あなたの映画力を試せる!POPLETA映画検定(無料) >>

Windows XP home のメモリの使用量について質問です。

まず、私はWindowsタスクマネージャのパフォーマンス欄の「PF使用量」がメモリの使用総量で、
プロセス欄のイメージ名やメモリ使用量が、その内訳だとてっきり思っていたのですが、
今日、プロセス欄のメモリ使用量を全て合計してみると、
「PF使用量」よりも少ないことに初めて気が付きました。

具体的にはパソコン起動直後で
「PF使用量=320MB」「プロセス欄のメモリ使用量合計=289MB」「2つの差31MB」

ウイルスバスターなどの常駐系ソフトを終了させた状態で
「PF使用量=238MB」「プロセス欄のメモリ使用量合計=185MB」「2つの差53MB」でした。

そもそも、「PF使用量」と「プロセス欄のメモリ使用量合計」の違いや差が何なのか分からないです。
また、この「2つの値の差」が状況によって変わっているのも不思議です。

プロセス欄に表示されないでメモリを使ってるのはなんなんでしょうか?

ちなみに参考になるか分からないですが、
仮想メモリは使用しない設定にしています。
 

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

> 『ページング・ファイルなし』に設定しているにもかかわらず仮想メモリ(ページング・ファイル)が発生しているのはなぜでしょう?



そもそも「仮想メモリ」と「ページングファイル」とは全くの別物です。
↓仮想メモリの正しい説明
http://yougo.ascii24.com/gh/05/000533.html
↓仮想メモリの間違った説明
http://e-words.jp/w/E4BBAEE683B3E383A1E383A2E383 …

正しい説明を読んでも複雑でよく分からないかもしれませんが、ものすごく大雑把に言えば
「仮想メモリサイズ」=「物理メモリサイズ」+「ページングファイルサイズ」
となります。

さて、タスクマネージャの表示ですが、まず「PF 使用量」「ページファイル使用量の履歴」と書いてあるところは、実際にはページングファイルの使用量ではなく仮想メモリの使用量 (コミットチャージ) を表しています。
プロセス欄の「メモリ使用量」は、各プロセスが使用している物理メモリの量です。プロセスが使用している仮想メモリの量は、「メモリ使用量」ではなく「仮想メモリ使用量」を見る必要があります。
大まかには、各プロセスの「仮想メモリ使用量」の合計に OS 本体のメモリ使用量 (カーネルメモリ) を足したものがシステム全体の仮想メモリ使用量 (コミットチャージ) になりますが、値が完全に一致するというわけではありません。
物理メモリの使用量は、「パフォーマンス」タブの「物理メモリ」の「合計」から「利用可能」を引いたものが実質的なメモリ使用量です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しい説明ありがとうございます
お礼が遅くなりすみません

お礼日時:2006/09/18 03:43

> [システムのプロパティ]-[詳細設定]-[パフォーマンス設定]-[詳細設定]-[仮想メモリ変更]で


> 『ページング・ファイルなし』に設定しているにもかかわらず
> 仮想メモリ(ページング・ファイル)が発生しているのはなぜでしょう?

この辺はわかりませんが、

・仮想メモリを使わない設定はOSが対象で、アプリケーションは対象外?
・上位のデバイスドライバやなんかが使用している?
・いわゆるシステムリソース?
とか?

上の設定と別に、レジストリの変更でページファイルの生成を抑止する方法もあったと思いますし。

セーフモードでの起動、メモリの使用量を表示、メモリ開放するようなオンラインソフトの使用など、試して見るとか?

少なくとも、WinXPの動作環境ギリギリのメモリサイズで仮想メモリゼロだと、メモ帳すら起動しないとかってのは聞いた事無いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます
お礼が遅くなり申し訳ありません

お礼日時:2006/09/18 03:34

> 「PF使用量」よりも少ないことに初めて気が付きました。



ページング・ファイルは、
×:実際に使われているメモリ
○:メモリを退避するためのファイルのサイズ
です。

地震のの時の避難所なんかでも、退避先は多少余裕を持っていないと不便です。
また、退避してきた人がどこから来たの?いつ来たの?なんて情報も、一緒に記録する必要があります。

ITpro - Windowsシステムを探検しよう---第3回 あなたの仮想メモリーは動いていますか?
http://itpro.nikkeibp.co.jp/members/ITPro/ITBASI …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

紹介していただいたリンク先を見てみると

> メモリーの代役となるハードディスク領域は,
> 仮想メモリーあるいはページング・ファイルと呼ばれる

と書かれていたのですが、
[システムのプロパティ]-[詳細設定]-[パフォーマンス設定]-[詳細設定]-[仮想メモリ変更]で
『ページング・ファイルなし』に設定しているにもかかわらず
仮想メモリ(ページング・ファイル)が発生しているのはなぜでしょう?

