行ったときは(現在もそうかな?)
ユーロが強かったので
外貨はユーロのみでした。

ところでこれからの時期に行かれるのでしたら
防寒対策をしっかりなさってくださいね。
コート以外にも帽子やマフラー、手袋など
小物が役立ちます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
アドバイス頂きました通りユーロを両替します!

やっぱり、あちらは寒いんですよね。
寒いのは苦手なので万全の体制で臨みます。

このたびは記念に残るイベントに、適切な回答を頂きこの場をおかりして皆様に感謝申し上げます。

お礼日時:2006/12/20 10:37

ウィーン以外は日本円の両替で不自由する場合が多いです。


空港や銀行なら大丈夫ですがユーロが断然便利です。
なおユーロは日本国内で用意していきましょう。
空港内や自宅近くの銀行でも郵便局でもそんなに差はありません。
ただしユーロ高ですのでドルも計算されたらいかがですか。
ドルもアメリカ人が多いのでユーロ並みに便利です。
現金は紛失したら終わりですがカードは保険が効きますよ。

ハンガリーのトカイワインは小瓶でもありましておいしいです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%82%AB% …
ウィーンの名物 モーツァルトチョコ
http://item.rakuten.co.jp/e-omiyage/01-341/
ウィーンでお勧めは聖シュテファン寺院からの観光馬車です。
定額で中心街を一周してくれます。
値段は忘れましたが安くはありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お土産までのご案内まで頂きありがとうございます。
ワイン、良いですね。是非参考にします。

日本円の所持金のうち、ユーロを8割国内で両替して、
コルナ、フォリントへの両替はユーロから随時やっていく形が良さそうですね?
ドルも捨てがたいです。。熟慮してみます。

有難うございました。

お礼日時:2006/12/19 23:03

ざっとですが欧州なら1日1万円くらいがあっと云うまに無くなります


2人で20万くらいユーロでOKと思います

足らずはカードで何とかしてください
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
1日1万があっという間という目安は分かりやすかったです。

お礼日時:2006/12/19 18:17

こんにちわ


ご提示された範囲では、私の経験のない国々なので物価や税率が掴めず、所持金額が分かりませんが、ネットやガイドブックで物価の情報を探してはいかがでしょう。

ユーロ(またはドル)以外の通貨は現地で換金になるかと思われます。現地通貨は使い切りを考えて小出しに換金して、ユーロは残ってもしかたないと割り切るほうが無難です。
高額所持が気になる場合は、T/C(トラベラーズチェック)が使えるのか調べるべきでしょう。(国によって使い勝手が違います。)

お役に立てなかったので
仮に所持金が足りなくなったときの対処法を紹介します。
1 CITY BANKの口座を作っておく。海外でお金をおろせます。(カードを作る日数があるかが問題)

2 WESTERN UNION を使って、日本のご家族からヨーロッパのあなたに送金する。 (額によって数千円~万円単位の手数料がかかりますが、30分くらいで送金できます。ただし時差を考えましょう)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。
もうすぐ出発なのでちょっと口座等を作る時間がなさそうです。
次回旅行するときは、ぜひチャレンジしてみます。

お礼日時:2006/12/19 17:14

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q中欧7カ国周遊旅行両替の方法は?

6月にツアーで中欧7カ国旅行に出かけます。
ドイツ、オーストリア、スロベニア、チェコ、ポーランド、スロバキア、ハンガリーの7カ国です。
ほとんどの食事代や観光代がツアー代金にはいっています。

しかし、7カ国のうち、ユーロが使えるのは1カ国だけで、それ以外は自国の通貨です。
この場合、どのように両替するのがよいでしょうか?

自由時間があるハンガリーだけでも、バス代や観光代、食事代など現地の通貨がほしいと思います。

旅行が近くなると添乗員が電話で連絡してくれますが、今のうちから両替など、準備を始めたいので、ご存知の方、教えてください。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

間食やチップや小額のこまごました雑費を計算する。
クレジットカードで払えそうな物も半分は現金を想定する。
その6~7割を日本でユーロに換える。(今後ユーロ圏にまた
行きそうで多く余らせてもよいなら多めでよい。)
その他の通貨は、日本では両替が難しいし、しない方がよい。

現地での減り具合を見て、ユーロ以外の現地通貨を日本円か
ユーロから両替する。必要なら、ユーロへ追加両替する。

10日で5万円使うとすると、日本で300ユーロ両替する。
予備費含めて日本円で3~5万円を千円札多めで持って行く。

現地ATMで使えるクレジットカード、国際キヤッシュカードや
米ドル現金などもあると便利ですが、あえて用意することは
ないです。
添乗員がいるならルート上両替で困ることはないです。逆に
ルートがあるので両替場所もほぼ決まってます。
ホテルで両替してもたいして損にはならないですよ。

Q★中欧ヨーロッパ・ベストな時期等色々教えて下さい★

中欧ヨーロッパ(オーストリア・ハンガリー・チェコの3カ国か4カ国)のツアーに行こうと思っています。本では、5月~9月がベストシーズンとありますが、花(シェーンブルン宮殿など)については何も書いてないように思いました。母親を連れていくので(50代後半)せっかくなら少々高くても綺麗な時期に連れていってあげたいなぁと思っています。私は名古屋在住ですが、直行便があり、7月後半・8月中旬・9月後半があります。どの時期が行くには一番良いでしょうか?

一:ツアーによっては、ザルツカンマーグートに行くものと、ドナウベント地方に行くものがありますが、どちらがお勧めでしょうか。もちろん、何が好きかという好みはあると思いますが、皆さんの良かったなぁという意見を教えていただければと思います。

二:コンサートですが、楽友協会とシェーンブルン宮殿の物があります。どちらがお勧めでしょうか?

三:ウィーンの森観光・ボヘミア古城観光はオプションで付けたほうが良いでしょうか?お勧めですか??

四:ヨーロッパはホテルがあまり良くない(欧米のような快適・綺麗さは無いという意味で)と聞きますが、やはり高いホテルにしておかないと快適さは無いでしょうか。

いくつか書いてしまいましたが、皆さん是非色々と教えてください。宜しくお願いいたします!

中欧ヨーロッパ(オーストリア・ハンガリー・チェコの3カ国か4カ国)のツアーに行こうと思っています。本では、5月~9月がベストシーズンとありますが、花(シェーンブルン宮殿など)については何も書いてないように思いました。母親を連れていくので(50代後半)せっかくなら少々高くても綺麗な時期に連れていってあげたいなぁと思っています。私は名古屋在住ですが、直行便があり、7月後半・8月中旬・9月後半があります。どの時期が行くには一番良いでしょうか?

