マンガでよめる痔のこと・薬のこと

当社は60人強の小規模なオフィスですが、什器備品は現在300件ほど抱えています。
今年は4月より、今まで手付かずになっていた資産の棚卸をして、物品一つ一つが現存するのか各部署にも協力いただき調べております。
現在のところ総務部主体で始まって進めているのですが、最近、資産台帳は経理の管轄なのであるから、毎年の棚卸も経理が主導で行なうべきだとの意見が出てまいりました。

モノの管理→総務部
カネの管理→経理部

と分かれているのではと思うのですが、確かに資産台帳を記入し、廃棄処分等の後処理も経理が関わりつつするものです。

皆さんの会社(大規模・中規模で)でどの部署が取り扱い、どの時期にどんなフローで進めていらっしゃいますか?

A 回答 (4件)

 固定資産の棚卸に付いて。



 1.固定資産台帳を作成管理している部署以外の所が棚卸をする。・・・・どうしてこのように書いたか?御社のようなオフェスを沢山抱えている会社は、きめられた部署に棚卸監査をする人がいない場合のためです。

 2.台帳は簿内資産(取得価格ー減価償却=残存価額)を記載と簿外資産(金額の記入無し)遊休資産(簿内と内容は同じだが現在使用しないで保管している物件)に台帳を分けて作成管理します。

 3.棚卸前に物件には棚札をつけます。そうして棚卸当日監査員は半札を回収、固定資産台帳と照合します。

 要するに同じ部署。同じオフィスの人が棚卸の際疑問に思っても暗黙の了解のようになるので支社か他場所に監査をしてもらう事が理想です。

 よく管理がずさんであると聞きますが、私はこのように管理をしています。

 固定資産簿内・簿内遊休・簿外台帳を作成して、管理の内容も可能な限り個別管理をしています。

 例えば本体とモーターとベルトを一式で管理している所が殆どですが、この時ベルトが早く損傷を受けやすい、これを取り替える場合分筆と言う面倒な作業をしなければなりません。勿論経理処理もしなければなりません。故に単体で管理すれば、ベルトだけを除却すればいいのです。参考まで。

 物件を5.000件管理しています。手を抜かずに行えば、問題なく管理が出来ます。頑張って下さい。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

taisetu様 
5,000件もの資産をスムーズに管理される手法、さすがだと思いました。励ましのお言葉までいただき有難うございました。

資産台帳は当社はエクセルで1ファイルで管理しているだけで、簿内、遊休、簿外などと区分けしておりませんでした。すでに除却したり償却終了のものも同じ所にいっぺんに見れるので便利ですが、「現在で簿内に価値があるとしている資産」を把握できていません。簿外に何があるかも各部署のアドミに任せきりで、そうなると会社全体に資産管理などという意識が無い状態です。

台帳自体も改善していかなくては、と思います。部署で相談しようと思います。

お礼日時:2006/08/19 10:26

大企業と中小企業で固定資産管理の経験がある者です。

参考になるかどうかわかりませんが。

大企業(私は某有名ファストフード会社で経験)では縦割りですので、固定資産管理の部門があり、そこが主導で年2回(6月と10月)大規模な固定資産の棚卸を行っておりました。
1.各店舗の固定資産(番号が付与してあり、新たに固定資産を購入した場合にはシールが発行され、そのシールを送付して貼るよう指導済)台帳を各店舗に送付する。

2.各店舗でチェックし、間違っていればその旨を別の帳票により記載して返送する。

3.固定資産管理部門がその帳票から移動等の処理をシステムに入力する。ただし除却の旨の返送があった場合には、その店舗の店長等に除却を過去本当に行ったか、また他店舗に移動したのではないか確認を取り、明らかな確認が取れ次第、処理を行う。(この処理は約2~3ヶ月はかかります)

中小企業(セメントの製造販売の会社で、セメントを買ってもらうかわりにその中小企業所有でタンクを設置して貸与するような形でした)では経理が担当で年1回(10月頃)大規模(?)な棚卸を行いました。そこでは総務1名経理2名でしたので、経理が担当でした。
1.固定資産台帳から各支店(営業しかいないのでその営業に送付)に送付して、各支店の営業が設置している会社に出向き、チェックをする