また、実際に使われているメモリを知るには、ドコの値を見ればいいのでしょうか?

お礼日時:2006/09/05 22:18

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qタスクマネージャーで 物理メモリの合計とキャッシュ済み+空きメモリが合わないのはなぜ?

タスクマネージャーで 物理メモリの合計 と キャッシュ済み+空きメモリがの合計が合わないのはどうして
タスクマネージャーのパフォーマンスで 物理メモリ の 合計 キャシュ済み 利用可能 空きメモリ の関係はどうなっているのだろうか どう計算しても 合わない。

Aベストアンサー

タスク・マネージャのパフォーマンス・タブの見方
http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/win2ktips/1219taskv7/taskv7.html

タスクマネージャーのパフォーマンス右下のボタンで[リソース モニター]を起動させ、
そのメモリ タブを表示させれば、物理メモリの状況がグラフなっているので、
それを見れば分かると思います。

物理メモリの合計=キャッシュ済み+空きメモリ+使用中 です。
「使用中」がタスクマネージャーに表示されないだけ。

ちなみに、
キャッシュ済み=スタンバイ+変更済み
利用可能=スタンバイ+空き

一致しなくて当然なんですけどね

QPF使用量を削減したい

会社でHPのパソコンを使っているのですが、あまりにも動きが遅いので、色々調べてみたら、PF使用量が常に1GBを超えているようでした。

どうにもパソコンには無頓着なもので、どれを削除したらよいものかさっぱりわかりません。

プリントスクリーンを撮りましたので、お手数ですが、詳しい方、ご教授ください。


よろしくお願いします。



■PCのスペック
Windows XP Professional
サービスパック3

Intel Core 2 Duo
CPU E4400 2.00GHz
1.20GHz、980 MB RAM

Aベストアンサー

そのPCなら、できればメモリは2Gにすべき。
まともにデフラグするにしても、ページファイルの拡張に対して余裕を持たせるにしても、それにはCドライブの空きが10G程度必要。先ずはデフラグツール「UltimateDeflag」で診断することをオススメしたい!
Cドライブの空きを確保するには、システムの復元領域とゴミ箱の割り当てを削減。WindowsUpdate/MicrosoftUpdateのロールバックのためのファイル(システムフォルダの先頭が「$」)の削除。システム休止状態(サスペンド)のサポートを止める。これらが大口。

下のリンクにはXP(他にVISTAも)の性能対策がよくまとめられている。これはシリーズもので、XPの記事は全部で5本ある。何故かページは重い!(家だけか?)
この中で、私は「デフラグの自動実行機能」については「無効」にし、ファイル検索のインデックス作成も停止。「Windows Defender」も止めた方が良い。

先ずは上級編からよぉ~く、ご覧あれ!!他の4本のリンクはこのページの下にある。
[WinXP] PCの動作を速くする(上級編)
投稿者:マーチン  2007年4月12日
カテゴリ:集中講座::PCの動作を速くするには
http://mahoro-ba.net/e455.html

そのPCなら、できればメモリは2Gにすべき。
まともにデフラグするにしても、ページファイルの拡張に対して余裕を持たせるにしても、それにはCドライブの空きが10G程度必要。先ずはデフラグツール「UltimateDeflag」で診断することをオススメしたい!
Cドライブの空きを確保するには、システムの復元領域とゴミ箱の割り当てを削減。WindowsUpdate/MicrosoftUpdateのロールバックのためのファイル(システムフォルダの先頭が「$」)の削除。システム休止状態(サスペンド)のサポートを止める。これらが大口...続きを読む

Qパフォーマンスモニタの%Processor Timeが納得いきません

WindowsXPを使っていますが、何か大きな処理(例えばデフラグなど)をやりながらパフォーマンスモニタを見ていると、
"%Processor Time" の"Processer"を選んだ場合の波形が
タスクマネージャ/パフォーマンスで表示される「CPU使用率の履歴」とほぼ一致することがわかりました。
ところが、試しに同じ"%Processor Time" の"Process"で"_Total"を選んでみると
なぜか値が100を指したまま降りてこなくなっていました。"_Total"以外のプロセスでいくらか波が出ているにも関わらずです。

そこで質問です。
Q1:"%Processor Time" の"Processer"と
"%Processor Time" の"Process"の"_Total"は違うものなのでしょうか?
Q2:"%Processor Time" の"Process"の"_Total"とは
"%Processor Time" の"Process"の"_Total以外"の合計値だと思っていましたが、違うのでしょうか?

