ふと疑問。

モノ心ついたときに魚はえら呼吸してるから水のなかにいれるて教わりましたが、
どうやって水のなかで酸素をとってるのでしょうか?

これまではなんとなく水中の溶けている酸素で
呼吸してると思ったのですが、そもそも水中に酸素は溶けてるのかな?と。
えら呼吸ってそんなにすごいんですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

生物の研究者です。



水の中にどれくらいの酸素が溶けているかとようと
15℃で7ml/l、25℃で5.8ml/lくらい溶けています。
ちなみに空気中は209ml/lなんで、空気中とくらべれば
そんなに多くは溶けてないですね。

で、どうやってエラで呼吸しているかというと
エラの中にある二次鰓弁というところに無数の毛細血管があります。
この血液の流れとは反対方向に呼吸水(エラに取入られた水ね)が流れます。
これを対向流の原理といって、反対方向に流れていると一定の酸素分圧の勾配が
維持されるようになります。

酸素を運ぶのは赤血球にふくまれるヘモグロビンというものです。
ヘモグロビンは酸素の多いところでは酸素と結合しやすく、
酸素の少ないところでは離れやすい性質を持っています。
細胞に酸素を渡していまったヘモグロビンはエラのところで新しく
酸素と結合して、また、全身へ散らばっていくんです。

ヘモグロビンをタクシーって考えると簡単で
タクシーの運ちゃんがお客(酸素)がたくさんいそうな繁華街(エラ)にいる状態。
タクシーを停めるにはタクシーの方を向いた方がいいのかタクシーと同じ方向を
向いた方がいいのかっていうと、当然、運ちゃんと対面した方が停めやすいでしょ。
これが血流と呼吸水が反対方向に流れている理由ね。

で、お客を乗せたタクシーは住宅街(組織)へと走っていって
目的地(夜の住宅街は人気がないから人間(酸素)が少ない状態ね)に着くと
お客を降ろす。そして、お客を求めてまた繁華街へ戻るってことかな。

エラ呼吸がすごいかというとメカニズムはすごいと思うよ。
なんせ、ほ乳類の場合、肺に入った酸素のうち25%くらいしか利用してない。
一方、魚の場合は80%も利用しているから効率はめちゃめちゃいい。
でも、肺には130ml/lの酸素があるから、その25%と
水中の7ml/lの80%を比べれば、ほ乳類の方がたくさんの酸素を使って
いることには変わらないんだけどね。
    • good
    • 14
この回答へのお礼

わっかりやすい!ご名答です。
なんで小学校の先生はそのように教えれなかったんでしょう?
いままで生物なんてそんな面白いと思ったことないんですが、
こういう説明受けると勉強したくなりますね。

対向流の原理の原理、覚えときます。
またよろしくお願いします。

お礼日時:2002/03/07 13:29

金魚の水槽に、エアーポンプで空気を送っています。

川であれば、流れの中で結構空気が溶けますが、限られた水槽で何匹も飼うと、酸素不足にあります。

肺呼吸の非効率な点は、袋にいれて、また袋からだすという、交互通行。
えらは、一方通行で絶えず新しい水が入っていきます。高速道路みたいなもの。
ただ、効率よくしないと、もともと水という非効率的なものから取り出せない、という事があります。

Scotty_99さんって、いろんなことに疑問をお持ちですね。好きだなあ、こういうの。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

またまた回答ありがとうです。

たしかにぶくぶくありますけど、あれを魚が吸いにくるのかな~、なんて
考えてましたけど。あれだけで酸素は溶けるのですね。
いい例を出してくれました。

お恥ずかしながら実は日々、質問してて名前がばれないようにしてたんですが、
またまたお会いしましたね。組み合わせではありがとうです。
みなさんの知識に圧巻で質問ばかりしています。

ま~、こういうの受け入れてもらえたことがわかってよかったです。
またよろしくお願いします。
(ポイントは気にしないでくださいね。私は非ポイント主義なので)

