初恋のことが書いてある詩を探しています。
 
島崎藤村の「初恋」が有名ですが、それ以外のものを探しています。

よろしくお願いします!!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

『藍色の蟇』全編 大手拓次


http://www.aozora.gr.jp/cards/000190/files/1029_ …
『殉情詩集』全編 佐藤春夫
『みちでバッタリ』 岡真史   -詩集『僕は12歳』
『初戀』 北原白秋  -『思ひ出 抒情小曲集』
http://www.aozora.gr.jp/cards/000106/files/2415. …
『初恋』 吉原幸子
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詩を読み、感想文を書かなければならないので、さっそく読んで取り掛かりたいと思います。
ありがとうございました!!>_<

お礼日時:2006/11/25 04:23

寺山修司 「初恋の人が忘れられなかったら」寺山修司詩集 角川文庫


立原道造 「はじめてのものに」「夏花の歌」立原道造詩集 角川文庫
松本隆  「初恋」            斉藤由貴のCDより
宇多田ヒカル 「First Love」       CD「First Love」より
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詩を読み、感想文を書かなければならないので、さっそく読んで取り掛かりたいと思います。
ありがとうございました!!>_<

お礼日時:2006/11/25 04:23

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q吉原幸子さん「初恋」

吉原幸子さんの「初恋」という詩の解説を教えてください!!

Aベストアンサー

どなたからも回答がなさそうなので。
あまり適切な回答も出来そうもありませんが。

ご質問の詩は「幼年連祷」三の11番目の詩のことだと判断し、以下それで答えます。

二人のしたこと、されたことを分けてみましょう。
二連一行目に「女の子と もうひとりの女の子」と出てきます。
はじめの「女の子」=窓を見ている=ほほえむ=キスを盗まれる=歯をむかれる=二つの「カ」の字を消す
「もう一人の女の子」=後姿を見ている=キスし笑う=いじめっ子になる=黒板に書く
こんなふうに読みました。(これも一つの解釈です。あくまで私はこう読んだというに過ぎません)

女の子が女の子を好きになる。こんなことは結構あることだと思います。
しかもこれは幼い恋、青っぽい未熟な恋です。作者はそれを思い出しています。
それが最終行の「うすい」昼という言葉を選ばせた一つの理由でしょう。淡いのですね。

「オコラナイノデスカ ナクダケデスカ」
この「二つの「カ」の字を」ほほえみながら黙って消してみせる受身の女の子。
ここにはっとしたんですね。人によって生き方の違いがあるって気がついたのかもしれません。

それとチンドン屋の音。これは詩の最初から通奏低音のように聞こえています。
それが途中で(途中の回想に読者が気を取られ)すっかり聞こえなくなっていたのが、
最終行へ来て、「へたくそラッパ 急に高まる」んですね。
洗練された恋ではありませんからBGMも聞くに堪えないへたくそなんです(笑)
ここらあたりまるで映画のワンシーンのように書かれています。

吉原幸子氏は現代を代表する恋愛の詩人。
嘘のつけない直情の女性だったようです。
捨て身になって生きてゆこうとした人(少なくとも詩から受ける印象では)
そのリリックな第一詩集のなかの一編ですね。

あくまで個人的な「解釈」ですので、参考になりそうなところだけ拾っていただければと思います。

どなたからも回答がなさそうなので。
あまり適切な回答も出来そうもありませんが。

ご質問の詩は「幼年連祷」三の11番目の詩のことだと判断し、以下それで答えます。

二人のしたこと、されたことを分けてみましょう。
二連一行目に「女の子と もうひとりの女の子」と出てきます。
はじめの「女の子」=窓を見ている=ほほえむ=キスを盗まれる=歯をむかれる=二つの「カ」の字を消す
「もう一人の女の子」=後姿を見ている=キスし笑う=いじめっ子になる=黒板に書く
こんなふうに読みました。(こ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報