人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

2個の160GBハードディスクを用意して、40GBと120GBにパーティションを切ります。そしてRAIDでミラーリングをしようとおもっているんですが。可能ですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

#3です



>OSインスト後なら可能という意味ですか?

正確に言えばWindowsがRAIDチップを認識及びHDDを認識
すればパーティションは切れます。(領域確保)

一般的にRAIDコントローラにRAIDドライブが繋がってる
訳で、WindowsがRAIDチップ(ドライバを当てて)を認識
⇒HDDドライブを認識⇒後は普通のHDDと同じ扱い。

(RAIDドライブにシステム(OS)をセットアップ・・・)
http://www.uac.co.jp/support/raid/os_raid.html

(現在お使いのシステムに追加してRAIDを構築・・・)
http://www.uac.co.jp/support/raid/plus_raid.html

前回紹介したセットアップの写真解説を最後まで確認すれ
ば、どの時点でパーティション切るのか明記されてるよ。

>>一般的に上記参考例の17番以降にパーティション分けを
>>しますが、残りの未使用部分は後ほどOSのコンピュータ
>>管理→ディスクの管理で領域確保及びフォーマットする。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しい説明ありがとうございます。返信どうもありがとうございました。

お礼日時:2006/10/05 18:44

> 40GBのシステム領域と120GBのデータ領域に分けRAID1ミラーリングができるか知りたいのです。


> >RAID設定を先にしてからOSインスト時でのパーティション
> >分けでは不都合ですか???
> OSインスト後なら可能という意味ですか?

power07さんのやりたいことは普通のことです。
質問文の内容がおかしいので誰にも伝わっていなかったみたいですね。

RAIDはOSのインストール時に通常は行います。

1.ドライバディスクの作成
フォーマットしたフロッピーディスクを1枚用意し、RAIDを行うハードウェアのドライバをコピーしておきます。

2.アレイの作成
intel製の物でしたらマザーボードのBIOSで、それ以外のものでしたらRAIDボードのBIOS上でRAID1 mirrorを選択してアレイを作成します。

3.ドライバの組み込み
インストールCDをドライブにいれ起動し、インストーラを走らせます。
青い画面が出た直後、下に英語でRAID、SCSIドライバを組み込むならF6ボタンを押せといった一文が表示されますのでF6ボタンを押しましょう。
するとドライバの組み込みを行う画面に移行しますので、作成したドライバディスクを読み込ませ、ドライバを組み込みます。

4.パーティション作成
ドライバを組み込むと、通常2台表示されるはずのドライブが、作成したアレイ通り1台しか表示されません。
表示されているドライブを通常通りパーティションわけしましょう。
(Cドライブとして40GB確保し、後はインストール完了後、コンピュータの管理からパーティションを作成しフォーマットしましょう。)

5.インストール
あとは通常通りインストールすれば希望に沿った形でシステムが構築されていることかと思います。

以上。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しく説明どうもありがとうございます。返信どうも有り難うございました。

お礼日時:2006/10/05 18:47

>40GBと120GBにパーティションを切ります。

そしてRAIDでミラーリング

160GB(40GB+120GB)
160GB(40GB+120GB)
として
40GB+40GB+RAID1 120GBとかにしたいのでしょうか?

RAIDを通常通り構築し、40GB、120GBでパーティッションを区切るのではダメなのでしょうか?
    • good
    • 0

XPなら、ダイナミックディスクに変換して


ミラーボリュームを組む、という手が使えますが
負荷等の観点からあまりお勧め出来ません。

普通に160G*2でIDEチャンネルを分けて
ハードウェアRAIDを組みましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

了解しました、返信ありがとうございました。

お礼日時:2006/10/04 11:15

当方が使ってるASUSマザーの例ですが、見当違い


でしたらごめん。

(RAIDドライブにシステム(OS)をセットアップ・・・)
http://www.uac.co.jp/support/raid/os_raid.html

一般的に上記参考例の17番以降にパーティション分けを
しますが、残りの未使用部分は後ほどOSのコンピュータ
管理→ディスクの管理で領域確保及びフォーマットする。

>40GBと120GBにパーティションを切ります・・・

HDDを2台用意して、先にパーティションを切ると言う意味
が当方には理解出来ません。

RAID設定を先にしてからOSインスト時でのパーティション
分けでは不都合ですか???