2.営業部長の承認後、経理でチェック(本当にないかなど)して処理
この会社で問題なのは、設置した先方が自己で設置したタンクなどもあり、どっちが先方のものなのか分からなくなる(種類が違うなら分かりますが)恐れがあることでした。

また固定資産管理を担当しなかった会社では、総務部が主導で棚卸をしてました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳細なご説明ありがとうございます。
参考にして社内で流れを検討したいと思っています。

お礼日時:2006/08/23 13:10

250人規模の会社で経理責任者をしております。



 経理の本質的な業務は、
   ○資金の管理(財務)
   ○営業状態の把握(企業会計)
   ○資金の出納
   ○税務会計
  であると考えております。

 よって、固定資産管理は”総務部”の仕事ですので、当社
 では(名目上)総務部が主体となって、固定資産管理をし
 ています。
 (経理部で行っていましたが、総務部に管理主体の変更
 を行いました)
 ただ、固定資産台帳は経理部で作成しておりますし、実質
 的な処理も経理で行っておりますので、実態としては共同
 作業のようなものです。

 棚卸しは年一回で、償却資産税の申告にあわせて、1月1日
 現在の在庫を1月10日までに棚卸しして、15日頃までに経理
 部へ資料を提出してもらいます。

 また、先月の組織変更で総務部と経理部が合併してしまい
 ましたので、当社ではその問題が本質的でない部分で解決
 してしまいました。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

gutoku2様

本質的業務を改めて考えますと、確かに総務部主体のままでいいものだと思ってきました。

棚卸の期間も資産税に合わせるのが妥当ですよね。今年は比較的仕事量の低い夏にしてしまってますが、来年1月早々に再度チェック(新規分だけでも)することにします。次年度よりはgutoku2様方式で年一に。

当社も小規模なところが幸いして、総務担当者と経理で情報共有し協力して進めているところです。主責任者を総務としても、私たちも無責任ではいられない、というスタンスで執り行うことにします。

有難うございました。

お礼日時:2006/08/19 10:17

資産台帳というより減価償却費を算出するための台帳でしたが、経理で管理していました。

ただ、ものそのものはそれぞれの部署に設置されているので物の有無とか使用しているか使用していないかの判断まではできませんでした。かといって、部署ごとにそれを管理する部署もなく何となく雑務係が適当に見ていました。
資産の数は6000程度(簿外も含めればそれ以上)ありますが、機械設備などはきちんとした台数管理はできていない状態です。棚卸は総務と担当営業がやることになっているのですが明文化された規程がないので、中途半端な管理状態です。財産目録を作る関係上、経理が中心とならざるを得ないです。償却資産税の申告も経理で行っています。
廃棄・売却や新規購入の申請は現場が行い、稟議を総務が受付け、資産の受け入れは現場、支払は経理、台帳への計上も経理、減価償却費の計算も経理が行っています。固定資産管理は全て総務が行うべきという意見もでていますが、現実には不可能なようです。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qライセンス取得の経理処理について

市販ソフトと高額なCADソフトのライセンス取得について、経理処理が同じというのに疑問を感じたのでご相談します。

現在、市販のソフト及びCADソフトのライセンス料を支払手数料で処理されています。その根拠は、どちらもソフト代(物品)と見ているのではなくて、使用できる権利を買ったと考えておられるそうです。

しかし、CADソフトのライセンスは確かにものはなくインターネットで登録するだけのものなので、これから使用するのに掛かった登録手数料として、支払手数料でもいいと思います。
その反面、市販ソフトはパッケージの箱(CAD-ROM)が存在し、キット自体は数百円のものぐらいだと思いますが、それに数万のライセンス料(使用できる権利)が含まれていて、十数万の物品と見るべきかライセンスという権利手数料と見るべきか判断に悩んでいます。私は、事務消耗品費か雑費か少額資産あたりに該当するのではないかと思います。

みなさんは、どう経理処理されていますか?
また、基本的な考え方が記されているHPや税法が存在すれば、教えて下さい。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ソフトウェアのライセンスは会計上、無形固定資産に分類されます。

この無形固定資産の言葉の意味の説明ですが、
固定資産とは、長期間にわたって使用または利用される資産のことをいいます。
そして無形は、文字どおり姿かたちがないものを意味します。