一:ツアーによっては、ザルツカン...続きを読む

Aベストアンサー

No.1です。
もうすぐ出発なさるんですね、楽しみですね~♪

けっきょくわたしが7月に渡欧したのはチェコとポーランドのみですので
お返事できる範囲も限られますが、分かる範囲で書きますね。

1、ウィーンに先に行かれるようなので最初にユーロをお使いになるはずですから
基本的には日本でユーロを両替して持っていってください。
ドルとユーロは基本的には日本で両替するほうがレートは良いのです。
チェコではプラハのみしか分かりませんが、プラハのショップやレストランでは
かなりの確率でユーロ表示もあり、ユーロでも支払えるようになっています。
ただユーロでの支払いは当然ですが、若干ながらチェココルナよりは悪くはなっています。
でも滞在数が1~2日というようなスケジュールであるならば
もう割り切ってユーロで支払いをするようにしたほうが面倒がなくなります。
カードの場合は当然基本的にはコルナでの支払いになっていますので
気にせず使うことが出来ます。ごくたま~にユーロ、コルナどちらで
支払うか聞かれることもありますが、コルナで支払っておくほうがいいと思います。
少なくともわたしの場合はコルナでの支払いのほうが損をしなかったので。

物価に関してですが、わたしの印象としては思ったほど低いとは感じませんでした。
ポーランドからチェコに移動して数日過ごしたので余計にそう感じたのかも分かりませんけど
旧市街(観光地)のレストランなどは日本のレストランで食べるのと
あまり変わらない価格帯のところもわりとあって、ランチを二人で
スープとメイン1品、飲み物もと食べて日本円で4千円弱はかかりました。
食の細い人ならスープとパンと飲み物だけでも十分お腹いっぱいになると思うので
これだけでもいいと思います。そうすれば一人千円以内で食べられます。
あ、あとイタリア料理(ほとんどがピザかパスタですが)がかなり流行っているようで
ピザとパスタの看板だらけですが、パスタは食べないほうがいいです。
まるでゴムのようなパスタが出てきます(苦笑)
多分ピザはまだマシなんだと思いますけど、お勧めはしません。

2、これもプラハのみの情報になってしまいますが、お土産にたくさん
配らなくてはいけないのでしたら、マグネットなどはいかがでしょうか?
旧市街にあるお土産屋さんで買うと割高なので、旧市街広場の裏側に
青果市場がほぼ毎日開かれているのでそこに行ってみてください。
この市場にはお土産品も売られていて、ここならマグネットも安く売られています。
わたしも友達への土産と自分用にいくつか買いました。でもディスカウントは受け付けていないみたいで
トライしてみましたがわたしはダメでした。
でも90個も買えば絶対に安くしてくれるはずですので試してみてください、英語は通じます。

あとは旧市街ならテスコ(イギリス系のスーパーですが)に行ってみてください。
このスーパーで売られているチェコの子供たちに人気があるコンデスミルクのチューブで
「PIKAO」というチョコレート味のコンデスミルクがあるんですが
これが安くてとってもおいしかったです。この夏はバニラアイスに
これをかけて食べてました、おいしくて食べすぎて太ってしまいましたが(笑)
いくらだったか忘れましたが、1本数十円程度だと思いますのでオススメです。
ただ、90本もとなるとかなりの重さが出てくるので帰国時に荷物の重量制限を
超えてしまう可能性がありますから、コンデスミルクよりはマグネットのほうを勧めます。
他のお菓子系では大袋に入ったチョコレートやグミなどがあります。
大袋の場合は中には小分けされたのが入っているのでそれをばら撒くこともできます。

自分用に、また大切な方へのお土産はManufaktura、Blue Prahaなどに行くと
チェコらしい木のおもちゃや雑貨、パペットが売られています。(でもわりと高いですよ)
またボヘミアンガラスもかなりオススメです、日本より3割は安かったです。
またカレル橋を渡っていると橋の上で絵画を売っているお店があります。
http://www.charlesbridge.cz/home.html
上記ウェブサイトを持っているアーティストのお店なのですが
チェコらしいキュートなタッチの絵ですごくかわいいんです♪
値段もそう高くないので自分用にとわたしは購入しました。
主にネコや魚などとカレル橋や旧市街の街並みが描かれています。
橋を渡るついでにのぞいてみてください、プラハ城に近い橋のたもとにお店はあります。

3、プラハ城にはトラムや徒歩で行けるのでもし観光ルートに入っていなければ
ぜひ行ってみてください。黄金の小道もステキでしたし、聖ヴィート大聖堂の中の
ステンドグラスも美しかったです、聖堂内のとてつもなく長い螺旋階段を
登っていくとプラハ市内が一望できる展望台に行けるのですが
心臓破りの螺旋階段ですごい大変でした。でもその後のあの景色は言いようのない美しさでした。
あとは半日のフリーなのでプラハ市内を堪能してもらいたいです。
まずトラムに乗って新市街、旧市街を散策してみてください。
夕方ごろがオススメです、夕日に写るあの美しい街並みをトラムの
窓から眺めた時は本当に感動しました。
ヨーロッパは8カ国くらい旅してますが、その中でもプラハの街並みは
今わたしの中ではダントツ1位となっています。
モウダウ(ヴルダヴァ)川のほとりからプラハ城が見える場所に座り
日が落ちていく様子を眺めているととても幻想的な空気を感じます。
プラハだけでも3~4日では足りないほど見所のある観光名所とあの美しい
街並みがありますので、あれもこれもとただ闇雲に詰め込むだけの
観光の仕方はあまりオススメできませんので、できるならプラハの町を思う存分散策していただきたいですね。
どうしてもどこかに観光なさりたいとのことでしたら、プラハ市内にある
ストラホフ修道院をオススメします。ここは行く価値のある観光名所です。
この修道院の建物の隣に図書館があるんですが、この中の神学の間の
天井に描かれている装飾(フレスコ画)は圧巻です!
行ってみて絶対に損はしないほどの感動があるはずです。

以上、プラハのみになってしまいましたが参考になりましたら幸いです。

最後に服装ですが、下記のサイトを見ると分かるようにかなり冷え込んできていますので
綿素材のタートルネックや長袖シャツ、Tシャツとカーディガン
ジャケットは外側は綿でも中綿が入っているような物や
ハーフ丈くらいのトレンチコート(ライナーつき)は必要だろうと思います。
またババシャツ(キャミソールタイプとか)はあったほうがいいと思います。
キャミソールタイプのババシャツを着ていれば、上に着る服が薄手でも半袖でも体を冷やすことがなくとてもいいですよ。
http://weathernews.jp/world/

