不整脈が出たときなど、脈拍と心拍数の両方を見るのはなぜですか?
この二つに差があるということは、どのような事を示すのでしょうか?
また、この二つに差が無い事をサイナスリズムと言うのでししょうか?
的外れの質問かもしれませんが、各々の言葉の定義みたいなのもよくわからりません。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

心拍数=心臓の電気的な収縮回数、です。


それに対し脈をとるのは回数の把握だけではなく、その強弱、性質(動脈管開存症ではときに飛び跳ねるように触れたりします)、部位の差(左右差や、上肢と下肢の差など)などから、血圧、動脈硬化、血管の閉塞状態などさまざまな情報を把握することができるためです。東洋医学で重視されている脈診ですね。ちなみにPEA(Pulseless Electrical Activity)とは無脈性電気活動のことで、心電図モニター上波形は出ているが、脈が触れない状態で、要するに血圧が無いということです。
サイナスリズムは「サイナスに戻った」などしてよく使いますが、心室細動などの不整脈からモニター上は正常な洞調律に戻った場合などです。
    • good
    • 5

■脈拍は実際に血液が流れて手や足の先で「脈」がつくられた数です。

心拍数は心臓が動いた数です。つまり、心臓にまだ血液が十分溜まっていない時に心臓が収縮してしまう期外収縮のような不整脈は、心臓が動いて心拍をおこしても、血液が十分心臓から出ているわけではないので脈が作られず手首などで脈拍を数えると「脈拍がとんだ」状態となります。

■ですから、心拍数と脈拍数は同じではないのです。

■サイナスリズムとは関係ありません。心臓のリズムは正常な状態では心房(サイナス)でつくられるので、心房でつくられたリズムに従って心臓全体が動いている状態をサイナスリズムと言います。心房以外で作られたリズム(異所性リズム)で心臓が動くこともあり、多くは不整脈となります。例えば心房ではなくて心室のリズムで心臓が動いた場合でも心拍数=脈拍数となることはあります。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

詳しく回答ありがとうございます。
色んな本を読んでみましたが、いまいちぱっとわかるものがなくて困っていましたが、とてもよくわかりました。

お礼日時:2006/10/22 16:18

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q流体の運動量と角運動量について

流体機械の問題で、2つの面の間で運動量と角運動量は等しいということを
利用して解く問題をやっています。
しかし、質点の運動量と角運動量は、簡単な公式がありますが、
流体の運動量と角運動量がわかりません。
流体の運動量と角運動量の求め方を教えてください。

Aベストアンサー

状況がよく分からないので基本的なことですみませんが、
ある面を単位時間に通過する流体について考えます。

平均流速v、密度ρ、ある面の面積Aならば、
単位時間にそこを通過する流体の体積(体積流量)はvAなので、
質量(質量流量)はρvA、これに流速をかけたものρv^2Aが運動量になります。
角運動量も同じ考えで求めることが出来ます。

併せまして、流体力学の簡単な本をご参考にされることをオススメ致します。

Q脈拍の異常

触診した脈がとぶような場合を○○が有るという。
動脈拍動の幅を意味する脈圧が大きいものを○○脈、小さいものを○○脈、交互に出現するものを○○脈という。

○に入る言葉を教えてください!

Aベストアンサー

● 触診した脈がとぶような場合を 『結滞』 が有るという。

【 結滞 】
 脈の触診時、通常は規則正しく脈を触診できるが、時に脈が1拍脱落して触れないことがある。
 これを結滞と呼び、実際には心臓の収縮が脱落しているのではなく、
 期外収縮などの不整脈が原因である事が多い。



● 動脈拍動の幅を意味する脈圧が大きいものを 『大脈』、 小さいものを 『小脈』、
  交互に出現するものを 『交互脈』 という。

 【 大脈 ・ 小脈 】
 動脈の触診時、収縮期から拡張期に至る動脈の拍動の幅、
 すなわち脈圧(脈波の振幅)が大きいものを大脈、小さいものを小脈と呼ぶ。

 【 交互脈 】
 脈拍の間隔は等しく、整であるが、大脈と小脈が交互に現れるものを交互脈と呼ぶ。
 心室収縮力が非常に低下している際に認められ、1回拍出量と左室拡張終期容量が
 交互に変化する事を意味する。
 重篤な左心不全の徴候。

Q角運動量

4.00kgの釣り合いおもりが糸巻きに巻かれた軽い糸の取り付けられています。糸巻きは均一で丈夫なシリンダーで半径は8.00cmで質量は2.00kgです。 釣り合いおもりが速さvのとき、糸巻きは角速度ωで動きます。この時、総角運動量はどのくらいですか?

この問題で、総角運動量Lは、釣り合いおもりの角運動量と、糸巻きの角運動量の合計ですよね?
で、糸巻きの角運動量を求めるとき、剛体の角運動量 Iω を使うべきですか?それとも粒子の角運動量 r×P を使うべきですか?
どちらなんでしょう?