よろしくお願いします。

WindowsXPを使っていますが、何か大きな処理(例えばデフラグなど)をやりながらパフォーマンスモニタを見ていると、
"%Processor Time" の"Processer"を選んだ場合の波形が
タスクマネージャ/パフォーマンスで表示される「CPU使用率の履歴」とほぼ一致することがわかりました。
ところが、試しに同じ"%Processor Time" の"Process"で"_Total"を選んでみると
なぜか値が100を指したまま降りてこなくなっていました。"_Total"以外のプロセスでいくらか波が出ているにも関わらずです。

そこで質問です。
Q...続きを読む

Aベストアンサー

A1
Processerの方は、Idle以外のプロセスの合計+カーネル(OS)です。
Processの方は、すべてプロセスの合計です。カーネルの分は含みません。
A2
そのとうりで、_Total以外の合計値です。

なぜ100を指すのかというと、CPUを使用してない時は、Idleというプロセスがすべて消費しています。(タスクマネージャ上ではSystem Idle Processというやつです。)
つまり、このプロセスの使用率はCPUの未使用率になります。

しかし、Processの_TotalはIdleまで合計してしまうので、
使用率+未使用率-カーネル使用率となるので、カーネルが重い処理をしてなければ、ほぼ100を維持することになります。

Qコミットチャージが搭載可能メモリより多い場合は?

あるWindows7PCですが、コミットチャージの最大値が搭載できるメモリを超えてしまいました。
動画編集や仮想PCをしている関係で、コミットは多い時で3,800MBぐらいですが、PCが32ビット版専用ということから、3,003MB以上のメモリ増設ができません。
仮想PCは、メモリ割り当てを考えてはいるものの、それ自体が最低限必要なメモリ容量から減らせません。

コミットチャージがPCに搭載できるメモリより多い場合は、どうすればいいですか?

Aベストアンサー

越えても全く問題ありません。

越えたと言うことは、仮想メモリを割り当てているはずで、物理メモリをはみ出た分はディスク上の仮想メモリファイルに書き込まれて、必要に応じて物理メモリに読み込まれます。

ただし、あまりにも仮想メモリ使用量が多いと速度低下が激しくなるので、コミットチャージは物理メモリ量の2-3倍程度にとどめる必要があります。つまり、コミットチャージがその程度であれば全く問題ありません。

>仮想PCは、メモリ割り当てを考えてはいるものの、それ自体が最低限必要なメモリ容量から減らせません。

この文章は全く意味不明。仮想PCはこの件とは関係ありません。仮想メモリの書き間違いですか?

Qpingでポートの指定

pingでIPアドレスを指定して、通信できるかどうかというのは
よく使いますが、pingでポートを指定して応答するかどうかは調べられるのでしょうか?

よろしくお願いします

Aベストアンサー

pingを含むICMPというプロトコルは、OSIの7レイヤで言うところのL2(同一セグメント内通信)とL3(IPルーティングされた通信)の両方にまたがる、ちょっと珍しいプロトコルです。

IPアドレスは指定できますが、別サブネットに属するIPアドレスに到達できればL3通信、できなければゲートウェイと呼ばれる同一サブネットに属する中継装置からの回答を得るという点でL2(MAC通信ではなく、同一セグメント内通信という意味)通信です。

ポート番号はL4で使用されるアドレスですから、L4機能の疎通確認はping(を含むICMP)ではできません。

FTPの疎通確認であれば、クライアントからサーバに対するTCP/21通信(FTP-CMD)が可能であること(サーバからクライアントへのTCP/21からの応答を含む)+サーバからクライアントに対するTCP/20通信(FTP-DATA)が可能であること(クライアントからサーバへのTCP/21からの応答を含む)が必要でしょう。

