先日父が出張先のホテルで突然死しました。
死亡診断としては「心筋梗塞(疑)」と言う事でした。
解剖等しておりません。
元々心臓に持病はなく元気でしたが、ヘビースモーカー(1日40本程)でした。
仕事の状況としては週に1回程の出張、亡くなる前には残業等ありましたが、特に激務と言うわけではありませんでした。
出張先での死でしたので、ひょっとしたら労災認定してもらえるのでは・・・と考えます。
職場から特にアプローチはありません。
やはり、このような突然死での認定は難しいでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

出張中は「事業主の支配下にあるが、管理下を離れて業務に従事しているとき」に該当します。



>仕事の状況としては週に1回程の出張、亡くなる前には残業等ありましたが、特に激務と言うわけではありませんでした。

の「週に1回程の出張」について、私も同程度の出張をしたことがありますが、日常と違って緊張し結構きついものです。

出張中は宿泊、食事等を含めて出張課程全般に事業主の包括的支配が及んでいるとみなされ、業務遂行性は疑う余地がありませんので、迷わず労働基準監督署(労災課)に相談することをお勧めします。こういう事案は監督官庁の見解を確認するのが一番大切です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
参考にさせていただきます。

お礼日時:2006/12/27 13:12

社内での事故で死亡受傷した場合以外特に本件のように明白に労災といえない場合会社からは一切労災の話はしませんよ。


本々労災の申請者は被災者及びその遺族であり申請して初めて労災の適用されるか否かの判断がされます。まず申請を
本件の労災認定と「主張先の死」とは原則無関係(この出張に係る仕事が人一人死んでもおかしくない程度に激務でこの成果如何で会社の命運が決まるとかの大きなプレッシャーがかかる場合以外)。
本件では家庭、職場で死んでも労災認定の可否とは無関係。(認定されるとすれば過労等によるものなので何処で死んだかは端から無関係)
申請のみして判断は100%労災側に任せるか、貴方側がだれの目にも明らかな程度十分に証明するかよく考えて行動してください。
最後に解剖等していないと書いていますが本当に本当?
通常死亡診断書が作成できず死亡検案書作成の場合現在は行政解剖されると思うのですが?
万が一行政解剖していないのが事実としてなぜ行政解剖しなかったの?
していれば少なくとも其れは労災のいい判断材料として利用できました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
参考にさせていただきます。

お礼日時:2006/12/27 13:12

出張先のホテルだからといって労災は全く無理ということはありません。


原則としては、「業務起因性」と「業務遂行性」が求められる訳ですが、このような脳心疾患の場合は、病気と労働に相当因果関係が認められれば労災になります。

その認定基準ですが、概ね参考URLのとおりとなっています。

ただ、純粋な業務中ではありませんから、相当因果関係には高いハードルがあるのは事実で、なかなか認められず、裁判になるケースも多いようです。

参考URLを見て、当てはまると思うのであれば、一度、監督署に申請してみたり、過労死事案を扱っている弁護士さんなどに相談してみるといいかもしれません。

参考URL:http://www.mhlw.go.jp/houdou/0112/h1212-1.html
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。
参考にさせていただきます。

お礼日時:2006/12/27 13:12

私の知り合いでも


海外に出張中ホテルで亡くなられた方がいらっしゃいました。
出張中であってもホテルの中というのは
仕事中という認定はとれず労災扱いにはなりませんでしたよ。
そのかたは激務でしたし充分適用されるべきと
(傍からみていると)思えたのですが。。
まだ40代でいらしたので、ご家族のことを考えるとなんだかやりきれない思いがしたので。。。
一度会社に相談してみては??
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
参考にさせていただきます。

お礼日時:2006/12/27 13:11

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q安楽死認定国!

安楽死が認定されている国に日本人が行って安楽死することは可能なのでしょうか?
国籍をうつす必要はありますか?
安楽死を認定してる国はどこですか?
教えて下さい!よろしくお願いいたします!

Aベストアンサー

>安楽死が認定されている国に日本人が行って安楽死することは可能なのでしょうか?

認定している国家はありません。
あるのは、尊厳死・消極的安楽死が違法ではない国・地域ね

>国籍をうつす必要はありますか?

うん・大前提だよ

>安楽死を認定してる国はどこですか?


