食品メーカーの営業業務の内容を
教えてください。
セールスマンがどういった活動をしているか。
また、その現場における問題点や
改善点なんかもあったら、知りたいです。

A 回答 (2件)

食品メーカーは基本的に業態などにもよりますが、下記のようになっております。



(1)メーカー→卸→流通(スーパー・コンビニ)
(2)メーカー→卸→外食

など流通形態は様々ですが、基本は上記のようなパターンが多く、卸と商談やスーパーなどと商談が多いです。食品メーカーといっても様々あり、家庭用(一般消費者向け)や業務用(スーーパー・外食)など様々な部門に分かれています。

一般的にイメージしやすいのが(1)だと思いますので軽くご説明を。Aという商品をスーパーに並べるために、データ分析や新製品のプレゼンを行いスーパー・コンビニなどに導入するのが営業の大半の仕事です。時にはスーパーの陳列などもすることもあります。簡単ですが、内容はこんな感じです。
    • good
    • 0

販売店回りとかするみたいです。

なるべく
自社の製品をいい場所において欲しいわけ
ですのでお店の担当者にプレゼンしたり
します。あとは売り場全体の売り上げが
伸びるようにディスプレイを工夫したり
季節ごとによってフェアーを実施したりとか
もします。他にもセールに協力したり
とか結構大変ですよ。あのスタァの恋の
草薙君がハムの営業だったのであんな
感じです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
該当業界向けのセールス業務改善のプロジェクトが
ありましたので、お聞きしました。
基本的な受発注はEDI化されていて
セールスはプロモーション活動がメインと
考えていいのですね?
ありがとうございました。

お礼日時:2002/03/14 10:43

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q業務の基本が「ほうれんそう」なら・・・

業務の基本は、「ほうれんそう(報告・連絡・相談)」だと言いますね。
では、似たような葉物野菜の「さらだな」や「のざわな」や「ちんげんさい」は、何の略として使えそうですか?
全部へのご回答でなくても結構です。業務に関わることに限りません。また、もしいいアイデアがあれば、上記以外の野菜でも構いません。

Aベストアンサー

 不動産あれこれ・【チンゲンサイ】

賃貸物件は
現場に出かけ
細部までよく見るべし

珍物件アリ!
現在入居者なし
斎場徒歩0分

Q物流業務の営業

物流業務(保管、検品、箱詰め、包装作業など)の業務を受注したいのですが、どのように営業したらいいのか分かりません。どなたか営業経験者の方、ご教示いただけないでしょうか。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

はじめまして。
営業⇒センター立ち上げまで経験がありますので、少しでも役に立てれたらと思います。

①ターゲット企業、業種の選定
おそらく質問者様は物流の中でも、特に3PLの形態で営業をされたいのかと思います。
まずはお勤めになっている会社の方針や上長に相談し、業種を限定してください。『荷主様の儲け』が物流の儲けに比例します。(もちろん例外あり)
⇒受託後の収支によっては新規でセンターを建てたりなどの予算や設備、人的投資に大きく関係します。(次以降の項目で触れます)
また、業種選定後はターゲット先のモノの動きやドメイン(納品先は小売店、個人店?カテゴリは食品、雑貨?温度帯は冷凍、冷蔵、常温?などなど)を絞ることで、業界の物流費の相場が見えてきます。
これにより、ある程度の情勢や動向を察知し、問題点やニーズを予習できますよね。

②ターゲット先に何のメリットがあるのかを考えましょう。
ここが一番なのではないでしょうか。
『ただ自分の会社が仕事したいから』だと、全くもって魅力がないですよね。経営者の立場になって考えてください。自社で賄っていた物流業務を他社にやってもらうなら、それなりのメリットがないとお金は払いたくありません。まして、中・長期経営計画などをしっかり組まれている企業であれば、それを良い方に変えるほどの得(儲け)を提供しなければなりません。
お客様に頷いてもらい、良きパートナーになるための提案をここで考え、やっと玄関を開けれます。

※身内ではないので、細かくは自分で考えてくださいね(笑)

=商談関係の説明は端折ります=

③拠点、輸配送、人員、マテハンなどのインフラや原価の確認。
イメージトレーニングしてみてください。実際に運用できるのか。要望通りのサービスの可否を検討します。
④お見積り作成
頑張ってください(笑)
⑤契約
嬉しいもんです。しかし、ここからが本番です。
⑥立ち上げ、稼動開始
イレギュラーは少なからずありますよ。
どう攻略するかは腕と経験とカンです。

後半の細かいことはあえて書いておりません(というか他社なので書けません)。ごめんなさい。


また、新規立ち上げでは綿密な事前打合せをしなければ現場は大変な事になり、まさかの契約打ち切りになるので注意してください。


小難しく書きましたが、まずは異業種交流会に出向いたりして色々な情報交換をしてみたり、既存のお客様からの繋がりで仕事の肉付けなどを行い、簡単な流れだけでも体験するといいでしょう。

