アプリ版:「スタンプのみでお礼する」機能のリリースについて

最近、東野圭吾さんの作品を読み始めて、
「さまよう刃」、「秘密」と読んで、一番最近には「片想い」を読みました。
それでラストなんですが、いまいちよく分かりません。
「日浦と中尾が一緒に旅をしている」と安西が言っていましたが、
中尾はもう死んでしまっているので、美月一人でいるのでしょうか?
しかしその後に「片想いが実った」と言っているし、安西が真実を語っているともあるので、美月と理沙子が二人で旅でもしてるのかと思ったのですが、
哲郎の、理沙子からの写真を皆に見せた後に、哲郎は彼女を見送った時の思い出しますよね。
その時は、彼女は、「QB」と言っています。
ということは彼女とは美月なのでしょうか?
すごい混乱しています。ただでさえ戸籍交換で混乱しているのに…
ラストはどういった意味になるのか誰が誰であるのか、分かる方教えてもらいたいです。
宜しくお願い致します。

A 回答 (1件)

専門的な読み方はできないですし、自信は全くないですが、私の意見を書きますね。

数ヶ月前に読んだきりで、今手元に本が見つからないので、もし勘違いとかあったらごめんなさい。

中尾は別れた奥さんを傷つけないよう、身元がわからないよう焼身して海に突っ込んでいきます。体は死んでしまったのに、中尾は書類の上では生きていることになります。
中尾が自殺したあと、車に乗った3人が警察に呼びとめられて、美月が中尾としてその場をやり過ごすようなシーンが確かありましたよね?
あそこで、宙ぶらりんになってしまった中尾の存在が美月に引き継がれたのだと私は思いました。(あくまで存在を引き継いだだけで、中尾の戸籍を美月が受け継いだというわけではないと思います。美月のなかに中尾も生きてる、みたいな感じでしょうか?)

だから、旅をしている美月は美月でもあり、中尾でもある。美月は女としての自分と男としての自分の両方を、「美月」と「中尾」という2つの名を持つことで手に入れたのだと思います。メビウスの輪の表裏のように(でしたっけ?うろ覚えなのですが・・・)一つになれないはずの男と女の両方を、美月は手にいれた(=「片想いが実った」)。

哲郎が見送った「彼女」は理沙子だと思います。おそらく理沙子は夫婦の仲をもう一度見つめなおすために、あえて学生時代に使われていた「QB」という呼び方をしたのではないでしょうか。

感想みたいになっちゃいました。
駄文ですが、なにか参考になる部分が少しでもあったら幸いです。
    • good
    • 19
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
いえいえ、とても参考になりました。
勘違いありませんのでご心配なく。

なるほど、納得できます。
理沙子の所は、サバンナの草原で走る姿を哲郎が想像した、というところで、
理沙子ではないのかと思っていたのですが、「QB」という言葉で、混乱してました。
うーん、奥が深い…(僕がただ理解力がないだけかもしれませんが…)
回答ありがとうございました!

お礼日時:2006/09/15 14:38

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!