柄谷行人氏の漱石「こころ」評を読んでいて、全く新しい視点で印象深かったのですが、その中にヘーゲルの「他人の欲望」というキーワードが出てきました。

我々の欲望は既に社会的な関係のなかに絡めとられていて、「こころ」でも先生のお嬢さんに対する欲望はKという他人がいて初めて発生した欲望だ、従ってこの欲望ははなからKを排除することが条件づけられたものだ、というような内容でした。

さて、実際にヘーゲルの「他人の欲望」という説をもう少し知りたいと思うのですが、どなたか教えていただけますか。
昔ボードリヤールは多少読みましたので、そのあたりとの違いをベースに教えて頂けると有難いと思います。宜しくお願いします。

A 回答 (1件)

下記にご紹介する参考URLが、なにかのお役に立てばと思います。


見当違いの回答になりましたらご容赦ください。

参考URL:http://carmen.artsci.washington.edu/panop/author …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうも有難うございました。
URL拝見しました。ボードリヤールの解説ですね。彼の言うところの記号消費社会の現実と比べて「他人の欲望」がどういうものなのか、と思ったのが質問のきっかけでした。

お礼日時:2002/03/23 08:52

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