「~の中の1つ」という時、one of ~ という表現を使いますよね。例えば「それは私の趣味の1つです」=That is one of my hobbies.のように one of の後には複数形が普通くると思うのですが、そこに 以下の文のような不可算名詞の「食物、食事」=food という単語を用いた場合でも、単数形でOKなのでしょうか。

「パンは日本の主食の1つです」(英語のスピーチの1文です。)
Bread is one of Japanese staple food.(単数形)
Bread is one of Japanese staple foods.(複数形)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

 英語の不可算名詞というのは,日本語で「数えられない」と単純には割り切れません。



 たとえば,fruit や furniture も不可算名詞です。「果物」や「家具」の総称を表す集合名詞ですが,文法的には,water などの物質名詞と同じで,不可算で,「一個の」と言いたいときは,a piece of ~で表します。

 food も同じように,「食べ物」を総称的に集合名詞として用いたもので,不可算名詞となります。

 しかし,fruit も food も「食べ物」や「果物」の種類を表すときは可算化します。単に「2個の果物」は two pieces of fruit ですが,「(リンゴとバナナが一個ずつで)2種類の果物」なら two fruits になります。
 「主食」のように,一つの種類の食べ物を表している場合は a staple food ということができます。

 「主食」は,厳密にその意味をとれば,「唯一の the」をつけて,the staple food となるのでしょうが,「主食の一つ」の場合は a staple food となると思います。

 「パンは日本の主食の1つです」というのであれば,one of を用いるよりも,Bread is a staple food in Japan. が一番いいと思います。

 one は可算名詞に対応するものですので,one of ~を用いるのであれば,集合的とはいえ,不可算名詞を用いることはできません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

別表現を教えていただきありがとうございました。

お礼日時:2006/12/10 22:38

 質問者の意見がまだ出ていないにもかかわらず、再度の投稿は許されないことかも知れませんが、ただ、「複数形」というと日本人にはどうしても、「数えられるもの」という誤解(?)があるために、その誤解をなくしたいという気持ちから投稿してみました。

そのおかげで、inqstv氏の意見も得ることが出来たのも幸いだったという気持ちもあります。
 inqstv氏も述べておられるように、「食べ物の種類を表わすときに」ということは、「区切りできる」ということを示します。ですから、「お雑煮」といえば、日本料理の一つという意味で、区別できる(種類として分別できること)がゆえに複数形を使うこともあるということです。このように、英語では、区切ることが出来ればすべて複数形にすることが出来るのです。たとえば、「water」のように、日本語からは数えられないように見える語でも、「水域」というように、たとえば、太平洋と大西洋と区別できるのであれば「waters」にすることが出来ることに気づいて欲しい気持ちがあります。
 なにぶん独学者であるために、誤解を与えたような投稿をしてしまったことに、みんなにお詫びしたいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お気にかけていただいて恐縮です。私は種類を表わすときには複数形表現も有るという事を知っていたがために「米を主食とする食事」「パンを主食とする食事」という種類で考えられないこともないな~と思ってしまったので、「パンは日本の主食の1つです」と言いたい場合は、どうとらえたら良いのだろう・・と悩んでしまったのです。ご意見ありがとうございました。

お礼日時:2006/12/10 22:52

直接の回答としてはNo.4の方の回答に付け加えることはありませんが、No.1の方やNo..3の方の回答にはそれに反することが書かれているので、質問者の方が困るだろうと考えて、あえて筆をとりました。



例えばNo..2さんは次のように述べています。
>では、「foods」はどうか、というと、実は文法的に間違いなのです。>なぜかというと、「food」というものが抽象的概念なので、それを複数形にすると、別の抽象的概念が、つまり、「別の食べられれるもの」という意味になっておかしくなってしまうのです。
> でも、「food」の意味が「日常の食べ物」という意味にとる人が増えてきたためか、「foods」の誤用も許される考えも広まってきたようです。

