友人がお金を返してくれなくて困っています。
一度あってじっくり話すつもりですが、借用書がないので念のため一筆書いてもらおうと思っています。
その際何か注意した方が良い事ってあるのでしょうか?
のちのち法的な抗力を持つようにするためには?、と言うような事です。よろしくおねがいします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

書いてもらうのに必要な内容は、まず、見出しは 借用書または念書とします。


次に、何時(年月日)・いくら(金額)を借りましたという文言と、住所、氏名(自筆の署名)、押印、そして宛先(貴方宛ですね)です。これで貸し金の証拠書類となります。
あと、状況に可能ならば、返済時期、返済方法(一括。分割、手渡し、振込みなど)、分割の場合の一回当たりの金額、一回でも返済が遅れたら期限の利益を失う等と書いておけば、法的な手段をとるときに有利です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しい御説明ありがとうございます。
弁護士に相談する程の金額ではないので、なんとなくうやむやに
なりそうな気配でしたが、これですっきりしました。

お礼日時:2001/01/10 00:10

法的効力を持たせるために、最低限その友人の自筆署名(ワープロは不可)および捺印(実印、できれば印鑑証明付)をしてもらってください。

捺印だけでは裁判で負ける場合があります。
なお、書式については、文房具屋に行って「日本法令の借用書(もしくは念書)を下さい」といえば300円前後で買えますので、そちらを利用しても良いでしょう。
そして、1通(原本)はあなたが、もう1通(コピー)は友人に渡してください。
特に借用書の場合はこの方が良いでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧にありがとうございます。大変参考になりました。

お礼日時:2001/01/10 00:12

口約束でも法的効力はあるのですが…それだけだと証拠能力に乏しいということで一筆もらった方がよいでしょう。



押印と自筆署名があると証拠能力が高まるといったところでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のお答えありがとうございました。

>口約束でも法的効力はあるのですが
そうだったんですか、知りませんでした。
参考にさせていただきます。

お礼日時:2001/01/10 00:06

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q英語圏の人は大文字で書く事が多い??

最近、気になったのですが、英語圏(アメリカ人など)の人は英語を書く際に大文字で書くことが多いのでしょうか。
日本で英語を習うときは、基本的に、初め大文字であとは小文字で書く習いました。Ex. I like tennis very much.
ですが、洋画を見たり、学校にいた外国の英語の先生は大文字で書いています。Ex. I LIKE TENNIS VERY MUCH.


小文字で見られているので、大文字だと何の単語かがすぐに分からなかったりします。

気のせいでしょうか。教えてくだいさい。

Aベストアンサー

私の知っている限りではルール通りが普通です。

ただ、ものによっては大文字だけというのも結構ありますね。
アメリカのコミック(マンガ)のセリフは基本的に大文字です。
看板やレストランのメニューも大文字だけというのが多いです。
これは大文字だけのほうがバランスがいいとか、遠くからでも読みやすいという理由でしょう。

個人のメモ書きや手書きの板書はひとにより様々です。
筆記体で書く人もいれば活字体の人もいる。
全て大文字で書く人もいる。
日本人からみると書くのが遅くなると思うでしょうが、慣れるとあまり関係ないですね。

日本人は英語を毎日見ているわけではないので大文字だけだと読みにくいのかもしれませんが、毎日見ていればあまり関係ないです。
我々が漢字を読むとき、細かな部分を見ているのではなく、単語をひとつの絵として見ていますね。
あれと同じで現地人は英語の単語を一つの絵として見ます。小文字のパターンと大文字のパターンで識別するからあまり不自由は感じていないはずです。

Q借用書って相手方の署名が無くても借用書として成立す

借用書って相手方の署名が無くても借用書として成立するものなのでしょうか?

文面に貸し出し元の明記があれば、借用書として成立する?

Aベストアンサー

金融機関でローンを組んだことのある人ならわかるはずですが,
債務者が債権者に対して証書を差し入れする形式のものは
実務でよく使われています。
というか銀行等ではそれ以外はありえないんじゃないでしょうか。

これは,金銭消費貸借契約というのは,
借主が金銭を受け取ることにより成立する要物契約で,
(つまり契約成立時には貸主はすでに金銭を貸し渡している)
借主だけが同額の金銭を返還する債務を負う片務契約だからでしょう。

債権契約だから当事者が誰かを明らかにする必要があります。
契約書は,その契約により定めた義務を記載して,
その義務を負う人がそれに相違ないという証拠として作成するものです。