楽しい秋のヨーロッパ滞在になりますように☆

No.1です。
もうすぐ出発なさるんですね、楽しみですね~♪

けっきょくわたしが7月に渡欧したのはチェコとポーランドのみですので
お返事できる範囲も限られますが、分かる範囲で書きますね。

1、ウィーンに先に行かれるようなので最初にユーロをお使いになるはずですから
基本的には日本でユーロを両替して持っていってください。
ドルとユーロは基本的には日本で両替するほうがレートは良いのです。
チェコではプラハのみしか分かりませんが、プラハのショップやレストランでは
かなりの確率でユー...続きを読む

Qチェコに行くので

冬にチェコへ行くので日本で日本円からコルナに両替して
もっていきたいと思います。
銀行、外貨両替所で普通に両替できるのでしょうか。
経験のある方お教えください。

Aベストアンサー

 チェココルナの両替を扱っている銀行・両替商は日本では極めて少ないのですが、扱いのある両替商として参考ページ[1]の"Travelex"を挙げておきます。成田空港、関西空港、中部空港のいずれにも店舗を持っています。外貨宅配サービスの「マネーポート」[2]でもチェココルナを扱っています。
 ただしチェココルナは需要が少ないこともあり、日本での両替レートは決してよくありません。例えば上記のTravelexですと、10月26日の日本円→チェココルナの両替レートは6円10銭→1コルナです[3]。これに対し逆のチェココルナ→日本円の両替は1コルナ→4円58銭ですので、円→コルナ→円の一往復で25%も目減りしてしまう計算です。円→コルナの片道では13%が手数料で消えることになります。13%という数字は両替のマージンとしてはかなり大きいので、現地到着後の当座の現金だけ用意するならともかく、旅費の全額を日本で両替することは避けたいです。「マネーポート」も10月26日のレートで6円08銭→1コルナ[4]ですので似たようなものです。

 というわけで両替はチェコに着いてから行った方が有利なのですが、一方でチェコの両替はなかなか曲者でして、いくつか注意が必要です。

1. プラハ・ルズニェ空港の両替
 ルズニェ空港の両替はこれまた"Travelex"が担当していますがレートは決してよくありません。日本円からの両替レートは銀行間レート(回答の最後の為替用語説明参照)から7%ほどマージンを取っており、さらには両替1回ごとに5%を手数料として差し引きます。合計すればマージンは12%にもなり、これでは日本での両替(13%目減り)と変わりません。

2. プラハ市内の両替商
 プラハ市内には至る所に両替商がありますがその9割は悪徳店です。悪徳とはいっても渡す紙幣の枚数をごまかしたりするのではなく、堂々と低レートを掲出して営業しています。手口は以下の通りです。
(1) 店の外には「チェココルナ→外貨」のレートの看板だけ出しています。その数字は実勢と懸け離れた、極端な「外貨高コルナ安」になっています。
(2) それにつられて客が「ならば外貨→コルナの両替も外貨高コルナ安のお得な設定だろう」と思って両替すると、こちらは一転して外貨安コルナ高の設定で客が大損する仕組みになっています。
(3) レート表自体はちゃんと屋内に掲出されていて、その低レートもしっかりと記されているので、抗議しても「レート表通りです」とかわされてしまいます。
(4) 「4万コルナ以下は別レート(20%ほど悪い)」といった2段階設定にし、さらにむしり取る悪質店すらあります。1週間程度の旅行者が現金を4万コルナも必要とすることはまずないので、「気付かずに両替する客からボッタクる」ことが目的なのは明らかです。

 悪徳店を回避するのはそう難しいことではありません。両替の前に必ず買い(日本円→コルナ)と売り(コルナ→日本円)の双方のレートを見比べてください。二つの数字が20%や30%も離れていたらそこは悪徳店です。そのほかにも「チェココルナ→外貨」の両替レートだけ大々的に宣伝している両替商、"No Comission"をやたらに強調する両替商には用心してください。

3. 防衛策
 プラハでも一部には良心的な両替商があり、日本円からでも好レート(銀行間レートからのマージン2.5~5%)で両替可能です。ただし探しすぎて観光の時間が減ってはもったいないので、妥協するなら市中の銀行で両替するとよいでしょう。銀行は必ずしもベストレートではないのですが、前出の悪徳両替商のようなボッタクリはありません。
 地方に行けば悪徳店の割合は少なくなります。私はチェスケー・ブディヨヴィツェとチェスキー・クルムロフを回ってからプラハに入りましたが、先にこれらの都市で多めに両替しておいて結果的に正解でした。ただしこれらの都市でも一つ二つは悪徳店が混じっていますので、両替前にはレートの確認をお忘れなく。
 もしクレジットカードによるキャッシングをご存じなら、無理に両替をせずキャッシングで済ませてしまうのが賢明です。キャッシングで適用されるレートは「クレジットカード会社が定めるレート」(回答の最後の為替用語説明参照)で、これに利用日から引落し日までの利息が加算されます。利率は年利で15~20%ほど、利用日から引落し日まではだいたい25~55日ですので、利用額の1.0~3.8%を上乗せして支払うことになります。これなら両替で支払うマージンより安上がりです。私はプラハでのチェココルナ調達には、専らクレジットカードでのキャッシングを利用しました。
 もちろんクレジットカードで直接支払えるものは、キャッシングなどせずにそのままクレジットカード払いにするのが簡単で有利です。

参考ページ
[1] http://www.travelex.jp/index.html
[2] http://www.moneyport.co.jp/
[3] http://www.travelex.jp/currency/index.html
[4] https://www.moneyport.co.jp/script/moneypt/rate.asp