そして、現場(構内、配送、システム、経理は最低限)の知識がなければ、めちゃくちゃなオペレーション、ドマイナスな収支、クレームの毎日・・・となる可能性が高くなります。

また、『DCセンター』『TC1型』・・・などの用語はもちろん知ってますよね・・・?
もしご存知でなければ勉強して下さいね。


さいごに

いろいろと述べましたが、まだまだ私も若輩者です。他人様に偉そうにできる身分ではありません。他社の見知らぬ人にこんなことをアドバイスするのも良くないことですが、日本の物流にはたくさんの『ムダ=困り』がたくさんあります。
私達の営業が少しでもそれを解消し、社会に貢献でき、日本経済を影の隅っこから支えられたらと願い、お話できる範囲で述べさせて頂きました。
エゴで申し訳ありませんが、お互いに志をもって、立派な営業マンを目指しましょう!

はじめまして。
営業⇒センター立ち上げまで経験がありますので、少しでも役に立てれたらと思います。

①ターゲット企業、業種の選定
おそらく質問者様は物流の中でも、特に3PLの形態で営業をされたいのかと思います。
まずはお勤めになっている会社の方針や上長に相談し、業種を限定してください。『荷主様の儲け』が物流の儲けに比例します。(もちろん例外あり)
⇒受託後の収支によっては新規でセンターを建てたりなどの予算や設備、人的投資に大きく関係します。(次以降の項目で触れます)
また、業種選定...続きを読む

Qほうれんそう(しゅうさん)

ほうれんそうのしゅうさんのことでお尋ねします。

 ほうれんそうを水で洗ってから、すぐ炒めて調理した場合「しゅうさんは」おちないですか?
 だとすれば、ほうれんそうの炒め物では「しゅうさん」はどうすれば
よいのでしょうか?

Aベストアンサー

NHKのためしてガッテンの過去の放送にほうれん草についてが載っています。
http://www3.nhk.or.jp/gatten/archive/2006q4/20061129.html

これによると、シュウ酸の抜ける量は茹でる>炒める>電子レンジ>蒸すの順番で少なくなるそうです。シュウ酸だけを見れば茹でることが一番良いように見えますが、他の栄養素の流出、甘味や旨味といった問題まで考えるとどうかなという感じです。

シュウ酸が起こすえぐみはカルシウムや油をうまく使って緩和することができるそうです。

それと、シュウ酸の少ない生食用のほうれん草というものもあります。こういうのを使うのも手だと思います。

Q営業マンが怠けず活動する仕組みづくり

創業し、このたび初めて営業マンを採用することとなりました。そこで心配なのは見えないところで企業開拓をせずに怠けて結果が出ないと困るということがありえるのでは、ということです。もちろん採用時の見極めが大切であることは承知のことですが・・。完全歩合制等はいまのところ考えていませんが必要でしょうか。
営業マンに怠けず活動してもらう仕組みづくりをアドバイスいただけると助かります。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

お店の規模にあった営業マンへのインセンティブを考える必用はあるでしょう。固定給だけでやれるのは、大企業か身内、親戚に手伝って貰う時ではないでしょうか。業界の慣習、地域性、商品(価格は、必需品か、オリジナル商品か)など考慮すべき点が多多あるので、sakagutiさんご自身がもっと研究すべきだと思いますよ。

例えば営業日報で訪問店、販売結果、課題などを書かせるべきですが、これもお店に管理能力(人材)がなければ気休めに終わり、セールスに余分な仕事をさせる結果になります。歩合制もケチれば効果なく、無計画に一定歩合を与えた場合、極論すれば責任者より高給を得ることにもなります。固定給プラス歩合給の比率(例えば8:2)は業界或いは類似の業界の数値を参考にすればよいと思います。

当面は売上目標達成のために最低必要な販売責任額を与え成果主義でボーナスに色をつける程度でスタートし、早急に業界並み或いはそれ以上の報償制度を考えるべきかと思います。私の経験から申し上げれば、営業成績は市況、商品力、取引条件(支払い条件など)及び営業力で決まりますので、お店に管理力がない間は、信頼と情報公開(何事も話し合う)こそが必用です。セールスマンの管理はその気になれば幾らでも方法はありますが、如何なる制度にも一長一短があります。制度はよくても管理者の質や能力(人間性も含む)にも左右されます。

お店の規模にあった営業マンへのインセンティブを考える必用はあるでしょう。固定給だけでやれるのは、大企業か身内、親戚に手伝って貰う時ではないでしょうか。業界の慣習、地域性、商品(価格は、必需品か、オリジナル商品か)など考慮すべき点が多多あるので、sakagutiさんご自身がもっと研究すべきだと思いますよ。

例えば営業日報で訪問店、販売結果、課題などを書かせるべきですが、これもお店に管理能力(人材)がなければ気休めに終わり、セールスに余分な仕事をさせる結果になります。歩合制もケチれ...続きを読む

Qほうれんそうは高すぎる

ほうれんそうは高すぎる

緑黄色野菜を食おうと思って、

ほうれんそうだと、100g買うのに、100円。

にんじんだと、同じ100円で、400g買える。

にんじんのほうが4倍もたくさん買える。
だからもうほうれんそうは買うのをやめて
にんじんだけにしたい。

なにか問題ある?