ないよw

違法ではない国は、スイスの一部・ベルギー、オランダ・ルクセンブルク

Q突然死について(検視)

いつも大変お世話になっております

昨夜、義父が亡くなりました

義姉が仕事から戻ると居間に倒れていたそうです

急ぎ救急車を呼びましたが、すでに死亡が確認できたため“変死”扱いになるということで警察が呼ばれました。

話を聞くと警察から病院に搬送され検視をするということです

教えていただきたいのは
(1)検視をする理由
自宅に来ていただいた警察の方によると目立った外傷もなく、不審者の侵入もないので事件性はなく病死だろうと言われました。
この病死の死因を特定するためですか?
出来たら死因を特定していただきたいです。

ちなみに突然死の死因として考えられる病気にはどんなものがあるのでしょうか?心臓が悪いとか特に持病もなかった60代男性です

(2)検視が終わって義父が自宅に帰ってくるまでどれぐらいの時間(日数)がかかるのかということです

よろしくお願い致します

Aベストアンサー

私の父親も突然死でした。
同じように検視なりましたが、あくまで形式上と言う感じで数日で
事件性がないと言う結果で終わりました。
一応自宅などで亡くなった場合、病院のように病状を把握している
わけではないのでそう言う決まりになっているようです。

いつ終わるかは検視医の予定でいつ診られるかによりますが、
検視医も現在は足りない状態ですので、それ程丁寧に診るわけでも
ないようですので、余程のことがなければ事件に発展する可能性
は低いように思います。
(反対によく本当の死因が見逃されていたことが時々指摘され問題に
なっていますよね。検視医をもっと増やさなくてはいけない必要性とか。)

私の父親の場合は心臓でしたが、例えば自覚性の全くない自己免疫異常
を持っている人は沢山いるので、そういう方ですと若い方でも突然死
でも不思議はないと聞いています。
それは検視医の方もご存知だと思いますし、原因がわからない死もまま
あるものなのです。
余程不審なことがない限り事件などの問題にはならないように思いますし、
反対に残念なことですが、死因を特定できない場合も多く、心臓で済ませれ
てしまうことも多いと思います。
質問者様には心残りだと思いますが、医学は完全ではありませんので・・・。

本当にお気の毒な上にご心配もあり、お辛いでしょうね。
大丈夫ですか?

早く落ち着かれるように願っております。

私の父親も突然死でした。
同じように検視なりましたが、あくまで形式上と言う感じで数日で
事件性がないと言う結果で終わりました。
一応自宅などで亡くなった場合、病院のように病状を把握している
わけではないのでそう言う決まりになっているようです。

いつ終わるかは検視医の予定でいつ診られるかによりますが、
検視医も現在は足りない状態ですので、それ程丁寧に診るわけでも
ないようですので、余程のことがなければ事件に発展する可能性
は低いように思います。
(反対によく本当の死因が見逃されてい...続きを読む

Q急性心筋梗塞の労災適用について(長文です)

父が午後(昼休憩後)からの仕事中に急性心筋梗塞症で亡くなりました。父は建設会社で働いていまして当日大きなクレーンを操縦しており、その時近くに誰もいなく父は1人で作業をし少し離れた場所で他の作業員の方は作業をしていたようです。他の作業員の方が様子を見に来た所、父がクレーンから降りてクレーンの下で座っており、その時すでに呼吸も意識も無い状態だったらしいのですが作業員の方が人工呼吸などしていただいたようですが意識は戻らず運ばれた病院で死亡と診断されました。私の勝手な解釈ですが操縦中に苦しくなりクレーンを降りたところで我慢しきれず座りそのまま亡くなったのかなと思っています。午前中は普通だったと他の方から聞きました。普段父は自分の車の中で昼食を取り休憩時間を車中で過ごしていたようです。後に父の車を調べてみすと当日のお弁当がほとんど残ったままでしたのでお昼の休憩頃から調子が悪かったのかもしれません。父はお酒が好きで毎日晩酌をしておりお酒の量も普通の人と比べ多少ナリとも多かったと思います。食事も1人暮らしで朝食と昼食を食べていましたがあまり栄養バランスが整った食事をしていなかったと思います。夜はお酒を飲むのでお酒のアテのようなものしか食べていませんでした。タバコもよく吸っていましたし会社の健康診断で高血圧だと書かれており会社から胃など詳しい健康診断をするように言われておりましたが行っていなかったようです。死亡当日は月曜日で前日などの週末の土・日は休日でした。特に1日に何時間も残業などしていないと思います。(30分~ぐらいの残業は少々はあったかと思います。)長文になりましたが、このような場合、労災は適用されるのでしょうか?会社からは労災の話は出ていませんし私自信、父の生活習慣病からなったものではないかと思っていたのですが、どうなのでしょうか?詳しい方ご回答お願いいたします。

父が午後(昼休憩後)からの仕事中に急性心筋梗塞症で亡くなりました。父は建設会社で働いていまして当日大きなクレーンを操縦しており、その時近くに誰もいなく父は1人で作業をし少し離れた場所で他の作業員の方は作業をしていたようです。他の作業員の方が様子を見に来た所、父がクレーンから降りてクレーンの下で座っており、その時すでに呼吸も意識も無い状態だったらしいのですが作業員の方が人工呼吸などしていただいたようですが意識は戻らず運ばれた病院で死亡と診断されました。私の勝手な解釈ですが操縦...続きを読む