【為替用語説明】
・銀行間レート 外国為替市場において文字通り金融機関間の取引に使われるレートで、新聞やテレビが「今日の東京外国為替市場、終値は1ドル=91円80銭でした」と報じているレートは通常この銀行間レートです。なお銀行間レートは世界の為替市場で連動しているため、日本と他の国とで懸け離れた値になることはありません。
・公示仲値(TTM) 銀行間レートは常時変動しているため、これを両替の基準レートとすると処理が煩雑になります。そこで各金融機関は銀行間レートを参照しながら、銀行間レートに代わる数字として「公示仲値」というレートを定め、その日の取引の基準レートに用います。公示仲値と銀行間レートは厳密には一致しませんが、両替の有利不利を考える上では同一視して差し支えありません。また公示仲値は各金融機関が独立に定めるため若干のばらつきがありますが、差異はあっても0.1%かせいぜい0.2%です。
・対顧客電信売レート(TTS) 外貨現金のやり取りを伴わずに、銀行が外貨を売る(顧客が買う)取引きで適用されるレートです。外貨預金、外貨建てTC購入、外貨建て送金などで使われます。TTSは決まった幅の手数料(為替手数料)を公示仲値に上乗せすることで機械的に設定されます。
・対顧客電信買レート(TTB) TTSの逆で、外貨現金のやり取りを伴わずに銀行が外貨を買う(顧客が売る)取引きで適用されるレートです。TTBはTTMから為替手数料分を差引いた値です。
・外貨現金取扱手数料 外貨現金を扱うとその国からの輸送コスト、運用に回せないことによる死蔵コスト、為替変動によるリスクが発生します。そこで外貨現金のやり取りを伴う取り引きには「外貨現金取扱手数料」を課してコスト/リスクを埋め合わせます。TTSにさらに外貨現金取扱手数料を上乗せした数字が「外貨現金売レート」、TTBから外貨現金取扱手数料を差引いた数字が「外貨現金買レート」です。
・クレジットカード会社が定めるレート クレジットカード会社も異なる通貨間の決済を扱う関係上、通貨間の換算レートを毎日定めます。この換算レートは外国為替市場の銀行間レートに準じて決められます。

 両替の有利不利を比較するには、銀行間レート/公示仲値/クレジットカード会社が定めるレートのいずれかを基準とし、そこからの上乗せ分(マージン)の大小を調べると一目瞭然です。

参考URL:http://www.travelex.jp/index.html, http://www.moneyport.co.jp/

 チェココルナの両替を扱っている銀行・両替商は日本では極めて少ないのですが、扱いのある両替商として参考ページ[1]の"Travelex"を挙げておきます。成田空港、関西空港、中部空港のいずれにも店舗を持っています。外貨宅配サービスの「マネーポート」[2]でもチェココルナを扱っています。
 ただしチェココルナは需要が少ないこともあり、日本での両替レートは決してよくありません。例えば上記のTravelexですと、10月26日の日本円→チェココルナの両替レートは6円10銭→1コルナです[3]。これに対し逆のチェココ...続きを読む

Qプラハの治安と両替と服装について

10月に女一人でプラハへ旅行に行きます。カレル橋の夜景を見たいと思っていたのですが、治安が余り良くなさそうなので、諦めたほうがよいのでしょうか?それから、日本でチェココルナに両替するにはどうしたらよいのでしょうか?また現地でキャッシングって使えますか?服装はどのようにしていったら良いのでしょうか?薄手のウールのコートとか持って行った方がよいのでしょうか?今は期待より不安でいっぱいです・・・

Aベストアンサー

先週プラハに行きました。

旧市街の町について言えばそんなに治安は悪くは無いと思います。ただ、一般常識の治安対策でいいと思います。カレル麓のホテルに宿泊したのですが、明け方までずいぶんにぎやかでした。ホテルの引き出しに耳栓が入っていたので、日常のことと思われます。
夜遅くまでみやげ物店などやっていて、一人旅と見られる日本人女性も何人も見かけました。

両替は町のあちらこちらにあり、私はユーロから換金したのですが、普通はMasterやVisaカードは使えるはずです。旧市街カレル橋前、クレメンティヌム入り口隣は換算レートが他よりも良かったです。http://www.czech-tourinfo.cz/jpn/jp/docs/practical-info/faq/info/15-money/index.html

天文時計のある広場から夜ライトアップされるティーン教会は美しくたいへん印象てきでした。

プラハ城の大聖堂は朝一に行かないと入るのに何時間も並びます。

先週は雨模様でジャケットを着ても寒いほどでした。スカーフをはたいへん助かりました。
薄手のコートやかさばらず、重ね着できるものを持って行かれるといいと思います。

カレル橋から丘の上のプラハ城方向を見て、右側、ほぼ橋の中央にネポムクという聖人像がありその台座に触ると、またプラハにこられるそうです。

お気をつけて、楽しいご旅行を!

先週プラハに行きました。

旧市街の町について言えばそんなに治安は悪くは無いと思います。ただ、一般常識の治安対策でいいと思います。カレル麓のホテルに宿泊したのですが、明け方までずいぶんにぎやかでした。ホテルの引き出しに耳栓が入っていたので、日常のことと思われます。
夜遅くまでみやげ物店などやっていて、一人旅と見られる日本人女性も何人も見かけました。

両替は町のあちらこちらにあり、私はユーロから換金したのですが、普通はMasterやVisaカードは使えるはずです。旧市街カレル橋前、...続きを読む

Q中欧(オーストリア・チェコ・ハンガリー)のお土産について

11月中旬から新婚旅行で中欧3ヶ国(オーストリア・チェコ・ハンガリー)を訪れます。8日間の予定で各国2日ずつ滞在します。
フランスやイタリアはTVで取り上げられているのでいろいろ想像がつきますが、今回行く中欧は「景色が素晴らしい」しか思い当たらずお土産のイメージが全くわきません。お祝い返しで100個くらいは買ってこないといけないのでとても困っています。できたら300円~500円くらいでないものでしょうか?(できたらお菓子にて)また大量買いした時の対処法はありますでしょうか?(航空便?海外みやげカタログ?)
最後に「義理ではない」二人にとってのいいお土産はありますか?(こちらは高くてもいいです!)

Aベストアンサー

ご結婚おめでとうございます。

お菓子で日本に持って帰るのにいいようなものというとチョコレートぐらいだと思います。
オーストリアならモーツァルトクーゲルン、
http://www.angelland.net/goods/kitchen/fo006.html
ハンガリーならブランデー漬けチェリーが入ったチョコレートが美味しいです。

ただ、チェリー入りチョコレートはチョコレートの中が汁ものなので、持って帰る間にベタベタになってしまうことがあります。
なので一番無難なのはモーツァルトクーゲルンではないかと思います。無難すぎるでしょうか?