補足説明とPC構成の情報開示されたし、状況によっては
別の方法もある。

この回答への補足

40GBのシステム領域と120GBのデータ領域に分けRAID1ミラーリングができるか知りたいのです。
>RAID設定を先にしてからOSインスト時でのパーティション
>分けでは不都合ですか???
OSインスト後なら可能という意味ですか?

補足日時:2006/10/04 11:16
    • good
    • 0

できません。


しかし、同期を取るソフトなら何とかなるかもしれませんが、PCが重たくなるだけです。
ですから、タイミングを決めてバックアップした方が現実的です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうやらできないみたいなので160GB同士のミラーリングにしようと思います。返信ありがとうございました。

お礼日時:2006/10/04 11:20

不可能です

    • good
    • 0
この回答へのお礼

返信ありがとうございます。

お礼日時:2006/10/04 11:21

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QRAIDを構築した上、パーティションは分割できるのか。

RAIDを構築した上、パーティションは分割できるのかを
基本パーティション
拡張パーティション
論理ドライブ
のそれぞれについて教えてください。
例:
HDD1(80GB)とHDD2(80GB)でRAID0を構築した上、
C(基本パーティション):10GB
D(基本パーティション):10GB
拡張パーティション内に
E(論理ドライブ):70GB
F(論理ドライブ):70GB
というふうにパーティションを分割。

Aベストアンサー

 ハードウェアRAIDですか? それならば分割できるですよ。

 ハードウェアRAIDは、OSから見ると一つのディスクに見える。Linuxで言えばsdaなどとして見え、mdとは見えないという訳だ。
 つまり、OSから1個のハードディスクとして見えれば、OSは普通の機能(dosで言うfdiskなど)でパーティション操作して、後はRAIDコントローラがなんとかしてくれるという事やね。

 80GB二基をRAID0で組めばOSからはちゃんと160GBの1個のハードディスクとして認識されるだろうから大丈夫よ。

QHDDを1台増設してRAID1を構築する方法

1台のHDD(以下Aという)で使用中のWindows 7パソコンに新しい内蔵HDD(以下B)1台を追加し、Aのシステムやデータを保持したまま、AとB 2台でRAID1を構築したいと思い、参考誌により下記のとおりの手順を考えました。
しかし、初心者のため、これでOSやアプリケーションソフト等を存続できるのか不安があり、実行を控えています。よろしくご指導お願いします。
なお、マザーボードはASUS のP5Qで、各種RAID構築可能とのことです。


※ 考えている手順
(1) Windows7の「ディスク管理」ツールにより、HDD内データを保持したまま、AとBをダイナミックディスクに変更する。

(2) 続いて、AとBを「新しいミラーボリューム」として作成する。


※ 質問
(1)上記手順により、使用中のシステムやデータを保持したまま、RAID1を構築できるのでしょうか。不可ならば正しい方法を教えてください。

(2) 上記手順まで正しければ、この後、RAID1を運用するためには、どうすればいいのでしょうか。

(3) マザーボードの説明書には、「RAIDドライバディスク」を作成せよ、との記述があるのですが、これはどの段階でどのように使うのでしょうか。

以上、ご指導をよろしくお願いします。

1台のHDD(以下Aという)で使用中のWindows 7パソコンに新しい内蔵HDD(以下B)1台を追加し、Aのシステムやデータを保持したまま、AとB 2台でRAID1を構築したいと思い、参考誌により下記のとおりの手順を考えました。
しかし、初心者のため、これでOSやアプリケーションソフト等を存続できるのか不安があり、実行を控えています。よろしくご指導お願いします。
なお、マザーボードはASUS のP5Qで、各種RAID構築可能とのことです。