お礼日時:2002/03/07 13:35

魚のエラは毛細血管がむき出しの状態になっていて、水中の酸素を吸収し、二酸化炭素を吐き出しやすくしています。

この毛細血管の表面は半透膜のようになっていて、水に溶けている酸素だけを吸収できるようになっているんです。人工の半透膜でも同じようなことは出来ます。
(物理的な理論はわかりません。ごめんなさい)
次に水中に溶けている気体(空気)を確かめる実験をしてみてください。きれいに洗ったガラスコップに静かに水を入れてみてください。そしてしばらくそのままにしておいて もう一度観察してみてください。コップの中に気泡が出来ていることがわかります。これが水中に溶けていた気体です。入れる水は多少冷たいほうがいいでしょう。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

やっぱり水中にとけてる酸素で生きてたのですね。合っててよかった。
実験方法も教えてくださいましてありがとうです。
またよろしくお願いします。

お礼日時:2002/03/07 13:26

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QWindows1032bitアップデート中にエラーが出ました。second-boot フェーズでエラ

Windows1032bitアップデート中にエラーが出ました。second-boot フェーズでエラーが出ました!全く意味がわかりません?

Aベストアンサー

windows10、windows10anniversary Updateに失敗をする場合は、
タスクトレイを開いてタブのスタートアップを開いて、すべてのアプリを無効にします。
次にもサービスを開いて、Microsoftの製品をすべて無効にします。

windows10 Creators Updateに失敗をする原因
http://freesoft.tvbok.com/win10/problems/trouble_shoot_list_creators_update.html

私のプロフィールにwindowsに関するURLを載せているので、必要な時にURLを開いて操作方法を確認してください。

Q酸素は水に溶けづらい・えら呼吸で魚は生きている

小5のこどもに訊かれて答えられません!
助けてください。

「酸素は水に溶けづらいのに、なんで 魚はえら呼吸で生きているの?」って聞かれました。

わからないので、
「たぶん、人間などに比べて酸素をそれ程必要としないのだろう。人間で脳が一番酸素を必要としているでしょ。魚は脳みそ小さそうだし。それに、浮力もあるから あまり体力を使わなそうだし・・・。」
と ごまかしているのですが。
(一応 こどもは納得しているようです。)

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

一般には魚類が生きるためには水の中の酸素量が約5mg/lぐらい必要です。大気中にしてみれば少ない値ではあります。しかし、このえらの機能がすごいんです。鰓では毛細血管が水と触れ合っておりそこから酸素を吸収します。鰓の中ではこの毛細血管が迷路のように折りたたまれて存在しているため、水と触れ合う表面積が驚くほど大きくなっており効率的に酸素を吸収することができます。しかも、酸素濃度が少なくなりやすい淡水では酸素が少なくなった場合に水面近くに寄り、大気を水と混ぜ合わせて鰓に送る行動もあります。金魚を飼っていてエアーポンプを止めてしまった場合、水面でパクパクやってますよね。海水では溶存酸素量が変化しにくいため、海水魚はこのような行動をしないんですよ。
結論から言うと鰓が効率的に酸素を取り込んでいるからです。

QC#でテキストボックスとスクロールバーをバインディングしていて、更にエラープロバイダーをセットしエラ

C#でテキストボックスとスクロールバーをバインディングしていて、更にエラープロバイダーをセットしエラーメッセージが出るようになっていてe.cancel=trueを書いています。

やりたいことは、テキストボックス空欄でタブを押下したときにエラーメッセージがでてe.cancel=trueが反応し動作できなくなることです。

現在、テキストボックス空欄でタブを押したときにエラーメッセージは出ますがe.cancel=trueが反応せず、テキストボックス内が空欄→0になり進んでしまいます。
ちなみにバインディングしているスクロールバーの最小値は0に設定しています。

是非ともご教授お願いします(._.)