Aベストアンサー

糸巻きの角運動量は、シリンダーということで円柱です。大きさのある、剛体の角運動量は通常Iωの方を用います。シリンダーの回転軸の周りの角運動量です。r×pというのは角運動量の基本式です。
それを円柱の各微小部分に適用し体積積分したものが
結局Iωとなるのです。円柱の慣性モーメントは
I=(1/2)MR^2 M:質量 R:半径
おもりのほうはr×pになるとおもいますが・・
おもりの角運動量を求めよという問題はあまり聞きませんね。

Q不整脈について

成長期の子供は,たまに不整脈が起こると医者話していたのですが,あれは本当なんですかね?
また,小さいときから,心雑音がありますが,『確かに在りますが問題ないです』ということでしたが,これも本当なんですかね?

疑ってかかってますが,とても心配で(心配性なもので),ぜひとも,安心感をいただければと思います。

Aベストアンサー

子供だけでなく成人もふくめてある程度の不整脈は知らないうちに発生しています。こうした「普通の不整脈」でなく「体調に問題となりうる不整脈」であれば病的と扱われることがあります。
血液が勢いよく流れるとその流れによる音が発生します。
異常な構造があるため勢いよくなっているものであれば病的ですが、子供の心臓は大人よりも忙しなく動いているためしばしばその血流による音を聴取します。こうしたものを機能性雑音とか無害性雑音と呼んでいます。

参考URL:http://www.ncvc.go.jp/cvdinfo/pamph/pamph_35/panfu35_02.html,http://www.kinutaclub.com/child/1102.html

Q運動量と角運動量の違いと慣性モーメント

運動量と角運動量の違いと、慣性モーメントについて教えて頂けませんか?

●運動量P
P=mv
●角運動量L
L=rP
L=Iω
●慣性モーメントI
I=mr^2

この式まではわかるのですが、運動量と角運動量が具体的にどう違うのかがわかりません。
運動量にベクトルを加えたのが角運動量だと言う事は何となくわかるのですが。
特にLのベクトル方向について、なぜ逆向きになるのかなど教えてください。
あと、慣性モーメントについては理解が出来ません。
SI単位に直すとgm^2になるのはわかりますが、m^2というと面積のことなのでしょうか?
もしそうであれば、gm^2は面積当たりの重さを表すものだと思うのですが。

手元にある資料を見てもよくわからないので、噛み砕いて説明していただけるとありがたいです。

Aベストアンサー

>運動量にベクトルを加えたのが角運動量だと言う事は何となくわかる・・・
 運動量はベクトルでなく(たんなる数値で)、角運動量はベクトルだと思っている、という印象を受けました。
 運動量もベクトルです。質量m(数値)の速度ベクトルをvとして、

  P=mv

となります(mは質量)。そして、運動量ベクトルPと、Pを持つ質点mの位置ベクトルrとから作られるベクトルが、角運動量ベクトルLです。

  L=r×P=r×(mv)=m(r×v)

となります。ここで「×」は、二つのベクトルの外積を表します。
 L=Iωについてですが、例えば、等速円運動の角速度をω(数値)とした場合、

  |L|=|r×P|=|r×(mv)|=m|r×v|
    =m|r|・|v|=m|r|・|r|ω
    =m|r|^2・ω=mr^2=Iω  (1)

が本来の意味です。ここで「| |」はベクトルの長さ、「・」は数値の積を表し、最後の「r^2」は、rベクトルの内積の二乗で、|r|^2=r^2と良く書かれます。

>特にLのベクトル方向について、なぜ逆向きになるのか?
 これは、どういう事態かちょっとわかりませんでした。補足を下さい。

>SI単位に直すとgm^2になるのはわかりますが、m^2というと面積のこと?
 (1)式で述べたように、位置ベクトルrの長さと|r|と、角速度と速度ベクトルの長さ(速さ)との比率|r|の積が、角運動量の中でr^2となって現れているだけです。

>もしそうであれば、gm^2は面積当たりの重さを表すものだと思うのですが
 これも、何故そういう風に考えざる得ない事態になったのですか?。補足を下さい。

>運動量にベクトルを加えたのが角運動量だと言う事は何となくわかる・・・
 運動量はベクトルでなく(たんなる数値で)、角運動量はベクトルだと思っている、という印象を受けました。
 運動量もベクトルです。質量m(数値)の速度ベクトルをvとして、

  P=mv

となります(mは質量)。そして、運動量ベクトルPと、Pを持つ質点mの位置ベクトルrとから作られるベクトルが、角運動量ベクトルLです。

  L=r×P=r×(mv)=m(r×v)

となります。ここで「×」は、二つのベクトルの外...続きを読む

Q脈拍の測定法

「脈拍●回」とは、1分間の脈拍数のことをいうと思います。
病院などで、看護婦さんが、患者の橈骨動脈に自分の人差し指、中指、薬指の3本の指を当て、自分の腕時計を見ながら計る光景をよく目にします。
ただ、どう見ても1分間も計っていないように思うのですが、どのようにして測定しているのでしょうか?