※ 考えている手順
(1) Windows7の「ディスク管理」ツールにより、HDD内デ...続きを読む

Aベストアンサー

1)、2)の手順、それはソフトウェアRAIDの事です。

率直に言えば「100%不可能!」です。

ソフトウェアRAIDは、そのインストールしているOSが管理しています。つまり、OSが起動しないかぎりRAIDは発動しないわけです。っという事はつまり、そこにインストールしているOSも立ち上がる事はないわけで、手詰まりという事です。。。起動ドライブに当てる事ができないわけです。
ただ、データドライブとしては、後から構築しても使えます。(当たり前の事ですがw)デュアルブートしたOSでも、両方からそのRAIDドライブを読む事はできます。(一工夫必要ですが)ネットワーク上のマシンからも読めますね。。。

>(3) マザーボードの説明書には、「RAIDドライバディスク」を作成せよ、との記述があるのですが、これはどの段階でどのように使うのでしょうか。

こちらはハードウェアRAIDの事です。OSをインストールする前に先に2台のHDDをRAID構築して、それからOSをインストールする方法です。「RAIDドライバディスク」を作成せよというのは、新規でOSをインストールする際、もしくはマザーのBIOS画面からハードウェアRAIDを構築する時にそのドライバディスクを使ってRAIDドライバをインストールするのに使います。

ハードウェアRAIDは、OSの管理下でなく、マザー(?サウスブリッジの管理下?その辺の詳しい事は判りませんが・・・)なので、OS起動ドライブとして扱えるわけです。CPU依存していないので、CPUに負荷がかかることはありません。
逆にソフトウェアRAIDは、CPU依存なので、場合によってはCPUに負荷がかかります。
ただ、CPUパワーが高い場合は(つまり速いクロックの)ハードウェアRAIDより速度を凌ぐ場合もあるそうです。(ハードウェアRAIDは一定速)それと、AHCIモードが併用できる所が利点ですかね~。(普通はハードウェアRAIDかAHCIどちらかしか選べないので)

どちらにせよ、一つ言える事は、現状からRAIDをシステムドライブとして使うには「OSはインストールし直し」しなければならないという事です。。。

1)、2)の手順、それはソフトウェアRAIDの事です。

率直に言えば「100%不可能!」です。

ソフトウェアRAIDは、そのインストールしているOSが管理しています。つまり、OSが起動しないかぎりRAIDは発動しないわけです。っという事はつまり、そこにインストールしているOSも立ち上がる事はないわけで、手詰まりという事です。。。起動ドライブに当てる事ができないわけです。
ただ、データドライブとしては、後から構築しても使えます。(当たり前の事ですがw)デュアルブートしたOSでも、両方からそのRAIDドラ...続きを読む

Qダイナミックディスクとベーシックディスクのメリット・デメリット

ダイナミックディスクとベーシックディスクの違いや利点などを教えてください。
ダイナミックディスクにパーティションという概念はないのですか?

Aベストアンサー

>全ディスク10GBのうちの6GBなど、一部の空き領域を使用することができますか?

a.可能です。ただし、何となく怖いので、私は実際に試したことはありません。

それから「論理ディスク」とは何ですか?
用語辞典を探しましたが、見つかりませんでした・・・。
察するに物理ディスクを更に区分けしたものでしょうか。

a.そうです。表現がややこしくてすいません。要は、物理的なハードディスク当を物理ディスク(ドライブ)と言い、その中をパーティションやボリュームで区切った一つ一つを論理ディスク(ドライブ)と言います。

Qapt-get install ****** でinstallしたものをuninstallするには?