しかし、食べ物の種類を表わすときに使われる可算の「food」(つまり「foods」としてもよい)の用法は、かなり古くからあり、この用法が「誤用」だとか「文法的間違い」だとかということは決して言えません。
例えばOEDを引けば、少なくとも1393年にはその用法が見られます(ただし、その頃はfodeという単語)し、現在の形のfoodに限っても、1754年にはその用法が見られます(Foods proper for preserving health)。

たしかに、foodには不可算の用法があり、たいていはその用法であるとさえ言ってよいのかもしれません。しかし、「正しい」可算の用法もあることはきちんと認識しておいたほうがよいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

助け舟をだしていただきありがとうございました。そうなんです・・・いろんなお話が出て、混乱しておりました。 
inqstv様の言われるように、食べ物の種類を表わすときに使われる可算の「food」(つまり「foods」)があるのでそこが悩み所でした。「米を主食とする食事」「パンを主食とする食事」という種類で考えられないこともないな~と思ってしまったのです。ありがとうございました。

お礼日時:2006/12/10 22:46

 まず、単数形と複数形との違いを知る必要があります。

「food」は単数形か?それとも複数形なのか?という疑問ですが、これは、どういう視点から見るかによって単数形でもあり、また複数形でもあるのです。
 「food」の意味は、「食べ物」でなく、「食べられるもののすべて」で、たとえば、「みみず」でもそこに住んでいる人によっては「おいしいもの」である意味で、「food」と読むことが出来ます。ですから、そこに住んでいる人に呼ばれて、「今晩の食事です」と「みみず入りの食事」を出されても間違いはないことになります。
 とにかく、「food」とは、「食べられるもののすべて」の意味なので、それがパンとか、うどんとは決まっていないのです。パンやご飯などといったものをまとめて「一個の概念」という意味で、単数形の「food」ですが、意味上は色々な食べ物が含まれている意味で、複数形でもあるのです。
 ですから、日本の「food」というときは、うどんやもちなどの食品の代表の形で、単数形の「food」すなわち、「米」を思い浮かべて言っているわけです。
 では、「foods」はどうか、というと、実は文法的に間違いなのです。なぜかというと、「food」というものが抽象的概念なので、それを複数形にすると、別の抽象的概念が、つまり、「別の食べられれるもの」という意味になっておかしくなってしまうのです。
 でも、「food」の意味が「日常の食べ物」という意味にとる人が増えてきたためか、「foods」の誤用も許される考えも広まってきたようです。
 ともかく、使い方としては、「その土地で、ある時点だけ食べるようなもの、たとえば、お雑煮のように正月だけ食べる、特別な食べ物」という意味で、「foods」という複数形を使うのは許されるようです。
 ですから、呼ばれた土地によっては、「みみず入りの食事」を指して、「foods」という言い方は認められます。それが食べられない人には、まともな「food」を出してくれ、と叫ぶこともあり得ます。

 まとめて書くと、単数形と複数形との違いは、単に「数えられる」のではなく、意味上の違い(単数形=すべての、複数形=特殊の)によって使い分けられる点に気をつけてください。
 単数形の場合、「パンも日本のfoodだよ」という感じなのに対して、複数形の場合は、「お雑煮は日本の特別なfoodsだよ」という意味の違いがあるのです。
説明が長くなってしまって済みませんが、許してください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

文法上の表現でしかたないのかもしれませんが「数えられる」「数えられない」という区別が変なのでしょうね。だって、丸ごとホールの「ケーキ」だって、丸ごとホールをナイフで8等分したケーキだって、私たちには1個、2個って数えられますものね。だからこそ、文法云々ではなく自然の表現が知りたいと思ってます。がんばります。回答ありがとうございました。

お礼日時:2006/12/10 22:58

 one of ~という表現は,「複数あるうちの一つ」という意味ですので,通常,foods という複数形がきます。

「不可算のもののうち一つ」ということはありません。

 ただし,one of が「~のうちの一つ」でなく,of によって限定されていたり,同格の of の場合は単数形や不可算名詞がくることができます。しかし,その場合は the one や that になるとも思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

one ofのあとに単数形がくることがあるのですね。ありがとうございました。

お礼日時:2006/12/10 22:36

foodは不可算名詞なのでone ofを用いて表現する場合でも、単数形のままでいいと思いますよ。


実際私も、このone ofを用いて表現する際には、不可算名詞は単数形のままです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々の回答ありがとうございました。

お礼日時:2006/12/10 22:33

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q不可算名詞は三単現のsをつけるのが普通ですか?