他にハンガリーではパプリカが名産で、お土産用パッケージになっているものも売られています。
http://rakudatravels.cool.ne.jp/muse/omiyage/afeu.html

ただ、何を買うにせよ100個となるとかなり嵩張ると思います。
せっかくの新婚旅行を義理みやげの確保と運搬に費やしてしまうのも勿体無いので、
少々の価格差ならば、海外みやげカタログなどの利用など検討されるのもいいかもしれませんね。が、こちらは利用経験がないので有効なアドバイスはできません。

嵩張らないという点を優先して考える場合、消えものではありませんが、
ハンガリーの刺繍製品、あるいはチェコのミュシャorウィーンのクリムト関係の小物(しおりやメモ帳)から選ばれるのが嵩と重さが小さいと思います。
↓刺繍はこんな感じのが300~500円というところです
http://www.hungary-wine.com/shopping/detail.html?i_code=L02-001


義理以外のおみやげでは、以下のようなものが思い浮かびます。

チェコ:ガーネットのアクセサリー、ボヘミアングラス、マリオネット、チェコビーズ

オーストリア:アウガルテンの陶器(高価すぎ?)、プチポアンの刺繍、コーヒー

ハンガリー:ヘレンドの陶器(これも高価すぎ?)、フォアグラ缶詰、サラミ(日本に持ち込めるかどうか不明)、トカイワイン(世界3大貴腐ワインの1つで素晴らしい味ですよ)

それでは楽しいご旅行を!

ご結婚おめでとうございます。

お菓子で日本に持って帰るのにいいようなものというとチョコレートぐらいだと思います。
オーストリアならモーツァルトクーゲルン、
http://www.angelland.net/goods/kitchen/fo006.html
ハンガリーならブランデー漬けチェリーが入ったチョコレートが美味しいです。

ただ、チェリー入りチョコレートはチョコレートの中が汁ものなので、持って帰る間にベタベタになってしまうことがあります。
なので一番無難なのはモーツァルトクーゲルンではないかと思います。無難すぎる...続きを読む

Q円⇒ユーロにしたいが、どこが一番お得でしょうか?

このお盆にフランスへ旅行予定です。

どこでユーロに換金するとお得なのでしょうか。
銀行、チケットショップ、現地の銀行…etc

どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

フランスに行ってから両替すると損しますよ。「どちらでも変わらない」というのは何かの間違いでしょう。

現地通貨を準備する方法としては大別して
(1)日本でユーロ現金に両替
(2)現地で日本円現金からユーロに両替
(3)ユーロ建てトラベラーズチェック(以下TC)を現地で換金
(4)円建てトラベラーズチェックから現地で両替
(5)クレジットカードでショッピング
(6)クレジットカードを使い現地ATMでキャッシング
(7)国際キャッシュカードを使い現地ATMで引出す
の7つがあります。

それぞれの最終的なレートを比較すれば答えが出るわけですが、その前にレートに関する用語をいくつか整理させてください。
・銀行間取引レート 外国為替市場においてその名の通り、銀行間の取引きに用いられるレート。ニュースなどで報じられているレートは、特にことわりのない限りこの銀行間取引レート。顧客はこのレートでは取り引きできず、外貨を買う場合も売る場合も必ずいくらかのマージンを払うことになる。
・公示仲値(TTM) 上記の銀行間取引レートを睨みながら、銀行が一日一回(銀行によっては数回)、取引きの基準として定めるレート。銀行間取引レートは常に変動しており、窓口での取引に銀行間取引レートを使うと処理が煩雑になるため。公示仲値と銀行間取引レートの数字はほぼ同じとみなせる。
・対顧客電信売レート(TTS) 顧客が外貨預金をしたりTCを組んだりする際に適用されるレート。公示仲値に一定の幅を上乗せすることで機械的に計算される。上乗せの幅は銀行によって異なる。また当然、通貨によっても変わってくる。
・クレジットカード会社が定める通貨間換算レート クレジットカード会社も銀行と同様に、外国為替市場での取引きレートを見ながら各通貨間の換算レートを毎日決定する。銀行間取引レート/公示仲値/クレジットカード会社が定める通貨間換算レートの三つは、実質的に同じ数字になると考えてよい。

まず(1)の日本でユーロ現金に両替ですが、レートは1ユーロ当たりTTM+6~7円が標準です。例えばTTMが1ユーロ=146円00銭なら、銀行の窓口では1ユーロ当たり152~153円を払ってユーロ現金を入手することになります。
その中で三井住友銀行など一部の銀行は、ユーロの現金両替レートをTTM+4円に設定しています。他行に比べ1ユーロ当たり2円得です。また関西空港ですと、泉州銀行がこれより僅かですが良いレートを出しているようです。
チケットショップは「銀行よりお得なレート」を宣伝文句にしていますが、ユーロの場合は必ずしも得と言えません。私が今まで見つけた中ではTTM+5円が最安で[1]、確かに銀行の一般的なレート(TTM+6~7円)よりは有利なのですが三井住友銀行のTTM+4円には劣ります。
多少の手間や時間がかかっても良ければ、民間の両替商[2]を利用する手もあります。レートはTTM+3円で、日本でユーロ現金を入手する場合のレートとしては私の知る範囲で最安です。

次に(2)ですが、冒頭述べたようにこれは避けるべき方法です。まずレートの設定がよくありません。行き先の国や両替する銀行にもよりますが、円→ユーロのレートはだいたいTTM+7~10円に設定されています。しかもこれに加えて両替1回ごとに手数料を徴収するところが大半で踏んだり蹴ったりです。

(3)はヨーロッパの場合はあまりお勧めしません。アメリカと違ってそのまま支払いに使える場所が少なく銀行や両替商で一度換金して使うことになりますが、その換金手数料が小さくないためです(これを見落としている回答が少なくありません)。一応レートの数字を示しておきます。

日本の銀行でユーロ建てTCを組む場合に適用されるレートはTTSです。ユーロのTTSは1ユーロ当たりTTM+1円50銭というのが標準的な設定です。また発行手数料が1%(*1)かかります。これだけならさほど悪くないのですが、現地で換金手数料が2~3%程度かかるのが痛い点です。
例えばTTMが1ユーロ=146円00銭のときに1000ユーロのTCを組んで現地で換金したとします。まず日本でのTC発行時に
(146.00+1.50)×1.01×1000 = 148,975円
を払います。
現地での換金時に2%の手数料を差し引かれ、手取りは980ユーロ。実質的なレートは
148975÷980 = 152.02円/ユーロ
となり、レート的なメリットは小さいことになります((1)のように三井住友銀行などで両替した方が得)。なお換金手数料は「AMEXブランドのTCを、AMEXのトラベルサービスオフィス[3]に持ち込む」などとすれば回避可能で、レート的には多少よくなります。