御世話になります。
vncserverだけをinstallするつもりが
誤って
apt-get install vncとうってしまいました。
これをuninstallしたいのですが
どのようにすればよろしいでしょうか?

教えて下さい。

Aベストアンサー

# apt-get remove パッケージ名
では、設定ファイルは削除されずに残ります。

完全に削除するときは、
# apt-get --purge remove パッケージ名
です。

Q2.5インチと3.5インチHDDの性能の違い

2.5インチと3.5インチHDDの性能の違いってあるんでしょうか?
もちろんメーカーやディスクの性能はそれぞれ違うと思いますが、
大きさや価格以外の大雑把な違いってありますか?
データの保存に3.5インチHDDを何台も保存している会社がありますが、
2.5インチのほうがかさ張らなくていいと思うのですが、
3,5インチのほうがいいメリットがあるんでしょうか?
データが消えにくいとか?

Aベストアンサー

データが消えにくい等の違いは全くありません。2.5インチHDDは、価格以外の面ではメリットが多いです。消費電力も少ないですし、おっしゃる通りかさ張りません。

しかし3.5インチの方が容量が大きいので、実際に同じ容量を再現するとしたら「2.5インチだと2つ要るけど、3.5インチなら1つでいい」となり、同じぐらいの場所をとるかもしれませんね^^


そして構造を考えても、大容量を確保するなら3.5インチの方がいい気もします。HDDというのは中に円盤が入っていますが、1つのHDDに円盤1つとは限りません。3枚、4枚入っているものもあります。というか、大容量HDDはたいてい数枚入っています。

では、次を比較してみましょう。
(1)円盤1枚で容量500GBのHDD2つ
(2)円盤2枚で容量1TBのHDD1つ
どちらが場所をとらないかというと・・・もちろん(2)です。つまり、大容量のHDDの方がかさ張らないんです。

そして、円盤が多いのは3.5インチの方です。

ただ、故障には弱いです。故障しやすいという意味ではなく、ダメージが大きいという意味です。(1)なら片方が壊れても500GBは残りますが、(2)だと一気に1TBが消えます。なので、用途に応じて使い分けるのが賢い選び方でしょう。


そしてNo.2の方がおっしゃっていた速度ですが、これも構造によるものです。物理的な話なんですが、同じ回転数でも、外側に行けば行くほどスピードは速くなりますよね?「スピードが速い=円盤の目的地まで早くたどり着ける」という事なので、外側になればなる程アクセスも速くなります。

なので、3.5インチの方が「全体的に速い」というワケではないですが、「速い場所が多い」ということです。

データが消えにくい等の違いは全くありません。2.5インチHDDは、価格以外の面ではメリットが多いです。消費電力も少ないですし、おっしゃる通りかさ張りません。

しかし3.5インチの方が容量が大きいので、実際に同じ容量を再現するとしたら「2.5インチだと2つ要るけど、3.5インチなら1つでいい」となり、同じぐらいの場所をとるかもしれませんね^^


そして構造を考えても、大容量を確保するなら3.5インチの方がいい気もします。HDDというのは中に円盤が入っていますが、1つのHDDに円盤1つとは限りません。3...続きを読む

QHDDは、ファン付とファンレスのどちらがベター?

HDDを新規購入のため機器選定中です。
ファン付きが良いと今まで考えていましたが、ファン付は電源部内臓、ファンレスは電源部内臓せず
 となっています。電源部を内蔵しないで、且つファン付きの物が一番安全(故障が少ない)と思いますが、そのようなものは市販されていないようです。
それでは、ファン付き(電源部内臓)とファンレス(電源部内臓せず)のどちらが、故障が少ないでしょうか?  HDDの故障はファン付きか否かに関係なく、故障は有り得ることは承知しておりますが、ファンに着目したときに、上記のいづれが良いか、判らないのでよろしくお願いします。

Aベストアンサー

Googleでのサーバーの稼働状況と故障HDDの温度との因果関係では、温度がHDD故障との関空が見いだせなかったとレポートを読んだ事がありますが。

ファンレスと言うことは、筐体の金属部分で自然放熱をするものが多く、ファン付きは電源部も込みの発熱をファンで排気しますが、単純に取り付けてるだけなのでファンが止まった時にPCのような警告が発せられない事から安全面を考えるとファンレスの方が良いように思えます。
ホコリなどを吸い込んで排気がうまくいかなくなったりというのも多々あるので。

それと「内臓」ではなく「内蔵」ですよね?

