母は52歳ですが、2年前にくも膜下出血で倒れて、現在家で暮らしています。一日中介護者が付き添っています。身体障害者2級で、要介護度は5です。(要介護度はこれから先少し低くなるかもしれませんが・・・)
先日も転倒し骨折してしまい、2ヶ月弱入院しました。
ここからが本題なのですが、母が入れる(生命)保険等はあるのでしょうか?発病前に入っていた生命保険からは高度障害ということで保険金をいただいています。
医療費はかからないとはいえ、入院等には自己負担分もあり、これからの生活が非常に心配です。どなたか教えていただけませんか?(骨折保険やがん保険は入れると聞いたことがありますが・・・)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

損保の傷害保険は職業によって保険料を決定していますので病気の有無は関係ありません。

そもそも病気は保険金支払の対象になっておらず、怪我・事故による死亡・入院・通院を担保します。
ですから損保の傷害保険は加入できるでしょう。
お近くの損害保険会社や代理店(自動車保険に入っているところなんかだと良いんじゃないかなと思います)に問合せてみてください。

生命保険に関しては、アリコの「弱体者保険」は確かに加入できますが、死亡補償のみで入院は担保していませんので、もし入院補償が必要なのであれば期待には添っていないと思われます。
病気の入院を付けるのは、私のつたない知識の範囲から考えるに不可能ではないかと思います。
    • good
    • 0

基本的に損保の個人普通障害保険の場合でも加入の際に


障害の有無等の告知が必要になります
但しそれによって絶対加入できないかというとそうでもありません
詳しい事情を話し特別な決済を申請してもらうという手もありますし他の皆さんが書いているように貴方のお母様のような方のためのプランもあります
    • good
    • 2

アリコジャパンに「弱体者終身保険」という商品がありました。

既往症のある方など、従来の保険に契約できなかった方を対象にした保険です。
http://www.alico.co.jp/home.htm

その他参考になるページです。
http://www.yomiuri.co.jp/money/genre/a3_990625-1 …
    • good
    • 1

去年、郵便局へ行ったら、「持病を除く場合だけ、保険金を支払う」っていう、特定疾患なんとかが、あったと思います。

電話帳に郵政省の保険相談センターが、載ってますので、聞いてみて下さい。フリーダイヤルがあるハズです。地域によって番号ちがうと思うので書きませんが、HPもあると思いますが、郵便貯金のほうなら分るので、載せておきます。
保険料は、今みんな高いです。念のため。。。

参考URL:http://www.yu-cho.mpt.go.jp/
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q相続税と生命保険控除について

数年前に父が無くなり自宅等不動産を処分して母と私で少額ではありますが遺産相続をしました。
現在、母と私の分を合わせて母に相続用生命保険として加入してもらっています。
母が無くなった場合、3000万の保険金が下りることになり、現金を1000万程預金しています。
3000万まで控除なり1000万に対して相続税を支払うのか?それは何%でしょうか?
それとも、生命保険控除500万で残金2500万に対して生命保険の相続税がかかり、預金の1000万にも相続税がかかるのでしょうか?
できるだけ詳しく知りたのですが、、、、、

Aベストアンサー

Moryouyouと申します。
よろしくお願いします。

結論から言うと合わせた遺産に相続税が
かかりますが、
ぎりぎりセーフ(非課税)です。

生命保険控除はあまり効果がないんですよね。
A^^;)

法定相続人はあなた1人ですよね?
①相続税の基礎控除
3000万+600万×1人=3600万
②生命保険の控除額
 500万×1人=500万
 従って
 3000万 – 500万=2500万が
 相続税の課税対象となります。

③課税対象合計
 ②の2500万+金融資産1000万
 =3500万

 ③の3500万-①3600万
 =-100万となり、非課税です。
 
 他にないですよね?お住まいとか…

 いかがでしょうか?

参考URL
http://www.jili.or.jp/lifeplan/houseeconomy/succession/11.html

Q要介護状態で入れる生命保険はありますか?

