「個人賠償責任保険」は傷害保険や火災保険の特約では見かけるのですが、単独商品として販売している会社はないのでしょうか?もしあった場合、保険料はいくらくらいでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

個人賠償責任保険は、ほとんどの損害保険会社で扱っています。


保険料が安くて、あまり利益がないことから、積極的に宣伝していないようですから、知られていないようです。

保険料の一例です。
1事故につき1億円限度の場合。
2,000円(1年) 3,800円(2年) 5,500円(3年)

1事故につき5,000万円限度の場合。
1,850円(1年) 3,520円 (2年)5,090円(3年)

1事故につき3,000万円限度の場合。
1,740円 (1年)3,310円(2年) 4,790円(3年)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

具体的数字を教えていただきありがとうございました。

お礼日時:2002/03/31 09:29

 賠償責任保険の最低保険料が3000円ですし、本人に限られる点とか、要注意扱いにされますので、単独は不利です。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはり特約の方がいいですか。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/03/31 09:32

大体の損害保険会社で販売をしています。



ただ、特約で傷害・火災・自動車保険にセットで加えたほうが割安で加入することができます。ただし、セットに組んであるものの内 学生総合保険の個人賠償は注意してください。代償が学生本人に限定されます。他の保険の場合は、家族全員が対象になります。保険は、だれが補償の対象になっている保険がよく確認をしてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2002/03/31 09:30

私は、会社で入会してます。


労金系かな  月 400円程度です。
資料がそばに無いので、あいまいで御免なさい。

会社に行けば、資料が有るので

組合で加入してるので、それに類する団体だったはず?? 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2002/03/31 09:28

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q個人事業の 確定申告の やり方が よくわかりません どのように したら よいですか

個人事業の 確定申告の やり方が よくわかりません どのように したら よいですか

Aベストアンサー

勉強すれば分かります。
誰でもやってる事だから。


確定申告とは?初めての方に1から分かりやすく説明
http://biz-owner.net/kakutei/hajimete

白色申告での帳簿づけの方法
http://biz-owner.net/shiro/yarukoto

国税庁>…>事業主と税金
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/shoto316.htm

頑張って下さい。v(^^;

Q火災保険に示談交渉付の個人賠償責任保険を特約で付保できる

火災保険に示談交渉付の個人賠償責任保険を特約で付保できる
商品をどこの会社のどの名前か具体的に教えてください。
お願いします

Aベストアンサー

以前調べたときには下記でしたが
現在はもっとあるかも知れません。

(1)三井住友 ホームピカイチ
(2)あいおい 家庭総合
(3)日本興亜 フルハウス
(4)ニッセイ同和 家庭用火災総合

Q副業での個人事業の場合、屋号名義と個人名義で2種類確定申告が必要ですか?

教えて下さい。 昨年、週末副業で個人事業を始めました。これまでの給与所得者(不動産収入ありで毎年確定申告)としての個人名義での確定申告と、開業時に届け出た屋号名義での確定申告の、2通(種類)の「確定申告書B」を提出する必要があるのでしょうか? それとも、合算してひとつの「確定申告書B」を提出すればいいのでしょうか?

Aベストアンサー

確定申告は個人名で行うので、確定申告書は1通です。
所得額は、個人の所得全てを合算して計算するので、事業単位に決算書を作成して、確定申告書に所得額(給与・不動産・副業)を記入し、合算して算出します。

Q人身傷害保険、搭乗者保険、歩行者傷害特約、及び一般の疾病保険

過去問も見たのですが、自分のケースで再確認させてください。まもなく任意保険の更新です。対人賠償無制限、人身傷害4000万円、搭乗者(部位別)500万円をつけています。一般の疾病保険でも家族は全員医療保険に入っていて、家族以外の人がほとんどンらない場合、搭乗者保険は削ってもかまわないのでしょうか。
それと、歩行者傷害特約というものがあり、今までつけていませんでしたが、今ひとつ説明がわかりません。
「 対人賠償保険は、自動車事故で他人(歩行者、相手の車に乗っていた人、ご自身の車に乗せていた人など)を死傷させ、法律上の損害賠償責任を負担された場合で、自賠責保険で支払われる金額を超過した金額について、保険金をお支払いします。
また、対歩行者傷害補償特約とは、対人事故の被害者が歩行者の場合に、被害者の損害額(人身傷害保険の支払い基準(注1)に基づいて算出される金額)が、対人賠償保険または自賠責保険等で支払われる保険金を上回るときには、保険金をお支払いします。(注2)
被害者に過失がある場合でも、対人賠償保険の保険金に上乗せして保険金が支払われるため、事故が円満、敏速に解決しやすくなります。 人身傷害保険を付保している場合に付帯できます。
(注1) 人身傷害条項の損害額基準
(注2) 対人賠償保険の保険金が支払われる場合
(対人賠償の被保険者が、法律上の損害賠償責任を
負担する場合で、自賠責のみの保険金支払となった場合を 含みます)に限ります。 」