DUO3.0 No404です
The vague rumor proved to be false. Nevertheless, some skepticism lingers on.
上記の二つ目の文章の主語は【some skepticism】ですが動詞に三単現のsが付いています。不可算名詞は三単現のsをつけるのが普通ですか?
よろしくお願いいたします。(他に不可算名詞が主語になっている例文があったら紹介してください。)

Aベストアンサー

こんにちは。4/22のご質問ではお返事を有難うございました。

1.ご質問文の主語skepticismは「無神論」「懐疑論」という主義をあらわす、抽象名詞です。

2.抽象名詞は不可算名詞になります。

3.不可算名詞は数えられません。つまり、単数と同じ扱いになるのです。

4.不可算名詞が主語になる場合、三人称単数の扱いになります。従って、ご質問文の動詞には、三単現のsが付いているのです。

5.Someは「いくつかの」「いくらかの」「ある程度」といった意味を持ち、可算名詞、不可算名詞、両方を修飾することができます。

6.不可算名詞が主語になっている例文:

The sun is necessary for flowers.
「太陽は花に必要だ」
There was much snow.
「沢山雪が降った」

などがあります。
以上ご参考までに。

QWould you like~?とWould you~?の違いは

相手に何かをお願いするときに、
Would you like~?
Would you~?
と両方の言い方があると思うのですが、likeをつけるかつけないかはどのように判断するのでしょうか?
また意味はどう変わるのでしょうか?

Aベストアンサー

Would you~?「~していただけませんか?」は丁寧な依頼表現、Would you like~?「~は如何ですか?」は丁寧な勧誘表現です。

依頼表現で使われるwouldやcouldは、「条件節(if節)の内容を言外に含めた婉曲用法」なのです。つまり、「(もし~できるのであれば)~していただけるでしょうか」と丁寧で控え目な調子を出すことができます。Will you~?やCan you~?はただの助動詞の勧誘表現ですから、wouldやcouldのような婉曲用法はないのです。

Would you like~も同じ婉曲用法で、「(もし私が~を勧めたら)~をお気に召すでしょうか?」という丁寧で控え目な調子の出る勧誘表現なのです。I would like to~「~したい」(~することをできればしたい)という表現もこの用法からきているのです。

Would you like~のlikeは「~を好きである」という他動詞でlikeの後に名詞を目的語として持って来ることができます。例:
Would you like another cup of tea?「もう一杯紅茶如何ですか?」
Would you like going on a picnic?「ピクニックに出かけるというのは如何でしょう?」
Would you like to go on a picnic?「同上」(このto不定詞は名詞的用法)

ご参考になりましたでしょうか。

Would you~?「~していただけませんか?」は丁寧な依頼表現、Would you like~?「~は如何ですか?」は丁寧な勧誘表現です。

依頼表現で使われるwouldやcouldは、「条件節(if節)の内容を言外に含めた婉曲用法」なのです。つまり、「(もし~できるのであれば)~していただけるでしょうか」と丁寧で控え目な調子を出すことができます。Will you~?やCan you~?はただの助動詞の勧誘表現ですから、wouldやcouldのような婉曲用法はないのです。

Would you like~も同じ婉曲用法で、「(もし私が~を勧め...続きを読む

Qinteresting for me?to me?

中学生でも習うIt for toの構文で、
It is interesting for me to learn English.などの文章は間違っていますか?