無形固定資産とされるものの具体例として、特許権や商標権、営業権などのいわゆる法的な権利(ライセンス)が無形固定資産として処理されます。

これらと同様に、ソフトウェアのライセンスは、長期間にわたって使用される権利(ライセンス)であり、かつ、かたちがないものであるので、当然、無形固定資産として処理されます。

したがって、税務上は1つのライセンスあたりの単価が10万円までなら支払手数料でも消耗品費でも雑費でもかまいません。勘定科目はその会社の判断で行うのが基本です。支払手数料で処理されているのならそのやり方を変えてはいけません。

10万円を超えるものは無形固定資産のソフトウェアとして処理することになります。中小企業であれば、30万円未満であれば少額減価償却資産の特例を使うことができます。

ソフトウェアのライセンスは会計上、無形固定資産に分類されます。

この無形固定資産の言葉の意味の説明ですが、
固定資産とは、長期間にわたって使用または利用される資産のことをいいます。
そして無形は、文字どおり姿かたちがないものを意味します。

無形固定資産とされるものの具体例として、特許権や商標権、営業権などのいわゆる法的な権利(ライセンス)が無形固定資産として処理されます。

これらと同様に、ソフトウェアのライセンスは、長期間にわたって使用される権利(ライセンス)であり...続きを読む

Q減価償却 残存価額1円の『意味』と『取扱』

減価償却 残存価額1円の『意味』と『取扱』

意味は、備忘価額だと思っていたのですが、あってますでしょうか?
また、『取扱』ですが、1円はいつ償却するのでしょうか?
除売却や廃棄時のみなのでしょうか?

おぼろげな記憶で申し訳ないのですが、
以前、小額減価償却資産の年割りの時
http://www.nta.go.jp/taxanswer/hojin/5403.htm
>  また、取得価額が20万円未満の減価償却資産については、各事業年度ごとに、その全部又は一部の合計額を一括し、これを3年間で償却する一括償却資産の損金算入の規定を選択することができます。

最終年度では、差額で1円も償却したような記憶があります。
この規定と、減価償却では、1円の最終的な取扱が違うのでしょうか??

すこし混同しております。。
お詳しい方に、背景なども合わせて教えて頂けると非常に助かります。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

会計上(貸借対照表上)も税務上も償却性資産の残存価額 1円は、企業内にその資産が存在している限り、償却しません。
すなわち、備忘価額です。
除却や廃棄のように資産が存在しなくなったときに、オフバランスします。


一方、税務上の少額減価償却資産の一括償却資産の損金算入の規定では、残存価額 1円を残さず、全額を3年で償却します。


これは、3年後に必ず除却されるという仮定があるのでしょう。

過年度に一括償却を選択している場合には、その後の事業年度にも継続して一括償却の計算が実施されます。
このとき、3年を経過する前に譲渡もしくは除却等をし、資産が企業から存在しなくなった場合でも、一括償却計算を続けます。

ここに、一括償却を選択した段階で、3年で必ず除却することを仮定しており、必ず除却するという仮定の下での計算であるのだから、備忘価額は残さないのでしょう。

Q有形固定資産の棚卸表の作り方

こんにちは。

有形固定資産の棚卸をするのですが、この業務に経験がないために棚卸表の作り方がわかりません。
棚卸表の作り方を教えてください。

また、有形固定資産実地棚卸の手順についても、教えていただけませんでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

固定資産の多くは減価償却資産だと思いますが、個別に減価償却費を計算する目的で、一覧表もしくは台帳を作成しておられるかと思います。これを利用し、現物の確認できないですか?
さらに、少し手間はかかるかも知れませんが、今回棚卸をされる際に、配置場所をあわせて確認し、固定資産の配置図を作成されることをお奨めします。これを1度作成しておくと、どこの場所にどの固定資産が所在するかわかりますので、次回からの棚卸がスムーズにできる筈です。

Q資産棚卸の目的

こんにちは。

うちの会社では、毎年一回、PCやプリンタなどのIT機器の
棚卸をやっているのですが、そもそもこの棚卸の目的は
なんでしょうか?