となっています。対人も人身傷害もつけていて、歩行者傷害をつけてなかったために起きる不都合、というのはどういうケースがあるか、保険会社に問い合わせましたが、「個々のケースは一概に回答できない」とのことでした。本当にあったほうがいい特約なのでしょうか。

過去問も見たのですが、自分のケースで再確認させてください。まもなく任意保険の更新です。対人賠償無制限、人身傷害4000万円、搭乗者(部位別)500万円をつけています。一般の疾病保険でも家族は全員医療保険に入っていて、家族以外の人がほとんどンらない場合、搭乗者保険は削ってもかまわないのでしょうか。
それと、歩行者傷害特約というものがあり、今までつけていませんでしたが、今ひとつ説明がわかりません。
「 対人賠償保険は、自動車事故で他人(歩行者、相手の車に乗っていた人、ご自身の車...続きを読む

Aベストアンサー

個人的見解に対して「理解できない」というカキコミは面白くないですね。別に他の回答やアドバイスをかかれる人を説得しようとは思いません。しかしこの特約の役割に疑問を感じることは事実なのでもう少し書かせていただきます。

「対物超過」にしろ「歩行者…」のしろ、法的義務以外の部分にまで支払いをするということは同じです。しかし「対物超過」は法的賠償義務を超えた範囲であっても、あくまでも過失割合を適用します。つまりどんなにごねても自分の過失分が埋まることはありません。しかし「歩行者・・・」は歩行者側の過失分についてまで支払いをすることになります。つまりどんなに過失があろうともごねれば自分の過失分が消えることになります。ここがふたつの特約の大きく違う点です。

確かに事故処理の簡素化という点では有効だと思います。しかし「相手の過失分を自分の保険でカバーする」ということに納得できません。

これらの違いを理解したうえで、自分にとって特約が必要なのかどうかを判断するべきです。保険を売る側に「内容もお任せ」であればそれもいいとは思います。しかし「本当にあったほうがいい特約なのでしょうか。」といった疑問を持つ限り、中身をよく理解した上で判断されるといいでしょう。同じ特約でもいろいろな考え方があります。

個人的見解に対して「理解できない」というカキコミは面白くないですね。別に他の回答やアドバイスをかかれる人を説得しようとは思いません。しかしこの特約の役割に疑問を感じることは事実なのでもう少し書かせていただきます。

「対物超過」にしろ「歩行者…」のしろ、法的義務以外の部分にまで支払いをするということは同じです。しかし「対物超過」は法的賠償義務を超えた範囲であっても、あくまでも過失割合を適用します。つまりどんなにごねても自分の過失分が埋まることはありません。しかし「歩行者・・...続きを読む

Q個人事業の確定申告とその事業主の確定申告

初めて質問させて頂きます。ご回答よろしくお願い致します。
■今年春より個人開業したいと思いますが、確定申告についてお尋ねします。事業所得と個人所得があると聞きましたが・・・。

■確定申告は、その個人事業所の「事業所得についての確定申告」とその個人事業所より給与をもらっている「個人(開業者本人)の確定申告」をしなければならないのでしょうか。

■年間売上が何千万となる可能性はなく、数百万でもどうか・・といったところです。したがって事業所得から従事者個人(開業者本人1名)の給与を経費として差し引くと事業所得はほとんど残らないことになりますが・・・。

■それであれば、事業所得の確定申告は不要で、その個人所得のみを確定申告すれば良いのでしょうか?それとも個人事業所はその開業者個人と一体と見なし、個人所得の確定申告だけで良い・・ということなのでしょうか?ご回答よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>事業所得と個人所得があると聞きましたが…

誰に聞きましたか。
そのような考え方はありません。

>その個人事業所の「事業所得についての確定申告」とその個人事業所より給与をもらっている「個人(開業者本人)の確定申告」を…

そのようなことはありません。

>事業所得から従事者個人(開業者本人1名)の給与を経費として差し引くと…

自分で自分に給与を払うことはありません。
事業で得たお金を生活費に回すことは「事業主貸」と言い、給与ではありません。

>それとも個人事業所はその開業者個人と一体と見なし、個人所得の確定申告だけで良い…

そういうことです。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

Q人身傷害保険と無保険車傷害&自損事故傷害

自動車保険の更新です。会社は、あ○いおい損保です。代理店で確認するつもりですが、代理店の方が誤解して違ったことを教える場合もあるかと思いますので、知っている方がいましたら教えてください。