ある問題集でinteresting to meが正しいとありました。でも、中学生の文法問題集で、interesting for usなどと書かせる問題もあります。

interesting to meとなるのは例えば
(1)The book is interesting to me.で、
for meとなるのは
(2)It is interesting for me to read the book.の構文の時、とかでしょうか??

今回初めて interesting to meとなる、という記述を見てびっくりしました。
interesting の用法について、教えてください。

Aベストアンサー

interestingの後に来る前置詞は、toかforか、という問題に関しては、結論から言えば「どちらもOK」です。つまり、The book is interesting to/for me. のどちらでも使える、ということです。
ネット上の用例を検索してみると、interesting to me/3,1000,000件に対しinteresting for me/635,000件とtoの方が良く使われているようですが、toもforもちゃんと辞書にも載っていますので、安心して使えます。

ただ、気になることがあるので、ひと言付け加えさせてください。
ここでfor/toが使われているのは、あくまで「~にとって」と言う意味の前置詞です。質問者の方が最初に書かれている「中学生でも習うIt for toの構文」というのとはちょっと違いますよ。いわゆる形式主語の文 It is~for…to 。。の文で、forはto。。の意味上の主語になる、と学校で習ったでしょう? それとは違う、ということです。
It is interesting for me to learn English.という文は、あり得ますが、×「わたしが英語を学ぶこと」は「おもしろい」ではなく、○「わたしにとって」「英語を学ぶことはおもしろい」ということです。
To learn English is interesting for[to] me. と書き換えることができますね。
[Learning English]
meだと、意味の違いがよく分からないかもしれませんが、It is interesting for him to learn English.としてみるとどうかしら。
×「彼が英語を学ぶこと」が「おもしろい」ことだ(おもしろい、と思ってるのは彼以外の人)というのではなく、○「彼にとって」「英語を学ぶことはおもしろい」…ね、英語大好きでがんばってる男の子が思い浮かびますか。
形式主語の構文と、interestingにくっつく前置詞の問題が、いっしょになってしまったので、わかりにくいところですよね。そういった誤解は、toを使えば起こらないかな。

interestingの後に来る前置詞は、toかforか、という問題に関しては、結論から言えば「どちらもOK」です。つまり、The book is interesting to/for me. のどちらでも使える、ということです。
ネット上の用例を検索してみると、interesting to me/3,1000,000件に対しinteresting for me/635,000件とtoの方が良く使われているようですが、toもforもちゃんと辞書にも載っていますので、安心して使えます。

ただ、気になることがあるので、ひと言付け加えさせてください。
ここでfor/toが使われているのは、あ...続きを読む

Qどうしても使い方がわからない・・・such as とlike

こちらのサイトでも調べてのですが、どうしてもわかりませんでした。 ~のような というときのsuch asと likeの使い分けです。例を用いてなるべく簡単にわかりやすく説明してくださる方いらっしゃいませんか?すみませんが教えてください。

Aベストアンサー

such as ~ のほうは「例えば ~ などのようなもの」という例を挙げるもので、

like ~ のほうは「~ に似ているもの」という類似性を示すもの、

という印象の違いがあると思います。

日本語で「~のようなもの」という言葉には、例を挙げている場合と、形や様子が似ているものを挙げている場合があいまいに混じっているので、和英のときに一緒にまとめられてしまうのですね。

Qvarious kinds of の後に来る名詞は単数形 or 複数形 ?

various kinds of の後に来る名詞は通常は単数形でしょうか?

various kinds of items という表現がありましたので、
どのような場合に複数形の名詞が来るのでしょうか?

Aベストアンサー

ランダムハウスによると、
these kinds of books となっていますが、
ジーニアスでは
these kinds of job が普通で、kinds of jobs も用いられる、
job の方が formal、とあります。

a kind of の後に、可算名詞でも無冠詞単数になるように、
kinds という複数の場合も無冠詞単数となるのが基本、
というのがジーニアスの姿勢のようです。

ウィズダムでは these kinds of の後は無冠詞複数が基本で、
単数はよりかたい表現とあります。

どちらが基本かは抜きにして、
文語的では単数
口語的には複数
ということでどちらでもいいと思います。

Q「陸上競技をします」は英語で?

