「夫を成功」へ導く妻の秘訣 座談会

ハマグリの生態に付いて詳しく知りたいのですが…。天敵とか、生息地として有名なところなどご存知の事を教えてください。
また、生物図鑑のような、詳しく乗っているサイトも合わせて教えていただければ幸いです。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

ハマグリの研究の経験者です.



分類学上ハマグリ属(Meretrix)として知られているものを列挙すると,

ハマグリ(Meretrix lusoria)
 -日本(本州以南の内湾)
チョウセンハマグリ(Meretrix lamarckii)
 -日本(鹿島灘以南)からフィリピン(外洋に面した潮下帯)
シナハマグリ(Meretrix petechialis)
 -韓半島から中国沿岸
タイワンハマグリ(Meretrix meretrix)
 -台湾,ボルネオなど
ミスハマグリ(Meretrix lyrata)
 -ベトナム,海南島など
この他にも東南アジアからインドにかけて5種が認識されていますが,まだ分類学的研究の余地が残されています.

Natsuさんの聞かれてるのは,おそらく日本のハマグリでしょう.
一般に日本の砂浜に生息する二枚貝(ハマグリ,アサリ,シオフキ,バカガイなど)の天敵は,ツメタガイやアカニシといった巻貝です.ツメタガイは化学的穿孔という方法で二枚貝の殻に外側から丸い穴をあけ,そこから中身を食します.砂浜に打ち上げられた二枚貝の殻に1~3mm位の穴があいていれば,それはまずツメタガイの仕業です.

日本での生息地として有名なのは,三重県桑名です.
でも先の方もおっしゃるように,もう過去のようには採れません.
実際,絶滅危惧種にハマグリを指定している県もあります(山口県など).
ほかに知っているところは,熊本県の宇土というところです.
ただここではあまり大型のものは採れなさそうです.

ハマグリの漁獲高が100tなのに対して,300tの漁獲高を誇るのが,チョウセンハマグリです.やはり鹿島灘が代表的な産地です.また南西諸島やフィリピンにも分布域が及んでいるとも言われています(種子島では確認済みです).
チョウセンハマグリはハマグリよりも前後(普通の人の感覚では横)に長く,成貝の大きさは13cm以上にもなり,この属の中では最大です.殻自体の厚みもあり,昔から白い碁石の原材料として使われてきました.

よくスーパーで見かけるのは茨城産や三重産のものですが,茨城産のものはまずチョウセンハマグリと思って間違いないでしょう.注意が必要なのは三重県産ですが,どうやら三重県で養殖しているシナハマグリを三重県産として売っているような気がします.シナハマグリでない三重県産のハマグリはほとんどありません.見分けるポイントは,シナハマグリはハマグリに比べて貝の膨らみが弱いことと,比較的安定した模様が殻の表面に出るということです.一般的な模様は,くすんだ白地に雷のような褐色のジグザグが出るというものです.

さて生態ですが,摂食について触れると,ハマグリは海水中のけんだく物を海水ごと入水管から取り入れて,それをえらで濾しとります.残りの海水は出水管から排出します.あと幼生は…,

止まらなくなりそうなのでこの辺にしておきます.
もっと詳しい情報が必要なら知らせてください.

あと,役に立ちそうなサイトは残念ながら見つかりませんでした.
    • good
    • 10
この回答へのお礼

すごいです!ハマグリを研究されてた方にアドバイスいただけるとは!!サイトを探しててもここまで詳しく説明しているところはなかったので、ものすごく参考になりました。
一つ気になったのが幼生についてなのですが…。もしよろしければ続きを教えていただけませんか?よろしくお願いします。

お礼日時:2002/03/22 07:25

幼生についてですが,生まれてから着底するまで漂泳生活をおくる期間があります.この間は海水中の浮遊物を栄養として摂取することで成長します(ちょっと記憶が定かでないので要確認).着底してからは砂の中にもぐり込んで水管だけをにょきっと出して海水を取り入れて懸濁物中の有機物を濾過します.これまでの古生物学の研究から,少なくともこの摂食方法はカンブリア紀以降現在にいたるまで,最も多くの二枚貝が採用してきた基本的な食性であると考えられています.