監視ソフトによるものであれば、
・クライアントからサーバへのログイン(TCP/21)
・クライアントからサーバへのlsの結果(TCP/20)
で確認すればよいでしょう。

pingを含むICMPというプロトコルは、OSIの7レイヤで言うところのL2(同一セグメント内通信)とL3(IPルーティングされた通信)の両方にまたがる、ちょっと珍しいプロトコルです。

IPアドレスは指定できますが、別サブネットに属するIPアドレスに到達できればL3通信、できなければゲートウェイと呼ばれる同一サブネットに属する中継装置からの回答を得るという点でL2(MAC通信ではなく、同一セグメント内通信という意味)通信です。

ポート番号はL4で使用されるアドレスですから、L4機能の疎通確認はping(を含む...続きを読む

Q動作を停止しましたと表示され、停止します。

動作を停止しましたと表示され、アプリケーション停止します。

問題の詳細



発生元
怪盗攻略ブラウザ2

概要
動作が停止しました

日付
‎2013/‎08/‎07 0:19

状態
レポートが送信されました

説明
障害が発生しているアプリケーションのパス: C:\Users\******\AppData\Local\Apps\2.0\8B9RETX1.HAB\QDOQORNC.VKJ\kait..tion_8149fee0edf1ff73_0002.0001_5674af9cba542bd5\KaitoBrowser2_1.exe

問題の署名
問題イベント名: APPCRASH
アプリケーション名: KaitoBrowser2_1.exe
アプリケーションのバージョン: 1.0.0.0
アプリケーションのタイムスタンプ: 51ef9c9c
障害モジュールの名前: KERNELBASE.dll
障害モジュールのバージョン: 6.1.7601.18015
障害モジュールのタイムスタンプ: 50b83c8a
例外コード: 4000001f
例外オフセット: 00013219
OS バージョン: 6.1.7601.2.1.0.768.3
ロケール ID: 1041
追加情報 1: 12e5
追加情報 2: 12e5e8e1c146c520e06bac21034ebc4f
追加情報 3: 3670
追加情報 4: 367002d938052abab76c4a26ecb98de3

この問題に関するその他の情報
バケット ID: 3728007683

動作を停止しましたと表示され、アプリケーション停止します。

問題の詳細



発生元
怪盗攻略ブラウザ2

概要
動作が停止しました

日付
‎2013/‎08/‎07 0:19

状態
レポートが送信されました

説明
障害が発生しているアプリケーションのパス: C:\Users\******\AppData\Local\Apps\2.0\8B9RETX1.HAB\QDOQORNC.VKJ\kait..tion_8149fee0edf1ff73_0002.0001_5674af9cba542bd5\KaitoBrowser2_1.exe

問題の署名
問題イベント名: APPCRASH
アプリケーション名: KaitoBrowser2_1.exe
ア...続きを読む

Aベストアンサー

追加
>KERNELBASE.dll

VB***、.NET Framework*関連の場合もあります。
VB PowerPacksSetup.exeを実行インストールして解決した事例
参考URL

参考URL:http://dobon.net/cgi-bin/vbbbs/cbbs.cgi?mode=al2&namber=30385&no=0&KLOG=3

QDirコマンドでフォルダ内ファイルの合計サイズをだすには?(コマンドプロンプトにて)

いろいろ調べましたが不明な点があり、質問します。

WindowsのDOSプロンプトでdirコマンドを打つとフォルダ・ファイルの一覧が表示されますが、その中にファイルサイズが表示されています。
このサイズを合計できるコマンドはありませんか?
DIRコマンドのオプションを調べましたがそれらしいものが見当たりません。
具体的には
C:\xxx\配下に50個程度のファイルがあります。
その50個の合計サイズを知りたいです。
xxxフォルダの親フォルダにはアクセス不可です。

ずーっと悩んでいます。よろしくお願いします。

なお、OSはWindowsNTか2000で使用予定です。

Aベストアンサー

カレントドライブ、カレントフォルダを
C:\xxx\
にした状態で、

dir /s /a-d

/sパラメータででサブディレクトリすべてを検索
/a-dパラメータでディレクトリ以外のファイル(つまり属性に関係なくすべてのファイル

これを実行すると最後にファイルの個数とファイルサイズの合計を表示します。

もし、隠し属性のファイルは合計しないのであれば、

dir /s

だけで良いと思われます。

QSubversionのリポジトリの削除

Subversionを使ってみようと現在ダウンロードしていろいろ試しています。
そこで疑問なんですが、たとえばテスト用で作ったSubvewsionのリポジトリを完全に削除したい場合はどうすればいいのでしょうか?

