【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

私の家は会社をやっております。
祖父は会長職に就いており、祖母の弟が社長で、父が副社長をしております。
筆頭株主Aが40% 私の家が20% 社長5%持っております。
株主総会(非公開)にて、突然社長が息子にそのまま会社を継がせたいために、祖父・父を追い出しにかかりました。賛成は得られなかったのですが。
筆頭株主の姉の夫でもある為、40%の株を奪う事もでき、45%にして筆頭株主になり、追い出す計画のようで・・・。
(Aはとてもきの弱い方で、社長の人格の酷さは知ってはいるのですが、親戚同士そこまでしないよと本気で思っている為、危機感がまったくなく、この株の件もさほど重要と思っていないような・・・。
その為、言われたらそのまま譲ってしまいそうだった為に、祖父はせめてどちらにもつかずにいてくれと
頼んでのですが・・・。)
どうにか対策があれば教えて頂ければ、幸いです。
公的文章等で筆頭株主であるAの株をどちらにも譲らない等ができればと思っているのですが。
後、こういった問題に強い弁護士さんがいれば(大阪・京都・滋賀)教えて下さい。
長々と書いてしまいましたが、宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

まず持分の合計が100になりません。


また筆頭株主であろうと、過半数には達していませんので、
「追い出す」うんぬんの話にはすぐになりません。

>公的文章等で筆頭株主であるAの株をどちらにも譲らない等
これは通らない話です。
譲る、譲らないではなく、筆頭のAさんがどちらに味方するか
の問題です。

すべてはAのお気持ちひとつではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返答ありがとうございました。
やはり、文章等での話は通らない話なんですね。
Aさんを説得していこうと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2006/08/20 01:12

>公的文章等で筆頭株主であるAの株をどちらにも譲らない等ができればと思っているのですが。



Aさんの財産権を侵害するようなことはできません。規約で株式の売買を許可制にしているケースはありますが、会社が敵に手にあるならどうにもなりません。のっとりの対抗策は株式の過半数の確保につきます。Aさんを説得して見方にする、もしくはAさんの株式を買い取る、残りの株式を買い取る(残りの株主の支持を得る)しかないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返答ありがとうございます。
Aさんの財産権を侵害することになるのですね。
Aさんと私の家は今まで良い関係が築けていたので、
何とか乗っ取りが本当であることを気付いてもらい
父が継ぎ、その次が社長の息子にという順序で(今までは父が継ぎ、社長の息子が次に継ぐということで話がまとまっておりました。父も順序はそれでいいと、社長職を引退した後は、必ず譲ると断言していたのです。)
せめて最初の通りにすることが妥当だと思ってもらえるよう頑張って説得していきたいと思います。

ありがとうございました。

お礼日時:2006/08/20 01:43

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q会社経営 乗っ取り 社長

会社設立を検討しております。 ただ、自分はかなりの前ですが、過去によくない歴史があり会社組織に名前を入れたくありません。
そこで社長を新たに立てて、借入してやろうと思ってます。
またもうひとつ理由があり、自分以外が経理をやることになるので、
横領の心配があります。 こうすると社長が会社の金を取ると自分の首を絞めることになるので これが安心と考えます。

ただし、こうすると社長に万が一裏切られると会社自体乗っ取られて
しまう可能性があります。(というか社長の会社なのですが)

名前だけの社長を建て、乗っ取りを防止し
自分が税務的に問題なくその会社の利益を得るにはどうしたら良いでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは  #1です。
補足ありがとうございます。

既に個人事業を行っており、その事業を拡大したいので法人化するという前提で回答致します。
ご自身に訳があって、表面に出ることが出来ない。更に法人化するための借金もご自身の名義では不可能だ、ということであれば、懸念されているような事態は当然考えられます。

そして、事業の主体が質問者様ご自身であっても、名前を出せないのであれば、質問者様が個人的に何らかの形で事業利益を得ることは不可能です。
事業の運営でも、出資でも名前が出ない状態になりますので、合法的に分け前を要求することはできません。