あとハマグリの生態でおもしろいのはアサリなどにも見られるようにカニが殻の中に共生(寄生?)することがあることです.インドから取り寄せたMeretrix casta というハマグリの中に,ピンノという小型のカニが入っていました.このカニはどうやらハマグリの摂取した栄養を横取りしているようです(どうやって横取りしているかは知りません).私が見つけたそのカニはメスで,ちゃっかりと小さな卵をたくさん抱えていました.もしそのだったならハマグリの中から小さなカニ達がたくさん出てくるということもあったんでしょうか?確かに殻の中はカニにとって安全そうですが,ハマグリにとってはきっといい迷惑なんでしょうね.

生き物って面白いですね.
    • good
    • 6
この回答へのお礼

私にも経験があります。アサリの中にカニが入ってるのって、アサリが食べてしまったものではなくて、逆だったんですね。びっくりです!幼生についても詳しいご説明をありがとうございました。本当に助かりました。

お礼日時:2002/03/24 18:12

下のページが分かりやすいかと思います。


蜃気楼の蜃の字が「お化け蛤」を指すなんて知らず、勉強になりました。

今、店頭に並んでいるのはほとんど中国産です。
かつて桑名のような内湾でもハマグリは取れましたが、今は水質の悪化や埋め立てで限られたところにしか生息しないようです。
茨城県鹿島灘が国内産のほとんどを産出しています。

http://www.sopia.or.jp/kasima/

参考URL:http://www.ntv.co.jp/megaten/library/date/01/03/ …
    • good
    • 2
この回答へのお礼

とても参考になりました!
蜃気楼が蛤と関係があるとは!!ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2002/03/20 18:25

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「はまぐり」 の飼育方法

先日、砂浜に行って「はまぐり」の稚貝を50匹ほど採ってきました。
貝殻の長さが1cmくらいですから、1歳くらいだと思います。
現在は、一緒に取ってきた砂と海水を洗面器に入れ、エアーポンプで空気を送っていますが、この稚貝を育てることはできますか?
海水は熱帯魚店で海水の素を購入して交換すればよいと思いますが、エサは何をあげればよいのでしょうか?

Aベストアンサー

#2です。
 ちなみにネット検索かけてみると,餌は,
Caetocerosという大型珪藻類を使ってるそうです。
すぐ入手するのは困難ですから,とりあえずの餌は
コケムシにもミジンコにもシジミにも使えるドライ
イーストが容易でしょう。

桑名の職人さん
http://kanko.city.kuwana.mie.jp/kuwanabito/hamaguri/index.html
水槽の作り方(アサリとの共飼育)
http://hobbyist.hp.infoseek.co.jp/sea/start.html

 銚子水産事業改良普及課で,チョウセンハマグリを
培養しているそうです。
http://moon.endless.ne.jp/users/gyogyosi/choushi/maiwai/maiwai15.pdf

 ここに質問しては?
http://bigai.world.coocan.jp/wwwboard2/index.html

以上,頑張ってみてください。

参考URL:http://kanko.city.kuwana.mie.jp/kuwanabito/hamaguri/index.html

#2です。
 ちなみにネット検索かけてみると,餌は,
Caetocerosという大型珪藻類を使ってるそうです。
すぐ入手するのは困難ですから,とりあえずの餌は
コケムシにもミジンコにもシジミにも使えるドライ
イーストが容易でしょう。

桑名の職人さん
http://kanko.city.kuwana.mie.jp/kuwanabito/hamaguri/index.html
水槽の作り方(アサリとの共飼育)
http://hobbyist.hp.infoseek.co.jp/sea/start.html

