違法建築物を建ててしまい、検査積み証を取得せずに何年も経過してしまった場合、時効と言うものは成立するのですか?もし成立するのであれば、何年経過すれば時効が成立するのか教えてください。また、そのような何十年前の違法建築物を建築基準法違反だからといって、行政が取り壊してしまう例が実際存在するのでしょうか?ご存知の方、是非教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

u-oneさんの建てた建物の「検査済み証」がないということは1)最初から確認申請を出していないか、2)確認申請承認後に


建築の一部分を勝手に変更したために「検査済み証」を貰いにくくなったかの何れかだと思いますが、、、
いずれの場合も現実には固定資産税など支払わされていて、税金の面では非公認ながら存在を認められている状況だと思います。

1)の確認申請を出さずに建築した場合は、役所の建築指導課では「申請が出されない案件については、指導のやりようがない」・・・
と言うのが公式態度なので「申請のあった建物についてだけは、適法か違反かが判断できる」という奇妙な論理があるために、、、
意図的に確認申請をしない建築物の違反建築は見逃すという不思議な結果が見られるのです。
・・・ただしこういうケースは、検査済み証が無くてすむような「増築」などに多いようです。

2)のケースもローンなどの制約がない場合などにあるケースかと思われますが、かなり悪質な違反で無いかぎり強権発動は
見られないようです・・・以前、杉並区であったような記憶がありますが完成した建物については財産権侵害を恐れてか役所の方も、
「建蔽率」や「容積率」を大幅に違反したようなケースでないと今までのところ、及び腰で見ないふりをしているようです。

現在のように基準法自体が守られずに増加した違反建築を、行政が取り壊すとしたらよほど附近から弾劾されるような場合でしょう。
    • good
    • 11
この回答へのお礼

ご丁寧にお返事くださって、ありがとうございます。
今年、とある金融機関に入社をし、初めての担保物権が違法建築物だったので、
けっこうパニックになってしまいました。

この物件の所在地は大阪のミナミなので、多分付近の住民の方々も違法建築物を建てて営業していると思います。
よって、住民からの提訴は考えにくいのではないと思います。

お礼日時:2002/04/07 21:53

 建築したときの法律によって違法なときには、当該建築物の建築主、 請負人、占有者などに施工の停止を命じたり、当の猶予期限を付けて、当該建築物の除却、移転、改築、増築、修繕、模様替、使用禁止、使用制限その他これらの規定又は条件に対する違反を是正するために必要な措置をとることを命ずることができます(建築基準法9条)。

また、建築したとき適法であっても、著しく保安上危険であり、又は著しく衛生上有害であると認める場合(10条)や公益上著しく支障があると認める場合(11条)も除却などの措置を取ることができますが11条の場合は補償しなければなりません。もし、命じても、履行しなかったり、十分でなかったりれば行政代執行法の規定により、行政の方でしたり、第三者にさせることができます。この費用は本来しなければならない人が負担することになります(9条12項)。既に、なくなっているものなら格別、現在、違法建築物があれば、違法状態は継続していますので、時効は進行しません。建築物は知りませんが、ワイドショウなどで問題になっているゴミの山と同じように考えた方がいいと思います。

参考URL:http://www.arc-s.co.jp/product/soft/archilaw/law …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。
やっぱり時効は成立しないのですね。
過去に違法でも20年間住み込んでいれば時効が成立し、居座った人の所有になると聞いたことがあったので、もしかしたら・・・・と思いました。
大変参考になりました。

お礼日時:2002/04/07 21:58

以前、建築中の○○の物件は違法建築だ、といって、土木事務所にタレコミした事があります。

「行政指導」はするけれど、取り壊すというわけではない、と電話の向こうで言われました。「指導中」には工事は止っていましたが、どういうふうな指導にどういう風に従ったのかわからないまま、建物はできあがって、人がすんでいます。

日照権がどう、とか、直接利害が絡んで訴えられない限り、何もないと思います。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

私も実際に大阪市の建築指導課におたずねたところ、nozomi500さんのおっしゃるようなお答えが帰ってきました。やっぱり行政もことなかれ主義かな?
貴重なご意見ありがとうございました。

お礼日時:2002/04/07 22:01

違法建築物でも、誰が見てもひどい状態なら、近隣が裁判かけて、取り壊し、ということはあり得ます。


違法建築では、改築や建て替えのときに、問題になります。スムーズに行かない、ということです。
程度が軽ければ、行政は何も手を打ちません。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

そうですよね。やっぱり危険な状態であればさすがに取り壊しますよね。
今回の物件はさすがにそこまでには陥っていないので大丈夫だとは思いますが・・・。
貴重なお答えありがとうございました。

お礼日時:2002/04/07 22:04

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q農地の時効取得の時効は何年?