自己紹介で「私は陸上競技をします」
というとき、何と言えばよいですか?
playは使えませんよね?

Aベストアンサー

No.5です。早速のお返事を有難うございます。補足質問にお答えします。

ご質問:
<ちなみに具体的に「私は砲丸投げをします」だったら、I play shot-putting.
ということでOKですか?>

1.砲丸投げはthe shot putと言い、砲丸投げの選手は、a shot-putterと言います。

2.従って、単純に
I'm a shot-putter.
「私は砲丸投げの選手だ」
でいいと思います。

3.回答5の内容の一部を訂正しますが、陸上競技のような1人でする競技には、動詞playを用いません。従って、
I play the shot put.
I'm a shot put player.
とは言わないのでご注意下さい。

*No.5の回答を急いで書いたために、うっかりミスをしてしまい失礼しました。

4.これは、a swimming player(X)→a swimmer(O)、a dance player(X)→a dancer(O)などと同じく、対人(共に競技する)相手のいない個人競技では、playという動詞は使われないのと同じです。

以上ご参考までに。

No.5です。早速のお返事を有難うございます。補足質問にお答えします。

ご質問:
<ちなみに具体的に「私は砲丸投げをします」だったら、I play shot-putting.
ということでOKですか?>

1.砲丸投げはthe shot putと言い、砲丸投げの選手は、a shot-putterと言います。

2.従って、単純に
I'm a shot-putter.
「私は砲丸投げの選手だ」
でいいと思います。

3.回答5の内容の一部を訂正しますが、陸上競技のような1人でする競技には、動詞playを用いません。従って、
I play the shot put.
...続きを読む

Q過去分詞ってなんですか?(>д<;)

こんにちわ。

英語苦手です・・・。
配られたプリントに『過去分詞』と書いてありました。
私は中2でして、習った覚えもないし、誰かに聞いても『過去分詞は過去分詞でしょww』っていわれて中々、参考になりません。

題名のとおり、過去分詞ってなんですか?
私にも分かるように分かりやすく、例文などを用いて(難しいですね;;)教えてくれれば幸いです。

Aベストアンサー

★過去分詞とは?
→英語の動詞の変化の1つ

動詞には変化形があります。
たとえば、doという動詞の場合

     do (原形、または現在形で複数の主語を受ける)
     does (現在形で単数の主語を受ける)
     did (過去形)
     done (過去分詞)
     doing (いわゆるing形)ーー現在分詞と動名詞があります
の5つがあります。

この変化のうちdoneが過去分詞にあたります。
なお、doingは、名詞の働きをしていなければ現在分詞です。

★過去分詞の意味
過去分詞は、過去形とはまったく関係ありません。「過去」という語がまぎらわしく「受け身・完了形」という呼び名にすればいいのにと私は思っています。
受け身・完了形ーーなのです。つまり、受け身(受動態とも言います)と完了に使うからです。
分詞というのは、2つの役割に分かれるということを意味します。動詞としての役割と形容詞としての役割です。

★過去分詞の例
まず、動詞の5つの変化の例文を書きます。
1. Tom and I do the work every day.
2. Tom does the work every day.
3. Tom did the work yesterday.
4. The work is done by Tom.
5. Tom has done the work.
6. Tom is doing the work now.
このうち、4番目と5番目が過去分詞の例です。
4. The work is done by Tom. (その仕事はトムによってなされる)
5. Tom has done the work.  (トムはその仕事をやったところです)

4は受動態(受け身)の例です。be動詞+過去分詞で使います。他の例題と主語が違うところが注意です。他の例で動詞の後にくるthe workが主語になっていますね。その仕事はトムによってなされるーーという受け身の意味となるからです。