Aベストアンサー

通常、TextBox内でTabを押下した時、次のコントロールへフォーカスが遷移しますが、遷移しない場合もあります。
(次のコントロールとして認識されるものがない場合もあり得る)

そのため、Tabの制御をValidatingイベントで実装することは非現実的です。

Tab制御を問題視しているのか、Validatingイベントの制御を問題視しているのかがよくわかりません。

以下のようにした場合、フォーカス遷移が行われる際に必ずキャンセルされます。
それはTabキー押下に限った話ではありません。
private void textBox1_Validating(object sender, CancelEventArgs e)
{
errorProvider1.SetError(textBox1, "hoge");
e.Cancel = true;
}

Tabキーの話をしているのならば、PreviewKeyDownイベントで実装し、Tabを入力キーとしてしまって、フォーカス遷移を行わないようにできます。
が、TabがWindowsの仕様と異なることになります。
当たり前ですが、色々制御した結果、ヨシとした場合、それによってフォーカスが遷移するならば、Validatingイベントも走行しますので。
private void textBox1_PreviewKeyDown(object sender, PreviewKeyDownEventArgs e)
{
if (e.KeyCode == Keys.Tab)
{
errorProvider1.SetError(textBox1, "hoge");
e.IsInputKey = true;
}
}

通常、TextBox内でTabを押下した時、次のコントロールへフォーカスが遷移しますが、遷移しない場合もあります。
(次のコントロールとして認識されるものがない場合もあり得る)

そのため、Tabの制御をValidatingイベントで実装することは非現実的です。

Tab制御を問題視しているのか、Validatingイベントの制御を問題視しているのかがよくわかりません。

以下のようにした場合、フォーカス遷移が行われる際に必ずキャンセルされます。
それはTabキー押下に限った話ではありません。
private void textBo...続きを読む

Qなぜ,カエルなどの両生類は,子はえら呼吸で,親になると肺呼吸になるので

なぜ,カエルなどの両生類は,子はえら呼吸で,親になると肺呼吸になるのでしょうか? 教えて下さい。
両生類にとって,それが適応しているつくりになっているとはわかりますが,このしくみの科学的な根拠を教えて頂ければと思います。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

適応しているからではなく未だ適応していない結果です。ですから残念ながら何故適応できないのかという科学的な根拠はありません。

生物は水中で発生進化しました。全ての動物が受精は未だ水中以外で受精できません。空飛ぶ精子やとことこ歩く精子が誕生しないで、精子の運動能力は皆水中を泳ぐものだからです。今後も精子の運動機能に変化はないでしょう。卵もそれに対応した変化をしなくてはなりませんから同時にと言うことは不可能なことと思います。

さて受精が水中で行われれば、当然そこから発生します胚は水中で発生することになります。陸上で卵を発生させます陸上動物は、この問題を解決するために胚を卵殻で保護し、人工的な水中環境で発生させるように進化しました。また、同時に胚が呼吸出来るように胚膜と呼ばれるものを作り出しました。胚膜の中で漿膜と尿膜を融合させました漿尿膜が臍に繋がっていまして呼吸します。それが発達したものが我々の臍の緒です。ですからヘビもワニもヒヨコも発生の過程では臍があったのです。

両生類は、残念ながら適応できずにそれらの卵殻や胚膜を持ちません。ですから名のごとく幼生期は水中生活をし、生体は陸上生活に移行します。カエルにはまさしく臍がないのです。何故カエルは臍の緒を作れないのか、これは永遠のなぞです。

適応しているからではなく未だ適応していない結果です。ですから残念ながら何故適応できないのかという科学的な根拠はありません。

生物は水中で発生進化しました。全ての動物が受精は未だ水中以外で受精できません。空飛ぶ精子やとことこ歩く精子が誕生しないで、精子の運動能力は皆水中を泳ぐものだからです。今後も精子の運動機能に変化はないでしょう。卵もそれに対応した変化をしなくてはなりませんから同時にと言うことは不可能なことと思います。

さて受精が水中で行われれば、当然そこから発生します胚...続きを読む

QScilabのstacksizeの増やし方が、どうしもわからず下記エラ

Scilabのstacksizeの増やし方が、どうしもわからず下記エラーが出てしまい
現在困っております。

エラー1.---------------------------------------------
スタックサイズを超えました(stacksize を増やしてください)
上記エラーに関しましては、
自分自身では、stacksize('max')と設定したら一時的にエラー
が出なくなりました。しかし計算量が増えた時にまた同じエラー
が出てくるようになってしましました。
エラー2.---------------------------------------------
スタックサイズは制限を越えました。
スタックサイズ関数を使ってそれを増やして下さい。
変数にメモリが使われました: 4229545
中間のメモリは必要とされました: 4194308
全部のメモリは可能です: 5000000
-----------------------------------------------
(バージョン:Scilab5.3-βです。)
お手数ですが、scilabの上記エラーについての対処方法等をご存知でしたらお教えください。
よろしくお願いいたします。