尚、会社が買収されるときの買収価格の決め方には、いくつかの方法がありますが、
一般的に小さな会社の場合は、純資産法といって、その会社の純資産額を基準として買収価格を決める方法による場合が多いそうです。

Q社長が個人の出費を経費でおとします

社員10名程度の株式会社です。経理は社長と奥さんが行っています。
社長のクレジットカード、携帯代、奥さんの車のガソリン代(会社には自転車で来ます)などを経費で落としています。
社長のクレジットカードの明細には、夫婦で食事したものや百貨店での買い物(たぶん、洋服やバッグ)、個人持ちのパソコンなどがぎっしり。

経営状況は決して良いとはいえません。(赤字です)そのため、社員のボーナスはなし。昇給もなし。無理めな売上目標を設定されています。

こんなことって許されるのでしょうか?
法的?に許されない場合は直訴しようと思ってるのですが・・・

Aベストアンサー

法的解釈からだとおっしゃる気持ちはわかるのですが、質問者さまの会社は株式会社とはいえ個人経営の店と一緒の状態だと思います。社長と奥さんはまず会社を作る段階でお金を出しているわけです。その後も運転資金等でお金を工面したりして、社員10名の会社を守っている人なわけです。その資金繰りの部分なのですが、金融機関とお付き合いしていく中で、法人とは言え保障は個人補償なわけで、その基準は代表者に資産がいくらあるかとかで計算されています。つまり、代表者(というか個人補償している人)がたくさんお金(資産)を持っているほうが都合が良いということになるわけです。なので会社経費として落とし、なるべく自分のお金を使わないほう金融機関とのやりとり上、都合が良くなる。そういうケースに当てはまるのかな、と。
実際その中身は様々なんでしょうが、それは他人の家の財布を除くのと同じ行為ですので、慎むべき部分です。
泣き寝入りしろというわけではなく、質問者様の会社は株式とはいえ、社長と奥さんが借金をすることによってまかなわれいる。ということは理解してください。
その上で、もう少し私達のことも考えて下さいと言うことはお互い立場を考えてのことと言えるので悪いことではないと思います。
(いろんなケースがあるので一概には言えませんが、経営者の財産(あえて財産という言葉を使っています)は目減りし、従業員の財産は増えているなんていう会社はたくさんあると思います。最終的に経営者もお金が欲しくてやっているので、その辺を考慮し、ストレートに気持ちをぶつけるのではなく立場を理解した上で話をしたほうがよいと思います。)

法的解釈からだとおっしゃる気持ちはわかるのですが、質問者さまの会社は株式会社とはいえ個人経営の店と一緒の状態だと思います。社長と奥さんはまず会社を作る段階でお金を出しているわけです。その後も運転資金等でお金を工面したりして、社員10名の会社を守っている人なわけです。その資金繰りの部分なのですが、金融機関とお付き合いしていく中で、法人とは言え保障は個人補償なわけで、その基準は代表者に資産がいくらあるかとかで計算されています。つまり、代表者(というか個人補償している人)がたくさ...続きを読む

Q社員全員で会社を辞めようと思ってます。社長は毎日遊んでます。

入社して3年。会社も設立して3年半しか経ってません。2年目位からでしょうか、元請けの会社の営業力が凄まじく当社の売り上げも2倍に跳ね上がりました。その勢いをもって私は使用人件役員の立場になり会社の為に頑張ってきました。現在社員20名位の零細企業ですが、昨年の年商が1億5千万位です。イスの上に座ってるだけで月200万程のお金が入ってくる社長・・・。会社にも出てきません。まぁどこにでもある話でしょうが、社員全員これからの自分の将来に対し付いて行ける人じゃないと確信してます。社員から個人的に借金を背負ってる社長ですが、毎月最低金額しか払わず、「ポケットマネーから、飲み屋をやる」といってやるわ、「馬主になる」と牧場周りしてます。全く今の仕事に対し何一つ活動してません。会社の方針や夜の遅い仕事に意見した者には「気にいらねー」ともっともらしい言葉をならべて、何も変わりません。ここでは書ききれないほどの事がたくさんあります。お金は人を変えてしまう・・・自分一人で今があると思ってるのです。本題に入りますが、社員全員で会社を辞めようと考えています。間に弁護士を入れて、水面下で動こうと思ってます。ただ今の会社に残りたい人間を引き抜くつもりはありません。個人的な考えではなく皆同じ意見なのです。僕らがやろうとしていることは無理なことでしょうか?問題が色々ありますか?しかも使用人件役員の私が、このような形で辞めるのは難しいでしょうか? 何か意見をお持ちの方よろしくお願いします。