 銚子水産事業改良普及課で,チョウセンハマグリを
培養しているそうです。
http://moon...続きを読む

Qはまぐりの飼育

娘が潮干狩りでハマグリを拾ってきました。

家で飼いたいといっているのですが、餌は何を与えればよいでしょうか。

他に気をつけることがあればアドバイスいただければと思います。なお、自宅は海から離れているので、海水は自分で作る必要があります。

よろしくお願い致します

Aベストアンサー

以前テレビで、短期間のハマグリの飼育方法がやっていました。
深いグラスなどに半分以上砂を入れ、人工海水の素で作った海水を入れ、
ハマグリを砂に自由に潜らせて飼育していました。
エサは人間用のクロレラかスピルリナの錠剤を粉にして水に溶かした物だった
ような気がします。吸うように食べていました。

海に近い方でも、海水は作られた方が良いです。寄生虫などが怖いからです。
海水魚飼育をされているかたは、そうなさっているはずです。
(私は汽水水槽1本と後は全部淡水水槽しか持っていません)

長期飼育には、きちんとした設備がないと飼えないはずです。

http://nature.serio.jp/forum/supportbbs/spbbs2/spbbs2.cgi?mode=sel&fno=27&no=266&date=1090842427

http://nature.serio.jp/forum/supportbbs/spbbs2/spbbs2.cgi?mode=sel&fno=24&no=236&date=1087720843

以前テレビで、短期間のハマグリの飼育方法がやっていました。
深いグラスなどに半分以上砂を入れ、人工海水の素で作った海水を入れ、
ハマグリを砂に自由に潜らせて飼育していました。
エサは人間用のクロレラかスピルリナの錠剤を粉にして水に溶かした物だった
ような気がします。吸うように食べていました。

海に近い方でも、海水は作られた方が良いです。寄生虫などが怖いからです。
海水魚飼育をされているかたは、そうなさっているはずです。
(私は汽水水槽1本と後は全部淡水水槽しか持っていま...続きを読む

Qウナギの泥抜きの賛否

ウナギ特有の臭みを消すには「泥抜き」が必要と言われます。
しかし、人によって1日から1ヶ月と日数が異なり、そもそも泥抜きは必要なく、
焼き方の問題という人もいます。
また、個体差があって泥抜きしても臭いものは臭いという場合も。

うなぎ屋さんのような臭みの無い蒲焼きはどう処理するのがいいのでしょうか。

Aベストアンサー

東日本と西日本で、同じ蒲焼きという名でも、調理が道具や手順から違う別料理だからねぇ。
匂いの元は脂で、脂の元は餌で、匂いを消すのは炭の温度と焼き方で、
突き詰めると、養殖のほうが天然よりも、脂が乗ってって臭みがなく柔らかいって結論が出ちゃっているので、
自分の探求で落とし所を作らないと、完璧な焼き方ってないのです。
関東流で臭いなら関西流でやってみて、関西流で臭いなら関東流。

割と科学的なハナシなので、理論だてるとひとつづつ解きほぐせる問題だしね。
そもそも生態的に天然うなぎは砂礫やうなぎのぼりするような岩場に住み、泥に住まないし、食性も肉食で食いちぎるタイプで、鯉のような泥を漁るスキャベンジャータイプじゃない。
ワタを抜いて開く訳だし、皮が厚いからうな裂きがあるんで、泥抜きして泥臭さが抜ける根拠が無く、うなぎ臭さは泥臭さとは違う皮が脂で焼ける臭さなのです。
イールレザーってうなぎ革として革製品があるくらいケラチンとコラーゲンが多い。牛豚だって皮ごと焼けば非常に臭い。
それを焼き切る高温で焼かないと、身に臭いが入ってしまう。
そのために関東流は蒸しがはいる。蒸してケラチンとコラーゲンをプルプルにして柔らかくしてから炭火で焼ききる。これをしないとゴムみたいな皮の食感が残る。
関東ではなぜ蒸しがはいるかというと、うなぎの養殖は明治の深川で成功したから。この養殖池が泥性だった上、淡水魚専門店である深川名物鯉こく屋やどぜう屋などに卸したので、泥抜きがはじまった。鯉もどじょうも生態から泥抜き必須だから。深川は他にあさり丼や牛鍋、桜鍋も名物。ようは深川料理は脂と匂いにうるさい。
江戸時代は関東でも蒸しはなかったと聞きます。

