辻元バッシングをするつもりではないのですが、辻元清美氏の弁明で、なんとも納得のいかない点があります。 まず、辻元氏の説明はこのようなものです。
 1.議員になりたてのころ、右も左もわからず、優秀なアドバイザが欲しかった。
 2.ある人の紹介で辺見氏に政策秘書になってもらった。電話によるアドバイス等を受け、よく働いていただいた。だから名義貸しではない。
 3.社民党にも辻元事務所にも、当時まったくお金がなかった。
 4.一種のワークシェアリングのつもりで、辺見氏の給与は月5万円、残りは辻元事務所の他の秘書やアルバイトの人件費に使用した。
 5.辺見氏の給与の残りを辻元事務所に戻すのに、「寄付行為」としての正式の届け出をしていなかった。まったく私のミスでした。
 辻元氏の主張は、こう言っているように聞こえます。「無知ゆえにミスをした。悪気はなかった」「今のシステム自体に間違いがあるのではないか」「私がやったことは合理的な事務所運営法であり、根本的にはやむを得なかった」
 納得いきません。
 1.まず、本当に本人の無知ゆえの悪気の無い行為でしょうか? 誰かが入れ知恵したのではないでしょうか? 社民党を辞めないということは、もしや…。
 2.本当に寄付行為として届けてさえいれば問題ないのでしょうか? 辺見氏の仕事が一千万の給与支出に見合わないものでしかないのは、明らかなのですが…。
 3.自分自身の事務所の経費に流用することが、本当に「私腹を肥やした」ことにならないのでしょうか? 詐欺でないと言えるでしょうか?
 4.だいたい辺見氏自身が、「これは政治資金規制法に触れる。まずい」と気がつかなかったのでしょうか? そういうアドバイスをしてもらうために雇ったのでしょう。それとも「電話アドバイス」すら本当はなく、やはり名義貸しなのか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

あれで、言い訳してるつもりなんでしょうか。


常識のある人が聞けば、矛盾だらけ。
やったことは単なるミスではなく、計画的な犯罪であることは明らか。

党に残るっていうのも不自然ですよね。
組織ぐるみの犯行を疑われても仕方ないです。根は深いですよきっと。
社民党は何を考えてるんでしょうね。
    • good
    • 0

もともとテレビでみてますと机上の学問といいましょうか現実を無視した議論の


為の議論のような感じで何か青臭い学生っぽいような感じをうけましたが大違い
結構やるじゃないですか普通の人がやるような事を私が議員でしたらやっているかもしれませんネ。が社民党民主党、共産党のようなクリーンイメージが売りの
集団はあくまで潔癖で清く正しく美しくやってはいけません。武士はくわねど
つまようじの方で口先一本で生きていく人だと思っておりましたが、現実生活
しっかり生きておりますネ。たとえが悪いが、サラリーマンが働く意欲もなく
病気なのに、失業保険をもらう行為と近いかな遠いかな?
    • good
    • 0

あなたは、今回の辻元清美の問題について相当ご興味があおりのようですね。



一番興味深いのは、辻元清美が社民党を離党しないということです。これまでの、土井たか子の口ぐせである「ダメなものはダメ」の論理を貫くなら「除名処分」となるところでしょう。

ところが、そうは行きませんでした。もし、除名処分にしたら、社民党全体が、赤軍派・辻元清美に脅(おど)され続けることになるからです。

つまり、あなたもご指摘のように「入れ知恵」の張本人が誰かを辻元清美が世間に暴露すれば、社民党はつぶれてしまうからです。

ともあれ、社民党という政党はもうしばらく「存続」するでしょうが、辻元清美は詐欺容疑で逮捕され、政界から消え去ることでしょう。

国会で暴れまくった分だけ、その末路は哀れなものです。

辻元清美が鈴木宗男に対して放った言葉が、そのまま自分自身にはね返ってくるとは、まさに「因果応報」です。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報