1.今度の更新で、人身傷害保険を無制限にします。
無保険車傷害不担保特約と自損事故不担保特約を付けようと思いますが、何か不都合はあるのでしょうか。

2.人身傷害の搭乗中のみ担保特約
家族で複数の自動車を保有し、無制限の人身傷害を付けていますので、私の車は搭乗中のみ担保特約を付けようと思います。私が搭乗中以外の傷害を負ったときは家族の人身傷害保険が適用されるのでしょうか。

Aベストアンサー

代理店は信頼できないが、ここは信頼できるって事かな?

両方の質問に関わることですが、人身傷害保険については各社で商品内容が若干違っています。代理店の方が信頼できないのであれば、直接保険会社(あ○いおい損保)で確認されてはいかがでしょうか。

私が知っている範囲では、
1.不都合はないと思われます。あ○いおい損保さんは不担保特約をつける必要があるんですか? 特に不担保としなくても自動的に人身傷害に含まれている会社もあります。
2.特に問題はないと思われます。しかしくどいようですが保険会社によって商品内容がちがっています。搭乗中以外の補償についてはその範囲など確認されることをお奨めします。

Q個人での確定申告・・・

派遣で働いているものですが、派遣会社へ期限内に確定申告書を送付することが出来ませんでした。
その場合、来年一月下旬に個人で確定申告をすることになっています。
個人での確定申告って難しいものですか?
経験された方の経験だどお教えください。

Aベストアンサー

個人での確定申告は簡単です。

通常は以下のURLからパソコンで書類作成をクリック後、書面提出をクリックして、『既にご利用環境を確認済みの場合、こちらのチェックボックスから全ての項目に一括でチェックを入れることができます。』の下の以下のチェックボックスにチェックを入れ、

□このパソコンの環境における、下記のチェック項目については、全て確認済みです。

書類を作って印刷し、役所へ持っていくだけです。

https://www.keisan.nta.go.jp/h24/ta_top.htm

Q自動車保険に傷害保険特約を付帯したい

 現在、ある保険会社で自動車保険に加入しているのですが、今回の更新で
保険商品が色々と変更され、傷害保険特約がなくなってしまいました。

 ですので、自動車保険に傷害保険を特約でつけられる会社を教えてください。
(あと、個人賠償も付帯したいです。)

Aベストアンサー

質問者さんが現在どちらで加入されてるのかわかりませんが、
たしか、漢数字で始まる会社の自動車保険に傷害保険特約があったと思います。
私が扱っているところは、数年前に廃止になりました。

個人賠償は何処の自動車保険にも特約として付帯出来るはずです。

Q個人事業主で給与所得者の確定申告について

現在給与所得者にして、個人事業も行っているものです。
税務署に青色申告の申し出は行ってあります。
この場合、確定申告に必要なのは確定申告書Bのみでいいのでしょうか?

市販の確定申告ソフト(やよい)を使用したところ、給与所得に対応する入力が見つからなかったので、多少困惑しています…。

よろしくご回答をお願いいたします。

Aベストアンサー

>確定申告に必要なのは確定申告書Bのみでいいのでしょうか…

「青色申告決算書」が必用です。
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/yoshiki01/shinkokusho/13.pdf

あと、給与の「源泉徴収票」や、生保などを掛けているならその「控除証明書」なども。

>市販の確定申告ソフト(やよい)を使用したところ、給与所得に対応する入力が見つからなかったので…

それは、「青色申告決算書」を作成する過程でしょう。
事業所得と給与所得とは、青色申告決算書ではなく「確定申告書 B」で合算します。

Q個人賠償責任保険特約がある自動車保険を教えて!

みなさん、こんばんは。

個人賠償責任保険特約が付加出来る自動車保険を探しています。
現在加入している自動車保険は個人賠償責任保険特約が無い為、保険の更新を機に、特約の付加出来る保険への乗換えを考えています。

ご存知の方がいらっしゃいましたら、よろしくご回答ください。

Aベストアンサー

東京海上の自動車保険に入っています。
去年更改するときに、個人賠償責任保険特約に入りました。
何かあったら、交渉もしてくれるそうです。


人気Q&Aランキング