金銭消費貸借契約においては,借主だけが義務を負うので,
義務履行者としての借主には署名させるけれど,
貸主はもう義務(金銭の貸し渡し)を履行しているといえるので,
証書に貸主の記載はしても署名まで要求しなくても良いだろう。
そういう考えの下に差し入れ形式の契約書が使われていたりします。

ちなみに,
返済期限のない契約では,貸主はいつでも返済を要求できるし,
担保については,貸主のリスクの問題だから別になくてもいいし,
その貸付が商行為であれば有利息が原則(商法第514条)だけど
それ以外では無利息が原則なので記載がなければ無利息です。

猪瀬知事の例では,会見の場で提示された借用書が原本そのものであるならば,
それは貸主がそういう契約内容を認めていたってことなんだから,
契約自由の原則から,そういう契約も認められてしかるべきです。
それについてマスコミ等がどうこう言うのはなんだかおかしな気がします。

ただし,印紙が貼られていなかったのは明らかに印紙税法違反です。
5000万円の借用書なら印紙税は2万円なので,
6万円を納めさせることができます(印紙税法第20条1項)。
そこは税務署にぜひともつっこんでいただきたいと思いました。

金融機関でローンを組んだことのある人ならわかるはずですが,
債務者が債権者に対して証書を差し入れする形式のものは
実務でよく使われています。
というか銀行等ではそれ以外はありえないんじゃないでしょうか。

これは,金銭消費貸借契約というのは,
借主が金銭を受け取ることにより成立する要物契約で,
(つまり契約成立時には貸主はすでに金銭を貸し渡している)
借主だけが同額の金銭を返還する債務を負う片務契約だからでしょう。

債権契約だから当事者が誰かを明らかにする必要があります。
契約書は...続きを読む

Q英語は話すのは易しくて書くのに難しい?

小学校の頃からアメリカに住んでいて最近ビジネスも始めた人が、
「英語をしゃべるのは普通だけど書くのが苦手」と言っていました。
私が聞いても判断できないので、アメリカ人に聞くと、
その人の英語は訛りがないそうです。

英語はアルファベット26文字しかないのですよね。
日本語のように漢字やひらがなやカタカナ(和製英語も含む)やローマ字などあるわけではなく、
複雑ではないと思えるのに「書くのが苦手」という事はあるのでしょうか?
あるとしたらどんなところが難しいのでしょうか?

Aベストアンサー

「話すこと」と「書くこと」は、同じ言語行為でも、その身につけ
方が全く異なります。どちらが難しいか、ではなくて、そもそもの
性質が異なるもの、と考えるべきでしょう。

「話すこと」の方の習得は、生活経験に大きく依存します。
生身の人間を相手にして、実際に話す行為を無数に繰り返し、身体
で学ばないと、「話すこと」は決して身につきません。机の上で勉
強しても、なかなか習得できるものではないのです。たまに独学で
会話能力を習得した、という人がいますが、よほどの意志と努力が
ないと、難しいでしょう。
逆に言うと、英語を使わざるを得ない英語の環境にいる人間にとっ
て、「話すこと」は「自然に」身につくものなので、なんら困難な
ことではないのです。

それに対して、「書くこと」は、これは意識的な努力と勉強をしな
いと、身につくものではありません。主に学校教育を中心とした、
「机の上の勉強」をすることで、初めて身につくものです。
日本語でも、例えば小・中学生くらいに作文をやらせると、話し言
葉そのままで書いてしまう生徒が沢山います。書き言葉は、言葉
遣いや文法的な正しさ、句読法まで、きちんとやり方を学ばなけれ
ば、できるようにはなりません。「書ける」と思っていても、例え
ばビジネスの正式な文書や、季節の挨拶の文章などを書きなさい、
と言われたら、日本語でも難しい場合はたくさんありますよね。そ
れと同じです。
だから、「書くこと」は意識的・体系的な「机の上の勉強」によっ
て身につくものなので、話せるからといって、書けるとは限らない
のです。

「小学生からアメリカに住んでいる人」は、生活体験として英語を
話さざるを得ない環境にいたので、「話すこと」は自然と身につけた
けれど、書くのはきちんと学ばなかった、というケースでしょう。
英米の語学学校などに行くと、特に移民などの人の中に、こういった
人が沢山います。みんな、自然と問題なく話せるのに、英語の学校教
育を受けたことがないため、書くこと、読むことが、とても苦手なの
です。だから、「話すことは簡単だけれど、書くことは苦手」という
風になります。