ユーロ建てTCを使う方法はいくつかの前提条件を満たせるなら最も有利な両替法となり、その場合TTM+1円でユーロ現金を手にできます。ご興味があれば[4]をご覧ください。

(4)は(2)と同じ理由(レートが悪い、換金時に手数料を徴収される)からお勧めしません。

(5)のクレジットカードでのショッピングですがVISA、master、JCBの場合、引落し額はTTMに1.6%を加算したものが目安です。(TTMが1ユーロ=146円00銭なら、引落し額は利用額1ユーロ当たり148円33銭程度。なお「TTM+1円」というのは何かの間違いと思われる)
一般に両替よりレートが有利で使い残しの心配もありませんから、クレジットカードをメインに使うのはヨーロッパではうまい方法です。
なおIC付きクレジットカードの場合、フランスですとサインに代えて暗証番号の入力を要求されることがあります。日本出発前に暗証番号を確認しておくことをお勧めします。

(6)は意外に有利な方法です。適用レートは「クレジットカード会社が定める通貨間換算レート」(TTMとほとんど同じ)です。これに利息が加算されますが、年利が25~30%程度、利用日から引落し日までは25~55日くらいですので、利息の額としては2~4%です。「金利を含めても一番お得な方法」とは言えませんが、現地で現金が足りなくなった時などは利用価値があります。
ご興味があれば[5,6]などをご参考に、お持ちのクレジットカードの会社で利用法を確認ください。

(7)の国際キャッシュカードは新生銀行やシティバンク銀行のものが有名です。(6)と同様に現地ATMで現地通貨を引き出せて便利ですが、レートはそれほど良くはありません。レートの目安はTTMに4%加算です(カードによって多少異なります)。

【結論】
身の回り費用程度(200~300ユーロ)の現金なら、銀行をよく選んだ上で日本で両替するのが有利かつ手軽です。それ以外の出費は極力クレジットカード払いにするとよいでしょう。

参考ページ
[1] 金券ショップの一例 http://gaika.e-daikoku.com/
[2] http://www.btgp.org/BTG%20CashForex.htm
[3] AMEX換金場所 http://www.americanexpress.com/japan/tcheques/tc/tcheques_exchange.shtml
[4] http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2317598
[5] http://www.nicos.co.jp/hp_trvl/overseas/os_cash.html
[6] http://www.dccard.co.jp/useful/money/o_atm.shtml
[7] 通信販売業者「セシール」 http://www.cecile.co.jp/travelers_cheque/

*1 銀行や業者によってはこれより安い手数料で発行してくれるところもある。多額の現金が必要でどうしてもTCにする場合は「通販業者セシール[7]でTCを購入+現地のAMEXオフィスや提携金融機関で換金」とすれば、目減りは最小限に抑えられる(セシールのTCのブランドはAMEX)。
*2 厳密には「クレジットカード会社が定める通貨間換算レートに海外利用手数料を加算した額」。海外利用手数料はVISA, masterが1.63%、JCBが1.60%。カードによっては若干異なる場合もある(例えばセゾンVISA/masterは1.60%)。
換算レートは「利用データがクレジットカードのデータ処理センターに到着した日(利用から2~3日程度)」のものが適用される。(利用日当日や、銀行引落し日のレートではない)

フランスに行ってから両替すると損しますよ。「どちらでも変わらない」というのは何かの間違いでしょう。

現地通貨を準備する方法としては大別して
(1)日本でユーロ現金に両替
(2)現地で日本円現金からユーロに両替
(3)ユーロ建てトラベラーズチェック(以下TC)を現地で換金
(4)円建てトラベラーズチェックから現地で両替
(5)クレジットカードでショッピング
(6)クレジットカードを使い現地ATMでキャッシング
(7)国際キャッシュカードを使い現地ATMで引出す
の7つがあります。

それぞれの最終的なレ...続きを読む

Qイタリアに8日間、いくらユーロに替えるか…

今週末から、イタリアの8日間ツアーに参加します。

質問なのですが、イタリア8日間ツアーだと、いくらくらい日本円をユーロに替えるのが妥当なのでしょうか?

ちなみに食事はツアーについています。買い物はブランド品などを買う予定はありませんが、バイト先や友人にお土産を買います。どんな物をお土産にすれば無難でしょうか?

Aベストアンサー

以下、私の経験ですが、観光地での価格です。
ミネラルウオーターペットボトル 1 - 1.5ユーロ
コーラペットボトル 1.5 - 5ユーロ(ほんとバラバラ)
カプチーノ 3 - 5 ユーロ程度
焼き栗 2 - 6 ユーロ程度
ビール 5 - 10 ユーロ程度
トイレ 50セント - 1ユーロ程度
ツアーとのことなので、各種チケットもツアー代金に含まれているでしょうし、あまり自由時間も無いでしょうからカフェにはいる時間も惜しんで歩き回ることを考えれば、購入するのはミネラルウォーターやコーラ程度でしょう。
トイレはチップ制のところもありますが、お金を入れないとゲートが開かないトイレも多く、常に1ユーロまたは2ユーロコインを携帯しておいたほうがよいです。コインであればトイレ内の両替機でセントに両替できます(ツアーならばコンダクターの方が両替してくれるかな)。

ということで、お小遣いで現金1日あたり10ユーロ程度あればよいかと。
このほかに露天のお土産を買うならば現金が必要ですが、それでも+20程度あればOKでしょう。総じて露天は値段高めの設定なので、私ならば露天でバラマキ系のお土産は買いません。あくまで自分用に、ちょっとしたお気に入りを買うという前提です。
よって、かなり多く見積もって、現金で1日30程度。私個人ならば10で十分だろうと思います。
ショップではカードが使えるので現金は必要ありません。ツアーで行く店ならば、目の前の端末で清算してくれるでしょうから、さほど神経質になる必要は無いでしょう。仲のよい友達等にすこし高めのお土産を差し上げるのであれば、必然的にショップを利用することになると思います。バラ撒き系のお土産は空港の免税点でチョコレートやクッキーが妥当かなぁと思われます(かなり冷めた意見でアレですが)。
私にはセンスが無いのでお勧めは難しいのですが、フィレンツェ IL BUSSETTO のコインケースは今でもお気に入りです。現地価格で35ユーロですが、日本で購入すると1万円程度します。仲のよいお友達ならば惜しくない買い物だと思います。

以下、私の経験ですが、観光地での価格です。
ミネラルウオーターペットボトル 1 - 1.5ユーロ
コーラペットボトル 1.5 - 5ユーロ(ほんとバラバラ)
カプチーノ 3 - 5 ユーロ程度
焼き栗 2 - 6 ユーロ程度
ビール 5 - 10 ユーロ程度
トイレ 50セント - 1ユーロ程度
ツアーとのことなので、各種チケットもツアー代金に含まれているでしょうし、あまり自由時間も無いでしょうからカフェにはいる時間も惜しんで歩き回ることを考えれば、購入するのはミネラルウォーターやコーラ程度でしょう。
トイレはチッ...続きを読む

Qプラハ、ウィーン、ブダペスト、経験者の方!!