Aベストアンサー

急性心筋梗塞が業務による明らかな過重負荷を受けたことにより発症かどうかによって労災が認められるかどうか決まります。
一定の基準が示されていまして,ご質問の場合難しいのではないかと思います。
比較的わかりやすい参考URLを付けておきます。

一応,労働基準監督署で相談してみてください。

参考URL:http://www.rousai-ric.or.jp/main/12topics/12main.html

Q安楽死・尊厳死

 物凄く初歩的な質問でスミマセン・・・。安楽死と尊厳死と
いうのは、今、法律や刑法的に認められているのですか?
 世間に付いて行けていないのがいけないと思うのですが・・・
質問する前に検索してみたり、色々なサイトで調べてみました。
安楽死については「罰せられる」というのが多かったのですが、「既に
認められる法律が出来た」というのがあったり、尊厳死についは、
「消極的安楽死と同義」とあるから認められない確立が高いのかと
思ったら、「既に行われている」というのを見付けたり・・・。
 それぞれ、法律的・刑法的には認められているんですか、認められて
いないんですか、決まっていないんですか?
 未熟ですがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

#1様が「判例法」であると解釈されていますが、民事訴訟法の判決文中で効力を持つものは、『主文にのみ』効力があります(民訴法114条)。

判決文の理由の中にそのような文言があるにしてもそれは、判決に至った内心の表明であり、裁判官が判断材料とした一部分です。
残念ながら、原判決破棄・差し戻しなどの手続きはあリますが、その条件の提示と判決内容との間に、関連はなく、そのような考え方もあるという『例示』にとどまるもの考えられます。

ご質問の『安楽死・尊厳死』についてですが、これを積極的に肯定する法律はありません。
ただ、これに隣接するもので、「臓器の移植に関する法律」があり、その6条に「脳死(判定)」の規定があります。

その判定内容や方法は専門分野に属するものでありますので、直接、法律は関与しません。

ただ、「脳死判定」後の患者からの臓器摘出、医療機器の停止などは、殺人などには該当しません。
 これらの行為は、「尊厳死」に基づく思想によるものかもしれません。

Q安楽死と尊厳死の違いと日本の法律など

みなさんはじめましてこんばんわ!
3つの質問をさせていただきます!

①安楽死と尊厳死の違い
②安楽死の日本の法律
③安楽死の条件と出来る?国

ご回答よろしくお願いいたします!

Aベストアンサー

①安楽死と尊厳死の違い
   ↑
目的が違います。

安楽死は、苦痛が我慢できないので死を選ぶことです。

尊厳死は、人間としての尊厳を護るために死を選ぶことです。
その根底には、己の死は己で決める、という実存が
あります。

つまり、安楽死はいじめによる苦痛から逃れるために
自殺するようなモノであるのに対し、
尊厳死は、己の名誉を護るために切腹する武士のような
モノです。


②安楽死の日本の法律
    ↑
安楽死を認めた法律はありませんが、一定の条件を満たせば
認めるとした下級審判例は出ています。


③安楽死の条件と出来る?国
    ↑
判例では次のようになっています。

1962年(昭和37年)の名古屋高裁の判例では、
以下の6つの条件(違法性阻却条件)を満たさない場合は
違法行為となると認定している。
1.回復の見込みがない病気の終末期で死期の直前である。
2.患者の心身に著しい苦痛・耐えがたい苦痛がある。
3.患者の心身の苦痛からの解放が目的である。
4.患者の意識が明瞭・意思表示能力があり、自発的意思で安楽死を要求している。
5.医師が行う。
6.倫理的にも妥当な方法である。


1995年(平成7年)の横浜地裁の判例では、下記の4つの条件
(違法性阻却条件)を満たさない場合は違法行為となると
認定している。
1.患者が耐えがたい激しい肉体的苦痛に苦しんでいる。
2.患者の病気は回復の見込みがなく、死期の直前である。
3.患者の肉体的苦痛を除去・緩和するために可能なあらゆる方法で
取り組み、その他の代替手段がない。
4.患者が自発的意思表示により、寿命の短縮、
今すぐの死を要求している。


認めている国については、他の方の回答を
参照下さい。
スイス、オランダ、ベルギー、ルクセンブルグ、
米国の一部の州など。

①安楽死と尊厳死の違い
   ↑
目的が違います。

安楽死は、苦痛が我慢できないので死を選ぶことです。

尊厳死は、人間としての尊厳を護るために死を選ぶことです。
その根底には、己の死は己で決める、という実存が
あります。

つまり、安楽死はいじめによる苦痛から逃れるために
自殺するようなモノであるのに対し、
尊厳死は、己の名誉を護るために切腹する武士のような
モノです。


②安楽死の日本の法律
    ↑
安楽死を認めた法律はありませんが、一定の条件を満たせば
認めるとした下級審判例は出て...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報