新日本の第一世代、第二世代、第三世代はどのようにして分けてるんでしょうか。
安田忠夫さんは第何世代なんでしょうか。
健介さんは第何世代なんですか。
教えてください。

A 回答 (3件)

厳密に言いますと、第3世代って言葉はその都度、対象相手が変わります。

具体的には、闘魂3銃士もかつては第3世代って言われてましたから。
詳しく説明しますと、第1世代、第2世代がいるので、第3世代なんですね。但し、第1世代、第2世代って言葉は言われませんし、使われません。なぜなら、第1世代とは、その時のエース、第2世代とは次世代エースの事です。具体例で言いますと、猪木が新日本のメインで活躍している時には、次世代は長州、藤波であり、第3世代とは武藤、橋本、超野の3人であり、長州、藤波がメインの時には第3世代は中西、永田、天山、小島でありました。現在は超野を第1世代と捉えているので、棚橋、健想などが第3世代になります。
で、質問の安田と健介ですが、安田は永田らと同期でありますので、現在に当てはめると第2世代です。健介は武藤、馳らと同時代の選手なので第2世代になります。選手の年齢である程度は分けれますが、安田選手のようにデビューが遅かったりして、厳密には分けにくくなってきています。
その代表が新日本では健介ですし、NOAHですと小橋選手ですね。小橋選手も年齢的に言いますと三沢選手と秋山選手の間であり、超野選手と中西選手の間の健介選手と同じで、明確に第2世代とは言いにくいですね。但し、四天王時代と呼ばれた時があったようにトップグループに昇りつめた時と年齢で第何世代ってくくられますね。
    • good
    • 0

自分勝手なんですけど健介は2.5世代だと思ってます。

    • good
    • 0

そういえば、第三世代という言葉はありますが、第一世代、第二世代とはいいませんね。


流れとしては、藤波&長州の世代、闘魂三銃士の世代、そして今の第三世代に...
という形で世代交代してきています。

安田は今の第三世代がヤングライオン時代に入団、デビューしているので、
強いて言えば第三世代でしょうか(年はいってますけど)

そして健介は、第二世代でよいと思います。

参考程度ですが、時代の流れとしては、

1.猪木
2・藤波・長州
3.武藤・橋本・蝶野・健介・馳
4.永田・中西・天山・小島・西村

こんな感じでしょうか...
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q新日本プロレスの試合の始めに流れる曲

新日本プロレスの試合が始まる時や、テレビのワールドプロレスの始まる時に流れてるあの曲って新日本プロレスのテーマソングなんですか。

Aベストアンサー

これだと思います。

The Score /Emerson, Lake & Powell

http://www.cdnow.com/cgi-bin/mserver/SID=1291117375/pagename=/RP/CDN/FIND/album.html/artistid=EMERSON+LAKE+&+POWELL/itemid=454739

日本盤
http://www.hmv.co.jp/Product/Detail.asp?sku=957482

http://www.allmusic.com/cg/amg.dll?p=amg&sql=A2s520r3ac48v

参考URL:http://www.cdnow.com/cgi-bin/mserver/SID=1291117375/pagename=/RP/CDN/FIND/album.html/artistid=EMERSON+LAKE+&+POWELL/item

Q安田忠夫の入場テーマ曲

一昔前まで濃いプロレスファンだった者です。ここ10年ほどのことは少し疎いです。

久しぶりに、BS-Aで札幌ドームのテレビ中継を見ていたのですが、安田忠夫選手の入場テーマ曲が、ゾクゾクするほど昔懐かしい(苦笑)、世界の荒鷲・坂口征二選手のものでした。

どういう経緯であのテーマ曲をもらっているんでしょうか?

Aベストアンサー

当時安田選手が付き人をしていた 橋本選手が 
なかば強引に決めた との報道を目にしました。
また、当時の安田選手のロングガウンも 坂口選手の物で
あったと記憶してます、

Q現在の新日本プロレスは

現在の新日本プロレスは“レインメーカー”オカダ・カズチカなるスターが台頭してきていると聞きます。
ここでお聞きします。新日本プロレスは集客を初めとした業績は伸びてきているのでしょうか?