入社して3年。会社も設立して3年半しか経ってません。2年目位からでしょうか、元請けの会社の営業力が凄まじく当社の売り上げも2倍に跳ね上がりました。その勢いをもって私は使用人件役員の立場になり会社の為に頑張ってきました。現在社員20名位の零細企業ですが、昨年の年商が1億5千万位です。イスの上に座ってるだけで月200万程のお金が入ってくる社長・・・。会社にも出てきません。まぁどこにでもある話でしょうが、社員全員これからの自分の将来に対し付いて行ける人じゃないと確信してます。社員から個人...続きを読む

Aベストアンサー

まずは、社員全員を引き連れて会社を辞めたいということについて

お気持ちは理解できなくもないですが、
やろうとしておられる行動は賛同できるものではありません。

気に入らない社長にギャフンと言わせたい(あ、かなり古い表現ですかね)というだけなら、
社員に対し「気にいらねー」ともっともらしい言葉を並べる社長と全く変わりませんよ。
気に入らない人と同じことをやるのは、あなたにとって耐えられることですか?

それと行動を起こすことであなたにメリットはありますか?
感情的にスッキリするってだけなら(私ならスッキリしないですが)、
デメリットの方が大きいと思いますよ。
一度ご自身でメリットデメリットは表に書いてみてください。
人を攻撃するって必ずデメリットが起きますよ。

正義のためになんて思っていたら周囲から裏切られます。
皆さんの回答を読んでいて分かると思いますが、
あなたと意見を同じくする人はあまりいませんね?
これが周囲の反応です。
それと同じく社員20人もあなたに賛同する人はあまりいない可能性は高いです。


というわけで、謀反は止められた方がよろしいかと思います。


話は変わって、退職されるのは特に問題ないと思います。
一緒に仕事をしたくない社長なら離れましょう。
それに同調して他の社員の方が辞めるのも個人の自由です。

※ただ貴方が先導するのは慎しむべきです。

まずは、社員全員を引き連れて会社を辞めたいということについて

お気持ちは理解できなくもないですが、
やろうとしておられる行動は賛同できるものではありません。

気に入らない社長にギャフンと言わせたい(あ、かなり古い表現ですかね)というだけなら、
社員に対し「気にいらねー」ともっともらしい言葉を並べる社長と全く変わりませんよ。
気に入らない人と同じことをやるのは、あなたにとって耐えられることですか?

それと行動を起こすことであなたにメリットはありますか?
感情的にスッキ...続きを読む

Q代表取締役と取締役の違いは具体的にどんなところなんでしょうか?

非常に初歩的な質問ですみません。代表取締役と一般の取締役と具体的にどんなところが違うのでしょうか?(権限や責任など) また一般的に言う役員=取締役と考えていいのですか? それから役員と執行役員の違いはどこなんでしょうか?(権限や責任)今さら人に聞けないので教えてください。

Aベストアンサー

>代表取締役と一般の取締役と具体的にどんなところが違うのでしょうか?

代表取締役は、その名の通り会社を代表する事ができます。つまり対外的
に会社を代表します。(社内的には、社長が会社を代表する場合もあれば
会長が会社を代表する場合があります)
会社の代表として、自分の意思で契約などをする事ができます。
それに対して、取締役は会社の最高機関である取締役会の構成要員です。
よって会社の方向性の決定や、取締役として任された一部の仕事を行いま
すが、契約などを自分だけの意思で行う事はできません。

>一般的に言う役員=取締役と考えていいのですか?