隣人(以降Aさん)との間の農地売買の問題で悩んでいます。
問題の土地は平成10年に私の父がAさんに売った土地で、
その後すぐ、Aさんはその土地の上に社屋を建ててしまいました。
農地売買から社屋建設に至るまで、農地法上の許可を得ずになされて
いたようであり、そのためAさんは所有権移転の登記ができ
なかったようです。
この状態が長い間続きましたが、昨年私の父が病気で亡くなり、
相続の結果、問題の土地は私の名義になってしまいました。
このままでは、その土地の税金も私がずっと払い続けなければ
ならないので、早くなんとかしたいと思い、色々調べたところ
「農地の時効取得」という方法があるということを知りました。

http://www.shinenet.ne.jp/~kikuchi/q-a/tonarikinjyo/nouchi.html
http://www.klegala.com/legal_judg/judg3_saikou/saikou13/10/H13-94.html

時効成立は善意無過失なら10年、悪意有過失なら20年という
ことですが、Aさんが時効取得を行う場合にはどちらに該当
しますでしょうか?
よろしくお答えください。

隣人(以降Aさん)との間の農地売買の問題で悩んでいます。
問題の土地は平成10年に私の父がAさんに売った土地で、
その後すぐ、Aさんはその土地の上に社屋を建ててしまいました。
農地売買から社屋建設に至るまで、農地法上の許可を得ずになされて
いたようであり、そのためAさんは所有権移転の登記ができ
なかったようです。
この状態が長い間続きましたが、昨年私の父が病気で亡くなり、
相続の結果、問題の土地は私の名義になってしまいました。
このままでは、その土地の税金も私がずっと払い...続きを読む

Aベストアンサー

もともと農地を所有していた人が、自己の営む農業用施設を設置するために転用する場合は、2a未満であれば農地転用許可は不要という規定はありますが、社屋などであれば、面積にかかわらず、全て農地転用許可が必要です。

農地法に、「許可を得ないでした法律行為は、効力を生じない」と明文で規定されています。
農地法の許可を得ずに売買契約を結んでも、単に登記(第3者対抗要件)を備えられないというだけではなくて、売買契約の効力自体が発生しないのです。
ですから、許可を得ないままで農地の引渡しが行われた場合、それは違法な占有開始ということになります。

10年での取得時効が認められうるのは、土地境界の誤認識による隣接地権者による占有などのケースくらいで、無許可売買に伴う農地の取得時効は、無過失ではないので全て20年です。

http://www.pref.niigata.lg.jp/HTML_Article/330.pdf
「時効取得を原因とする農地についての権利移転又は設定の登記の取扱いについて」
(昭和52年8月2 日52構改B第1673号農林省構造改善局長通知)

「取得時効完成の要件を備えているか否かの判断に当たっては、農地に係る権利の取得が、農地法所定の許可を要するものであるにもかかわらず、その許可を得ていない場合には、占有(準占有)の始めに無過失であったとはいえず、このような場合の農地に係る権利の時効取得には、20 年間所有の(自己のためにする)意思を以って平穏かつ公然と他人の農地を占有(農地に係る財産権を行使)することを要するものと解されるので留意すること」

もともと農地を所有していた人が、自己の営む農業用施設を設置するために転用する場合は、2a未満であれば農地転用許可は不要という規定はありますが、社屋などであれば、面積にかかわらず、全て農地転用許可が必要です。

農地法に、「許可を得ないでした法律行為は、効力を生じない」と明文で規定されています。
農地法の許可を得ずに売買契約を結んでも、単に登記(第3者対抗要件)を備えられないというだけではなくて、売買契約の効力自体が発生しないのです。
ですから、許可を得ないままで農地の引渡し...続きを読む

Qすでに何十年も時効になっていることで相手を訴えられますか?