今日、久しぶりにプロレスを見て様々な演出が洗練されていると感じました!^^

Aベストアンサー

おそらく猪木の影響下にあった時代と、ユークスやブシロードなど「資本は外注」の時代でまったく違う団体であることは間違いありません。

といっても、新日本の本質は何も変わりません。

「困ったときは新顔を無理矢理エース!」

猪木が第一線に出られなくなってからは、とりあえずエース格で若手を次々にメインに送り出していますね。その最初がおそらく武藤・蝶野・橋本の闘魂三銃士でしょうか。武藤はその前のNEWリーダーvsNOWリーダーの抗争時も重用されていたので、蝶野・橋本より1世代上と言えなくもないですが。この3人は、おそらく会社の予想以上にエースの格を備えて成長した好例でした。ところが、そこから先がまずかった。

続いて2匹目のどじょうを狙ったのが、永田裕志・中西学・小島聡・山本広吉(現天山広吉)。ところが、思った以上に闘魂三銃士の影響力が強すぎ、次世代としてトップを張る前に2番手・中堅ポジションに追いやられる結果になった。

物理的に三銃士がいなくなって(2人退社)、今度は中邑真輔・棚橋弘至・柴田勝頼などを台頭させようとしたものの、これの伸びる基準が「三銃士がいなくなるまでトップになれなかった」上記4人だったもんだから、当初から格の面では見劣りする結果に。

さすがにこれだけコケると経営的にも危なくなって、結果的に外部資本に頼る結果に。岡田かずちか(カズチカ”レインメーカー”オカダ)のエース格への引き上げは、過去の失敗を十分に研究した結果、なのでしょう。でも、本来ならオカダの前段階でエース格になれるはずの選手はいたわけです。元NO LIMIT、内藤哲也と高橋裕二郎の両者です。ところが、会社の方針でしょうがこの2人はかつての永田や中西のような(1.5級)ポジションにされ、オカダが一気にトップ戦線に踊り出た。今や内藤と高橋はそれこそ棚橋と中邑のデッドコピーのような扱いです。

ただ、エース格(になり得る)人材を1人に絞ったのは、結果的に注目度を一点集中させることには成功したようで、少なくとも猪木資本下までと比べると観客の満足度は増しているようです。元々現代のプロレスでかつてのテレビ実況のように「超満員札止め!」なんてことは「ありえません」。小箱の東京ドームシティでも地方の体育館でも、それこそ武道館や国技館でも、さらにいえばドーム大会でもです。事前の入場者数のキャパシティを(さすがに一般企業)調査した上で空いていないように見せるステージ設営。これを怠ったから某ノアはがら空き席ばかりが目立つのですが。

観客の絶対数が増えたとは思いませんが、少なくとも放漫経営そのものだった新日本プロレスに経営哲学が入り、(少なくともかつてメジャーと並び称された全日本やノアと比べて)ある程度利益という結果を残しているのだから、微増ながら業績回復、といっていいのではと思います。プロレス団体ですから、いつすっ転んでもおかしくない業界ではあるのですが。

おそらく猪木の影響下にあった時代と、ユークスやブシロードなど「資本は外注」の時代でまったく違う団体であることは間違いありません。

といっても、新日本の本質は何も変わりません。

「困ったときは新顔を無理矢理エース!」

猪木が第一線に出られなくなってからは、とりあえずエース格で若手を次々にメインに送り出していますね。その最初がおそらく武藤・蝶野・橋本の闘魂三銃士でしょうか。武藤はその前のNEWリーダーvsNOWリーダーの抗争時も重用されていたので、蝶野・橋本より1世代上と言えなくもな...続きを読む

Q健介はなぜ新日に戻ってきたんですか?

佐々木健介って新日を飛び出して行ったんじゃなかったでしたっけ?
なぜ今新日で戦えるんですか?

話は変わりますが、健介と永田って仲悪いんですか?