日曜日からツアーで8日間、プラハとウィーンとブダペストの順に2日ずつ行ってきます。ツアーの中にプラハとブダペストでそれぞれ午後の半日自由時間があるのですが、何しろ1人で申し込んでしまったため、どこに行こうか大変不安です(一応ガイドブックは借りてるのですが…)。そこで…

(1)プラハとウィーン、ブタペストへ行ったことのある方、ここだけは見逃したらあかんで~!という所や自由行動でおオススメの所、料理はどこ(何)ですか?
(2)お土産はどんな物がありますか?安めで知り合いに配れる物(お菓子など)、値段に関わらず友人へのお土産にいいものや喜ばれる物など、どこで買ったらいいかなどのアドバイスをお願いします。 
(3)プラハ、ウィーン、ブダペストで現地通貨に両替する額はどれくらいが目安でしょうか?学生のため、ブランドショッピングなどをする気はありません。お金はちょっとしたお土産や軽食くらいに使うつもりです。食事はほとんどついていて、ブダペストで1回だけ夕食がついていないだけです。
(4)最後に、1人でツアーに参加した事のある方、失敗談など何でもいいのでアドバイスをお願いします。
 
ちなみに海外初心者です。なぜ中欧かというと、バイト先で客のおっさんが、プラハの建築がめちゃいいぞ~と言っていたのを聞いてそれが心に残っていたからです(笑)上記に限らず、本当に何でもいいのでアドバイスや体験談をお聞かせください。出発日が近づくにつれてかなり緊張してきました~。

日曜日からツアーで8日間、プラハとウィーンとブダペストの順に2日ずつ行ってきます。ツアーの中にプラハとブダペストでそれぞれ午後の半日自由時間があるのですが、何しろ1人で申し込んでしまったため、どこに行こうか大変不安です(一応ガイドブックは借りてるのですが…)。そこで…

(1)プラハとウィーン、ブタペストへ行ったことのある方、ここだけは見逃したらあかんで~!という所や自由行動でおオススメの所、料理はどこ(何)ですか?
(2)お土産はどんな物がありますか?安めで知り合いに配れる物(...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは!ちょうど去年ブダペスト・ウィーン・プラハの順で8日間行きましたので
その時の情報を書きますね。長文になっちゃうけど。

◆ブダペスト
 http://www.budapest.twwt.com/
 とっても綺麗な街なので、夜景も楽しんで下さい。nemuingさんの日程ではブダペストが
 最後ですかね?ならお土産は中央市場がオススメ。フォアグラの缶詰が安かったです。
 午前中の市内観光で王宮、教会、砦は見るでしょうから、午後からはバーツィ通りを
 散策したり、王宮の丘の鍾乳洞探検も面白いかも。結構広いので、時間に余裕を見て
 行った方が良いです。夜は王宮の側で近代バレエのボレロを見ました。
 あ、そうそうホテルの位置がブダ側だったら、帰りはペスト側でタクシーに乗って下さい。
 路面電車で鎖橋渡って、ブダ側でタクシーを捕まえるのは大変でしたので。

◆ウィーン
 http://www.wien.naruhodo.com/
 ここで自由時間は無いのかな?それでもカフェは頑張って行ってみてね。
 私はどーしても行きたくて、夕飯の後にホテルから地下鉄に乗ってオペラ座まで行き、
 一番近くのカフェでケーキセットを食べてきました。(~_~;)
 つまり夜の9時頃ね。オペラ座からシュテファン寺院までは夜でも明るいので
 ナイトツアーを強行敢行。夜の教会も壮麗でござんした。カフェは11時頃まで
 やってるようで、他に地元のオジサマが新聞読んでたり、日本人観光客が同じように
 ケーキセットを頬張ってました。でもそれ以外の場所はとても暗いので、満足したら
 一目散にホテルへ帰りましょう。
 クリムトがお好きならベルベデーレ宮へ行きましょう。お土産はオペラ座近くの
 伊勢丹が便利です。スミレの砂糖漬けはココで買いました(他で売ってるのは見なかった)。
 デーメルの小さい紅茶缶の詰め合わせを買って、バラして配ったんですが、これは
 香りつきのが喜ばれました。伊勢丹の地下にあったかな。

◆プラハ
 http://www.geocities.co.jp/MusicHall/8541/praha1.html
 http://www.d3.dion.ne.jp/~rulicon/prag.htm
 http://www.est.hi-ho.ne.jp/yuji-onuki/guide/guide.html
 お城の衛兵交代が面白いです。ここの衛兵さんは目をキョロキョロして結構表情が
 あるのですよ。一緒に写真を撮った時、視線が脳天直撃だったりして周囲が爆笑でした。
 聖ヴィート教会もスバらしいです。内部にお土産屋さんがあり、ここで東欧の主な
 料理が写真入で載ってるレシピ本を売ってます(英語だけど)。ツアーに食事が付いてますよね?
 そこで出る食事がモロに載ってる感じで、帰ってきて作らなくても「コレよコレ!」な気分に浸れて良いです。
 夜はどこかで人形劇か生演奏に浸りましょう。ヴァーツラフ広場に呼び込みが大勢います。
 国立オペラ劇場も運が良ければ当日でも席が取れます。私は自然史博物館のコンサートに
 行きました。ここは建物が豪華です。MI-2のパーティーシーンで使われたそうで、
 夜は中央階段に座布団敷いて、体育座り?で頬杖ついてクラシックを観賞。お値段も
 安いし、ジーンズOKの気軽な感じです。名産はガラス製品とガーネットの細工物。
 
学生さんとのことですので、1日3~5千円分くらいあれば足りると思います。
現金を使うのは飲み物、お土産、自由時間の電車賃・入場料、チップ。コンサートは
大体3千円前後(自然史博物館のでこのくらい)から。自由時間に博物館巡りをするなら
もう少し現金が必要になりますね。