こうやって、科学と歴史の両側面から見ていくと、どっかの名店で丁稚制の修行でもしていなきゃ、個人の焼き方の落とし所が見えてくると思いますけど。

科学と歴史の両側面と調理技術と魚の飼育理論から、常識を完全無視して私が論理建てるとすれば、
・養殖ウナギを使用
・泥抜きしない、その代わり水かけ養生を半日行い、胃の消化を促進、皮下脂肪を減らす
・腹開き、竹串でなく金串で縫い串を行い筋繊維を断つ。縫い串はステーキの筋切りと同じ意味がある。
・備長炭など白炭使用、白炭は吸湿するので新品に限る。火起こしは完全に行い、七輪など土製の竈を使用し800度以上を狙う。だから竹串は向かない。
・白焼きは皮面のみ。身は表面を炙るのみにし、金串の輻射熱に依存
・蒸しは行わない。行う場合、70度で10分以上。70度は脂を落とさずケラチンを乳化させる温度。
・本焼きはタレが身に入らない高温で焼き付ける。身に塩分が入ると身が締まる。

これで泥臭いだ、身が硬いだはなくなるはず。
書いてて思いましたが、おそらく真空パックのうなぎの蒲焼は、3枚におろして、等間隔で串打ち、コンベクションオーブンで同じような表面温度で焼成、本焼き後に真空パックして70度湯煎を10分以上かけ柔らかくして、蒸し過程の代用とする製造をされていると思われます。
うなぎ屋と違って加工段階を見せないですから。

東日本と西日本で、同じ蒲焼きという名でも、調理が道具や手順から違う別料理だからねぇ。
匂いの元は脂で、脂の元は餌で、匂いを消すのは炭の温度と焼き方で、
突き詰めると、養殖のほうが天然よりも、脂が乗ってって臭みがなく柔らかいって結論が出ちゃっているので、
自分の探求で落とし所を作らないと、完璧な焼き方ってないのです。
関東流で臭いなら関西流でやってみて、関西流で臭いなら関東流。

割と科学的なハナシなので、理論だてるとひとつづつ解きほぐせる問題だしね。
そもそも生態的に天然うなぎは...続きを読む

Qしゃぶしゃぶの作り方、入れる具、食べ方など教えて下さい。

お恥ずかしながら、私は1度しかしゃぶしゃぶを食べた事がありません。。。
1度食べた時は、しゃぶしゃぶ食べ放題のお店で食べたのですが子供が騒いでしまい落ち着いて食べる事が出来ませんでした。。。

しゃぶしゃぶの鍋には、お湯を入れればいいのでしょうか?だし汁なのでしょうか?だし汁だとしたら、だしのとり方も教えて下さい。
皆さんが入れている具は何ですか?「意外と、こんな具もあうよ」っていうのもあれば教えて下さい。
お肉は、しゃぶしゃぶ用と書いてあるお肉でいいのですか?
お店では人参もあった気がするけど、人参のような火の通りの悪い物は先に入れて煮込んでおいたほうがいいのでしょうか?
何をつけて食べてますか?お勧めのたれなども教えて下さい。手作りのたれを作ってるかたは、たれの作り方も教えて頂けると嬉しいです!
アレンジしてる方のお話も聞きたいです!
旦那が、鍋以外にもおかずを欲しがる人なんです。
しゃぶしゃぶにした時は、どんなおかずを出してますか?

質問ばかりで恐縮ですが、しゃぶしゃぶを1度しか食べた事ない私に色々と教えて下さい。
よろしくお願いします。

お恥ずかしながら、私は1度しかしゃぶしゃぶを食べた事がありません。。。
1度食べた時は、しゃぶしゃぶ食べ放題のお店で食べたのですが子供が騒いでしまい落ち着いて食べる事が出来ませんでした。。。

しゃぶしゃぶの鍋には、お湯を入れればいいのでしょうか?だし汁なのでしょうか?だし汁だとしたら、だしのとり方も教えて下さい。
皆さんが入れている具は何ですか?「意外と、こんな具もあうよ」っていうのもあれば教えて下さい。
お肉は、しゃぶしゃぶ用と書いてあるお肉でいいのですか?
お店では...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは。
No1の方の通り、鍋物のおいしい季節になってきましたね♪