Aベストアンサー

プロレスの世界においては、起こりうるほぼすべての出来事が“アングル”といわれる演出です。事前に企画会議などで出されたアイデアをもとに作られたものなのです。悪くいってしまえば、ヤラセなのでしょうが・・・しかし、これは次回の興行へファンの関心をつなげるための大事な要素です。この部分にセンスがある団体が生き残ります。ある意味、試合内容よりも重要かもしれません。WWEなんかは、このアングルが群を抜いて優れていたため、世界1のプロレス団体にのし上がることができたのです。ですから、健介に限らず、レスラーの出戻りなんかは日常茶飯事。「あんな奴、永久追放だ!二度とうちのリングにはあげん!!」と怒りまくっていたビンスマクマホンでしたが、その舌の根の乾かぬうちに涼しい顔してストーンコールドを復帰させてましたし(苦笑)ま、プロレスというのはそういう世界なんです。余談ですが、昔、猪木夫妻(当時の妻は倍賞美津子)が新宿伊勢丹デパート前でタイガージェットシンに白昼堂々襲撃された事件がありましたが・・・あれも猪木が抗争を盛り上げるために考え付いたアングルだったのですよ。こうなると、もしかしたら、橋本のゼロワンも長州のWJ旗揚げさえもすべて新日フロント=猪木了承済みのアングルだったのかもしれませんね。実際、選手の数が増えすぎて1興行で全員の試合を組めなくなってきてたので、WWEを見習って2団体制にする企画が持ち上がってたそうですし。
最後に、健介と永田が仲悪いかどうかは知りませんが・・・シングルマッチでちゃんと名勝負を演じている時点で、少なくとも、信頼関係はできているようです。プロレスにおいて、相手を信用できなかったら、試合は成立しません。試合中に相手が何を仕掛けてくるか疑心暗鬼になるからです。マサ斉藤やグレートカブキなんかは海外で、よくシュートや禁じ手を仕掛けられたそうです。これも余談ですが、ブッチャーはほんとにシークが信用できなくて、試合をするのが怖いとさえ言ってました。で、さらにそのブッチャーを信用できないのがジェットシンで、食事や飲みに行くと、なんやかんやで結局はいつも払わされるはめになるとボヤいていました・・・面白いですね。

プロレスの世界においては、起こりうるほぼすべての出来事が“アングル”といわれる演出です。事前に企画会議などで出されたアイデアをもとに作られたものなのです。悪くいってしまえば、ヤラセなのでしょうが・・・しかし、これは次回の興行へファンの関心をつなげるための大事な要素です。この部分にセンスがある団体が生き残ります。ある意味、試合内容よりも重要かもしれません。WWEなんかは、このアングルが群を抜いて優れていたため、世界1のプロレス団体にのし上がることができたのです。ですから、健介に限...続きを読む

Q新日本プロレスの見学

友人の話なのですが。
30年くらい前、中学生だった友人が、
新日本プロレスの道場へ見学に行き
山本小鉄さんにスクワットをやっていけと言われ、友人が選手と一緒に練習をした
という話を聞きました。
おまけに、お風呂に入って行けと言われ
ちゃんこ鍋をご馳走になり、少しお小遣いも
くれたと言っていたのですが
本当なのかな?!と思っています。
その頃の、新日本プロレスを知っている方
教えて下さい。

Aベストアンサー

好きでテレビは良く見てました。
しかし、その頃の、新日本プロレス自体はそんなには詳しくないです。
けれど、山本小鉄なら、いっしょに汗流して、風呂はいって、
メシ食わせて、帰りの電車賃くらい渡したかもしれませんね。
なんとなく、テレビを見て憶えている印象だけからですが(^^;
ヤマハブラザース、、、なつかしい。

Q佐々木健介は何故”健介”?

プロレスラーの佐々木健介についてなんですけど、彼が新日本プロレスに所属してたとき、新日には「佐々木」という名字の選手は他にいなかったはずなのに、何故マスコミなどでは「佐々木」ではなくて「健介」と表記されたり呼ばれたりするようになったんでしょうか?
そこらへんのところがよくわからないんで、この僕の疑問について「…だと思う」といった回答でもいいんで教えて下さい。

Aベストアンサー

まったくの想像ですが・・・・
売り出した頃に"馳・健"としてコンビで活躍していたので、その時の"建"のイメージから、"佐々木"よりも"健介"の方が多く呼ばれるようになったのではないでしょうか。