あとは…1人で参加した時ですか…nemuingさんは男性ですかね?
女性なら、一人参加のオヤジに目を付けられ、「マイ彼女」扱いで付きまとわれる可能性が
あるので注意ですが。男性であれば、若い女性だけにターゲットを絞り込んで話しかけるのは
結構ヒンシュク買うのでご注意を。年代が離れていて話しにくくても、食事時には
同席したオジサン&オバサンとも多少はおしゃべりしましょう。

日曜日っていうと明後日出発ですかぁ。天気が良いといいですね。
楽しんできて下さい。
 

こんにちは!ちょうど去年ブダペスト・ウィーン・プラハの順で8日間行きましたので
その時の情報を書きますね。長文になっちゃうけど。

◆ブダペスト
 http://www.budapest.twwt.com/
 とっても綺麗な街なので、夜景も楽しんで下さい。nemuingさんの日程ではブダペストが
 最後ですかね?ならお土産は中央市場がオススメ。フォアグラの缶詰が安かったです。
 午前中の市内観光で王宮、教会、砦は見るでしょうから、午後からはバーツィ通りを
 散策したり、王宮の丘の鍾乳洞探検も面白いかも。結構広...続きを読む

Qオーストリア・プラハ・ブダペストへ行くときの、日本から持って行く通貨について教えて下さい

 10日間で、各国2日ずつ程度います。最初がプラハ、次がオーストリア、最後がブダペストです。各国通貨が違うと書いてあったら、ユーロ圏になったから使えるかもと書いてあったり。ツアーで行きますが、3日程度夕飯がついていないです。今ユーロ高なので、お値打ちな時がきたら日本でユーロに替えておこうと思っていますが、何度もヨーロッパに行くわけではないので、余るのも勿体無いし。実際の使える通貨を教えていただければと思い、質問いたしました。皆さん、教えてください、お願いします!

Aベストアンサー

つい先日、中欧から帰国しました。行かれるのはツアーですか。
オーストリアはもちろんユーロですが、チェコとハンガリーは各国の
通貨です。
宿泊されるホテルやお高かめのレストランならユーロが使えるかも
しれませんが、基本はフォリントやチェココルナです。
(日本で米ドルが使えますか)というのと似た感じではないでしょうか。
私はバックパッカーの旅だったので、地元民が行くような食堂や
スーパーを利用しましたが、ダメ元でユーロを出してみましたが、
困った顔をされてしまいました。

ガイドブック等にはプラハの偽両替商に注意とよく書いてありますよね。
実際、ウロウロと歩きまわって来ましたが、怪しい客引き両替商には
会いませんでしたよ。

プラハ旧市街エリアにはオマワリさんがウロウロしています。
私は警官に道を聞きまくりでした(笑)
想像以上に治安は大丈夫ですよ。
でも油断はしないように♪

ちなみに、もしATMで引き出す必要があれば、English言語を選んで
ご自身の秘密の4桁のコードを入れて、エンターを押します。
そしたら、希望引き出し額を選ぶ画面になるので、その希望額に近いのを
選んで、ポチっとボタンを押すだけですよ。
分かってしまえば、かなり簡単です。

つい先日、中欧から帰国しました。行かれるのはツアーですか。
オーストリアはもちろんユーロですが、チェコとハンガリーは各国の
通貨です。
宿泊されるホテルやお高かめのレストランならユーロが使えるかも
しれませんが、基本はフォリントやチェココルナです。
(日本で米ドルが使えますか)というのと似た感じではないでしょうか。
私はバックパッカーの旅だったので、地元民が行くような食堂や
スーパーを利用しましたが、ダメ元でユーロを出してみましたが、
困った顔をされてしまいました。

ガ...続きを読む

Q1週間の海外旅行で必要な現金

フランス、ドイツに1週間ほどツアーでいくのですが
現金をいくら持っていくか迷っています。
海外旅行がはじめてなのでさっぱりです。
クレジットカードは持っていきますが、
信頼できるところでしか使いたくないので
ブランド正規店など以外では現金で払おうと考えています。
個人差はありますが、日本円でいくらくらい
もっていけばいいでしょうか?

Aベストアンサー

ヨーロッパではカードが当たり前になっていますから、財布に現金が100ユーロでも入っていようものなら盗んでくださいといっているようなものですよ。
どうしてもというのであれば#2さんのおっしゃるようにTCを用意して、免税店ではそのまま使えますが、そうでない店では都度両替するしかないでしょう。
AMEXのTCなら郵便局で手数料なしで現金化できます。

昼食代が含まれていない自由行動なら、バス・地下鉄で移動、おみやげ代・夕食代は別で1日あたり50ユーロ程度は見ておいた方がいいでしょう。
ヨーロッパでは物価が高いので割とかかります。
500円(=約3ユーロ)では安めのサンドイッチしか買えませんし、観光地ならさらに値段は跳ね上がります。ファーストフードのセット(menu:ハンバーガーとポテトと飲み物)で6~7ユーロ、カフェで昼食なら飲み物付けて10ユーロ程度かかります。
昼食・移動込みなら、レストランでの追加飲み物(ノンアルコール)が3ユーロ程度、トイレが0.50ユーロ、500ml入りの水が観光地価格で1.50ユーロ程度です(スーパーなら0.20ユーロ程度です)。夕食の飲み物代を別として15ユーロ程度あれば十分でしょう。

クレジットカードでもIC付きのものでしたら複製は難しいですし、暗証番号さえ盗まれなければ万が一紛失・盗難しても止めることもできます。
10ユーロ以上かかるような店や食堂ではカード払いが普通で、マクドナルドでも使えますので、
現金は全日程通して100ユーロ程度に留め、IC付きのクレジットカードで買い物されることをおすすめします。
(ICの付いていないものだと、高額店を除いて使えないことが多いです。)
現金だといやな顔されることもありますし…。

ヨーロッパではカードが当たり前になっていますから、財布に現金が100ユーロでも入っていようものなら盗んでくださいといっているようなものですよ。
どうしてもというのであれば#2さんのおっしゃるようにTCを用意して、免税店ではそのまま使えますが、そうでない店では都度両替するしかないでしょう。
AMEXのTCなら郵便局で手数料なしで現金化できます。

昼食代が含まれていない自由行動なら、バス・地下鉄で移動、おみやげ代・夕食代は別で1日あたり50ユーロ程度は見ておいた方がいいでしょう。
ヨーロッ...続きを読む


人気Q&Aランキング