だからといって、「話すことが簡単」という風にはなりません。
話すことは生活体験なので、それを経ないと習得することは難しいの
です。多くの日本人が、英語が読めて文法がわかっても、話すことが
できないのは、英語を学校教育=机の上の勉強のみで学んだだけで、
生活体験として身につけていないためです。もっとも、だからといっ
て書くことができるのか、というと、そちらも怪しいですけれどね。

英語に限らず、言語の習得にとって、「話すこと」と「書くこと」は、
どちらが難しい、というものではなくて、習得方法が全く違うという
ことですね。だから、タイトルの質問に最終的に答えると、「それは
その人のバックグラウンドによって異なる」ということになると思い
ますね。

「話すこと」と「書くこと」は、同じ言語行為でも、その身につけ
方が全く異なります。どちらが難しいか、ではなくて、そもそもの
性質が異なるもの、と考えるべきでしょう。

「話すこと」の方の習得は、生活経験に大きく依存します。
生身の人間を相手にして、実際に話す行為を無数に繰り返し、身体
で学ばないと、「話すこと」は決して身につきません。机の上で勉
強しても、なかなか習得できるものではないのです。たまに独学で
会話能力を習得した、という人がいますが、よほどの意志と努力が
ない...続きを読む

Q法的効力のある借用書

現在、知り合いに60万円程貸しており、毎月少しづつ借金が増えています。
今まで信用貸しだったので借用書を作ろうと話をして同意も得ました。

そこで質問なのですが、法的効力のある借用書には一定の決まりごとや書式があるのでしょうか?
専門家以外の人が作成しても大丈夫なのでしょうか?
印鑑証明と実印は用意するように言っています。

その知り合いの自宅は立退き区域であり、正確な期日は決まってませんが今年中には立退きして
立退き料をもらうため、それを担保という形でお金を貸しています

この条件の中、正しい借用書の作り方を教えてください。

Aベストアンサー

他の方が既に回答されていますが、「正しい」借用書の書式というのはありませんし、一部不明確な部分があったからといってその他の部分の効力が否定されるわけではありません。

たとえば、「返済期限」が抜けている借用証について、「金額」について証拠能力がなくなるわけではありません。抜けている部分については証明できなくなるだけなんです。

というわけで、

日付
金額(何日付の金額かも明確に)
債務者(借りた人)の住所、氏名、印(実印と印鑑証明が最適)
債権者(貸した人)の住所、氏名
返済方法→自宅の立ち退き料で支払うということですから、「債務者の自宅(住所:~)立ち退き料の入金があった後、即日に一括で」などと定めておきましょう。
また、立ち退き料の入金があったかどうかを確実に判断するために、立ち退きの合意書などももらった方がいいかもしれません。

最良なのは、「債権譲渡」か「取立て委任」をしてもらって、立ち退き料を払う人から直接もらってしまうことです。
「債権譲渡」の場合は、知り合いから立ち退き料を払う人宛に、内容証明等で「債権譲渡通知」を出してもらうことで譲渡を受けられます。
「取立て委任」は委任状をもらえば済むのですが、正直言って揉めると思います。実印と印鑑証明があれば委任状の効力は証明できるはずですが、いきなり知らない第三者に「払って」と言われてもそう易々と払えないでしょうから。

あと、借用証ですが、「二通」作る必要はありませんよ。
債務者(借りた人)の立場としては、二通欲しいのは当然でしょうが、あとで変造して内容が異なる契約書が現れる可能性もゼロではありません。あえて二通作ってあげる必要は全くありません。二通作るのは、お互いの安心のためであって、一通でも二通でも効力は全く変わりませんので。
普通、金銭消費貸借の場合は債権者(貸した人)だけが借用証を持っていて、借りた人は控えだけというのが通常だと思います。

他の方が既に回答されていますが、「正しい」借用書の書式というのはありませんし、一部不明確な部分があったからといってその他の部分の効力が否定されるわけではありません。

たとえば、「返済期限」が抜けている借用証について、「金額」について証拠能力がなくなるわけではありません。抜けている部分については証明できなくなるだけなんです。

というわけで、

日付
金額(何日付の金額かも明確に)
債務者(借りた人)の住所、氏名、印(実印と印鑑証明が最適)
債権者(貸した人)の住所、氏名
...続きを読む

Q博士論文を書くために必要な英語力

英語の文献を利用した、博士論文を書くために必要な英語力って大雑把にいってどれぐらいのレベルでしょうか?

