メールで海外の友人とやりとりをしています。
メッセージの最後に、xoxo-名前やLove-名前を付けます。
いままでは何も考えないで付けていたので教えてください。
xoxoやloveの意味は存じていますが、どういう関係の友人に使うのか知りません。
恋愛感情のない異性に、LOVEやXOXOを付けて送ると勘違いされたりしないでしょうか?
私はこの他にあまり知らないのでその他、他のパターンも教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

友人にたいしてのメールでLOVEは皆さんが言っているようにちょっともんだいありです。



XOXOはラブアンドピースのことでXがラブOがピース
これを文末の閉めにはあまり使っているのを見たことがありません。ティーンのレターでならありえるとおもいますが…

カジュアルなメールならあまり締めの言葉はつけないです。
    • good
    • 1

人それぞれ、友人、知人との付き合い方は違いますので、私ならどうするかと言う事を書きますね。

ご参考まで。

私の場合、Love は、異性には殆ど付けないです。付けるのは、夫の兄や父にメールや手紙を書く時に、それも夫との連名の時に Love を付けます。女性の場合、とても親しい人には付けますが、普通の知人やそれ程親しくない友人には付けないですね。

XOXOは、私はあまり使わないですが、どうなんでしょうね。使うとすれば、これも印象から言って、私は恋愛感情のない異性には使わないと思います。

最初にも言いましたが、これらの事が誤解されるかどうかは、質問者さんとお友達の関係にもよると思います。ちなみに、私の友人へのメールの締めは、だいたい Love, かTalk to you later!です。質問の内容によってはThanksで簡単に終ることもありますし、Best, や Regards, で終わらせる事もあります。
    • good
    • 0

こんばんわ。



私は昔アメリカに住んでいましたが、恋愛感情のない異性にloveなどをつけてメールを送っても、まず勘違いされないと断定していいと思います。
アメリカでは、全く顔見知りのなかった大人の男女が知り合って一時間ほどして、お互いのことを「Dear」や「Honey」と呼び合っていたりしたので、彼らにとってはそういった言葉は日本人にとってのそれよりだいぶ軽いものだと考えてくださって結構です。

親しい友達にメールを送る場合は、
「Your best friend -名前」
「Best wishes - 名前」
「Yours truly - 名前」
「With love - 名前」などがあります。
私の経験上、こういったたぐいのものを頻繁に使っても勘違いされることはありませんでした。

しかしもし絶対に勘違いされたくない相手に送る場合は、「Sincerely」なども方が良いかもしれません。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

yours sincerely」に関するQ&A: 尊敬とリスペクト

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「XOXO」は女の人が良く使うとのことですが、男の人は文末にXOXOに

「XOXO」は女の人が良く使うとのことですが、男の人は文末にXOXOに近い使い方をしてるものはありますか?

Aベストアンサー

カナダに1年間いました。
向こうの顔文字についてでいいんですよね?

日本人の方は男でもXOXOとか :P :Oって使う人いましたが、カナディアンが使ったところはあまり見たことがないので避けた方がいいかもしれませんね。というか、男性はあんまりそういうのは語尾に付けないですよ。「!」くらいですかね。
あと、たまに見たのが :) くらいですか。
向こうってゲイが多いんでそういうメールで勘違いされるかもしれないですね。(ゲイの方のメール見たことないんでわかりませんが)

QXOXOってなんて読むの?

私は、海外の友人と文通をしていて、よくXOXOを文末に付けます。
この前、英会話の授業で先生への手紙を発表したんですが、xoxoの読み方に戸惑いました。
なんで読むんですか?

Aベストアンサー

XOXOはkiss and hugと読みます。たしかにkisssするためには先にhugが必要ですが、Xをつける習慣がはるかに古いのです。先ずXありきです。Xはクリスチャンの間ではキリストを表します。そこから文字の書けない人がサインするときに使われました。(公文書にもOK)

カトリックの信者は右手で十字を切り最後にその手(親指)に軽くキスをします。ここからXがキスを表す記号として若い人に流行し、後に同じアイデアをhugに踏襲したのでしょう。Oは両手で相手を抱きしめた形を現しています。

私信の文末にkiss 又はkiss and hugと書くのは欧米では普通の習慣で若い人だけのものではありません。但し、XOは若い人のものです。

参考URL:http://ask.yahoo.com/ask/20050415.html

Qloveと be in love withの違い

タイトル通りなのですが、loveと be in love with の違いが分かりません。

loveは恋愛でなくても使うこと、またbe in love with~の方は恋愛でないと使わないことは分かります。また、"I love you."はネイティブの人にとってとても重たい言葉だということも分かります。でも、これらを恋愛の場面で使うときのニュアンスの違いが分からないのです。

何となく、自分の中の認識としては

love:両思いのときに使う(気持ちが相互的)
be in love with:片思いの時に使う(気持ちが一方的)

みたいな認識がありました。実際に辞書をひいてみるとbe in love withは「恋をしている、惚れている」みたいな意味で載っていることが多いので、「一時的なのぼせ上がり」みたいな感じに思えます。

が、be in love withも片思いでなくても使うことがあるみたいなので、混乱しています。

これが一度に出てくる文章、例えば

He surely loved Mary when he married her, but he'd been in love with Nicole.

みたいな文章では、どういう訳が適当なのでしょうか?
「メアリーのことは(友達としては)大好きだったけど、(恋愛対象としては)二コールの方が好きだった」みたいな訳でいいのでしょうか?