Aベストアンサー

看護師です。

既往に不整脈などの循環器疾患があったり、触れているときに結滞(脈がとぶこと)などの異常があるようなら1分計ります。そうでなければわたしは普段15秒計って4倍しています。少し長めに計っているなあというときには実は呼吸も計っています。これも規則的なら15秒から20秒くらい計って1分の値にしています。病棟で使われる心電図モニターで表示される1分間の心拍数も実際は過去1分の値ではなくて最近10秒程度の心拍数から計算したものです。

Q三物体が衝突するときの運動量保存

三物体が衝突する場合、運動量保存はどうなるのでしょうか

たとえば三物体をA,B,Cとし、

AがBにぶつかり
はねかえったAがCと衝突するときは

衝突前のAの運動量=Cと衝突後のAの運動量
               +Aと衝突後のBの運動量
                +Aと衝突後のCの運動量

とすればよいのでしょうか?


またこの例題の原点周り(X,Y)座標 の角運動量保存を求める場合のBについては

Aと衝突する地点のYと
衝突後のB´(Y=0)の地点のXが数値で与えられているとき
どのようにしてとけばいいのでしょうか

長文、乱文ですみません

Aベストアンサー

>衝突前のAの運動量=Cと衝突後のAの運動量
               +Aと衝突後のBの運動量
                +Aと衝突後のCの運動量

とすればよいのでしょうか?


お考えの式が正しいのは、B,Cが静止している場合です。
2回に分けて考えます。

衝突前のA+衝突前のB
=Aと衝突後のB+Bと衝突後のA

Bと衝突後のA+衝突前のC
=Cと衝突後のA+Aと衝突後のC

後は代入し、整理すればOKです。

>またこの例題の原点周り(X,Y)座標 の角運動量保存を求める場合のBについては

回転情報がないので角運動量ではなく
単に運動量のX成分、Y成分が保存されるという話ではないでしょうか?

Q不整脈について

不整脈について

一年前から 胃の圧迫があり 少ししたら首の辺りでドクドク。。。色々有ったので 胃が悪いと思っていました。一週間ほど前に 自分で不整脈と分かりました。ストレスから来るものと思うのですが、階段を3階から下りるだけども 不整脈になります。病院に行って 見てもらいましたが、座っていると出るのですが、横になると 治まっていき 心電図では 出ません。そのことを先生に言いいましたが 安定剤(セルシン)を出してもらいましたが、その薬を飲んでるだけで 治るのでしょうか?貧血の検査もしたのですが 貧血ではないようでしたが 目の前に☆が たまに飛ぶのですが それは 不整脈のせいでしょうか?分かる方 教えてください。

Aベストアンサー

不整脈で☆は見えません。☆は眼科へ。不整脈は運動負荷心電図を。

Q光にも軌道角運動量とスピン角運動量の区別があるのですか

水素型原子の電子軌道の持つ角運動量は軌道角運動量とスピン角運動量の区別があることは勉強しました。電磁波(光)にも軌道とスピン角運動量が存在するのでしょうか。
 
また完全な平面波波進行方向の角運動量を持たないと言う記述がありましたが、一方平面電磁波は球面波展開ができると言うことも教科書に書かれていました。ひとつひとつの球面波は球ハンケルh(l)とY(l、m)の変数分離で記述できることも勉強しましたが、円偏波が量子力学で言うスピン角運動量に対応するのでしょうか。

きちんとわかってないのでお詳しい方に教えて頂ければ幸いです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

最近は読む気にもならないような質問が多いのですが、これは良いご質問だと思います。光子の軌道角運動量がないのは原子核の周りを回っている状態をつくれないからではありません。例えばブラックホールの近辺とかなら球対称場での光子の束縛状態が作れる可能性があると思いますが、そのような場合にも軌道角運動量はない(というか軌道角運動量の演算子が定義されない)と思います。完全な平面波が角運動量を持たないことはありません。質量のある粒子の中心力場内での散乱を考える時、平面波を球面波(軌道角運動量の固有状態)に展開するのが常套手段であることは量子力学の教科書を見ればすぐに分かることです。運動量の固有状態は角運動量の固有状態ではないと言うだけで角運動量がないわけではありません。

Q不整脈と血圧の変動について

看護学生です。
不整脈の中でも心室性期外収縮についてです。担当の患者さんは、不整脈を持っているのですが、普段の血圧は120/80前後です。
しかし、安静にしていたのにもかかわらず、血圧が140/90前後まで上昇することがあります。
私は、期外収縮後に拡張期が長くなるために、心拍出量が増加し収縮期血圧が上昇するのでは?と思っているのですが、拡張期血圧も上昇している理由が分かりません。
何か教えていただけるとうれしいです。

Aベストアンサー

心室性の期外収縮がおきると、心室は十分な駆出が行えませんから、一回拍出量は著明に低下します。
拡張期の左室充満時間が延長したとしても、それは期外収縮による一回拍出量の低下を補う代償的なもので、心拍出量は増加しないと思います。
血圧は安静時においても常に変動しているので、別の変動要因を考えられたほうが良いと思います。


人気Q&Aランキング