5は4の受動態とは全く関係がありません。別物です。have (主語が単数ならhas)+過去分詞で使う現在完了形です。

もう1度確認します。
     受動態ーーbe + 過去分詞
     現在完了形ーーhave (has) + 過去分詞

これが過去分詞の使い方です。

★普通の動詞は、過去形と過去分詞形が全く同じです。

work 原形
worked  過去形
worked  過去分詞

ところがdoのようないくつかの動詞は、不規則な変化をし、その中でも過去形と過去分詞が違うものがあります。

do 原形
did   過去形
done  過去分詞

go 原形
went   過去形
gone   過去分詞

take 原形
took   過去形
taken  過去分詞

以上、ご参考になればと思います。

★過去分詞とは?
→英語の動詞の変化の1つ

動詞には変化形があります。
たとえば、doという動詞の場合

     do (原形、または現在形で複数の主語を受ける)
     does (現在形で単数の主語を受ける)
     did (過去形)
     done (過去分詞)
     doing (いわゆるing形)ーー現在分詞と動名詞があります
の5つがあります。

この変化のうちdoneが過去分詞にあたります。
なお、doingは、名詞の働きをしていなければ現在分詞です。

★過去分詞の意味
過去分詞は、過去形...続きを読む

QI'm going to の後にgoは必要ありませんか?

I'm going to+動詞の原型で「~するつもり」ですよね?
NHK教材で勉強しているのですが、「今日~の所へ行くつもり」という英文がいくつかあるのですが、どちらもI'm going toの後に「go(to):~へ行く」という動詞がありません。「go(to)」はなくても良いのでしょうか?

例1)I'm going to Yuki's house for dinner~
例2)She and Hiroshi are going to an inn near Mt.Fuji~

このbe going to の後に「go to」は要りませんか?
他の本(参考書や辞書など)にはbe going to の後に「go to」がある場合もありますし、私自身も動詞の原型が来ると覚えていたので分からなくなってしまいました。
英語が苦手なので何故要らないのか分かりやすく教えていただけると幸いです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

次の事例で説明してみます。

----------------------

アメリカに行きます。

(1)まず頭で考えます。★何の準備もありません。

I will go to America.

(2)パスポートと航空券を★手配しました。旅立ちの日を★待っています。

I am going to go to America.

I am going to fly to America.

I am going to leave Japan.

(3)部屋の片付けをして飛行場までタクシーに乗るためタクシー会社に電話を★今しています。

I am going to America.

-------------------

※tetepさんは、I am going to America. と I am going to go to America. を混同されているようですね。

I am going to do は、I am going to ~ と外見は似ていますが、文法上も、考え方も全く違います。★をよく考えると違いがわかると思います。

次の事例で説明してみます。

----------------------

アメリカに行きます。

(1)まず頭で考えます。★何の準備もありません。

I will go to America.

(2)パスポートと航空券を★手配しました。旅立ちの日を★待っています。

I am going to go to America.

I am going to fly to America.

I am going to leave Japan.

(3)部屋の片付けをして飛行場までタクシーに乗るためタクシー会社に電話を★今しています。

I am going to America.

-------------------

※tetepさんは、I am goin...続きを読む

Qwould like to と  want to の違い

初歩的な質問なのかもしれませんが、
I would like to go .
I wanna go .
両者の違いはどういった点でしょうか。

Aベストアンサー

話し相手に"I want to go.”というと、かなりきつい言い方になります。「俺は行きたいんだから、行かせろ」みたいな。
だから、"I'd like to go."と言えば、「私は行きたいのですが」と、相手の好意を引き出すような言い方になります。

僕は昔、アメリカを旅行中に、ある日本人旅行者に、聞いたことがあるのですが、「飲食店でコーヒーを飲む時、砂糖がほしいので、I want sugar.と言ったら、砂糖をくれなかった。あとで誰かに聞くと、言い方が横柄なのでくれなかったのではないか、こういう時は"Sugar please."が良かったらしい」みたいな話を聞きました。