Q新日本プロレス金本浩二選手の試合日程

新日本プロレスの金本浩二選手の試合日程、特に五月の予定を知りたいんですが、新日本プロレスのHPや選手のHPを見てもなかなかわかりません。試合日程を事前に公開するのがあまり好きではないと聞いたことはあるんですが。五月一日の熊本以降、特にゴールデンウィーク中の試合日程がわかれば、どなたか教えていただきたいんですが。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

公式(新日のHP)に載らないとわからないです
地方大会の場合わかっても最後の3試合位で、残りの試合は直前までわかりません、当日発表の場合もありますから
5/3の「博多どんたく」でさえ後半の3試合しかまだ発表されていませんし

Q佐々木健介の価値

新日を辞めた男が新日に乱入して、客からはブーイング、選手はしらけていたそうですが、彼の価値はどれくらいあるのでしょうか?
(1)彼が出場すると観客動員はどれくらい増える又は減る?
(2)道場での指導力を含め選手間での無形の効果?

私は相変わらずこんな事を続けていたら日本のプロレスは世界各地のプロレスと同様に寂れていくと考えています。
そもそも誰が彼にオファーを出したのでしょう?

Aベストアンサー

こんばんは。

回答の方ですが。
(1)観客動員は、減ることはあっても増えることはまずないでしょうね。彼のプロレススタイルは、師匠の長州力のスタイルそのままです。多少のオリジナリティはあるのですが、それを全く活かしていない。ですから、ファンも全く魅力を感じていません。彼の言動も、ファンから馬鹿にされているくらいどうしようもないですしね。プロレスは本当にうまいと思うだけに残念です。

(2)他の選手が、師匠の長州力について言っていた悪口等を本人にチクっていたそうですから、あまり人望はないでしょうね。よってこちらもマイナスはあってもプラスはないでしょう。

私としては佐々木健介よりも、IWGPをデビューして1年未満かそこらの選手(しかも、お世辞にもプロレスがうまいとは思えない、はっきり言って寒い)にとらせている方がよっぽど危機的だと思っています。
ちなみに、オファーを出したのは幹部のUさんといわれています。

Q新日本プロレス他テレビ放映内容で...。

こんにちは。
さっそく質問があるのですが、
7月の20日深夜の新日本プロレスと、7月23日深夜の格闘パンクラスのテレビ放映を逃してしまいました。
どちらもホームページ等で確認したのですが、放送内容までは書いておりませんでした。
関東の放送枠では、新日本は土曜深夜のTV朝日系、パンクラスは火曜深夜のTV東京系なのですが、
ご覧になった方は放送内容を教えてくれませんか?お願いします。
もしかして、新日本プロレスのほうはお休みだったのかもしれません。
そうであるならば、格闘パンクラスの内容だけでも教えて下さい。

Aベストアンサー

まず新日本ですが、こちらは全米オープンゴルフ中継
のためお休み。

で、パンクラスの方は、鈴木みのるによる関節技解説。
自らのものも含め、過去のカードの中から様々な「謎」
を解き明かしていく…というものでした。

Q健介新日退団

来年1月の更新で退団が決定。
対鈴木みのる戦を会社が勝手にホゴに反発。
どこに行くのか健介。おそらく長州のとこ?
ライガーの立場は。気になるところ。

Aベストアンサー

週刊ゴングの10/17号で、
健介が怪我で、鈴木みのるとの対決が
流れたと書いてありましたが、
どうも、健介はやりたかったようですね。
これで、10月14日の東京ドームの客入りが
心配になってきますね。
ボブサップ対中西、永田対藤田
がメインの試合ですから、相当、キツイですね。
このドーム大会で失敗したら、新日本は
後がないところまで追いこまれましたね。
今まで、NOAHに助けてもらって、
大会場をなんとか、満員にしてきたが、
今回はやや、無理ですね。
K1は元気だが、プロレス業界は苦戦といった
ところでしょうか。
新日本から、離脱者が多くなっているのは、
やはり、フロントが選手と噛み合わないことでしょうね。
客の喜びそうなカードをどんどん、
惜しみなく出す、K1のやり方を見習って、
いいカードを提供してもらいたいですね。
健介が全日本にいって、武藤と対決すると
面白いですね。
長州がこの佐々木健介の退団にどうコメンントするか、
聞きたいですね。
ともあれ、新日本のドームの入りが、気になります。


人気Q&Aランキング