Aベストアンサー

基本的にAbstractを英語で書ける程度,海外のwebサイトや文献から(キチンと訳せなくても良いから)自分の得たい情報を抜き出してこれる程度というのが答えの1つではないでしょうか。

英語の文法的な知識は目安として英検2級程度あれば十分ですし,読解力もセンター試験レベルの文章がスラッと読めれば十分だと思います。ただ,専門用語などは覚えなければいけませんし,それぞれの分野においてよく使われる表現(というか独特な言い回しとか)はプラス要素で必要でしょう。

ちなみに,とても愛用している本が

ジョン・スウェイルズ著,菅原基晃訳「すぐに役立つ科学英語の書き方」日経サイエンス社

です。これを1通り読むだけで,書くほうはもちろん上達するのですが,いろんな表現も覚えて読解力も上がります。ホント,おススメの1冊です。

Q宛名の無い借用書・法的に無効か

私は、宛名の無い借用書を持っています。貸付金、貸付日、弁済日、債務者の署名・押印は書かれています。親しい間柄だったので宛名は書かないでしまいました。そこで、昨日、返済を求めたところ、宛名の無い借用書は無効だと主張し、返済を断られました。これは法的に無効な借用書になってしまうのでしょうか。教えて下さい。

Aベストアンサー

 原則有効ニャ。
 借用証の所持人が債権者と推定されますニャ。

Q英語で作文を書く際のお約束

大学受験で自由英作文が課されるのところを受ける予定で、長い英語の文章を書くのに慣れたいのですが、
日本での作文の構成は「始め・中・中・終わり」や、「起承転結」などありますが、英語で作文を書く場合にもそういった決まりとかはあるのでしょうか?
英語独特の決まりとかもあれば教えてください。

お願いします。

Aベストアンサー

よく言われることですが、日本語文は尾括型であることが多く、英語文では頭括型もしくは双括型が良いとされています。つまりどこに結論を持ってくるかということです。くどくどと説明や根拠を並べ立てたあとで「以上のことから~である。」という形式は英語文では嫌われます。長い名詞節をitに置き換えてしまう彼らの気質からすれば結論を先に持ってきたいのだなということはなんとなく分かっていただけるかと。

それから学術系統の文ではほとんど意味を持たないルールですが、同じ表現の繰り返しは強調したい部分を除いては行わないというものがあります。文学作品などをご覧になると分かるとは思いますが、ニュアンスに影響を及ぼさない範囲で同義と思われる動詞や形容詞が沢山出てきます。くどい表現が目に付いてしまうからだと思います。同様に文章の頭を何でもかんでもIとかItで書く人がいますが、汚い文だといわれます。動名詞をつかったり、一文一文を短くしすぎないようにすることで解消できます。強調したい部分はこれを逆手に取ればいいだけです。海外の著名人の演説がたいてい短文で構成されているのは強調の効果を狙ったものです。

他にもいろいろと作文の知恵はあると思うのですが、どれもケースバイケースなので、添削してもらうのが手っ取り早いと思います。手近に適当な先生がいらっしゃらないのであれば、友人でも構わないと思います。上達するにはとにかく書くことしかありません。書いていると自然とここは直したいなどと思える箇所が出てきますよ。

よく言われることですが、日本語文は尾括型であることが多く、英語文では頭括型もしくは双括型が良いとされています。つまりどこに結論を持ってくるかということです。くどくどと説明や根拠を並べ立てたあとで「以上のことから~である。」という形式は英語文では嫌われます。長い名詞節をitに置き換えてしまう彼らの気質からすれば結論を先に持ってきたいのだなということはなんとなく分かっていただけるかと。

それから学術系統の文ではほとんど意味を持たないルールですが、同じ表現の繰り返しは強調したい...続きを読む

Q借用書がない借金は法的に何とかできない?

こんにちわ。
私のお友達(女の子)が、知り合いにお金を貸しています。

その知り合いは男の人で、キャッチの仕事をしていて、友達もキャッチでこえをかけられたのが始まりで、少し付き合っていたようです。

男の方からお金を貸してほしいと頼まれ、その都度結構な金額(数十万円単位)を貸してしまい、今では総額が200万円ほどになっています。

男のヒトは、返すそぶりが一切なく、友達がとても困っています。
悪いことに、借用書を書いていないので、法律的にはどうすることも出来ないと聞きました。

本当にどうすることも出来ないのでしょうか?