現在父が要介護3で特別養護老人ホームに入所しております。現時点ではかんぽの養老保険に入っていますが、来年満期になり、その後どうしたらいいのか、現在模索中です。今日郵便局に行って聞いてみたところ、継続は出来ず、新規にまた申し込むしかないと言われました。要介護状態の上、糖尿病があり、結果的にかんぽでは無理との事でした。66歳、要介護3、糖尿病の父が新規で入れる保険はあるのでしょうか?どなたか教えてくださると助かります。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

要介護度3でも、契約できる保険は、あるかもしれませんが、
糖尿病が加わるとなると、厳しいですね。
医療保険(医療特約)は、まず、無理でしょう。

引受基準緩和型という保険があります。
死亡保険、医療保険ともにありますが、
これならば、契約可能となると思います。
ただし、保険料がとても高く、個人的には、
お勧めとは言いがたいです。

Q生命保険の 受取の相続税は

母、子が10人 とします。

母の財産は 現金4億5千万円、さらに 生命保険に 5千万円入ってたとします。

母の 死後 9名の子が それぞれ 現金を 5千万円受け取り、

残りの1名が 生命保険の 5千万円を 受け取った場合、

生命保険の 5千万円を 受け取った子は 生命保険の控除ということで

相続税を 払わなくて すむでしょうか。

Aベストアンサー

4億5千万に対してかかります。
それを、実際の相続分で按分します。
生命保険の5千万は非課税(500万円×10人)です。
なので、確かに生命保険を全額相続しても相続税はかからないということになりますね。
でも、4月からは、被相続人と同居している相続人の人数しか非課税にはならなくなります。

Q【生命保険】自殺対応の生命保険を教えてください。 自殺しても生命保険の保険金が支払われる保険ってま

【生命保険】自殺対応の生命保険を教えてください。

自殺しても生命保険の保険金が支払われる保険ってまだ存在してますか?

もうどこの生命保険会社も自殺した場合は保険金が支払われない特約付きになってますか?

生命保険開始日より1年以下での自殺は保険金が支払われないが加入から1年以上経ってからは自殺でも保険金が支払われる自殺対応の生命保険を教えてください。

Aベストアンサー

ほとんどの保険会社が、免責期間を3年、、と決めています。

自殺する場合は、3年は踏みとどまりましょう。

それ以前に死ぬと無駄死になります。

ただ、病気とかで、生きていくのが嫌になったりした場合の自殺は

3年以内でも、支払われる「場合」もありますが、、、。

Q相続税対策としての生命保険について

相続税対策としての生命保険について教えてください。
被相続人(父)、相続人(長男)の場合です。
よく聞くのが次のパターンです。

契約者:父
支払者:父
受取人:長男

こうすると500万円×法定相続人が相続税の課税標準から控除されますが、
例えば法定相続人が息子以外に、母、二男がいるとすると、1500万円が控除されるのでし
ょうか?
生命保険の受取人は長男1人ですが、控除額は×3人で計算してもよいのでしょうか?


別のパターンとして長男の生命保険に父が契約し、支払う場合

契約者:長男
支払:父
受取:長男の嫁

このような場合、長男が亡くなると、長男の嫁に生命保険が入ってきます。
このような場合、法定相続人ではない長男の嫁が受取人でも、500万円×3人=1500万円
が控除されるのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ニュアンスは分かりますが、
確認です。
別のパターンとして長男の生命保険に
父が契約し、支払う場合
被保険者:長男
支払:父(契約者)
受取:長男の嫁
ということですよね。

下記が参考になります。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1750.htm
被保険者 支払者 受取人
① A   B   B 所得税
② A   A   B 相続税
③ A   B   C 贈与税
の3パターンのうち、
質問の前半が②、後半が③
となります。
つまり後半の
被保険者:長男
支払:父(契約者)
受取:長男の嫁
は、相続とはならず、
父から長男の嫁への贈与
となります。

長男の嫁は直系尊属ではないので
一版贈与となります。
1500万-基礎控除110万
=1390万(課税価格)
1390万×税率45%-175万
=450.5万(贈与税)
となってしまいます。

あまり良いパターンではないと
思います。

いかがでしょう?