単純にそのリポジトリ以下のファイルやディレクトリを削除するだけでいいのでしょうか?

現在、Windowsで上でリポジトリ(ローカル)を作成し、TortioseSVN経由で利用しています。
UNIX系の場合でかまわないので、情報があれば教えてほしいです。

Aベストアンサー

リポジトリごとごっそり削除したい場合は、Subversionのディレクトリ以下を全て消してしまえば良いと思います。

試しに ディレクトリをRenameしてみてはどうでしょうか?
当然ですが、アクセスできなくなると思います。。
# 何かSubversion用のデーモンを動かしている場合はちょっと注意が要るかもしれません。

私は大抵そういう場合は消してしまいますが、はたして他のディレクトリに書き込みを全くしていないかというと、確認したことはないです。
ただ、マニュアルにも
http://subversion.bluegate.org/doc/book.html#svn.reposadmin.maint.backup
「コピーすればバックアップが取れる」とあるので、その部分にしか書き込みはしていないと思われます。

QDoEvents関数って何?

こんにちは。

VBAやプログラミングに詳しい皆様に
教えていただきたい質問があります。

cells(1,1)からcells(5000,1)までの値を消去するときに
処理の進行状況を表示するためにuserform上にプログレスバーを表示したいと思います。

そこで下記のようなコードを入力しました。

userform1.show
for i =1 to 5000
cells(i,1)=""
userform1.progressbar1.value=i/5000*100
next i
unload userform1

しかしこれだとuserformの背景が真っ白になってしまい
ラベルの文字も消えてしまいます。
そこで「EXCEL VBA パーフェクトマスター」という本を見たら

for i =1 to 5000
cells(i,1)=""
userform1.progressbar1.value=i/5000*100
DoEvents
next i
unload userform1
と入力すれば解決することがわかりました。

しかし「DoEvents」についてあまり詳しく書いていなかったのでDoEvents関数をヘルプで見ると、
「発生したイベントがオペレーティング システムによって処理されるように、プログラムで占有していた制御をオペレーティング システムに渡すフロー制御関数です。」

と書いてあるのですが正直、書いてあることがよくわかりません。

どなたかDoEvents関数について、
もう少しわかりやすく教えていただけませんか。
それから、最初に書いたコードで実行すると
ユーザーフォームの背景が真っ白になってしまう原因も
教えていただけませんか?

よろしくお願いいたします。

こんにちは。

VBAやプログラミングに詳しい皆様に
教えていただきたい質問があります。

cells(1,1)からcells(5000,1)までの値を消去するときに
処理の進行状況を表示するためにuserform上にプログレスバーを表示したいと思います。

そこで下記のようなコードを入力しました。

userform1.show
for i =1 to 5000
cells(i,1)=""
userform1.progressbar1.value=i/5000*100
next i
unload userform1

しかしこれだとuserformの背景が真っ白になってしまい
ラベルの文字も消えてしまいます。
そ...続きを読む

Aベストアンサー

簡単に言うと、
OS に制御を渡すってことです。(ヘルプそのまんま)
時間が掛かるループ処理などの場合、ループが終わるまで制御は独占されてしまいます。
ですのでループ中は OS や Excel そのものにも再描画をさせる暇さえ与えません。
途中に DoEvents を入れると制御が OS に渡るので、OS は溜まっていた処理をそこで行うことができます。
結果、フォームの再描画などが行われることになります。

注意点ですが、
Private Sub CommandButton1_Click()
  Dim i As Long

  For i = 1 To 50000
    DoEvents
    Cells(i,1) = ""
  Next i
End Sub

Private Sub CommandButton2_Click()
  MsgBox "hoge"
End Sub

っていうフォームのコードがあった場合、
DoEvents を入れることによって、ループ中にユーザーがCommandButton2 を押すことによって CommandButton2 のクリック イベントも動いちゃいます。
CommandButton1 のクリック イベントではループの前に
CommandButton1.Enabled = False
CommandButton2.Enabled = False
を書いてフォーム上の CommandButton を無効にしておき、ループが終わったら
CommandButton1.Enabled = True
CommandButton2.Enabled = True
と書いて CommandButton を有効に戻してください。