我が家では、長ねぎ、えのき、まいたけ、お豆腐、白菜、くずきり(マロニーとかでもOKです)、を入れてます。
お湯でも、お野菜から出汁が出るのでいいと思いますが、昆布を3~5センチくらいに切ってそのまま入れています。

お肉は薄切りのしゃぶしゃぶ用がいいと思います。
お箸で取って、少ししゃぶしゃぶして、赤みが多少残っているくらいがおいしいので、あんまり厚手だと、火の通りが遅くなってしまうので…。

タレはゴマダレ、ポン酢が多いですが、大根おろしを使っておろしポン酢にしています。
その際、あさつきがあるとよりおいしいと思います。
大根おろしも、紅葉おろしを使うのがほとんどだそうですが、辛いものが一切ダメな私は普通の大根おろしにしています。(苦手なため、お野菜にも春菊は入れません…)
ポン酢が苦手という場合は、昆布つゆなどでもおいしいです。

食べ終わったあとにおうどんも良いかと思うのですが、我が家ではそうめんを使います。
予めそうめんを茹でておいて、残ったお出汁を器にとって塩コショウで味を調えて、お鍋でさっと湯がいて食べるのです。
おうどんよりするするっと入るので、結構オススメですよ!
夏の余りのそうめんの消化にもなります(笑)。

付け合せのおかずは、お野菜もお肉も結構な量を食べれてしまうので、白和えやキンピラ、おひたしなどもいいのではないでしょうか?
私はししゃもを焼いたりもしています。

しゃぶしゃぶは灰汁も多く出るので、取りながら食べるのは大変だとは思いますが、これをこまめに除いておくと味がかなり違いますので、がんばって取ってくださいね!

こんばんは。
No1の方の通り、鍋物のおいしい季節になってきましたね♪

我が家では、長ねぎ、えのき、まいたけ、お豆腐、白菜、くずきり(マロニーとかでもOKです)、を入れてます。
お湯でも、お野菜から出汁が出るのでいいと思いますが、昆布を3~5センチくらいに切ってそのまま入れています。

お肉は薄切りのしゃぶしゃぶ用がいいと思います。
お箸で取って、少ししゃぶしゃぶして、赤みが多少残っているくらいがおいしいので、あんまり厚手だと、火の通りが遅くなってしまうので…。

タレはゴマ...続きを読む

Q二枚貝の可能飼育期間はどれくらいですか?

アサリのような貝を1ヶ月、なんとか飼っています。
近くの海水を汲んできて、2日に1回、海水の全交換。
砂は生息地の砂を立った貝の、2倍位の深さまで入れています。
サンゴ用の液体餌を毎日、1~2滴。
水温は20~24度に管理。
氷水等を飼育容器の下に置き、温度調整してます。
2日に1回、日光浴もさせています。
(温度の上がりすぎはさせていません。)

死んでしまったのもいますが、生き残っているのは比較的、元気で、
砂にも潜ります。
二枚貝は飼うのが困難との事。
飼育出来る限界とは、どれくらいの期間なのか、
目安を教えて頂ければ参考にしたいと思います。

よろしく、お願いします。

Aベストアンサー

konpekinosora様、お礼の方ありがとうございますm(_ _)m

まず、水温については、現状の18℃前後で問題ないと思います。
アサリの適正温度範囲の中では、やや低いほうですが、
むしろ、低い水温で貝の生理活動を抑えたほうが、
アサリの状態は安定します。

しかし、konpekinosora様も気に掛けておられるように、
アサリは水質、底質の悪化に大変弱い生き物です。

水質は、海水が濁っていなければ問題ありませんが、
例えば、他の貝が死んで、死んだ貝の体が海水中に溶けて
水が濁っている場合は危険です。生きている貝が、その溶けた
体の一部を吸い込むと、それがエラにつまって死んでしまい、
一気に大量の貝が死んでしまう場合があります。