参考
http://www.nta.go.jp/taxanswer/zoyo/4408.htm

ニュアンスは分かりますが、
確認です。
別のパターンとして長男の生命保険に
父が契約し、支払う場合
被保険者:長男
支払:父(契約者)
受取:長男の嫁
ということですよね。

下記が参考になります。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1750.htm
被保険者 支払者 受取人
① A   B   B 所得税
② A   A   B 相続税
③ A   B   C 贈与税
の3パターンのうち、
質問の前半が②、後半が③
となります。
つまり後半の
被保険者:長男
支払:父(契約者)
受取:長男の嫁
は、相続とはな...続きを読む

Q低解約返戻金型医療保険を販売してる保険会社ってありますか? 生命保険料控除の時に 介護医療保険料に該

低解約返戻金型医療保険を販売してる保険会社ってありますか?
生命保険料控除の時に
介護医療保険料に該当するものを探しています。
補償内容は気にしていません。
貯蓄用に考えています。

Aベストアンサー

経済的幸福度に貢献するファイナンシャルプランナーの末次ゆうじです。
「低解約返戻金型医療保険」という商品は存在しません。

低解約返戻金特則付の医療保険は存在します。
保険会社によって医療保険の前にこの言葉が入っている会社もあります。

いわゆる、掛け捨てタイプ医療保険のことです。
また、払った保険料が戻ってくるタイプの医療保険もあります。
貯蓄用にご検討とのことですが、この保険料が戻ってくるタイプの医療保険の
事でしょうか?

・東京海上あんしん生命(メディカルKit R )→http://www.tmn-anshin.co.jp/kojin/goods_medical/kit_r/
・メディケア生命(メディフィット リターン )→http://www.medicarelife.com/products/shop/medifit_rt/
・メットライフ生命(リターンボーナスつき終身医療保険)→http://www.metlife.co.jp/document/products/ropfih.pdf

などが人気です。

一方、低解約型終身保険という死亡保障の終身型の保険は存在します。

経済的幸福度に貢献するファイナンシャルプランナーの末次ゆうじです。
「低解約返戻金型医療保険」という商品は存在しません。

低解約返戻金特則付の医療保険は存在します。
保険会社によって医療保険の前にこの言葉が入っている会社もあります。

いわゆる、掛け捨てタイプ医療保険のことです。
また、払った保険料が戻ってくるタイプの医療保険もあります。
貯蓄用にご検討とのことですが、この保険料が戻ってくるタイプの医療保険の
事でしょうか?

・東京海上あんしん生命(メディカルKit R )→http://...続きを読む

Q相続放棄 生命保険

次の場合は、生命保険金がもらえますか?
親が、死んだこどもの遺産を相続放棄をした場合。
親が保険の契約をし、子供に保険をかける時。
1,受取人が親の場合。親がこどもの遺産相続放棄しても
もらえる・もらえない
2,生命保険金の受取人が、死亡した子供の場合。掛け金を払っていた親が遺産相続放棄をすると
もらえる・もらえない。

Aベストアンサー

>要するに受取人の名義が誰かがポイントということと解釈してよろしいかと・・・・。
その通りです。ただ、死亡した本人が受取人となる死亡保険という契約はありませんので、そもそも2.の質問は成り立たないという事です。私もNo3さんも述べている通りです。

>そうです 養老保険です。「これは、私ごとですが、私も、子供を受取人に指定しているかもしれないと思います。(忘れました)満期共済金額が子供に行くようにしています。30年後ですがね
満期保険金が子供に行くように契約している(=被保険者が子供)となると、その場合死亡保険金の受取人が子供本人ということはあり得ません。
http://kw.allabout.co.jp/glossary/g_money/w001841.htm
(養老保険とは、契約期間中に死ぬと遺族に死亡保険金が、生存して満期を迎えると本人に満期保険金が支払われるタイプの生命保険のこと。)

Q要介護2以上で出る介護保険を探しています

40歳男性です。

要介護2以上で出る介護保険を探しています。
もちろん、それ以下の条件でも出るものがあれば、より良いです。

どこの保険会社の何という商品が良いでしょうか?
今のところ、介護はソニー生命の
5年ごと利差配当付き介護保障保険が第一候補です。

・一括ではなく年金で受け取れる終身保険
・死亡保障はなくても可
・払込期間10年~20年
・総払込金額300万まで
・年払可能
・払込期間中は解約しない。
・60歳時点で総払込金額が、返戻金を下回るもの(元本割れしないもの)