これを工夫すれば、CommandButton2 で CommandButton1 のループを途中キャンセルする処理もすることができます。

Private Canceled As Boolean

Private Sub CommandButton1_Click()

  CommandButton2.Enabled = False

  Dim i As Long
  For i = 1 To 50000
    DoEvents

    If Canceled = True Then
      MsgBox "キャンセルしました"
      Exit Sub
    End If

    Cells(i, 1).Value = ""
  Next i
End Sub

Private CommandButton2_Click()
  Canceled = True
End Sub



コードの行頭にあるスペースは見易さのために全角スペースで作成していますので、これをこのままコピペするとエラーになるかもしれません。
コピペするなら行頭の全角スペースを半角スペースに直してください。

簡単に言うと、
OS に制御を渡すってことです。(ヘルプそのまんま)
時間が掛かるループ処理などの場合、ループが終わるまで制御は独占されてしまいます。
ですのでループ中は OS や Excel そのものにも再描画をさせる暇さえ与えません。
途中に DoEvents を入れると制御が OS に渡るので、OS は溜まっていた処理をそこで行うことができます。
結果、フォームの再描画などが行われることになります。

注意点ですが、
Private Sub CommandButton1_Click()
  Dim i As Long

  For i = 1 To 50000
...続きを読む

QPostgreSQLが起動しない・・・

はじめまして、tanu_2です。
玄箱HGをDebian化し、いろいろと遊んでいます。

PostgreSQLをapt-getでインストールし、Webアプリを動かしていたのですが、昨日より突然、PostgreSQLが動かなくなってしまいました。
原因が分からず、サーバを再起動し、
# /etc/init.d/postgresql start

$ pg_ctl start
などを試してみたのですが、動きません。
念のため、初期化(initdb)も試みたのですが、これも失敗してしまいます。
/var/log/postgresql/postgres/logを覗いてみると、

FATAL: could not write lock file "/var/lib/postgres/data/postmaster.pid": No space

となっており、上記ディレクトリにpostmaster.pid書き込みできないよ、と言われているっぽかったので、パーミッションを変更したりして
みましたが、postgresql startにしろ、pg_ctl startにしろ、それぞれのコマンドで起動すると、強制的にパーミッションが「700」に変更されてしまうようで、結果は同じでした。

どなたか、解決策をご教示願えませんでしょうか?

よろしくお願いします。m(_ _)m

はじめまして、tanu_2です。
玄箱HGをDebian化し、いろいろと遊んでいます。

PostgreSQLをapt-getでインストールし、Webアプリを動かしていたのですが、昨日より突然、PostgreSQLが動かなくなってしまいました。
原因が分からず、サーバを再起動し、
# /etc/init.d/postgresql start

$ pg_ctl start
などを試してみたのですが、動きません。
念のため、初期化(initdb)も試みたのですが、これも失敗してしまいます。
/var/log/postgresql/postgres/logを覗いてみると、

FATAL: could not wri...続きを読む

Aベストアンサー

それ以外にも、以下のようなコマンドを使ってデータベースサーバプログラムの起動が出来ますよね。

postmaster -D /usr/local/pgsql/data

ただ、以下のURLのドキュメント内には、次のような記述があります。

「何を実行するにしても、サーバはPostgreSQLユーザアカウントで起動させなければなりません。 rootであってはいけませんし、他のユーザでもいけません。」

パッケージによるインストールであれば、自動でpostgresユーザが作られているはずだと思うけど。(Debianは使ったことないので、確証はなし。)

su - postgres

上記のコマンドでログインするなり、パスワードを忘れたのならroot権限にてpasswdコマンドから変更するなりした後、もう一度postmasterを起動してみよう!

ちなみに、パーミッション関係のエラーは、「Permission denied」ですよね。

参考URL:http://www.postgresql.jp/document/pg803doc/html/postmaster-start.html

それ以外にも、以下のようなコマンドを使ってデータベースサーバプログラムの起動が出来ますよね。

postmaster -D /usr/local/pgsql/data

ただ、以下のURLのドキュメント内には、次のような記述があります。

「何を実行するにしても、サーバはPostgreSQLユーザアカウントで起動させなければなりません。 rootであってはいけませんし、他のユーザでもいけません。」

パッケージによるインストールであれば、自動でpostgresユーザが作られているはずだと思うけど。(Debianは使ったことないので、確証は...続きを読む


人気Q&Aランキング