Qoutlookメールの保存場所

よろしくお願いします。Windows7搭載のPCを購入しましたが、バックアップソフトを使って自動でバックアップをとりたいと思っています。マイドキュメントの他に、Outlookのメールデータ、アドレスのバックアップもとりたいのですが、どの場所にあるのかわかりません。エキスポートではなく、(自動での差分バックアップをするため)フォルダをバックアップしたいので場所を教えていただけるとありがたいです。また、万が一PCが壊れた後で復旧する際に、バックアップをとっておいたメールのフォルダを元の場所に戻すだけでメールが復旧するものかも教えていただけるとありがたいです。

Aベストアンサー

Vistaとフォルダ構造は同じだと思いますから、次を参考にして探してみてください。
C:\ユーザ\ユーザ名\AppData\local\Microsoft\Outlook\ Outlook.pst
になるのではないかと思います。
http://kyoku99.hp.infoseek.co.jp/pc/vista/vista-folder.htm
(参考)
http://www.bugbearr.jp/?Windows7%2F%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%83%88%E3%83%AA%E5%AF%BE%E5%BF%9C%E8%A1%A8

>バックアップをとっておいたメールのフォルダを元の場所に戻すだけでメールが復旧するものか
一般的には、メニューで、バックアップしたoutlook.pstファイルをターゲットにしてインポートと思います。
http://support.microsoft.com/kb/932568/ja

QCPUを2個載せたい

インテル系のCPUを2つ載せたPCを作りたいのですが

CPUの選択肢はZeonでないと無理なのでしょうか?

Core i7 2600K BOXを2つとかでは不可能なのでしょうか?

Aベストアンサー

"CPU2つでポテンシャルを発揮"という理解を
改めて確認することをオススメします。

ソフトウェアの開発元に、現在の最適な構成や
費用が大きく変わる二種類の構成での効果の差などについて
充分に確認しなければ、仮にPentium4時代に書かれたアナウンスなら
現在では、ほとんど意味の無いアナウンスということになります。


現在のパソコン用OSは、マルチCPUとマルチコアCPUでの差異はほとんど無く
コア数と同時実行スレッド数で評価するのが普通です。

i7でできる4コア8スレッドで足りないのであれば
Xeonでの4コア8スレッドx2とか8コア16スレッドx1ということにもなりますが…

ハードウェア的には、シングルコアCPUx2よりデュアルコアCPUx1のほうが
キャッシュの効果などで有利な場面もありますし…
Xeonが使われる分野は、主に科学計算やサーバーです。

グラフィック処理に限らず、科学計算などでも、既にGPGPUが大きな力を発揮していますから
ほんとうに、むやみにCPUコアを増やして、実際に効果があるのか?
それを確認せずに投資するのは無謀に思えます。

i7では実現できない8コア16スレッド環境というものが
本当に投資に見合う効果に繋がる用途は、かなり限られる気がします。

言い換えれば、そういう特別なソフトであれば
ソフト名を明記して質問すべきですし
あるいは開発元に問い合わせるべきです。

"CPU2つでポテンシャルを発揮"という理解を
改めて確認することをオススメします。

ソフトウェアの開発元に、現在の最適な構成や
費用が大きく変わる二種類の構成での効果の差などについて
充分に確認しなければ、仮にPentium4時代に書かれたアナウンスなら
現在では、ほとんど意味の無いアナウンスということになります。


現在のパソコン用OSは、マルチCPUとマルチコアCPUでの差異はほとんど無く
コア数と同時実行スレッド数で評価するのが普通です。

i7でできる4コア8スレッドで足りないのであれば
Xeonでの...続きを読む

Q2つのPCで外付けHDDを共有できる?

