1枚しかない書類に間違えて書いてしまいました。

日本文ならば二重線をひいて、訂正印を押せば良いと思いますが、英文の場合は訂正印とゆう訳にはいきません。

二重線だけ書いて訂正した場合、第三者が勝手に加筆をした時は区別が出来ません。

どのようにしたら宜しいのでしょうか ? ご教示をお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

何かの申込書のようですね。

それでしたら「白いインク」(日本語でなんと言うのかわかりません。私アメリカに住んでいます。)で間違って丸をした箇所を「白いインク」で消すだけで良いと思います。

イニシャルも必要ないと思います。

私は仕事でいろいろな契約書を見る機会が多かったのですが(現在は育児に勤しんでいます!)医療関係の書類、特に大学に提出するような(?)書類には疎いです。何かの申込書だったら、訂正前の「訂正箇所」を相手に見てもらう必要はないので、「白いインク」できれいに「訂正箇所」を消すだけで大抵の場合は良いような気がします。

もし、私の勘違いで、上記の方法が当てはまらなかったら"protocol"(作法)を自分の勉強の為にも調べてみたいので、またお知らせ下さい。

このサイトで医療関係の質疑応答を見るようになってから、テレビで"ER" "CSI"(ラスベガスの科捜研の人気ドラマです)を見なくなりました。ということは、hubbleさんは私のアイドルかな?なんて言われても困られると思いますが、これからもhubbleさんが回答されるのを楽しみにしています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再びの回答ありがとうございました。助かりました。

私の父親も医師でしたが、プライベートな時間まで仕事の事は考えたくないと言って、医学関係のドラマはほとんど見ませんでした。自分も、子供たちがこれらのドラマを見ているときに「そりゃあ違うだろう。」と独り言をいってしまうのであまり見なくなってしまいました。ドラマのように上手くいくと良いのですが・・・

このサイトにはすばらしい回答をされる方が多く、尊敬の念をもって見ています。気負わないようにこれからも参加していきたいと思っています。宜しくお願いいたします。大変ありがとうございました。

P.S. お願いです。アイドルはやめてください。恥ずかしい・・・

お礼日時:2002/03/17 15:08

hubbleさんのご質問に答える機会が来るとは思いも寄りませんでした! いつもご回答を楽しみにしています。

(不謹慎な言い方ですが、健康で私が何かご相談する事はないと思うからです。)

訂正前:

It is known as a common deSsease in Japan.

訂正後:

It is known as a common deーーQーーsease in Japan.

#1の方がご説明されているように”ーーQーー”のように棒線を左から右へ引きながら、くるっと一回転時計と反対周りにマルを描き、再び棒線を引く、と言う事をし、”ーーQーー”の上に訂正を入れ(この場合は"omit"と入れて、”ーーQーー”の箇所を省くと指示します。そして訂正を入れた者の名前と名字のイニシャルを入れる事はあります。でも、これは誰かに「ここを修正するように」という指示を出す為で、後に残る書類にはこのような訂正(くるっ丸を描くということ)は普通しないと思います。

どのような書類かわかりませんが、訂正を後で誰かに修正するように指示するのでしたら、上の方法でイニシャル抜きで、どのように訂正するか"omit" "insert" "replace"なとと一語で指示します。

訂正をその後修正する事がない文書でしたら、上の方法+訂正を入れた日付けを入れるか、私だったら白いインク(英語で"white out", "liquid paper"と言います。)で訂正箇所を塗りつぶし、タイプで訂正を入れ、自分のイニシャルと日付けを入れる入れる事もあります。

今後その書類がどのように扱われるかで、訂正の入れ方があると思いますので、上記二つのやり方が当てはまらなかったら、補足をお願いします。

この回答への補足

回答ありがとうございました。

宜しければ、もう一つ教えてください。
YES,NOにチェックを入れる所を間違えた場合、このチェックの訂正も単語、文章の訂正と同じでよろしいのでしょうか ?