Aベストアンサー

ニンジンはほうれん草ではないということ以外には、問題は無いですよ。

Q業務改善のアドバイスをお願いします

よろしくお願いします。

弊社は数十名ほどのメーカーなのですが、各製品ごとの発送方法に標準化されたルールが無く、
顧客の言いなりに営業がそれらを決定している傾向があります。

例えば10個の商品を発送する場合、

 例)
   商品A 
     発送情報:青森から埼玉経由、代理店経由で先方の本社納品
     あて先:A社本社
     生産元コード:ABCDE
   商品B
     発送情報:富山から神奈川経由、トラック使用、視点の担当者宛納品
     あて先:B社神奈川支店
     生産元コード:FEGB12
   商品C
     発送情報:弊社から空輸で、現地直送
     あて先:弊社購買部
     生産元コード:FDSE24
   ・
   ・
   など

またそれに輪をかけて、コード管理や取引先の管理に不備があり、
在庫や記入に不備が多く、作業品質が悪いです。
これはルールが無いことと、作業が主に人の目で対応していることもあります。


その結果、発送業務にて、各製品の発送手続きで
その記載方法で毎回作業者が混乱したり、右往左往する傾向があります。

これらがどう対応すれば改善できるか、悩んでおります。
 ※各商品の発送情報を今から共通化していくのはちょっと厳しそうです・・

 ・在庫管理やチェックで属人化しないルールを入れる
 ・人の判断による手入力をやめさせる、ITシステムを入れる
 ・正解を記入した書類を1枚用意し、作業者はそれを見ながら記入するようにする

など考えておりますが、「こうしてみては」というような
アドバイスを頂けますと助かります。 

よろしくお願いします。

弊社は数十名ほどのメーカーなのですが、各製品ごとの発送方法に標準化されたルールが無く、
顧客の言いなりに営業がそれらを決定している傾向があります。

例えば10個の商品を発送する場合、

 例)
   商品A 
     発送情報:青森から埼玉経由、代理店経由で先方の本社納品
     あて先:A社本社
     生産元コード:ABCDE
   商品B
     発送情報:富山から神奈川経由、トラック使用、視点の担当者宛納品
     あて先:B社神奈川支店
     生...続きを読む

Aベストアンサー

 大手製造業で品質管理(より正確に言うと品質保証)にずっと携わり、脱サラしてからも自分の会社でマネジメントに関わる経営コンサルを長年やってきた経験を踏まえて言うと…

 いくらよい標準化のルールを決めても、それが関係者全員に受け入れられ、歓迎されなければ失敗に帰します。長年自分のやりかたでやってきた人が多いと(とくに年配者は)なかなか新しいルールに耳をかさず、変えようとしません。

 上からの命令などでやらせようとしても反発しますし、強制すると表面的に従うだけの面従腹背になり、徹底せず、長続きしません。

 いちばん大事なことは、関係者全員に標準化の必要性を認識してもらい、ルール化されたらそれを歓迎する気持ちになってもらうことです。
 そして実はこれがいちばん難しく、これを端折ると頓挫するいちばんの要因になります。

 関係者全員が納得すればみなの知恵を集め、どう標準化すればよいか打ち合わせして決めることです。あなた一人で進めようとすると、うまく行かない可能性が大です。

Qほうれんそうについて

子供がほうれんそうが大好きなのですが茹でるのが面倒で敬遠してしまいます。私としては小松菜のほうが扱いが簡単なのですが子供はあの苦味がだめなようで。。

ほうれんそうをレンジでチンする人は多いようですが、それで本当に問題はないのでしょうか。何年も前に新聞で学者さん(?)が「ほうれんそうをレンジでチンするのはバカな料理法だ」って書いてあったんです。茹でて栄養分が失われるのと、チンして栄養分は残っても毒素(?)というかアクが残るのとどちらがメリットが大きいのでしょう。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ほうれん草はシュウ酸の他にも、硝酸態窒素という肥料由来成分の残留問題があるそうで、以下のサイトでは茹でる料理法を推薦しています。

参考URL:http://amor1029.exblog.jp/923572/

Q大手住宅メーカー営業マンの研修内容って?