棚卸を行う事によってどういうメリットがあるのでしょうか?
棚卸を行わないとどういうデメリットがあるのでしょうか?

基本的な質問ですみませんが、宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

>そもそもこの棚卸の目的はなんでしょうか?

企業会計
 ◯IT器機は、会社の資産です。
  資産が、壊れていて廃棄されていれば廃却(帳簿価格を減らします)し
  紛失していれば、その所在を探し見つかれば管理を厳重にします。
  つまり、帳簿上1000万円分の資産がある事になっているが、棚卸しをし
  てみると500万円分の資産しかないのであれば帳簿も500万円にしておか
  ないと、会社の本当の状況が掴めなくなります。

セキュリティ
 ◯会社の資産が盗まれていませんか
  会社の物は自分のもの、なんて不埒な従業員がいたり、小売店であれば
  店員が居ない間にIT器機が顧客を装う泥棒に盗まれていませんか。
  棚卸しをすると、従業員が盗もうとする場合、会社はいつも調べているん
  だと感じますので抑止力になります。盗まれた後に棚卸ししたのであって
  も、追跡調査でその部署の責任者を譴責する事により管理が厳重になります。
  あるべきIT器機が盗まれていては、無い事による人的、資金的損失が発生し
  ます。(代わりの器機を買ったり、外注に出したり・・・・)

税務
 ◯償却資産税
  http://www.tax.metro.tokyo.jp/shisan/shokyak_sis.html#sy_2
  償却資産には償却資産税が課税されます。
  つまり、1000万円の償却資産があるならば14万円の償却資産税を納付しな
  ければなりませんが、500万円の資産しかないのであれば7万円の納税とな
  ります。棚卸しをしていなければ帳簿に計上してある資産の償却資産税を
  納付しなければなりません。
  (帳簿は、会社が資産の存在を認めているとみなされます)
    ※上記償却資産税額は概数です。正確には上記URLに記載されている
     計算方法にて算出します。

一般的な企業であれば、棚卸しを実施する方がメリットがあります。

>そもそもこの棚卸の目的はなんでしょうか?

企業会計
 ◯IT器機は、会社の資産です。
  資産が、壊れていて廃棄されていれば廃却(帳簿価格を減らします)し
  紛失していれば、その所在を探し見つかれば管理を厳重にします。
  つまり、帳簿上1000万円分の資産がある事になっているが、棚卸しをし
  てみると500万円分の資産しかないのであれば帳簿も500万円にしておか
  ないと、会社の本当の状況が掴めなくなります。

セキュリティ
 ◯会社の資産が盗まれていませんか
  会社の物は...続きを読む

Q固定資産と減価償却資産、棚卸資産の違い

固定資産と減価償却資産、棚卸資産の違い?
いくら調べてもわかりません。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

まず固定資産と減価償却資産ですが、1年超の期間にわたって会社の事業のために使われる資産で、この中には有形のものと無形のものがあり、さらにそれぞれが減価償却するものとしないものに分けられ、固定資産のうち減価償却できるものが減価償却資産です。
有形固定資産は土地、建物など文字通り物体として形のあるもので、無形はソフトウエアなどのそれ自体は形として見えないものです。

有形の中で減価償却できないものの代表は土地で、できるものは建物や機械・装置などです。
無形では、ソフトウエアは減価償却できる代表的なもので、できないものでは電話加入権があります。
減価償却できないものというのは、理論上価値が減少しないとされているものですが、バブル崩壊後の実際では市場価値が減少しないとは限らないので、必ずしも理論どおりではありません。
できるもの、できないものの具体的な区分は税法の規定に拠るところがほとんどですので、規定で確認されるといいでしょう。

棚卸資産は固定資産とは根本的に異なるもので、例えばメーカーですと製品を製造するための部品や材料など製品を完成させるために消費される物品で、販売会社ですと、販売するために仕入れた商品がそれにあたります。通常1年以内には消費されるはずですから、そういう意味でも固定資産とは基本的に異なるものです。

まず固定資産と減価償却資産ですが、1年超の期間にわたって会社の事業のために使われる資産で、この中には有形のものと無形のものがあり、さらにそれぞれが減価償却するものとしないものに分けられ、固定資産のうち減価償却できるものが減価償却資産です。
有形固定資産は土地、建物など文字通り物体として形のあるもので、無形はソフトウエアなどのそれ自体は形として見えないものです。