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

要介護2以上ということですが、一見出やすそうだな?と感じますが、ソニーの支払い要件は病気もしくは怪我をしてから180日後に要介護2ということですよね?
さらに言うと、年金をその後も継続して受け取り続けることが目的であるならば、その後も一生要介護2の状態を維持する必要があり、年金を受け取る都度、証明をしなくてはならないようですね
180日目に、要介護2であっても、その後回復してしまうと、一度しか年金を受け取れない事態になる可能性もあるのではないでしょうか?

また、要介護3や4といった、もっと高いレベルでの受け取りも想定に入れた場合、保障をおいくらに設定されているのかは存じませんが、パンフレットの金額通りの契約であるとするならば、たりないのではないのかな?と感じました。

65歳以上の方が介護保険を利用した場合、要介護3で5年介護を受けると、約160万かかります(1か月の負担 267500円×12ヶ月×5年×0.1=160万円)
1割負担で160万ですから、もっと若い頃に介護状態になった場合5年で1600万の供えが必要ですよね
ちなみに要介護2では(194,800×12ヶ月×5年×0.1=116万円)
あくまで65歳以上です
しかも、介護保険の範囲内のサービスのみを受けた場合ですので、実際もっとかかる可能性もあります
また、介護状態になった場合の収入保障も、65歳以下の場合は考えなくてはならないと思うので、残念ながら、充分に足りているとは考えにくいかなと感じます

そういういみで、せっかく介護保障を考えるのでしたら、大きな介護保障をつけることができて、支払い実績も年間1000件近くあるS友がいいのではないかと思います(某大手は、介護保障を売り出して7年間の総支払い実績が7件しかないとか・・・)

新しく発売のダブルステージであれば、払い込み以上の返戻率があると聞きました
要介護2であれば、180日待たずとも、30日で給付金をもらえます(そのほとんどの方が、半年を待たずして回復されています。半年以上かかるのは要介護3以上の方がほとんどです)

参考URL:http://www.sumitomolife.co.jp/lineup/wstage_mirai/shousai.html

要介護2以上ということですが、一見出やすそうだな?と感じますが、ソニーの支払い要件は病気もしくは怪我をしてから180日後に要介護2ということですよね?
さらに言うと、年金をその後も継続して受け取り続けることが目的であるならば、その後も一生要介護2の状態を維持する必要があり、年金を受け取る都度、証明をしなくてはならないようですね
180日目に、要介護2であっても、その後回復してしまうと、一度しか年金を受け取れない事態になる可能性もあるのではないでしょうか?

また、要介護3や4...続きを読む

Q生命保険の相続税非課税について

保険金500万円X相続人の数までの生命保険金には相続税はかからないそうですが、これは、相続税の申告書を提出して初めて適用されるものでしょうか?

Aベストアンサー

被相続人の死亡によって取得した生命保険金や損害保険金で、その保険料の全部又は一部を被相続人が負担していたものは、相続税の課税対象となります。
おっしゃるように非課税限度額がありますが、その適用条件に「申告書の提出」はありません。

申告書を出していても、出してなくても、「保険金500万円X相続人の数までの生命保険金には相続税はかからない」です。

参考URL:http://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4114.htm

Q生命保険更新直前での発病での質問

生命保険の更新手続き後の発病で悩んでいます。生命保険の更新で11月から新しく保障の低いものに切り替え保険料を低く抑える為に8月に書類手続きを完了しました。しかし10月に発病したので更新を辞めたいと申し出たら無理だと回答されました。自分としては更新が来月なので未だ間に合うと素人判断ながら思ってました。診断が月末の為更に焦ってる状況です。詳しい知識のある方力をお貸しください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

これは専門家に聞かないと何とも言えませんね。法テラスの無料相談に予約したほうが確実です。文面からすると多分質問者さんの意見が通ると思います。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング