『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

タイトルどうりですが無料占いのサイトで以下の結果のみがでて読解できずにいます。この命式をご覧になって何でもいいので、なにかいえることはありますでしょうか。
1984.3.31生まれの四柱組織の基礎計算結果 (命式のみ)
             通変   :十二運   
四柱:干支:蔵干:根(五行);天干・地支:天干・ 地支: 各柱空亡
            
年 :甲子:癸 : 水  ;比肩 ・印綬:沐浴 ・沐浴 ;戌亥
月 :丁卯:乙 : 木  ;傷官 ・劫財: 病 ・帝旺 ;戌亥
日 :甲子:癸 : 水  ;  ・印綬 ;沐浴・沐浴  :戌亥
時 :甲子:癸 : 水  ;比肩 ・印綬:沐浴 ・沐浴 :戌亥

旺相死囚休 と 月令
木 /火 /土 /金 /水
旺/ 相 /死/ 囚 /休
卯月木旺の生まれ (乙木司令)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>>掃除がすごく苦手です。

いつも部屋がぐちゃぐちゃしてます。。これは運気を下げますよね。

<<当然です、女性なら尚の事大切ですよ、第一汚ギャルでは誰の信用も得られませんよ、社会に出れば人の信用は絶対不可欠です、此は命式の善し悪しに係わらず常識です。
此は貴方の年齢に係わらず、まだ子供の域を出ていない証拠でしょう。

>>勉強も秋冬にガタンと意欲低迷するから受験失敗するんよね。怠け癖のひとつかなぁ。

<<普通に勉強をする人は夏休み期間中に苦手な科目を一生懸命に勉強をして秋冬になれば他の事に目もくれずに勉強に没頭する物ですが、えらく呑気ですね、本来の貴方は大変優秀な頭脳をお持ちの筈なのに、此を運勢の無駄遣いというのです。
「学問に王道無し」と言いますが、有る一定の知能指数さえ有れば、命式の善し悪しに係わらず受験ぐらいは何とか成る物です。
それがおもうようにいかなかったのならば、うんせいにもじょうしきにもせをむけたせいかつをしたけっかでしょうね、幾ら良い命式で有っても、それに背を向けて甘ったれた生活をしていたのでは台無しに成って仕舞いますから、社会常識と生活環境の整備と遣ってはいけない事を遣らず遣らなければ行けない事を横着がらずに必ず貴方自身が遣る事をお勧めします。

>>今の専門学校を卒業してちょっと働いたらまたちがった分野の専門学校に通いたく思っているんです。突き進んじゃっていいってことですかね笑

<<此は、貴方自身が目的を持って、こうしたいと思って、それを遣り遂げる環境に有るなら、それも良いと思います。

>>ちなみに私は女なのですが、その情報が加わるとまたどんな見方ができますか?

<<少し前記しましたが、命式の善し悪しに係わらず人としての常識を先ず、わきまえる事が肝心なので、普通に考えると人間として男は社会との関わりからは逃げられませんが、女の場合には社会生活と家庭生活との専従できる二つの選択肢が有ります。
もし貴方が家庭生活の専従という道を選べば、貴方は向上心が高くてプライドが高いために玉の輿に乗る事を選ぶでしょうし、社会生活の専従を選べば事業を興しても、会社に勤めても成功をするでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度ご回答くださりどうもありがとうございます。風邪で体調を崩していたものでお礼が遅くなって申し訳ありません。お言葉身にしみました。心を入れ替えて部屋の大掃除をし、玄関からベランダまでかなり綺麗になりました。これから毎日必ず20分間部屋掃除を続けます。やればできるので、やります。

お礼日時:2006/12/09 16:02

この命式を見てインターネットの有る意味凄さをヒシヒシと感じています。


と言いますのも実際の鑑定をしている時には、こんなに凄い命式に出会う事が無いし、私の流派の人で実際に、こんな命式を持った人と出会った事も無いと言っていたの物でした。
凄い命式だと言った訳は、この命式に似た命式を持っている人は、今の皇后陛下なのです。
確かに皇后陛下の御実家は大変な大金持ちでしたが、社会的な地位や身分はない一般市民でしたから、その出世というのは、まさに破天荒な出世と言えますね。
でも皇后陛下、御自身では、そんなに御自身が幸運に生まれ付いたとは思っては居ないと思われます。
支柱の命式からその理由を探れば、命式の中に只一点の傷が有り、また命式が余りにも良かった為に御自身の幸運の判断基準、レベルが他の人と較べると余りにもハイレベルな為です。

この命式が女命なのか男命なのか分かりませんが、兎に角、素晴らしい命式で、いかなる苦難も難なく乗り越え表舞台で、さほど苦労することなく十分に御自分の才能を発揮出来て結構充実した一生を歩むことが出来ます。
この命の人は、新しい物に大変に興味を持ちますので、それらの仲間を募り貴方が引っ張っていけば大変に成功をするでしょう。

但し、この命式を持つ人は余りにも命式が綺麗で良い命式である為に大変な怠け者であり、運勢の無駄遣いをしますが、それでも他の人より良い一生が遅れます。
注意点が有るとすれば、他の人からいわれの無い誹謗、中傷を受けるでしょうが、それは妬みと嫉妬から出る物ですが貴方は、そんな事を真正面に受け取らず寧ろ何も無かった様に振る舞う事をお勧め致します。

兎に角この命式について喋るなら一日喋っても喋り尽くせない程、良い命式です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。そんなにすごいんですか!皇后陛下と似ているだなんて、平々凡々と鳴かず飛ばずのぱっとしない22年間を生きてきた私にはなんとも恐れ多い。。これから何かおこるのかな。。。わくわくしてしまいます(笑)
大変な怠け者っていうとこにすごく覚えがあります笑。掃除がすごく苦手です。いつも部屋がぐちゃぐちゃしてます。。これは運気を下げますよね。どうにかなおしたいなぁ。。。勉強も秋冬にガタンと意欲低迷するから受験失敗するんよね。怠け癖のひとつかなぁ。
好奇心すごく旺盛です。あたらしく今の専門学校を卒業してちょっと働いたらまたちがった分野の専門学校に通いたく思っているんです。突き進んじゃっていいってことですかね笑
ちなみに私は女なのですが、その情報が加わるとまたどんな見方ができますか?もしよろしければ、お話お聞かせ下さいませ。

お礼日時:2006/12/03 13:13

少しだけ。


傷官があって沐浴がかなりたくさんありますね。
これは異性問題に注意です。トラブルがおきます。
魅力があってかなりモテるんじゃないですか?

私はこれしか分かりません。お役に立てなくて申し訳ありません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答どうもありがとうございます!
モテ、、たらいいのですが実際はさっぱり。。涙
異性問題注意したいと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2006/12/03 12:50

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q四柱推命で子供の命式がとても悪いです(泣)

最近四柱推命という占いを知り、調べてみたのですが
長女の命式が悪いようなのです。
調べていくほど悪いことばかり目につく結果で、
ほんとに今は素直で可愛いのですが
娘の人生が心配です(泣)
生年月日は2009,8,10 21時生まれです。
私の調べたものが合っているならば
0歳~19歳→大運空亡
(親が離婚など不仲でなければ
いじめ、病気、ケガが起こる?と書いてあるものもあり)
潤下水というのは1番よくない
身弱で-4
命式中に空亡がある
など調べていくと悪いことしか
書いていないのです。
この子の人生どうなっちゃうのですか(泣)

Aベストアンサー

四柱推命にはいくつか流派がありますので、私の学んだ流派には「空亡」というものはありませんがこの見方で見ていきますね。

まず人のエネルギーは個々のみのものではなく、同居している人同士相互に作用します。それは良くも悪くも影響してきますので、一個人の命式を見るだけでそれがその個人のエネルギーすべてではありません。

辛 丁 戊 丁
亥 巳 申 亥

日干弱 喜神木火、忌神土金水、用神甲

このお子さんは、1~2,3歳ころまでは風邪をひきやすい状態でしたが、今年は元気に育つ傾向があります。来年はまた健康に注意しておいた方がよいでしょう。6歳からは順調に育ちます。

11~14歳まで、22~25歳までは健康に気をつけた方がよいでしょう。

一緒に住んでおられるご家族の中に、木か火か戊土が多い方がいらっしゃいましたら、
上の時期も気にすることもないと思いますが、25歳前後には外からのストレスが強まる時期であり、
泌尿器系・婦人科系の健康面に注意が必要です。

このお子さんは、意思が強く研究心旺盛ですが強引なところもあり、謙虚さに欠けるところもあります。積極果敢というよりは防衛本能の方が強く、内に強さを秘めているような面があります。何事も器用にこなしますが飽きやすく永続性に欠ける面もあります。

人は生まれる前に今回のこの人生において、自分に対する課題、乗り越えるべき困難を選んで生まれてきています。四柱推命では、その人生のある程度の起伏が分かるようになっていますが、わかった上で自分のエネルギーの調節をしていくこと、これは奇門遁甲という分野で足りないエネルギーと多すぎるエネルギーの調和をしていくことで、流れを変えることができます。ですが、奇門遁甲は継続して行っていかなければ意味がありませんのでお父様、お母様(同居されている方)のエネルギーも見てもらったうえで、気になるようでしたらお探しください。

四柱推命にはいくつか流派がありますので、私の学んだ流派には「空亡」というものはありませんがこの見方で見ていきますね。

まず人のエネルギーは個々のみのものではなく、同居している人同士相互に作用します。それは良くも悪くも影響してきますので、一個人の命式を見るだけでそれがその個人のエネルギーすべてではありません。

辛 丁 戊 丁
亥 巳 申 亥

日干弱 喜神木火、忌神土金水、用神甲

このお子さんは、1~2,3歳ころまでは風邪をひきやすい状態でしたが、今年は元気に育つ傾向があります...続きを読む

Q四柱推命の大運が悪いです・・・気を付けるべき事は?

あまり四柱推命は詳しくないのですが・・・
大運で空亡が10年+10年
その後の大運が七沖で10年
その次の大運が六害で10年と連続で継続するようなのですが・・・運気が悪いって事になるのでしょうか?
不安でたまりません。
大運の空亡や七沖・六害の意味とは?その時に起こりうる害など何か予測できますか?
どんな事に気を付ければ良いのでしょうか?

私の命式表
  時柱 日柱 月柱 年柱
天干 乙  庚  丁  己
地支 酉  子  丑  酉
通変星
  正財    正官 印綬
十二運 帝旺 死 墓 帝旺
蔵干 辛 癸 己 辛
通変星 敗財 傷官 印綬 敗財
です。
大運      
天干 丁 戊 己 庚 辛 壬 癸 甲 乙 丙
地支 丑 寅 卯 辰 巳 午 未 申 酉 戌
       空 空 七 六
       亡 亡 沖 害

Aベストアンサー

空亡というのは、人生の札が掛かっていない状態、出番ではないという意味です。大きな選択、結婚、家を建てる、起業など、おおきな決断をあまりしないようにしたほうがよいというだけです。この大殺界の時期でも、してもよいこともあります。引越しや転職はよかったと思います。七沖というのは、親子関係などに亀裂が入る年、肉親関係の中が悪くなる意味があります。六害は四方から材木が落ちてくるの図、他人から周囲から邪魔をされて、物事が成らないことを示しています。大概、これらは一緒に来ることが多いです。
私の娘の歳運も、今年十五で大殺界が抜け、七沖、翌年が六害です。どうも高校時代運が悪そうです。
ここ四年ほど気をつけろという意味では。通変星では、正官、正財、印綬と、大運の方はありますから、こつこつ働き、蓄財をして、それを受ける基調が出ています。あなた公務員ではありませんか。
下のほうの通変星は、敗財が重なっているのと、親から財を受ける印綬があり、傷官がひとつ、あまりいいものはもらわないけれど、少し知にたけるところがある感じの人でしょうか。
どちらかというとすごく運もよくないけれど、極端に悪いわけではないと思います。
これが劫財が多かったりすると、極端に財運が悪かったりします。

空亡というのは、人生の札が掛かっていない状態、出番ではないという意味です。大きな選択、結婚、家を建てる、起業など、おおきな決断をあまりしないようにしたほうがよいというだけです。この大殺界の時期でも、してもよいこともあります。引越しや転職はよかったと思います。七沖というのは、親子関係などに亀裂が入る年、肉親関係の中が悪くなる意味があります。六害は四方から材木が落ちてくるの図、他人から周囲から邪魔をされて、物事が成らないことを示しています。大概、これらは一緒に来ることが多いで...続きを読む

Q四柱推命の“四墓”って?

 知人に趣味で四柱推命が出来る人がおり、私の四柱を見てもらった時、私には珍しい四墓というのがあると言われました。これでニッカン(?)に土があれば、とても良いのだが、私には無いと言われました。
 何となく四という数字も墓という字も不吉な気がするのですが、この四墓というのがあるのは良い相なのでしょうか?悪い相なのでしょうか?何となく不安です。 

当方 四柱推命には全くの素人です。
この“四墓”というものについて初心者向けに説明して頂ける親切な方はおられますでしょうか?

Aベストアンサー

四墓は、決して悪い意味ではありません。

ご存知かもしれませんが、四柱推命の四柱とは、年月日時の4つの要素のことを言っています。

年月日時の4つの要素を並べ、その下に、関係する星をつらつらと書き連ねていくために、結果として、あたかも文字で出来た4つの柱を用いて命を推し量ることから、四柱推命と名付けられたのです。

お話の四墓ですが、
年月日時の4つの十二支が、丑・辰・未・戌で構成されている場合を言います。

十二支にはご存知の通り、子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥がありますが、これらはその勢いの性質の違いから、大きく生・旺・墓の3つに分類されます。

生とは、物事の始まりの状態です。亥・寅・巳・申があります。
旺とは、物事の勢い盛んな状態です。子・卯・午・酉があります。
墓とは、盛んな時期を過ぎて落ち着いた状態です。丑・辰・未・戌があります。

一般の「お墓」とは意味が違うのです。

四墓が揃った場合、通常は本来の墓の落ち着いたような性質とは異なり、それぞれの要素が活性化する性質を有します。
また、他の十二支と異なり、四墓は全て「土」の性質を有すると考えられています。

四柱推命では、日干(にっかん)と呼ばれる、生まれた日の「干支(かんし):十干と十二支のこと」のうち、「十干(じゅっかん)」の要素を中心に見て判断していきます。

例えば、本日、平成18年8月15日の日の干支は丙子(ひのえ・ね)なので、日干は「丙(ひのえ)」となり、これを中心に見ていきます。

丙(ひのえ)・丁(ひのと)は火の性質を持つと考えられており、この他に、土の性質を持つと考えられているものには戊(つちのえ)・己(つちのと)があります。

日干が戊か己で土の性質を持ち、四墓を持っている場合には、日干の土を四墓が強める働きをすることになります。

お知り合いの方がおっしゃったのはそのことです。

ただ、これだけの要素だけでは、良いとも悪いとも判断出来ないのです。

日干を強めた方が良い場合もあれば、弱めた方が良い場合もあり、四墓があるから良い場合もあれば悪い場合もあります。

しかし、いずれにしろ、「四」とか「墓」とか、確かに一般の人からすれば縁起が悪そうな文字ではありますが、そのこと自体では良いとも悪いとも言えないのです。

結局、これだけでは何の判断も出来ませんから、全く気になさる必要はありません。言葉のイメージに踊らされて気にするだけ損だと思って下さい。

四墓は、決して悪い意味ではありません。

ご存知かもしれませんが、四柱推命の四柱とは、年月日時の4つの要素のことを言っています。

年月日時の4つの要素を並べ、その下に、関係する星をつらつらと書き連ねていくために、結果として、あたかも文字で出来た4つの柱を用いて命を推し量ることから、四柱推命と名付けられたのです。

お話の四墓ですが、
年月日時の4つの十二支が、丑・辰・未・戌で構成されている場合を言います。

十二支にはご存知の通り、子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉...続きを読む

Q四柱推命の命式と大運のことで

四柱推命で命式と大運を調べてみました。命式のバランスを見ると身弱になると思います。
本で読んだのですが、身弱の人は元々運勢が弱いのですが、大運で冠帯や帝旺といった強い十二運星が巡ってくると運が上向くとのことです。
ですが、私は大運もパワーの弱い星(十二運)ばかり来てます。昔から家庭や学校で辛い目に合ったりしたのにこれからもそういった事が続くのかなぁと思い凹みました。。
私はまだ四柱歴が浅いので本に書いてあることを信じてしまいますが実際の所どうなのでしょう?

詳しい方、何かアドバイスなどあればよろしくお願いします。

以下が命式と大運になります。

年 癸亥 偏印 死 印綬 空亡
月 丁巳 食神 沐浴 傷官
日 乙丑    衰  偏財
時 壬午 印綬 長生 食神

0~9 丁巳 食神 沐浴 10~19 戊午 正財 長生
20~29 己未 偏財 養 30~39 庚申 正官 胎
40~49 辛酉 偏官 絶 50~59 壬戌 印綬 墓
60~69 癸亥 偏印 死 70~79 甲子 劫財 病

よろしくお願いします。

四柱推命で命式と大運を調べてみました。命式のバランスを見ると身弱になると思います。
本で読んだのですが、身弱の人は元々運勢が弱いのですが、大運で冠帯や帝旺といった強い十二運星が巡ってくると運が上向くとのことです。
ですが、私は大運もパワーの弱い星(十二運)ばかり来てます。昔から家庭や学校で辛い目に合ったりしたのにこれからもそういった事が続くのかなぁと思い凹みました。。
私はまだ四柱歴が浅いので本に書いてあることを信じてしまいますが実際の所どうなのでしょう?

詳しい方、何...続きを読む

Aベストアンサー

命中に寅卯の直接の根がない弱い乙ですね。月に丁巳で柔らかい草(乙)が育つための照暖を仮の形でも与えてもらえるところですが
年の癸亥より剋(傷つける)を受けています。
親御さんや年長者から自己表現のつもりでやったことを否定され
萎縮してしまう場面がありそうに感じます。
木行は傷が多いと確かに精神的な疾患の傾向を生じやすいようですが、
強い火に囲まれて燃え尽きてしまう場合と金行の剋が強すぎる場合に顕著なので、
質問者さまの場合は 気弱さからくる一時的なうつ状態で、快癒が困難な深刻なものに発展することはないでしょう。

この命式は日主乙に対して金の剋がなく他が揃っているので 根があれば良くなってくるのではと思います。
現在の大運が己未、未は命中に水があるので木行の根として採ることができます。
寅卯の根に比べると確かに根としての作用は弱いかもしれませんが、
年運に寅卯が巡った時に上向くのではと考えます。
(直近の寅年は庚寅なので 干合を考える必要がありますが)
挿し木しようと土を用意して(年運 己)いま根が出てくる前の状態という感じです。
いじくらなければきちんと根付く条件はもともとお持ちですから、あせらず丁寧に過ごして下さい。

命中に寅卯の直接の根がない弱い乙ですね。月に丁巳で柔らかい草(乙)が育つための照暖を仮の形でも与えてもらえるところですが
年の癸亥より剋(傷つける)を受けています。
親御さんや年長者から自己表現のつもりでやったことを否定され
萎縮してしまう場面がありそうに感じます。
木行は傷が多いと確かに精神的な疾患の傾向を生じやすいようですが、
強い火に囲まれて燃え尽きてしまう場合と金行の剋が強すぎる場合に顕著なので、
質問者さまの場合は 気弱さからくる一時的なうつ状態で、快癒が困難な...続きを読む

Q四柱推命(命式表)の解読をお願いいたします。

現在、32歳の女性(未婚)です。

私自身のこれからの人生の参考になればと、四柱推命(命式表)に
興味を持ち、自分なりにいろいろと調べてみたのですが、
解読方法が難しすぎて困っております。


診断結果は、下記の通りで、この度、お教えしていただきたい点は、

年柱や月柱・日柱・時柱のときに起こるそれぞれの解読内容と、
その時々の良い作用やこれからの人生で気をつけたほうがいい
思われる悪い作用のこと。

それと、年柱から日柱にかけて、傷官が3つもあることや
年柱のところに傷官:六害となっているので、それらの意味するところ。

また両親の老後も心配で、私が両親の面倒をみることになる命式なのか
どうかもとても気になっております。

お手数をおかけしてしまい、すみませんが、よろしくお願いいたします。


<診断結果>


       時柱  日柱   月柱  年柱

天干     庚    丁    丁    庚

地支     戌    亥    亥    申

通変星   正財        比肩   正財

十二運   養    胎    胎   沐浴

蔵干      辛    戊    戊   戊

通変星  偏財  傷官  傷官  傷官

関係                   六害

現在、32歳の女性(未婚)です。

私自身のこれからの人生の参考になればと、四柱推命(命式表)に
興味を持ち、自分なりにいろいろと調べてみたのですが、
解読方法が難しすぎて困っております。


診断結果は、下記の通りで、この度、お教えしていただきたい点は、

年柱や月柱・日柱・時柱のときに起こるそれぞれの解読内容と、
その時々の良い作用やこれからの人生で気をつけたほうがいい
思われる悪い作用のこと。

それと、年柱から日柱にかけて、傷官が3つもあることや
年柱のところに傷官:六害となってい...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。

命式は以下のとおりです。

庚 申(庚) 大運 丁亥
丁 亥(壬) 1 丙戌
丁 亥(壬) 11 乙酉
庚 戌(戊) 21 甲申
31 癸未
41 壬午

蔵干は流派によってかなり違いがありますが、
私の師の流派では上記のようになります。

四柱推命はそれぞれの柱でみるのではなく、四つの柱でバランスを看て、それに大運(10年運)、流年を加味します。

良い点:物事を理論的に考えられる。空気を読んで行動できる。我慢がきく。
悪い点:消極的な面がある。人に気を使いすぎて気疲れする。

傷官についてはこの場合関係ありません。

両親の介護については、四柱推命はその人の事しかわかりませんのでお答えできません。

Q四柱推命について

どうぞ、よろしくお願いします。
昨年2月から、空亡年・大運空亡・厄年です。それでなのか、やることなすこと裏目を引いて、周囲に迷惑かけっぱなしです。実家も大きな事業をしてたのに、最近廃業しました。私の式は、

癸卯乙 比肩・食神(長生)
乙丑己 食神・偏官(冠帯)七沖
癸未己 偏官(墓)
戊午丁 正官・偏財(絶)干合支合

です。時柱の「絶」が不安です。けれど「干合支合」で救われるのかなあと思ったりもします。

どなたか、どうかご教示お願いいたします。

Aベストアンサー

『四柱推命』にも様々な流派が存在します。

 日本で現在盛んになっているのは、台湾の明澄透派系の『四柱推命』です。明澄透派13代目か14代目の張耀文氏の教えを受け、独自の理論を構築した武田考玄氏、内藤文穏氏、佐藤六龍氏などが代表的な明澄透派系の『四柱推命』の大家です。

 高根黒門氏によると、台湾でも明澄透派の占術はほとんど知られておらず、日本でのみ、「本場中国の占術」としてもてはやされ、隆盛を極めているようです。takedataさんは、よくは分かりませんが、どうやらこの明澄透派系の『四柱推命』を学ばれた方なのではないかと思います。

 私は『四柱推命』を用いる場合には、戦前から日本で研究されていた泰山流を基本にはしていますが、全面的に泰山流の考え方を採用しているわけでは有りません。

 これらの点を踏まえた上でこれからの説明をお聞き下さい。

 まず、空亡についてですが、泰山流では大運の空亡はとりません。これまで観させて頂いた方々の実態との適合性から考えても、大運の空亡はとらないという考え方で良いと思われます。

 また、空亡は、支合・三合・方合・冲によって解かれる(解空)と考えています。私のこれまで観させて頂いた経験上も、この考え方で良いと思われます。

 patek-pさんの命式の場合、日柱から見た空亡の支は申・酉ですが、年支・卯と酉は冲になるため、酉は空亡は解空していると考えます。

 空亡についてですが、日柱の干支から見た空亡は真空とし、存在しないものとして判断します。年柱から見た空亡がそれに次ぐ効果を持ち、月柱や時柱から見た空亡は半空として、該当する干支の効果を弱める働きを持つだけと考えます。

 具体例を上げると、昨年は申年でpatek-pさんの日柱から見た空亡に対して解空要素がありませんでしたので、昨年の年運を判断する場合には、年干支の甲申は存在しないものとして判断する必要があったことになります。つまり、空亡の年だからと言って、別にそのこと自体は、悪いことでもなければ良いことでもないのです。言うなれば、大運の影響を強く受ける年、といった意味になります。

 空亡の意味や用い方としては概ねこのようなことになります。

 次に細かな判断方法の説明をしなければならないのですが、これを説明しようとすると膨大な量になってしまいます。ですから、理解はできなくても、漠然と感じだけ掴んで下さい。

 日支の蔵干には、財を表す丁・偏財が隠れています。月支の蔵干には癸・比肩が隠れており、丁・偏財を守る働きをする干が日支蔵干には無いので、日支蔵干の偏財は比肩によって剋され、財は失われることを示しています。

 次に、時支蔵干には、財を表す丁・偏財と、主に不動産を表す丙・正財が隠れています。これらの財や不動産は、時干・日干・日支蔵干にこれらを剋する働きをするものが無いため、吉神として働きます。

 結果、財運・不動産運に関しては、日支蔵干に隠れている偏財が月支蔵干から剋されているため、当初は何かと支出が多くなりがちと考えられるものの、時支蔵干に隠れている偏財や正財は健在なので、財に関しても困窮するまでには至らず、不動産運に関しては良いものをお持ちで、晩年には自己名義の不動産を所有することができる、というような解釈になります。

 大運は辛酉。patek-pさんの命式中の丁・偏財は大運辛・偏印に対して剋そうと働きかけます。しかし、大運の辛は、人間の持つエネルギーに比べれば無尽蔵のエネルギーを持っていますので、剋し切れません。力を使い果たして疲弊します。幸い時支は午で丁を強力にサポートしていますので、patek-pさんに直接悪影響を及ぼすことは無いと考えられますが、偏財は父親も表しますので、ご実家の事業が疲弊して廃業に至ることを示していると考えることもできます。

 戊癸干合は、通常は、時支蔵干に隠れている己・偏官の働きで癸が剋されるために干合は解かれています。そのため、偏官と正官が同一命式中に存在する、いわゆる官殺混雑の状態になっていますが、月支蔵干に隠れている辛・偏印がそれらの力を集約した上、冲によって偏印の悪い面が削がれているため、印綬の持つ健康・学業面の優秀さなどに加え、偏印の持つエネルギーが社会で活発に活動する方向に作用していると考えられます。

 ところが、大運が辛・偏印であるため、時支蔵干に隠れている己・偏官はそちらに力が奪われて癸を剋することができず、戊癸干合は午という根を持った安定した干合となり、動けない状態になります。
 その上、今年の年運は乙・食神の年なので、日支蔵干の己・偏官は剋され、結果としてpatek-pさんの命式中で月支蔵干辛・偏印に力を与えていた官星の全てが、動けないか剋されて無力の状態に陥っています。

 ご存知のように、官星は職業・仕事をも意味します。命式中の官星がこのような状態にある時には、仕事上での失敗・挫折・トラブルなどを意味します。

 ただ、月干・乙は、年干・癸、日干・癸から力を与えてもらえる関係にあります。そのため、何があっても目上・同僚・目下の全ての周囲の人から援助を受けて、無難に切り抜けることができる基本運をお持ちであると考えられます。

 いずれにしろ、財に関しては支出は多いものの困窮するまでには至らないと考えられますし、ご本人の能力も高く、仕事に関しても、多少の挫折・障害・トラブルに見舞われることはあっても、いずれも周囲の支援を得ることができて無難に乗り越えることができると考えられます。今年だけがその中でも少し不運な年、というだけです。

 結果として、それほど悲観すべき「命」とは考えられません。


 以上、多少、分かり難い部分もあったかと思いますが、最初にも申し上げたように、詳しく説明しようとすると、おそらくここでご説明した内容のさらに何倍もの説明をしてもまだ足りないことになると思いますので、この辺りでご勘弁願いたいと思います。

 それでは、お元気で。
 patek-pさんの今後益々のご健勝・ご活躍をお祈りいたします。

『四柱推命』にも様々な流派が存在します。

 日本で現在盛んになっているのは、台湾の明澄透派系の『四柱推命』です。明澄透派13代目か14代目の張耀文氏の教えを受け、独自の理論を構築した武田考玄氏、内藤文穏氏、佐藤六龍氏などが代表的な明澄透派系の『四柱推命』の大家です。

 高根黒門氏によると、台湾でも明澄透派の占術はほとんど知られておらず、日本でのみ、「本場中国の占術」としてもてはやされ、隆盛を極めているようです。takedataさんは、よくは分かりませんが、どうやらこの明澄透派...続きを読む

Q蔵干について

四柱推命を勉強中の者です。

四柱推命では色々な流派があり、蔵干をあまり重視しないところもあれば、月柱蔵干を元命として最重要視するところもあります。

ある推命家からは、私の場合元命が傷官で、一生この星から影響を受けると言われたのですが、別の推命家からは、蔵干については気にする必要が無い、とも言われました。これは全く背反する事項なので、困っています。

私としてはどちらを信用して良いか解らないので、いままで起こってきた事象と照らし合わせて、どちらが当たっているか見るしかないのですが、今ひとつ判断つきかねる部分があります。

四柱推命というのは、天干と干支のみで判断するのが妥当なのでしょうか?それとも蔵干も加味したほうが精密な判断ができるものなのでしょうか?

参考までに、私の命式は:
庚戌
丁亥
癸卯
甲寅
です。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

>>私は良化した壬・劫財と、吉力をうまく発揮できない丙・正財とが重要と判断します

>泰山式では確かに癸は壬を喜び、私のように冬生まれだと丙が必要だということですが。。

 いえいえ、そうではありません。「良化した壬・劫財と、吉力をうまく発揮できない丙・正財」というのは、単に日干の癸のみから判断しているのではなく、命式全体の蔵干を含めた干同士の関係から導いたものです。お分かりかと思いますが、この命式中に壬も丙も存在しているのです。壬は月支蔵干に、丙は時支蔵干に。

 そのため、仮に寅刻生まれだったのだとすると、性格の点においても、良化された劫財と吉力をうまく発揮できない正財の性質を合わせた性格を有しているはずと考えられます。俗に元命とされる傷官の性質などよりも。


>これはただ単に大運流年だけではなくて、こういった星を持つ人と常に一緒に居たほうが良いということでしょうか。

 四柱推命を用いて判断するに際し、命式から導いた特定の五行や十干を喜神や忌神としてそれを絶対視し、喜神が巡って来た場合には良い運になり、忌神が巡って来た場合には悪い運になると説明されているものが多いと思います。

 特に武田考玄氏の奇門遁甲の考え方は、これら四柱推命における喜神・忌神の考え方をかなり極端にしたもののようです。

 したがって、このような考え方からすれば、「こういった星を持つ人と常に一緒に居たほうが良い」とか、「それら十干の回座する方角に行けば吉」といった考え方が出て来ると思いますが、そのような単純なものではないのです。

 これらについては、いずれご自分で、現実に起きた実態とそれらをつぶさに比較してご覧になるとお分かりになると思います。一般に喜神とされているものであっても、行運(大運・年運・月運・日運・時運)と命式との関係で悪く作用する場合もありますし、忌神とされているものであっても、行運と命式との関係で良い方向に作用する場合もあるのです。

 つまり、特定の五行や十干を喜神や忌神などと決め付けて、それを絶対視するような考え方をしていても実態とは必ずしも適合せず、行運と命式の全ての関係を詳細に分析して、初めて実態と適合する判断結果を得ることが出来るのです。

 ですから、「こういった星を持つ人と常に一緒に居たほうが良い」などとは必ずしも言えるものではないのです。


>つむじの件ですが、私のつむじは正中線上にあります。しかし、母子手帳には早朝4時生まれとあります。母の話によると、確かに明け方に生まれたということなので、ひょっとしたら5時以降に生まれた可能性もありますが・・

 一般には、現在世界中で用いられている時間の考え方(日本で言えば兵庫県明石市を基準にして定められた時刻)が、占術を用いる上でもそのまま通用すると考えられています。しかし、実は、現在私達が使っている時間や時刻の考え方と、占術で用いるべき時間の考え方とは必ずしも一致しないのです。

 前回の回答中で、なぜわざわざ卯刻生まれの話を持ち出したかと言いますと、兵庫県明石市付近であれば午前4時36分頃、東京辺りで午前4時17分頃からは、占術上では卯刻生まれの特徴を有して生まれて来ていると考えられたことと、私のこれまでの経験上、このような計算から導き出した生時もさることながら、「つむじ」の特徴から推定される生時の方を基に判断した方が、実態と適合する結果が得られているからです。

 feretto_usakoさんの場合、「つむじ」の特徴から考えて、また、占いのような分野の学問が好きというような思考傾向から考えても、母子手帳上の生時の記載がどのようになっていようと、卯刻生まれの性格と運命をお持ちであると考えられます。

 そうしますと、前回お話したような吉力をうまく発揮できない正財などは命式中から消え、性格および運命に重要な働きをしている十干は、良化した壬・劫財と同じく良化した甲・傷官と考えられます。また、この場合、食神・傷官ともに大過となりますので、推命にあたってはそれらについても考慮する必要があります。

 もっとも、判断方法については様々な流派が様々な方法を唱えていますので、それらについては、おいおいご自分で研究なされば良いとして、少なくとも生時が卯刻である可能性が高いという点についての認識をお持ちになった上で、今後の勉強を進めて行かれれば良いのではないかと思います。


>高木乗という方が創始した五行推命・・・・・マスターできるまで勉強してみようと思っています。

 がんばって下さい。


 それでは、お元気で。

>>私は良化した壬・劫財と、吉力をうまく発揮できない丙・正財とが重要と判断します

>泰山式では確かに癸は壬を喜び、私のように冬生まれだと丙が必要だということですが。。

 いえいえ、そうではありません。「良化した壬・劫財と、吉力をうまく発揮できない丙・正財」というのは、単に日干の癸のみから判断しているのではなく、命式全体の蔵干を含めた干同士の関係から導いたものです。お分かりかと思いますが、この命式中に壬も丙も存在しているのです。壬は月支蔵干に、丙は時支蔵干に。

 その...続きを読む

Q四柱推命で短命とは?

四柱推命で、身弱の人は短命でしょうか?
一つの傾向として。

そうでなければ、どういう命式が短命の傾向にあると言えますか?

Aベストアンサー

身旺、身弱と、寿命の長さや運命の良し悪しなどとの間に相関関係はありません。全く無関係です。

身旺の場合、積極的、支配欲が強い、押しが太いなどの一般的傾向を持ちます。
身弱の場合、その逆で、消極的、従順、押しが弱いなどの一般的傾向を持ちます。

身旺と身弱では、行運(時の経過と共に移り変わる運)の見方も変わります。

そういう違いはありますが、寿命とは無関係です。

寿命は、命式だけを眺めていても分かりません。

行運として巡って来る大運・年運・月運・日運・時運それぞれ全ての干支との関係を見て初めて判断できるものです。

したがって、一目見て簡単に分かると言うものではないのです。

Q四柱推命 用神のとり方について

四柱推命初心者です。
下記は私の命式なのですが、吉になる干支(用神?)を
教えていただけないでしょうか?

年 甲辰 偏印 食神 冠帯
月 壬申 偏官 偏財 病
日 丙午    劫財 帝旺
時 戊戌 食神 食神 墓

ネット上のいくつかの無料プログラムで命式を出してみたのですが、
1.「偏財、偏官、食神」だったり、
2.「比肩、劫財、偏印、印綬」だったりと、
プログラムによって用神が違い、どれが本当か迷っています。
(2.は身弱のため木と火を強めよということだと思います。)
私の命式はたぶん偏官倒食なので、やはり偏財が用神になるのでしょうか?

どなたか見ていただけるとありがたいです。
すみませんが、どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>>吉の干支は、甲と丙以外はすべて吉なんですね。
甲と丙が凶ということは。。

<<この解釈は間違えていますよ。
 この命式は珍しいケースに当たるのです。
 甲は忌神ではなくて喜神でもない、この命式の中で働かない干だと言う事なのです。
 こんな働きをする干の事を閑神(かんじん)と言って吉凶には影響しないのです。
 故に吉には入れませんでしたし、凶だとも言っていません。
 丙は日干なので吉だとか凶だとか言っても命式の天干の判断には余り影響が有りませんので普通は問題にしないから除外したのです。

>>これから大運が丁卯→丙寅→乙丑→甲子(空亡、害、沖)と
巡るので、ちょっとビビッています。。(^▽^;)

<<この命式は、本当は幸運な命式なのです。
 年干の甲は忌神で強くて大変悪い判断をしなければいけないのに、この甲は善し悪しに係わらず働かないのですから悪さも良さもでないのです。
 地支は全てが喜神の上に配列状態が良い為に行運によるダメージを受け難い配列になっているので凶運が余り続きませんし命式では全ての地支が喜神の爲に良い判断が下せる吉命に当たりますから行運が多少悪くても余り気にする必要は有りませんし貴方の気にしている行運の吉凶を参考までに記述しておきます。

 丁→丙→乙→甲
 凶 吉 平 凶

 卯 寅 丑 子
 吉 凶 吉 吉

 私の流派では(空亡、害、沖)これらの物は歯牙にも掛けませんし大運は干五年、支五年に分けてみますので悪しからず。

>>吉の干支は、甲と丙以外はすべて吉なんですね。
甲と丙が凶ということは。。

<<この解釈は間違えていますよ。
 この命式は珍しいケースに当たるのです。
 甲は忌神ではなくて喜神でもない、この命式の中で働かない干だと言う事なのです。
 こんな働きをする干の事を閑神(かんじん)と言って吉凶には影響しないのです。
 故に吉には入れませんでしたし、凶だとも言っていません。
 丙は日干なので吉だとか凶だとか言っても命式の天干の判断には余り影響が有りませんので普通は問題にしないから除...続きを読む

Q四柱推命でも離婚を進められました。

結婚後すぐから夫に恋人がいることが判明。
それが原因で離婚を考えています。
話し合いを重ねていますが、彼は開き直り、別れたんだから離婚する理由はないの一点張り。
反省が感じられず、またやりかねない雰囲気があり
やり直すという結論に踏み切れないでいます。

そこで、知人に四柱推命で相性をみてもらったところ、
夫に「劫」があるので、苦労させられるとのことでした。

アドバイスを頂きたいです........。
よろしくお願いします。


夫の命式
     日柱 月柱 年柱
(天干) 庚己壬
(地支) 申酉戌
(通変星)   印綬食神
(十二運)建禄帝旺 衰
(蔵干)  庚辛戊
(通変星) 比肩敗財 偏印
(関係) なし

妻の命式
     日柱 月柱 年柱
(天干) 壬丙壬
(地支) 申午戌
(通変星)   偏財比肩
(十二運)長生胎冠帯
(蔵干)  壬己丁
(通変星) 比肩正官 正財
(関係)       空亡

Aベストアンサー

離婚を考えているけど踏み切れないところに、
四柱推命で離婚を勧められる。
それでも、踏み切らずにここで相談している自分…

なんでそんなに離婚したくないのか考えてみてはどうでしょうか。
文章を読む限り、なぜ離婚しないのか不思議です。

大人になれない男性っています。
女性は妊娠出産を機に大人になるチャンスがありますが、男性はありません。
子供のまま大人になった男性は、夫になろうが父になろうが子供です。
二人のことなんて考えなくていい。
「あなた」が幸せになれる選択をしましょう。

(すいません。四柱推命わからないのに回答しました!)


人気Q&Aランキング