有形の中で減価償却できないものの代表は土地で、できるものは建物や機械・装置などです。
無形では、ソフトウエアは減...続きを読む

Qシステム購入時の仕訳について

下記ような請求書からシステム購入の仕訳をしたいと思っています。
===================================
  ハードウェア        500万
  ソフトウェア         300万
  システム導入費用     200万
  ハードウェア保守パック 100万
  値引             100万
  請求額           1千万
====================================
  ハードウェアは[器具備品]、ソフトウェアは[ソフトウェア]の科目になると思うのですが、
  導入費用と保守パックはどういう扱いにすればよいのでしょうか?また値引の100万
  は器具備品、ソフトウェアの金額にどう反映すればよいのでしょうか?

  御教授お願いします。
  

Aベストアンサー

このうちでハードウェア保守パックは費用の前払的性格のもので他とは少し性格が違うように思います。

また全体で100万の値引きがありますがこれはそれぞれの元の金額から金額比で配分して値引きがあったものと考えます。

システム導入費用はその実際の作業の内容により判断し、ハードウェアとソフトウェアに配賦します。

たとえば見積もり工数などが出ているのならば、その工数比でハードとソフトに配分するなどです。それが出ていない場合は実際の作業記録をもらうなどをして、客観的な配分をされるのが良いと思います。

以上で値引きとシステム導入費用の配分をした後で、ハードウェアとソフトウェア、ハードウェア保守パックの3種類に分類して仕訳をします。
勘定科目はハードウェアは器具備品、ソフトウェアは無形固定資産に該当します。

この2つはどちらも適正な期間で減価償却をします。

ハードウェア保守パックは長期前払費用として、その保守の期間内で費用に振り替えていきます。

Q総務部の業務及び固定資産管理について

 ある学校に通うため、去年の夏に仕事を辞め、アルバイト生活を続け、今年1月から正社員の仕事を探し始め、無事に決まり、就職して2週間ほど経過します。

 総務部に配属されました。私は、総務部の仕事経験はありません。
そのことはもちろん面接でも話していますし、履歴書を見ても一目瞭然です。

 いろいろとやることがあり、社内のシステムの使用方法を勉強したりと、戸惑いながら2週間が経とうとしています。
エクセルやパワーポイントも自分では使えていると思い込んでいましたが、私のレベルでは使えているというレベルにはほど遠く、同僚の方々のレベルの高さに驚いています。社用車の管理なども私の担当なのですが、正直言ってまだ慣れません。
財務の社員が退職するにあたり、現時点で固定資産管理を行っている社員が財務部門に移ることになったらしく、私は固定資産の管理を4月から担当することになりました。初めてのことやわからないことだらけです。

総務部の仕事経験のある方、或いは固定資産の管理経験のある方、何かアドバイスいただけたら幸いです。経験談などでも結構です。どうぞよろしくお願いいたします。

 ある学校に通うため、去年の夏に仕事を辞め、アルバイト生活を続け、今年1月から正社員の仕事を探し始め、無事に決まり、就職して2週間ほど経過します。

 総務部に配属されました。私は、総務部の仕事経験はありません。
そのことはもちろん面接でも話していますし、履歴書を見ても一目瞭然です。

 いろいろとやることがあり、社内のシステムの使用方法を勉強したりと、戸惑いながら2週間が経とうとしています。
エクセルやパワーポイントも自分では使えていると思い込んでいましたが、私のレベルでは使えて...続きを読む

Aベストアンサー

まずは、あなたの勤める会社がどんな業種なのか、そしてその規模?によって内容が大きく変わってきますが、ここでは、一般的なことしか賭けません。

<総務の仕事:沢山あります>
1.官公庁の対応やその手続き:市役所、消防署、社会保険事務所、労働監督署などです。
2.固定資産の管理:設備や不動産など、簿価の高いものの維持とその現価の把握
3.場合によっては、人事管理も総務に入れる会社もあります。

細かく羅列すると沢山ありますので、まずは書店で、関連する書籍の目次を開いて、自分がその中のどこの部分を任され、
自分のやっている仕事が、何に生かされるのか、調べてください。

固定資産の管理は、維持管理して、簿価を決め、最終的に、会社の貸借対照表に資産の部として計上されることになる
ので、固定資産(所有する土地、建物、機械設備など)の一覧を把握して、現状、どうなっているのか、今後どうしたいのか、
聞かれたら分かるように整理しておいたら良いのではないかと思います。

恥ずかしがらないで、怒られてばかりいても、最初はそこから始まるのだから、聞ける先輩いたら、教えてもらうのが一番
ですが・・・・

つまらない回答ですいませんね。頑張ってください。

まずは、あなたの勤める会社がどんな業種なのか、そしてその規模?によって内容が大きく変わってきますが、ここでは、一般的なことしか賭けません。

<総務の仕事:沢山あります>
1.官公庁の対応やその手続き:市役所、消防署、社会保険事務所、労働監督署などです。
2.固定資産の管理:設備や不動産など、簿価の高いものの維持とその現価の把握
3.場合によっては、人事管理も総務に入れる会社もあります。

細かく羅列すると沢山ありますので、まずは書店で、関連する書籍の目次を開いて、自分がその中のどこの部分...続きを読む

Q固定資産の移設工事代について

固定資産の移設の処理について、教えてください。

工場を移転するので、ある製造機械を移設しました。

旧工場での ラインの解体工事  200万
固定資産の運送費  100万
新工場でのライン設置工事(配管等を含む) 300万

この機械自体には改良を加えておらず、機能はUpしておりません。

移設にかかった工事代として、1つの固定資産にしてよいでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

その機械の移設が「集中生産のための移設」であるかどうかにより判断が分かれます。

単なる工場移転に伴う移設であれば、修繕費等の費用処理ができます。
生産効率を上げる目的(集中生産のため)の移設のときは資本的支出として固定資産とします。

ご質問の内容では上記のどちらに該当するのか判断できませんので両方を併記します。

また、下記のサイトが参考になると思います。
http://amano-z.com/hj/jitumukouza/Ce.htm#4
http://www.tabisland.ne.jp/explain/zeichosa/zchs_104.htm

Q固定資産物の棚卸

中小企業で働いています。
最近やっといろんな業務がそれなりの部門で成り立つようになり、今まで本当に適当になっていた資産の棚卸が、今年から『棚卸』というものが経理立会いのもと行われることになりました。
現在、総務、IT(パソコンが絡むため)、経理とそれぞれの部門が棚卸の押し付け合いになっています。
本来、法律的には固定資産の棚卸とは、誰(どの部門)が、どのように、何を決め、誰が何の決裁権限がある、誰がどのように棚卸するといった、法律や具体的な決められた方法とういのはあるのでしょうか?

Aベストアンサー

固定資産物との質問ですが、これは貴企業の事業とし

て取扱っている商品と仮定してアドバイスします。


棚卸しは通常、直接この商品の出し入れに関わってい

る部署(事業部・倉庫係・営業係等)が、貴企業の監査

役(監事)立ち会いの上で行ないます。


この棚卸しに当たっては、事前に担当部署に於いて、

棚卸表(品名・数量・単価を記載した一覧表)を作成し

ておき、監査役がその棚卸表により商品現物の棚確認

をし、棚卸表に確認印を押印し棚卸商品を確定しま

す。


これは蛇足になるかもしれませんが、固定資産とは、

その企業団体が、事業を推進するのに必要とする、資

産で土地・建物・機械器具・工具備品・車輌運搬具・

PCはじめ事務用具等をいい、土地以外の固定資産は、

毎年度決算時に、法定の耐用年数を基にして定率償却

し、その年度の損金算入としますます。

Q前年比の%の計算式を教えてください

例えば前年比115%とかよくいいますよね?

その計算の仕方が分かりません・・・
例えば 前年度の売り上げ2.301.452円
    今年度の売り上げ2.756.553円
の場合前年比何%アップになるのでしょうか?計算式とその答えを
解りやすく教えて下さい・・・
バカな質問でゴメンなさい(><)

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 
(今年の売上÷前年の売上×100)-100=19.8%の売上増加

 


人気Q&Aランキング