英語は、敬語はないのですが、相手にお願いをする時には、かなり言葉づかいには気をつけるべきものがあります。お願いする前にはplease,
してもらった後にはthank youは必ず言わなくてはいけません。それと同じで、I want...というのは、他人にお願いする時は避けるべきでしょう。
但し、相手にお願いするのではなく、「私は将来~になりたい」というのであれば、" I wanna be a ~."というのであればいいです。また、相手の言葉を言い換える場合は、wantを使ってもいいです。たとえば、
"I would like to go there."と相手が言った場合、
"Oh, you want to go there. I see."みたいに。

話し相手に"I want to go.”というと、かなりきつい言い方になります。「俺は行きたいんだから、行かせろ」みたいな。
だから、"I'd like to go."と言えば、「私は行きたいのですが」と、相手の好意を引き出すような言い方になります。

僕は昔、アメリカを旅行中に、ある日本人旅行者に、聞いたことがあるのですが、「飲食店でコーヒーを飲む時、砂糖がほしいので、I want sugar.と言ったら、砂糖をくれなかった。あとで誰かに聞くと、言い方が横柄なのでくれなかったのではないか、こういう時は"Sugar please....続きを読む

QI don't know. / I'm not sure. 使い分けは?

「分かりません」ということを表現するのに、I don't know. と言うと無責任で突き放したような意味になるから、I'm not sure. と言いなさい、と教えられたことがあったように思うのですが、これは正しいのでしょうか?

しかし、実際にアメリカで暮らしてみて、I don't know. という表現も意外と聞きます。となると、どういう風にこの2つの表現を使い分けたらいいのでしょうか。いまだに「分かりません」と言いたい時に、どちらの表現を使っていいのかとまどっています。

Aベストアンサー

実用的な面からの回答ですが、

 I don't know where he is.彼がどこにいるか知らない。
 I'm not sure where he is.彼がどこにいるか、確かではない。(漠然とした、アイディアはある。)

というのが、基本的な考え方だと思います。

何か質問されて答えを知らない時は、I don't know、何かしらの情報はあるけど、自信がない時は、I'm not sure、という使い分けです。

ただし、あなたの職責上、知っていて当然の事を訊ねられた場合、話が違ってきます。これが、まさにあなたが受けたアドバイスの当てはまる状況ではないかと思われます。

上記の例で、あなたが、「彼」の秘書だったとしましょう。
そうすると、ボスがどこにいるか聞かれて、「知りません」と答える秘書は、秘書として失格であり、「何、この人?」ということになり、場合によっては、ケンカ売っている or ボスから「奴から電話きても絶対に取り次ぐな」と言われていると思われる可能性すらあるでしょう。

ところが、これが I'm not sureに変わると、「本来知っていてしかるべきなんですが、たまたま上司が行き先を告げずに外出してしまったんです」、というニュアンスになり、ダメな秘書な感じは大幅に緩和され、日常のありがちな状況に変わることになります。(厳密には、そこまで劇的な効果はないでしょうけど...)

無論、ここでのボスと秘書という例だけでなく、あなたが営業を担当している製品について質問された場合でも、ほぼ同じ構図が成り立つと思いますし、他にも色々似た状況はあるでしょう。

しかし、より重要なのは、I don't knowやI'm not sureで会話を終了させずに、
  Have you talked with xxx? (xxxさんは、答えを知ってそうな人)
  Let me check. I'll get back to you soon.
といった感じで、質問に対して最善を尽くす姿勢を示す事だと思います。

実用的な面からの回答ですが、

 I don't know where he is.彼がどこにいるか知らない。
 I'm not sure where he is.彼がどこにいるか、確かではない。(漠然とした、アイディアはある。)

というのが、基本的な考え方だと思います。

何か質問されて答えを知らない時は、I don't know、何かしらの情報はあるけど、自信がない時は、I'm not sure、という使い分けです。

ただし、あなたの職責上、知っていて当然の事を訊ねられた場合、話が違ってきます。これが、まさにあなたが受けたアドバイスの当て...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報