一般的には、役員=取締役です。最近は執行役員も役員と表記する場合が
ありますので注意が必要です。

>それから役員と執行役員の違いはどこなんでしょうか?

取締役会の構成メンバーが取締役です。取締役会は会社の経営・執行を
統括する機関ですから、会社の全てを掌握します。よって構成メンバー
である取締役は”経営者”という事になります。
それに対し執行役員は、与えられた業務を執行する責任者です。
また執行役員は従業員であり経営者ではありません。

社長・副社長・専務・常務(+会長)が取締役で、その下が執行役員で
ある場合が多いと思います。
しかし、社長が執行役員であっても問題はありませんので、別途取締役
会があり社長と代表取締役が別であっても問題はありません。

>代表取締役と一般の取締役と具体的にどんなところが違うのでしょうか?

代表取締役は、その名の通り会社を代表する事ができます。つまり対外的
に会社を代表します。(社内的には、社長が会社を代表する場合もあれば
会長が会社を代表する場合があります)
会社の代表として、自分の意思で契約などをする事ができます。
それに対して、取締役は会社の最高機関である取締役会の構成要員です。
よって会社の方向性の決定や、取締役として任された一部の仕事を行いま
すが、契約などを自分だけの意思で行う...続きを読む

Q社長を退任に追い込むには

社長を合法的に退任に追い込む方法をご教授下さい。

【背景】
・従業員の意見を聞こうとするも結果、必ずトップダウン。
・頑張っている従業員に対しても、自分の好き嫌いだけでしか評価しない。
・全従業員のモチベーションがダウン
・退職者の90%の退職理由が社長の存在
・社長の存在があるからこその売上や利益は殆どない(10%未満)
・取引先との重鎮の付き合いが、ない(むしろ人見知りする)
・経営能力がなく財務諸表もみられない
・技術屋出身ながら、会社の伝統を支えた経緯はない
(会社の未来を創った開発経験などは皆無)
・そもそも社長選出された理由は、社歴のみ(就任から1年)
(創始者(先代社長)は、若くして他界した為)
・持株については、従業員持株よりも低く全株式の10%未満(第5位)
・同族輩出でなく「たたき上げ」である。(その為会社が危機に
瀕した時は、早々に逃げ出す腹づもりが言葉の片鱗に見え隠れ)
・小心者で責任を取らなければならないケースになると謝罪でしか
解決できない無能ぶり
・従業員が主役となりうる会社行事でも口出しを欠かさない。要は、”任せる”という事を
絶対にしない、させない。(要は、社長の器でなくいわゆる営業部長的タイプで懐の深さがない)
【情報】
・業種は、IT 従業員は、80名 資本金は5000万円

以上の背景と情報より退任に追い込む方法をご教授願います。

社長を合法的に退任に追い込む方法をご教授下さい。

【背景】
・従業員の意見を聞こうとするも結果、必ずトップダウン。
・頑張っている従業員に対しても、自分の好き嫌いだけでしか評価しない。
・全従業員のモチベーションがダウン
・退職者の90%の退職理由が社長の存在
・社長の存在があるからこその売上や利益は殆どない(10%未満)
・取引先との重鎮の付き合いが、ない(むしろ人見知りする)
・経営能力がなく財務諸表もみられない
・技術屋出身ながら、会社の伝統を支えた経緯はない
(会...続きを読む

Aベストアンサー

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C2%E5%C9%BD%BC%E8%C4%F9%CC%F2

取締役会で代表取締役の解任が第一ステップです。
サイトをご覧下さい。

Qパーセントの計算がまったく出来ません…

本当にお恥ずかしいのですが、パーセントの計算方法を教えて下さい。

お店のバーゲンセールなどでよく「50%オフ」「45%オフ」といった表示を見ます。50%は半分ということは「感覚」でわかるので、定価が2000円ならその50%オフは1000円ですし、1500円なら750円と計算が出来ます。
ですが、たとえば75%オフだとか、44%オフだとか、80%オフだとか、そういう中途半端(?)な数の場合、さっぱりわからないのです。テレビなんかでバーゲンセールを取材している様子を見るとリポーターの女性なんかが「定価が○○円で、65%オフ!?ということは○○円ですね!?」などとパッと暗算で計算しているのを見るととても驚きます。

暗算とまではいかなくても計算機(ケータイにもその機能はありますし)があればいいので、どういう計算式でその%オフされた数字を出すのか教えて下さい。

また、今のバイト先で、商品の売り上げ目標というのを作るのですが、先輩たちのミーティングを見ていると「目標○○万円でしたが、××円しか売り上げがなく、△△%の達成率となってしまいました」と報告をしているのですが、この場合もどのような計算式で計算しているのでしょうか?

消費税を出す場合につきましても教えて頂きたいのですが、今現在の税率は5%で、その計算をする場合は「定価×1.05」で出ますよね。なぜ、1.05をかけるのかわからないのです。

本当にお恥ずかしいのですが、どうか教えてください。まったくわからないので、出来る限り丁寧で細かい説明をして頂けると本当に助かります。よろしくお願いいたします。

本当にお恥ずかしいのですが、パーセントの計算方法を教えて下さい。

お店のバーゲンセールなどでよく「50%オフ」「45%オフ」といった表示を見ます。50%は半分ということは「感覚」でわかるので、定価が2000円ならその50%オフは1000円ですし、1500円なら750円と計算が出来ます。
ですが、たとえば75%オフだとか、44%オフだとか、80%オフだとか、そういう中途半端(?)な数の場合、さっぱりわからないのです。テレビなんかでバーゲンセールを取材している様子を見るとリポーターの女性なんかが「定価が○○...続きを読む

Aベストアンサー

丁寧で細かい説明が希望とのことなので、ちょっと長くなりますが書いてみます。
数学的には無駄の多い説明ですが、分かりやすく説明したつもりですので読んでみてください。

1000円の50%は500円、30%は300円であることは分かりますね?
これは以下計算をしていることになります。
 1000×(50÷100)=500
 1000×(30÷100)=300
●%ってのは●÷100のことです。
で、▲円の●%を求める場合、▲×(●÷100)で計算します。

次、1000円の30%オフって場合ですが、「オフ」=値引きです。
つまり、1000円の30%分を値引きします、ということですよね。
だから、元の値段1000円から1000円の30%分である300円を引いた
残りである700円が答えです。
でもそれを計算するのは面倒なので、ちょっとテクニックがあります。
30%オフということは、元の値段の70%分を求めればよいと考えます。
つまり、1000円の70%なので700円、となります。
ここまではいいですか?

次、達成率の計算ですが、、
目標100万円に対して売り上げも100万円だったら達成率は100%なのは
感覚的に分かりますよね?
つまり、達成率=(実際の値÷目標値)です。
%で表現する場合はこれに100を掛けます。(●%=●÷100だから)
たとえば目標50万円で売り上げ35万であれば35÷50×100なので70%になります。

最後、消費税。前述のオフとは逆で、消費税5%分を上乗せする、と考えます。
つまり、税抜き●円であれば、●円と●円の5%を足した金額が税込み金額です。
式にすると●+(●×5÷100)です。
これが基本ですが、先程のオフの計算のテクニックと同じ考え方が適用できます。
5%上乗せした額ってことは、元の値段の105%分を求めればよいと考えます。
ですから●×(105÷100)です。
ここで出てくる(105÷100)は1.05ですよね。
つまり、元の値段●に1.05を掛ければよいのです。

おまけ。暗算を早くするためのテクニック初級編として3つだけ書いておきます。
1.計算式に掛け算と割り算しかない場合、もしくは足し算と引き算しかない場合、
  順番を無視しても答えは一緒です。
  上の例でいくと35÷50×100は35×100÷50でも答えは一緒です。
  で、100÷50を先に計算して、それに35を掛けます。
  これならすぐに暗算できますね。

2.割り算の場合、前後の数字に同じ値を掛け算しても答えは一緒です。
  たとえば35÷50であれば、前後に2を掛けて(35×2)÷(50×2)でも
  答えは一緒です。
  35÷50の暗算は一瞬悩むけど、70÷100なら簡単ですよね。

3.掛け算の場合、前後の数字を分解して細かく掛け算しても答えは一緒です。
  たとえば25×32を計算する場合、32は4×8なので25×4×8を計算しても
  答えは一緒です。
  25×4は100、100×8で800ということで25×32=800です。
  これなら暗算できそうですよね。

丁寧で細かい説明が希望とのことなので、ちょっと長くなりますが書いてみます。
数学的には無駄の多い説明ですが、分かりやすく説明したつもりですので読んでみてください。

1000円の50%は500円、30%は300円であることは分かりますね?
これは以下計算をしていることになります。
 1000×(50÷100)=500
 1000×(30÷100)=300
●%ってのは●÷100のことです。
で、▲円の●%を求める場合、▲×(●÷100)で計算します。

次、1000円の30%オフって場...続きを読む

Q大株主はそんなに強いのか?

大株主はそんなに強いのか?

私は会社経営の事などは良く分かりません。

先日、友人の会社の大株主(社長は別にいます)の話しをしていた時に

「株主が社長を解雇すると言ったら会社がどんなに実績・利益があっても
社長を解雇する事が出来る」

と言うのです。友人の会社は現社長(大株主は前社長)になってから売上も
徐々に上がって来ているそうなのですが・・・

ちなみに、他の株主は会社には出入りしていないので、現社長になってからの
頑張りなどは見ていないし、前社長にかなり好意(?)を持っているそうです。

売上さえ伸ばしていても解雇など出来るのでしょうか?

なんだか、不当解雇の様な気がしてなりません・・・

前社長(大株主)と現社長はものすごく経営方針を巡って仲が悪いらしいです。

友人は解雇後、前社長がもう一度社長の座に入ったら確実に会社は潰れるだろう。
とボヤいていました。(前社長の考え方は昭和初期いわゆる古い考え方らしいです)

潰れると分かっているのに、大株主(他の株主)の一言で現社長を解雇する事は
出来るのですか?
(ちなみに解雇理由は現社長のやり方が気に食わないからなのだそうです)

友人は結婚し、家も買い、子供も産まれ幸せそうにしているのに今から失業する事を
考えると可哀そうでなりません・・・

大株主ってそんなに偉いんですか?また、それを阻止する方法はないのですか?

大株主はそんなに強いのか?

私は会社経営の事などは良く分かりません。

先日、友人の会社の大株主(社長は別にいます)の話しをしていた時に

「株主が社長を解雇すると言ったら会社がどんなに実績・利益があっても
社長を解雇する事が出来る」

と言うのです。友人の会社は現社長(大株主は前社長)になってから売上も
徐々に上がって来ているそうなのですが・・・

ちなみに、他の株主は会社には出入りしていないので、現社長になってからの
頑張りなどは見ていないし、前社長にかなり好意(?)を持っている...続きを読む

Aベストアンサー

「社長」というのは会社に雇用されているのではありません。会社の運営を「委託」されているのです。「雇用」ではありませんからやめさせるのは「解雇」ではありません。委託契約を打ち切るということです。
「もうお宅からは買わないよ。」とか「もうお宅の携帯は使わないよ。」とか「プロバイダーはお宅をやめてよそにするよ。」と言うのと同じで、「もうお宅には頼まないよ。」と言うだけなのです。従って「不当解雇」にはあたりません。

雇用されているわけではなく委託されているのですが、では誰が経営を委託しているかというと、それは株主総会なのです。「誰に会社経営を委託するか」は株主総会で「多数決」で決まります。ただし、ここでいう「多数決」というのは人数の多い少ないではありません。持っている株式の多い少ないなのです。

株式と言うのは会社にお金を出したということです。たとえば1株が1万円だったとします。10株持っている人はその会社に10万円投資したということです。1000株持っている人は、その会社に1000万円も投資しているのです。10万円しか出さない人と1千万円出した人の発言権が同じだというのは不公平ですよね。ですから、たとえば1株につき1票の投票権を持ちます。ですから10株持っている人は株主総会で10票の投票ができますし、1千株持っている人は1千票の投票ができるわけです。

ある会社で10株持っている株主が100人いて、2千株持っている株主が1人いたとします。10株持っている人は10万円を出した人です。100人で1千万円を出しています。もう一人の株主は1人で2千万円を出しています。会社が倒産してしまうとその2千万はゴミになってしまいます。でも10万円しか出していない人は、会社が倒産しても10万円を損するだけです。
人数割りで多数決にすると、会社のお金の3分の2を出している人の意見はかき消されてしまいます。これは不合理です。ですから、株式数によって投票数が決まるようになっているのです。

2千株を持っている大株主は、株式数による多数決を行うと、絶対的な多数を持っているわけですから、社長との委託契約に関して「お宅とはもう契約しないよ。」と言うことができるわけです。

「社長」というのは会社に雇用されているのではありません。会社の運営を「委託」されているのです。「雇用」ではありませんからやめさせるのは「解雇」ではありません。委託契約を打ち切るということです。
「もうお宅からは買わないよ。」とか「もうお宅の携帯は使わないよ。」とか「プロバイダーはお宅をやめてよそにするよ。」と言うのと同じで、「もうお宅には頼まないよ。」と言うだけなのです。従って「不当解雇」にはあたりません。

雇用されているわけではなく委託されているのですが、では誰が経営を委...続きを読む

Q有限会社株式を無断で名義変更されました

はじめて質問します。

義理の姉が私名義の株式(有限会社)を勝手に自分とその家族名義に変更しているのがわかりました。

元々 私の嫁の親が会社を経営していたのですが、社長をしていた父親が亡くなった際、事情があり別の有限会社を設立し、私が社長となり新たな会社でスタートすることになりました。
会社の株式はすべて私の名義です。
元の会社から引き継いだ借金の返済など苦労があった中、会社も軌道に乗り借金の目途がついてきた時に、突然 義理の姉(妻の姉)と義母が後は私たちがやるから社長を外れろと持ち出してきて、結局 無理やり自宅兼事務所にしていたマンションを追い出され 名ばかりながら取締役をしていた妻もおろされてしまいました。

役員に入っていた義母が、昔からのコネや会計士への影響力を持っており対応策も考えたのですが、泥沼でもめたくないこともありそのままで、その後3年くらい音信不通の状態が続きました。

事情があって、最近義母と連絡を取るようになり、会社の状況を調べてみてびっくり、全株私名義であったはずの株式の名義が勝手に変更されていました。
私の占有が30%で、残りを義理の姉とその家族の名義になっていました。
(現在は義理の姉が社長になり会社を取り仕切っています)

一旦家族間の泥沼を回避するためにあきらめていたことですが、一番苦しい時をしのいだ私と妻のことをないがしろにし、会社をほぼやくざまがいの手口で取り上げ、挙句に無断で株式を奪うやり方には はらわたが煮えくりかえってどうしようもありません。

法律的には窃盗となりますよね。
近日中に弁護士に相談して対策を練ろうと思っておりますが、どのような手段を取るのがベストなやり方なのでしょうか。

以前はトラブルにしたくない一心でしたが、今は裁判になろうと徹底的に対抗しようと思っております。最低限 株式の名義を戻させ、身勝手な義理の姉と義母に正当な謝罪をさせたいと思っています。