>hubbleさんのご質問に答える機会が来るとは思いも寄りませんでした! いつもご回答を楽しみにしています。

自分が書いた回答を質問者以外の方が読んでおられる事は判りますが、HNを覚えていただいているなんて正直びっくりしています。背中が痒くなってしまいますネ。

補足日時:2002/03/16 18:04
    • good
    • 1

 厳格なものかどうかわかりませんが、公式な英文契約書(米国政府関与の不動産賃貸借契約書)に関与したことがありますが、その際は、削除や訂正には「イニシャル」やいわゆる「シグネチャー」(ブロック体のサインではなくぐちゃぐちゃな方)を記入して処理していました。

加入のときは、上か下から、「へ」の字やその逆さまの記号だけを入れ、その反対側に加入文字を記入していました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
印鑑の英語版・・・「ぐちゃぐちゃなシグネチャー」実に解り易いですネ。

お礼日時:2002/03/16 17:43

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q英語の書類記入時での間違いの訂正の仕方は?

くだらない質問かもしれませんが宜しくお願い致します。

書類等の記入時での間違いの訂正は日本では間違った箇所に二重横線を引き訂正印を押しますが
英語の書類ではどのように訂正するのでしょうか?
二重線を引いて何かしらの文句を書くのでしょうか?

識者の皆様ご教授いただければ幸いです。

Aベストアンサー

こんにちは。

英語でもイギリス英語の場合とアメリカ英語の場合で違って来るのかも知れませんが、アメリカで一般的に使われる訂正の仕方は、二重横線を引き、その上に自分のイニシャルを書きます。他にも訂正の仕方はあるのかもしれませんが、私が弁護氏に渡された書類の訂正をした時にこのやり方を教えて貰ったので、このやり方ならまず間違いは無いと思いますよ。

Q「ご提案いただいた通り」の英訳

日時を指定したアポの依頼が来た場合、先方の申し出通りの時間で面談可能である、という旨を英語で書きたいのですが、以下の文面で正しいでしょうか?

As you proposed (or: As your proposal), we are expecting you on June 15, 2006.
『ご提案いただきましたとおり、6月15日にお待ちしております。』

いろいろ検索してみたんですが、As you proposed や As your proposal などの文句があまり使われていないようなので、もしかしたらあまり英文Emailでは使用しない文言なのでしょうか?
ご存知の方、アドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

いいんじゃないでしょうか。わたしならas you suggested を変わりに使って後ろに持ってきます。なるべく伝えたいことを前に持ってきたいので。

We would be expecting you on June 15, 2006, as you suggested.

Q契約を結んでいる相手が合併等をした場合

例えば今契約を結んでいる相手Aが他の同業企業Bと合併して新しくCという企業になった場合、今Aと結んでいる契約書は読み替えを行ったりまたは新しい契約書を結びなおしたりする必要はあるのでしょうか?

契約を結びなおす等の対応を行っていなかった場合に、どのような問題が発生する可能性があるのかについて教えていただければと思います。できれば自分に不都合な問題点と相手にとって不都合な問題点とに分けて教えていただければ幸いです。

それと、こういう場合にはどのような法律を読めばいいのでしょうか?どのあたりに書かれているのでしょう?

ちなみに自分も相手Aもその他も全て株式会社です。

Aベストアンサー

合併の場合はさほど問題ではないです。

合併の場合、債権債務は法律上当然に、存続会社に承継されます。

会社法に書いてあります。

第七百五十条  吸収合併存続株式会社は、効力発生日に、吸収合併消滅会社の権利義務を承継する。

上は株式会社が存続する吸収合併の場合の条文ですが、その他の合併の場合でも基本的に同じです。上記の周辺の条文を読んでください。

権利義務を承継する、ということは、それまで結んでいた契約書上の地位も、自動的に移る、ということです。

したがって、別段、読み替えのための新契約や当事者を書き換えた契約書を結ばなくても、今までの契約は存続会社・新会社との間で有効に生き続けることになります。

商号の変更は契約書上の権利義務に何ら影響を与えません。

実務的には、混乱を避けるために、タイミングを見て契約書を巻きなおしたり、更新の際に合併があったことを契約書に入れ込むというようなことを行うこともありますけれどもね。