また、死んだ貝の一部が底砂中に残ると、瞬く間に底質が悪化し、
砂に潜っている貝に悪影響を及ぼし、死んでしまう個体も出てきます。

私がアサリを飼育していたときは、死んでいる貝がいなければ、
水換えは1週間に1度程度でした。しかし、死んでいる貝を
見つけた場合は、すぐに死んでいる貝を取り除き、底砂を
水でキレイに洗い(真水で大丈夫です)、
新しい海水を入れていました。

飼育容器が、若干狭い気もしましたが、アサリの大きさは
どのくらいでしょうか?貝が小さければ問題ないと思いますが、
食用くらいの大きさでは、手狭かと思います。
食用くらいの大きさの貝10匹であれば、45~60cm水槽くらいが
良いと思います。

あとは、貝の健康状態を良好に保つため、良いエサを
与え、太らせることがポイントかと思います。
konpekinosora様の使用されている液体餌ですが、
すいません、ネットで調べましたが中身は
分かりませんでした…(><;)
しかし、サンゴ用なので、やはりアサリには不向きだと思います。
「M-1」の方ですが、以前はオークションに出ていたことも
あったのですが、最近は出品されていないようです。

そこで、個人向けの販売をされているのかは、分からないのですが、
こちらのサイト↓をご覧下さい。
http://www.isc1960.co.jp/index.html
もし、個人向けの販売をされていたら、エサを購入できると思います。
しかし、こちらのアイエスシー様では、植物プランクトンも販売
されているので、植物プランクトンの購入をオススメします。
植物プランクトンでしたら、ナンノクロロプシス以外が良いと
思います。ナンノクロロプシスは細胞壁が厚く、うまく消化
できないと言われているからです。また、植物プランクトンを
投入されたら、アサリのろ過能力の高さを、目の当たりで
実感できると思います。

アサリの数が減ってしまい、大変がっかりされていることと思います。
ですが、アサリは飼育の難しい生き物なので、仕方ない一面も
あると思います。
私も、普段、誰も貝の飼い方など聞いてはくれないので、
このような形でお役に立てて嬉しいです(^^)
また、質問などあれば、できる限りお答えしたいと思います。

konpekinosora様、お礼の方ありがとうございますm(_ _)m

まず、水温については、現状の18℃前後で問題ないと思います。
アサリの適正温度範囲の中では、やや低いほうですが、
むしろ、低い水温で貝の生理活動を抑えたほうが、
アサリの状態は安定します。

しかし、konpekinosora様も気に掛けておられるように、
アサリは水質、底質の悪化に大変弱い生き物です。

水質は、海水が濁っていなければ問題ありませんが、
例えば、他の貝が死んで、死んだ貝の体が海水中に溶けて
水が濁っている場合は危...続きを読む

Q住民票、身元証明書を取る際に必要なもの

住民票と身元証明書を市役所に取りに行きます。印鑑などいるのでしょうか?必要なものを教えて下さい。

Aベストアンサー

H20.5から窓口での本人確認が法律で義務化されています。
つまり、本人確認のため、
運転免許証、パスポート、
住基カード、健康保険証などが必要です。
ただし、顔写真がないものは、複数の提示を求められることがあります。
あとは、ハンコと手数料ですね。

Q海底の深さが分かる地図ってありますか?

できればネットで見れたら助かります。
釣りに利用したいと思っています。

Aベストアンサー

> 釣りに利用したいと思っています。

だと、メートル単位とかでしょうか。
海図に水深が書かれています。

海図を見てみよう!! | 日本水路協会
http://jha.or.jp/jp/jha/charts/glance/index.html


> できればネットで見れたら助かります。

詳細な海図?海底地形図?は有料だそうですが、釣り目的だとこちらが人気あるようです。

みんなの海図 | 釣りナビくん姉妹サイト
http://mar-nets.com/

港なんかがある地域なら、図書館とかに置かれてるかも。

Qハマグリは何故生食しないのですか?