この2つの違いをご存知の方がいらっしゃいましたら、教えてください。

タイトル通りなのですが、loveと be in love with の違いが分かりません。

loveは恋愛でなくても使うこと、またbe in love with~の方は恋愛でないと使わないことは分かります。また、"I love you."はネイティブの人にとってとても重たい言葉だということも分かります。でも、これらを恋愛の場面で使うときのニュアンスの違いが分からないのです。

何となく、自分の中の認識としては

love:両思いのときに使う(気持ちが相互的)
be in love with:片思いの時に使う(気持ちが一方的)

みたいな認識が...続きを読む

Aベストアンサー

loveは「愛する」という行為を、
be in love with ... は「恋愛している」という状態を
表すものです。
片思いか両思いかという問題ではなく、
行為を記述するか状態を記述するかの違いです。
どちらの場合も片思いにも両思いにもなり得ます。

He surely loved Mary when he married her, but he'd been in love with Nicole.

の例は、#1さんのおっしゃったように、繰り返しを避けるために
違う表現を使っているということです。
訳も#1さんのとおりで、but以降が過去完了形になっている
ことに注意してください。
主節で述べられたことよりも時間的に前のことを述べるために
but以降で過去完了を用いているのです(「大過去」という用法)。

QI love you と Love you

I love you と Love youの違いはなんですか?
また、使われるシチュエーションによって意味は変わってくるのでしょうか?

例えば、基本的には同じ「あなたを愛しています」で、メッセージの最後に書かれるLove youは文章の締めくくりの挨拶、、とかそんな感じなのでしょうか?

Aベストアンサー

Love you! なんて I を省略して話したら、I love you.と普通に言うよりはくだけたinformalな感じになりますね
これに限らず、省略された形はほとんどがinformalな表現になると言っていいでしょう
あとストレスやイントネーションのつけ方がありますので、その違いだけでニュアンスはどんどん変わるでしょうし(日本語みたいに助詞がないので文字だけではどういう違いなのかの全てを語ることができません)

日本語でも
「~じゃないですか?」というのと「~ではないですか?」は雰囲気がだいぶ違います(じゃ=「では」の短縮形)
でも前者に落ち着いたイントネーションを与え、後者にぶっきらぼうなイントネーションを与えたとしたら、どちらがpoliteな感じかわからなくなります

Wanna have some? と言ったら、「ほしい?」とかぐらいでしょうか
Do you want to have some? この文だと(formalという雰囲気がもともとありませんが)いくらかていねいな感じがします

Got to go! いかなきゃ!
I got to go. あまり違いは感じませんが、せっぱつまった感じは比較的ないですね
I got to go!とちょっと早口で強く言えば最初のものとあまり変わりません。

手紙で使う場合は、Love youだと挨拶程度な感じがしますし、I love youと書けば本当に「愛してる」気がします

日本語でイメージを与えてしまうのはよくないのですが、省略するということはそんな感じだということを説明したくあえて日本語訳をあてました
でも繰り返しですが、大事なのは文の形ではなくて、ストレスやイントネーションです
だから書く場合は注意しなければいけません 自分の伝えたいニュアンスが伝わらないので

それを補うのが絵文字の笑顔であったり、泣き顔だったりするわけです

Love you! なんて I を省略して話したら、I love you.と普通に言うよりはくだけたinformalな感じになりますね
これに限らず、省略された形はほとんどがinformalな表現になると言っていいでしょう
あとストレスやイントネーションのつけ方がありますので、その違いだけでニュアンスはどんどん変わるでしょうし(日本語みたいに助詞がないので文字だけではどういう違いなのかの全てを語ることができません)

日本語でも
「~じゃないですか?」というのと「~ではないですか?」は雰囲気がだいぶ違います(じゃ=「では」...続きを読む

Q外国の友人とのメールのやりとりについて。

先日質問させていただいた者です。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1725927

早速、友人から返信がきたのですが、受信はしても、中身が何も書いていない空メールだったのです。
思い返してみれば、前回もそうだったのですが、今回で友人のメールの調子があまり良くないということが、分かってきました。
そこで、そのことを伝えたいのですが、英語初心者の僕にはニュアンスが難しく、ぜひみなさんのお力を借りたいと思います。


『こんにちは!メール受信しました。
実は、前のメールもそうだったのですが、あなたのメールを受信はできても、読むことができないのです。読むことができないというか、文章が何も記入されてないのです。
おそらくメール機能の調子がよくないと思うのですが、もう1度送信してもらってもよろしいでしょうか?
よろしくお願いします!』

みたいな感じで再度メールを送りたいと思っております。
よろしくお願いいたします!

Aベストアンサー

『こんにちは!メール受信しました。
実は、前のメールもそうだったのですが、あなたのメールを受信はできても、読むことができないのです。読むことができないというか、文章が何も記入されてないのです。
おそらくメール機能の調子がよくないと思うのですが、もう1度送信してもらってもよろしいでしょうか?
よろしくお願いします!』

Hello!
I need to let you know that I can receive your message but I cannot read like it happened the last time. It's strange to say "cannot read" but it is actually "EMPTY". Absolutely nothing is written in it. I wonder if something is wrong with the system...
Anyway, is it okay to send the message one more time, if you don't mind?
Thanks a lot!

...簡潔にこんな感じでいかがですか?

『こんにちは!メール受信しました。
実は、前のメールもそうだったのですが、あなたのメールを受信はできても、読むことができないのです。読むことができないというか、文章が何も記入されてないのです。
おそらくメール機能の調子がよくないと思うのですが、もう1度送信してもらってもよろしいでしょうか?
よろしくお願いします!』

Hello!
I need to let you know that I can receive your message but I cannot read like it happened the last time. It's strange to say "cannot read" but it is...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報