良いお知恵があればぜひご教示いただけないでしょうか。
よろしくお願いいたします。

はじめて質問します。

義理の姉が私名義の株式(有限会社)を勝手に自分とその家族名義に変更しているのがわかりました。

元々 私の嫁の親が会社を経営していたのですが、社長をしていた父親が亡くなった際、事情があり別の有限会社を設立し、私が社長となり新たな会社でスタートすることになりました。
会社の株式はすべて私の名義です。
元の会社から引き継いだ借金の返済など苦労があった中、会社も軌道に乗り借金の目途がついてきた時に、突然 義理の姉(妻の姉)と義母が後は私たちがやるから社長...続きを読む

Aベストアンサー

質問者さんがどうしたいか?次第ですが・・・。

基本的には、刑法,民法,会社法 等に違反する行為なので、その被害者である質問者さんは、刑事,民事の手続きが可能です。
円満に決着するのであれば、民事手続きのみで決着するのが一般的です。
逆に、民事手続きで円満に決着しそうに無い場合は、刑事手続きを絡めることになるかと思います。

言い換えますと、刑事手続きをする場合、当然、民事賠償等も要求して行くことになる場合が殆どですから、民事的解決は単体も有り得ますが、刑事手続きする場合は「民事とセット」とお考えになれば良いかと思います。

ただ、いずれにせよ「証拠」がモノを言う領域ですから、そもそもは質問者さんらの名義であったことと、質問者さんらが知らないところで、勝手に株主名義を変更された点を、立証できることが大前提です。

また、ご存知の通り警察は、「民事不介入」の原則があり、やや「民事で解決が出来そうなことは、なるべく民事で解決してはどうか?」と言う立場,姿勢で、更に刑法違反の多くは、犯罪構成要件に「故意」が求められます。
すなわち、義姉さん側が「故意ではない(手続き上の間違いやミスである)」などと主張した場合、犯罪を構成しない可能性がありますので、警察としても「民事で解決したら?」と言う方向になる可能性が考えられます。

従い、まずは民事で「当事者間での解決」を図るのが、一般的な流れでしょう。
たとえば、質問者さんが「株式を不正に名義変更した疑い」で、臨時株主総会の開催を要請し、それに応じない場合は、「民事と刑事で問題解決を図る」などまでを記載した書面を送付して、「相手方の反応を見る」と言うプロセスを経る必要があるかと思います。

そこで相手方が「ごめん!」とか、少なくとも総会の開催に合意するなら、民事的な解決の芽が出てきますが、「アナタはもう株主では無いので、発言権は無い」とか、無視するなら、故意,悪意が確認されると言う具合です。
刑事告発までを示唆して、そう言う態度を取るのは、かなり悪質な上、ちょっとオツムが足りませんから、争ったら勝てるでしょう。

なぜオツムが足りないか?と言いますと、不正な手続きで株主名義変更を行った場合、株主名義は元に戻すか、それなりの金額で売買するのは当然として。
民事解決にも損害賠償(受取配当金部分など)や慰謝料を要しますし。
実刑判決になるかまでは判りませんが、そう言う可能性も皆無ではありません。

尚、証拠化と言う観点からは、書面などを送達する前に、相手が油断しているであろう状態で、「株主名義を勝手に変更したでしょ?」などと会話して、その会話を録音しておくのも有効な手段かと思います。

後は、上述した様なことを、弁護士などに相談しながらやっても良いですし。
綿密に作戦を立て、証拠重視でやれば、弁護士不要の「調停」などでも、充分に解決が可能とは思います。

いずれにしましても、裁判や刑事手続きにおいては、自分なりには「人事を尽くす」ことと、その方向性が法的に正しいことが「必勝法」です。

質問者さんがどうしたいか?次第ですが・・・。

基本的には、刑法,民法,会社法 等に違反する行為なので、その被害者である質問者さんは、刑事,民事の手続きが可能です。
円満に決着するのであれば、民事手続きのみで決着するのが一般的です。
逆に、民事手続きで円満に決着しそうに無い場合は、刑事手続きを絡めることになるかと思います。

言い換えますと、刑事手続きをする場合、当然、民事賠償等も要求して行くことになる場合が殆どですから、民事的解決は単体も有り得ますが、刑事手続きする場合は「民事...続きを読む


人気Q&Aランキング