IO-DATA製 HDC-U500を使用しているのですが、新しくPCを一台購入したため、従来のPCに加えて新しいPCでもこの外付けHDDを接続して使いたいと考えております。

なお、このHDC-U500を購入したのが3-4年前だったので、Windows7に対応しているかわかりません。

HDDからHUBのようなものを介して、新旧2台のPCで共有すると言うことは可能でしょうか。

質問は以下2つです。

(1) IO-DATA製 HDC-U500はWindows7で使用できるのか?
   メーカに問い合わせをすればいいのですが、電話が繋がりにくいので、一般常識として
   使えるかどうかをお聞きしたいです。


(2) HHDにPC2台を接続することは可能か?
   もし可能であれば、その際に必要な道具(機器)があれば是非とも教えてください。

何卒、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

バッファローなどから、USBのハードディスクを有線LANにするものがありますので、試されてみては。ただし、同時には、使用できませんけどね。

QexFATに欠点はありますか?

 自分はwindowsとmacの両方で使えるように
外付けHDDケースをexFATにしたのですが、win mac共に
標準な形式ではないので不安があります。

よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

exFATは、File Allowcation Tableを利用する古典的なファイルシステムで、標準的と言えば標準的なファイルシステムです。ただ、これは最新のPC向けOSの付加機能に最適化されたものではなく、主に外部ストレージ向けとなっています。

それは、その構造が単純であることが理由です。
ファイルシステムは、FAT12/16/32の延長線上にあります。

そのため、ジャーナル管理やメタデータの管理機能はなく、ファイルインデックスの作成に必要な検索情報のリンク作成、ファイルシステムによる高度な欠陥管理がない、ファイルに対する追加情報の収録などができない、その他ACLのような所有者情報やアクセス権などを示す情報が記録できない。ファイルシステムレベルでの暗号化に対応しないという欠点があります。
また、これに付随するOS提供のサービスの一部も利用が制限されることがあります。(ファイルの自動<バックグラウンド>検索、バックグラウンドメタデータ保存、ボリュームシャドウコピーなど)

即ち、あくまで特定の用途としてデジタルカメラ、携帯情報端末やスマートフォンなどにおける外部ストレージとして使うには、価値があるが、それ以外だと例えば沢山の種類名称のフォルダやファイルが混在した中から、テスト1というファイルを検索するときに、時間が掛かる。

アクセス権を設定できないため、このファイルはAユーザーには触らせたくない(変更や消去されると困る)といった場合に、アクセス制限を加えることができないといった点が生じます。


これらが可能なのは、NTFS、HFSなどの高度なメタデータ管理とセキュリティ管理の概念を持つファイルシステムとなります。ということになります。

まあ、取り立てて危険性や欠点があるわけではないです。
むしろ、今不便を感じないならよいでしょう。ただし、それぞれのファイルに対してアクセス権を付与したいといった場合には、不向きです。

即ち、互換性と軽量性(仕組みとして単純)であるというだけの話です。

exFATは、File Allowcation Tableを利用する古典的なファイルシステムで、標準的と言えば標準的なファイルシステムです。ただ、これは最新のPC向けOSの付加機能に最適化されたものではなく、主に外部ストレージ向けとなっています。

それは、その構造が単純であることが理由です。
ファイルシステムは、FAT12/16/32の延長線上にあります。

そのため、ジャーナル管理やメタデータの管理機能はなく、ファイルインデックスの作成に必要な検索情報のリンク作成、ファイルシステムによる高度な欠陥管理がない、ファイ...続きを読む


人気Q&Aランキング