Scilabのstacksizeの増やし方が、どうしもわからず下記エラーが出てしまい
現在困っております。

エラー1.---------------------------------------------
スタックサイズを超えました(stacksize を増やしてください)
上記エラーに関しましては、
自分自身では、stacksize('max')と設定したら一時的にエラー
が出なくなりました。しかし計算量が増えた時にまた同じエラー
が出てくるようになってしましました。
エラー2.---------------------------------------------
スタックサイズは制限を越えました。
スタ...続きを読む

Aベストアンサー

エラーのとおりでして、スタックサイズの制限を越えています。
stacksize('max')としたら、それ以上のスタックを確保することはできないはずです。

Scilabのメモリ管理は古いため、スタックがすぐに一杯になるのは問題視されています。
Scilab6では新しいメモリ管理が導入される予定でして、大容量のデータも手軽に扱えることを目指しているようです。

今のところは、プログラムを見直して、メモリ消費を少なくするしかないのではないでしょうか。

Q植物の呼吸で発生するCO2は水中で観察できるか?

1. 沸騰後の水をさまして試験管A, Bに入れる。
2. Aに呼気を吹き込む。
3. オオカナダモを両方の試験管に入れてふたをする。
4. 2本の試験管に光を当てる。

この実験でAから気体が発生するという問題がありました。

Aから発生するのは酸素でその発生は気泡として確認できると思いますが、
Bの試験管で呼吸による二酸化炭素の発生を気泡として確認できないのはなぜでしょうか?

自分では以下のように考えています。

○ 水を沸騰させると酸素も二酸化炭素も排出されてしまう。そのため試験管の水には酸素が存在しない。酸素がないので呼吸ができず二酸化炭素が発生しない。ゆえに気泡の発生もない。

○ そもそも植物の呼吸で発生する二酸化炭素は水中で気泡として確認できない。二酸化炭素が水に溶けやすいから。

実際はどうなのでしょうか?

また実験ではオオカナダモを使用していますが、陸上の植物だと実験結果は変化するのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

推論されている理由は両方とも正しいと思います。
まず、植物は体内の酸素だけで有る程度の呼吸はできますが、
溶存酸素がありませんので持続的な呼吸はできないと思います。
また、CO2が水にかなり溶けるのも大きな理由です。
発生しても目では見えないのです。
このあたりはBTB溶液などを使うと、水が酸性になるので
観察できるようになると思います。

しかし、一番大きな理由は光合成量と呼吸量の違いです。
動物は静止している状態でも生命活動に多量の酸素を必要とします。
しかし、植物は生命維持に必要な酸素はわずかでいいのです。
呼吸量を10とすれば最大光合成量は50~200くらいになります。
光合成量の方が大きいから植物は生長し、種や茎に栄養分をためることが
できるのです。
従って、呼吸によってできるCO2はわずかなので観察しにくいのです。

Q「メイン・マニフェスト属性がありません」というエラ

 こんにちは。

 eclipse 3.1でjarファイルをエクスポートして、コマンドプロンプトから実行しましたが、
「●●.jarにメイン・マニフェスト属性がありません」というエラーが出ました。

 web等で検索して、その通りにエクスポートして、エラーもなくエクスポートされたようなのですが
エラーの意味が分かりません。

Aベストアンサー

JARファイルのマニフェストファイルを作成するときにメインクラスを指定し忘れているに1票。
JARファイルの中のマニフェストファイルにMain-Class属性が正しく入っているか確認してください。

コマンドラインでunzipが使える環境なら
$ unzip -p ●●.jar META-INF/MANIFEST.MF
でマニフェストファイルの内容を表示できます。

メインクラスの指定は、http://sunjava.seesaa.net/article/57546363.htmlを例にすると【7】の画面で行います。
この画面に行かなくてもJARファイルは作れてしまう点に注意。

Q酸素消費量 酸素摂取量 有酸素運動 生理学

酸素消費量 酸素摂取量 有酸素運動 生理学



酸素摂取量が多い=吸気量が多いということでしょうか?
また、
酸素消費量は酸素解離曲線で表されるのでしょうか?