すでに何十年も経って、時効になっていることで相手を訴えることは出来るでしょうか?
私は子供の頃、何年も母の弟に体を触られ続けてきました。
幼い頃から中学までです。
その頃の私はひどく内向的な子供で誰にも相談することが出来ませんでした。
叔父はそれをいいことに、家族にも信用されているのを利用して、寝ている私の所に来て
馬乗りになって体を触ったりしたこともあります。
私は自分が汚されたと自分を大事にすることも出来ず、簡単に男と寝て中絶までしました。
叔父はと言えば、平気な顔をして結婚の報告に来た時、結婚を壊してやろうと相手に必死に
なって訴えましたが、そんなことをする人ではないと信じてもらえませんでした。
何十年経っても思い出すとはらわたが煮えくり返る思いです。
のうのうと生きて、このまま死なすわけにはいきません。
私の気がふれたら、めった刺しにしてやりたいくらいです。
相手が死ぬ前に訴えて、相手の家族にあいつがいかに卑劣きわまりない奴であるということを
知らしめたいのです。
こんなに何十年も遅くなって決意した理由は、両親とも認知症のようになって悩ませる心配が
なくなったからです。
痴漢をしただけでも名前がさらされるのに、あいつは何年も犯行を重ねておきながら平然として
いるのが許せません。
以前会社に電話して慰謝料を払えと言ったら、ガチャンと切られました。
反省の色もありません。
年数が経って難しいとは思いますが、どうかご教授下さい。
私は何度も死のうとしたのに、あいつだけが口を拭って生きているのが許せないのです。

すでに何十年も経って、時効になっていることで相手を訴えることは出来るでしょうか?
私は子供の頃、何年も母の弟に体を触られ続けてきました。
幼い頃から中学までです。
その頃の私はひどく内向的な子供で誰にも相談することが出来ませんでした。
叔父はそれをいいことに、家族にも信用されているのを利用して、寝ている私の所に来て
馬乗りになって体を触ったりしたこともあります。
私は自分が汚されたと自分を大事にすることも出来ず、簡単に男と寝て中絶までしました。
叔父はと言えば、平気な顔をし...続きを読む

Aベストアンサー

蛇足ですし、ある意味マナー違反にはなりますが、№3の方の回答に誤りがあるので書かせて頂きます。

>、慰謝料は損害賠償請求権なので、その消滅時効は、その違法な行為のあった日から3年です。

「違法行為のあった日から3年」ではなく、「被害者またはその法定代理人が『損害および加害者を知った日』から3年」もしくは「不法行為の時から20年を経過したとき」です。

Q犯罪の時効成立後は?

ふと疑問に思ったのですが・・・。
犯罪には、時効がありますよね。
殺人なら15年だったと思いますが。
では、例えば15年が経ち、時効が成立した後で、犯人が自首?(と呼んでいいものでしょうかこの場合)することは出来るのでしょうか?
そういう場合はどうなるのでしょうか。
まさか本人が名乗り出ているのに、相手にしない、出来ないものなのか???

ご存知の方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

事情聴取くらいはされます。 そして書類送検もされます。
時効が完成していたなら「不起訴」です。

でも報道はされます。 
この点に関してはテレビやラジオは実名を伏せるでしょうが、夕刊紙なんかは
顔写真ナシ、詳細な住所も出さず名前とその当時の背景くらいは掲載するでしょうね。

Q解雇の時効は何年ですか

なぜかネット上で検索してもヒットしないのです.....
根拠条文もお知らせいただければ幸いです。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

解雇そのものではないですが、解雇予告手当の請求権などは労働基準法第115条の規定により、2年で消滅します。

解雇の罰則の規程の適用に関しては、労働基準監督官は刑事訴訟法の規定に基づく司法警察員(労働基準法第102条)の職務を行うことになるので、時効に関しては刑事訴訟法250条6号の規定により、3年になります。

参考URL:http://www.houko.com/00/01/S22/049.HTM

Q判決後の時効成立は

教えてください。
判決にて被告が分割にて支払をすると判決として確定した後
被告(法人A)が最初から約束を守らず行方不明 法人Aの謄本は前住所に有りますが違う会社が入居しています。法人Aの社長が居るところは見つけましたが、本人曰く法人Aは現在稼動していない。自分も他の会社(自分が代表取締役)の仕事をしている。法人Aの保証人にはなっていない。と言います。事件は請負代金請求事件です。
判決後から三年間で時効が成立するのでしょうか、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

 裁判上確定(即決和解、仮執行宣言付支払命令、調停、裁判上の和解、判決等)した債権は、10年で時効となります。

 Aが法人として稼動していなくても、支払いの意思があれば分割で支払わなければならないでしょう。稼動し無くなったのは判決後でしょうから、稼動をしていないことを理由に支払いをしないことにはならないと思います。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報