鮑やサザエは生でも焼いてもおいしいし、青柳やホタテ等の2枚貝も生食がおいしいです。貝の中では鮑が天皇だとするとハマグリは将軍ぐらいの高い地位にあると思いますが生で食べないのは何故でしょうか?誰か教えてください。
また、生で出している飲み屋さんを知っている方がいらっしゃたら是非ともお教えください。(東京周辺希望です)

Aベストアンサー

日本でははまぐりを生で食べないのでしょうか?
フランスでは、牡蠣を生で食べますが、同様にはまぐりも生で剥いて食べていますよ。(貝類は牡蠣以外にも、はまぐり、ム-ル貝なども生食します。何故かホタテは、魚と同様火が入った料理が多いですが)
ただ、注文される方は、人数も少なく、牡蠣ほど一般的ではないようです。

Q潮干狩り用の鋤簾を売ってるところを教えてください。

カテゴリが不適切なのかもしれませんが、釣りをされる方ならかかるかなとおもいここにしました。
海沿いの釣具店または農機具店などで鋤簾を売っている店を知っていたら教えてください。
 

Aベストアンサー

あんな大きなものは多分百円ショップでは売ってないでしょう。

農機具としても使われているので農協とか、ホームセンターの農具コーナーで意外と扱っているかもしれません。

通販ではだめですか↓

参考URL:http://stakesi.hp.infoseek.co.jp/page051.html#lcn001

Qほやについて教えてください。

三陸へ旅行に行ってほやをたべました。
それまでもほやは食べた事がありましたが、
それ以上にとても美味しかったです。
自宅に帰ってから近所のスーパーでも売られているのを
見かけました。自宅でも沢山食べられると良いなと思ってます。
スーパーでは殻ごと売られていて自分で調理しなくてはなりません。
お店の人に教えてもらうと殻から中身を出して、
中心の腸を出して切って食べるそうです。
ほやの調理について乗っているHページには中の腸を抜く
事は書かれていませんが、中身は食べられるのですか?
中身にも黒っぽい部分とウニの様な部分が有りますが、
どちらも食べられるのでしょうか?
又、独特の苦味があるのですが、同じ苦い食べ物と
して、ふきのとうは発ガン性物質が含まれるので
食べないようにしましょうというのをみたことがあります。
ほやは全国的に普及していないようですが、
何か食べ過ぎると良くない物質などを含むのでしょうか?

Aベストアンサー

私もホヤ好きです。

調理法の紹介です。腸と黒い部分は普通食べません。
http://www.jnit.co.jp/kiriya/hoya2.html
http://www.nobi.or.jp/x/yamauchi/cooking/hoya/index2.html

>ほやは全国的に普及していないようですが、
全国的に普及していないのは、ほとんど生食なので採れたてのじゃないとおいしくないからということと、関東より南ではあまり食べる習慣がないからではないでしょうか?

>何か食べ過ぎると良くない物質などを含むのでしょうか?
ほやには亜鉛とセレンが多く含まれていると言われています。含有量が載ったページを探せませんでしたがそれぞれ一日当りの上限摂取量の推奨値があります。
成人で
セレン=250マイクログラム
亜鉛=30ミリグラム
htmhttp://www.gokkun.com/mineral-ryou.htm
一度に10個も20個も食べるとよろしくないということでしょう。
また、ホヤは重金属をよく蓄積することで知られています。やはり摂取しすぎると体によろしくないことが多いと思われます。そういう意味でもあまり食べすぎはよくないと思われます。

参考URL:http://www.gokkun.com/mineral-ryou.htm

私もホヤ好きです。

調理法の紹介です。腸と黒い部分は普通食べません。
http://www.jnit.co.jp/kiriya/hoya2.html
http://www.nobi.or.jp/x/yamauchi/cooking/hoya/index2.html

>ほやは全国的に普及していないようですが、
全国的に普及していないのは、ほとんど生食なので採れたてのじゃないとおいしくないからということと、関東より南ではあまり食べる習慣がないからではないでしょうか?

>何か食べ過ぎると良くない物質などを含むのでしょうか?
ほやには亜鉛とセレンが多く含まれていると言わ...続きを読む


人気Q&Aランキング