酸素解離曲線の説明で、抹消では酸素飽和度は75%に低下する。97,5-75=22,5%の酸素がヘモグロビンから離れて細胞に利用されることになる。二酸化炭素分圧の上昇やphの低下はヘモグロビンの酸素結合能を低下させるため抹消におけるヘモグロビンからの酸素の解離を増大させる。とあります。

つまり二酸化炭素分圧の上昇やphの低下は酸素消費量をあげるためには必要なのでしょうか?
持久走の選手は二酸化炭素分圧の上昇やphの低下なども必要な能力なのでしょうか?

Aベストアンサー

>二酸化炭素分圧の上昇やphの低下は酸素消費量をあげるためには必要
…これは議論が逆転しています。
末梢へ行くに従い二酸化炭素分圧は上がり、酸素が消費されて様々な酸性酸化物が出来るので、その場所へ酸素を効率良く供給するためには酸素の解離を向上させねばなりません。
…極端な事を言えば酸素がヘモグロビンと強固な結合を作り続けていたら酸素は末梢へは供給されない事になります。
…また、ヘモグロビンは二酸化炭素と結合して肺へ運ぶ働きがありますから、二酸化炭素濃度が高い場所ではヘモグロビンは酸素と解離して二酸化炭素と結合してくれなくては困ります。

この様なヘモグロビンの複雑な行動は脊椎動物が進化の途中で「苦労」して手に入れた能力だと言えるでしょう。

Qポータブルメモリーナビ navi.exe重大なエラ

中国製の7インチGPS PLANETNavigation WindowsCE6.0 
SDカードに\solomon\bin\anygo.exeをパス指定して起動すると 
アプリケーションエラー navi.exeは重大なエラーが発生しました 強制終了します 
となって起動できなくなりました 裏面のリセットボタンをおして見ても変わりがありません
navi.exeが壊れてしまっているようです 修理方法かダウンロードできるところ知らないでしょうか?

Aベストアンサー

http://page6.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/f113974942

http://page7.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/g112602992
SDカードのデータが破損しているので
これを買えば多分直ると思う?
解からなければ出品者に質問してみてはどうですか?

Q人間はえら呼吸に進化できた(る)のか?

人がえら呼吸できると海にも住めるので、人口増加の問題がなくなると思うのですが?〔笑〕もしそうなったら、いいなとも思うのですが、突然変異とかでいきなりえら呼吸になったりしないんですかね?でも他の魚に食われそう!

深い意味はないので、みんなの意見を聞かせてください。

Aベストアンサー

安部公房の"デンドロカカリヤ"でしたっけ。
ヒトがえら呼吸をすると、かなり沢山水を吸わなくちゃいけない。なにしろ溶けている酸素が少ないですからねえ。人口密集水域では酸欠になっちゃいますね。くそしたりゴミを出したりしたらすぐに汚染が発生して大変です。魚であってもどんな深さにでも住める訳じゃなく、浅い所に居るか、浮き袋で浮いているか、サメみたいに止まったら沈んじゃうか。これがヒトなら深海では酸素足りませんよ。ですから、住む場所が広がるためには、たとえばでっかいいかだを組んで、人工浅瀬にする必要があります。それでも足りないとなると、上気道(水道じゃなく)をひいて、深いところでも清潔な空気を水に溶かせるようにしなくてはなりません。筏の上では家畜でも飼って、ときどき活造りにしてみたり。水面の波に逆さまに乗る水中サーフィン。氷の裏側でスケート。オリンピックでは飛び上がり競技。シンクロナイズドスイミングだけは変わりがないみたいだなあ。
でもね、真水を飲まないとやばいとすると、生息域は実に限られてしまう。

*自信ありは冗談ですてば。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報