なお、合併と似て非なるものとして事業譲渡があります。この場合は債権債務は当然には移転しないので、よく確認する必要があります。

合併の場合はさほど問題ではないです。

合併の場合、債権債務は法律上当然に、存続会社に承継されます。

会社法に書いてあります。

第七百五十条  吸収合併存続株式会社は、効力発生日に、吸収合併消滅会社の権利義務を承継する。

上は株式会社が存続する吸収合併の場合の条文ですが、その他の合併の場合でも基本的に同じです。上記の周辺の条文を読んでください。

権利義務を承継する、ということは、それまで結んでいた契約書上の地位も、自動的に移る、ということです。

したがって、別段...続きを読む

Qサインについて

海外に行ったとき、特に長期にわたって滞在するとき、書類などにサインしないといけない機会って多いですよね。日本人の場合、漢字でサインしてはダメなのでしょうか。パスポートの写真がのっているページのサインって漢字ですよね。それと同じで、漢字でサインしてはダメなんでしょうか。ビザにかんする書類や口座を開くときに記入するサイン、どんなときのものでも。
それとも、やはり海外だからローマ字表記のサインにするべきなのでしょうか。

Aベストアンサー

特に長期に滞在する場合というのは留学か仕事でしょうか。

サインをパスポートと照合するのは銀行口座開設、T/Cの現金化、
ビザ更新など正式な書類の場合です。クレジット・カードは国によってパスポートと照合するケースがあるでしょうが、私の経験では稀でした。(40カ国ぐらい回って)

現地人もいる組織に所属して仕事をする場合は、サインはできるだけローマ字がお勧めです。漢字のサインは時間がかかることや、後で誰のサインか現地人に分からなくなるからです。(正式書類では名前をローマ字でタイプするケースが多いとはいえ)

今、古いパスポートを見てみたところ80年代では日本語、ローマ字両方でサイン出来る欄があり、私は漢字とローマ字でサインしています。90年のパスポートはサイン欄がひとつしかありません。(ローマ字でサイン)現在のもサイン欄はひとつで
今度は漢字だけでサインしています。(理由は思い出せません)

julianoさんがこれからパスポートを申請するのであれば、窓口で漢字とローマ字
でサインしてよいか確認されては如何ですか。

Q書類の押印。捨て印、訂正印。海外ではどうしてる?

料金の自動振り替えの書類を書いていてふと思ったしょーもない疑問ですが。
「捨て印」ってありますけど、非印鑑主義の国では「捨てサイン」なんてのがあるんでしょうか?

同じことですが「訂正印」もどうしているんでしょう?日本のように修正個所に都度修正印で押印できるわけではないと思います。「以上何箇所訂正した」と書いてサインするような記憶がありますが。

Aベストアンサー

狭い見識の一部の例ですが、アメリカ合衆国の南部での経験です。

押印  ==> フルネームの署名
捨印  ==> そういう習慣無し
訂正印 ==> イニシャルの署名

QINVOICE(インボイス)ってなんですか?

質問するのが場違な場所だったらすいません(x_x)

仕事で、インボイスという言葉を耳にするのですが
今いちなんのことなのか分かりません。

請求書?なのでしょうか。

海外へ部品を発送時に、発行されるもの?
発送した後に発行されるもの?

どうか、頭の悪いわたしに
分かりやすくおしえていただけると助かりますm(--)m

Aベストアンサー

こんにちは。

#2の補足です。
日経新聞社の流通用語辞典ではこんな風になっています。

「インボイスinvoice
 商品を輸出する際の*送り状。売り主(輸出業者)から買い主(輸入業者)あてに出す書類で,売買契約の条件を正当に履行したことを記す。商品名や数量,単価,代金の支払い方法,運賃,*保険料などの明細通知書でもある。買い主は輸入品の仕入れ書として税関に提出する」出典:日本経済新聞社 流通用語辞典

業種によっても、企業によっても呼び方が異なるものでしょうが、基本的にはこんな感じではないでしょうか。

ご参考まで。

Qnot~orとnot~nor

否定がよくわかりません。

「not A or B」 「not A nor B」
これらは「AでもBでもない」という意味だと思うのですが、どのような違いがあるのでしょうか。

Aベストアンサー

イギリス人のチェックを受けたことがありますが、基本的には同じです。
似たような用例は「without ... or ... without ... nor ...」です。
わたしは、orの前後に位置する表現の性質に応じて使い分けています。たとえば、長めの表現が前後に位置する場合には、否定をはっきり際立たせるためnorにするとか、あるいは、「どっちも否定している」とはっきり伝えたいときに、norを使っています。

Q○○さんをCCに入れて…

英語での取引先のE-mailで、
先方に○○さんをCCに入れてくださいと
書きたいのですが、どう書けばいいのでしょうか。

こんなんでしょうか?
Please CC Taro-san next time.
Please add Taro-san as CC next time.