何かいい方法ご存知の方いらっしゃったら教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

弁護士への相談も良いですが、いきなり弁護士が交渉したりすると、こういう輩は「借りたんじゃない、くれたんだ(貢がれた)」と言うので、債権の存在証明が難しくなるかもしれません。

そこで、お芝居でもして債権の存在証明を作り出す事をお勧めします。
「今すぐじゃ無くても良いし、少しずつでも良いから、貸したお金を返すって約束して。あなたを信じてるんだけど、手書きで良いから、必ず返すって文字にして残して。」
ここに書いたのはチープだけど、その男の人の性格に合わせて、うまくお芝居する事です。

印鑑押せって言うと相手も警戒するでしょうから、名前と借りた金○円は必ず返すとだけ書かせておけば良いでしょう。自筆で書かせる事の方が重要です。
金額は明確にしておいた方が良いんだけど、本人も良くわかっていないんなら、切の良い200万にしとくとか。
いつまでに返すという期限も不要です。それも警戒させる元になります。それに返済期限を決めていなければ、返せと言った時から返済義務が生じるようにすることができます。(民法)

存在証明さえ取れれば、そこから法律の出番です。
弁護士に頼むのも良いし、裁判にしても良いし。

弁護士への相談も良いですが、いきなり弁護士が交渉したりすると、こういう輩は「借りたんじゃない、くれたんだ(貢がれた)」と言うので、債権の存在証明が難しくなるかもしれません。

そこで、お芝居でもして債権の存在証明を作り出す事をお勧めします。
「今すぐじゃ無くても良いし、少しずつでも良いから、貸したお金を返すって約束して。あなたを信じてるんだけど、手書きで良いから、必ず返すって文字にして残して。」
ここに書いたのはチープだけど、その男の人の性格に合わせて、うまくお芝居する事で...続きを読む

Q英語で日記を書くのに役立つサイト教えてください!!

ネイティブの先生と毎日英語で日記の宿題が出ます!
私は英作に自身がありません;大体日記に書く内容は中学1,2年生レベルだと思います・・・

日記を書き始めて1ヶ月ほど経ちます。決まった文章しか書けないので同じ内容ばかりです。もう少し日記の内容もレベルアップさせたいと思っています、
難しい文法や熟語を使った文も書きたいし、その日その日のニュースも書きたいとも思っています!
英語で日記を書く時に役立ちそうなサイトや英語日記関係のサイトがあれば教えて欲しいです!よろしくお願いします

Aベストアンサー

アメリカに36年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。

日記を「宿題」だからやると言うのではなく英語を目の前にいる人との会話をするため、友達にメールを送れるようになるため、と言うような実用的な意味から勉強をしたいと言うのであれば、やはり、日記の中で問いかける・話しかける、と言う世界を作ることは大切だと思います。 日記とは日記とのお付き合いと言うことでもあります。 先生はただ英作をしろ、と言っているのではないと思いますよ。

最近英語での日記の書き方の質問に私の考えを書いてみましたので、参照にしていただければうれしいです。

仕事に使う、論文を読みこなす必要となる人はほんの一握りの人たちですが、会話がしたいという人はたくさんいると思います。 また、仕事に使うにしても論文を読むことにしてもまず会話が人間の意思表示する一面に過ぎないと考えれば会話力の持つ重要性は日本で一般的に思われているようなものではないと私は信じています。

難しい論文は読めて理解できてもそれを人の前で口で発表できない人も見かけますね。

これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。 

参考URL:http://okweb.jp/kotaeru.php3?q=1349900

アメリカに36年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。

日記を「宿題」だからやると言うのではなく英語を目の前にいる人との会話をするため、友達にメールを送れるようになるため、と言うような実用的な意味から勉強をしたいと言うのであれば、やはり、日記の中で問いかける・話しかける、と言う世界を作ることは大切だと思います。 日記とは日記とのお付き合いと言うことでもあります。 先生はただ英作をしろ、と言っているのではないと思いますよ。

最近英語での日記の書き方の質問に私の考...続きを読む

Q借用書を後から書いてもらう

一年前に友人にお金を貸したのですが、銀行振込した後から
書いてもらう際に日付は貸した日か借用書を作った日か
どちらなのでしょうか?

今更、書いてもらうなんて常識的におかしいですが友達なので良いかなと思ってましたが不安になったので書いて貰おうと思いました。

ご教授お願いします。

Aベストアンサー

ご質問の場合なら、貸した時点で書類を作らなかったのは双方分かっていますから、後から作ったという形でもOKです。

肝心なのは、貸付日・貸付金額(書類作成時の残高)・返済期限・返済方法・金利・その他の取り決めなどをきちんと記載しておくことです。

加えて、「貸付日より後になったが、合意の上でいついつ借用書を作った」旨を記載しておけば良いと思います。


人気Q&Aランキング