地場工務店の住宅営業として就職したばかりの女性です。
およそ1週間程、建築の基礎や金融関係の基礎、法規の基礎等を学び、
すぐに外回りになりました。
過去にモデルハウスや新築披露等に来た方の名簿中心ですが、小さな工務店なので数年前の名簿もあります。
頑張って訪問するのですが、なかなか相手にしてもらえません。
このまま続けても意味がないような気がします。
今までにたいした営業経験もないので、営業のイロハみたいなものを考えなくては・・・と思うようになりました。
でも、何をしたらいいのかわかりません・・・。
とりあえず的な考えで宅建の勉強をするつもりですが、対人的なテクニックはどうやって学べばいいのでしょう???
大手住宅メーカーさんはどのような新人研修をするのでしょうか?
私は一人前の営業マンになるべく、どのような努力をするべきでしょうか?

Aベストアンサー

経験と信頼を得ること
後は本などで覚えること

本来は先輩の後をついて回り そこから吸収していくものだと思います

Qほうれんそう

ほうれんそう
透明な袋に入ってますが,ほうれんそうを洗っているのかぬれたままなので
腐りやすいんです,かわいていれば問題ないのに,どうして品質を悪くする
ようなことをわざわざするのでしょうか
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

(1)売るほうの立場は、売る時だけ見栄えがよければOKなのです。
(2)冬と違って、夏は、冷蔵庫の温度も高いのでしょう。
(3)たしかに、表面が水に浸かって花瓶の花根元のような感じに腐りますね。3日以内くらいに食べないとだめのようです。
冷蔵庫でナイロンに入れておかないように吸水性のある紙などくるむの方がいいかもしれませんね。関係ないかもしれませんが、まぐろの切り身なんかは、ペーパータオルでぴっちりくるんで冷蔵庫に入れると表面が長持ちます。

Q会社の事業内容以外の営業活動をするとどうなる?

会社にはそれぞれ登記簿登録している業種がありますが、
もし社員が所属する会社の事業種目以外の営業をした場合は
どのようなトラブルが発生するのでしょうか?

法律上の罰則・罰金などの刑事訴訟および民事訴訟の両面から
ご回答いただけると助かります。

因みになぜこういった質問をするかというと、
上司が「売れるものは何でも売れ!」と言うわりには
実際に儲かる商売であったとしても、会社が登録している業種が
違うと言う理由でその商売(販売)をストップさせようとするからです。

なぜ業種が違うと販売できないのかを尋ねても、
明快な答えは得られません。

もしかして上司自身も出来るか出来ないかの理由も分からないで
ただ事なかれ的な対応を続けだけのようにもうつります。

これでは商売のチャンスを今後もずっと逃し続けなければ
ならなくなるので、真偽を確認したいのです。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

刑事・民事訴訟の問題ではないでしょう。
会社は「定款」に書かれている目的の中でしか業務はできないようになっているのです。
これは「商法」上の問題かと思います。

ちなみに、会社が定款に書いた目的から逸脱するような業務をした場合、法務大臣により会社解散命令が出される可能性があります。
読みにくいですが、商法の第58条〔会社解散命令〕の一部を取り上げておきます。
第3項が問題になると思います。
ご参考まで。


第58条〔会社解散命令〕 

裁判所ハ左ノ場合ニ於テ公益ヲ維持スル為会社ノ存立ヲ許スベカラザルモノト認ムルトキハ法務大臣又ハ株主、債権者其ノ他ノ利害関係人ノ請求ニ依リ会社ノ解散ヲ命ズルコトヲ得
一 会社ノ設立ガ不法ノ目的ヲ以テ為サレタルトキ
二 会社ガ正当ノ事由ナクシテ其ノ成立後一年内ニ開業ヲ為サズ又ハ一年以上営業ヲ休止シタルトキ
三 会社ノ業務ヲ執行スル社員又ハ取締役ガ法務大臣ヨリ書面ニ依ル警告ヲ受ケタルニ拘ラズ法令若ハ定款ニ定ムル会社ノ権限ヲ踰越シ若ハ濫用スル行為又ハ刑罰法令ニ違反スル行為ヲ継続又ハ反覆シタルトキ

刑事・民事訴訟の問題ではないでしょう。
会社は「定款」に書かれている目的の中でしか業務はできないようになっているのです。
これは「商法」上の問題かと思います。

ちなみに、会社が定款に書いた目的から逸脱するような業務をした場合、法務大臣により会社解散命令が出される可能性があります。
読みにくいですが、商法の第58条〔会社解散命令〕の一部を取り上げておきます。
第3項が問題になると思います。
ご参考まで。


第58条〔会社解散命令〕 

裁判所ハ左ノ場合ニ於テ公益ヲ維持スル...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報