Aベストアンサー

アメリカに37年半住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。

CCはcarbon copyの意味で使われそのイニシャルをとって「略されて」使われていたのですが、今では立派な「動詞」として使われています。 CC(シーシー)ですね。 過去形・過去分詞形はCCedとかCC'dと言うような表現も定着してきています。

I will CC you his e-mail.といったり、He CC'd me your e-mail of yesterday so I know what you are talking about.と言う漢字で使われているわけですね。

これを踏まえると、Please CC your e-mails to Taro-san next timeと言う表現が出来るわけです。 次回だけでなく次回からと言うフィーリングであればfrom next timeと言う表現に変えればいいですね。

これで、~さんにも送ってください、と言う表現になりますが、「今度(次回と言う意味ですが)メールを送るときに同時に~さんにも贈ってください」と言う意味合いと、更に、CCにTaro-sanのメルアドを「入れる」ことで(これをCCと言うわけです)、「同時にコピーをTaro-sanに送ったということを私が分かるようにしてください」と言う意味合いも含まれていることも知っておいてください。 受け取ったメールにCCとしてTaro-sanのメルアドが無ければコピーを送ったとわからないと困る、とか、送ったとわかれば仕事もしやすい、と言うような理由でCCしてください、と言うお願いをするわけですから。

これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。 

アメリカに37年半住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。

CCはcarbon copyの意味で使われそのイニシャルをとって「略されて」使われていたのですが、今では立派な「動詞」として使われています。 CC(シーシー)ですね。 過去形・過去分詞形はCCedとかCC'dと言うような表現も定着してきています。

I will CC you his e-mail.といったり、He CC'd me your e-mail of yesterday so I know what you are talking about.と言う漢字で使われているわけですね。

これを踏まえると、Please CC your...続きを読む

Qこれで手続きを進めてください。(英訳)

ビジネスでのことなのですが、誰かからある提案を受けました。その内容で進めてほしいときに、「これでお願いします。」「これで進めてください。」などは英語でどういったらいいのでしょう?

Aベストアンサー

コンテクストにもよりますが、一般的な場合です

気心知れた親しい相手なら、Looks good. Please go ahead. で意味は通じると思いますよ。

ちょっと丁寧に言うなら

Your proposal looks great/good/reasonable Please proceed with it. など 

提案の評価は状況に合わせて適当な言葉を選んでください。

Q『わかりました』という言い方の区別。

『わかりました』という事を伝える時に、

・I know.
・I underdstand.
・I see.
・I got it.

など、という言葉がありますが

これらの区別の仕方などあるのでしょうか?

状況とか、色々関係あるのかなと疑問に思い質問する事にしました。

教えてください、お願いします。

Aベストアンサー

同じ理解を示す言葉ですが、ニュアンスは結構違います。

・I know.
これはすでに「知っていた」という意味になるので「わかりました」とは厳密には違います。
「知ってるよ」、「わかってるよ」というときに使います。
比較的カジュアルな言い方に限定されると思います。
「Yes, I know.」というように「Yes」とつけると少々丁寧になります。

・I underdstand.
「説明された内容を理解しました」という意味で使います。
これは当然ながら説明を受けるまでは知らなかったことになります。
大抵は説明を受けたあとに「理解しました」、「承知しました」という意味で使います。
この4つの中では最も丁寧な言い方です。

・I see.
これはほとんど相槌です。「なるほど」とか「あぁ、そうですか」とか「ふーん。」というような意味です。
「I see that.」というように「that」をつけると少し丁寧になります。

・I got it.
これが一番「わかりました」または「わかったよ」に近いかもしれません。
正確には「I've got it.」です。
「納得した」、「理解した」、「了解した」、「任せて」、「わかった」というように完全に理解しているという意思を表します。
これもカジュアルな言い方です。

同じ理解を示す言葉ですが、ニュアンスは結構違います。

・I know.
これはすでに「知っていた」という意味になるので「わかりました」とは厳密には違います。
「知ってるよ」、「わかってるよ」というときに使います。
比較的カジュアルな言い方に限定されると思います。
「Yes, I know.」というように「Yes」とつけると少々丁寧になります。

・I underdstand.
「説明された内容を理解しました」という意味で使います。
これは当然ながら説明を受けるまでは知らなかったことになります。
大抵は説明...続きを読む


人気Q&Aランキング